生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2013年2月
レポート  

慢性の心不全、不整脈および冠状動脈の妨害のための新しいサポート

SilaSホフマン著

慢性の心不全

心不全は 残りでそして努力の間にある必要性を、満たすために中心が十分な血の流れを提供する機能に欠けている条件を記述する。

心不全は懸命そしてより懸命に働くと同時に、育つが、筋肉は循環から戻る血にもはや遅れずについていくことができないポイントに結局伸びる。 「混雑バックアップする」、をレバーおよび他の器官(右味方された心不全)に、または肺(左味方された心不全)に血作り出すこと。 これらの条件は頻繁に鬱血性心不全 と言われる。 

心不全の徴候は非常に変わったり、先端の流動保持、難しさ、および呼吸する、膨張、重大に、練習の許容の減少を含むかもしれない。 表2はニュー ヨーク州の中心連合の定義に従って心不全の標準的な分類を示したものだ。41

多数の臨床調査は穏やかのための規則的な薬剤に単独でまたは付加療法としてホーソーンの有効性を、特に示す(クラスII)の心不全。

(echocardiogramsで見られる)ホーソーンのエキスは心不全の客観的な手段の多くを、心臓酸素の消費を含んで、血圧、心拍数、心拍、心筋の引き締まることのパーセントごとにポンプでくまれる血のパーセント改良する。42-46 これらの調査の偽薬の受け手は頻繁に調査の期間の間に悪化に苦しむ。43

自転車またはトレッドミルのテストの練習の許容の劇的な改善はホーソーンの補足に帰因する。 患者はECGの異常までの増加された練習の時間、高められた最高の作業負荷、少数の不整脈および少数の余分心拍を経験する。44-48

表2: 心不全41のニューヨークの中心連合の分類
クラス 忍耐強い徴候
クラスIつ(穏やかな) 身体活動の限定無し。 通常の身体活動により過度な疲労、動悸、または息切れを引き起こさない。
クラスII (穏やかな) 身体活動のわずかな限定。 残り、しかし通常の身体活動で快適疲労、動悸、または息切れで起因する。
クラスIII (穏健派) 身体活動のマーク付きの限定。 残り、しかしより少しにより通常の活動で快適疲労、動悸、または息切れをもたらす。
クラスIV (厳しい) 不快なしで身体活動を遂行することない。 残りの心臓不十分(疲労、動悸、息切れ)の徴候。 どの身体活動でも引き受けられれば、不快は高められる。

ホーソーンと補うクラスIIの心不全を用いる患者はまた彼らの徴候の改善を期待できる; 改善された全面的な生活環境基準を楽しんでいる間それらに、足首の膨張、疲労および動悸より少ない息切れがある。43, 44, 47-49

1つの調査では、 ホーソーンを 取っている患者の83%により少ない足首の膨張があり、 50%に 夜(心不全の共通の不平)に排尿する減らされた必要性があった。患者 のほぼ66%が補足の24 後によりよく感じたことを44 また 調査する示した。

多分最も強制的なデータはホーソーンを取っていた最高の ベースライン 中心の性能の心不全の 患者間の突然の 心臓死の危険の41%の減少を示す調査から来る。50 急死は慢性の心不全の最も恐れられ、予測不可能な結果である。

ホーソーンのエキスの評価の投薬で、実際に渡されること補足のミリグラムの線量、重大なoligomericポリフェノール(OPC)の また 総計をだけでなく、比較することは重要であるが。 oligomericポリフェノールの集中 によって変わる 合計によって提供される線量は対等なべきである。

oligomericポリフェノールの30から1800のmg /dayの1つの調査が OPC の338の mg /dayを提供する)安全を 示し、 クラスIIIの適当な厳格 )心不全を用いる 集団の 忍耐強い徴候の 評価を改善したけれども、169のmg /dayを提供するこれらの効果を80から450 mgまで達成するホーソーンのエキスの典型的な線量は毎日二度及ぶ。42, 44

ホーソーンの効果はジギタリスのような他の中心の薬物、特に「強心配糖体」およびdigoxinとの相互作用についての理論的な心配が上がったほど 強力 である。 しかし人間の有志の試験はdigoxinとの処置の3週後に探索可能な相互作用を0.25匹の mg /dayおよび ホーソーン900 mg /day示さなかった (169のmg /dayで OPCを渡す)。51

Arjunaのエキスは慢性の心不全の患者のさらにもっと驚くべき改善を作り出す。 1つの調査は8時間毎に、 調査中 続いた標準的な薬物に答えないクラスIVの心不全500 mgの線量でarjunaを厳しいの患者の、評価した。11 患者、しかしない制御を補い、心不全のすべての臨床印で改善を持ち、そして中心容積および圧力の減少を含むechocardiogramsのよりよく客観的な結果を、持ち、血の量そしてパーセントの増加は各音とポンプでくんだ。

その調査では、 arjuna補われた 患者の100%はクラスからクラスIIIの(適当な)心不全、巨大な変更にIVを(基本的に寝たきり)改善した。11 多分より強いて、調査の第4月までに、arjuna補われた患者 75%がクラスにIIを降ろしたことが分ることはである(クラスIII)から。 偽薬のグループの患者はそのような驚くべき進歩を経験しなかった。

別の試験では、arjunaの同じ線量のクラスIIIの患者は同じようなechocardiogramの結果を達成した。 この調査ではまったく定義されるIの心不全を分類するために、すべてのarjuna補われた患者はずっと改良し心不全の徴候を持っていないと。10

これらの調査のどれも付加療法としてarjunaの使用からの意味を持った副作用を検出しなかった。

概要

トラックの連続した先輩 

数千万のアメリカ人は冠状動脈の妨害、不整脈、および/または鬱血性心不全に苦しむ。 ほとんどは知らない正常な老化の結果としてゆっくりこれらの問題を開発していることを。

生命延長 メンバーはCoQ10、PQQ カルニチン lipoic のような 栄養素を取りその 心臓病(および打撃)の伝染病から保護を助けるべき魚油はそう多くの成熟の人間を打つ。   

臨床 設定の驚くべき効力を示した新しい心臓保護メカニズムによるホーソーンおよびarjunaの抽出機能。

単独でまたは既存の中心の薬物への付加療法としてこれらのエキスは、アンギーナ、心臓発作および慢性の心不全の致命的な進歩を遅らせ、逆転させることの安全そして有効証明した。 既存の心血管の健康問題とのそれらは医療サービス提供者との相談の後でこれらの植物の代理店と、補うことを考慮するべきである。

この記事の科学的なコンテンツの質問があったら、1-866-864-3027で生命Extension®の健康の顧問を呼びなさい。

参照

  1. ロイド ジョーンズD、アダムスR、Carnethon M、等心臓病および打撃の統計量--2009更新: アメリカの中心連合の統計量委員会および打撃の統計量の小委員会からのレポート。 循環。 1月2009日27日; 119(3): 480-6。
  2. Schwinger RH、Pietsch M、フランクKのBrixius K. Crataegusの特別なエキスWS 1442は人間の心筋層のキャンプ独立の収縮の力を高める。 J Cardiovasc Pharmacol。 5月2000日; 35(5): 700-7。
  3. Rietbrock N、Hamel M、Hempel B、Mitrovic V、シュミツトTのオオカミGK。 練習の許容のサンザシの果実の標準化されたエキスおよび鬱血性心不全を用いる患者の生活環境基準の行為。 Arzneimittelforschung。 10月2001日; 51(10): 793-8。
  4. Terminaliaのarjuna。 Altern MedのRev. 12月1999日; 4(6): 436-7。
  5. Rigelsky JM、甘いBV。 ホーソーン: 薬理学および治療上の使用。 AM Jの健康Syst Pharm。 3月2002日1日; 59(5): 417-22。
  6. Tassell MC、キングストンR、Gilroy D、Lehane M、心循環器疾患の処置のFurey A. Hawthorn (サンザシspp.)。 PharmacognのRev. 1月2010日; 4(7): 32-41。
  7. Urbonaviciute A、Jakstas V、Kornysova O、Janulis VのMaruska A. Capillaryの単一スタイルを作られたホーソーン(サンザシのmonogyna Jacq。)のethanolicエキスのフラボノイドの電気泳動の分析。 J Chromatogr A. 4月2006日21日; 1112 (1-2): 339-44。
  8. Dahmer SのホーソーンのスコットE.の健康に対する影響。 AM Famの医者。 2月2010日15日; 81(4): 465-8。
  9. Edwards JE、ブラウンPNの才能N、Dickinson TA、Shipley PR。 属サンザシの化学の検討。 Phytochemistry。 7月2012日; 79:5-26。
  10. Dwivedi Sの冠動脈疾患のTerminaliaのarjunaのJauhari R. Beneficialのの効果。 インドの中心J. 1997日9月10月; 49(5): 507-10。
  11. Bharani A、Ganguly A、Bhargava KD。 厳しく処理し難い心不全を用いる患者のTerminalia Arjunaの健全な効果。 Int J Cardiol。 5月1995日; 49(3): 191-9。
  12. 感情J、Lasserre B、Gleye J、サンザシのoxyacantha (ホーソーン)の頭状花の主要なコンポーネントによるトロンボキサンA2の生合成のDeclume C. Inhibition生体外で。 プロスタグランジンのLeukotの必要な脂肪酸。 4月1994日; 50(4): 173-5。
  13. Dwivedi S. Terminaliaのarjunaの人間及びArn。--心血管の無秩序のための有用な薬剤。 J Ethnopharmacol。 11月2007日1日; 114(2): 114-29。
  14. ヤンB、劉P. Compositionおよび異なった起源のホーソーン(サンザシspp.)のフェノール混合物の健康に対する影響。 J Sciの食糧Agric。 6月2012日; 92(8): 1578-90。
  15. Anselm E、Socorro VF、Dal Ros S、Schott C、Bronner C、Schini-Kerth VB。 サンザシの特別なエキスによりWS 1442 endothelialの酸化還元反応に敏感なSrc-およびAkt依存した活発化によってシンターゼないエストロゲンの受容器の活発化によって内皮依存した弛緩を引き起こさない。 J Cardiovasc Pharmacol。 3月2009日; 53(3): 253-60。
  16. TC JM、Seneviratne CK、Thabrew MI、Abeysekera AM。 cardioprotectionにスリランカの従来の開業医によって使用するある植物のエキスのAntiradicalそしてantilipoperoxidative効果。 Phytother Res。 9月2001日; 15(6): 519-23。
  17. Gauthaman K、Maulik M、Kumari R、Manchanda SC、Dinda AK、Maulik SK。 Terminaliaのarjunaの吠え声との慢性の処置の効果: 隔離されたischemicreperfusedラットの中心の調査。 J Ethnopharmacol。 5月2001日; 75 (2-3): 197-201。
  18. Karthikeyan KのBaiのBR、Gauthaman K、Sathish KSのDevarajのSN。 心筋のischemic reperfusionの傷害の生体内のモデルのTerminaliaのarjunaの吠え声のアルコール性のエキスのCardioprotectiveの効果。 生命Sci。 10月2003日10日; 73(21): 2727-39。
  19. Ram A、Lauria P、Gupta R、Kumar P、Sharma VN。 Terminaliaのarjunaの樹皮のHypocholesterolaemicの効果。 J Ethnopharmacol。 2月1997日; 55(3): 165-9。
  20. Maulik SK、Katiyar CK。 心循環器疾患のTerminaliaのarjuna: 従来することからインドの現代薬への転移を。 Curr Pharm Biotechnol。 12月2010日; 11(8): 855-60。
  21. Oberoi L、Akiyama T、リーKH、劉SJ。 水様のエキスTerminaliaのarjunaの吠え声の有機性エキスではなくは、大人の心室のmyocytesに対する強心性の効果を出す。 Phytomedicine。 2月2011日15日; 18(4): 259-65。
  22. チャンの重量、Dao J、Shao ZH。 ホーソーン: 心循環器疾患に於いての潜在的な役割。 AM J Chin Med。 2005;33(1):1-10.
  23. 李P、Wang J、Lu S、Fu Jの模倣された虚血reperfusionの傷害に服従する新生児のラットのcardiomyocytesに対するホーソーンの葉のprocyanidinsの劉J. Protectiveの効果。 Zhongguo Zhong矢尾Za Zhi。 1月2009日; 34(1): 96-9。
  24. Roddewig C、Crateagusの一部分(oligomereのprocyanidines)の口頭および非経口的な管理への非麻酔をかけられた犬および麻酔をかけられた猫のローカル心筋の血の流れのHensel H. Reaction。 Arzneimittelforschung。 7月1977日; 27(7): 1407-10。
  25. NASA Y、Hashizume H、Hoque隔離された潅流された働くラットの中心の心臓機械機能障害に対するサンザシのエキスの我孫子Y. Protectiveの効果。 Arzneimittelforschung。 9月1993日; 43(9): 945-9。
  26. Veveris M、Koch E、Chatterjee SS。 サンザシの特別なエキスWS 1442は心臓機能を改善し、延長された冠状虚血およびreperfusionのラット モデルのinfarctのサイズを減らす。 生命Sci。 2月2004日27日; 74(15): 1945-55年。
  27. Jayachandran KS、Khan M、Selvendiran KのDevarajのSN、Kuppusamy P. CrataegusのoxycanthaのエキスはAktおよびHIF-1シグナリング細道の調整によって心筋の虚血reperfusionの傷害のapoptotic発生を減少させる。 J Cardiovasc Pharmacol。 11月2010日; 56(5): 526-31。
  28. Swaminathan JK、Khan M、Mohan IKの等虚血reperfusionの傷害に対するサンザシのoxycanthaのエキスのCardioprotectiveの特性。 Phytomedicine。 8月2010日; 17(10): 744-52。
  29. Al Makdessi S、Sweidan H、Dietz Kのラットの中心の全体的な非流れの虚血の後のreperfusionの不整脈に対するサンザシのoxyacanthaのヤコブR. Protectiveの効果。 基本的なRes Cardiol。 4月1999日; 94(2): 71-7。
  30. Dalli E、Colomer E、Tormos MCの等サンザシのlaevigataは好中球のエラスターゼを減らし、hypolipidemic効果をもたらす: ランダム化された、二重盲目の、偽薬制御の試験。 Phytomedicine。 6月2011日15日; 18 (8-9): 769-75。
  31. サンザシのoxyacantha (ホーソーン)。 モノグラフ。 Altern MedのRev. 7月2010日; 15(2): 164-7。
  32. ダニエーレC、Mazzanti G、Pittler MHのサンザシspp.のエルンストE.の不利でき事のプロフィール: 組織的検討。 薬剤Saf。 2006;29(6):523-35.
  33. Shaila HP、Udupa SLのUdupaのAL 実験的に引き起こされたアテローム性動脈硬化の3つの固有の薬剤のHypolipidemic活動。 Int J Cardiol。 12月1998日1日; 67(2): 119-24。
  34. Subramaniam S、Subramaniam R、Rajapandian S、Uthrapathi S、Gnanamanickam VR、Dubey GP。 HypercholesterolemicウサギのTerminaliaのarjunaの吠え声のEthanolic一部分の反Atherogenic活動。 Evidは補足物のAlternat Medを基づかせていた。 2011;2011:487916.
  35. Subramaniam S、Ramachandran S、Uthrapathi S、Gnamanickam VR、Dubey GP。 Terminaliaのarjuna Roxbの異なった一部分の反hyperlipidemicおよび酸化防止潜在性。 PX- 407に対する吠え声はhyperlipidemiaを引き起こした。 インドJ Exp. Biol。 4月2011日; 49(4): 282-8。
  36. Gupta R、Singhal S、Goyle A、Sharma VN。 Terminaliaのarjunaの木吠え声の粉の酸化防止およびhypocholesterolaemic効果: ランダム化された偽薬制御の試験。 インドJ Assocの医者。 2月2001日; 49:231-5。
  37. Bharani A、Ahirwar LKは、N.ジャイナ教のTerminaliaのarjuna慢性喫煙者の損なわれたendothelial機能を逆転させる。 インドの中心J. 2004日3月4月; 56(2): 123-8。
  38. Dwivedi S、Agarwal MP。 Terminaliaのarjuna、冠動脈疾患の固有の薬剤のAntianginalおよびcardioprotective効果。 インドJ Assocの医者。 4月1994日; 42(4): 287-9。
  39. Bharani A、Ganguli A、Mathur LK、Jamra Yのラマン ページ。 慢性の安定したアンギーナのTerminaliaのarjunaの効力: 二重盲目、偽薬制御、イソソルビドのmononitrateとTerminaliaのarjunaを比較するクロスオーバーの調査。 インドの中心J. 2002日3月4月; 54(2): 170-5。
  40. Dwivedi S、Aggarwal A、Agarwal MP、ischaemic mitral regurgitationに於いてのTerminaliaのarjunaのRajpal S. Role。 Int J Cardiol。 4月2005日28日; 100(3): 507-8。
  41. で利用できる: http://www.abouthf.org/questions_stages.htm。 2012年8月25日アクセスされる。
  42. NYHA IIの心不全のLeuchtgens H. Crataegus SpecialののエキスWS 1442。 偽薬はランダム化された二重盲目の調査を制御した。 Fortschr Med。 7月1993日20日; 111 (20-21): 352-4。
  43. Weikl A、Assmus KD、NeukumシュミツトAの等サンザシの特別なエキスWS 1442。 心不全(II) NYHAを用いる患者の客観的な有効性の査定。 Fortschr Med。 8月1996日30日; 114(24): 291-6。
  44. Tauchert M、Gildor AのNYHAの段階IIの心不全の処置のLipinski J.の高線量のサンザシのエキスWS 1442。 Herz。 10月1999日; 24(6): 465-74; 議論75。
  45. 鬱血性心不全NYHAのクラスのサンザシのエキスWS 1442のZapfe Clinicalの6月G.効力II。 Phytomedicine。 7月2001日; 8(4): 262-6。
  46. Pittler MH、郡野Rの慢性の心不全を扱うためのエルンストE. Hawthornのエキス。 CochraneのデータベースSystのRev. 2008年(1): CD005312.
  47. サンザシのTauchert M. Efficacyおよび安全は慢性の安定したニューヨークの中心連合のクラスIIIの心不全を用いる患者の偽薬と比べてWS 1442を得る。 AMの中心J. 5月2002日; 143(5): 910-5。
  48. Eggeling T、Regitz-Zagrosek V、Zimmermann AのBurkart M. Baselineの厳格しかしない性は早い心不全の量を示されたサンザシのエキスの効果を調整する--臨床試験の分かち合われた分析。 Phytomedicine。 11月2011日15日; 18(14): 1214-9。
  49. 治療上の選択の利点の査定へのHabs M. Prospective、比較グループ調査および貢献: ホーソーンの特別なエキスWS 1442の有無にかかわらず心不全の処置。 Forsch Komplementarmed Klass Naturheilkd。 8月2004日; 11 Supplの1:36 - 9。
  50. Holubarsch CJ、Colucci WS、Meinertz T、Gaus W、Tendera M。 サンザシの効力そして安全は心不全を用いる患者のWS 1442を得る: スパイスの試験。 Eur Jの中心の失敗。 12月2008日; 10(12): 1255-63。
  51. Tankanow R、より飼いならされたHRのホーソーン(サンザシのoxyacantha)のdigoxinと準備間のStreetman DS、等相互作用の調査。 J Clin Pharmacol。 6月2003日; 43(6): 637-42。
  52. で利用できる: http://www.cdc.gov/heartdisease/facts.htm。 2012年8月31日アクセスされる。
  • ページ
  • 1
  • 2