生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2013年1月
レポート

CoQ10: 長寿の要因

リーナBuchanan著

概要

酵素の補足因子CoQ10はきれいそして 効率的に 燃えるためにあなたのmitochondriaを助けることができる。 助ける遅い病理学の老化プロセスにmitochondriaへのオキシダントの圧力そして損傷の量を減らすこと。

ミトコンドリアの損傷を減らし、CoQ10補足の性能を高めることは有名心血管機能を支えるためにである。 科学者は今CoQ10が補足の頭脳の構造のミトコンドリア機能および機能の増加の長い生命、結果、肺悪いglycemic制御および新陳代謝シンドロームと関連している防衛メカニズムおよび無秩序に貢献することを発見している。

総ボディ健康はミトコンドリアの完全性の維持によって重く決まる。 CoQ10は若々しい範囲の補酵素Q10の血レベルの維持によってミトコンドリアの出力を最大限に活用する効率的な方法を 表す。

この記事の科学的なコンテンツの質問があったら、1-866-864-3027で生命延長 ®の健康の顧問を呼びなさい。

参照

1. Quiles JL、Ochoa JJのHuertasジュニア、補足が年齢関連DNAの二重繊維から保護するMataix J. Coenzyme QはPUFAが豊富な食事療法で与えられるラットの寿命を壊し、増加する。 Exp. Gerontol。 2月2004日; 39(2): 189-94。

2. Littarru GPの補酵素Q10のTiano L. Clinicalの面: 更新。 栄養物。 3月2010日; 26(3): 250-4。

3. Villalba JM、Parrado C、サントスGonzalez M、Alcain FJ。 補酵素Q10および補酵素のQ10関連の混合物および公式の治療上の使用。 専門家Opin Investigは薬剤を入れる。 4月2010日; 19(4): 535-54。

4. Lenaz G、D'Aurelio MのMerloピッチMの等老化のミトコンドリアのバイオエナージェティックス。 Biochim Biophysのアクタ。 8月2000日15日; 1459 (2-3): 397-404。

5. 少女A、Agarwal S、Sohal RS。 異なった哺乳類種のミトコンドリアのユビキノンの相同物、スーパーオキシドの根本的な生成および長寿。 J Biol Chem。 8月1997日1日; 272(31): 19199-204。

6. Kidd PM。 ミトコンドリアの不十分からのNeurodegeneration: 統合的な管理を使用して再建する頭脳のための栄養素、幹細胞、成長因子および見通し。 Altern MedのRev。 12月2005日; 10(4): 268-93。

7. Ishii N、Senoo-Matsuda N、Miyake Kの等補酵素Q10は酸化圧力の低下によってC.のelegansの寿命を延長できる。 機械式の老化するDev。 1月2004日; 125(1): 41-6。

8. Takahashi M、Ogawara M、清水T、外因性の補酵素Q (10)に応じてのclk-1突然変異体の線虫の行動率そして寿命のShirasawa T. Restoration。 Exp. Gerontol。 3月2012日; 47(3): 276-9。

9. で利用できる: http://www.cdc.gov/nchs/fastats/lifexpec.htm。 2012年9月14日アクセスされる。

10. 沿J、Fujii K、矢尾Jは、等減らされた補酵素Q10の補足SAMP1マウスの老衰を減速する。 Exp. Gerontol。 2月2006日; 41(2): 130-40。

11. Schmelzer C、コールC、Rimbach G、Doring F。 補酵素Q10の減らされた形態は人間THP-1細胞のlipopolysaccharideに敏感な遺伝子の表現を減らす。 J Medの食糧。 4月2011日; 14(4): 391-7。

12. サントスGonzalez M、ゴーメッツ ディアズC、Navas P、Villalba JM。 補酵素で与えられた長命のラットの血しょうproteomeの修正は食事療法をQ10補った。 Exp. Gerontol。 8月2007日; 42(8): 798-806。

13. リーBJ、黄YC、陳SJ、林PT。 冠動脈疾患の患者の炎症性マーカー(高感受性のC反応蛋白質、interleukin6およびホモシステイン)に対する補酵素Q10の補足の効果。 栄養物。 7月2012日; 28 (7-8): 767-72。

14. Beal MF。 Alzheimerおよびパーキンソン病のミトコンドリアの機能障害および酸化損傷および潜在的な処置として補酵素Q10。 J Bioenerg Biomembr。 8月2004日; 36(4): 381-6。

15. Spindler M、Beal MFのneurodegenerative病気のHenchcliffe C. Coenzyme Q10の効果。 Neuropsychiatr Disの御馳走。 2009;5:597-610.

16. 若いAJ、ジョンソンS、Steffens DC、Doraiswamy PM。 補酵素Q10: neuroprotectantとして約束の検討。 CNS Spectr。 1月2007日; 12(1): 62-8。

17. Chaturvedi RK、Beal MF。 neuroprotectionのためのミトコンドリアのアプローチ。 アンN Y Acad Sci。 12月2008日; 1147:395-412。

18. 補酵素Q10およびアナログによるOrsucci D、Mancuso M、Ienco欧州共同体、LoGerfo A、Siciliano G. Targetingのミトコンドリアの機能障害およびneurodegeneration。 Curr Med Chem。 2011;18(26):4053-64.

19. WollenのKA。 アルツハイマー病: 患者および従業者の観点からの処置の作戦の議論を用いる薬剤、栄養、植物、およびstimulatory療法の賛否両論。 Altern MedのRev. 9月2010日; 15(3): 223-44。

20. で利用できる: http://www.nia.nih.gov/alzheimers/topics/alzheimers-basics。 2012年9月14日アクセスされる。

21. Hyun DHのヤンH、Mughalの氏等。 血しょう膜のレドックス システムはアミロイドのベータ ペプチッドによってそして3xTgADマウスの海馬そして大脳皮質で損なわれる。 Exp. Neurol。 10月2010日; 225(2): 423-9。

22. Wadsworth TLのJA、Pappu司教ように、Woltjer RL、クウィンJF。 アルツハイマー病のための酸化防止作戦として補酵素Qの評価。 J Alzheimers Dis。 6月2008日; 14(2): 225-34。

23. Choi Hの公園HHのSHアミロイドのベータ誘発の神経の細胞死から酸化圧力を禁じ、P13Kの細道を活動化させることによって水酸化カリウム溶液は等補酵素Q10保護する。 Neurotoxicology。 1月2012日; 33(1): 85-90。

24. Ono K、長谷川K、Naiki HのYamada M. Preformedのベータ アミロイドの原繊維は補酵素Q10によって生体外で不安定にされる。 Biochem Biophys Res Commun。 4月2005日29日; 330(1): 111-6。

25. Moreira PI、サントスMS、サナC、Nunes E、Seica RのOliveiraのCR。 CoQ10療法は老化させた糖尿病性のラットから隔離される頭脳のmitochondriaのアミロイドのベータ ペプチッド毒性を減少させる。 Exp. Neurol。 11月2005日; 196(1): 112-9。

26. ヤンX、ヤンY、李G、Wang J、ヤンES。 補酵素Q10はAlzheimerのpresenilinの老化させたtransgenicマウスのベータ アミロイドの病理学を1つの突然変異減少させる。 J Mol Neurosci。 2月2008日; 34(2): 165-71。

27. ヤンX、戴G、李G、ヤンES。 補酵素Q10はアルツハイマー病のAPP/PS1 transgenicマウス モデルのベータ アミロイドのプラクを減らす。 J Mol Neurosci。 5月2010日; 41(1): 110-3。

28. Dumont M、Kipiani K、Yu Fの等補酵素Q10はアミロイドの病理学を減らし、アルツハイマー病のtransgenicマウス モデルの行動を改善する。 J Alzheimers Dis。 2011;27(1):211-23.

29. マクドナルドのSR、Sohal RS、Forster MJ。 補酵素Q10およびアルファ トコフェロールの並行管理は老化させたマウスの学習を改善する。 自由なRadic Biol Med。 23月005日15日; 38(6): 729-36。

30. Isobe C、Abe T、酸化する/アルツハイマー病の患者の脳脊髄液の合計の補酵素Q-10の比率のTerayama Y. Increase。 Dement Geriatr Cogn Disord。 2009;28(5):449-54.

31. Chao J、Leung Y、Wang M、チャンRC。 パーキンソン病のNutraceuticalsそして予防か潜在的な治療上の価値。 NutrのRev. 7月2012日; 70(7): 373-86。

32. 紛砕機T、Buttner T、Gholipour AFのKuhn W. Coenzyme Q10の補足はパーキンソン病を患者の穏やかな徴候の利点に与える。 Neurosci Lett。 5月2003日8日; 341(3): 201-4。

33. Kones R.パーキンソン病: ミトコンドリアの分子病理学、発火、statinsおよび治療上のneuroprotective栄養物。 Nutr Clin Pract。 8月2010日; 25(4): 371-89。

34. パーキンソン病の酸化防止剤のSutachan JJ、家Z、Albarracin SL、等細胞のおよび分子メカニズム。 Nutr Neurosci。 5月2012日; 15(3): 120-6。

35. Binukumar BK、Gupta N、Bal AのえらKD。 ジクロルボスの保護は慢性の補酵素Q10の前処理によって酸化圧力およびnigrostriatal神経の死を引き起こした。 Toxicol Appl Pharmacol。 10月2011日1日; 256(1): 73-82。

36. Shults CWの燧石Beal Mの歌Dのパーキンソン病の患者の補酵素Q10の高い適量のFontaine D.の試験試験。 Exp. Neurol。 8月2004日; 188(2): 491-4。

37. Shults CW、Oakes D、早いパーキンソン病の補酵素Q10のKieburtz Kの等効果: 機能低下の遅延の証拠。 アーチNeurol。 10月2002日; 59(10): 1541-50。

38. 劉J、Wang L、Zhan SY、パーキンソン病のためのXia Y. Coenzyme Q10。 CochraneのデータベースSystのRev. 2011年(12): CD008150.

39. ダイヤモンドS、Bigal私、Silberstein S、Loder E、Reed MのLiptonのRB。 米国の片頭痛のための診断そして激しく、予防の処置のパターン: アメリカの片頭痛の流行および防止からの結果は調査する。 頭痛。 3月2007日; 47(3): 355-63。

40. Tepper SJ。 50年間の頭痛の歴史の中枢の時: 最初のアメリカの片頭痛の調査。 頭痛。 5月2008日; 48(5): 730-1; 議論32。

41. 小児科および青年の片頭痛の補足へのHersheyの広告、力SW、VockellのAL、等補酵素Q10の不足および応答。 頭痛。 1月2007日; 47(1): 73-80。

42. Sandor PS、Di Clemente L、片頭痛の予防法の補酵素Q10のCoppola Gの等効力: ランダム化された管理された試験。 神経学。 2月2005日22日; 64(4): 713-5。

43. スレート工SK、ネルソンTD、Kabbouche MA、等。 ランダム化される、二重盲目にされる、クロスオーバー偽薬制御、小児科および青年の片頭痛の防止の補酵素Q10の付加の調査。 頭痛。 6月2011日; 31(8): 897-905。

44. Pringsheim T、ダベンポートW、マッキーGの等片頭痛の予防法のためのカナダの頭痛の社会の指針。 J Neurol Sciはできる。 3月2012日; 39 (2つのSuppl 2): S159.

45. Maes M、Galecki P、チャンYS、Berk M。 その病気の(神経の)退化的なプロセスへの主要な不況そして可能な貢献の酸化およびnitrosative圧力(O&NS)の細道の検討。 Prog Neuropsychopharmacol Biolの精神医学。 4月2011日29日; 35(3): 676-92。

46. Nierenberg AA、Kansky C、Brennan BP、Shelton RC、プルリス州R、Iosifescu DV。 双極性障害のためのミトコンドリアの変調器: 新しい薬剤の開発のための病態生理学的に知識のある範例。 Aust N Z Jの精神医学。 6月2012日18日。

47. 精神分裂症の患者のImagawa M. Lowのの赤血球の補酵素Q10のレベル。 Jpn Jの精神医学Neurol。 6月1989日; 43(2): 143-5。

48. Maes M、Mihaylova I、Kubera M、Uytterhoeven M、Vrydags Nの不況のBosmans E. Lower血しょう補酵素Q10: 不況の処置の抵抗および慢性の疲労およびその病気の心血管の無秩序への危険率のためのマーカー。 神経のEndocrinol Lett。 2009;30(4):462-9.

49. アンダーソンGA、Maes M、Berk M. Schizophreniaは免疫炎症性の、酸化およびnitrosative圧力およびトリプトファンのcataboliteの細道の活発化による不況の高められた表現のために発動を促される。 Prog Neuropsychopharmacol Biolの精神医学。 8月2012日22日。

50. 細胞仲介された免疫の活発化、発火および酸化およびnitrosative圧力の細道および続きおよびconcomitantsが単極不況のpathophysiologyの役割をいかに担うかレオナルドBのMaes M. Mechanisticのの説明。 Neurosci BiobehavのRev. 2月2012日; 36(2): 764-85。

51. クレアチンのキナーゼ活動に対する森林官BP、ZuoのCS、Ravichandran C、等補酵素Q10の効果および老人の両極不況の気分。 J Geriatrの精神医学Neurol。 3月2012日; 25(1): 43-50。

52. モレノ フェルナンデスAM、Cordero MD、Garrido-Maraver Jの等塩酸アミトリプチリンとの口頭処置は精神病患者の補酵素Qの不足そして酸化圧力を引き起こす。 J Psychiatr Res。 3月2012日; 46(3): 341-5。

53. で利用できる: http://www.epa.gov/airnow/workshop_teachers/lung_capacity.pdf。 2012年10月8日アクセスされる。

54. Wada H、Hagiwara S、Saitoh Eの等血しょう補酵素Q10のレドックスの状態によって測定される慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者の高められた酸化圧力。 Pathophysiology。 2月2006日21日; 13(1): 29-33。

55. Tanrikulu AC、Abakay A、Evliyaoglu O、Palanci Y. Coenzyme Q10、慢性閉塞性肺疾患の患者の血清の銅、亜鉛および脂質の過酸化反応のレベル。 Biolの跡Elem Res。 11月2011日; 143(2): 659-67。

56. Gazdik F、Gvozdjakova A、Nadvornikova Rの等補酵素Qの減らされたレベル(10)気管支喘息の患者で。 アレルギー。 9月2002日; 57(9): 811-4。

57. Gazdik F、Gvozdjakova A、Horvathova Mは喘息患者の補酵素Q10の、等水平になる。 BratislのLek Listy。 2002;103(10):353-6.

58. Gvozdjakova A、Kucharska J、Bartkovjakova M、Gazdikova K、Gazdik FE。 補酵素Q10の補足は気管支喘息の患者の副腎皮質ホルモンの適量を減らす。 Biofactors。 2005;25(1-4):235-40.

59. Fujimoto S、Kurihara N、平田K、慢性の肺病の患者の肺機能および練習の性能に対する補酵素Q10の管理の武田T. Effects。 Clin Investig。 1993年; 71 (8つのSuppl): S162-6.

60. Lim SC、タンHH、Goh SK、等prediabeticおよび糖尿病性の個人の酸化重荷: 血しょう補酵素Q (10)からの証拠。 Diabet Med。 12月2006日; 23(12): 1344-9。

61. Kunitomo M、山口Y、Kagota Sの新陳代謝シンドロームのラット モデルで成長する高められた酸化およびnitrative圧力および発火および個々の新陳代謝の部品に対する補酵素Q10のOtsubo K. Beneficialのの効果。 J Pharmacol Sci。 6月2008日; 107(2): 128-37。

62. Elghoroury EA、RaslanのHM、Badawy EA、等タイプ2の糖尿病の血小板そして血清のMalondialdehydeおよび補酵素Q10: glycemic制御を用いる相関関係。 血のCoagulの線維素溶解。 6月2009日; 20(4): 248-51。

63. Gvozdjakova A、Kucharska J、Tkacov MのSinghのRB、補酵素Q10への脂質変数のHlavata A. Ratioは子供で肥満の早い複雑化の開発のbiomarkerとして使用できる。 BratislのLek Listy。 2012;113(1):21-5.

64. Ayaz M、Tuncer S、Okudan N、Gokbel H. Coenzyme Q (糖尿病性のラットの10)そしてアルファlipoic酸の補足: 伝導の速度の配分。 方法はExp. Clin Pharmacolを見つける。 6月2008日; 30(5): 367-74。

65. Yubero-Serrano EM、Delgado-Casado N、Delgado-Lista J、等年配の人の補酵素Q10と補われる内陸の食事療法のPostprandial酸化防止効果および女性。 年齢(Dordr)。 12月2011日; 33(4): 579-90。

66. Mezawa M、Takemoto M、Onishi S、等。 補酵素Q10の減らされた形態はタイプ2の糖尿病を持つ患者のglycemic制御を改善する: 開いたラベルのパイロット・スタディ。 Biofactors。 8月2012日8.日。

67. Hodgson JM、GFワットの、Playford DA、Burke Vの小作地KD。 補酵素Q10は血圧およびglycaemic制御を改善する: タイプ2の糖尿病が付いている主題の管理された試験。 Eur J Clin Nutr。 11月2002日; 56(11): 1137-42。

68. サナCM、Nunes E、Gomes A、等補酵素Q10の補足およびアルファ トコフェロールは糖尿病性のラットの膵臓のglycatedヘモグロビンのレベルそして脂質の過酸化反応を下げる。 Nutr Res。 2月2008日; 28(2): 113-21。

69. Huynh K、Kiriazis H、Du XJの等補酵素Q10はタイプ2の糖尿病のdb/dbのマウス モデルのdiastolic機能障害、cardiomyocyteの肥大および心臓線維症を減少させる。 Diabetologia。 5月2012日; 55(5): 1544-53。

70. ハミルトンSJの咀嚼GT、GFワットの。 補酵素Q10はstatin扱われたタイプ2の糖尿病患者の患者のendothelial機能障害を改善する。 糖尿病の心配。 5月2009日; 32(5): 810-2。

71. Persson MF、Franzen SのCatrinaのSB、等補酵素Q10はdb/dbのマウスからタイプ2の糖尿病のモデルとして腎臓の国内総生産に敏感なミトコンドリアに連結を解、glomerular hyperfiltrationおよびタンパク尿を防ぐ。 Diabetologia。 5月2012日; 55(5): 1535-43。

72. Sourris KC、Harcourtは、独特の味PHの等ユビキノン(補酵素Q10)防ぐタイプ2の糖尿病の実験モデルの腎臓のミトコンドリアの機能障害をある。 自由なRadic Biol Med。 2月2012日1日; 52(3): 716-23。

73. 銀MA、Langsjoen PH、Szabo S、Patil H、その機能障害を逆転させる補酵素Q10の左の心室のdiastolic機能そして機能に対するatorvastatinのZelinger A. Effect。 AM J Cardiol。 11月2004日15日; 94(10): 1306-10。

74. 戴YLのLukのTH、補酵素Q10の補足によるミトコンドリアの機能障害のYiu KHの等逆転はischaemic左の心室のシストリック機能障害の患者のendothelial機能を改善する: ランダム化された管理された試験。 アテローム性動脈硬化。 6月2011日; 216(2): 395-401。

75. Mikhin VP、Kharchenko AV、Rosliakova EA、Cherniatina MA。 補酵素Qの適用(10)幹線高血圧の組合せ療法で。 Kardiologiia。 2011;51(6):26-31.

76. Alehagen U、ヨハンソンP、Bjornstedt M、Rosen A、Dahlstrom U. Cardiovascularの死亡率およびNターミナルproBNPは結合されたセレニウムおよび補酵素Q10の補足の後で減った: 年配のスウェーデンの市民間の5年の将来のランダム化された二重盲目の偽薬制御の試験。 Int J Cardiol。 5月2012日22日。

77. 老化させたニンニクのエキスのLarijani VN、Ahmadi N、Zeb I、Khan F、フローレス島F、Budoff M. Beneficialのの効果および管の伸縮性およびendothelial機能の補酵素Q10: 信頼は臨床試験をランダム化した。 栄養物。 8月2012日1.日。

78. Zeb I、Ahmadi N、Nasir K、等老化させたニンニクのエキスおよび補酵素Q10は炎症性マーカーおよび冠状アテローム性動脈硬化の進行に対する好ましい効果をもたらす: ランダム化された臨床試験。 J Cardiovasc Dis Res。 7月2012日; 3(3): 185-90。

79. マーティンのSB、Cenini G、Barone E、等補酵素Q10およびatorvastatinの認知は犬を扱った。 Neurosci Lett。 8月2011日26日; 501(2): 92-5。

  • ページ
  • 1
  • 2