生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2013年12月
レポート  

前立腺の診断および査定テスト

ミハエルDowney著
前立腺の診断および査定テスト 

今では初期の前立腺癌を識別するいくつかの診断試験があり、次に処置の選択の広い範囲の成功か失敗を監察する。

この記事は主流の薬が頻繁に見落とすそれらと共に患者の損傷に簡潔に慣習的な前立腺の診断試験を記述する。 しかしこれらのテストすべては商用化されている。

テスト

1. PSA (前立腺特定の抗原)

前立腺癌の検出そして管理の多分最も大きい進歩は1986年に前立腺特定の抗原(PSA)の血液検査の承認 だったが、既に前立腺癌と診断された人のためだけに公認だった。それによってが その1994年まで FDAではなかった1つはすべての人のための前立腺癌のスクリーン テスト として PSAテストを承認した。1つの 前立腺特定の抗原は両方の癌性細胞を含む前立腺の細胞によって、作り出される温和の細胞、また蛋白質である。 少しだけPSAが健康な前立腺から血流に脱出するので1、血の高いPSAのレベルは腺温和または悪性である場合もある前立腺の異常な状態を示す。 PSAの試験結果が潜在的な前立腺問題を検出し、前立腺癌療法の進歩に続くのに使用することができる。1

腫瘍の成長が2に、2から4分かれていてであるので、1個の細胞が本質的に指数、4つから8つは、等、PSAのような腫瘍の細胞プロダクトそのような指数を反映できPSAに倍(PSAのダブル タイム、またはPSADTのために)かかる時間成長測定する。2 また、上昇(PSAの速度)のPSA率は、がない特定のマーカー、診断が前立腺癌からの死の高いリスクを示した前に予想のでPSAのレベルが年 の間に 以上2.0 ng/mLによって増加した前立腺癌を持つ人前立腺癌の価値があるかもしれない。3 その上に、しかしない敵意、PSAの速度のためのまたはに対する絶対規準は悪性の状態の可能性に関するゲージとして役立つことができる。.75 ng/mL/year以上の上昇PSAの 速度が 悪性の状態の高められた確率に関連付ける2。 2

PSAテストにほとんどの慣習的な実験室によって提供される参照間隔は1ミリリットル (ng/mL)あたり0.00-4.00のnanogramsである4つの 慣習的な参照範囲は4.0 ng/mL以下のPSAのレベルが 正常である 、しかし2.0 ng/mL上のどの読書でも 前立腺炎、 温和な前立腺の肥大、または前立腺癌のような不健康な活動を、示すことができることを提案する。PSAの 読書が上がり始めれば2減ることができたりまたはPSAの生産を安定させる前立腺内の拘束を脱出するのに癌細胞によって使用されるメカニズムを締める介在がある。5つの PSAの読書は24-48時間以内のベースライン レベルにゆっくり戻る射精の直後に増加できる。6,7

PSAの図表は簡潔な提案と及ぶ

PSA (ng/mL)

簡潔な推薦

0-1.0

最適

1.1-2.4

前立腺の健康を支え、デジタル直腸の検査を行ってもらう初期手段

2.5-4.0

穏健派はPSAを他のテストを検査考慮するのを速度持っているデジタル直腸が心配査定する。

>4.0

推薦される余りに高付加的な診断

2. 自由なPSA

自由なPSA  

自由なPSAは前立腺の健康のためのより新しい評価である。 血のほとんどのPSAは血清蛋白質に区切られるがと、少量は蛋白質行きでし、自由なPSAと呼ばれる。2,8 前立腺癌を持つ人で、PSAを合計する自由な(自由な) PSAの比率は減る。2つは 総計 に関連して自由なPSAテスト自由なPSAのパーセントを測定する。 より低い比率9、より大きい前立腺癌の確率。 測定の自由なPSAは不必要なバイオプシーの除去を助けるかもしれない。8つの 自由なPSAの読書は24時間以内程でベースライン レベルにゆっくり戻る射精の直後に増加する。 最初のスクリーン テストとして使用されなくてが6、自由なPSAのより低いパーセントはあなたの医者がそれ以上のworkupをする必要があることを意味するかもしれない。

前立腺癌の危険まで表すか何をPSAの範囲のパーセントは次あり。 前立腺癌の危険は低い、一方自由なPSAの 低いパーセントことを自由なPSAのパーセントが高い(20%に)時、これは意味することに注目しなさい(11% 以下 危険度が高い示す)。

前立腺癌の危険

PSA%を放しなさい

50-64年

65-75年

0.00-10.00%

56%

55%

10.01-15.00%

24%

35%

15.01-20.00%

17%

23%

20.01-25.00%

10%

20%

25%に

5%

9%

3. PCA3尿

PCA3は血よりもむしろ尿で行われる分子診断試験で、prostatic管を並べる上皮細胞によって尿道に排泄されるmRNAを検出する。10個の 前立腺癌の細胞はより正常な細胞がこの混合物をずっともっと作り出しがちである。10は 泌尿器科医、か他の医者、オフィスでPCA3尿検査尿のコレクション前にデジタル直腸のマッサージをちょうど要求するのでされなければならない。 11

PCA3テストは観察された値の変更のためのモニターに長い期間繰り返されたとき最も有用である。 一般に、35のPCA3 スコアは 最適の締切りとして考慮される。 スコアはの非常により 35 肯定的なバイオプシーの高められた確率を反映する。 スコアはのより少しにより 35 肯定的なバイオプシーの減らされた確率を反映する。

4. 25ヒドロキシ ビタミンD

研究はビタミンDのレベルと癌の間で関係を指す。12,13の 実験調査はビタミンDの低水準が前立腺癌の危険を高めることを示す。ビタミンD の活動的な形態が微分を促進する示し、人間の前立腺癌の細胞の拡散、invasivenessおよび転移を禁じることを14そしてそれ以上の証拠。14,15の 検出の不十分なレベルは不十分なビタミンDのレベルと関連付けられる病気を避けるのを助けるようにあなたおよびあなたの医者がビタミンDの補足を実行することを可能にする。 この栄養素のために、個性化された投薬は特に重要なことをもち、これを達成する唯一の方法はビタミンDの血のテストによってある。 慣習的な実験室の参照範囲が30-100 ng/mLの参照間隔を リストするが、生命延長は50-80 ng/mLの範囲の 維持のビタミンDを 支える。16

5. プロラクチン

プロラクチン、主として前方脳下垂体によって分泌するペプチッド ホルモンは普通授乳期および不妊の分野に限られている残った。 但し、研究者はプロラクチンが前立腺の微分そして開発の大きな役割を担うことを発見した。17 悪性および健康な前立腺はプロラクチンを作り出す。 癌を持つ患者からのProstatic液体にまた制御より高いプロラクチンのレベルがある。 17 生体外、プロラクチンは拡散を引き起こし、前立腺の臓器培養とある腫瘍の細胞ラインのapoptosisに反対する。プロラクチン の増加された17のレベルに前立腺と前立腺のductal開発の重要なstimulatory行為があり、hyperplastic成長、循環の男性ホルモンのレベルの高度の独立者に導くかもしれない。18

Labcorpの正常な参照範囲-男性: 4.0-15.2 ng/mL

前立腺癌<5 ng/mL のために最適

必要がある何を知る
Diagnosoingおよび前立腺癌を査定する方法

前立腺癌を診断し、査定する方法

  • 前立腺癌はそこにそれに独特にで、初期の病気を識別する多くのテスト次に監察する処置の選択の広い範囲の成功か失敗を残る。
  • 前立腺癌の検出そして管理の多分最も大きい進歩は前立腺特定の抗原(PSA)の血液検査の承認だった。
  • 実験調査はビタミンDの低水準が前立腺癌の危険を高めることを示す。
  • 人はデジタル直腸の検査(DRE)との明らかな前立腺の異常のために容易に、多くの情報を提供する簡単なテスト テストすることができる。
  • 特定のホルモン レベルのための広範囲の血液検査は前立腺癌の拡散の役割を担うために多くのホルモンが示されていたので有用である。
  • イメージ投射を結合することは超音波、MRI、QCT、色ドップラーのようなテストし、骨スキャンは最も完全な映像をことができ、与える、前立腺を越えて広がったそれらを含む腫瘍の完全で物理的な、建築査定を可能にする。

6. DRE (デジタル直腸の検査)

DRE (デジタル直腸の検査) 

人はデジタル直腸の検査(DRE)との明らかな前立腺の異常のために容易に、多くの情報を提供する簡単なテスト テストすることができる。19 それは医者に前立腺の容積の感覚を与える。 より大きい前立腺、より多くのPSAは腺潜在的問題を示さないで作るために資格を与えられる。 基本ルールは温和な前立腺のティッシュの容積の単位ごとに作り出されるPSAの量増加する前立腺の容積が0.067 NGである ことである19は これ従って30グラム(または立方センチメートル)の正常なサイズの 前立腺を搭載する 50歳の人がPSAのおよそ2 NGを 作るために資格を与えられる ことを意味する。 そのような人は4.0 ng/mLのPSAが あれば前立腺癌を除外する、より詳しい調査 のためのPSA そして必要性の約2 NGの超過分を示す。

前立腺の容積を推定し、総PSAの価値への温和な細胞貢献を計算することに加えて、DREはまた病気の堅い小節か他の証拠を見つけることを援助できる。 前立腺の明らかな(感じられることできる)異常はまた腫瘍の重荷と呼ばれる腫瘍の容積に、関連している。19 PSAの定期的なテストの前の年に、ほとんどの前立腺癌は既にDREによって明らかまでに診断のだった。 今日、最近 米国で診断される前立腺癌の70%の近くでもはや明らかな病気と関連付けられない。19は 前立腺癌の早い診断の許可でこれPSAのスクリーニングの価値を示す—癌に明らかな病気としてより扱いにくく、明らかに自体があった前に、T2の病気として知られているなるチャンス。 前立腺癌と最初に診断されたときほとんどのアメリカの人に非明らか、かT1の前立腺癌がある。19

7. 血のホルモンのプロフィール

特定のホルモン レベルのための広範囲の血液検査は有用である。 先にカバーされる自由な、総テストステロンのレベルに加えて完全な血液検査はおよび多分、IGF-1 (インシュリンそっくりの成長因子1) estradiol、DHT (dihydrotestosterone)のレベルが、pregnenolone、DHEA-S (dehydroepiandrosteroneの硫酸塩)、FSH (小胞刺激的なホルモン、LH (luteinizingホルモン)含まれるべきである。 DHTは温和なprostatic増殖、また前立腺癌の開発そしてexacerbationの役割を担う。20 FSH (小胞刺激的なホルモン)およびLH (luteinizingホルモン)はボディの、そして老化の人の生殖プロセスを、FSHの上昇およびLH andropauseを表す調整する。21,22の 調査はIGFの増加されたレベルが癌の成長を促進し、抵抗慣習的な処置への相談することを示した(化学療法および放射)。23,24

8. PAP (Prostatic酸のホスファターゼ)テスト

PAPテストは前立腺の上皮細胞によって酵素呼ばれたprostatic酸のホスファターゼ(PAP)の量を—使用される簡単な血液検査測定するのに作り出され、である精液液体で豊富である。PAP の25のハイ レベルは前立腺癌と関連付けられる。25 PAPの決定は、PSAの測定と共に、前立腺癌の予想の査定に有用である。 それはPSAのPAPの高度がある、ないである前立腺癌の患者の同一証明を可能にするので重要なテスト。 これはモニターを処置への病気そして応答のコース助ける。

ベースラインPAP 2

psa>0.2 ng/mLと定義される前立腺癌の外科の後の5年の前立腺癌の再発からの自由

<0.4 U/liter

87%

0.4-0.5 U/liter

79%

>0.5 U/liter

63%

 
循環の腫瘍の細胞の試金 

9. 循環の腫瘍の細胞の試金

このテストは固体腫瘍の場所から離れ、血流で循環している癌細胞の測定を提供する。26 血の循環の腫瘍の細胞の存在を検出することにmetastatic前立腺癌の病気の状態そして予想の査定で臨床実用性があり、全面的な存続の予言する。27 血の引くこと前の絶食は要求されない。