生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2013年11月
私達がそれを見るように  

エストロゲンの討論の驚きの調査結果

ウィリアムFaloon著
ウィリアムFaloon
ウィリアムFaloon

論争は70年間または女性を成熟させないことが彼女達の ホルモンを取り替えるべきである かどうかについて激怒した。 ホルモンの 取り替え年齢逆転の影響は かなり顕著である。 その結果、多くの女性は生命の彼女達のホルモンにとどまりたいと思う。

年2002年 までに、医者はmenopausal徴候の 女性寛大に エストロゲンおよび総合的な プロゲスチンを 規定していた。

女性の 健康の初めの調査が これらの乳癌および血管疾患の 薬剤によって高められた 危険を 示したときに、使用を停止させるスタンピードは続いた。1

過去十年のために正確に女性の健康の率先データの結果を解釈し、理解するために、 主流の薬は 努力した。 彼らはまた自然な人間を使用して主として個性化された投薬の潜在的な利点を無視した エストロゲンs そして プロゲステロン

生命延長®は ずっと昔に根本的なデータを分析した。 私達は自然なプロゲステロンを支持して総合的な プロゲスチン の使用に対する 揺るぎない主張を 造った2-9 私達はまた女性を老化させて若々しいホルモンのバランスを維持しなかったら ことを、生活環境基準の 悲劇的な影響論争し、 長寿は 生じる。10

2013年 、エール医科大学院から 出る出版された分析は 総合的なプロゲスチンが女性の ホルモンを 2002-2004年間の断念された始めであるために引き起こした悪人だったというそれ以上の証拠を 提供した11

より強いて、これらの研究者はエストロゲンの薬剤を取らなかった ので それを どこでも18,600から91,600のpostmenopausal女性の年齢から子宮摘出術を 時期早尚に 死ぬかもしれない経た50-59年 ここ十年間 推定した。11

エール 2013年のレポートは異常ではない。 27の出版された調査からの 結合された分析は60 未成年 だれが ホルモンを取り替えるかmenopausal女性の死亡率の28%の減少を明らかにする。12は またホルモン補充された女性で 調査改善 深遠な 生活環境基準を 示す。12

これらの調査結果は女性が急がせ、慣習的な処置を追求するべきであることを意味しない。 何人かの医者が今日自然な人間のホルモンを規定するのに、最も最上に発癌性および管の危険から女性を保護するように設計されている議定書を推薦する個々の投薬、およびほとんどすべての失敗を調節してはいけない。

この記事は最も最近の科学的な証拠に基づいて 自然な 性ホルモンのバランスの回復の利点の 女性を更新する

エストロゲンの討論の驚きの調査結果  

エストロゲンは若々しい細胞機能に要求される。 エストロゲン 不足は年齢関連の病気の手始めと 関連付けられる。13,14

女性がestradiol (重要なエストロゲン)の彼女達のperimenopausal年、彼女達のボディの生産およびプロゲステロンの低下を書き入れると同時に。13 けれどもこれらのホルモン若々しい活力を維持するために必要でであって下さい。

月経閉止期の徴候が 個々の ホルモンのバランスによって変わる間、ほとんどの女性はボディがもはや十分なエストロゲンおよびプロゲステロンを 作り出さない ので 苦しむ。 不況、過敏症および短期記憶の経過は、熱い フラッシュ と共に、共通のmenopausal不平夜発汗する、睡眠の難しさおよび体重増加である。15

理性的なホルモンの取り替えがない時、月経閉止期の間に見つけられる健康問題は不利に彼女の寿命の残りのための女性に影響を与えるかもしれない。

エストロゲンの討論の驚きの調査結果

年2002-2004年の間に 始まって、女性はホルモンの薬剤の限界によって延長された使用 への彼女達の 医者によって言われた。 医者はそう次にmenopausal徴候およびこれ以上からの救助を得るにはホルモンを長く十分だけ規定しなかったことかかわっていた。

彼女達の性ホルモンの女性を奪い取ることで、医者はエストロゲンおよびプロゲステロンが 重大な 生命 プロセス にかかわることを確認し損った。 エストロゲンの欠損 に関する無秩序は 筋肉固まりおよび強さの緑内障、痴呆、骨粗しょう症、心不全、もろさ、生殖の萎縮、損失、および皮の薄くなることを含んでいる。16-33

エストロゲンの不足は ように加速された老化の状態こうして 特徴付けられる かもしれない。14人の 今日の女性は主流が規定する総合的なプロゲスチンおよび不適当なエストロゲンに 代わりを 包含することを 迷惑を掛けなかった ので 苦しんでいる。

どんな薬剤が問題を起こしていたか。

パニックでは「害を」、慣習的な医者最小にしたすべての性ホルモンの規定をしてはいけない。 けれども女性の健康初めの試験データの癌そして管の危険を高めるためにとりわけつながった2つの薬剤はPremProの ®および Premarinの ®だった1,34

Premarinの®は 人体に不自然のあるエストロゲンを含んでいる馬によって尿得られる薬剤である。34 それは啓発された女性および何人かの医者によって今日避けるが、まだ最も頻繁に規定された口頭エストロゲンの薬剤である。34

PremProの®は Premarinの®および 総合的なプロゲスチン の組合せ である1つは medroxyprogestereoneと 呼ばれるこのプロゲスチン 自然なプロゲステロンが作用するためにそれ ように仮定されたのと同じ混合物ではない。35,36

出版された文献の検討はプロゲスチンが 医者が 2002-2004年に始まるすべての女性ホルモンの薬剤を断念した血管疾患および癌の高い比率の後ろの主要な被告人であることを 明らかにする11

規定の間違い

Premarinの®馬によって尿得られるエストロゲン)、 Proveraの® プロゲスチン)、および Premproの®は menopausal不平のための単純な解決方法として医者に(馬によって尿得られるエストロゲンおよびプロゲスチン)重く販売された。

医者は頻繁に2004年の分析がPremarinの®で打撃のより高い発生-所定の女性をなぜ示したか説明するかもしれないすべての 彼らの menopausal患者にこれらの薬剤 同じ口頭線量を規定した。34

見落とされたものがエストロゲンの管理のルート に基づいて 動脈血の凝固の 不利な影響だった。 これは高められた血液凝固のメカニズムがより頻繁にtrasdermalよりもむしろ口頭の後で観察される ので 重要である エストロゲン。47,48は これ自然なエストロゲン(およびプロゲステロンを)項目クリームとして使用し、口頭 エストロゲンの薬剤の 丸薬を取らない女性の重要性を強調し。

管の健康のエストロゲンの利点の1つはendothelial一酸化窒素の 増加によって endothelial機能障害から 保護することである24 データは馬の(尿得られる馬)エストロゲンの効果が著しくendothelial細胞 一酸化窒素の生産にかかわった重大な酵素(一酸化窒素のシンターゼ)の 遺伝子のトランスクリプションを 減らしたことを示す。 自然な人間のエストロゲン 比較されて、endothelial一酸化窒素のシンターゼ の遺伝子のトランスクリプションは 馬の エストロゲン に応じて 30 からより低く 50% だった。49

複数の調査は女性の健康の率先の試験で使用されたようにエストロゲンの心臓保護効果が総合的な プロゲスチン の付加の後で 主として否定されることを 示した。 例えば、estradiolは上腕動脈の流れ仲介されたvasodilationによって査定されるように endothelial機能に対する有利な効果と、関連付けられたが、効果はプロゲスチン 付加によって 否定された50

他の調査データはそのプロゲスチンを示すが、自然ではないプロゲステロンは、冠状vasospasmの危険性を高める。51

医者が注意深く彼らの患者の徴候を監視し、またホルモンの復帰に応じて自然なエストロゲンと彼らのmenopausal患者の血レベルを点検し、 そして プロゲステロンが ない丸薬)クリーム状になれば、可能性としては利点を最大にし、理想的に危険を最小にするために線量を個性化したかもしれない。

幸いにも、女性に今日低価格の自然なエストロゲン および プロゲステロン への アクセスが ある。 それらは大きいPharmaが急がせた医者に促進し続ける古めかしい薬剤Premarinの®の/Premproの®の/Proveraの®)に頼る必要がない。

「自然な」ホルモンは何であるか。

ホルモンの前に」自然な言葉を「見る時意味しない「 自然なエストロゲンのような」自然な源から得られたことを。

それが意味するものはエストロゲンが実験室で人体に自然であるためになされることである。

健康に敏感な人々は時々間違って何かの「自然な」もとがより安全であることを信じる。 これが事実なぜのではないかもしれないか例は「自然な 馬の尿から」。得られる薬剤のPremarinの®である、 それは人間(例えばestrone に自然な馬(例えばequilin、equilenin) に自然な ホルモンおよびホルモンを含んでいる。37

自然な bioidenticalの エストロゲンの 薬剤は、一方では、自然に人間ボディ エストロゲンだけ 含んでいる。 それらに この 100%自然な人間のエストロゲンを bioidenticalは実験室の設定で人体で得るためには、総合されなければならない作り出した。

野生ヤマイモで見つけられるphytoestrogen ( 植物の エストロゲン)の呼ばれたdiosgeninはプロゲステロンに実験室で変える ことができる。38 Diosgeninはプロゲステロンに人体によって変えることができない。 野生ヤマイモはプロゲステロンを含んでいない。38 そう自然な プロゲステロンを得るために、また実験室で保障することをなさなければならない人間ボディ プロゲステロン 自然に100%であることを。

プロゲスチンは 、エストロゲン誘発のendometrial癌から保護する総合的な薬剤特許を取られる。36の プロゲスチンは 自然なプロゲステロンがある ように「自然に人間ボディ」 ではない

プロゲスチンは 自然なプロゲステロンのように作用するために 意味されるがデータの巨大なボディは不利な副作用のための潜在性を示す。 例えば、プロゲスチンが高められた危険 つながった一方自然なプロゲステロンが 乳癌かもしれないことを保護 効果 データは提案する、39-42に対して相談する。41-45

従ってプロゲスチンおよび プロゲステロンが 両方 実験室でなされる間、 プロゲスチンは 女性のボディの中で決して自然に作り出されない外国の混合物である。

プロゲステロンは 多くの 医療補助を提供するbioidentical自然に人間ボディ ホルモンである。

それが「bioidentical」の専門用語に関連しているので、ここにさまざまなホルモンの薬剤が立つところにである:

Bioidentical

非Bioidentical 1,34,35,37

自然なエストロゲン Premarinの® (得られる馬の尿)
自然なプロゲステロン Proveraの® (プロゲスチン)
  Premproの® (Premarinの® +プロゲスチン)

生命延長は bioidenticalの 自然な エストロゲンを 推薦し、 レバー の低下を避けるために原則的に応用で使用されるべきプロゲステロンはクリーム状になる。46

「自然な」ホルモンは何であるか。