生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2013年12月
レポート  

Avodart® - Proscar®の討論

ウィリアムFaloon著
Avodart® - Proscar®の討論

dihydrotestosterone (DHT の上昇値は温和な前立腺の 拡大に貢献する。1

DHTがまた前立腺癌 かかわるという証拠 に基づいて2つの 2つの大きい調査は老化の人で見るためにかどうかDHTの前立腺癌の 危険を より低くまた 減らす薬剤行なわれた。3-5

1つの調査は薬剤のAvodartの ® dutasteride)およびProscarの他の ® finasteride)を評価した。従って 3,4は両方の薬剤 5アルファの還元酵素の 酵素を禁じ、はるかに強力なDHTへのテストステロンの転換を 妨げる5

2つの調査からの調査結果は薬剤が両方とも約23-25%前立腺癌の危険を減らすことを 示した3,4は またこれらの薬剤大幅に温和な前立腺の増殖の徴候を減らす。1,5

しかし何人かの医者は前立腺癌を開発した人で、これらの薬剤の取っているグループの多くは(Avodartの®かProscarの ®)高級な前立腺癌を 開発した ことかかわっていた。3,4は これ正当化された心配である。 高級な 前立腺癌は積極的な治療上の介在を要求し、治るためにより挑戦的である。6

この記事はAvodartの®かProscarの®が 高級な前立腺癌の 危険を高めないし、 それを 減らすかもしれないことを示す見落された調査結果を明らかにする。

前立腺癌が疑われるとき、典型的な診断手順は 前立腺 針のバイオプシーである。7つは 病理学者に切り取って検査された標本切り取って検査された標本から観察されるあらゆる疑った構造の「等級」を定めるために送られる。7

「Gleason」の「等級」は採点法によって定められる。7 それは病理学者が査定する顕微鏡の腫瘍パターンに切り取って検査された標本を解釈している間基づいている。 低級、中間等級、または高級な敵意を推定するのに今日使用されるGleason 「等級」が基本的な確定的である。7

Gleasonのスコアは前立腺癌による患者の死ぬ特定の危険の1つの測定である。 前立腺癌の診断がバイオプシーで作られれば8、Gleasonのスコアは強く療法のための選択に関する決定に影響を及ぼす。8 ここにGleason数が腫瘍の等級にいかに関連するかである:7

7以下のGleasonの スコア: 低級

7のGleasonの スコア: 中間等級

7上のGleasonの スコア: 高級

より高いGleasonのスコア、 より積極的 腫瘍は本当らしい機能するためにがであり、より悪い患者の予想。8

Gleasonのテストの問題

Gleasonのテストの問題  

医者および置かれた人々は頻繁に診断テストに関しては確度を過大評価する。 これは記録している切り取って検査された標本および 他の変数を検査している個々の病理学者の解釈に開いているGleasonのようなテストとはっきり見られる。 複数の調査はGleasonのスコアの重要なパーセントが余りに高くまたは余りに低く等級別になることを示す。9-12

Gleasonのスコアが時々誤るために確認されていること1つの方法は比較すること取除かれたものがと同じ 患者 の良い針のバイオプシーの間に 外科prostatectomy から得られるティッシュをである。従って 10,12針のバイオプシーから得られる比較的微量と比較される外科取除かれた前立腺から検査するべきずっとより多くのティッシュの容積あり外科取除かれたサンプルのGleasonのより正確なスコア等級分けを可能にする。

それが劇的にサイズ前立腺の(Proscarの®およびAvodartの®のように)倒れる薬剤を取っている 人に関連していると同時に、病理学者は結果がより高級な癌に類似するためにより低級な癌を引き起こすことであるかもしれないことに注意した。4,13,14 彼らはGleasonのどのにスコアがより悪い等級の腫瘍を より示すか「斜めに等級分けが」実際に存在しているあることを薬剤を取っている人でAvodartの®かProscarの®を好みなさいことを示した。

Proscarの®の 調査は持っていた高級な腫瘍のより低い率を服従する

(Gleasonのスコアによって測定される 7年の期間にわたるProscarの®を評価する 調査では 前立腺癌の、しかし高級な病気の危険の明白な 増加 を用いる危険に 25%の 減少があった。15

しかしデータの更なる分析は反対を明らかにした。 根本的なprostatectomy (前立腺の完全な 取り外し)を 経た人から取られる検査のティッシュ時、Gleasonの記録によって 測定される ように Proscarの ®のグループの 高級な病気 に27%の減少が あった。15

それは実際に低級だった何人かの人に割り当てられるGleasonの 高級なスコアで 起因した Proscarの®のグループにバイオプシー感受性問題があったこと なった15

驚くProscarの® (finasteride )が減るかもしれないことが分る 高級な 前立腺癌は「Finasterideとよばれた調査で危険性を高めない高級な前立腺癌の明らかにされた: バイアス調節された模倣のレポート」。15

この調査はジャーナル蟹座防止の研究 で出版されたが、媒体、FDAおよび多くの医者によって主として見落された。

前立腺の印

憶病な前立腺は高級な蟹座を検出することもっと簡単にする

前立腺 サイズ 容積 )のAvodartの®またはProscarの®の影響は深遠である。 どちらかの薬剤は比較的短い 一定期間 に17-25%前立腺の容積を減らす。4,14

Avodartの® かProscarの®は 低級な前立腺癌の前でPSAを もっとかなり 減らすために示されていなかった。16-18 この効果はPSAのレベルが同様に低く落ちないし、高級な 前立腺癌の前で低いとどまらないのでよりよく医者が疑った高級な病気の場合を 識別することを 可能にすることができる。18,19

前立腺のサイズの減少によって、Avodartの®またはProscarの ®のような薬剤は 前立腺のバイオプシー および デジタル直腸の検査の感受性を改善できる。 Avodartの®の試験のためのProscarの®の調査および10中心のバイオプシーでできていた最低6中心のバイオプシーが あったことを15この概念を理解するために 理解しなさい。4,15は 前立腺からだけこれらの良い針のバイオプシー ティッシュの小さいパーセントを取除く。 より大きい前立腺のサイズ、より容易それは悪性の地域を逃すことである。

前立腺の大部分の減少によって」、Avodartの®を取っている人の針のバイオプシーの敵意に当ることはずっと容易「だった またはProscarの®は 偽薬を取るそれらのより大きい腺で行われたバイオプシーと比較した。4,15

前立腺の針のバイオプシーは正確な約75% だけ から始まるためにである。20 針のバイオプシーが偽薬の腕と比較されたAvodartの®かProscarの®を 取っている 人のより高級な腫瘍のなぜ 覆いを取ったか理解することは そう容易かもしれない。

必要がある何を知る
前立腺は切り取って検査する: サイズは重要である

前立腺は切り取って検査する: サイズは重要である

  • dihydrotestosterone (DHT)の上昇値は前立腺癌にかかわり、温和な前立腺の拡大に貢献する。
  • (Gleasonのスコアによって測定される) DHTのレベルを減らすためにProscar®およびAvodart®の前立腺癌の保護利点を、薬物評価する別の調査では前立腺癌の、しかし高級な病気の危険の明白な増加を用いる危険に22-25%減少があった。
  • Avodart®かProscar®は比較的短い一定期間に17-25%によって前立腺の容積を減らすために示されていた。
  • 複数の出版されたレポートの検討は偽薬のグループの人の大いにより大きい腺と比較されたこれらの薬剤を取っている人の縮められた腺の高級な癌を見つけることは容易だったという事実にAvodart®かProscar®を取っているグループで観察されるGleasonのより高いスコアを帰因させる。
  • 前立腺のサイズの減少によって、Avodart®かProscar®は前立腺のバイオプシーおよびデジタル直腸の検査の感受性を改善できる。

どの位前立腺は縮めたか。

Gleasonのテストの問題  

注意されるように、finasterideを取っている人の中央の前立腺の 容積は より低く 扱いにくい前立腺のティッシュの 巨大で相対的な減少を表す偽薬のグループと比較された25%だった。21

科学者のグループは省略された他の変数と共に前立腺の容積の相違を計算した最初のレポートをfinasterideで編集するとき。 すべての変数を調節するとき、これらの科学者はfinasterideの グループ の前立腺癌のより危険度が低い45%を示した。21は 科学者切り取って検査された、「 腺の容積のための調節および中心の数が2本の腕の間で(すなわち、密度を見本抽出する)高級な癌の相違を」。除去したことに注意した 21

出版されたペーパーはタイトルを付けられた: 「前立腺の容積に対するFinasterideの効果が検出のバイアス原因で: 前立腺癌の防止の試験の分析のための模倣のアプローチ。」これらの科学者に従って、すべての共同変数が加えられたときに12%の方に傾向が finasterideを 取っている の中の少数の高級な前立腺癌 あった21

国立癌研究所のジャーナルで 出版されたこの分析からの結論は 次のとおりだった:

「postrandomizationデータを使用して分析が用心深い解釈を要求するが、これらの結果は密度のバイアスだけ見本抽出することが」。PCPTのfinasteride割り当てられた関係者間の高級な癌の超過分を説明できることを提案する 21

複数の出版されたレポートの検討は偽薬のグループの人の大いにより大きい腺 と比較された これらの薬剤を取っている縮められた腺の高級な癌を見つけることは容易だったという 事実 に5アルファの還元酵素の抑制剤を(Avodartの®かProscarの®)持って行っているグループで観察されるGleasonのより高いスコアを帰因させる。22,23

Proscarの®およびAvodartの®の安全を守る出版されたレポートがある という事実は 問題が解決することを意味しない。22-24 討論はか十年幾年もの間続くかもしれない。 しかし前立腺癌の危険がある状態に老化の人に待っている均一一致の贅沢がない。

Proscarの® (finasteride)の独立した 分析の結論

Proscarの® (finasteride)は高級な前立腺癌の危険を減らす かもしれないこと分析の 提示を 行なった研究者は示すことによって彼らの出版されたペーパーを完了した:

「人はaの確立された利点の重量を量らなければならない 25%の減少 前立腺癌(あるために推定される 30% 現在の分析では)、 減らされた性機能が含まれている確立された副作用に対する前立腺肥大の減らされた尿の徴候および減らされた複雑化。 私達は見つけた 証拠無し finasteride 増加される 危険 PCPTの高級な前立腺癌の。 従って、私達は人に55番の年またはより古い必要性が心配するべきfinasterideに高級な前立腺癌の高められた危険について」。ないことを結論を出す15

蟹座防止の研究 5月18日2008年「Finasterideは高級な前立腺癌の危険性を高めない: バイアス調節された模倣のアプローチ