生命延長スキン ケアの販売

概要

生命延長雑誌2013年3月
概要  

カルニチン

老化するおよびovernutritionの妥協のミトコンドリアの性能および新陳代謝制御によって引き起こされるカルニチンの不十分。

長い鎖の脂肪酸のミトコンドリアの輸入そして酸化の許可に於いての必要な役割に加えて、アシルとしてカルニチンまた機能はacylcarnitinesの形で余分なカーボンのミトコンドリアの輸出を促進するアクセプターを分ける。 最近の証拠はカルニチンが支えられた新陳代謝の圧力の条件の下で条件増加することを提案する。 したがって、私達はカルニチンの不十分がブドウ糖の許容のミトコンドリアの機能障害そして肥満関連の減損に貢献するかもしれないことを仮定した。 この予言の全身のカルニチンの減少に一貫したように高度の年齢、遺伝の糖尿病および食事療法誘発の肥満のようなインシュリン抵抗力がある州の共通機能識別された。 終生の(12か月)高脂肪の食事療法に与えられた齧歯動物では妥協されたカルニチンの状態はacylcarnitineのエステルの高められた骨格筋の蓄積およびカルニチンの生合成遺伝子の減少された肝臓の表現と対応した。 肥満のラットの筋肉の減少されたカルニチンの予備は脂肪酸からのピルボン酸塩への完全な脂肪酸の酸化、上げられた不完全なベータ酸化および損なわれた基質の切換えの低い率を含むミトコンドリアの燃料の新陳代謝のマーク付きの摂動と一緒に、伴われた。 これらのミトコンドリアの異常はacetylcarnitineの高められたティッシュの流出および尿の排泄物および全身のブドウ糖の許容の改善と協力して口頭カルニチンの補足の8週までに、逆転した。 Acetylcarnitineはミトコンドリアのマトリックスの酵素、カルニチンのアセチルトランスフェラーゼ(CrAT)によって作り出される。 戦いのブドウ糖の不寛容に於いてのこの酵素のための役割は第一次人間の骨格myocytesのCrATのoverexpressionがブドウ糖の通風管を高め、ブドウ糖の酸化の脂質誘発の抑制を減少させたことが分ることによって更に支えられた。 これらの結果は新陳代謝シンドロームのリバーシブルの部品としてカルニチンの不十分およびCrATの減らされた活動を関係させる。

J Biol Chem。 8月2009日21日; 284(34): 22840-52

熱衝撃蛋白質のアセチルLカルニチン誘発の規則はアミロイド ベータ ペプチッド1-42-仲介された酸化圧力およびneurotoxicityから皮層ニューロンを保護する: アルツハイマー病のための含意。

アルツハイマー病(広告)は記憶および認知の損失と頭脳の老年性のプラクそしてneurofibrillaryもつれによって特徴付けられる進歩的なneurodegenerative無秩序である。 アミロイド ベータ ペプチッド、特に42アミノ酸のペプチッド(Abeta (1-42))、老年性のプラクの主成分はあり病気の病因に中央であると考えられる。 広告の頭脳は重要な酸化圧力の下にあり、酸化圧力を生体外でそして生体内で引き起こすためにAbeta (1-42)のペプチッドにより知られている。 アセチルLカルニチン(ALCAR)は内生ミトコンドリアの膜の混合物ミトコンドリアのバイオエナージェティックスを維持する助けで、老化と関連付けられる高められた酸化圧力を下げる。 グルタチオン(GSH)は老化の減少に重要な内生酸化防止剤およびレベル示されていたである。 ALCARの管理はラットのアストロサイトのGSHの細胞レベルを増加する。 現在の調査では、私達はALCARがAbeta (1-42)に対して皮層の神経の細胞の保護役割を担うかどうか-仲介された酸化圧力およびneurotoxicity調査した。 Abeta (1-42)と扱われた蛋白質の酸化(蛋白質のカルボニル、3-nitrotyrosine)および脂質の過酸化反応の(4ヒドロキシ2 nonenal)形成の増加に神経文化の減らされた細胞の存続は関連した。 ALCARの第一次皮層の神経文化の前処理はかなり線量依存した方法のAbeta (1-42)の誘発の細胞毒性、蛋白質の酸化、脂質の過酸化反応およびapoptosisを減少させた。 また高い細胞GSHおよび熱衝撃蛋白質(HSPs)のレベルに導かれたニューロンへのALCARの付加は未処理制御細胞と比較した。 私達の結果はALCARが一部にはAbeta (1-42)の毒性そして酸化圧力に対してGSHおよびHSPsことをのレベルの調整によって保護効果を出すことを提案する。 この証拠はAbeta (1-42)の誘発の酸化圧力およびneurotoxicityの管理のアセチルのカルニチンの病理学の潜在性を支える。 従って、ALCARは広告を持つ患者のための可能な治療上の作戦として有用かもしれない。

J Neurosci Res。 8月2006日1日; 84(2): 398-408

長命のpostmitotic細胞のミトコンドリアの転換そして老化: 老化のミトコンドリアlysosomalの軸線理論。

それは多細胞生物の老化することおよび終局の死が大抵ニューロンおよび心臓myocytesのような長命のpostmitotic細胞に、影響を与えるmitochondrially作り出された反応酸素種によって高分子損傷と大部分は、関連していること今一般に認められている。 これらの細胞は生命の間にまれにまたは全くそして全有機体程に古い場合もある取り替えられない。 autophagyおよび他の細胞低下のメカニズムの固有の無力はゾル性細胞質蛋白質の総計、不完全なmitochondriaおよびlipofuscin、intralysosomal indigestible材料を含んで廃物の進歩的な蓄積で取除く構造を完全に起因する、損なった。 この検討では、私達は老化のmitochondriaとリソソーム間の混線の重要性に重点を置く。 リソソーム内のlipofuscinの遅い蓄積は有効なmitochondriaの減らされた転換に終ってautophagy、弱めるようである。 後者はだけでなく、機能的に不十分ですが、またlipofuscinogenesisを促す反応酸素種の高められた量を作り出す。 さらに、不完全な、拡大されたmitochondriaは不完全にautophagocytosed、溶けない構成し、そして正常なmitochondriaによって内容を交換するひどく作用の細胞器官の人口の増加を。 これらの進歩は結局存続に相容れない細胞異化作用の機械類の高められた酸化圧力、減らされたATPの生産および崩壊で起因するようである変わる。

Antioxidの酸化還元反応は信号を送る。 4月2010日; 12(4): 503-35

人間の年齢関連のsarcopeniaの老化のミトコンドリア理論。

理解の年齢関連のsarcopeniaおよび、もっと重大に、案出のcounterstrategiesはsarcopeniaの根本的なメカニズムの親密な知識を必要とする。 老化(MTA)のミトコンドリア理論はずっと最後の十年の老化の一流理論である; 但し、骨格筋を老化させることのMTAの介入を支えるか、または反駁する人間のティッシュから比較的に少な情報がある。 mitochondriaが正常に機能しないmitochondriaを含んでいる繊維の地域が萎縮するために強制される推量方法のsarcopeniaに貢献するかもしれないと考えられている。 レジスタンス・エクササイズ、知られていた肥大した刺激は、老化させた骨格筋のミトコンドリアの表現型を改善するために示されていた。 なお、レジスタンス・エクササイズによる骨格筋の幹細胞の活発化は2つの方法でsarcopeniaを減少させるかもしれない。 最初にpostmitotic繊維への核付加をと引き起こすこと、秒は、プロセスの筋肉幹細胞によって寄付された機能mitochondriaの割合を増加することによって「移る」を遺伝子名づけた。 この章では私達はMTAののMTAを知られていた肥大した刺激減少させ、ミトコンドリアの機能障害と年齢関連のsarcopenia間の関係を定めるために遺伝子のè」¢ç§」に於いての筋肉幹細胞の役割を探検する潜在性を支える証拠を見直す。

InterdiscipはGerontolを越える。 2010;37:142-56

頭脳の老化の間のミトコンドリアの機能障害: 酸化防止補足による酸化圧力そして調節の役割。

ミトコンドリアの機能障害および酸化圧力は相互依存頭脳の老化の中心的役割を担う補強の損傷のメカニズムおよび2である。 触媒作用の金属イオンの前で活動的なoxyradicalsおよび他のいろいろな遊離基によって始められ、広がる酸化圧力はだけでなく、リン脂質を傷つけることができる細胞内の蛋白質そしてDNAの分子はまた細道に信号を送る細胞を調整でき、遺伝子発現パターンおよびこれらのプロセスはすべて頭脳の老化の重大な重要性をもつかもしれない。 現在の記事はmitochondria内の反応oxyradicalsの形成のメカニズムを記述し、次にこれらがいかにミトコンドリアの生物発生プログラムを始め、mitochondriaおよび細胞のantioxidative容量の上で後押しするためにcytosolのさまざまなtranscriptional要因を活動化できるか説明する。 但し、酸化圧力の高レベルは最終的に酸化的リン酸化の機械類およびミトコンドリアDNA (mtDNA)への重大な損傷を加える。 記事の後の部分は老化させた頭脳でミトコンドリア機能および年齢関連の頭脳のミトコンドリアの腐食および認識低下を防ぐことで可変的な成功を要求する酸化防止補足のさまざまな調査の詳細レポートの酸化不活性化を支持して蓄積の証拠を示すカタログである。 酸化防止補足のアプローチはアルツハイマー病のようなneurodegenerative病気の管理の潜在的な助けであるかもしれない。 新開発のmitochondria目標とされた酸化防止剤は酸化損傷と関連している実験調査に新しい方向を持って来、頭脳の老化およびneurodegenerative無秩序を含むいろいろな病気か退化的な条件に近い将来潜在的な薬剤を提供するかもしれない。

老化Dis。 6月2011日; 2(3): 242-56。

心臓老化への損なわれたミトコンドリアのautophagyの貢献: メカニズムおよび治療上の機会。

心循環器疾患の流行は前進年齢と増加する。 心血管の危険率への長期露出が心循環器疾患のetiopathogenesisの大きな役割を担うが、本質的な心臓老化は遅い生命の成長の中心の病理学への感受性を高める。 cardiomyocyteのミトコンドリア機能の進歩的な低下は主要なメカニズムの根本的な中心の老衰として考慮される。 傷つけられたが、mitochondriaのだけでなく、農産物はまたより少ないATP反応酸素種の高められた量を発生させ、apoptosisを誘発するより大きい傾向を表示する。 cardiomyocytesのpostmitotic性質を与えられて、正常に機能しないmitochondriaの有効な取り外しは傷つけられた細胞器官が細胞増殖によって薄くすることができないので、細胞ホメオスタティスの維持のために重大である。 mitochondriaが引っくり返されるという唯一の知られていたメカニズムはmacroautophagyによってある。 このプロセスの効率は中心の老衰および年齢関連の心循環器疾患の重大な役割を担うかもしれない前進年齢と低下する。 現在の検討は傷つけられたmitochondriaのautophagic取り外しの変化が心臓老化の過程においてそして遅い生命に特によく見られる特定の心臓病の病因に介入するという推定のメカニズムを説明する(例えば、左の心室の肥大、虚血性心疾患、心不全および糖尿病性の心筋症)。 macroautophagyの改善によって心臓老化を妨害するために提案される介在はまた(例えば、カロリーの制限およびカロリーの制限のmimetics)示される。

Circ Res。 4月2012日13日; 110(8): 1125-38

Mitochondria、体脂肪およびタイプ2の糖尿病: 関係は何であるか。

この検討はadipocytesのミトコンドリアの機能障害の開発がタイプ2の糖尿病のための病因の早いステップであること概念を考慮する。 脂肪質の固まりの拡張にそれは次第に燃え上がらせた低酸素になる。 局部的に作り出されるTNFアルファは、高められた脂肪分解をもたらすadipocytesのインシュリン抵抗性を引き起こす。 脂肪酸の超過分は、ローカル低酸素症を伴ってadipocytesのミトコンドリアの損傷の誘導で、起因する。 ミトコンドリアの活動のこの低下の結果としてより少なく脂肪酸は連結を解かれたミトコンドリアのベータ酸化と再エステル化によってadipocytesの内でミトコンドリアの活動がglyceroneogenesisに基質を提供するので取除くことができる。 その結果これらの脂肪酸は異所性のトリグリセリドの沈殿物として貯えられるボディの他のコンパートメントに再分配する。 この状態はレバーおよび筋肉のインシュリン抵抗性の開発と関連付けられる。 膵臓のベータ細胞を損なうためになお、それは貢献する。 最終的に、この状態はhyperglycemic状態の開発で起因する。

Minerva Med。 6月2008日; 99(3): 241-51

インシュリンの無感応のミトコンドリアの機能障害: タイプ2の糖尿病に於いてのミトコンドリアの役割の含意。

十分な証拠はミトコンドリアの機能障害がタイプ2の糖尿病と関連付けられることを提案するために集まった。 これからの研究の調査結果および他の実験室はエネルギーの供給不足の結果としてミトコンドリア機能をであるmyocytesおよびadipocytesのインシュリンの無感応またはインシュリン シグナリング細道の欠陥の原因損なった概念を支えた。 私達は遺伝子の呼吸のミトコンドリアの生物発生にかかわる抑制剤または打撃による呼吸そして酸化的リン酸化の阻止がpreadipocytesの微分およびインシュリンへのadipocytesの応答を損なうことができることを示した。 さらに、不完全なmitochondriaによりまた他のティッシュのブドウ糖の利用を低下させるためにそれが導くadiponectinの分泌の減少を引き起こす。 その上ある環境要因、汚染物質およびミトコンドリアの毒素がタイプ2の糖尿病の病因にかかわることが、明瞭になった。 一緒に取られて、私達はミトコンドリアの機能障害がインシュリンの無感応のpathophysiologyの役割を担うこと、そしてミトコンドリアの生物発生の活発化がインシュリン抵抗性およびタイプ2の糖尿病の防止または処置の有効な作戦であるかもしれないことを提案する。

アンN Y Acad Sci。 7月2010日; 1201:157-65

ラットのあるミトコンドリア機能のLカルニチンの補足そして運動の回復の年齢準の低下。

ほ乳類では、老化プロセスの間に、筋繊維の萎縮、体脂肪の固まりの増加、および骨格筋の酸化容量の減少は起こる。 脂質の酸化新陳代謝と相互に作用している活動および混合物は老化筋肉に起こる損傷の制限に有用かもしれない。 この調査では、私達はLカルニチンの効果を評価し、複数の変数の運動は筋肉生理学に関連していた。 私達はsoleusで(a)が筋肉細胞のLカルニチンのレベルの復帰を可能にした12週間体重30のmg/kgのでLカルニチンと古いラットを補うそれを、(b)元通りにされた筋肉酸化活動記述し、(c)引き起こされた陽性はボディ構成で変わる: 腹部の脂肪質の固まりの減少および滋養分の筋肉機能の増加変更せずに。 適当な運動は(a)脂肪質の多くの利益の脂肪酸を酸化させる制限でまた有効(b)であり、soleusの容量の増加を引き起こす。

J Gerontol Biol Sci Med Sci。 10月2008日; 63(10): 1027-33

アセチルLカルニチンの補足は老化させたラットの減らされたティッシュのカルニチンのレベルそして損なわれた脂質新陳代謝を元通りにする。

ティッシュのカルニチンのレベルと脂質新陳代謝の年齢関連の変更に対する長期カルニチンの補足の効果は調査された。 合計のカルニチンは中心、骨格筋、大脳皮質で水平になり、海馬は若いラット(6か月古い)のより老化させたラット(22か月古い)のより少なくおよそ20%だった。 その一方で、血しょうカルニチンのレベルは老化することによって影響されなかった。 アセチルlカルニチン(ALCARの補足; 3か月間体重100つのmg/kgは/日)かなり老化させたラットのティッシュのカルニチンのレベルを増加したが、若いラットでティッシュのカルニチンのレベルに対する僅かな影響をもたらした。 血しょう脂蛋白質の分析はVLDLのtriacylglycerolのレベルおよびLDLとHDLのコレステロール値が若いラットのより老化させたラットのすべてのかなり高かったことを明らかにした。 従ってALCARの処置はtriacylglycerolおよびコレステロールのすべての脂蛋白質の一部分そしてレベルを減らした。 ALCAR扱われた老化させたラットの血しょうコレステロールの内容の減少は自由なコレステロールの減少によりもむしろcholesterylのエステルの減少に帰することができた主に。 ALCARのもう一つの驚くべき効果は老化させたラットの脳組織のコレステロールの内容およびコレステロール リン脂質の比率を減らしたことだった。 これらの結果は慢性ALCARの補足が脂質新陳代謝の年齢準の変更を逆転させることを示す。

Jの脂質Res。 4月2004日; 45(4): 729-35

古いラットへのアセチルLカルニチンの補足は活動化のperoxisome増殖剤活動化させた受容器のガンマのcoactivator 1alpha依存したミトコンドリアの生物発生によって部分的にヒラメ筋の年齢関連のミトコンドリアの腐食を戻す。

ミトコンドリア機能の年齢関連の腐食は老化プロセスへの主要コントリビュータである。 私達は老化させたラットのヒラメ筋のミトコンドリアの生物発生に対する2月毎日のアセチルLカルニチン(ALCAR)の補足の効果をテストした。 この筋肉は酸化新陳代謝に大きく依存する。 ある核のおよびミトコンドリア コードされた遺伝子(チトクロームcのオキシダーゼの亜単位IV [COX-IV]、16S rRNA、COX-I)とミトコンドリアの生物発生シグナリング細道(peroxisome増殖剤活動化させた受容器のガンマ[PPARgamma] coactivator-1alpha [PGC-1alpha]、ミトコンドリアのトランスクリプション要因Aのにミトコンドリアの[TFAM]かかわったある要因のミトコンドリアの(mt) DNAの内容、クエン酸塩のシンターゼの活動、コピーのレベル ミトコンドリアのトランスクリプション要因2B [TFB2])、またPGC-1alphaの蛋白質内容は断固としただった。 従って結果は古いラットのALCARの処置がPGC 1alpha依存したミトコンドリアの生物発生を活動化させること、部分的に年齢関連のミトコンドリアの腐食を戻すことを提案する。

若返りRes。 2010日4月6月; 13 (2-3): 148-51

Lカルニチンは心臓繊維芽細胞のアンギオテンシンのII誘発拡散を減少させる: NADPHのオキシダーゼの阻止および減らされたスフィンゴシン1隣酸塩生成の役割。

中心はLカルニチンを総合してなく、血の流れによって提供されるLカルニチンに厳しく依存している; 但しよりよく中心にLカルニチンの補足のメカニズムを理解するために、付加的な調査は必要である。 この調査の目標はアンギオテンシンII (Ang II)の誘発の心臓繊維芽細胞拡散に対するLカルニチンの効果を評価し、細胞内のメカニズムを探検することだった。 培養されたラットの心臓繊維芽細胞はそれからAng II (100 nM)と刺激されたLカルニチン(1-30のmM)と前処理をされた。 Lカルニチンによって部分的に禁じられたAng IIは繊維芽細胞拡散およびendothelin1の表現を高めた。 LカルニチンはまたAng II誘発NADPHのオキシダーゼの活動、反応酸素種の形成、細胞外の信号調整されたキナーゼ リン酸化、活性剤によって蛋白質1仲介されたレポーターの活動およびスフィンゴシン1隣酸塩生成を減少させた。 さらに、Lカルニチンはprostacyclinを増加した(心臓繊維芽細胞のPGIの(2))生成。 PGIのsiRNAのトランスフェクション(2)シンターゼはかなりLカルニチン誘発PGI (心臓繊維芽細胞に対する2)そして反拡散の効果を減らした。 なおPPARのアルファのsiRNA仲介された妨害がかなりLカルニチンの反拡散の効果を減らしたことを、潜在性PGIを封鎖する(2)免疫沈降法(IPの)受容器を含む受容器は、およびperoxisome増殖剤活動化させた受容器のアルファ(PPARのアルファ)およびデルタ、明らかにした。 要約すると、これらの結果はLカルニチンがPGIによって一部にはAngのII誘発の効果を(を含むNADPHのオキシダーゼの活発化、スフィンゴシン1隣酸塩生成および細胞増殖)減少させることを提案する(2)およびPPARアルファ シグナリング細道。

J Nutr Biochem。 7月2010日; 21(7): 580-8

アセチルLカルニチンの補足はラットの中心のLカルニチンの内容を変えないでカルニチンのpalmitoyltransferaseの年齢関連の低下をinterfibrillar mitochondriaの1つの(CPT1)活動逆転させる。

老化の中心は部分的により低い脂肪酸の利用によって仲介される生物エネルギーの予備容量の損失を表示する。 私達は心臓脂肪酸の異化の年齢関連の減損が不利にカルニチンのpalmitoyltransferase 1 (CPT1)に影響を与えるLカルニチンの減少されたレベルを通ってβ酸化のためのmitochondriaに、調査した、脂肪質アシルCoA通風管のための率制限酵素少なくとも部分的に起こるかどうか。 古い(24-28 mos) Fischerは344匹のラットfed±acetyl Lカルニチン(ALCARだった; 心臓interfibrillar (IFM)およびsubsarcolemmal (SSM) mitochondriaの犠牲そして分離前の4週まで間1.5% [w/v])。 IFMはpalmitoyl CoA主導の州3の呼吸の低下(41%、p<0.05)に関連したCPT1活動の28% (p<0.05)の年齢関連の損失を表示した。 興味深いことに、SSMは酵素機能および効率的に利用されたpalmitateを維持した。 IFM CPT1の動力学の分析はpalmitoyl CoAが基質だったときに両方の減少されたV (最高)およびKを示した(m) (60%および49%それぞれ、p<0.05)。 但し、酵素の動力学の年齢関連の変更はLカルニチンに関して明白ではなかった。 ALCARの補足は中心IFMの、Lカルニチンのレベルの治療によるCPT1活動を外見上元通りにした。 むしろ、最終的にpalmitoyl CoA結合およびCPT1動力学に影響を与えるALCARは調整によって老化の中心で酵素活性に、可能性としては調節するそのうちに影響を及ぼした。

機械式の老化するDev。 2012日2月3月; 133 (2-3): 99-106

充血性の中心の失敗実験および臨床調査のためのLカルニチンの処置。

心不全のlカルニチンの治療上の効力を評価するためには、lカルニチンの心筋のカルニチンのレベルそして治療上の効力はcardiomyopathic生物ハムスター14.6匹と慢性の鬱血性心不全および虚血性心疾患の患者で調査された。 384.8 +/- 83.8 nmol/g対心不全を用いる生物14.6人のハムスターそして患者は減らされた心筋の自由なカルニチンがあると水平になる見つけられた(FI対生物14.6、287 +/- 26.0は重量、pをより少なくより0.05ぬらした; 心不全のない心不全を用いる患者対、412 +/- 769 +/- 267 nmol/g p対142より少しより 0.01)。 一方では、長い鎖のacylcarnitineのレベルは心不全(532 +/- 317 +/- 72 nmol/g、p対169より少しより0.01)を用いる患者でかなりより高かった。 生物ハムスター14.6匹の重要な心筋の損傷は心筋症の初期のlカルニチンの腹腔内の管理によって防がれた。 同様に、12週間lカルニチンの経口投与はかなり努力のアンギーナの患者の練習の許容を改善した。 慢性の鬱血性心不全を用いる9人の患者では、より低いNYHAのクラスに動いた5人の患者(55%)および全面的な状態は6人の患者(66%)でlカルニチンとの処置の後で改善された。 Lカルニチンはアデニン ヌクレオチドのtranslocaseの阻止を逆転させることができ、こうして心筋層のための主要なエネルギー源を構成する脂肪酸の酸化メカニズムを元通りにすることができる。 従って、これらの結果はlカルニチンが従来の病理学療法を伴って鬱血性心不全の処置のための有用な治療上の代理店であることを示す。

Jpn Circ J. 1月1992日; 56(1): 86-94

anginal患者の長期L-propionylcarnitineの付加的なantiischemic効果は慣習的なantianginal療法と扱った。

ミトコンドリアの脂肪酸の輸送およびATP-ADP交換のための心臓Lカルニチンの内容、必要な虚血の間に、減る。 動物モデルでは、自然な派生物の管理、L-propionylcarnitineは、虚血を減らし、心臓機能を改善するかもしれない。 L-propionylcarnitineの可能なantiischemic効果を評価することはランダム化されるの偽薬と、平行の設計、既存療法に加えて二重盲目比較された。 患者はとの>または=自転車の練習のテストの間のアンギーナの虚血の週そして客観的な印ごとの2つのanginal攻撃含まれていた。 最初の2週間の、単一盲目の偽薬段階後で、37人の患者は500 mg L-propionylcarnitineのtidを受け取り、37人の患者は6週間偽薬を受け取った。 グループは両方ともベースラインで対等だった。 3人の患者は調査を間、偽薬(不従順のために2、動悸のために1)および1で間、L-propionylcarnitine (不従順)で中断する。 残りの心拍数、血圧、および最高の練習が影響を受けていなかったが、L-propionylcarnitineは0.1 mVのST区分の不況[44 +/-偽薬のグループ8の+/- 2秒(平均+/- SEM)に時間を対3増加した; p = 0.05]、および練習の持続期間は偽薬と比較された5%によって改良した。 ニトログリセリンのAnginal攻撃そして消費はどちらのグループでも影響されなかった。 従って、6週の処置の期間に従がって、L-propionylcarnitineは最高の慣習的なantianginal療法にもかかわらずまだ徴候だったanginal患者の付加的な、とはいえ最底限、antiischemic効果を引き起こした。 それは改善で期待することができるがこれらの患者で新陳代謝の処置のこの形態が大きい利点を達成するかどうか不審である。

CardiovascはTherに薬剤を入れる。 12月1995日; 9(6): 749-53

腎臓の透析患者のカルニチン療法の価値および人間および動物実験からの心臓機能に対する効果。

心血管の複雑化は末期の腎臓病(ESRD)の患者間のすべての死の50%を占める死亡率の一流の原因である。 これらの死の大半は心臓原因からある。 心筋の虚血への高められた感受性およびESRDのそれに続く疾病率の下にあるメカニズムは不明確に残る。 多数の新陳代謝の撹乱は心筋の虚血およびreperfusionに伴い、並行心筋の機能障害の開発の極めて重要な役割を担う。 カルニチンは心筋エネルギー新陳代謝に於いての、酸化のための内部のミトコンドリアの膜を渡る長い鎖の脂肪質のアシル中間物の運送者としてそして炭水化物新陳代謝の中央調整装置として重大な役割を担う。 心筋のカルニチンは虚血の間にそしてもっと特に透析療法の尿毒症性の患者そして患者にかなり尽きている。 カルニチンの処置に心筋の新陳代謝の調節、necrotic細胞死およびinfarctのサイズの減少、不整脈の発生の減少および機械機能の保存を含む心血管の利点がある。 この検討は尿毒症性の中心の基質の新陳代謝のプロフィールおよびreperfused中心の新陳代謝そして機能のカルニチンの補足および最終的にカルニチンの取り替え療法のための実験および臨床証拠、特に影響および機能の調節による尿毒症性の中心のエネルギー論の影響を詳しく述べる。

Currの薬剤ターゲット。 2月2012日; 13(2): 285-93

後梗塞形成のLカルニチンの治療上の効力の管理された調査。

管理された調査はSanta Chiaraの病院、最近の心筋梗塞の診断のピサの心臓学部から、排出された両方の性(39のそして86年間の年齢)の160人の患者で遂行された。 Lカルニチンは一般に使用された病理学の処置に加えて12か月間g 4/dieの口頭線量の81人の患者に任意に、管理された。 12か月の全期間のために、これらの患者は心拍数で制御、改善(p < 0.005)、シストリック動脈圧(p < 0.005)およびdiastolic動脈圧(NS)と比べて、示した; anginal攻撃(p < 0.005)、リズムの無秩序(NS)および損なわれた心筋のcontractility (NS)の臨床印の減少、および脂質パターンの明確な改善(p < 0.005)。 扱われたグループ(1.2%、p < 0.005)の上記の変更は制御グループに12.5%の死亡率があったが、より低い死亡率と一緒に伴われた。 なお、制御グループにreinfarctionおよび急死によって引き起こされた死の明確な流行があった。 これらの結果に基づいて、この病理学の状態の臨床進化、また患者のおよび平均余命生活環境基準を改善できるのでLカルニチンが後梗塞形成のischaemic cardiopathyの有効な処置を表すことが完了される。

薬剤Exp. Clin Res。 1992;18(8):355-65

Propionyl Lカルニチンはpostischemic血の流れの回復およびarteriogenetic revascularizationを改善し、endothelial NADPHオキシダーゼによって4仲介されるスーパーオキシドの生産を減らす。

目的: 周辺幹線病気の患者の断続的なclaudicationに対する自然な混合のpropionyl lカルニチン(PLC)の有利な効果はischemicティッシュのanaplerotic機能に帰因しが、不十分な情報は利用できvasculatureの行為にかかわる。 方法および結果: 私達は大腿動脈の切除、マウスの背面の空気袋、鶏のchorioallantoic膜およびangiographic、ドップラー流れおよびhistomorphometricalおよびbiomolecular分析によって管の細胞の後でウサギの後肢の平行した容器のPLCの効果を調査した。 PLCの注入は4日(P<0.05)後に後肢の血の流れの回復を加速し、7日(P<0.001)後の増加されたangiographic大腿四頭筋の平行したvascularizationはHistomorphometry不変の筋肉内の毛管密度の高められた管区域(P<0.05)を、確認した。 PLC誘発のdilatative適応および成長は増加された誘引可能な一酸化窒素のシンターゼおよび減らされた幹線血管内皮細胞増殖因子および細胞内の付着の分子1の表現と準見つけられた。 PLCはまた大きい容器の空気袋そしてchorioallantoic膜(P<0.05)のvascularizationを、特に増加した。 PLCはendothelialおよび人間のへその管のendothelial細胞増殖を高め、急速に誘引可能な一酸化窒素のシンターゼを減らし、NADPHオキシダーゼは人間のへその管のendothelial細胞の反応酸素種の生産を4仲介した; NADPHオキシダーゼ4のまた調整されたNF kappaB独立した細胞内の付着の分子1の表現。 結論: 私達の結果はPLCがpostischemic流れの回復およびrevascularizationを改善し、endothelial NADPHオキシダーゼ関連のスーパーオキシドの生産を減らすという強力な証拠を提供した。 私達はPLCがendothelial機能を目標とする治療上の介在間で含まれるべきであることを推薦する。

Arterioscler Thromb Vasc Biol。 3月2010日; 30(3): 426-35

ハムスターの頬袋のmicrocirculationの虚血reperfusionの傷害に対するpropionyl Lカルニチンの効果。

背景および目的: Propionyl lカルニチン(pLc)は虚血reperfusion (I/R)の異なった実験モデルの保護効果を出す。 現在の調査の目標はI/Rによって引き起こされたハムスターの頬袋の準備のmicrovascular透磁率の増加に対する静脈内での効果をそして原則的に応用pLc査定することだった。 方法: ハムスターの頬袋のmicrocirculationは蛍光顕微鏡によって視覚化された。 Microvascular透磁率、venular壁への白血球の付着は、潅流した毛管長さおよび毛管赤血球の速度(V (RBC))を コンピュータ援用方法によって評価された。 E-selectinの表現は生体外の分析によって査定された。 脂質の過酸化反応および反応酸素種(ROS)の形成はthiobarbituric酸反応物質(TBARS)および2'で- 7' - dichlorofluorescein (DCF)、それぞれ定められた。 結果: 対照動物では、I/Rにより細静脈で透磁率と白血球の付着の顕著な増加を引き起こした。 毛管散水およびV (RBC)は減った。 TBARSのレベルおよびかなり高められるベースラインと比較されるDCFの蛍光性。 静脈内で注ぎこまれたpLcの線量依存はROSの集中は減ったが、漏出および白血球の付着を防ぎ、毛管散水を維持し、そしてreperfusionの終わりにvasodilationを引き起こした。 pLc前の一酸化窒素のシンターゼの阻止により血管収縮を引き起こし、部分的にpLc誘発の保護効果を鈍くした; 内皮得られたhyperpolarizing要因(EDHF)の阻止はpLcの効果を廃止した。 頬袋の膜のpLcの項目適用は静脈内の管理と観察されると同じ効果を作り出した。 pLcはE-selectinの表現を減らした。 結論: pLcはI/Rの傷害によって引き起こされるmicrovascular変更を防ぐ。 透磁率の増加の減少は引き起こすvasodilatationをとともにいいえEDHF解放が主に原因であることができる。 E-selectinの表現の減少は白血球の付着および透磁率の増加を防ぐ

前部Physiol。 10月2010日19日; 1:132