生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2013年5月
ニュース

より高いオメガ3の血レベルは黄斑の退化のより危険度が低いと関連付けた

より高いオメガ3の血レベルは黄斑の退化のより危険度が低いと関連付けた

記事は高いオメガ3 間の連合が 老人およびwomen.*の年齢関連の黄斑の退化の減らされた危険水平にする栄養物のレポートのジャーナルで出版し、

調査は酸化防止剤のLipides Essentielsの 栄養物に963人の関係者を含めたとボルドー、フランス 73を歳以上の居住者の疾病のOcculairesの調査は。  1999年と2001の間で集められた血液サンプルは血しょうアルファ リノレン酸および長い鎖のオメガ3の脂肪酸のeicosapentaenoic酸(EPA)、docosapentaenoic酸(DPA)、およびdocosahexaenoic酸(DHA)のために分析された。  主題は2006-2008年の間に目の検査を経、31か月の平均のために続かれた。

オメガ3の総脂肪酸の高レベルを持っていてオメガ3のより低いレベルと比べてこの年齢別グループの黄斑の退化の減らされた調節された危険と関連付けられた。 

編集後記:  オメガ3の個々の脂肪酸の効果が別に分析されたときに、アルファ リノレン酸およびDHAのハイ レベルはかなり保護であると見つけられた。 

— D。 染料

参照

*J Nutr。 2月2013日13日。

糖尿病患者によるインシュリンの使用は他の糖尿病性療法と比較された十年に死ぬより大きい危険と関連付けた

糖尿病患者によるインシュリンの使用は他の糖尿病性療法と比較された十年に死ぬより大きい危険と関連付けた

臨床 内分泌学及び新陳代謝のジャーナル、ウェールズの研究者は悪影響の高められた危険報告する、癌を、および他のtreatments.*と比べてインシュリンと扱われる糖尿病患者間の10年の期間にわたる死

カーディフ大学のクレイグJ. Currieおよび彼の仲間はイギリスの一般診療の研究のデータベースからのデータ、薬剤をブドウ糖下げることを受け取ったタイプII糖尿病を持つ84,622人の患者のための2000-2010年を評価した。  主題はsulfonylureasとmetforminと、sulfonylureaの薬剤、インシュリン、metformin、または180日以下のmetforminおよびインシュリン扱われなかった。 

単独でmetforminを使用した人と比較されて、インシュリンとの処置は最初の不利な心臓でき事 癌を経験する80%より大きい危険と単独で関連付けられた、または十年の間のあらゆる原因からの死はmetforminと検査し、インシュリンのために、危険だったより高い 31% 結合した。 

編集後記:  でき事の前の歴史無しのそれらの中で、インシュリンの単独療法は二度ほぼ心臓発作の危険、専攻学生の不利な心臓でき事 73.6%高いリスク、打撃の43.2% 大きい 危険と、癌、 腎臓の 複雑化の危険、および metforminを 使用した人によって経験された危険と比べて多くにより二度開発する43.7%大きい危険あらゆる原因がもとでニューロパシーまたは死ぬ危険かける3.5を関連付けられた。 

— D。 染料

参照

* Clin Endocrinol Metab。 1月2013日31日。

Metforminは減らされた癌の危険性と関連付けた

Metforminは減らされた癌の危険性と関連付けた

疫学および保健統計の山東大学、中華人民共和国の部門からの科学者のグループは、最近癌の発生およびmortality.*に対するmetforminの取入口の効果を査定するためにメタ分析を行った

科学のMEDLINE、ISI網、およびEMBASEのデータベースは研究され、関連した検討は検査された。 メタ分析は概略相対的な危険および95%の 信頼区間を 計算するために適用された。 感度分析は分かち合われた見積者の強さを査定するために行なわれた。 資格の規準に従って、1,535,636人の関係者から成り立つ37の調査は癌の発生または死亡率の介在そしてデータの点では選ばれた。

科学者はmetforminが全面的な癌、肝臓癌および乳癌の全面的な癌の発生を、肝臓癌、膵臓癌、大腸癌および乳癌、また死亡率減らすことができることを結論を出した。 前立腺癌の発生に対する有利な効果はメタ分析のmetforminの取入口のために見つけられなかった。

— M。 リッチモンド

参照

*蟹座Epidemiol。 1月2013日23日。

高いC反応蛋白質のレベルは黄斑の退化につながった

JAMAの眼科学で出版される 最近の調査は 高感受性のC反応蛋白質(hsCRP)の上昇値が年齢関連の黄斑の退化(AMD)の未来の危険を予測するというを証拠に加える。*

米国の人および女性のAMDのhsCRPと未来の危険間の関係を調査するためには、科学者は酸化防止女性の健康の調査および4匹の他のグループからの将来の入り込まれた場合制御データ、医者の健康の調査、女性および葉酸の心血管の調査、看護婦の健康の調査および医療専門家のフォローアップの分析を分かち合った。

適切な一致させた制御を用いる647の場合を識別した後、科学者はベースライン血液サンプルのhsCRPを測定した。 それらはhsCRPとAMD間の関係を検査するのに条件付き記号論理学の回帰モデルを使用し、メタ分析的な技術を使用して調査結果を分かち合った。

全体的にみて、5匹の将来のグループからのこれらの分かち合われた調査結果はhsCRPの上昇値がAMDのより大きい未来の危険を予測するというそれ以上の証拠を加える。 この情報は根本的なメカニズムのライトを取除くかもしれないし、人の同一証明の臨床実用性高められた付着から生活様式の推薦、目の検査のスケジュールおよび治療上の議定書への寄与するかもしれないAMDの危険度が高いにであることができる。

— M。 リッチモンド

参照

*JAMA Opthalmol。 2013年; Feb7; 1-7。

茶ポリフェノールは胃腸障害および発火に対する肯定的な効果をもたらすかもしれない

ドイツの科学者のグループは最近胃病気に対する茶フラボノイドの効果を検査した。 茶フラボノイドはポリフェノールの大きいグループに属し、antioxidative、炎症抑制の、および抗腫瘍性の活動を表示する。 これらのphytochemicalsはxenobiotics、ツバキのsinensisおよびCamomillaのrecucitaのような 茶植物 によって 総合される。 これらのbotanicalsは慢性の炎症性病気(慢性関節リウマチ、慢性の炎症性腸疾患)のために広く利用されているbiologicalsのそれに類似した生体内の活動を表わす。

Epigallocathechinの没食子酸塩(EGCG)およびこれらの植物からのアピゲニンはcytokines、chemokinesおよび活動化させた免疫細胞を生体内でそして生体外で禁じる。*引き起こされた炎症性細道の臨床無秩序はフラボノイドの処置から寄与できる。 特定の茶フラボノイドとの食餌療法の補足はクローン病、潰瘍性大腸炎および過敏性腸症候群に使用できる。 cytokineの生産の抑制は発癌の阻止を最終的にもたらすことができる。 このメカニズムはフラボノイドが腸のneoplasiaの防止で有効なぜであるか説明できる。 科学者は茶フラボノイドを使用してより多くの調査が管理された、ランダム化された臨床調査で行なわれるべきであることを結論を出した。

— M。 リッチモンド

参照

で*Available: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23233307。 2013年2月21日アクセスされる。

勃起不全は2.8年の期間に死ぬ高められた危険に信号を送る

勃起不全は2.8年の期間に死ぬ高められた危険に信号を送る

PLOSの薬で出版された 調査は 勃起不全(ED)を経験している人間の2.8年平均フォローアップの期間にわたるあらゆる原因からの心臓病そして死のより大きい危険を明らかにした。*

オーストラリアの研究者は45に加わり、調査を持ち上げる95,038人からのデータを分析した。  勃起不全はようにどれも、穏やか、適当かアンケート応答に基づいて厳しい等級別にならなかった。  病院データは2.2年の平均期間にわたる現在の調査の主題間の7,855のそれに続く心循環器疾患の入場を報告し、2,304の死は2.8年間のフォローアップに文書化された。 

前の心循環器疾患の診断がなかった人の間で、厳しいEDを持っていてとして分類されたそれらに EDを報告しなかった人と比べて虚血性心疾患の60%より大きい危険、心不全の 8 倍より大きい危険、周辺血管疾患の 92%の高いリスクおよびフォローアップに死ぬことの93%より大きいチャンスがあった。 

編集後記:  前の心循環器疾患の診断とのそれらのために、虚血性心疾患の危険はより高い 70% だった心不全の危険は4.4 倍より大きかった 、周辺血管疾患の危険は高い 2.46% であり、死ぬ危険はフォローアップに二度より多く同様に高くだった。 

— D。 染料

参照

* PLOSの薬。 1月2013日29日。

気分に対するビタミンおよび鉱物の補足の有利な効果

ビタミンおよびミネラル補足を消費する人々は心身相関の薬で出版されるメタ分析の結果に従って非使用者よりよい気分に あることをようである:  Biobehavioral薬のジャーナル。*

スワンジの大学の研究者は1,292人の健康な人および女性の合計の気分の面に対するmultivitaminおよび鉱物の補足の効果を評価した8つの偽薬制御の試験を分析した。 圧力、穏やかな精神医学の徴候、心配、不況、大得意は、エネルギー準位、混乱を感知し、敵意は処置の前後に試験で評価された気分の面間にあった。 

補われた主題に 偽薬を 受け取ったそれらと比較された感知された圧力のより危険度が低い65%があった。  分析は穏やかな精神医学の 徴候 の、心配のより危険度が低い68% より危険度が低い 70%疲労および 補われた 関係者間の混乱のより危険度が低い 77.25%の 経験の73%の減少の覆いを取った。 

編集後記:  Bのビタミンの大量服用を含んでいた補足はより低い量があったそれらより大きい利点を引き出しがちだった。 

— D。 染料

参照

* Psychosom Med。 2月2013日; 75(2): 144-53。

より短いTelomeresは減らされた上部の呼吸の伝染の抵抗と関連付けた

米国医師会医学総合誌は 共通cold.* Telomeresへの減らされたtelomereの長さとより大きい感受性間の連合が細胞の老衰および損なわれた機能をもたらす繰り返された細胞分裂と短くする染色体の端にDNAの複合体であることを報告する。 

調査は152人および女性18から55の歳を含んでいた。 血液サンプルは4つのタイプの白血球(白血球)のtelomereの長さのために分析され、関係者は6日間検疫された。 rhinovirusを含んでいる鼻低下は検疫の最初の24時間後に管理され、主題は残りの期間の間監視された。 

関係者の六十九% 22%で開発されたウイルスおよび臨床病気に感染させるために 定められた。 22歳で始まって、検査されたすばらしい年齢と増加していて危険が伝染のより大きい危険と白血球のタイプの何れかのより短いtelomereの長さは、関連付けられた。

編集後記: CD8CD28-として知られていたいろいろ白血球はtelomereの長さを関連付けられた臨床病気の危険の顕著な増加と減らした白血球のタイプであると見つけられた。 CD8CD28-の細胞に最も短いtelomeresがあったそれらのために、臨床病気の率は二度telomereの長さが最も長い主題のそれだった。 「これらの細胞感染させた細胞の除去において重要であり、利用できる少数の機能細胞がウイルスに答えるためにあるのでCD8CD28-の細胞の人口のより短いtelomeresとのそれらは伝染のためのより大きい危険で」、はSheldon Cohen先生あるかもしれないと、調査の科学者は言った。

— D。 染料

参照

*JAMA. 2013;309(7):699-705.

減らされたビタミンDのレベルは不況およびパニック障害につながった

減らされたビタミンDのレベルは不況およびパニック障害につながった

臨床栄養物で出た 記事では、減らされたビタミンD間の連合がおよびパニック障害およびdepression.*の高められた危険水平にするロンドンの研究者のレポート

調査は1958年3月に耐えられた50年の年齢に続かれた18,558人の個人から成っていた1958人のイギリスの生れのグループで登録された5,966人の人および女性を含んでいた。  関係者が45年齢だったときに集められた血液サンプルは25-hydroxyvitamin Dのレベルおよびインタビューのために確認した不況、心配、パニックおよび恐怖症を含む共通の医学の無秩序の存在を分析された。 50年齢に管理された付加的なアンケートは憂鬱な徴候を識別し、記録した。

少なくとも30 ng/mLの十分なビタミンDの レベルを45 歳で持っていて不況の 43% より低い調節された危険およびレベルが10 NG よりより少しだった主題と比べてパニック障害を持っていることのより危険度が低い67% と関連付けられたmL

編集後記:  年齢50の憂鬱な徴候が検査されたときに、20から34 ng/mLまで 及ぶ25-hydroxyvitamin Dのレベルは 複数の要因のための調節の後で不況の最も危険度が低いのと関連付けられた。 

— D。 染料

参照

* Clin Nutr。 1月2013日21日。

亜鉛はバランスの免疫反応を助ける

亜鉛はバランスの免疫反応を助ける

ジャーナル 細胞のレポートは Daren Knoellの調査結果を出版し、敗血症のミネラル亜鉛のための免疫があ調整の効果のオハイオ州立大学の同僚はより古い個人の40%に起こるために、集中治療室(ICU)で頻繁に死を引き起こす伝染への全身の応答patients.*亜鉛 不足 推定される: また本当らしいICUに是認されるために人口。

現在の研究はmonocytesとして知られていた人間の免疫細胞を含んだ。  免疫反応では、Κベータ核要因として知られている蛋白質は(NF kb)活動化させ、細胞核を書き入れる。  この行為がZIP8を作り出す遺伝子、細胞壁にそれ設備血からの亜鉛の記入項目見つける亜鉛運送者の表現を誘発することを先生Knoellおよび同僚は報告する。  亜鉛は敗血症の間にそれからとしてNF kbの細道の別の蛋白質を知られているそれ以上の活動を停止させる防ぐIKKBの、それにより余分な発火をのような起こる結合する。 

編集後記:  Knoell先生は、「から始まる亜鉛なしで船上に伝染に脆弱性を高めることができることに気づいた。 しかし私達の仕事はあなたの防衛システムが増幅される」。不適当にそうあるので–あなたによってが不利な点に亜鉛が不十分なら得る伝染を何が起こるかに一度焦点を合わせ

— D。 染料

参照

*細胞は報告する。 2月2013日7.日。

先生とのマイク スミス生命延長の健康な話のAubrey de Grey Appears先生

Aubrey de Grey先生は老化の世界的に有名な生物医学的な専門家である。 彼は最近SENSの研究振興財団、老化 プロセスの戦い に専用されている非論議するために健康なトーク番組中心のラジオ放送のエピソードの先生を‑の利益の慈善からの彼の最も最近の発見を結合したマイク。

彼の研究の興味はその損傷を修理するために介在の老化そして設計を構成する新陳代謝のすべての蓄積の病原性のある分子および細胞側面の‑の効果の性格描写を取囲む。 彼は先生とマイク彼の広範囲の反‑の老化の計画–損傷の7つの上位クラスに老化を壊し、各自の演説に詳しいアプローチを識別する設計された僅かな老衰(SENS)のための作戦--を論議する。

聞くため、www.lef.org/healthytalkを 訪問するため