生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2013年2月
カバー  

設計された幹細胞が若々しい不滅をいかに可能にするかもしれないか

ミハエルD. West、PhD著

クローンとして作ること–細胞タイム マシン

細胞の処理

1997年に、トロッコはヒツジ クローンとして作られた。 方法クローンとして作る仕事は体細胞のDNAが DNAをpluripotent細胞を作成するために所有することは取除かれた卵(細菌ライン)の細胞に移植されること である 。 これは「クローンとして作られた」細胞既存の個人 からの DNAを持つ新しい個人に区別することができる。

従って、クローンとして作ることは年齢で異なっている一卵性双生児を発生させる人工的な方法である。 核移動の場合には、体細胞の DNAは プログラムし直される、 皮膚細胞であることの記憶を意味することは細胞「タイム マシン」によって消され、その細胞はずっと同じ遺伝憲法の個人を 作る ことができる細菌ラインの州に今何度も繰り返し…可能性としては永久に再度戻っている!

しかし1つ起こる老化に体細胞の処理するために、クローニングの場合には、何を頼むかもしれないか。 細胞の老化することは実際に逆転する、または私達はどうかして若く見るが、実際に耐えられた古いの一種の「老齢期の噴水」得る胚をおよび生じるクローンとして作られた動物をか。 最初は、トロッコをクローンとして作ったグループは彼女が短いtelomeresと生まれたことを、クローニング持っていなかった、老化プロセスを逆転させて報告し。 従ってトロッコは「耐えられた古い」考えられた; 彼女は子ヒツジの衣類のヒツジ、いわばだった。

但し、2000年 、私達のグループはペーパーを、牛クローニングの場合には、細胞の老化のtelomereの時計が生命の初め リセットされる ことを示す出版し。 今日、一致眺めはクローンとして作ることが細胞の老化を逆転させることができる 、従って老化させた動物からクローンとして作られる動物は再度生まれる若者であることである。 これらの結果について考えれば、それらは次の質問を論理的にもたらす: クローニングは人間ないでヒト細胞の老化を逆転させる方法としてそれらのコピーを むしろ撮るために必ずしもはたらくか。

従ってヒト細胞の進化の老化を逆転させるのに、クローンとして作ることが(体細胞の核移動)可能性としては使用できる。 それは、例えば、成長した皮膚細胞が生命の初めへの時間に多分運ぶことができることかなり論争のトピックになった。 ある特定の患者と遺伝的に 同一である 作るのに非常に細胞タイム マシンが種類の若い細胞を使用できることを私達の何人か信じる。 この概念は それをクローンとして作られた人間の作成と区別するために治療上のクローニングと呼ばれることを来た(後のプロセスは生殖クローニングと 言われる)。

引き起こされたPluripotentの茎(iPS)の細胞

今日、治療上のクローニング上の論争は主として細胞ことをにも微分が可能な若々しい細胞ちょうど一握りの分子の使用がpluripotency (他のどの機能(体性)に戻って効果的に老化させた 体細胞の 回復の 全卵の細胞の使用を取り替えることができること発見が原因で散らした。

すなわち、私達は不滅のpluripotencyの 萌芽期の細菌ラインの状態 に戻って 胚をクローンとして作るか、または 作らないで人間の体細胞を取ってもいい。 そのような細胞が胚から隔離されないので、引き起こされた pluripotent茎(iPS)の細胞と、それらをES細胞と区別するために 呼ばれる

最もかなり、生命 延長雑誌22 Biotime'reversingの細胞老化日付か。)で報告されたように、私達はだけでなく、全権pluripotent幹細胞の州にボディの細胞を戻すのにこれらの前進を利用することは可能 であるしかしまたtelomeraseを活動化させ 、生命まさに初めに戻ってずっと老化する 細胞の時計を再調節するためにことを示した。

細胞をから皮のスライバから、血球、またはから引っ張られる毛から持ち上げるためにヘッドおよびそして遺伝的に細胞の絶えず増殖若々しいラインに(変換)それを戻すその細胞を処理するためにその結果、段階は今ボディ多分置かれる。 私達が信じるこれらの活性化させた細胞は十年から先に開発してしまった個々の細胞と同一である。 これらのiPSの細胞が細菌ラインの州に今戻るので、すべてのタイプの時間の新しい体細胞を無期限で回してもいい。 思慮深い人はこれらの前進の内で可能性としては若い細胞が付いている老化させたティッシュを再生する強力な平均を人体の細胞の正常な寿命を拡張する期間の間そうする手段確認し。 この新技術すべては老化の 上流の時計仕掛けのメカニズムを目標とする。 これは各種に時間の新しい個人を絶えずそして 無期限で再生する ことができる細胞があること生命が、ある意味で、自然に不滅であるので可能である。

心臓病に再生薬を加えること

心臓発作

考えることでそのような技術が応用どこにについてであることができるか私達は最初に心循環器疾患の 心不全を考慮し、 打撃は 米国の最初そして第3位の死因である。

異常な脂質のプロフィール、糖尿病、坐った生活様式および遺伝の感受性は冠状病気、高血圧、鬱血性心不全および打撃のための危険率であることを疫学の研究が示したが、 前進年齢は 明白にこれらの病気のための主要な危険率である。 従って、私達は私達によってが生まれたと若い細胞と老化させた冠状動脈の 細胞を 取り替えること によって管の 老化 の上流のメカニズムを目標とする手段を追求する。 このアプローチは心臓病、打撃および他の心循環器疾患の介入の最も有効な方法になることができる。

この研究への生命延長の貢献

2010年12月末頃 では、私はこの 記事で記述されている 技術を使用して管の老化の逆転をもたらすことができる研究のペースを加速する機会についての生命延長基礎に近づいた。 老化の人間を苦しませる共通の問題を治す潜在性を確認して 生命延長は 最初の 資金の $2,000,000を提供した。

老化させた管機能の再生にずっと私達が 論議している技術の複数に基づいて臨床応用の開発によって焦点を合わせるReCyteの治療法の進水を助けるのにこれらの資金が使用された。 代表団はプログラムし直される老化させた脈管系人の細胞の進化の老化を逆転させ、次にそれら「再配管に」有用な原始管の祖先に、活性化させた細胞を回しである。

ReCyteの科学者は血管の裏地に存在するendothelial 細胞と呼ばれる 血管の細胞部品に特に興味がある。 正常なendothelial機能およびendothelial健康はtelomereの摩擦影響される(および他の要因に)よる老化プロセスによって不利に、推定上。 従って老化させたvasculatureはより傾向があるプラク、発火およびアテローム性動脈硬化を開発するために。 従って、心筋梗塞は中心へ実際に中心のない 問題本質的に、むしろvasculatureの血の供給との問題でありではない。 ReCyteの目的はない発火かコレステロールの蓄積の下流のでき事、幹線カルシウム沈殿物およびatheroscleroticプラクの形成を目標とするために老化させた血管を、老化動脈の上流の生物学修理することができる製造すること、若い管の祖先の細胞をである。

私達はどこに今日であるか。

生命延長基礎からの 財政の助けによって 私達はフィラデルヒィア、私達が今協力するずっとペンシルバニアのWistarの協会から認可される技術を使用して細胞をプログラムし直すことの効率を改善できる。 Wistarの科学者は消えることによって遺伝子がSP100をことを呼んだことを 区別された細胞なった普通pluripotent幹細胞にだけ表現された再表現の遺伝子に より敏感に発見した28

2番目に、私達はニューヨーク シティの薬のコルネルWeillの大学で管の内皮の開発に焦点を合わせる科学者との同じような共同の一致を形作った。 そのグループと共同して、私達は首尾よく引き起こされたpluripotent幹細胞からの萌芽期の管の細胞の浄化された人口を発生させた。29

その結果、私達は老化させた人の細胞の進化の老化を逆転させ、次に中心、頭脳および他のティッシュの老化させたvasculatureへ正常で若々しい機能を元通りにすることに有用なべきである若い管の祖先にこれらの活性化させたpluripotent幹細胞を回すために部分がきちんと整っていることを信じる。 そのような細胞はまた 免疫抑制剤のための必要性がないことを個々の患者とistocompatible意味するhである。 私達はよい製造業練習(GMP)に一貫した臨床的に適当なスケールで多数の人間の胚細胞ラインから既にこれらのendothelial細胞を得てしまった。 

要約すると私達が老齢人口を私達のヘルスケア・システムおよび私達の国家予算に緊張を置くことを見るとき、同時に私達はまた製造を、私達が年齢関連の退化的な病気に苦しむティッシュを再生することを可能にするかもしれないすべてのタイプ の若い 細胞の臨床実行可能なスケールで、促進する新技術の上昇を見る。

幹細胞は与えられたノーベル賞を開拓する
顕微鏡

2012年 10月9日、再生薬の基盤を築くのを助けた 2人の科学者は 生理学または 薬の ノーベル賞を与えられた。

共用ノーベル賞は先生にジョンb.与えられた。 引き起こされたpluripotent幹細胞(iPS)の仕事のための日本の京都大学のイギリスそして先生Shinya山中町 ケンブリッジ大学のgurdon .27

賞の許可、示される ノーベル賞 アセンブリ:

「最近の年の間の研究はiPSの細胞が….すべての異なった細胞のタイプのボディをもたらすことができることを示したそして薬の多くの地域の驚くべき進歩に導かれて。 例えば、皮膚細胞はさまざまな病気の患者から得られ、実験室でプログラムし直され、健康な個人の細胞といかに異なるか定めるために検査することができる。 そのような細胞は病気のメカニズムを理解するための非常に貴重な用具を構成し、従って提供しなさい医学療法を開発する新しい機会を」。

BioTimeについて

実験室の研究

BioTimeで私達は複数の主要な病気を目標とするのに再生薬のこれらの進歩を利用している。 BioTimeはorthopedics、心循環器疾患、神経科学のような異なった医学の専門に焦点を合わせる複数の子会社の車輪のハブとしてについて等考えることができる。 Recyteの治療法は それらの子会社の1つである。

BioTime (NYSE MKT: 会社と個人としてBTXは)人命救助の臨床現実に急速にこのベンチ トップの科学を翻訳する手段を見つけるために、定められる。 私達は彼らの視野のための生命延長基礎および人間の健康の前進に責任のサポートのために感謝している。 私達は日心循環器疾患のための新しい療法、 老化の人間 の死亡率の第1原因としてプログラムし直された若い管の祖先の細胞と 扱われるべき最初の 患者の結果に私達が生命延長雑誌で報告してもいいとき先に見る。

概要

非常に早く人間の開発の間に、それぞれにの細胞なる力がタイプ インする人体をある細胞の小さい集りは形作る。 この力がある細胞は細胞のタイプの変化に(大多数かpluri-)なるpluripotentであると言われ持っている力を(-有効な)意味する。 これらの細胞はによって結局なる細胞のタイプに託す、すなわち、各細胞は生殖(精液か )細胞になること、またはボディの筋肉、血、または脳細胞のような 多くの 体性か人生の作用の細胞のタイプの1つに託す。 pluripotent細胞が精液か卵細胞に区別すれば、生成を接続するおよび生物的基礎種の不滅のの細胞の血統が細菌ラインで残っている。 細胞が体性になるために決定をする ときtelomerase、 細胞実行可能性を維持するためにDNAの端にDNAの繰り返された順序を何度も繰り返し座礁する必要総合する酵素を消す。9-12 最近発見したものはちょうど一握りの分子の使用がpluripotencyに戻って効果的に老化させた体細胞を 元通りにする ことができることを 示した。 まただけでなく、ボディの細胞を全権pluripotent幹細胞の州に戻し、しかし telomeraseを活動化させ、生命のまさに 初めに戻って ずっと 老化する細胞の時計を再調節するのに これらの前進を利用することは可能である。

この記事の科学的なコンテンツの質問があったら、1-866-864-3027で生命Extension®の健康の顧問を呼びなさい。

参照

  1. Bを、Jung KJ歌われる、チョンHYズーY、Yu BP。 老化の分子炎症性プロセス。 Antioxidの酸化還元反応は信号を送る。 3月2006日4月; 8 (3-4): 572-81。
  2. 癌の起源そして永久化のBartsch H、Nair J. Chronicの発火そして酸化圧力: 脂質の過酸化反応、DNAの損傷および修理の役割。 LangenbecksのアーチSurg。 9月2006日; 391(5): 499-510。
  3. Lavrovsky Y、Chatterjee BのクラークRA、ローイAK。 酸化還元反応調整されたトランスクリプションの役割は発火、老化および年齢関連の病気で考慮する。 Exp. Gerontol。 8月2000日; 35(5): 521-32。
  4. Brüünsgaard H、Pedersen BK。 年齢関連の炎症性cytokinesおよび病気。 ImmunolのアレルギーのClinの北AM。 2月2003日; 23(1): 15-39。
  5. チョンHY、Cesari M、アントンSの等分子発火: 老化および年齢関連の病気の基盤。 老化ResのRev. 1月2009日; 8(1): 18-30。
  6. Libby P、Ridker PM、Maseri A. Inflammationおよびアテローム性動脈硬化。 循環。 3月2002日5日; 105(9): 1135-43。
  7. DaneshJ、Whincup P、歩行者M、等低級の発火および冠状心臓病: 前向き研究および更新済metaanalyses。 BMJ. 2000年321:199-204。
  8. Kofler SのニッケルT、心循環器疾患に於いてのcytokinesのWeis M. Role: 発火へのendothelial応答の焦点。 Clin Sci (Lond)。 3月2005日; 108(3): 205-13。
  9. HarleyのCB。 Telomereの損失: mitotic時計か遺伝の時限爆弾か。 Mutat Res。 1991日3月11月; 256 (2-6): 271-82。
  10. Bekaert S、Derradji Hの哺乳類の生殖細胞のそして開発の間のBaatout S. Telomereの生物学。 Dev Biol。 10月2004日1日; 274(1): 15-30。
  11. Gourronc FA、AJ Klingelhutz。 治療上の機会: 誘引可能なpluripotent幹細胞のtelomereの維持。 Mutat Res。 2月2012日1日; 730 (1-2): 98-105。
  12. ハーバートB-S、Pitts AEの不滅のヒト細胞の人間のtelomeraseのパン屋SIの等阻止は進歩的なtelomereの短縮および細胞死に導く。 Proc。 国民。 Acad。 Sci。 米国. 1999年96:14726-14781。
  13. CawthonのRM、スミスKR、O'Brien E、Sivatchenko AのKerberのRA。 血のtelomereの長さと人々の死亡率間の連合60年をまたはより古い老化させた。 尖頭アーチ。 2月2003日1日; 361(9355): 393-5。
  14. 事件癌および癌の死亡率のWilleit P、Willeit J、Mayr A、等Telomereの長さそして危険。 JAMA. 7月2010日7日; 304(1): 69-75。 15。 中国語の打撃の丁H、陳C、Shafferジュニア、等Telomereの長さおよび危険。 打撃。 3月2012日; 43(3): 658-63。
  15. 中国語の打撃の丁H、陳C、Shafferジュニア、等Telomereの長さおよび危険。 打撃。 3月2012日; 43(3): 658-63。
  16. Weischer M、Bojesen SEのCawthonのRM、Freiberg JJ、Tybjærg- Hansen A、Nordestgaard BG。 短いtelomereの長さ、心筋梗塞、虚血性心疾患および早い死。 Arterioscler Thromb Vasc Biol。 3月2012日; 32(3): 822-9。
  17. Valdes AM、アンドリューT、Gardner JP、等女性の肥満、喫煙、およびtelomereの長さ。 尖頭アーチ。 2005日8月20日- 26日; 366(9486): 662-4。
  18. McGrath M、Wong JY、Michaud D、ハンターDJ、人および女性のDeヴィヴォI.のTelomereの長さ、喫煙、および膀胱癌の危険。 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 4月2007日; 16(4): 815-9。
  19. Kiecolt-Glaser JK、Epel ES、Belury MA、等オメガ3の脂肪酸、酸化圧力および白血球のtelomereの長さ: randomized<は試験を制御した。 頭脳Behav Immun。 9月2012日23日。
  20. Stadtfeld MのHochedlinger K. Inducedのpluripotency: 歴史、メカニズムおよび適用。 遺伝子Dev。 10月2010日15日; 24(20): 2239-63。
  21. Lanza RP、Cibelli JB、Blackwell C、等senescent体細胞からクローンとして作られる動物の細胞の寿命そしてtelomereの長さの延長。 科学。 4月2000日28日; 288(5466): 665-9。
  22. で利用できる: http://www.lef.org/magazine/mag2010/jun2010_Immortal-Stem-Cells-for-Anti-Aging-Therapies_01.htm?source=search&key=biotime。 2012年10月11日アクセスされる。
  23. Erusalimsky JD、endothelial老衰のSkene C. Mechanisms。 Exp. Physiol。 3月2009日; 94(3): 299-304。
  24. Voghel G、Thorin-Trescases N、Mamarbachi AMは、等内生酸化圧力人間のendothelial細胞のtelomerase依存したimmortalizationを防ぐ。 機械式の老化。 Dev. 5月2010日; 131(5): 354-63。
  25. Satoh M、石川Y、Takahashi Y、Itoh T、Minami Y、冠動脈疾患の新陳代謝シンドロームの患者から得られるendothelial祖先の細胞の循環の酸化DNAの損傷とtelomereの短縮間のNakamura M. Association。 アテローム性動脈硬化。 6月2008日; 198(2): 347-53。
  26. Samani NJ、Boultby Rの執事Rのトムソン ジュニア、Goodallああ。 アテローム性動脈硬化のTelomereの短縮。 尖頭アーチ。 8月2001日11日; 358(9280): 472-3。
  27. で利用できる: http://www.guardian.co.uk/science/blog/2012/oct/08/nobel-prize-2012-live-medicine-physiology。 2012年10月11日アクセスされる。
  28. で利用できる: http://www.genengnews.com/gen-news-highlights/biotime-licenses-technology-for-gene-underlying-cancer-and-stemcell-reprogramming/81246259/。 2012年10月11日アクセスされる。
  29. 西MD、不滅に戻るVaziri H.: 引き起こされたpluripotencyの間の萌芽期のtelomereの長さの復帰。 Regen Med。 2010;5(4):485-8.
  • ページ
  • 1
  • 2