生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2013年6月
レポート  

世界の幹細胞の頂上2012年

最もよいベン著
世界の幹細胞の頂上2012年  

幹細胞療法にあらゆる傷害に、病気続く健康で、若々しいティッシュおよび年齢準の退化の復帰に大抵ちょうど徴候を扱うことからの薬を変形させる潜在性がある。 残念ながら、そのような大きい希望と共に来られた科学的な欺瞞、1,2の倫理的な 質問、3および 他の論争の多くを持っている。 2001年に幹細胞の研究に置かれる中央政府禁止は臨床練習の適用に著しくこの進歩療法の導入を遅らせた。

幹細胞は潜在的能力で異なったティッシュのタイプになるために変わる。 大人の幹細胞に および 臍帯血の幹細胞に 異なったティッシュかES細胞に似合うpluripotentよりより少ない容量がある。4人の ES細胞は 可能性としてはボディのティッシュを発生させ、免疫組織によって拒絶のための減らされた危険を運ぶことができる。そのような 胚が人間と考慮されるべきであるかどうかES細胞がカップルよりより少しから成っている胚から百個の細胞得られるが4,5、多くの倫理的な、宗教論争がずっとある。

2001年8月では、ジョージ・w・ブッシュ少数のダースつの胚細胞ラインに資金を供給している大統領は中央政府研究の制限によって妥協するように試みた。 2009年3月では、バラック・オバマ大統領は制限のいくつかを取除いた。 それにもかかわらず、2011で出版された調査は政治不安が分野ではたらき続ける大幅に彼らの研究か欲求に影響を与えたことを調査された幹細胞の科学者のほぼ半分が報告したことを示した。6

科学はスイッチのように働かない。 研究が大抵「」消えれば(2001年に起こる)、変えられた政府の方針に応じて直ちに「」つかない。

世界の幹細胞の頂上

2012年12月3-5日、West Palm Beachで、フロリダ握られた、世界の幹細胞の頂上2012年は科学的な会議単にであるために組織されたがすべての問題の会議であることは幹細胞に関連していた。 出席のそれらの多数は研究および利用できる療法のために熱望している車椅子の患者だった。 ()頻繁にあるように平行会議があった時、私は法律、倫理、企業、または忍耐強い唱道を取扱う物よりもむしろ科学的な会議に出席することを選択した。 それほど幹細胞療法の潜在性についての誇大宣伝によって、世界の幹細胞の頂上の私の主な興味はどんな薬が幹細胞によって実際に達成したかか学ぶことだった。 それにもかかわらず、私が会議に出席する他のほとんどと共に出席したすべてのトピックに完全な(概要の)会議があった。

幹細胞療法の十年

幹細胞はある特定の癌および血無疾患の処置の長年に渡って薬で、主に、7,8使用されたが、 それらは論争をそれほど引き起こしたES細胞よりもむしろずっと大人の幹細胞である。 もっと最近、臍の緒の血の幹細胞は9臍帯血からの幹細胞に大人の幹細胞より大きい潜在的能力があるのでので 臍帯血の未熟な免疫組織が少数の免疫の非交換性で起因する、そして使用された。10 、倫理的な上で注意されるように、政治の、法的論争3,6は ES細胞療法の開発そして適用を非常に減らした。 Shinya山中町はpluripotent幹細胞に結合組織の細胞を変えるように4つの蛋白質が4つの遺伝子を刺激できる彼の2006年の発見のための2012年のノーベル賞に勝った。これらの 引き起こされたpluripotent 幹細胞がES細胞と 潜在的能力および安全で同等であるかどうか 11,12 未解決の科学的な質問はである。13

幹細胞の臨床試験

クリスの石大工、PhDは、(再生薬のBioprocessing、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン、ロンドン、イギリスの教授)彼が幹細胞の処置の現在の臨床試験を論議したパネルを緩和した。 たくさんの臨床試験は幹細胞療法のために現在進行中であるが、それらの少なくとも半分は段階I. 14にだけある

幹細胞からの人工器官

幹細胞からの人工器官  

パウロMacchiarini、MD、PhDは、(再生薬の教授、Karolinskaの協会、ストックホルム、スウェーデン)幹細胞を使用して移植の彼の進歩で報告した基調演説者だった。 2008年に、彼は世界の最初巧妙なティッシュ設計された気管支移植を達成した。15は 彼が幹細胞のための生物的足場として役立つ提供者の気管によって、彼始めた上皮性の気管を植民地化し、受け手(30歳の女性)から取られ、首尾よく受け手に気管支移植された細胞から培養された細胞得られたchondrocytes (軟骨で見つけられる細胞)を止める。 彼は先生が幹細胞を得る難しさについて生物的足場に統合するために 話した2011年。16 Macchiariniの36歳癌犠牲者に同じような気管の移植を足場の表面でちょうど植民地化するために行った。

ジョシュアHunsberger、PhDは、(再生薬のための研究員、NIHの中心、Bethesda、メリーランド)また基調演説者だった。 彼は再生薬の分野を進めるために国立衛生研究所(NIH)がしたこと述べていた。 仕事の先生にMacchiarini類似したtracheas、Hunsberger先生と話した患者からの幹細胞と播かれた人工的なぼうこうの足場を使用してぼうこうの取り替えの臨床試験について報告した。17,18 彼はまれな遺伝の免疫細胞の病気に苦しんでいる 患者からの引き起こされた pluripotent幹細胞の遺伝子療法の使用を記述した。19 不完全な遺伝子を変更された患者からのpluripotent幹細胞で受継ぎ、矯正的な修正の後で患者に再導入された。 (遺伝子療法および幹細胞療法のAの同じような組合せはHIV感染の個人を治すかもしれない。) NIHがまたstemnessそれらの細胞を戦い癌でより有効にさせる免疫組織の細胞に相談するように試みている20。21

必要がある何を知る
幹細胞療法の進歩の臨床潜在性 

幹細胞療法の進歩の臨床潜在性

  • 2001年に幹細胞の研究に置かれる中央政府禁止は臨床練習の適用に著しくこの進歩療法の導入を遅らせた。
  • 幹細胞は移植のためにbioengineer器官に首尾よく使用された。
  • 中心に大人の幹細胞の注入を直接受け取っている心臓発作の犠牲者は死の改善された中心機能、減らされた発生、およびそれに続く心臓発作の減らされた発生を示した。
  • Preclinical試験は脊髄の傷害および脳腫瘍を扱うのに幹細胞を使用した。
  • マウス モデルを使用して、科学者はおよびこれらの細胞を再生することが年齢関連の健康上の問題の重要な減少をもたらす月経閉止期を防いだ癌の増加無しことことを卵巣の幹細胞新しい卵母細胞(卵)を発生できる発見した。

心臓病のための幹細胞

心臓病のための幹細胞  

幾年もの間、心臓発作の犠牲者がずっと骨髄から中心に取られる大人の幹細胞の注入を受け取っていることにカールPepine、MDは、(教授、分割、フロリダの心血管の薬の大学、Gainesville、フロリダ)注意した。 それらの患者は死の改善された中心機能、減らされた発生、およびそれに続く心臓発作の減らされた発生を示した。22-24 Pepine先生は中心のずっとティッシュに幹細胞の改善された配達のためのヒドロゲルを開発している。25

レスリー ミラー、MDは、(南フロリダのディレクター、中心の協会、大学、タンパ、フロリダ)年齢60にわたる患者の中心の処置のために骨髄の幹細胞の使用に、特に質問した。 脂肪質のティッシュからの幹細胞は少なくとも百骨髄からの幹細胞より豊富倍で、脂肪吸引術によって容易に得られる。デンマーク の26のPreclinical試験は脂肪質得られた幹細胞が新しい血管を促進し、cardiomyocytesに傷つけられた心筋を取り替えるために区別できることを示す。脂肪質の ティッシュからの幹細胞がすぐにヨーロッパで利用できる、ない言ったと27先生ミラーはFDAのために米国で。

ヨセフ ウー、MD、PhDは、(パロ・アルト、カリフォルニア、助教授、心血管の薬及び放射線学、スタンフォード大学)また幹細胞との心循環器疾患の処置に興味を起こさせられる。 しかし使用骨髄からの大人の幹細胞よりもむしろまたは脂肪質、彼は引き起こされたpluripotent 幹細胞(iPSCs )を使用したいと思う。 彼は犬から首尾よくiPSCsを得、ブタ28,29 および彼はマウスの中心に首尾よく改善された中心機能を達成するためにブタ得られたiPSCsを移植した。29

神経質なティッシュのための幹細胞

Wado Akamatsu、MD、PhDは、(助教授、医科大学院、慶應義塾大学、東京、日本)マウスの脊髄の傷害を扱うのに使用された人間からのiPSCsの使用で報告した。30 先生Akamatsuは直接iPSCsの中間ステップなしでマウスの結合組織の細胞からの神経の幹細胞の形成を引き起こせたまた。31

カレンAbooty、MDは、(希望の神経科学、都市、デュアルテ、カリフォルニアの助教授)臨床療法に研究結果を翻訳するプロセスを加速するための努力の運動家である(「ベンチから枕元への」)。32 齧歯動物の脳腫瘍を扱うのに彼女が神経の幹細胞を使用するための彼女の努力について話した彼女の提示で。33の 神経の幹細胞は血頭脳の障壁を、頭脳の腫瘍の方に移住するために交差でき、化学療法および放射線療法へ無毒な代わりである。

卵巣の幹細胞

ジョナサン ティリー、PhDは、(ディレクター、ヴィンチェンツォの中心、生殖生物学のためのハーバード幹細胞の協会、ボストン、マサチューセッツ)ずっとほぼ十年のためのマウスの卵巣を調査している。 マウスに新しい卵母細胞を発生できる卵巣の幹細胞があることを女性ほ乳類が彼らの卵巣の卵母細胞(卵細胞)の固定数と生まれるが、2004年にティリーは示したと長く考えられていた。34 彼は年齢関連の健康上の問題の重要な減少をもたらすマウスの防がれた高度の年齢月経閉止期に後でそれ支える卵巣機能を癌の増加に示さなかった。35

ごく最近ティリーは女性の卵母細胞の幹細胞のための強力な証拠を見つけたが、マウスのためにされたと法的、倫理的な、および技術的な限定は同じ広範囲の確認を防いだ。36 ティリーは彼が中央政府資金の米国でするために与えられないイギリスの卵母細胞を肥やすように試みによって不信を抱く人を確信させたいと思う。彼が マウスと達成したと同時に卵母細胞の幹細胞の保存による遅らせられた月経閉止期が女性のための同じような利点を作り出すことができること37ティリーは有望である。

幹細胞療法のための医学の観光事業

ジェームスのゲスト、MD、PhDは、(神経学的な外科、マイアミ大学、マイアミ、フロリダの助教授)患者と幹細胞の薬の分野に彼の研究について、幹細胞の医学の観光事業の危険に対して代りに警告されて、話さなかった。 遺伝子療法の分野は単一の遺伝子療法の患者の死によって無力にされた。38の 多くの外国の幹細胞医院は治療上の利点を過大視して、危険を軽視している。

Guest先生は米国の政府がアメリカ人のための幹細胞療法へのアクセスを妨げている、この認識はペテン師の手に絶望的な患者を外国に運転しているという広まった認識があることを言い。 しかし彼は多くの医学の革新が米国の内に起こることができなかった米国の外に起こっていること認めることを急がせた。39 彼は医者の役割がよりもむしろ彼らの患者を追求の幹細胞療法から外国に停止するために危険に対して影響を及ぼすか、または警告することべきであると言った。

幹細胞療法およびFDA

幹細胞療法およびFDA  

科学的な会議の出席の私の集中により私は忍耐強い唱道および規制問題を取扱う多くの会議を逃したが一般的な会議で私は療法に幹細胞の研究の急速な翻訳の妨害に於いてのFDAの役割についての大いに詳細を見ると期待しよう。 FDAによって課された煩わしい条件のために脊髄の傷害の処置のために幹細胞を部分的に使用するためにバイオテクノロジー巨人Geronが大きい臨床試験プログラムを停止させたと考えられている。40,41は 公衆衛生の保護のより評判の保護にもっとかかわっている政治団体として1つの調査FDAを記述した。42

幹細胞の擁護団体が有効であることなら新しい療法の急ぐ適用でFDAの薬剤の承認のための証拠の安全条件に証拠の効力の条件を加えたKefauverハリスの1962年の修正の廃止を求めるべきである。 1962年のサリドマイドの恐怖の結果として安全に加える効力を要求することは純粋な政治だった; サリドマイドは完全に安全問題だった。

Kefauverハリスの修正の効果は公衆に新しい薬剤の供給を減らすことだった。 導入された新しい薬剤のためのファイリングからの承認への平均 時間が1998年の。 40 A 2006の 調査によって1962年 から7.8年の前に7か 月から上がった1962年。43の後で1962年から1年ごとの 16の前に 1年ごとの40 からすぐに 落ちた$500,000,000の間で でから$2十億販売するために新しい薬剤の平均数は新しい薬剤を持って来るように 費用を 推定した44

FDAの承認の後で、効力よりもむしろ安全は医者があらゆる徴候のために「ラベル」を離れた薬剤を彼ら規定して自由であるので主に重要であるものがである。 そしてとにかくFDA公認の薬剤は非常に安全、ではない。 アメリカの医学連合はアメリカの病院のFDA公認の薬剤への不利な反作用が一流の死因であることを報告した。45

非常に加速した安全な幹細胞療法の供給を見たいと思う人のために、Kefauverハリスの修正は廃止されるべきである。

概要

幹細胞療法にあらゆる傷害に、病気続く健康で、若々しいティッシュおよび年齢準の退化の復帰に大抵ちょうど徴候を扱うことからの薬を変形させる潜在性がある。 残念ながら、2001年に幹細胞の研究に置かれる中央政府禁止は臨床練習の適用に著しくこの進歩療法の導入を遅らせた。 幹細胞は潜在的能力で異なったティッシュのタイプになるために変わる。 大人の幹細胞に および 臍帯血の幹細胞に 異なったティッシュかES細胞に似合うpluripotentよりより少ない容量がある。4人の ES細胞は 可能性としてはボディのティッシュを発生させ、免疫組織によって拒絶のための減らされた危険を運ぶことができる。4,5の 幹細胞はある特定の癌および血無疾患の処置のために長年に渡って薬で、主に使用された。7,8 現在、たくさんの臨床試験は進行中いろいろな反老化および臨床応用のための幹細胞療法の使用を評価するためにである。

この記事の科学的なコンテンツの質問があったら、1-866-864-3027で 生命延長 ®の健康の顧問を 呼びなさい。

参照

  1. Snyder EY、Loring JF。 欺瞞を越えて--茎細胞の研究は続く。 NイギリスJ Med。 1月2006日26日; 354(4): 321-4。
  2. Cyranoski D.の茎細胞の欺瞞は熱病分野に当る。 性質。 10月2012日18日; 490(7420): 321。
  3. 抱擁K、Hermerén G。 私達は必要とする茎の細胞に基づく療法のための人間のES細胞をそれにもかかわらずか。 Epistemicおよび倫理的な面。 幹細胞のRev。 11月2011日; 7(4): 761-74。
  4. で利用できる: http://stemcell.ny.gov/faqs/what-difference-between-totipotent-pluripotent-and-multipotent。 2013年1月17日アクセスされる。
  5. Drukker M、Katchman H、Katz G、等人間のES細胞および彼らの区別された派生物は大人の細胞より免疫の拒絶により少なく敏感である。 幹細胞。 2月2006日; 24(2): 221-9。 Epub 8月2005日18日。
  6. Levineの広告。 幹細胞の研究の方針の不確実性そして行ない。 細胞の幹細胞。 2月2011日4日; 8(2): 132-5。
  7. Gratwohl A、Baldomero H、Aljurf Mの等Hematopoietic幹細胞の移植: グローバルな視点。 JAMA. 4月2010日28日; 303(16): 1617-24。
  8. Karanes C、ネルソンは、Chitphakdithai P、等国民髄の提供者プログラムによって促進される大人の受け手のための無関係な供給のhematopoietic細胞の移植の20年行く。 Biolの 血髄の移植。 9月2008日; 14 (9つのSuppl): 8-15。
  9. Rao M、Ahrlund-Richter L、カウフマンDS。 簡潔な検討: 臍帯血バンク、移植および引き起こされたpluripotent幹細胞: 成功および機会。 幹細胞。 1月2012日; 30(1): 55-60。
  10. マーフィーMB、Blashki D、BuchananのRM、等大人および臍の緒mesenchymal幹細胞の拡散、chemotaxisおよびcryo保存のための血小板が豊富な血しょうを血得た。 生体材料。 7月2012日; 33(21): 5308-16
  11. Takahashi K、定義された要因によるマウスの萌芽期および大人の繊維芽細胞文化からのpluripotent幹細胞の山中町S. Induction。 細胞。 8月2006日25日; 126(4): 663-76。
  12. Vogel G、生理学のNormile D.ノーベル賞または薬。 プログラムし直された細胞は生物学者に上の名誉を得る。 科学。 10月2012日12日; 338(6104): 178-9。
  13. Robinton DA、Daley GQ。 研究および療法の引き起こされたpluripotent幹細胞の約束。 性質。 1月2012日18日; 481(7381): 295-305。
  14. Culme-Seymour EJ、Davie NL、Brindley DA、EdwardsParton Sの石大工C。 細胞療法の臨床試験(2000-2010年)の十年。 Regen Med。 7月2012日; 7(4): 455-62。
  15. Macchiarini P、Jungebluth Pは、Tの等ティッシュ設計された航空路の臨床移植行く。 尖頭アーチ。 12月2008日13日; 372(9655): 2023-30.
  16. Macchiarini P. Bioartificialのtracheobronchial移植。 パウロMacchiariniとのインタビュー。 Regen Med。 11月2011日; 6 (6つのSuppl): 14-5。
  17. Atala AのBauerのSB、Soker S、Yoo JJ、Retik AB。 cystoplasty患者の必要とすることのためのティッシュ設計されたautologousぼうこう。 尖頭アーチ。 4月2006日15日; 367(9518): 1241-6。
  18. 人間のぼうこうのAtala A. Tissue工学。 Br Med Bull。 2011;97:81-104.
  19. ズーJのSweeneyのCL、周BKの等Xつながれた慢性のgranulomatous病気iPSの細胞からのオキシダーゼ不十分な好中球: 亜鉛指による機能訂正はセーフハーバーの目標とすることをヌクレアーゼ仲介した。 。 5月2011日26日; 117(21): 5561-72。
  20. Allers K、Hütter G、Hofmann Jの等CCR5Δ32/Δ32幹細胞の移植によるHIV感染の治療のための証拠。 血。 3月2011日10日; 117(10): 2791-9。
  21. Gattinoni L、Klebanoffカリフォルニア、Restifo NP。 stemnessへの道: 最終的なantitumour T細胞を造ること。 Cancer Nat. Rev。 10月2012日; 12(10): 671-84。
  22. Schächinger V、Erbs S、Elsässer Aの等Intracoronaryの骨は激しい心筋梗塞の祖先の細胞を髄得た。 NイギリスJ Med。 9月2006日21日; 355(12): 1210-21。
  23. ウィリアムスARのノウサギJM。 Mesenchymal幹細胞: 心臓病気のための生物学、pathophysiology、翻訳の調査結果および治療上の含意。 Circ Res。 9月2011日30日; 109(8): 923-40。
  24. Jeevanantham Vの執事M、Saad A、AbdelLatif A、Zuba-Surma EKの夜明けのB. Adultの骨髄の細胞療法は存続を改善し、心臓変数の長期改善を引き起こす: 組織的検討およびメタ分析。 循環。 7月2012日31日; 126(5): 551-68。
  25. Della Rocca DG、Willenberg BJ、フェレイラLF、等。 幹細胞/成長因子配達を改善し、心筋梗塞の後で直ることを促進するべきdegradable、bioactive、ゼラチン化されたアルジネートのヒドロゲル。 Medの仮説。 11月2012日; 79(5): 673-7。
  26. Casteilla L、Planat-Benard V、Laharrague PのいとこB.はstromal細胞を脂肪質得た: 臨床試験、更新のアイデンティティそして使用。 世界Jの幹細胞。 4月2011日26日; 3(4): 25-33。
  27. Qayyum AA、Haack-Sørensen M、Mathiasen AB、Jørgensen E、Ekblond A、Kastrup J.は慢性の心筋の虚血(MyStromalCellの試験)のためのmesenchymal stromal細胞を脂肪質得た: 調査の設計。 Regen Med。 5月2012日; 7(3): 421-8。
  28. リーはように、autologously移植されたイヌ科動物のXu D、Plewsジュニア、等Preclinical派生およびイメージ投射pluripotent幹細胞を引き起こした。 J Biol Chem。 9月2011日16日; 286(37): 32697-704。
  29. ブタの引き起こされたpluripotent茎によって細胞得られるendothelial細胞がparacrineの活発化によって心筋機能を改善することをグウM、Nguyen PK、リーはように、等Microfluidicの単一セルの分析示す。 Circ Res。 9月2012日14日; 111(7): 882-93。
  30. Nori S、岡田Y、Yasuda Aはマウスの脊髄の傷害の後で、等接木された人間誘発のpluripotent茎細胞得られたneurospheresモーター機能回復を促進する。 Proc 国民のAcad Sci米国。 10月2011日4日; 108(40): 16825-30。
  31. Matsui T、Takano M、吉田Kは、等直接部分的にプログラムし直された繊維芽細胞から区別される神経の幹細胞急速にgliogenic能力を得る。 幹細胞。 6月2012日; 30(6): 1109-19。
  32. Aboody K. Researchersおよび翻訳の現実。 Regen Med。 11月2012日; 7 (6つのSuppl): 64-6。
  33. Najbauer JのHuszthyのPC、Barish私、等。 神経膠腫への細胞ホストの応答。 PLoS 1。 2012年; 7(4): e35150.
  34. ジョンソンJ、缶詰になるJ、金子T、Pru JK、ティリーJL。 postnatal哺乳類の卵巣のGermlineの幹細胞そして小嚢の更新。 性質。 3月2004日11日; 428(6979): 145-50。
  35. ペレーズのGI、Jurisicova A、Bax proapoptotic蛋白質の賢いLの等不在は豊饒を拡張し、メスのマウスの年齢関連の健康の複雑化を軽減する。 Proc 国民のAcad Sci米国。 3月2007日20日; 104(12): 5229-34。
  36. 白いYA、森DC、Takai Y、Ishihara O、Seki H、ティリーJL。 生殖年齢の女性の卵巣から浄化されるmitotically活動的な生殖細胞による卵母細胞の形成。 Nat. Med。 2月2012日26日; 18(3): 413-21。
  37. Gura T. Reproductiveの生物学: 創意の豊かな心。 性質。 11月2012日15日; 491(7424): 318-20。
  38. ウイルソンJM。 薬。 幹細胞のための歴史の授業。 科学。 5月2009日8日; 324(5928): 727-8。
  39. Lindvall OのHyun I. Medicalの革新対幹細胞の観光事業。 科学。 6月2009日26日; 324(5935): 1664-5。
  40. McAllister TN、Audley DのL'heureux N. Autologousの細胞療法: 挑戦inUSのFDAの規則。 Regen Med。 11月2012日; 7 (6つのSuppl): 94-7。
  41. Frantz S.のES細胞の開拓者Geronは分野を、切る損失を出る。 Nat. Biotechnol。 1月2012日9日; 30(1): 12-3。
  42. 大工DP。 FDAの薬剤の検討の政治経済: 方針のための処理、政治およびレッスン。 健康Aff (Millwood)。 2004日1月2月; 23(1): 52-63。
  43. で利用できる: http://www.fdareview.org/harm.shtml。 2013年1月17日アクセスされる。
  44. アダムスCP、Brantner VV。 新しい薬剤の開発の費用の推定: それは実際に802,000,000ドルであるか。 健康Aff (Millwood)。 2006日3月4月; 25(2): 420-8。
  45. Lazarou J、Pomeranz BH、Corey PN。 入院させた患者の不利な薬剤反作用の発生: 前向き研究のメタ分析。 JAMA. 4月1998日15日; 279(15): 1200-5。