生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2013年12月
レポート  

前立腺の診断および査定テスト

ミハエルDowney著
Transrectal超音波。

イメージ投射

1. Transrectal超音波

Transrectal超音波は骨盤で器官のイメージを生成し、共通の徴候は高いPSAのレベルを持つ、またはデジタル直腸の検査のprostatic小節を持つ人の前立腺の評価のためである。28 超音波は温和な前立腺の状態と前立腺癌間の区別の前立腺そして援助のサイズを明白にする。 前立腺のバイオプシーを導くのを助けるのにまた28がこのタイプのイメージ投射使用することができる。28

2. 色のドップラー超音波

色のドップラー超音波は起こっていることボディの中で非常に明白にするためにイメージに色を加えるコンピュータ処理を使用して血の流れの視覚化を提供するのに使用されている医用画像処理の技術である。29が 超音波のトランスデューサー関心領域に音を発するのに使用され戻る音を読む。 音が血管のような移動目標を離れて跳ねるとき、ピッチはドップラー効果の結果として変わる。 トランスデューサーは非常に微妙なピッチの変更を検出し、視覚で記録し、血が流れている、どんな方向でイメージの提示を発生でき。 簡単なグレースケールのイメージが読み少しにくい場合もあるので超音波機械は血がまたはトランスデューサーから移っているかどうかの方に異なった色の価値を、によって割り当てる。 流れの方向の提示に加えて、色はまたまた流れの速度によって強度で変わり、すぐに血がいかに動いているか見ることを医者を許可する。28

疑われた腫瘍を持つ患者の色のドップラー超音波は血の流れの速度が変わっているフル カラーの問題の地図を描く精密な区域を明らかにする。30は どの位まで成長が広がったか丁度明白になるためにこのタイプのイメージ投射腫瘍の血液の供給の地図を描くことができる。 31は これどんな処置がある選ばれる、そしていかに外科および他の手段が近づかれるかの影響がことができる。 色のドップラー超音波はボディの外側のトランスデューサーを使用してすることができる間、またよりよい眺めを得るために調査が挿入されるtransrectalプロシージャに使用することができる。

3. MRI (磁気共鳴イメージ投射)

MRIは前立腺癌の検出および評価の30年以上使用された。32 超音波イメージ投射と対照をなして、前立腺MRIに優秀で柔らかいティッシュの決断がある。33の 磁場が前立腺癌を取付け、特徴付けるのに使用されている。 そうするためには、放射線技師は4つのタイプのMRI順序を含んでいる複数のパラメーター付きMRIを使用する。32 現在、MRIが前立腺のバイオプシーのためのターゲットを識別し、ロボティックprostatectomyを経ている人のための外科計画をするのに使用されている。 MRIイメージ投射はまた外科医がかどうか切除しか、またはneurovascular束を倹約し、外科難しさを査定するために決定するのを助ける。32

4. (核)骨スキャン

癌が骨に転移したら前立腺癌により「ホット スポット」は骨スキャンで現われることができる。34,35は 癌のための骨スキャン核技術を使用し、トレーサーと呼ばれる特別なカメラによって取ることができるガンマ放射を作り出すために放射性物質を管理することを含む。34は 骨に放射性核種からトレーサーその縛り成り、暗いですかわずかなシミとして出て来る。 技術者がトレーサーを注入した後、通常骨組中の移動に放射性物質のための1のそして4時間の間に取る。 この時間の間に、患者は水の骨によって吸収されなかったトレーサー材料を洗い流すために6つまでのガラスを飲むために頼まれる。 それから、患者はパッドを入れられたテーブルに大きいカメラがボディを渡る間、まだ残らなければならない。

また冷たい点と呼ばれる黒ずみは、トレーサーの吸収の欠乏を示すかもしれない。34は またこれ癌が前立腺からの骨に広がったことを示すかもしれない。 正常なスキャンはボディ中の均等に分散トレーサーを示す。 骨スキャンと関連付けられる危険は低速放射能漏れの非常に小さいレベルとの、考慮される。34は 尿を通して血流に注入される放射性核種排泄され、毒性の危険度が低いのがある。34

5. 量的なコンピュータ断層撮影(QCT)

薄くなる骨粗しょう症、か骨は前立腺癌と関連付けられ、前立腺癌の処置の副作用である場合もある。36 量的なコンピュータ断層撮影(QCT)は骨密度の変更を定められるDEXAのテストのような共通方法よりよく感度が高いテストである。37の 調査は実際骨の損失が時DEXAのテストが頻繁に含む退化的な変更こうして骨粗しょう症を提案しない骨密度として骨および接合箇所のティッシュをおよび血管内のカルシウム沈殿物を読むことができることを示した。38-41 量的なコンピュータ断層撮影QCTはコンピュータ断層撮影(CT)の他の形態に類似している。 あらゆるCTスキャンと同じように、X線管およびセンサーは回状または螺線形パターンのボディ区域のまわりで回り、一連の映像はコンピュータに送信される。42は QCTの主な違い特別なQCTソフトウェアによって行われる特別な分析である。 スキャンされた骨または柔らかいティッシュのひびか他の徴候を検出するためにほとんどのコンピュータ断層撮影(CT)ソフトウェアが合成の視覚イメージを作り出す間、QCTは骨の容積、固まりおよび密度のための数字を発生させるために走査器によって提供されるデータを使用する。42は これQCTが骨の外側を並べる、とtrabecular骨、骨より中心を構成するより柔らかいティッシュする皮層の骨の間で区別するように。43 Trabecular骨は皮層の骨意味が異なった率で、2つのタイプの骨取り替えられるより大いにもっと変形を伴って活発活発である。43 その結果、これら二つの骨のタイプは骨の鉱物密度の異なった変化率を示すことができる。

遺伝子検査

遺伝子検査  

前立腺癌と診断されるGleasonのスコア(等級別になる腫瘍の形態)、前立腺特定の抗原テスト(PSA)、および健康診断のような慣習的な手段を用いて危険度が低いように米国の人の約半分は分類される。44 それにもかかわらず、これらの 危険度が低い 患者のほぼ90%はあるのに致命的な進行の3%のチャンスよりより少しが根本的なprostatectomyまたは放射のような 即時の 積極的な処置を経ることを選ぶ。44

Oncotype DXと呼ばれる 新しいテストは 医者および彼らの患者に今利用できる。 それは前立腺癌の積極性を予測するために4つの生物的 細道を渡る 17の遺伝子の表現のレベルを測定する。44

試験結果は0から100まで 及ぶゲノムの前立腺のスコア( GPS) として報告される; このスコアは他の臨床要因と共に処置の介在前に人の危険を明白にするために査定される。44は 提供する取られる前立腺の針のバイオプシーのサンプルを使用してこの複数の遺伝子テスト 前立腺が取除かれる前に侵略的な処置を避ける、それにより危険度が低い患者に機会を認可された。 確認の調査の主義の調査官に従って、Oncotype DXの前立腺癌テストからの個々の生物的情報はほとんど もっと確信をもって活動的な監視を考慮し、不必要な処置および潜在的な副作用を避けることができる患者の数を三倍にした。44

生命延長メンバー(広範囲の監視プログラムを 利用する健康な食餌療法 パターンへの複数の薬剤、目標とされた栄養素および付着の使用を含む選ぶ)人のためのこのテストの利点は右の企画が続かれているより大きい保証を提供することである。

Oncotype DXテスト についての情報 のため、www.genomichealth.comへの ログオン

Prolarisの®は GleasonのスコアおよびPSAのような臨床変数と共に予測の前立腺癌の積極性の医者を助けるために開発されるもう一つのゲノム テストである。45

Prolarisの®は 分子レベルで前立腺癌の腫瘍の生物学を測定する。 直接癌の写しにかかわる遺伝子の表現のレベルを測定し、分析することによってProlarisはより正確に予測する病気の進行をできるにかもしれない。45

Prolarisの®は よりよく個人の10年以内の病気の進行の相対的な危険を予測し、成層化するために患者の癌の積極性を測定するように設計されている用具である。45 それは医者がよりよく患者のための処置/監視作戦を定義することを可能にするかもしれない。

Prolarisの®は 現在使用された変数より予想であることを主張し、従って患者の癌の積極性および病気の進行のより正確な予言をするために他の臨床要因と結合することができる独特なその他の情報を提供する。45

Prolarisの®は 両方前に予測するためにおよび治療後のシナリオの4匹の臨床グループの臨床進行を、示されていた。

前立腺癌の処置では、Prolarisの®は 診断の時点でそして後外科設定で予想である。45

診断で、Prolarisの®は 活動的な監視のための候補者であるかもしれないより少ない積極的な癌を持つ患者の識別を助けることができる。 さらに、Prolarisの®は 臨床的に危険度が低い患者を定義ようであるが、できたりより積極的な処置を要求するより積極的な病気がある。

Prolarisの®の テストは従って見積もりを病気の再発の危険よくし、監視のレベルを調節するか、または付加的な療法を加えるために外科の後で高いリスクの特徴がある後prostatectomyの患者に使用のためにまたうってつけである。

Prolarisの®についてのより多くの情報のため、www.myriad.comへの ログオン