生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2013年12月
私達がそれを見るように  

前立腺癌の防止論争

ウィリアムFaloon著
ウィリアムFaloon
ウィリアムFaloon

フィードバックおよび批評の かなりたくさん発生する この出版物の5月2013日問題の私の社説。

何人かの 生命延長®の メンバーはそれが医者の教育の必須の一部分はずであることを言った。 他はスクリーニング用具として同じような メカニズム によって作用する栄養素がある ので 私がある特定の人のためのAvodartの ®をなぜ 提案する、そしてなぜ薬剤が 述べられたか 、PSAの血液検査 使用についての心配を上げた。

最も印象的な批評はパトリックC. Walsh、世界 最も有名な前立腺の癌の専門家であるかもしれないMDから来た。 Walsh先生は遺伝性の前立腺癌の遺伝の特徴の識別にかかわり、「神経控え目な」外科を開拓した。 私は私が彼を世界の最も良いの考慮するように何百もの 前立腺癌の 患者をパトリックWalshに彼らの外科を行ってもらうためにJohns Hopkinsに旅するようにせき立てた。

老化の危険  

従って先生が私達を書くときWalsh、私は注意し、癌防止の為にAvodartの®のクラスで薬剤を使用することに対してある信任状を持った個人があること 生命延長 メンバーは知識のあるべきである。

私の社説が、出されたアメリカの 泌尿器科連合修正したら PSAのスクリーニングのための指針を 出版されたら後間もなくして。 彼らは今PSAが老化する人55-69のためにだけスクリーニング大抵考慮されるべきであることを 言う1 私達はこの新しい推薦に熱烈に同意しなく、前立腺の診断を行うより安全な、効率的な方法を案出する必要性を強調しないためのこのグループを厳しく非難する。

すべての重要性を強調するためにはこれは、このページの図表人が老化すると同時に起こる前立腺癌の螺線形になる発生を示す。 死体解剖の結果は人の 85%に 前立腺 で非定型の 細胞があり、 4 1つに癌がある ことを 明らかにする非定型の 損害を持つ多くの人また更に彼らの前立腺の悪性の細胞は臨床病気に進歩しないが2、人を老化させることはこの問題を無視できない。

公衆はまだ不合理に短い寿命のスパンを受け入れる。 生命延長 の私達は し、前立腺癌の私達の位置が主流となぜ異なるかそれは ちょうど 1つの理由である。

つけられてとどまることに対して私達のcomputer/TVスクリーンに生きている講議に言われることを何かが出席することについてある。 よいスピーカーはあなたが覚える永久にことができる影響を作ることができる。

デジタル直腸の検査

私は決して私が南フロリダのマンションの会合 ホール で1977年に出席した講議を忘れていない。 場所は退職者と詰まった。 講演者は年齢80にあり、熱情的にすべての人をデジタル直腸の検査のための泌尿器科医を 年に一度訪問するようにせき立てた。 彼はmetastatic前立腺癌に苦しむ死に苦しんだ彼の退職のコミュニティの多くのメンバーの名前の長いリストを 読むことによって始めた

講演者はそれが生命を救うことができることをデジタル直腸の検査がすべての前立腺癌を検出しないが、彼知っていたことを理解した。 PSAの 血液検査が利用できたらその当時、私は熱っぽいこの優しいスピーカーが彼の同胞かにPSAテストの支持にいかにあろうか想像してもただいい。

両方とも理想的に 毎年 されるべきであるけれども、35年を進めれば連邦政府 およびある主流のメディカル グループはデジタル直腸の 検査より信頼できるPSAのスクリーニングに対して推薦している。1,3

何が前立腺癌を別にするか。

前立腺癌は 癌が地方リンパ節に広がるか、または 遠い転移が 起こる 前に早期発見を 促進可能にするできる 前立腺特定の 抗原(PSA)と用いられることをそれにより療法が呼ばれる血のマーカーがあること珍しい。4

PSAのスクリーニングの出現そして広まった 使用 によって、議論は膨大な数をのその大きい人間の調査に基づいて作ることができる 人はmetastatic前立腺癌からの倹約された苦しむ死であることができる。しかし 5,6は個々の患者の文脈に前立腺癌の早い診断どの人が扱われる必要があり、どの人活動的な監視または「用心深い待っていることのための適度な候補者は」。であるか確認するために入らなければならない

ジャーナル ヨーロッパの泌尿器科学は 老化したほぼ35,000人 55-69 で行なわれた2013の調査を出版した。5つは 前立腺癌のためのスクリーニングの ヨーロッパ人によってランダム化された調査、13年の中央の期間に選別する前立腺癌の死亡率のPSA 影響を検査している専攻学生の 強い調査 からこのデータ来た。 目を見張るような結論は繰り返されたPSAのスクリーニングを経た人が スクリーニングを 経なかった人より前立腺癌がもとで死ぬ多分51%才だったことだった。 この 調査からの統計量が米国の老化する人55-69の全人口に適用されたら5 PSAのスクリーニングは13年の期間の 80,000 生命に可能性としては救ってもよい。6

米国のプリベンティブ・サービスのタスクフォース (USPSTF)は人がPSAのスクリーニングを経ることを 止める ことを推薦する2012年に レポートを出版した3

生命延長は USPSTFの推薦 特に私達がしっかりと託される私達のメンバーに関連しているように、合わなかった。 私達は治療効果がある療法の苦痛で扱いにくい病気そして小さいチャンスだけあるときPSAのスクリーニングがない時、前立腺癌が高度の段階でもう一度診断されることがわかる。

1987で始まるPSAのテストの広まった 使用は 医者が病気の非常に減らされた段階で前立腺癌を識別することを可能にした。 USPSTFの宣言が 続かれれば 7、薬の大きな進展は消される。

驚くほどの統計量

ここにアメリカの 癌協会が米国前立腺癌 言うことである:8

  • 前立腺癌 の約238,590の新たな問題は2013年に 診断される
  • 29,720 人は2013年に前立腺癌で 死ぬ
  • 6 約1 人は 彼の一生の間に前立腺癌と診断される。
  • 診断の平均年齢は67 である
  • 前立腺癌はアメリカの人 間の癌の 死の 第2 一流の原因である。
  • 36 約1 人は 前立腺癌がもとで死ぬ。

前立腺癌が 伝染性の病気、広まったパニックがある。 見通しにこれを置くためには、 HIVは 2011年。9 50,000人以下のアメリカ人を感染させた

2013年 米国のプリベンティブ・サービスのタスクフォースは すべてのアメリカ人を定期的なHIVのスクリーニングを 経るようにせき立てた10

前立腺癌の死亡率の\ PSAのスクリーニングの承認の後の低下  

HIVのスクリーニングの正当な理由があるが、ほぼ 5倍 より多くのアメリカ人は毎年HIVと比較される前立腺癌と診断される。8,9は 普遍的なHIVの スクリーニングを 提案する同じ 政府の出資によるタスクフォース 老化の人に前立腺癌の 早期発見 から寄与してほしくない。 彼らは処置が病気より悪いことを主張する。 それらは頻繁に侵略的で、高い療法の方に余りにプログラムされる医者の判断そして行為とPSAによって運ばれるメッセージを間違える。

私達は医者が時間をかけていない、または多分持っていない患者に健全に助言する専門知識を投げ出すので風呂の湯を持つ赤ん坊を、いわばか。 USPSTFおよび アメリカの 泌尿器科連合 の行為は 厳密な指針を持つ医者の不足を固定することべきであるちょうどように80年代に乳癌と診断されたほとんどあらゆる女性 で行われた 定型的乳房切断術の常用を変えるためにされた。11

タスクフォース (USPSTF)が人を 老化させることを好む米国の プリベンティブ・サービスは次の十年の中では上向きに螺線形になる死亡率を送る前立腺の健康に関する無知に耽る。 USPSTFは はっきり老化の人に彼らの頭部を砂で埋め、前立腺癌についての彼ら自身にかかわらなくてほしい。

238,000以上の最近診断された 前立腺癌の 箱を示す堅い統計量は毎年他では証明する。 代りに治ったかもしれない人の記録的な数がmetastatic病気を開発する場合USPTFの推薦がドルの政府の健康維持プログラムの十億を短期的に救う間、8、支払うべき破局的な長期費用がある。

生命延長メンバーが異なっているなぜか

生命延長メンバーに関係しない主流の推薦に 影響を及ぼす要因が ある。 年齢60にわたる典型的なアメリカの男性は新陳代謝シンドロームに関してである非常に不健康な、頻繁に苦しむ多数の 根本的な疾病 および「共同疾病率呼ばれる他の病理学」。と12は これ患者の生物的環境の病気の状態を表している。

前立腺癌の率直な診断(か徴候)何かが患者の全面的な健康でおかしいさまざまなシステムへのそれ以上の関心が保証され、早期警報として機能するべきである。 従って前立腺癌の診断は訂正されたらおかしいシステムいくつかまたはすべてを安定させるか、または修理できる病理学の州に注意深いために根本的なprostatectomy、放射線療法、cryosurgery、高輝度焦点の超音波、または男性ホルモンの剥奪療法のような侵略的なプロシージャと、患者および医者への呼出しと一致される必要はないが。

1つの理由は USPSTF PSAのスクリーニングが そう 多くの人が前立腺癌が臨床的に関連するようになる前に他の原因で死ぬためにが本当らしいそのような悪い健康に既にあることである停止するべきであることを信じる。3

PSAのスクリーニングの出現以来の前立腺癌の死の巨大な低下
前立腺の巨大な低下
出現以来の蟹座の死
PSAのスクリーニングの

これは老化を 遅らせ 退化的な病気 から保護するための異常な努力に行く生命延長メンバーの反対である。 それは彼らの年齢別グループがそのような悪く全面的な健康に平均すると あるので 健康な生命延長メンバーのために不合理ただ選別するPSAを停止するためにである。

少数の医者は今日広範囲プログラムを臨床診断された 前立腺癌 をもたらす多数の根本的な要因を逆転させるように設計してもらう。 典型的な老化人は怠惰な癌を前立腺に制限しておくかもしれない生活様式の変更、薬剤および栄養素について知らない。

生命延長 メンバーはこの情報と長く武装して、制御の下で低級な前立腺癌の保存の彼らの確率を、か低級な前立腺癌の徴候が(上昇PSAのような)、改善する彼らの医者と働く効果的な方法にそれらを導くのを助けるべき健康の顧問へのアクセスある。 生命延長雑誌 のこの 問題はメンバーに思い出させることおよび病気の防止へこれらの目新しい取り組み方についての公衆に警告することに専用されている。

ほとんどの泌尿器科医は彼らの唯一の上等は針のバイオプシーを行うことであることPSAがある特定のレベルにいつ 達するか信じる。 それらは頻繁に侵略的なプロシージャのための必要性を減らすかもしれない付加的な洞察力を提供 できる進められた 非侵襲的な技術 およびPCA3尿テスト のような他の診断と共にテストおよびきちんと 自由なPSAのパーセント 、PSA密度およびPSAの速度の血の結果を分析することのような既存のテストを、見落とす。13-17 泌尿器科学の患者は前立腺のバイオプシーが保証されれば確認を助けるようにこれらの非侵襲的な選択と特にPSAの上昇をそのうちに測定する重要性をわかっているように(PSAの速度)常にされない。

しかしはっきり分かれる 何が 一般大衆からの生命延長メンバーは私達の健康な寿命の意味を持った延長を達成するために私達が取る積極的なステップである。 PSAのスクリーニングに対して助言しているそれらは主として年齢70にわたる「執筆」 人である

生命延長 オスのメンバーは保障する必要がある彼らの 前立腺の健康が 期待する延長生命の多くの長年に渡る最適のレベルで査定され、維持されることを。

アメリカの泌尿器科連合は降伏する

アメリカの泌尿器科連合は降伏する

老化する人は全体で選別するPSAを停止することを米国のプリベンティブ・サービスのタスクフォースが提案したときに アメリカの泌尿器科連合は 合わなかった。 後で約年、出された アメリカの泌尿器科 連合ははっきりと行われたPSAのスクリーニングの数を減らす指針を修正した。1,20,21 そして他の専門のグループ同じような意見を出した。22

アメリカの泌尿器科連合( AUA)からの 最も最近の推薦はPSAのスクリーニングを避ける年齢70 にわたる 人のため である1つは AUA本質的に年齢70を過ぎて動けば 、あなたの寿命はと迷惑を掛けるには余りにも短いと言っている。

アメリカの泌尿器科連合は また54上の人と比較される この グループに前立腺のスクリーニングのために癌の相対的で低い発生のために老化する人40-54を離れて 書いている1つは これありそうな死に前立腺癌を開発する若者を非難するので悲劇である。 早い診断は治療効果がある療法を試みるとき巨大な利点を提供する。 ちょうど年齢46で PSAテストを主張し、発見されて彼が治療効果がある療法から寄与する時間に前立腺癌を経験した前立腺癌の基礎議長に尋ねなさいミハエルMilken。23

裏面でフランクZappaのテレビSavalas、ビルBixbyのような有名な人々はあり、多分彼らの前立腺癌を先に識別したかもしれない他の若者は彼らが経られたPSAのスクリーニングあった。metastatic 病気が明示したずっと前に24にこれらの人おそらく上昇PSAのレベルがあった。