生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

生命延長雑誌2013年5月
レポート  

後押ししなさい免疫機能を… 過剰に活動する免疫の攻撃を抑制している間

ミハエルDowney著
後押ししなさい免疫機能を… 過剰に活動する免疫の攻撃を抑制している間  

最適の免除を達成することはバランスを要求する。 老化している間 重大な 免疫反応の私達を奪う、超免疫がある活動は退化的な病気の自身の鋳造物を作成する。1-3

自己免疫の無秩序、胃腸疾患およびアレルギーおよび炎症性条件は過剰に活動する故障の免疫組織の 結果である

Ayurvedicの薬で使用される植物はボディの防衛メカニズムを調整するために示されていた。4 、二重盲目の人間の調査ランダム化された、1つでこの 植物の エキスを使用している関係者の 54%まで 偽薬のグループの 10%だけと 比較されたちょうど15 の徴候の 救助を 経験した。4

免疫調節が重大なぜであるか

私達は私達の保護装置として私達の免疫組織について考えがちである。 しかしある特定の場合 それは私達に対して効果的に調整されなければ回ることができる!

免疫の 機能障害は多くの病気にかかわる。 感染症が弱い免疫反応から生じることができる間、5慢性関節リウマチとして自己免疫の病気そのような、腎炎、甲状腺炎そしてタイプIの糖尿病mellitus過度に強い免疫反応によって引き起こされる。 効率的に働くためには、あなたの免除はバランスをとられる必要がある。

ある代理店は ウイルス感染を戦うのを助けるのに免疫組織を刺激し、使用することができるまたは癌の処置で助けなさい。6,7の 他の代理店は 過剰に活動する 免疫反応を抑制し、アレルギー反応8か移植された 器官の拒絶を防ぐのを助ける。9,10

主流の薬は頻繁に患者の免疫組織、antitumor免除の重要な仲介人である特にNK細胞の機能を高めるためにlevamisole (Ergamisol®)のような薬剤を規定する。11,12 他の状態で、医者はT細胞の活動そして成長との干渉によって免疫組織の活動を減らすためにcyclosporineのような薬剤を規定する。13

必要である何が免疫があ細胞シグナリングを、微調整する調整の代理店刺激し、抑制する防衛こと 免疫のメカニズム内のホメオスタティスを維持するために 必要とされる に応じてボディをである。

活動化の多数の細胞シグナリング受容器

免疫のオプティマイザを追求している科学者は植物のエキスが 頻繁に( 多くの薬剤とは違って)効果の 大いにより広い多様性を提供する複数の細胞シグナリング受容器を活動化させることを意識した。14,15

研究者は免除の最適の状態を作成する必要として増加および減少immunomodulation両方に二重行為の機能がある薬草を調査し始めた。長く adaptogenicおよび病気の予防の活動と関連付けられる 植物の Tinosporaのcordifoliaで、0点規正される16人の調査官すぐに。17-19

Tinosporaのcordifoliaは 両方への薬のインド人のAyurvedic従来のシステムでマラリア、伝染およびレバー毒性のような病気に対する増加の免疫反応、および発火、アレルギー、関節炎、熱および糖尿病の場合の免疫反応を減らすために使用された。4,17,19-21

つまり、 Tinosporaのcordifoliaは 釣り合った、健康な状態にそれを持って来るためにちょうど右の生物的変調器をボディに与えられる。

従って科学者は測定調査に実験室実験および後で、対照動物および人間をTinosporaのcordifoliaのさまざまな免疫の 効果 行なった

右の応答適切な時に

T. Cordifoliaとの免疫細胞の活発化の図1.増加

活動的な免疫組織はボディに病原体のいくつもの記入項目を戦うことができ、病原体への露出により実際に病気を引き起こすことを防ぐ容量がある。  細胞培養では、T.のcordifoliaの エキス b細胞、T細胞を含む免疫細胞の複数のクラスをによる活動化させるために示されていた39%によって331%。22による102%の、およびNKの細胞調査する

実験室調査では強力に重要な免疫の要因 である異なった タイプのリンパ球を活動化させると、Tinosporaのcordifoliaの 新しいエキスは見つけられた。 科学者はそれが102%までに 驚くべき 331% NK細胞(NK細胞)の活動を T細胞の 活動 、および 高められた免疫の 活動を 示す39% によってB細胞の 活動高めたことが分った。22 (図1.を見なさい)

これらの観察は調査の著者を「促し表わすように独特な免疫の刺激的な特性を植物のこれを分類するために」。22

動物の調査はすぐに示された付加的な利益がTinosporaのcordifoliaによって提供した こと続いた。 

Tinosporaのcordifoliaは 有効な酸化防止容量を所有するために示されていた。23,24は 引き起こされた心臓発作前に1つの 調査チーム Tinosporaのcordifoliaの齧歯動物に前処理をした。 前処理をされた動物では、研究者は破壊された心臓ティッシュ(infarctのサイズ)の区域のサイズの線量依存した減少を発見した。 未処理動物と比較されて、血および中心のティッシュに減らされた脂質の過酸化物のレベルがあった。23

後操作中の存続の図2.増加

研究者はT.のcordifoliaのエキスによる免疫組織の増強が 後外科結果 のかなりの改善に責任があるかもしれないことを結論を出した。  エキスを受け取っている患者は92.4% 後外科 残存率が対 エキスを 受け取らないそれらのための40%あった。25

人間の調査では レバーを保護し 、免疫組織を調整するために、Tinosporaのcordifoliaは示されていた。 悪性の妨害する黄疸のための外科介在を経ている30人の人間の患者のランダム化された、偽薬制御の調査はTinosporaのcordifoliaの前処理が 完全に 免疫組織の 白血球(好中球)の残骸の取り外しおよび殺害容量正常化され、制御グループのためのちょうど40%と比較された92.4%のpostoperative残存率で起因した敗血症(血 生命にかかわる伝染)を 防いだことを明らかにした!25 (図2.を見なさい)

更にpreclinicalおよび先に人間の調査の調査結果を調査するために、科学者はランダム化された、二重盲目の、偽薬制御の 人間を進水させた 試験。 目的はTinosporaのcordifoliaが糖尿病性の フィートの潰瘍 の外科処置のアジェバント療法として有利な免疫調節をいかに改善できるか評価することだった。

四十五人の患者は調査の試験を完了した。 23人の糖尿病性のフィートの潰瘍の患者の処置のグループの中、 食作用—ボディが新しい健康に終って異物および傷つけられたティッシュを囲み、消化するというプロセスは成長印象的な68% 偽薬のグループに高められた。 さらに、23%が 偽薬 より少数の 傷の デブリードマン(傷つけられたティッシュの取り外し)あった。 統計的に重要、他変数そのような調査が潰瘍の区域の変化率が、深さおよび周囲および傷改善の方の有望な傾向を厳格示したように。26

必要がある何を知る
植物のエキスは釣り合った免疫機能を提供する

植物のエキスは釣り合った免疫機能を提供する

  • 有効な調節なしで、あなたの免疫組織により病原体または余りに積極的にアレルゲンに余りに弱く返答によって病気および死を引き起こすことができる。
  • 調査はTinosporaのその cordifolia、Ayurvedicの 薬の長い伝統の植物を、より適切な応答を提供するために免疫のメカニズムを調整できる示す。
  • この免疫調節の植物の有効なエキスは偽薬制御の研究でへの示されていたり有利および人間の免疫反応を安全調整する。
  • 標準化された Tinosporaのcordifoliaの エキスは最上に免疫のメカニズム 複雑な要素を管弦楽に編曲するために信号を送る細胞に細胞を利用する。

人間の印象的な確認

人間の標準化されたTinosporaのcordifoliaの エキスの 効力を査定するためには、患者はだれがアレルギー鼻炎に苦しんだか入隊した。

アレルギー鼻炎は草、雑草および の動物のdander、食糧、家の塵、昆虫の毒液および花粉のようなアレルゲンへのボディの免疫組織の過剰反応応答の結果である。 世界的に、アレルギー鼻炎は人口 30%まで影響を与え、西部の社会の流行で増加している。27,28の 抗ヒスタミン、decongestantsおよびglucocorticoidsは一般に、重要な危険にもかかわらず、所定徴候を減すためである。

アレルギー鼻炎と診断された71人の患者のこの試験ではテスト グループは300に 標準化された Tinosporaのcordifoliaのエキス のmgを 3 回の日刊新聞取った4,29

見つけられたテスト グループの鼻の汚れは著しくその制御機構が アレルギーと関連付けた好酸球の免疫の部品のレベルを減らした。29 好中球の汚れのまた示されていた減らされた レベル、激しい発火の認刻極印。 研究者は粘液を作り出すために 水と混合する物質を作り出す杯細胞の印を見つけなかった。29

但し、 忍耐強い徴候に対する効果はだったより打つ!

標準化されたTinosporaのcordifoliaのエキスを取る 主題 の間:4

  • 54%は 偽薬のグループの中の10%対rhinorrhea (鼻水 からの完全な救助を報告した。
  • 42%は 鼻の妨害からの完全な救助を対 偽薬の グループの中の21%報告した。
  • 39%は 偽薬のグループの中の24%対鼻に むずむずさせること からの完全な救助を報告した。 (下の図3を見なさい。)
アレルギー鼻炎の徴候の図3.改善

アレルギー鼻炎、約21億人に 世界的に影響を与える 条件はアレルゲンへのボディの免疫組織の過剰反応応答の結果である。  管理された人間の調査はわずか15日のアレルギー鼻炎の徴候の重要な改善を示す。4

そしてこれらの結果はちょうど15日後に 観察された!4

さらに、Tinosporaのcordifoliaのエキスを取るそれらの測定可能で物理的な 変更は 見られた。 鼻の鼻甲介として知られているアレルギー鼻炎に伴う耐久性がある発火に気流にかかわる鼻の中の 構造の 膨張は起因できる。  鼻の各側面に3鼻甲介、甲革、中間、およびより低いがある。30は 吸い込まれる仕事鼻を通して空気をろ過し、暖め、湿らせることである。30 

標準化されたTinosporaのcordifoliaのエキスの30日の取得後のテスト グループでは 、より低い鼻甲介の拡大を持つ関係者の数は偽薬のグループ の中の 9%だけ 40%に落ちた。  中間の鼻甲介の拡大はTinosporaの cordifoliaのエキスを 取っている あらゆる 関係者で もはや探索可能 ではなかった。

— 15-30日4以内にすみやかに 観察されたこれらの驚くべき改善は—だけでなく、あったが、8週間ポイント 観察は有効、安全 であるためにことを続いたエキス確認した29

これらの驚くべき結果を考えると、はっきり強力に慢性疾患の広い範囲を防ぎ、扱うために免疫組織を調整する安全で、自然な方法がある!

複雑な免疫組織を管弦楽に編曲すること
複雑な免疫組織を管弦楽に編曲すること
  • 免疫組織はプレーヤーの広いコレクションである: 相互作用の細胞、細胞プロダクト、およびティッシュを細胞形作ることは病気から有機体をこと理想的保護する。
  • 重要人物はボディ中の異なったポイントにいる: 胸腺、脾臓、リンパ節、骨髄および腸の細菌。
  • これらのプレーヤーは有効な防衛に貢献するのにいろいろ細胞武器を使用する: 専門にされた戦闘機蛋白質である抗体、; T細胞、B細胞および抗原を検出し、抗原をずっと覚えているリンパ球であるNKの細胞、前に会っている; 微生物およびさまざまな抗原を巻き込み、消化する白血球である大食細胞、; そして好中球、炎症性応答を発生させる白血球である好酸球およびbasophils。
  • 時々、私達の自然免疫はまたは不十分に敏感弱い場合もあり、定着し、増加するように致命的な病原体がする。
  • またある時は、自然な免疫のメカニズムは危ない、微生物病原体と無害なアレルゲンかボディの自身の細胞を誤解し、攻撃でき保護することを仮定するボディに対して回る。
  • 主流の薬に不十分な免除のための治療がないし、頻繁に抗生物質とそれを扱うように試みる。 これらの薬剤は頻繁に危ない副作用をもたらす。 それらは栄養素更にの細菌の繁茂そして自然な免疫機能を下げる減らされた吸収をもたらしているボディの有利な腸の細菌を破壊してもいい。
  • 免疫反応はよるimmunosenescenceに50年齢頃低下し始める。
  • 同様に、主流の薬にoversensitive免疫組織のための治療がないし、頻繁に不自然な、免疫抑制剤との不適当な免疫反応を抑制することを試みる。 危ない副作用は別として、これらの薬剤は病気へのボディの健康な応答を下げる。
  • 安全で、自然なimmunomodulatorは必要とされるに応じてupregulateかdownregulate自然な免疫反応できる。
  • 有効なimmunomodulatorは免疫組織の維持へキーであり強く、きちんと作用する。
  • 薬草のTinosporaの cordifoliaは 反病気の利点および免疫調節とAyurvedicの薬で長く関連付けられてしまった。 インドで発火、関節炎、アレルギーおよび糖尿病を扱うことを何世紀にもわたって使用してしまった。
  • 科学者は動物および人間両方の調査でTinosporaのcordifoliaの 機能 安全に免疫組織のバランスをとり、調整する確認した。
  • それは応答かどうか危ない微生物か無害なアレルゲンに最大限に活用された免疫があるのに必要な精密な敏感さ、感受性および強さを維持するためにボディの免疫組織を調整できる。

概要

「強い」免疫組織は最適の健康を達成する十分ではない。 さまざまに underactive、多くの病気の要因である過剰に活動できるunmodulated免疫システム1癌から糖尿病およびアレルギーまで及ぶ。

Tinosporaのcordifolia、Ayurvedicの薬の長い伝統の植物はいくつかの科学的な調査で、有利に免疫組織を調整するために示されていた。22,24,26

この免疫調節の植物の有効なエキスを作り出した後、科学者は偽薬制御の研究で人間の免疫反応を調整する有効な機能を確認した。4

Tinosporaのcordifoliaは 最大限に活用された免疫があるのに必要な精密な敏感さ、感受性および強さを維持するために細胞活動の交響曲を 応答かどうか危ない微生物か無害なアレルゲンに管弦楽に編曲する。

Tinosporaのcordifoliaの標準化されたエキスの 部品は 15日だけのアレルギー鼻炎の被害者の主徴候からの重要な救助を提供すると見つけられた!4 

この記事の科学的なコンテンツの質問があったら、1-866-864-3027で 生命延長®の健康の顧問を 呼びなさい。

参照

  1. で利用できる: http://www.rightdiagnosis.com/disease/immune.htm。 2012年7月20日アクセスされる。
  2. で利用できる: http://www.nhlbi.nih.gov/health/health-topics/topics/aplastic/treatment.html。 2012年7月20日アクセスされる。
  3. で利用できる: http://pathmicro.med.sc.edu/ghaffar/hyper00.htm。 2012年7月20日アクセスされる
  4. Thawani VR、Badar VA、Gharpure KJ、Wakode PT、Hingorani LL。 アレルギー鼻炎の Tinosporaのcordifolia の短期効果。 防腐剤。 4月2006日; 103 (4&P): 229-32。
  5. Kidd P. Th1/Th2のバランス: 健康および病気のための仮説、限定および含意。 Altern MedのRev。 8月2003日; 8(3): 223-46。
  6. de la Cruz Merino L、グランデPulido E、Albero-Tamarit AのコードManuel deビリェナ私。 蟹座および免疫反応: 未来の挑戦のための古く、新しい証拠。 腫瘍学者。 12月2008日; 13(12): 1246-54。
  7. Powis JE、Raboud J、Ostrowski MのKovacs C、Walmsley SL、Loutfyの氏。 HIVを持つ人の組換えの肝炎の表面の抗原ワクチン: seroconversionは長期保護のために十分であるか。 JはDisを感染させる。 5月2012日15日; 205(10): 1534-8
  8. Pamuk、TsokosのGC。 自己免疫の、アレルギーおよびautoinflammatory病気の処置の脾臓のチロシンのキナーゼ阻止。 関節炎Res Ther。 2010;12(6):222.
  9. 器官の移植の土地WG.Futureのimmunosuppression: 死んだ提供者開始の生得の免疫組織を明日扱う。 Exp. Clinの移植。 6月2012日; 10(3): 195-208。
  10. McMahon Gの李、ダムの氏XC、Mandelbrot DA。 移植の許容に於いてのmTORの阻止の展開の役割。 J AM Soc Nephrol。 3月2011日; 22(3): 408-15。 Epub 2月2011日25日。
  11. Holcombe RF、Milovanovic TのステュワートのRM、Brodhag TM。 結腸癌の防止のためのimmunomodulationの役割の調査: 免疫学の終点のlevamisoleの生体内の線量の拡大の試験の結果。 蟹座はPrevを検出する。 2001;25(2):183-91.
  12. アンダーソン、NK細胞のS. Biology: NK細胞と癌間の関係は何であるか。 NK細胞の高められた数や機能はより低い癌の発生で起因するか。 J. Nutr。 2005年12月; 135(12): 2910S.
  13. ワーレンのRB、Griffithsのセリウム。 乾癬のための全身療法: メトトレキサート、retinoidsおよびcyclosporine。 Clin Dermatol。 2008日9月10月; 26(5): 438-47。
  14. Schrattenholz A、Groebe KのSoskic V.のシステム生物学はinteractomesおよび複数のターゲット薬剤の分析のための用具近づき。 方法Mol Biol。 2010;662:29-58.
  15. 多成分薬剤のためのWang Y、ファンX、Qu H、高X、チェンY. Strategiesおよび技術は薬効があるハーブおよび伝統中国医学から設計する。 CurrはMed Chemを越える。 6月2012日1日; 12(12): 1356-62。
  16. Spelman Kの焼跡J、Nichols D、冬N、Ottersberg S、伝統医学によるcytokineの表現のTenborg M. Modulation: 草のimmunomodulatorsの検討。 Altern MedのRev。 2006;11(2):128-50.
  17. Sharma U、Bala M、Kumar N、Singh B、Munshi RKのTinosporaのcordifoliaからのBhalerao S. Immunomodulatoryの 能動態の混合物J Ethnopharmacol。 6月2012日14日; 141(3): 918-26。 Epub 3月2012日26日。
  18. Manjrekar PN、愉快なCIのNarayanan S.のTinosporaのcordifoliaおよびTinosporaのsinensisの 免疫調節の活動比較研究Fitoterapia。 2000;71:254-7.
  19. Upadhyay AK、Kumar K、Kumar A、Mishra HS。 Tinosporaのcordifolia (Willd。) ホック。 f. そしてThoms。 (Guduchi) –実験および臨床調査によるAyurvedicの薬理学の確認。 Int J Ayurveda Res。 2010日4月6月; 1(2): 112-121。
  20. Wadood N、Wadood AのShah SA。 血ブドウ糖 に対するTinosporaの cordifoliaの効果および正常な、アロキサン糖尿病性のウサギの総脂質レベル。 Planta Medica。 1992;58:31-136.
  21. Sharma V、鉛誘発のhepatotoxicityに対するTinosporaのcordifolia のPandey D. Protective Role。  Toxicol Int。 1月2010日; 17(1): 12-7。
  22. Nair PKR、Rodrigueza S、Ramachandran Rの等免疫の薬草のTinosporaのcordifoliaからの新しい多糖類の 刺激的な特性Int Immunopharmacol。 2004;4:1645-59.
  23. Rao PR、Kumar VK、Viswanath RK、Subbaraju GV。 虚血reperfusionのTinosporaのcordifoliaのアルコール性の エキスの Cardioprotectiveの活動はラットの心筋梗塞を引き起こした。 Biol Pharm Bull。 2005;28(12)2319-22.
  24. Desai VR、Kamat JP、Sainis KB。 細胞なしのシステムの 酸化防止活動 のTinosporaのcordifoliaからのimmunomodulator。 Procのインド人Acad Sci。 2002;114:713-9.
  25. Rege N、Bapat RD、Koti R、Desai NK、TinosporaのcordifoliaのDahanukar S. Immunotherapy: 妨害する黄疸の管理の新しい鉛。 インドJ Gastroenterol。 1月1993日; 12(1): 5-8。
  26. Purandare Hの糖尿病性のフィートの潰瘍の外科 処置に於いての アジェバントとしてTinosporaのcordifoliaのSupe A. Immunomodulatoryの役割: 将来のランダム化された管理された調査。 インドJ Med Sci。 6月2007日; 61(6): 347-55。
  27. Purkey MT、スミスTL、ファーガソンBJの等アレルギー鼻炎のためのSubcutaneous免疫療法: 証拠は推薦を用いる最近の文献の検討を基づかせていた。 IntのフォーラムのアレルギーRhinol。 1月の2013日11.日doi: 10.1002/alr.21141. [印刷物に先んじるEpub]
  28. で利用できる: http://www.aaaai.org/about-the-aaaai/newsroom/allergy-statistics.aspx。  2012年7月23日アクセスされる。
  29. Badar VA、Thawanib VR、アレルギー鼻炎のTinosporaのcordifoliaの Wakodec PT の等効力。 J Ethnopharmacol。 2005;96:445-9.
  30. で利用できる: http://www.hopkinsmedicine.org/sinus/sinus_conditions/how_the_sinuses_work.html。 2012年7月30日アクセスされる。