生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2013年2月
私達がそれを見るように  

あなたの体の食べるために準備

ウィリアムFaloon著

新年が始まる と同時に、何百万のアメリカ人は重量を 失うことを解決する

ウィリアムFaloon
ウィリアムFaloon

この欲求は化粧品の出現 を越えて残りの 体脂肪は著しく長寿を短くする ことを公衆が 学ぶと同時に 伸びる

行方不明である何が人々が貯蔵の脂肪に変えるあらゆる余分なカロリーなしで かなり 食べることを可能にするの前食事の 作戦である

2012年 、調査は体脂肪を減らしている間食事が17.6 ポンドの 平均を失った前に 緑のコーヒー豆のエキスの350 mgを消費している 人々出版された 提示だった1

少数が理解するものは緑のコーヒー豆の エキスブドウ糖低下効果がだけでなく、 減量を促進する こと管の危険を同様に下げるかもしれない。

一例として、もう 2012 調査は心臓発作の 危険が 適度に の後食事の 血ブドウ糖のレベルだけを上げた危険グループの 69%を 増加したことが分った。2

糖尿病患者が事実上あらゆる 病気 のより高い発生に苦しむことを誰も論じない。 どんな研究者が確認しているか高く正常なブドウ糖の 表面 を持つ非糖尿病患者が 寿命を短くしたことである。3

明るいニュースは1つが「 ボディの 各食事の前に 」食べるために 準備に託せばの後食事のブドウ糖のサージの肥満引き起こす影響が軽減することができることである。

朝食を食べている美しい女性  

1950年 、アメリカ人は食糧に彼らの 収入 の平均30%を 使った4

食糧費用の経費は10%にその後 食糧を 育て、処理する効率的な方法が展開したと同時に落ちていた。5つは これ余分なカロリーの消費を現代社会のほとんどの皆に現実的にする。

なる食糧の結果はそう安く人々が爆発するためにあまりを食べることであり、肥満を評価するもたらす。

1つは食糧費用の減少にパーセントとしての体脂肪の人々の平均所得そして増加された量が運ぶと同時に容易に 相関関係を 引くことができる。 しかし物語へ多くが、ある。

タバコの 使用はおよそ19% 50年代 45%から 今日 落ちてしまった。 タバコを吸う6,7人は 通常 少数のカロリーを消費するのでより少しの重量を量る。 ニコチンはまた体脂肪の燃焼を促進する代謝率を後押しする。  

長年に渡って、ニコチンは社会の 大きい区分のための 選択の薬剤だった。 ニコチンは頭脳の楽しい効果を引き起こすために終日煙っていた。 煙る率が低下したので、高glycemicカロリー の消費は 前の 生成がニコチン( タバコ)から得た頭脳の化学変化を取り替えるために人々が「爽快な」食糧に回ると同時に、薬剤の代理になった。

肥満関連の病気は 喫煙によって引き起こされる伝染性 悪影響を克服してしまった。 人口の 19%は まだ煙るが、ちょうどほぼ70%を であり 今太りすぎ または 肥満 考え、それらを退化的な病気のはっきりと高いリスクに置く。8

積極的な介在が設けられなければ、前例のない 大きさの 公衆衛生の災害は私達にある。

の後食事のブドウ糖 結果は波立つ

手持ち型の血糖のテスターを使用している人  

ブドウ糖のレベルは食事の後にあなたの血に上がり、健康なら、ブドウ糖は前食事の範囲に戻ってすぐに落ちる。 ブドウ糖がおよびたいそう上がればが滞在は 余りに長く上がった、大量の組織の損傷は加えられる。9-11

糖尿病患者に非糖尿病患者と比較される心循環器疾患の高い比率がはっきりとある。12,13 まだ、考慮されない糖尿病性と多数に心血管死亡率は絶食の ブドウ糖の レベルが85の mg/dLの上に あるときより高く 40% である3

ホノルルの中心プログラムはブドウ糖のレベルに関連した 冠動脈疾患の危険が50 gr口頭ブドウ糖の負荷の後の1時間を測定したことが分った。 致命的な冠動脈疾患の発生は二度 114のmg/dL以下 それらと比較された 157 - 189のmg/dL 間のの後食事のブドウ糖の レベル を持つ患者で同様に 高かった14

イギリスのオスの公務員のホワイトホールの調査は食事が冠動脈疾患からの 死亡率の 二重の 増加と関連付けられた2 時間後ことを96の mg/dLの 血ブドウ糖のレベル かより高い示した15

オスロの調査は糖尿病性の患者の致命的な打撃危険がの後食事のブドウ糖各々の 18の mg/dLの高度 につき13% 増えた ことを 示した。16は 健康な範囲の上のたった 18の mg/dLだったの後食事の ブドウ糖の レベルに基づいて危険グループで心臓発作の危険の 69%の増加を示す2012 調査によって これ確証される。2

の後食事のブドウ糖のスパイクが妨害された興味深い調査 では、心臓発作率は驚かす91%を 落とした誰かが 心臓発作に苦しむ時でさえ17、心筋への損傷の量は かなり後食事の ブドウ糖のサージを減らすためにステップが事前に踏まれるとき減る。18-19

科学文献から一貫した見つけることはより高いブドウ糖のレベルを持つ人々が より高い 血管疾患 率に はっきりと 苦しむこと である。

カロリーの吸収を妨害する重大な必要性

医者は高い血糖を見ることに そう絶食の ブドウ糖のレベルが100つのmg/dLに近づくか、 または適度に 超過するとほとんどコメントしない こと 使用される。 だけでなく、これらの わずかに より高い血 ブドウ糖の レベルは病気の危険を高めるが、体脂肪の 余分な貯蔵に貢献する。20

人口の小さいパーセントがその練習の堅いカロリーの 制限ある。 これらの個人は86の mg/dL以下 絶食の ブドウ糖を 維持し、 の後食事の食事のブドウ糖の サージ に対して細かいところまで守る。 およそ1,500-1,800カロリーを食べる 日ための報酬は ある特定の老化プロセスのほとんどあらゆる病気の危険そしてありそうな逆転の減少である。 カロリーの制限は好意的に若々しい細胞機能を促進する遺伝子発現を元通りにする。21

生命延長®は1980年に開始以来の強いカロリーの制限に穏健派を 支持した。 しかし私達は熱心な健康の意識した個人が一貫しての下で食べることができないことよくわかっている。 

従って慢性の空腹に苦しまないで カロリーの 制限 利点のいくつかを達成するためもし「彼らのボディを砂糖の吸収を妨害し、他の食糧からの彼らのレバーの残りのブドウ糖の作成を減らす食事の前に混合物の摂取によって」食べるために準備すれば、ほとんどの老化の人々。

あなたのレバーはブドウ糖に蛋白質を変える

慢性的に食べなさい人は著しくより低い血のブドウ糖およびインシュリンのレベルがあることを動物 および 人間の 調査は 示す。22,23の 超過分インシュリンは同じ退化的な病気にブドウ糖が高くと貢献する。 高いインシュリンによりまた巧妙な 長期減量を排除する 細胞脂肪の余分な貯蔵を引き起こす。

一貫して食べすぎる人々は頻繁に慢性的にインシュリンの連続的なフローを分泌する膵臓で起因する血ブドウ糖を上げた。24-26

1つが高glycemic炭水化物の消費を(砂糖および澱粉)減らす時でさえ、レバーは食べる蛋白質ベースの食糧1からのブドウ糖を総合し続ける。27,28は 膵臓当然このレバー発生させたブドウ糖を減らすためにインシュリンの生産を高める。

大部分の老化の人々はこうして慢性的に高いブドウ糖 および インシュリンの レベルに苦しむ。 悲劇的な結果は肥満の今日の急上昇した伝染病で見る ことができる

手取りレッスンは低いブドウ糖インシュリンの血レベルと関連付けられる医療補助を達成する それである; 1つは血流にブドウ糖のの後食事のサージを減らし、レバー(ぶどう糖新生)によってブドウ糖の統合を抑制しなければならない。

幸いにも(食事の前に取られたとき)、いろいろな栄養素や薬剤はブドウ糖の吸収を妨害し、レバーで総合されるブドウ糖の量を切ることができる。 従ってこれらの栄養素(および/または薬剤)へのそれ以上の利点は筋肉細胞のインシュリンの感受性 の改善であり、更に血のブドウ糖/インシュリンのレベルを減らす。

砂糖の致命的な危険の確認

見出し 2012の ニュースは人が日ちょうど1つの12オンスの砂糖によって甘くされる 飲料を飲めば 、心臓発作を持っている危険は 20% 増加することを 報告した29

見つけるこれは血ブドウ糖の 後食事のスパイクは事実上あらゆる年齢関連の無秩序の危険を高める ことを 既に学んでしまった生命延長®のメンバーを驚かすべきではない。

例えば、調査私達は示されているで前にの後食事のブドウ糖の63のmg/dL 増加が 二重 か200%年までに心臓発作の危険を 高める ことを 報告した30

出版されたデータのこの一貫した流れは私達に種類の甘くされた飲料を避けることを告げている。 これは有利なポリフェノールの 方法で 少しを(ザクロ ジュースで見つけられるそれらのように)提供するが含んでいたり、ブドウ糖の血レベルを打ちつけさせるオレンジ ジュースのような自然に甘くされた飲み物を。

菓子に抵抗できなければするべきこと

澱粉および簡単な砂糖で構成する食事療法により人口の大半は危険なほどに高いブドウ糖インシュリンのレベルに 苦しむ。24

私達が老化すると同時に、炭水化物の制限は最適の絶食のブドウ糖のレベルに私達が砂糖に他の 食糧を変えがちであるので私達を常に得ない(86のmg/dL以下) (ぶどう糖新生 によって)。

過去4年間、私はそれに事実上あらゆる食事の前に複数にブドウ糖の調整の 代理店を取るために 厳密な習慣を した。 結果は最近の絶食のブドウ糖 テストが81の mg/dLで入り、 私が かなりの腹部の脂肪を取除いたことである。

私は科学的な証拠の全体に基づいて 致命的なブドウ糖のサージから食事の前にあなたの血流を保護するには重大な必要性十分を、強調 できない

その薬剤は安全に血ブドウ糖を下げる

薬物彼らの医者にそれらを規定してもらうことを好む人のために、効果を下げる証明された血ブドウ糖との2がある。

第1はacarboseと呼ばれるグルコシダーゼ禁止の薬剤 である。 グルコシダーゼはブドウ糖に摂取された砂糖を変える消化酵素の1つである。1つが 食べる 直前に acarbose17,31,32 取得25-100 mgは後食事のブドウ糖のサージを減らす。 何人かの人々acarboseとの腸の混乱について不平を言う。 それはまた人でhypoglycemic慎重に使用されるであるがべき、他では安全である。

ブドウ糖を下げる第2処方薬はmetformin である。 レバー ぶどう糖新生の禁止によって、metforminは血のブドウ糖インシュリンのレベルを下げる。33-37 Metforminはまた他の有利なメカニズムによって作用する。38-41 三十年の間、 生命Extension®は metforminが広スペクトルの反老化の薬剤である、けれどもほとんどの医者は多数の利点の知らなく、頻繁に非糖尿病患者にそれを規定することを断るという証拠を提供した。

Metforminは事実上皆によってそれらが中心、腎臓、またはレバー機能の重要な減損を持たないし、hypoglycemicではない限り安全に使用することができる。

Metforminおよびacarboseは低価格のジェネリック医薬品として販売されるが、多くの消費者は処方薬に慎重で、自然なアプローチを代りに選ぶ。 幸いにも、acarbose および metforminに類似した方法で作用する 現実的な 栄養素が ある

代理店を下げる自然なブドウ糖

人間臨床試験は緑のコーヒー豆のエキスが 口頭 ブドウ糖のローディング テスト の前に取られるとき の後食事の血ブドウ糖の著しくより低い増加を示す。42,43

1つの強制的な調査は緑のコーヒー エキスを取っていない人々は 砂糖の摂取 の後で130のmg/dLの ブドウ糖のレベルが 1時間あったことを示した。 調査では400に緑の コーヒー エキス砂糖の摂取の後で93の mg/dLに落ちるブドウ糖の レベル mgを取ることを服従させる。44は 130のmg/dLと比較される93のmg/dLの後負荷 ブドウ糖の読書を 持っていること間の 相違 心臓発作の危険 約70%の減少である。30

緑のコーヒー豆のエキスは 炭水化物の消化酵素の禁止によって血ブドウ糖を下げる(薬剤のacarboseに 類似した)およびレバー(metforminのように。) 45-47の ブドウ糖の作成を抑制する

多くの老化の人々のために、各食事が すべてであるかもしれない前に 緑のコーヒー豆のエキスのカプセルを取ってそれらはより健康な絶食および の後食事の ブドウ糖の レベルを 達成する必要がある。

積極的なカロリーの制限を練習する人にブドウ糖の読書を51-55および Irvingia 減らすように努めるそれらは また クロムを提供する緑の コーヒーエキスの補足 、48-50緑茶のエキスを 追求する べきである56-58

コーヒーの反糖尿病性の効果
コーヒー豆が付いているコップ

広範で疫学的な証拠はコーヒー消費の高レベルが67%によってタイプII糖尿病の 危険を下げる ことを 示す59は この反糖尿病性の効果脂肪の血ブドウ糖、高められた インシュリンの感受性および 減らされた貯蔵の減らされたレベルに起因する ようである






独特な重量損失のメカニズム

緑のコーヒー エキス のChlorogenic酸は ブドウ糖の 吸収に反対するそれが 小腸の遠位地域へブドウ糖の通風管を移すことによって外見上そうする60。60 それはまたアミラーゼ、 砂糖に澱粉を破壊する酵素を禁じるようである。61

緑のコーヒー のchlorogenic 酸に 特に独特得させる 何がブドウ糖6ホスファターゼ、 レバー(ぶどう糖新生)のブドウ糖統合そして解放を促進する酵素を禁じることである。46,47は これ血糖レベルを下げ、助けは減量を促進する。

Chlorogenic酸はとりわけ炭水化物の摂取 関連付けられるの後食事のブドウ糖のピークを減らすために示されていた。62は これインシュリンの 活動を 下げ、脂肪質の 蓄積 63,64を 好ましいボディ質量変化率との両方の準減らす。

付加的な研究はコーヒーの混合物が脂肪質の(脂肪質の)ティッシュを減らすことを確認した。64

ともに、これらの ブドウ糖低下 および 反脂肪質の メカニズムは緑の コーヒー エキスに不必要な 体脂肪を戦うのを助ける刺激的で自然な方法をする。

緑のコーヒー エキスの予備の調査結果

実験室で顕微鏡を使用しているアジア女性の医者か科学者  

人間の調査は豊富にある混合物ことを のコーヒー金持ちのその日常消費示した重量 および体脂肪を 減らしたか引き起こされたどれが 低カロリーの取入口かで—起因した 緑の コーヒー豆に65

12週では、偽薬制御の調査、科学者は緑のコーヒー豆のエキス 効力をテストした。 太りすぎ30または肥満の人間のボランティアはインスタント コーヒーで分解したエキスか偽薬を取った。 エキスは平均11 ポンドの 減量を作り出した。 これはブドウ糖の吸収の 減少およびブドウ糖の利用増加によって平行になった。 研究者はこれらの効果に起因するブドウ糖 より低い供給によりボディは結局体脂肪および固まりを減らす脂肪質の予備の新陳代謝を 高めたことを 報告した。66

体重に 全面的で重要な減少があったことを緑のコーヒー豆の エキスの出版され、 出版されていない臨床人間の調査の2011検討そしてメタ分析は結論した。 但し、科学者は最終的に エキスの 重量損失の効力を確立するためにそれ以上の厳密な研究が必要だったことを結論を出した。67

  • ページ
  • 1
  • 2