生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2013年5月
私達がそれを見るように  

中央政府死のパネル

ウィリアムFaloon著
ウィリアムFaloon
ウィリアムFaloon

連邦政府は 問題がある。 元の予想を越える生存年である波立つ人口の病気心配の費用を支払うことを義務づける。

より長く存続しているアメリカ人の結果は政府の医療保険プログラムが支払い不能に下向きであることである。

経費を減らす1つの方法は市民を彼らの健康を無視するようにせき立てる紛らわしい宣伝の 公衆を 欺くことである。

このシャラードが成功すれば、数千万は時期早尚に死ぬ、従って医療保障 および 他を倹約することは老化するアメリカ人に義務の達成の費用をプログラムする。 それについての質問が、早死に ある 政府のために費用効果が大きいがない。

政府は 大きい利点がある。 当てにならないレポートは ほとんどの消費者をそれらを信じるために導く広まったメディア報道を受け取る。 

生命Extension®は 反対の側面にある。 私達はあらゆる予想私達のメンバーを 生きた はるかに超えて 保つように 努力する。 私達が 政府認可された薬に先んじる 十年であること私達の33年の実績文書、けれども媒体は私達の科学に基づく位置を無視する。

この出版物の読者として、私達の政府が努めているものを学ぶことを検閲するように得る。

1941年 、日本人は真珠湾を爆撃した。 続く世界大戦により405,000人のアメリカ人上のの 死を 引き起こした。1

重大なイベントは損失の生命 観点 から1941年に起こった。 その年、調査はより高くに住んでいる人々で より大きい癌の 死亡率を示す ジャーナル 癌研究でより少ない日光露出があるか緯度ところ出版された。2 

生命を救う機能するかわりに見つけるこれは2006年までの政府認可された薬によって 国立癌研究所 のジャーナルがより高いビタミンDの血 レベルに応じてより低い癌の死を示す巨大な 人口調査からの 結果を 出版したときに、見落とされた50読書との それら(ng/mL の総発生の51%の減少を持っていることを3 20の 25-hydroxyvitamin Dのレベル(ng/mL) この調査の分析 と示した比較した3

国立癌研究所の調査の著者の ジャーナルは20の低速 から より高い50 ng/mLに 25-hydroxyvitamin Dを増加するためにそれを 結論した—日 ビタミンDの補足 の約 4,500の IUは必要である。3

年2012年に 進めば 別の政府が支援するプログラム(米国のプリベンティブ・サービスのタスクフォース)は ビタミンD出さなかった(またはカルシウム)との補足へそこに意味するために注意深く制作された 新聞発表を である利点。 これは見出しを動かすために ワシントン ポスト のような新聞を導いた:

タスクフォースはビタミンD、カルシウム補足に対して推薦する」4

これらの種類の紛らわしい見出しは世界的な媒体で繰り返された。5-9

「タスクフォース」が実際に示した何を

「タスクフォース」が実際に示した何を  

米国のプリベンティブ・サービスのタスクフォースは ビタミンDについての137の出版された調査を評価し、ほとんどの生命延長 メンバーが既に 知っているものを完了した、すなわち低線量のビタミンD 400IU/day)にひびか癌を防ぐことで利点がない。10

このポイントを繰り返すためには、タスクフォースは出版されたデータを見直し、ひびを防ぐために女性がビタミンDのまたは他のどの利点 のための 低い線量も取るべきではないという結論に来た。

タスクフォースは正しい!  これはビタミンD 4,500のIUが 51%癌の発生を減らすように 要求する日 国立癌研究所の 提示 のジャーナル 出版された2006調査によって 文書化された3

タスクフォースはまた正確にビタミンDの 400のIU と不完全に吸収されたカルシウム( 炭酸カルシウム)の1,000 mgが 骨折を防がないことを日示した。 これは、16-20を理解する若々しいホルモンのバランス21-23 および レジスタンス・エクササイズの維持と共に栄養の 専門家 ずっと昔に骨粗しょう症の防止は ビタミンK 11-15およびマグネシウムのような 栄養素との補足を 要求する こと知られていた24-27

省略およびうそ

ビタミンDの有効な 線量が (4,000 IU/day 他の重大な栄養素およびホルモンと共に取られることを推薦するかわりに、 米国のプリベンティブ・サービスのタスクフォースは 人々がビタミンDかカルシウムを取る べきではない ことを 結論を出した

タスクフォースは更に行き、カルシウムおよびビタミンDの補足を取っている 女性の 腎臓結石の小さい危険に注意した。 これはカルシウムが補足腎臓結石の危険28-30を減らし、そのマグネシウムおよび カリウムの取入口が 85% によって 腎臓結石の形成を防ぐことを示す他の調査を 否定する!31-33

最も非道な うそは ほとんどの人々が健康食のビタミンDそしてカルシウムの十分な線量を達成できるというタスクフォースの声明だった。 真実は補足なしで最適の ビタミンDの レベルを達成する唯一の 方法が 重要な 太陽の露出であることである。  ビタミンDの4,000のIUに毎日提供の近くに 来る 健康食が ない。 このやかましいうそは彼らに健康食べれば信じている消費者を 得る十分な ビタミンDを 欺く。 

これは私達が「中央政府死のパネル」 として米国の プリベンティブ・サービスのタスクフォースを なぜ参照するか1つの理由である。 低線量のビタミンDが非効果的である ので 、ビタミンDを 取らない 推薦は癌で不必要にに 真実が抑制されて残れば 何百万のアメリカ人を死ぬ非難する。

明白になる「低線量」

明白になる「低線量」  

ビタミンDが低い線量が付いている利点を示さないと何人かの 人々 理解することは難しいとなぜ有効な何か 思う (線量無しと比較される)。

厳しい現実は癌から保護するべきそれであり、他の病気は中間の異なった細胞によってがのために不道徳に競っている50 ng/mLの下で ボディ25-hydroxyvitamin D. 34の血レベル のおよそ50 最低の血レベルを(ng/mL)維持しなければならない ビタミンDの不十分な量。35 この致命的なシナリオで、多くの細胞は十分なビタミンDの当然健康な分割パターンを維持するために奪い取られる。36

国立癌研究所のジャーナル で出版された2006年の巨大調査に従って1つが日ビタミンDの 400の IUを 摂取すること25-hydroxyvitamin Dの血 レベルの 増加は小さい2.6 ng/mL である3つは 7 ng/mLによってこれによってが補われるビタミンD3 25-hydroxyvitamin Dの血レベルの各々の1,000のIU のために示す 早いレポートに応じてある 増加する37 

ビタミンを取らない典型的な老化人は20のまわりで 25-hydroxyvitamin Dのレベルが あるng/mL)。 従って400のIUの ビタミンDの補足の 取得による22.6 ng/mLへの それを後押しすることは50 NG上のの最適の範囲は言うまでもなく慣習的な薬の32 ng/mL 最低の血レベルの達成の近くに 来ないmL.

1つがビタミンDの5,000の IU 毎日補えば、それらは20から およそ55 ng/mL 夏日曜日に毎日遊んでいる若者が楽しむ保護血レベルである25-hydroxyvitamin Dを増加してもいい。 (子供は日焼け止めなしで太陽で遊ぶべきではない。)

最適の状態を達成する他が10,000 IU/dayに必要がある間、だけ何人かの人々およそ3,000 IU/dayを必要とすることを意味するビタミンDの投薬への 応答 巨大な個々の変化が ある ことに 注意することは重要である。 そういうわけで生命延長は男性 および女性の 血のパネルに 25-hydroxyvitamin Dテストを昨年 加えた。  私はスティーブンB. Strum、MD、FACPからの個人的なコミュニケーションによって60 ng/mLの25-hydroxyvitamin Dのレベルを達成する前立腺癌の練習で大人の人が必要とする平均ビタミン D3の線量が 8,000 IU/dayである こと 学んだ。

使用するためには(タスクフォースが 実際に 言っていたことである低線量のビタミンDが無益なぜに関してであるか類似を)、新年航跡の夜を前に飲む超過分からの分裂頭痛のふりをしなさい。 400にイブプロフェン mgを 取れば 、あなたの頭痛は消えるかもしれない。 40にイブプロフェンの mgだけを 取れば 、救助を感じてまずない。 頭痛を取り除くために臨床調査がイブプロフェンの 40 mg を使用して行われれば結果はイブプロフェンの偽薬と40 mgの 違いが ないことを示す。 それは10倍もっと必要であることをイブプロフェンが非効果的、 それちょうど 意味するであることを意味しない。  薬では、これは用量反応 関係と呼ばれ、事実上あらゆる栄養素、ホルモンおよび処方薬に適用する。

老化の アメリカ人にビタミンD基礎として 防がない と低い線量を示す調査からの 米国の プリベンティブ・サービス タスクフォースによって 引用されるデータ( またはカルシウムを取らないように 助言するようにビタミンDの400 IU/dayが 骨折 か癌を。 これはハード コア期待された利点を提供するように科学的なデータ ショーが10倍より多くの ビタミンD (4,000 IU/dayに) 要求されるのではっきり不合理な推薦である。38-41

より高いビタミンDの状態に応じての癌の危険性の減少
蟹座の第一次場所 増加されたビタミンDとの危険の減少は水平になる
43 50%
コロン44,45 50%
前立腺46,47 49%
卵巣48 36%

ビタミンDは補足のユーザーで水平になる

生命延長は ビタミンDのおよそ5,000のIUを毎日取らなければほとんどの 補足の ユーザーに不十分なビタミンDのレベルがあることを 発見する 第1だった。 不十分50 NG以下の25-hydroxyvitamin D の血 レベル 定義されるmL.

2009年 、生命延長は歴史の補足のユーザーの最も大きい調査を行ない、見つけられた 85%に のまたはより少なく25-hydroxyvitamin Dの読書50 ng/mLに 基づいて不十分な ビタミンDの血レベルがあった42は これらの調査結果この安価な栄養素の取入口を高めるように健康の意識した消費者に動機を与えた。

結果は、私達のメンバーの取得ほとんどの啓発された補足のユーザーに 最適のビタミンDの血の状態がある ことである 生命延長のたくさんの25-hydroxyvitamin Dの 血液検査の進行中の検討に基づいて。

100 ng/mL ( 私達が 25-hydroxyvitamin Dを 読んでいる まれ である)に見る時、私達はメンバーに連絡し、減らす彼らのビタミンDの 取入口を 助言する。 

理想的な 25-hydroxyvitamin Dの 範囲は50-80 NGの間に おそらく であるmL. けれども当てにならないタスクフォースの推薦に基づいて平均消費者は考えることに誤解させたずっとビタミンDかカルシウムを 取らない べきである である

繰り返すためには、両側は低線量のビタミンDとの証明された効力が ないことを 同意する。 考えている彼らはへの公衆を欺くことによってビタミンD、 タスクフォースによってが 中央政府死の パネルとして作用している 米国のプリベンティブ・サービスを 取るべきではない

腕時計の前立腺癌死亡率は上昇する

前立腺癌
癌性前立腺は頻繁に癌で見られるdisordererdの成長で増加した。 それはぼうこうの壁および直腸の壁に侵入した。 また尿道(ぼうこうから導く管)は見られる。

生命延長は療法を腫瘍学者によって見落されて見つけるためにmetastatic癌に苦しむ人々を助ける戦線にある。  余りにも多くの場合では、高度段階癌は処置に答えないまたは赦免に急速に入る腫瘍は繰り返す。 これらのmetastatic癌が先に検出されたら、治療の確率はかなりより大きかろうだろう。

共通癌の顕著な人は転移が打つ 前に 非常に早期発見を可能にすることができる用いられることをそれにより治療効果がある療法が可能にする血のマーカーを持っている。 この血のマーカーの名前はPSA 前立腺特定の抗原)であり、彼らの 40年代 の若者からのそれらの60に数万人を、向こう倹約し、metastatic前立腺癌 からの死を苦しませる

問題はほとんどの泌尿器科医および腫瘍学者がきちんとPSAの結果を解釈していない、効率的にそれ以上の診断および処置議定書を実行しているあることである。 不運な結果は余りにも多くの老化の人が時々不必要な苦労および早死にで起因する不必要な、無力に管理されたプロシージャに服従させていることである。

最新式の技術を提供するために医学の専門家が彼らの議定書を改善することを推薦するかわりに 米国のプリベンティブ・サービスのタスクフォースは すべてスクリーニングのPSAを経ないために人を老化させることを提案する!49

媒体はヘッドライン ニュース としてこの中央政府 死のパネルの推薦を動かした。 結果は治療効果がある療法の扱いにくい病気そして小さいチャンスがあるとき前立腺癌が高度の段階でもう一度診断されることである。  人は、臨床調査結果をのような示すこととの1987年前に、前PSA時代にしたように彼らの医者に会う:

A. 前立腺を通るように排尿する無力尿道を妨げる前立腺癌が原因で。

B. 前立腺癌からの骨の転移による脊柱の腿骨のような骨の骨の苦痛かひびか上腕骨または脊椎ボディ。

C. 骨またはリンパ節に移動し、侵入し、そして圧縮した前立腺癌によって侵食による脊髄の圧縮は脊髄に。

D. 脊髄を去ると同時に前立腺癌が主要な神経を圧縮すれば神経根の苦痛。

E. lymphaticsに広がった前立腺癌によって引き起こされる尿管のリンパ節の圧縮による尿毒症(血の流れで新陳代謝の廃棄物の蓄積を含む有毒な状態)の徴候。 (尿管は腎臓からぼうこうに尿を流出させる管である。)

PSAのスクリーニングが行われない時起こることができる何が
PSAのスクリーニングが行われない時起こることができる何が

これは骨に侵入したmetastatic損害を示す高度の前立腺癌と示している人の放射性同位体の骨スキャンである。  黒い区域は骨の転移の場所で放射性同位体のトレーサーの通風管を表す。 これらの転移は脊柱、肋骨、骨盤および右肩を含む。 これらの場所のMetastatic損害は他の問題間の高められたひびの危険そして脊髄の圧縮で起因できる。

源: 前立腺癌のプライマー: スティーブンB. Strum、 MD、FACPおよびドーナPogliano著権限を与えられた患者のガイド。

 

医者は癌細胞がPSAを使用することを知らない

PSAは 前立腺の病気のちょうどマーカーではない。 それは酵素として細胞を囲む自然な障壁を破壊するために作用する。 癌細胞は保護細胞外のマトリックス(細胞を囲むティッシュ)を消化するPSAを吹き出す。 PSAは癌細胞の機能にこうして前立腺を脱出し、ボディ内の遠い場所に転移する貢献する。

PSAのレベルの 低下 によってそれらを含むのを助ける健康なティッシュを破壊する、人は彼らの前立腺の癌細胞の機能を減少できる。

拘束を脱出するのに癌細胞がPSAの酵素のプロテアーゼの消化力を 利用する という私達の理解はPSAのレベルを低い保つために率直な前立腺癌が提供するか、または著しく成長することを防ぐために説得力のある証拠を遅らせる。

PSAの隠された危険

PSAはこれらの癌細胞の前立腺癌の進行そして前立腺を脱出し、ボディ内の遠い場所に転移する機能に貢献するかもしれない。 私達はとしてPSAについてもはや血のマーカーの反映の前立腺の健康ただ考えてもいくない。

多数の癌の追跡で使用されるbiomarkers (PSAのように)細目の癌促進機能がないかもしれなければすべてが、実際、多数。 従って、前立腺癌を持つ人と多分それらで前立腺癌の出現を防ぐことを試みることは臨床的に徴候の状態にPSAのレベルの低速を保つためにステップを踏んでこの病気を開発するか、または進歩してもらう危険を減らすかもしれない。

PSAを減らす簡単な方法はandrogenic dihydrotestosterone (DHT)にテストステロンを変形させる酵素の5アルファの還元酵素を禁じることである。 DHTはテストステロンのそれより大きい2.4から10 前立腺の細胞 に対する成長促進の効果をもたらす。58,59

任意にAvodart® (0.5 mg /day)または偽薬を受け取るために選ばれた温和な前立腺の拡大を持つ4,325人の調査ではAvodart®を受け取るそれらにフォローアップの27か月に偽薬のグループ のための 2.5%と 比較された 1.2%の前立腺癌の累積発生があった。 これはAvodart®のグループ 前立腺癌の52%の減少と一致する。60

finasteride (Proscar®)を使用して別の調査では、55歳以上18,882人は7年間(3.0 ng/mLの正常なデジタル直腸の検査の結果 そして PSAのレベルとまたは下げなさい)任意にProscar® (5つのmg /day)の処置または偽薬を割り当てられた。 前立腺癌はProscar®のグループの4,368人の803および7年にわたる流行の24.8%減少のための偽薬のグループの4,692 の1,147で、検出された。 高級な癌は偽薬を受け取っている人 5.1%と比較されたProscar®扱われた患者 6.4%で注意された。Avodart®が タイプ1およびタイプ2の5アルファの 還元酵素を 両方妨げる一方61 (Proscar®はタイプ2の 5アルファの 還元酵素だけ 抑制する。 Avodart®はこうしてよりよい薬剤のようである。)

老化の人は彼らの血をDHTのためにテストしてもらうことを考慮するべきである。 DHTのレベルが高ければ、Avodart®の薬療法は可能性としては前立腺癌の危険を減らすために尿の流れの徴候を、もっと重大に改善するために安全、有効、だけでなく、ようである。 Avodart®はPSAの癌引き起こす特性を前立腺のPSAの統合の減少によって減らしている間prostaticティッシュに対するDHTの成長促進の効果の減少によってこれらの効果を達成するようである。

Avodart®に複数のマイナス面がある。 でカプセルごとの 以上$4、それは高い。 さらに、それを使用する人の小さいパーセントに減らされたリビドー(3%)、無力(5%)、および射精の無秩序(1%)のような性機能障害問題がある。 これらの副作用の頻度はAvodart®の継続的だった使用の6かの数か月後に伝えられるところによれば低下する。幸いにも 62、Avodart®はFDAによって温和な前立腺の拡大と関連している尿の徴候を扱うために承認される従ってほとんどの保険プランによってカバーされる。