生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2013年12月
私達がそれを見るように  

前立腺癌の防止論争

ウィリアムFaloon著

より理性的なアプローチ

より理性的なアプローチ  

ほとんどの前立腺の腫瘍はまたは私達が」。彼らの「生物的環境と呼ぶことを好むか何を内部環境に非常に敏感である 私達は別名男性ホルモン剥奪療法が きちんと管理される とき、ゼロおよび前立腺癌の細胞に近づくためにPSAのレベルがプログラムされた細胞死のプロセスによって死ぬために落ちることができるのでこれを知っている。 apoptosis124,125

但し、前立腺癌が結局燃料を供給するべき他の成長因子を男性ホルモン剥奪 療法の 継続的だった拡散そして反proliferativeおよび親apoptotic効果が一度0.05 ng/mLの下でに十分にテストステロンを抑制することによって低下した絶えず上昇PSAによって立証されるように、 身に着けていることを 見つけることは 珍しくない。36-42,125

前立腺癌の診断がより低い範囲の上昇PSAの設定で(理想的の4 ng/dL の下で 行われる時、 生命延長は 腫瘍の拡張の制御を取り戻すボディで起因するかもしれない早い介在のための機会としてこれを見る。

私達は薬剤のAvodartの® dutasteride )がdihydrotestosterone (DHT)ことをの形成の禁止によってPSAの レベルを 下げることがわかる。126 Avodartの® およびいとこのProscarのより少なく有効な® (finasteride)は5ARIs (5アルファの還元酵素の抑制剤 )である。127 5アルファの還元酵素は DHTにテストステロンを変える酵素である。127は 前立腺癌の細胞の成長に対するDHTの効果テストステロンのそれより大きい5倍。128 DHTの妨害によって、Avodartの®およびProscarの ®のような薬剤は 腫瘍の成長を抑制する独特な機会を提供する。 同時に、成長因子か燃料の腫瘍の細胞、それ以上の禁止癌の成長や侵入を奪い取るように設計されている広範囲の付加物の議定書は始めることができる。

より理性的なアプローチ

例えば、最近の調査はfinasterideの処置 開始前により低いエストロゲンのレベルがあったら前立腺癌の防止のためのfinasterideを取っている人が 寄与するためにが ずっと本当らしかったことが分った。129は この調査はっきり高められた癌の危険性と関連付けられるべきエストロゲンの高い濃度を示した。 高いエストロゲンがfinasterideの前立腺癌の防止の影響を中和したのはそれほど。 生命延長は繰り返しエストロゲンのバランスを達成する重大な必要性についての老化する 人に警告した。 1つの理由は最近診断された前立腺癌の患者の高いエストロゲンのレベルの私達の継続的だった観察だった。 人は容易にaromatase禁止療法の高いエストロゲンのレベルを 抑制 できる。130

従ってそれに燃料を供給するのを助けるかもしれない何が、前立腺の病気の上昇PSAや他の表示器に応じて、人に根本的な敵意があるかどうか、そしてあれば査定するべき診断選択の範囲がある(高いDHTかエストロゲンのような)。

非侵襲的な診断が敵意を示せば、 色のドップラーによって超音波導かれるバイオプシーは 高級(処置を要求する 7 上のGleasonのスコア)または低級かもしれないかどうか示す ことができる (広範囲の監視/介在と制御されるかもしれない) 7以下のGleasonのスコア。

何人かの 生命延長 メンバーは特に温和な前立腺の増殖(拡大)に関して尿の 徴候に 苦しめば既に低級な前立腺癌のあるように上昇PSAを攻撃することを選ぶ。 医者との相談では、それらはAvodartの®の 日刊新聞の 0.5 mgを 毎日取られる必要がない場合もあるけれども)取り、温和なおよび/または腫瘍の細胞の 伝播を 抑制し 、温和な および/または腫瘍の細胞のapoptosisを引き起こすために同時に機械論的なアプローチの工廠を導入することを選ぶかもしれない。

Avodartの®またはfinasteride 使用は25%のこうして除去の温和な徴候によって この 診断手順が必要縮めなら、1人の成長促進者、すなわちDHTの腫瘍の細胞をことができる前立腺の容積を、改善する針のバイオプシーの正確さを奪い取る。 131,132

機械論的なアプローチ 広範囲の工廠は 特定の栄養素の健康な食べ、大量服用( 少なくとも 一時的に)、目指すホルモンの 調節含む かもしれDHT インシュリン プロラクチン および エストロゲン 減らし若々しい 範囲の自由な テストステロン133を)、およびmetforminおよびアスピリン のような 薬剤 維持する。 プロラクチンの レベルが 高ければこの癌の刺激的な 下垂体のホルモンを 抑制するのに、薬剤のDostinexの® (carbergoline)が使用することができる。
 
私はこのパラドックスが長年に渡る老化する人を悩ましたが、いくつかの観察およびある出版された調査に従って、テストステロンの低水準がより高級なGleasonのスコアの腫瘍を含む前立腺癌に人を し向けるようであることを知っている。 1つの説明はテストステロンの唯一に低水準が余分なdihydrotestosterone (DHT)に変えるために必要 であることである。前立腺の 細胞が自由なテストステロンの奪い取られる とき125、エストロゲン、インシュリンのように成長の要因およびDHTのような他の成長車に過剰答えるために変異するかもしれない。129
 
前立腺のバイオプシーを経ている人のための遺伝テスト

前立腺癌と診断されるGleasonのスコア(等級別になる腫瘍の形態)、前立腺特定の抗原テスト(PSA)、および健康診断のような慣習的な手段を用いて危険度が低いように米国の人の約半分は分類される。135 それにもかかわらず、これらの 危険度が低い 患者のほぼ90%はあるのに致命的な進行の3%のチャンスよりより少しが根本的なprostatectomyまたは放射のような 即時の 積極的な処置を経ることを選ぶ。135

Oncotype DXと呼ばれる 新しいテストは 医者および彼らの患者に今利用できる。 それは前立腺癌の積極性を予測するために4つの生物的 細道を渡る 17の遺伝子の表現のレベルを測定する。135

試験結果は0から100まで 及ぶゲノムの前立腺のスコア( GPS) として報告される; このスコアは他の臨床要因と共に処置の介在前に人の危険を明白にするために査定される。135は 取られる針のバイオプシーのサンプルと共にこの複数の遺伝子テスト前立腺が 取除かれる 前に提供する、それにより危険度が低い患者に機会を侵略的な処置を避ける使用することができる。 確認の調査の主任調査官に従って、「Oncotype DXの前立腺癌テストからの個々の生物的情報ほとんど 」。はもっと確信をもって活動的な監視を考慮し、不必要な処置および潜在的な副作用を避けることができる患者の数を三倍にした135

生命延長メンバー(広範囲の監視プログラムを 利用する健康な食餌療法 パターンへの複数の薬剤、目標とされた栄養素および付着の使用を含む選ぶ)人のためのこのテストの利点は右の企画が続かれているより大きい保証を提供することである。

Oncotype DXテスト についての情報 のため、www.oncotypedx.comへの ログオン

Prolarisの®は GleasonのスコアおよびPSAのような臨床変数と共に予測の前立腺癌の積極性の医者を助けるために開発されるもう一つのゲノム テストである。136

Prolarisの®は 分子レベルで前立腺癌の腫瘍の生物学を測定する。 直接癌の写しにかかわる遺伝子の表現のレベルを測定し、分析することによってProlarisはより正確に予測する病気の進行をできるにかもしれない。136

Prolarisの®は よりよく個人の10年以内の病気の進行の相対的な危険を予測し、成層化するために患者の癌の積極性を測定するように設計されている用具である。136 それは医者がよりよく患者のための処置/監視作戦を定義することを可能にするかもしれない。

Prolarisの®は 現在使用された変数より予想であることを主張し、従って患者の癌の積極性および病気の進行のより正確な予言をするために他の臨床要因と結合することができる独特なその他の情報を提供する。136

Prolarisの®は 両方前に予測するためにおよび治療後のシナリオの4匹の臨床グループの臨床進行を、示されていた。136

前立腺癌の処置では、Prolarisの®は 診断の時点でそして後外科設定で予想である。136

診断で、Prolarisの®は 活動的な監視のための候補者であるかもしれないより少ない積極的な癌を持つ患者の識別を助けることができる。 さらに、Prolarisの®は 臨床的に危険度が低い患者を定義ようであるが、できたりより積極的な処置を要求するより積極的な病気がある。

Prolarisの®の テストは従って見積もりを病気の再発の危険よくし、監視のレベルを調節するか、または付加的な療法を加えるために外科の後で高いリスクの特徴がある後prostatectomyの患者に使用のためにまたうってつけである。

Prolarisの®についてのより多くの情報のため、会社のウェブサイトへのログオン: www.myriad.com


増殖の温和なProsTaTic bPHの開発 

生命延長が主流といかに異なるか

切り取って検査確認された低級な前立腺癌を取扱うことへの 共通のアプローチは呼ばれる「用心深い待っていることと」。 このシナリオの下で、PSAテストは病気の進行行われる(または退化)の表示器に基づいて適度な間隔および処置の決定で。

あくまで上昇PSAおよび他のマーカーの前で、患者および医者は広範囲一時的にPSAを減らし、より多くの時間を買うために前立腺の外科取り外し、放射の異なった形態、cryoablation、および/または男性ホルモンの切除から及ぶ処置の選択を論議する。 これらの処置の様相すべては考慮するべき副作用をもたらす。

ただPSAの上昇を「見るかわりに危険な療法が要求されるまで」、生命延長 眺めの 私達 全面的な健康に寄与する多数の無毒なアプローチと積極的に介入する機会として低級な前立腺癌(また更に癌を明らかにしないバイオプシー)。 他の成長因子がインシュリン、エストロゲン、DHTを好み、プロラクチンが十分に抑制されていることを保障する成功か失敗は他のテストと共に月例PSAのテストによって、測定される。

ポイントを明白にするため約癌の診断、典型的な最初の針のバイオプシーの正確さは今日およそ75%だけ ではないあなたの 泌尿器科医が言えば134そう彼はよいニュースがあり、従ってすなわち、バイオプシーはあなたの前立腺で腫瘍の細胞を示し、あなたに腫瘍の 細胞が ある25%のチャンスがあるかもしれ、あなたの全体の体に理性的な選択寄与する広範囲の介在の種類を作る。

用心深く従ってあなたの根本的な病気が進歩するかもしれないと同時に「待ち時間よりもむしろ」、私達は広範囲の 介在を提案する。 目的はあらゆるルートを取り除くことである腫瘍の細胞が前立腺内の拘束を広め、脱出することを可能にする。

前立腺のバイオプシーを要求する人のために、より正確にどの腫瘍が積極的 および転移すること 本当らしいであるおよびそれらの制御を保つために最低の変更だけ必要かもしれないほど怠惰であるそれらか予測するかもしれない新しい(高い)遺伝テストがあり、(上で記述されている)。 これらの遺伝テストがこれらのテストの結果を使用して臨床設定の彼ら自身を(会社によって後援される臨床試験のバイアスの外で)証明すれば、理性的に不必要な処置からの多くの人を倹約でき、前立腺の細胞のターゲットへ遺伝の突然変異についての情報を提供することはよりよい長期制御を可能にするかもしれない。

高められた診断手順

どんな患者が理解するべきであるか超音波導かれたバイオプシーごとの前立腺癌の 診断 関連しているであるまたプロシージャを行っている医者の技術、また超音波(グレースケール対色ドップラー) 性質と。 CDU (色のドップラー超音波)はまたもしあれば腫瘍の積極性と関連付けられる要因である癌のvascularity (angiogenesis)の程度を示す。 管癌より積極的である。 考慮される私達が臨床的に重要な前立腺癌の出現か進化をいかにの防ぐかangiogenesisを減らす食餌療法のアプローチ、補足および薬物は工廠でべきである。

臨床的に重要な前立腺癌のよりよい理解を可能にするかもしれ、Avodartの®およびProscarの®のような5アルファの還元酵素の抑制剤の薬剤が付いている高級な前立腺癌の危険の問題を明白にする 付加的な出現区域は 明白な拡散係数(ADC)を使用してDWI (拡散によって重くされるイメージ投射)およびDWIの準の等級分けのような変数を利用するMRIと前立腺(TRUSP)のtransrectal超音波を取り替えることを含む。 調査はDWIおよびADCが一緒に使用されるときTRUSPより前立腺癌の診断のための大いに高い特定性を示す。154,155

私達の拡大の前立腺

老化することは温和なprostatic増殖(BPH)と技術的に言われる前立腺の 細胞の 拡散で起因する。137は ページの18グラフィック尿の流れを妨害するか、または妨げる圧縮した尿道を搭載するBPHの高度の例を描写する。

ページの20実例はBPHの極端なケースと比較される正常な前立腺を示す。

BPHと関連付けられる徴候は夜に特に面倒である場合もある尿ためらいおよび頻繁な排尿を含んでいる。尿の 流れの137最悪の場合妨害はpenile尿道でぼうこうにカテーテルの挿入を要求する。

前立腺の細胞の温和な過剰拡散にかかわる主要な被告人はdihydrotestosterone DHT)である。Avodartの ® (dutasteride またはProscarの® (finasteride のような138の薬剤はDHTのレベルを減らし、BPHの徴候を減らす前立腺肥大腺のサイズを縮める。139は またこれらの薬剤を 取っている 人が全面的な 前立腺癌の危険をなぜ減らしたか説明するメカニズムを反映するかもしれないほぼ50%によってこれらの薬剤PSAのレベルを下げる。140-142 2つの大きい調査に付き、Avodartの®かProscarの ®を取っている人は 前立腺癌の 24%減らされた危険があった。143,144

圧縮した尿道を搭載するbPHの場合  

人はテストステロンが前立腺 問題 の後ろの被告人ではないことを知るべきである。 多数の調査はテストステロンの若々しいレベルが前立腺癌の危険を高めないことを提案する。 起こる何がしかし老化の人のボディで145-150エストロゲンおよびDHTへのテストステロンの改宗者、およびこれら二つのテストステロンの代謝物質が温和な、悪性の前立腺の病気にかかわるために示されていたことである。 幸いにも自由なテストステロンの若々しい範囲を維持している間、 利用できる 低価格 方法が老化の人のDHTそしてエストロゲンを抑制するために ある

PSAが前立腺癌のちょうどマーカーではないがリコールしなさい、腫瘍の促進者として 隔離された 腫瘍の細胞を含むかもしれない前立腺の障壁の構造の低下によってことを作用する。

悩む何が 先生Walsh および他の何人かの専門家はAvodartの®をかfinasterideを取っている 2つの調査で病気のより積極的な形態を開発するために示されていた前立腺癌を引き締める人の何人かことである。 それらはそう人に前立腺癌の防止の為にこれらの薬剤を使用しないように警告することようにFDAかかわっている。

尿の流れの妨害

裏面で前立腺のバイオプシーによって高級な腫瘍を識別する機能が 改善されることAvodartの ®、またProscarの® (finasteride)はそのような程度前立腺の容積を減らすことを指摘するこれらの薬剤の支持者はある。 従ってAvodartの®によりかProscarの®がより高級な 腫瘍を引き起こす ようではない。 その代り、これらの薬剤はそれらを取ることを考慮するもう一つの理由であるそのような癌の早期発見を促進する。

針のバイオプシーの欲求不満はそれらが前立腺癌の20-30% 多数を 逃すことである。134,151,152 より大きいの前立腺、より容易それはそれらの場所バイオプシーの失敗を持つことであるである悪性。 ページの4実例はより大きい前立腺がそれを悪性の細胞を検出することなぜさらに困難にするか示すために12中心のバイオプシーを描写する。 従ってAvodartの®またはProscarの®のような薬剤を使用して前立腺を縮める 利点は 針のバイオプシーが要求されれば、より正確に根本的な敵意を検出するかもしれないことである。153

Avodartの® - Proscarの®の討論とよばれたこの 問題の記事を読取る のでこれらの薬剤が高級な前立腺癌の危険を減らすかもしれない という 有力な証拠がある。

5アルファの還元酵素の抑制剤の使用 へのもう一つの 美徳は 前立腺癌、PSAの レベルの前にAvodartの®かProscarの®のように)これらの薬剤が始められた後それその位減らないである。140-142

5アルファの還元酵素の 抑制剤を使用している 医者は PSAの実験室の価値の倍増によってこれらの代理店のPSA低下効果を考慮に入れるべきである。PSAが 前立腺癌の前でより少なく減ること156与えられて、PSAの倍増はPSAの高い値で起因し、診断調査のための必要性をやがて誘発する。

どんな医者が観察したかAvodartの®またはfinasterideのような薬剤が 温和な前立腺の拡大または低級な前立腺癌を持つ人でPSAのレベルをもっと効果的に抑制することである。 PSAのレベルがそれから再度上がる開始を落とすときこれは5アルファの還元酵素の抑制剤が不審な臨床重大さの低級な細胞を減らしているが、示したり高い等級の敵意にことを影響を与えていない。131は 見つけるこれどの人が針のバイオプシーのような積極的な診断を必要とするか明らかにするためにPSAテストの感受性を高めることができるので5アルファの還元酵素の抑制剤を使用するためにプラス別のものである。