生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2013年4月
私達がそれを見るように  

待伏せによる科学

ウィリアムFaloon著

心臓学医は部分的にAtherogenicの危険率だけを訂正する

statinの薬剤を規定することは普通する治療する冠状アテローム性動脈硬化を防ぎ、扱うためにものがである。 しかしコレステロールおよびLDLはアテローム性動脈硬化プロセスのたった2人のプレーヤーである。

今ではトリグリセリドを下げるためにFDAによって承認される2匹の魚油「薬剤」がある。 魚油はまたアテローム性動脈硬化から発火63-71を減らし、異常な 血小板の集合を禁じることによって保護する。72-76 しかし 魚油 および statinの薬剤は 十分に冠動脈疾患にかかわるすべての要因を妨害しようとはしていない。

主流の心臓学医は冠状アテローム性動脈硬化は訂正するように積極的な療法が要求する全身の幹線機能障害 印であることを認め損う。

管の無秩序との殴打のあなたの確率を減らすためにあなたが参照しなさいステップについての詳細を読むためには踏む必要があったり今月の問題のページの68そして78記事を。

私達がいかに保護するか

生命延長の年次 血液検査の極度の販売は 2013年を 4月1日始める。 理由私はあなたの年次広範囲の血液検査のために準備し始めることを可能にすることは早くあることを警告している。

最も重い一日の食事とのあなたのオメガ3そして ビタミンDの 補足を 取る こと、 例えば確かめなさい 。 これらの脂肪質溶ける栄養素は 脂肪質を含んでいる一日の食事と消費されたときずっとよりよい吸収する。 私達が恐れている利点を得る悪い吸収およびそれに続く失敗をもたらす問題は臨床調査で関係者が比較的空の胃の 脂肪質溶ける 栄養素を取ることである起こる。

私達が行なった 広範な フォーカス・グループの会議は老化の退化的な病気から保護するために必要があるものが典型的な消費者をわからないする明らかにする。

私達はあらゆるを私達のメンバーに正確に報告された科学的なデータおよび進行中の臨床研究に、アクセスから知識がある健康の顧問および低価格の広範囲の血のテストへの、可能なサポートの平均与える。

公衆は、一方では、頻繁に物語の真実性を査定しないで恐い医学の見出しを軽視することを含む健康データのためのサウンド バイトの熱狂的なマスコミに頼るために残っている。 私は待伏せによって この科学をので それ盲目の側面確立された主義呼び、意味を持った反駁のための機会を否定する!

長い生命のため、

長い生命のため

ウィリアムFaloon

高線量の魚油は中心の利点を提供する
オメガ3

いくつかの調査は魚油 大量服用が心循環器疾患のでき事を防ぐか、または危険率をことを減らすことの有利な効果をもたらすことを示した。 例えば:

ランダム化された、偽薬制御の試験はDHA 結合された EPAの1,800が心臓でき事の、重大でない梗塞形成 低率12%低率 10% および心臓死の低率ほぼ11% mg関連付けられたことを見つけた。5

大きい介在の調査では単独で statinの薬物を受け取るために、18,000人の患者はランダム化されたまたはEPA魚の1,800 mg statinは毎日油をさす。 5年後で、冠動脈疾患の歴史とのそれらにstatinだけ グループ と比較されたEPA魚オイルのグループstatinとで主要な冠状でき事の低率19%があった。6

慢性のhemodialysis患者とのランダム化された、二重盲目の、偽薬制御の試験はオメガ3の 脂肪酸の 日刊新聞 の1,700 mgが心筋梗塞の相対的な危険 70%の減少と関連付けられたことが分った。7

EPAの3,300 mgを使用して ランダム化された 管理された試験およびDHA (次におよび減らされた適量魚油の補足のより低い心血管のでき事発生の方に)傾向を見つけた。 7つの 心血管のでき事は偽薬のグループに2つの心血管のでき事だけ調査の間に魚によって オイル補われた グループに起こる間、起こった(魚油がない)。8

シストリック血圧を見つけられ、1.6 mmHgで平均 2.1 mmHgで diastolic 3,700 mgの平均 魚油の 線量との メタ分析は下げた9

周辺幹線病気の患者とのランダム化された試験では、 オメガ3の 脂肪酸の2,000 mgは流れ仲介された膨張の 49%の 改善、endothelial細胞の健康のマーカーで毎日起因した。10

JAMAのメタ分析の 調査結果 と対照をなして、2つの重要な調査は適当な魚油の線量が付いている重要な利点を示した:

最近の心筋梗塞の歴史の11,323人の患者のEPAそしてDHAの 1,000のmg /dayが 20%総死亡率および 45% 急死の危険を減らしたことがGISSI-Prevenzioneの 調査(大きくのランダム化される制御された試験 )の 分った11,12

投げ矢の調査— 2,033人の主題に食餌療法の脂肪質の魚を増加するように助言する効果を検査したランダム化された、管理された試験—助言されなかったそれら 比較された 全原因の死亡率 の29%の減少を明らかにした。13

(JAMA) メタ分析 米国医師会医学総合誌はまた魚油の研究の他の検討と対立する。 他のメタ分析は魚油からのオメガ3の脂肪酸と補われるそれらの心循環器疾患の結果の減らされた危険を示した。 例えば:

ランダム化された、管理された試験の2009年のメタ分析はオメガ3の脂肪酸との食餌療法の補足が前の心筋梗塞を用いる主題の突然の心臓死の発生を減らしたことが分った。14

ランダム化された、管理された試験のもう2009年のメタ分析はオメガ3の脂肪酸との食餌療法の補足がある特定の心血管のでき事または危険率の歴史の患者の心血管の死、突然の心臓死、全原因の死亡率および重大でない心血管のでき事の危険を減らしたことが分った。15

2008年のメタ分析は魚油の補足の心臓原因からの死の重要な減少を見つけた。16

ランダム化された、管理された試験の2002年のメタ分析はオメガ3の脂肪酸が全面的な心筋梗塞による死亡率、死亡率および冠状心臓病の患者の急死を減らしたことを結論した。17

参照

  1. Rizos欧州共同体、Ntzani EE、Bika E、Kostapanos MSのElisaf氏。 主要な心循環器疾患のでき事のオメガ3の脂肪酸の補足と危険間の連合: 組織的検討およびメタ分析。 JAMA. 9月2012日12日; 308(10): 1024-33。
  2. で利用できる: http://www.clevelandclinicmeded.com/medicalpubs/diseasemanagement/cardiology/heart-disease-risk-reduction/。  2013年1月15日アクセスされる。
  3. チャンCY、Ke DS、陳JY。 必要な脂肪酸および人間の脳。 アクタNeurol台湾。 12月2009日; 18(4): 231-41。
  4. で利用できる: http://www.usatoday.com/news/health/story/2012-09-11/heart-omega-3/57750182/1。 2012年12月3日アクセスされる。
  5. SinghのRB、Niaz MAの疑われた激しい心筋梗塞を用いる患者の魚油そしてからし油のSharma JP、等ランダム化されて、二重盲目の、偽薬制御の試験: infarctの存続のインドの実験。 CardiovascはTherに薬剤を入れる。 1997;11(3):485-91.
  6. Yokoyama M、Origasa H、eicosapentaenoic酸のMatsuzawa Mの等hypercholesterolaemic患者(JELIS)の主要な冠状でき事に対する効果: ランダム化されたオープン ラベル、盲目にされた終点の分析。 尖頭アーチ。 2007;369(9567):1090-8.
  7. Svensson M、シュミツトEBのJørgensenのKA、等慢性のhemodialysisを経る患者の心血管のでき事に対する二次防止としてN-3脂肪酸: ランダム化された、偽薬制御の介在の試験。 Clin J AM Soc Nephrol。 7月2006日; 1(4): 780-6。
  8. フォンSchacky C、Angerer P、Kothny W、等。 冠状アテローム性動脈硬化に対するオメガ3の食餌療法の脂肪酸の効果。 ランダム化された、二重盲目の、偽薬制御の試験。 アンのインターンMed。 1999;130(7):554-62.
  9. Geleijnse JM、Giltay EJ、Grobbee DEの等魚油の補足への血圧の応答: ランダム化された試験のmetaregressionの分析。 J Hypertens。 2002;20(8):1493-9.
  10. Schiano V、Laurenzano E、Brevetti Gの等周辺幹線病気のオメガ3のpolyunsaturated脂肪酸: 脂質パターン、病気の厳格、発火プロフィールおよびendothelial機能に対する効果。 Clin Nutr。 4月2008日; 27(2): 241-7。
  11. Marchioli R、Barzi F、Bomba Eの等心筋梗塞の後のn-3 polyunsaturated脂肪酸による急死に対する早い保護: loのスタジオのdellaのSopravvivenzaのnell'Infarto Miocardico (GISSI)ごとのGruppo Italianoの結果のタイム コースの分析- Prevenzione。 循環。 4月2002日23日; 105(16): 1897-903。
  12. で利用できる: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2909229/。  2013年1月15日アクセスされる。
  13. 死および心筋のreinfarctionの脂肪の変更のぎざぎざML、Fehily AM、Gilbert JF、等効果、魚および繊維の取入口: 食事療法およびreinfarctionの試験(投げ矢)。 尖頭アーチ。 9月1989日30日; 2(8666): 757-61。
  14. 肇YT、陳Q、冠動脈疾患の患者のオメガ3の脂肪酸との突然の心臓死の日曜日YXの等防止: ランダム化された管理された試験のメタ分析。 アンMed。 2009;41(4):301-10.
  15. 心血管のでき事のMarik PEおよびVaron J.オメガ3のサプリメントそして危険: 組織的検討。 Clin Cardiol。 2009;32(7):365-72.
  16. León H、Shibata MC、Sivakumaran S、等不整脈に対する魚油の効果および死亡率: 組織的検討。 BMJ. 2008年; 337: a2931.
  17. ブーハーHC、Hengstler P、Schindler Cの等冠状心臓病のN-3 polyunsaturated脂肪酸: ランダム化された管理された試験のメタ分析。 AM J Med。 2002;112(4):298-304.
  18. Piechota W、虚血性心疾患の徴候の人の冠状アテローム性動脈硬化の範囲の高感受性CRPの集中のPiechota W. Correlation。 ポールMerkur Lekarski。 5月2005日; 18(107): 511-5。
  19. Choi EY、沿RT、Fernandes VRの等進歩的な心筋の機能悪化の独立した予言者として高感受性のC反応蛋白質:  アテローム性動脈硬化の多民族の調査。 AMの中心J. 8月2012日; 164(2): 251-8。
  20. ヴァンDer MeerはIM、De Maat MP、Hak AE、等C反応蛋白質幹線木のさまざまな場所で測定されるアテローム性動脈硬化の進行を予測する: ロッテルダムの調査。 打撃。 12月2002日; 33(12): 2750-5。
  21. Masood A、Jafar SS、Akram Z. Serumの高い感受性冠状アテローム性動脈硬化のC反応蛋白質のangiographic gensiniのスコアによって査定されるレベルそして厳格。 J朴Med Assoc。 4月2011日; 61(4): 325-7。
  22. JEを、Shih J埋める、Ridker PM Matias M、Hennekens CH。 C-の反応蛋白質の前向き研究および外見上健康な女性間の未来の心血管のでき事の危険。 循環。 8月1998日25日; 98(8): 731-3。
  23. Auer J、Berent R、Lassnig E、Eber B.のC反応蛋白質および冠動脈疾患。 Jpnの中心J. 11月2002日; 43(6): 607-19.
  24. Agmon Y、Khandheria BK、Meissner I、等胸大動脈のC反応蛋白質およびアテローム性動脈硬化: 人口ベースのtransesophageal echocardiographic調査。 アーチのインターンMed。 9月2004日13日; 164(16): 1781-7。
  25. Ridker PM、Stampfer MJの全身のアテローム性動脈硬化のためのRifai N. Novelの危険率: C反応蛋白質、フィブリノゲン、ホモシステイン、脂蛋白質(a)、および周辺幹線病気の予言者として標準的なコレステロールのスクリーニングの比較。 JAMA. 5月2001日16日; 285(19): 2481-5。
  26. アテローム性動脈硬化の危険率としてJarosz A、Nowicka G.のC反応蛋白質そしてホモシステイン。 PrzeglのLek。 2008 65(6): 268-72.
  27. Bonora E、Kiechl S、Willeit Jの等ホメオスタティス モデル査定によって推定されるようにインシュリン抵抗性は一般群衆からのコーカサス地方の主題の事件の徴候の心循環器疾患を予測する: Bruneckの調査。 糖尿病の心配。 2月2007日; 30(2): 318-24。
  28. Sundell J、健常者のインシュリン抵抗性と減らされた冠状vasoreactivity間のLuotolahti M. Association。 J Cardiolはできる。 5月2004日15日; 20(7): 691-5。
  29. Stochmal E、Szurkowska M、損なわれたブドウ糖の許容の患者のインシュリン抵抗性の冠状アテローム性動脈硬化のCzarnecka Dの等連合。 アクタCardiol。 6月2005日; 60(3): 325-31。
  30. Takahashi F、Hasebe N、川島町E、等Hyperinsulinemiaは非糖尿病性の患者の胸大動脈の複雑なatherosclerotic損害のための独立した予言者である。 アテローム性動脈硬化。 8月2006日; 187(2): 336-42。
  31. スタウトRW。 異常な循環のインシュリンの関係はアテローム性動脈硬化に水平になる。 アテローム性動脈硬化。 5月1977日; 27(1): 1-13。
  32. Chien KL、FCを、Hsu HC歌われる、リーYT Su TC、林RS。 心血管の危険の人口のHyperinsulinemiaそして関連atherosclerotic危険率: コミュニティ ベースの調査。 Clin Chem。 6月1999日; 45 (6つのPt 1): 838-46。
  33. Howes PS、Zacharski LR、サリバンJ、アテローム性動脈硬化に於いての貯えられた鉄のChow B. Role。 J Vasc Nurs。 12月2000日; 18(4): 109-14; クイズ115-6。
  34. Chau LY。 鉄およびアテローム性動脈硬化。 Proc国民のSci Counc Repub中国B.10月2000日; 24(4): 151-5。
  35. Kraml P、Potockova J、Koprivova H、等Ferritin、酸化圧力および冠状アテローム性動脈硬化。 VnitrのLek。 3月2004日; 50(3): 197-202。
  36. Minqin R、ワットF、Huat BT、鉄および亜鉛のHalliwell B. Correlationは新興のatherosclerotic損害の損害の深さと水平になる。 自由なRadic Biol Med。 3月2003日15日; 34(6): 746-52。
  37. Montalcini T、Gorgone G、新陳代謝シンドロームによって影響されるmenopausal女性のcarotidアテローム性動脈硬化のLDLのコレステロールのフェデリコDの等連合。 Nutr Metab Cardiovasc Dis。 10月2005日; 15(5): 368-72。
  38. Nissen SE、Tuzcu EM、適当な脂質低下療法と比較される集中的のSchoenhagen Pの等冠状アテローム性動脈硬化の進行に対する効果: ランダム化された管理された試験。 JAMA. 3月2004日3日; 291(9): 1071-80。
  39. アテローム性動脈硬化の予言者としてReed DM、強いJP、Resch J、Hayashi T. Serumの脂質および脂蛋白質。 死体解剖の調査。 動脈硬化。 1989日7月8月; 9(4): 560-4。
  40. クロムウェルWC、Otvos JD。 心循環器疾患のための低密度脂蛋白質の粒子の数そして危険。 Curr Atheroscler Rep。 9月2004日; 6(5): 381-7。
  41. Teo KKのBurtonジュニア、Buller C、Plante S、Yokoyama S、Montague TJ。 下がる冠状アテローム性動脈硬化に対するコレステロールの効果を検査し、酵素の阻止をアンギオテンシン変える臨床試験の理論的根拠そして設計特微: Simvastatin/Enalaprilの冠状アテローム性動脈硬化の試験(SCAT)。 J Cardiolはできる。 6月1997日; 13(6): 591。
  42. Ridker PM、Rifai N、JEを埋めているローズLコックNR。 最初心血管のでき事の予言のC反応蛋白質および低密度脂蛋白質のコレステロール値の比較。 NイギリスJ Med。 11月2002日14日; 347(20): 1557-65。
  43. Rasouli ML、Nasir K、Blumenthal RSの公園R、Aziz DC、Budoff MJ。 血しょうホモシステインはアテローム性動脈硬化の進行を予測する。 アテローム性動脈硬化。 7月2005日; 181(1): 159-65。
  44. 冠動脈疾患の患者のアテローム性動脈硬化のMontalescot G、Ankri A、Chadefaux-Vekemans B、等血しょうホモシステインそして範囲。 Int J Cardiol。 8月1997日8日; 60(3): 295-300。
  45. Fernández-Miranda C、パM、Aranda JL、等冠状病気の患者のcarotidアテローム性動脈硬化のホモシステインおよび進行。 Med Clin (Barc)。 11月2003日1日; 121(15): 561-4。
  46. Cacciapuoti F. Loweringのホモシステインのレベルは心血管の減損を防ぐかもしれないか。 可能な治療上の行動。 血のCoagulの線維素溶解。 12月2012日; 23(8): 677-9
  47. 私の劉Hu DY。 血清の予言する価値は激しい冠状でき事の危険のためのフィブリノゲンそして尿酸を進めた。 ZhonghuaイXue Za Zhi。 3月2006日14日; 86(10): 678-80。
  48. Wattanakit K、Folsom AR、Chambless LE、Nieto FJ。 コミュニティ(ARIC)のアテローム性動脈硬化の危険の心血管のでき事の再発のための危険率は調査する。 AMの中心J. 4月2005日; 149(4): 606-12。
  49. Maresca G、Di Blasio、Marchioli RのDi Minno G.打撃および心筋梗塞を予測する測定血しょうフィブリノゲン: 更新。 Arterioscler Thromb Vasc Biol。 6月1999日; 19(6): 1368-77。
  50. Acevedo M、Foody JM、Pearce GL、Sprecher DL。 フィブリノゲン: 外来クリニックの心血管のでき事の連合。 AMの中心J.2月2002日; 143(2): 277-82.
  51. Drexel H、Amann FW、Beran J、等血しょうトリグリセリドおよび3つの脂蛋白質のコレステロールの一部分は冠状アテローム性動脈硬化の範囲の独立した予言者である。 循環。 11月1994日; 90(5): 2230-5。
  52. JEを、Rifai N埋める、Bansal SはMora S、FM、Ridker PMを袋に入れる。 女性の心血管のでき事のnonfastingトリグリセリドそして危険と比較される絶食。 JAMA. 7月2007日18日; 298(3): 309-16。
  53. 心筋梗塞のNordestgaard BG、Benn M、Schnohr P、Tybjaerg-Hansen A. Nonfastingのトリグリセリドおよび危険、人および女性の虚血性心疾患および死。 JAMA. 7月2007日18日; 298(3): 299-308。
  54. Toikka JO、Ahotupa M、Viikari JSは健康な若者のendothelial機能障害そして高められた生体内のLDL酸化に、等絶えず低いHDLコレステロールの集中関連している。 アテローム性動脈硬化。 11月1999日1日; 147(1): 133-8。
  55. Viles Gonzalez JF、Fuster V、Corti R、Badimon JJ。 激しい冠状シンドロームの危険度が高い冠状プラクの開発のHDLのコレステロールの出現の重要性。 Curr Opin Cardiol。 7月2003日; 18(4): 286-94。
  56. Spieker LE、Sudano I、Hurlimann Dの等高密度脂蛋白質はhypercholesterolemic人のendothelial機能を元通りにする。 循環。 3月2002日26日; 105(12): 1399-402。
  57. Hak AE、Witteman JC、de Jong FH、Geerlings MI、Hofman AのポールHA。 内生男性ホルモンの低水準は年配の人のアテローム性動脈硬化の危険性を高める: ロッテルダムの調査。 J Clin Endocrinol Metab。 8月2002日; 87(8): 3632-9。
  58. 英国KM、Mandour Oの馬RPの等冠動脈疾患の人に正常な冠状angiogramsの人より男性ホルモンの低レベルがある。 Eurの中心J. 6月2000日; 21(11): 890-4。
  59. Tivesten A、Mellström D、Jutberger H、等低い血清のテストステロンおよび高い血清のestradiolはより低い先端の年配の人の周辺幹線病気と関連付ける。 スウェーデンのMrOSの調査。 J AM Coll Cardiol。 9月2007日11日; 50(11): 1070-6。
  60. Dunajska K、Milewicz A、Szymczak J、等性のホルモン レベルの評価および冠状アテローム性動脈硬化の人のある新陳代謝の要因。 老化の男性。 9月2004日; 7(3): 197-204。
  61. フィリップスGB、Pinkernell BH、Jing TY。 人の冠動脈疾患のhypotestosteronemiaの連合。 Arterioscler Thromb。 5月1994日; 14(5): 701-6。
  62. ジョーンズRD、Nettleship JE、Kapoor D、ジョーンズHT、Channer KS。 老化の人のテストステロンそしてアテローム性動脈硬化: 意味された連合および臨床含意。 AM J Cardiovascは薬剤を入れる。 2005;5(3): 141-54.
  63. Kiecolt-Glaser JK、Belury MA、Andridge R、Malarkey WB、Hwang BSのGlaser R.オメガ3の補足は健康な中年および高齢者の発火を下げる: ランダム化された管理された試験。 頭脳Behav Immun。 8月2012日; 26(6): 988-95。
  64. ウーDのハンのSN、Meydani MのMeydaniのSN。 健康な年配の人間の炎症性cytokinesの生産に対する魚油およびビタミンEの付随の消費の効果。 アンNY Acad Sci。 12月2004日; 1031:422-4。
  65. Pischon T、Hankinson SE、Hotamisligil GS、等n-3の習慣的な食餌療法取入口および米国の人および女性間の炎症性マーカーに関連するn-6脂肪酸。 循環。 7月2003日15日; 108(2): 155-60。
  66. Mori TA、Beilin LJ。 オメガ3の脂肪酸および発火。 Curr Atheroscler Rep。 11月2004日; 6(6): 461-7。
  67. ジェームスMJのギブソンのRA、Cleland LG。 食餌療法のpolyunsaturated脂肪酸および炎症性仲介人の生産。 AM J Clin Nutr。 1月2000日; 71 (1つのSuppl): 343S-8S.
  68. アダムO、Beringer C、Kless T、等慢性関節リウマチの患者の低いアラキドン酸の食事療法そして魚油の炎症抑制の効果。 Rheumatol Int。 1月2003日; 23(1): 27-36。
  69. ローペッツ ガルシアE、Schulze MB、(n-3)脂肪酸のManson JEの等消費は女性の発火そしてendothelial活発化の血しょうbiomarkersと関連している。 J Nutr。 7月2004日; 134(7): 1806-11.
  70. ロレンツRのWeberのPC、Szimnau P、Heldwein W、Strasser T、慢性の炎症性腸疾患の魚油からのn-3脂肪酸を持つLoeschke K. Supplementation: ランダム化された、偽薬制御の、二重盲目のクロスオーバー試験。 JはMed Supplを実習する。 1989;225(731): 225-32.
  71. Foitzik T、Eibl G、シュナイダーP、Wenger FA、Jacobiカリフォルニア、Buhr HJ。 オメガ3の脂肪酸の補足は反inflammato ryのcytokinesを増加し、実験膵臓炎の全身の病気のsequelaeを減少させる。 J Parenter Enteral Nutr。 2002日11月12月; 26(6): 351-6。
  72. Nomura S、金沢S、タイプ2の糖尿病のhyperlipidemic患者の血小板の活発化のマーカーそして細胞接着分子に対するeicosapentaenoic酸のFukuhara S. Effects。 Jの糖尿病の複雑化。 2003日5月6月; 17(3): 153-9。
  73. Mori TA、Beilin LJ、Burkeは心循環器疾患の危険がある状態に人でV、Morris J、血小板に対する食餌療法脂肪間のRitchie J. Interactions、魚および魚油および効果作用する。 Arterioscler Thromb Vasc Biol。 2月1997日; 17(2): 279-86。
  74. 私のAbeywardenaヘッドRJ。 Longchain n-3 polyunsaturated脂肪酸および血管は作用する。 Cardiovasc Res。 12月2001日; 52(3): 361-71。
  75. Thorngren M、11週のGustafson A. Effectsは出血の時間、脂質および血小板の集合の食餌療法のeicosapentaenoic酸で増加する。 尖頭アーチ。 11月1981日28日; 2(8257): 1190-3。
  76. Vanschoonbeek K、Feijge MAH、Paquay Mの等可変的な人間の魚油の取入口のhypocoagulant効果: フィブリノゲンのレベルおよびトロンビンの生成の調節。 Arterioscler Thromb Vasc Biol。 9月2004日; 24(9): 1734-40。
  • ページ
  • 1
  • 2