生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2013年4月
私達がそれを見るように  

待伏せによる科学

ウィリアムFaloon著
ウィリアムFaloon
ウィリアムFaloon

1938年 火星人によって侵入されるオーソン・ウェルズの地球の虚構の放送はCBSのラジオで乾燥された。 生じるヒステリーは百万人のアメリカ人に隠れるか、または力の開いた兵器庫に逃げるために運転した従って市民は攻撃スペース モンスターに対して 守ることができる

CBSの世界のH.G. Wells新しい「戦争」のオン空気脚色は歴史の固まりの意識の現実の認識の 最も有効な処理( 単一の放送によって)である。

この種類の無秩序は前世紀に制限されない。 2012年9月では、 アメリカの医学連合は 宣言した3人のギリシャの医者によって価値が心臓患者へオメガ3の補足の推薦へ ないことを調査を出版した。1

消費者は媒体が不正確に 調査の 調査結果を表したと同時に誤解した引き込められなくて現実 のこの処理により 何百万の 不必要な死を世界中で引き起こす。

媒体がヘッドライン ニュースにこの傷が付いたレポートを回し 、プロセスでので私は タイトルを付けたこの 部分「待伏せによる科学」に、客観的な反駁を 含んでいなかった

この記事はオメガ3sを使用するatherosclerotic病気の巧妙な処置は複数の介在を要求することを理解するこの調査のこの調査の結論、媒体の 不適当な描写、公衆の方法についての知識の欠乏およびほとんどの人々 無力を疑う欠陥を露出する。

魚油のアメリカの医学連合の攻撃

心拍/heartattack  

2012年9月12日の 米国医師会医学総合誌の問題は 20のデータ解析を 自己選んだ 魚油 および血管疾患の前の調査を出版した。

調査結果は魚油(EPA/DHAの1,370ミリグラムだけ)の適度な 毎日の 取入口 に応じて 次の肯定的な効果が観察されたことを示した: 1

  • 心臓 死の9%の減少
  • 急死の13%の減少
  • 心筋梗塞(心臓発作)の11%の減少
  • 全原因の 死亡率の4%の減少

この調査の著者は従って組み立てたデータに「統計的に重要な連合」がなかった本当らしい利点は魚油の適度な線量が短処置の期(中間数2年)のためにどこに使用されたか見直した20の調査で観察されなかったことを主張し。

この分析のすべての関係者が魚油のカプセルを取らなかった。 推定毎日EPA/DHAの取入口の一部は食糧指導勧めることに基づいていた。 啓発された消費者が今日使用した魚油の大量服用に応じてより強い 心臓発作の 減少を 示す調査は 著者の分析から省略された。

著者はそれにもかかわらず観察が「毎日の臨床練習の構成された介在としてオメガ3の食餌療法の管理を支えるオメガ3または指針の使用を」。正当化しないことを結論を出した1

激怒するインフェルノ

ジャーナルで出版された調査の媒体の感覚論者の報告に頼らなければならなかったら アメリカ 医学連合 JAMA)、価値がオメガ3の補足へないことを考えるかもしれない。

けれども次の通り JAMAの調査自体は魚油の出版された 利点で 報告した: 1

  • トリグリセリドの相当な 減少 (FDAはこの利点を確認する)。
  • 深刻な不整脈(不規則な心拍)の減少。
  • 減らされた血小板の集合(動脈で形作る血塊から保護する)。
  • 血圧の適度な減少。

魚油の助けが発火に対して保護のような心臓発作を、防ぐが、 JAMAの調査自体で輪郭を描かれるちょうど4つの利点が オメガ3の 十分な取入口を保障するために管の健康について心配するだれでもに科学的な理論的根拠を提供する他の 方法が ある。

どんなほとんどの医者がしかし理解しないか既に 心臓 患者の 内部の幹線ライニングにある損傷の 大きさである。 これらの患者は既に心臓発作に苦しむか、またはステント、バイパス外科、および/または積極的な薬療法の必須の介在に、およびこうして重要な既存の幹線病気が あった 問題を開発した

私の前のキャリアでは、私は私が死亡者の ボディ 中の妨げられ、堅くされた動脈の形で老化の効果を見、 感じることができるたくさんの 死体解剖の場合にかかわった。 頻繁に限り人がいかに住んでいたか私の同僚が質問するそのような厳しい幹線閉塞があった。

幹線病気は生まれた時私達が成熟するように始まり、進歩する。 ある特定の年齢に、多くの人々は30%だけだった冠状動脈が3年より早い急速になる妨げられた90-100%に 塞いだ という「加速されたアテローム性動脈硬化」の 犠牲者に なる。

驚くべきである何が死が続く 前に 私達の重大な循環系への損傷がことができるかどの位である加える。 私がで得ているポイントは人々が血管疾患の外へ向かう印を(冠状ステントを必要とすることのような)明示するまでにことである、幹線 壁の中で 続く単独で魚油と消えない筈な 激怒するインフェルノが ある。

JAMAによって分析されたこれらの調査の主題の ほとんどは 既に心臓発作に苦しんでしまったまたは冠状動脈の妨害および 魚油は 「二次防止」の為に使用されていた。 この高度の段階で、窓はあらゆる処置の適度な 線量のために 有効であるためにずっと昔に閉まってしまった。

明白になるためには、屋外にバーベキューで料理し、あなたの家の隣で偶然薮を発火させることを仮定する。 完全な送風のあなたのガーデン・ホースを回し、急速に火を消す。 あなたの経験に基づいて、合式的にであることを示すことができるガーデン・ホースが家がことを燃えることを防ぐことで有効。

今度は家に帰り、あなたの家を炎で巻き込まれて見つけることを仮定する。 あなたのガーデン・ホースを取り、地面に中途半端だけ、あなたの家の焼跡をとにかくつける。 であることをその時示すガーデン・ホースが家が火ことをによって破壊されることを防ぐことで無用。

魚油はこの類似のガーデン・ホースより有効であること文書化するべき確かな証拠の間、どんな JAMAが 本質的に出版したか心臓患者の動脈の中で続く 激怒するインフェルノを 消すには魚油の 不十分な線量を 、余りにも短い期限 にわたって使用している 主流の医者の指定 努力は ある

Statinとの比較は薬剤を入れる

LDLのコレステロールの 減少 によって、 statinの薬剤は より低い心臓発作の危険に示されていた。2

幹線病気のない健康な人は時々simvastatinのような薬剤の適度な線量 (10のmg /day)の 使用と何とかやる ことができる。 より健康な食餌療法パターンと共に、これは 危ない mg/dL 140からの100つの mg/dL 以下 あるために今確認される健康な人々のための安全な範囲にLDLのレベルを 切る ことができる

しかしstatinの薬剤のこの線量は既存の幹線病気とのそれらのためにLDL-Cのレベルを十分に積極的に減らさない。 これらの個人は引用される例 1日あたりの80 mgのsimvastatinの毎日の線量を要求するかもしれない70のmg/dL以下彼らの LDLを得る 必要がある。 それはstatinの薬剤が 厄介な 副作用のほとんどを加えるこれらの大量服用にある。

既存の幹線病気とのそれらはstatinの薬剤の大量服用を取ることを 医学の 確立は 推薦するので魚油の適度な線量がJAMAの レポートで 分析された 比較的不健康な患者数に対する重要な効果を 示す と考えるために、馬鹿馬鹿しい

どの位EPA/DHAが毎日消費されるべきであるか。

循環系  

あなたの 頭脳の 固まりの約60%は脂肪から 重大な細胞膜から成り立つ成っている。3 DHAは 健康な脳細胞のオメガ3の支配的な脂肪である。 人々がDHAを内部的に作る ことができない ので食事療法か補足源から来なければならない。

医学の 怠慢 のオメガ3の取入口のボーダーを励ます臨床練習に場所がないことを示すJAMAの著者のため。 彼らがオメガ3sの不十分な線量が 非薬剤 に対してかなり大きいバイアスに使用されたヒントだった調査を精選した事実は病気の処理に近づく。

多数の医療補助を示す証拠の全体に基づいてオメガ3のより大きい取入口 関連付けた、 メンバーがEPA/DHAの2,400 mgと毎日補うべきであることを 生命 延長 ®は ずっと昔に 推薦した。 この推薦は次のページにリストされている3つの仮定に基づいていた。

  1. 従って会員は冷た水魚のような オメガ3sの 食糧源を消費する2,400 mgの日刊新聞よりオメガ3の大きい平均取入口を提供している健康に敏感な 個人 である。
  2. 会員はトリグリセリドのレベルを測定する年次 血液検査を 取る。 トリグリセリドが、 生活様式 薬剤、および他と共にオメガ3sの血の100つのmg/dLにより大きい消費が、補足の変化ある。 (例えば何人かの人々EPA/DHAの4,800 mg 毎日の 線量が 動脈詰るトリグリセリドを抑制するように要求する。)
  3. オメガのスコアの 血液検査の 結果からの調査結果は最適のオメガ3の血 レベルを 達成するために EPA/DHAの 少なくとも 2,400 mgが必要であることを日示す。 (何人かの人々オメガ3sの2,400 以上 mgが血レベルを後押しするように要求する。)

媒体は「 魚油の 補足のような見出しを作成するのにJAMAの調査を防がない心臓発作を使用したと、調査は言う。しかし 4つは 大抵重要な既存の幹線病気、すなわち、アテローム性動脈硬化に苦しんだ個人のEPA/DHA 1,370 だけ mg の平均毎日の取入口にJAMAのレポート基づいていた 実際、メタ分析に含まれていた調査の半分は毎日1,000以下mg のオメガ3の線量を 使用した。 EPA/DHAのこの量は研究グループのほとんどが苦しんだアテローム性動脈硬化の根本的な進行を逆転させるには余りにも低い。

JAMAの調査で使用された不健康な 調査の 主題は国の人口グループから世界中で成っていた。 JAMAが書いた、 より少しに 消費されるこれらの調査の主題推定上書くものをで基づく 生命 延長メンバーが取るEPA/DHAの 最少量の より58%の。 これらの人口グループのいくつかはこれらの栄養素がそれらの国で率直に販売されないので心臓発作から保護するために他の補足を取らなかった。

私は前のパラグラフで調査の主題は必要としたEPA/DHAの58%を得たことは明確ではないので推定上 消費される 言葉を 「使用する。 JAMAの 調査の結果は「勧める食餌療法の指導を与えられた魚油のカプセルか患者を取ることを学んだ患者に基づいていた」。 人々が不健康な食餌療法の習慣に戻って引き寄せられがちであるときこの勧め種類の食事療法の勧めることは特に長い期間にわたって悪名高く信頼できない。 同じは頻繁にである大きい魚油のカプセルを飲み込むように彼らの医者によって言われるが、大きいカプセルを飲み込むことを好まないという事実を含むいろいろな種類の理由のために従わないことを人々の本当!

ページで13サイド・バーを読取るので、JAMAからの 調査結果は 全く健康に敏感な人々がEPA/DHAの適切な線量を毎日取ることを含んでいる心臓発作に対して守るために今日していることをとは(低線量EPA/DHAが相対的な短期のために不健康で忍耐強いグループで矛盾使用されたか ところで) 関係ない調査する。

ほとんどの消費者が魚油からなぜ寄与しないか

血液サンプルの管を引く手  

生命延長の私達によってが 存在している 環境は主流からずっと取除かれる。 私達は例外的な医者/科学者および世界の最も知識がある健康の消費者(すなわち、私達のメンバー)と相互に作用するために特権を与えられる。

最近、私達は主流との接触から教育するために私達がかなりの費用に位置の公衆が栄養物および 彼らの健康 についていかにの考えるか外のフォーカス・グループを陪審名簿に載せることを私達を行ったこと私達自身をそう見つけた。 これらのフォーカス・グループに加わるため、人々はサプリメントを使用した健康に敏感な消費者でなければならなかった。 これらのフォーカス・グループの 会議 によって覆いを取られた無知 のレベルは ぞっとするようだった。

フォーカス・グループの関係者事実上全員はオメガ3sについての「聞かれた」よい事があったが、取るか、どの位またはEPA/DHAを使用するべきであるかどの位彼らはわからなかった。 それらを見たときに幾分不規則な基礎のオメガ3の補足を購入するように要求された殆んどは通常薬学またはスーパーマーケットの棚に表示した。 一部は覚えているときに他がそれらを取るように要求する間、1部の魚油のカプセルの日刊新聞を取るように要求した。

オメガ3の補足を取った人々を識別するために調査が行なわれたら、これらのフォーカス・グループの事実上 あらゆる関係者は オメガ3の補足のユーザーとして分類されよう。 けれどもそれらの事実上どれも心臓病を回避するのに必要とされた潜在的能力を取っていなかった。

人々は補足から寄与しないことを慣習的な医者および媒体が主張するとき、どんな補足病気を回避するために取るべきであるかのかどの位ほとんどの消費者はわからないこと頻繁に正しい。 これはそう一貫してするべき訓練を取ればいいのか、持つために何を知っている健康な食餌療法パターンと共に補足EPA/DHAの日刊新聞の少なくとも2,400 mgが含まれている 証拠ベースの プログラムに続くこと からの 知識がある個人を思い切らせるべきではない。

JAMAのメタ分析の方法問題
顕微鏡を使用している科学者

20の自己選ばれた調査のJAMAの メタ分析 の設計の欠陥は次の理由のための質問に調査結果を呼ぶ:

悪く方法論的な質の試験の包含。 メタ分析のサンプルの大きさのほぼ半分は2つのオープン ラベルの試験から来た。 オープン ラベルの試験は主題および研究者が両方処置が調査で提供されているものを知ることを可能にする。 このタイプの調査はどの介在を主題が受け取っているか研究者および主題が知らない二重盲目の、偽薬制御の試験と比較される劣った質であると考慮される。

試験の心血管のでき事率及びベースライン危険の可変性の高レベル。 ベースライン心血管の危険の可変性およびこのメタ分析に含まれていた試験の心血管のでき事率の高度があった。 これはどの主題がベースラインに心臓発作のより大きい危険にあったか査定することは困難だったことを意味する。 例えばそれにまた調査の始めにある特定の魚油より高い管の危険があったら、データの妥当性はひどく妥協される。

含まれている調査の限られた数。 3,635の調査の20だけはこのメタ分析で検査された著者使用された。 これは心循環器疾患のための魚油で行なわれた研究の非常に限られた概観を提供する。

選ばれたものがを越えるJAMAの分析に行なわれる魚油の心血管の利点にかなりの 研究が ずっとある。 例えば、「魚油およびトリグリセリドの臨床試験のPubMed.gov (米国の薬の国立図書館)の調査に」、500の 結果に あった。

媒体のためのよい評価

ちょうど毎日新聞を販売するか、または視聴者を引き付けるために注意把握の見出しを発生させなければならない「ニュース」ビジネスにであることを想像しなさい。

医者については意味される 米国医師会医学総合誌で出版される 調査を見るが、普及したサプリメントに 関連しているので、日のためのサウンド バイトの見出しがある。 細部を—魚油の不十分な線量を 消費した 主題が心臓発作の危険の ある 減少を得た ようであることを 示すJAMAの調査のような…見る 必要性無し 。       

ちょうどJAMAの 調査の 結論を盛り上げればあなた自身詳細を約知ってあなたの聴衆のほとんどがほしい衝撃的な見出しがすなわち待伏せのジャーナリズム ある。

これはほとんどの皆にインターネット・アクセスが彼ら自身のための事実を査定するある世界に幾分悲しい私達住んでいる考慮している一般大衆が人生のおよび死の決定をいかにするかである。

要点: JAMAのレポートの主題は既存の中心問題の人々だった、取っていた適量は心臓病に対して複数の又のある攻撃を発生させるには余りにも小さく、おそらく長く推薦されてしまった付加的な補足を取っていなかった。

アテローム性動脈硬化を防ぐために人間は何をする必要があるか。

中心の表面の冠状動脈の枝の実例  

老化プロセスは コレステロールおよび血圧のような慣習的な危険率が 正常範囲 の内にある 時でさえ血管を傷つける。

食事療法の積極的な介在にもかかわらず、練習、補足および薬剤、血管疾患に老化の大人をし向ける病理学変更はまだ幹線壁に起こる。 明るいニュースは人々が彼らの生命の後期に達すると同時に動脈が塞がれるようになぜなるか根本的な理由に演説するために認可された方法が開発されたことである。

過去40年間、冠状アテローム性動脈硬化を扱う標準的な方法はずっと妨げられた動脈をとばすことである。 冠状動脈バイパス外科からの回復は月を取る場合があり何人かの患者はメモリ損失、慢性の発火および不況のような寿命の減損に苦しむ。 stenting冠状動脈は近年共通になってしまったが、これは全身のアテローム性動脈硬化のための治療ではない。

科学文献はアテローム性動脈硬化がC反応蛋白質の高い血レベルと関連付けられる こと、18-26インシュリンを 27-32 33-36LDL 37-42ホモシステイン 25,26,43-46フィブリノゲン 25,47-50および トリグリセリド 51-53および テストステロン57-62明らかにするHDL 54-56 低水準と共に (人で)。 これらの物質の最大限に活用する血レベルは劇的に心臓発作および打撃の危険を減らすことができる。
  • ページ
  • 1
  • 2