生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2013年2月
ニュース

減らされた冠動脈疾患の危険につながるより高いCoQ10およびB6レベル

肺トランク、静脈、中心の大動脈

栄養物、チョンのシャン族の医科大学、台中市、台湾の学校で科学者が行った最近の調査は補酵素Q10の血しょうレベル間の関係をおよびビタミンB-6および冠状動脈disease.*の危険調査した

調査は正常な血の生物化学を用いる健康な人々の制御グループおよび心臓カテーテル法によって識別された1つの主要な冠状動脈の少なくとも50%の 狭窄症 を用いる患者で構成された場合のグループで構成された。

科学者は補酵素Q10のより高い血しょうレベル間に相関関係がおよびビタミンB-6および冠動脈疾患の減らされた危険あったことを発見した。 それ以上の調査は必要冠動脈疾患の患者にビタミンB-6検査するために低い補酵素Q10のレベルとの特にそれらを伴って補酵素Q10の管理の利点をである。

— M。 リッチモンド

参照

*で利用できる: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23146771。 2012年11月30日アクセスされる。

日1ソーダは前立腺癌の危険を上げるかもしれない

オメガ3

臨床栄養物のアメリカ ジャーナルで 出版された最近の調査では スウェーデンの科学者は15年の時間span.*の間に8,128人の砂糖甘くされた飲料消費と前立腺癌間の連合を調査した

Agenceのフランス出版物との インタビューでは、 イザベル ドレークは、ルンド大学のPhD学生言った、「加えられた砂糖が付いている多くの清涼飲料か他の飲み物を飲んだ人間で、私達は見たおよそ40%の前立腺癌の高められた 危険を」。

甘いコーンフレークの高い取入口は38%に癌のより穏やかな形態の発生を上げたが米で重い食事療法を食べたパスタが 頻繁に処置を要求しなかった、前立腺癌のより穏やかな用紙を得る彼らの危険を高めた人は、31%によって 、ドレークAFPを 言い

調査についての臨床栄養物 のアメリカ ジャーナルのための 社説では、著者DagfinnはAune、一緒に取られて、これらの調査が清涼飲料の消費がいろいろな健康の心配と関連しているが、それ以上の前向き研究は必要であるというを観測の証拠の成長するボディに複雑かもしれないしまたはそうではないかもしれない本当の危険を査定するために加えることを結論を出す。

編集後記: この調査は血ブドウ糖のレベルを打ちつける食糧および消費の飲料の危険の確証を助ける。

— M。 リッチモンド

参照

*で利用できる: http://ajcn.nutrition.org/site/misc/release1.xhtml#esha。 2012年11月29日アクセスされる。

不十分なビタミンDのレベルは膝の関節炎の苦痛と関連付けた

関節炎及びリューマチ で報告される調査結果は ヨーロッパancestry.*のアフリカ系アメリカ人のそれらと比較されるすばらしいアフリカ系アメリカ人平均すると持っている、これらの人口の間で観察される健康の不均衡のいくつかの説明を助けるかもしれない白人と比較されるより低いビタミンDのレベルをである膝の骨関節炎の苦痛に対して増加されたビタミンDのレベルのための保護効果を提案する。 

膝の骨関節炎の四十五人のアフリカ系アメリカ人そして49人の白人膝の徴候に関するアンケートを完了し、熱および苦痛感受性のテストを経た。   血液サンプルは血清25-hydroxyvitamin Dのレベルのために分析された。 

アフリカ系アメリカ人の関係者はコーカサス地方の主題と比べてより多くの苦痛を報告した。  コーカサス地方の関係者の半分に30 ng/mLより低かったビタミンDのレベルが ある間、これらの不十分なレベルはアフリカ系アメリカ人 84%で行われた。 平均コーカサス地方のビタミンDのレベルはアフリカ系アメリカ人 間の19.9ng/mLに対して 28.2 ng/mL 、だった。 

編集後記:  「慢性の苦痛病気」、は説明したGlover、MSN、ARNPおよび彼女主執筆者トーニL.仲間である。 「エームズによって提案されるトリアージ理論は長期微量栄養の不足の制動機の慢性の発火を仮定する。 次に、慢性の発火は多数が不具になる徴候として苦痛によって特徴付けられる慢性の健康状態をもたらす。 リーによる最近の研究は等骨関節炎の病因学が全身の炎症性部品を」含んでいること仮説を支える。

— D。 染料

参照

*関節炎及びリューマチ。 11月2012日7.日。

調査はカルシウム取入口と幹線石灰化間の連合を見つけない

アテローム性動脈硬化の病気-詰まった動脈(幹線プラク)

臨床栄養物のアメリカ ジャーナルで出版された レポートで記述されている研究は 、より大きいカルシウム取入口間の関係を確立しなかった高めた冠状動脈の石灰化、見つけることがカルシウム補足は心臓発作の危険を高めるかもしれないことを提案した最近の調査の結論を否定する中心disease.*を特徴付ける条件を。

研究者は588人からのデータを分析し、Framinghamの中心の調査に関係者の子供を含めるFraminghamの子孫で登録される690人の女性は調査する。 1998年と2001の間で完了したアンケートへの応答は食糧および補足からのカルシウム取入口のために分析された。 2002年と2005の間で行なわれたコンピュータ断層撮影スキャンは冠状動脈の石灰化、中心の動脈の石灰化させたプラクの徴候を評価した。 

データの調節された分析は総カルシウム取入口と冠状動脈カルシウム間の重要な連合を見つけなかった。 同じような調査結果は食糧からのカルシウム補足そしてカルシウムの別の分析で得られた。 

編集後記:  著者は臨床試験からの証拠が現在心循環器疾患の危険に対するカルシウム取入口の効果を支えないことを薬の協会が最近結論を出したことに注意する。

— D。 染料

参照

* AM J Clin Nutr。 11月2012日7.日。

N Acetylcysteineは肺癌の選別をより安全に作ることができる

発癌で報告される調査の 結果は 酸化防止N acetylcysteine (NAC)の管理がコンピュータ断層撮影(CT)の癌促進の効果から肺癌の危険がある状態に人および女性のscreening.*保護を助けることができることを提案する 

航跡の森林医科大学院の研究者はタバコたばこを吸で見つけられた発癌物質とオスおよびメスのマウスを扱い、4週間週間全身CTの放射または放射のさまざまな線量--にさらした。 メスのマウスの別のグループは照射の前の始まり、4週間の放射線療法の期間の間続くN acetylcysteine 3日と高められた食事療法を与えられた。 放射をまた経なかった何人かの女性はNACと高められた食事療法を受け取った。 

最終的な放射線療法に続く8か月マウスは肺腫瘍のために検査された。 NACの処置は照射されなかった動物のそれと対等な照射されたマウスの腫瘍の形成の量で起因した。 

編集後記:  成長の肺癌の危険度が高いにある重い現在および前の喫煙者の年次CTの審査は20%によって最近の試験の 胸部レントゲンが付いているスクリーニングと比べて肺癌の死亡率を減らすと見つけられた。 但し、心配は正常な細胞の癌を引き起こすことができるまたは前癌性の細胞の成長を促進するCTスキャンによって提供される放射の比較的多量と関連付けられる危険に関して上がった。

— D。 染料

参照

*発癌。 10月2012日26日。

関節炎の補足の使用は発火の減らされたマーカーと関連付けた

女性の首の激痛

疫学のアメリカ ジャーナル で出版される記事は グルコサミンとの補足、コンドロイチンまたは魚油間の連合を報告し、血清のC反応蛋白質(CRP)の減少は関節炎、発火によって特徴付けられる病気および共同退化を用いる人々によって、inflammation.*のマーカーこれらの補足規則的に使用される。

フレッドHutchinsonの蟹座の中心の研究者は国民の健康および栄養物の検査の調査(NHANES)に加わった女性および9,947人の人からのデータを分析した。  主題のインタビューはサプリメントのタイプそして頻度を含む健康の行動そして食事療法に関する情報を、提供した。 

増加された食餌療法繊維はより低いCRPと関連付けられた。  グルコサミンの規則的な使用を報告した関係者はグルコサミンを 使用しなかった 人と比べてより少なく平均すると17%だったCRPのレベルがあった。  コンドロイチンのユーザーのために、CRPの減少は22%を 平均し、 魚油のユーザーのために、CRPのレベルはより低い 16%を 平均した。 

編集後記:  魚油はベータ核要因Κの阻止によって発火を(NF kb)減らす、またオメガ6の変位によるオメガ6のproinflammatory polyunsaturated脂肪酸の阻止によって細胞膜で貯えるオメガ3の脂肪酸を含んでいる。

— D。 染料

参照

* AM J Epidemiol。 11月2012日8.日。

糖尿病率は南米国で急騰する

血液銀行

1995年と2010年間の疾病予防対策センターによる最近のレポートに従って、米国の大人間の 糖尿病の 診断の率にぐらつく82%の増加がずっとある。  42の米国に付き少なくとも50% これらの増加する糖尿病の診断された箱100%の18の経験された 増加 またはもっと。 傾向は226%の増加が報告された率が158%を増加したオクラホマ ケンタッキーのような南米国で特に警急 ジョージア増加した140% の上の145%およびアラバマを である。  ウェストヴァージニアのようなアパラチア山脈の州はまた驚かす131%increase.*を 見た

CDCの科学者は糖尿病と診断される人々の増加の理由が条件を開発しているより多くの人々が原因であることを推測する。 但し、調査は糖尿病の処置の改善がより多くの人々が病気とより長く住んでいることを意味するかもしれないことを示す糖尿病による少数の死があったことを示す。 CDCの糖尿病翻訳の部分のディレクターに従って、「これらの率有効な介在まで増加し続け、糖尿病および肥満両方」を防ぐために方針は実行される。

— A。 Pryce

参照

*で利用できる: http://www.cdc.gov/mmwr/pdf/wk/mm6145.pdf。 2012年11月19日アクセスされる。

ブドウの混合物は、赤ワイン戦いの前立腺癌に主であることができる

Resveratrol、ブドウの皮で一般に見つけられる混合物および赤ワインは、心血管の健康および打撃の防止を含む人間の健康に対する複数の有利な効果を、もたらすために示されていた。 ミズーリの研究者の大学は積極的なtumors.*を含んで混合物が前立腺の腫瘍の細胞をすべてのタイプの前立腺癌から完全な回復のチャンスを高める放射線療法により敏感にさせることができることを発見した

前立腺の腫瘍の細胞は細胞を殺すために一緒に作用できる2 蛋白質perforinおよびgranzyme Bの非常に低水準を含んでいる。 但し、蛋白質は両方とも非常に「表現される殺害の腫瘍の細胞に」必要がある。 調査では、彼が前立腺の腫瘍の細胞にresveratrolを導入したときに、2つの蛋白質の活動は非常に増加したとミハエルNichollはMUの医科大学院の外科腫瘍学の助教授言った。 放射線療法の後で、Nichollはだけ放射 を用いる 処置より大いに高いパーセントである腫瘍の細胞の97%まで死んだことが分った。

付加的な調査が、動物実験を含んで、数年以内に巧妙なら、MUの役人は人間の薬剤の開発を始めるように連邦政府からの権限を要求する。 この状態が許可された後、研究者は癌のための新しい処置を開発する希望の人間臨床試験を行なうかもしれない。

— M。 リッチモンド

参照

*で利用できる: http://munews.missouri.edu/news-releases/2012/1108-compound-in-grapesred-wine-could-be-key-to-fighting-prostate-cancer/。 2012年11月26日アクセスされる。