生命延長雑誌2013年8月
概要

PQQ

寿命の決定要因としてミトコンドリア機能。

平均人命の期待は栄養物、ワクチン接種、抗菌代理店の改善による多くの何十年かにわたって漸進的に主として増加し心循環器疾患、癌、等の最高の寿命の有効な処置/防止は、対照的に、少しだけ変えた。 熱の制限(CR)はミトコンドリア機能の改善と協力して多くの種類の最高の寿命を、増加する。 これらの効果はまだ人間で示されることを持ち動物の寿命を伸ばすために必要となるCRの持続期間そしてレベルは人間で現実的ではない。 身体活動(自発的な練習)は人間の健康な平均余命を高めるための多くの約束を保持し続けるが増加の最高の寿命に影響を示すことを残る。 但し、Caenorhabditisのelegansの長寿は寿命中のミトコンドリア機能の維持による活動レベルと、多分関連している。 人間では、私達は筋肉ミトコンドリアDNAの豊富の進歩的な低下および年齢の蛋白質の統合を報告した。 他の調査官はまたピーク酸素通風管と関連している筋肉ミトコンドリア機能の年齢関連の低下に注意した。 長期有酸素運動は主としてミトコンドリアDNAの豊富の年齢関連の低下および人間の機能を防ぎ、マウスの自発的な活動のレベルを増加するかもしれない。 にもかかわらず、最高の寿命の有酸素運動および活動レベルの影響は不確かである。 ミトコンドリアの内容および機能の年齢関連の低下がだけでなく、物理的な機能に影響を与えるが提案されたり、また寿命の規則の大きな役割を担うことが。 健康食によるadiposityの規則的な有酸素運動そして防止は健康な平均余命を高め、有利な効果によってmitochondrionのレベルで寿命を延長するかもしれない。

Pflugersのアーチ。 1月2010日; 459(2): 277-89

補酵素Q10はアミロイドの病理学を減らし、アルツハイマー病のtransgenicマウス モデルの行動を改善する。

高められた酸化圧力はアルツハイマー病(広告)の病因で関係する。 証拠の大きいボディはそのミトコンドリアの機能障害および高められた反応酸素種がアミロイドβ (Aβ)の沈殿前に起こることを提案する。 補酵素Q10 (CoQ10)、ミトコンドリアの電子輸送鎖の部品はハンティントンの病気およびパーキンソン病の動物モデルそして人間の試験のneuroprotective酸化防止剤として、よく特徴付けられ、AβPP/PS1マウスのプラクの重荷を減らす。 私達は今CoQ10が酸化圧力およびアミロイドの病理学を減らし、広告のTg19959マウス モデルの行動の性能を改善することを示す。 CoQ10処置は蛋白質のカルボニルの頭脳のレベル、酸化圧力のマーカーを減らした。 CoQ10処置は減らされたプラク区域で起因し、海馬と重なる皮質の数はAβ42特定の抗体とimmunostained。 頭脳Aβ42のレベルはまたCoQ10補足によって減った。 アミロイドβ蛋白質の前駆物質(AβPP)のβ carboxyterminal片のレベルは減った。 重要なのは、示されているCoQ10扱われたマウスはMorris水当惑のテストの間に認識性能を改善した。 私達の結果は自然発生する酸化防止混合物CoQ10と扱われるtransgenic広告のマウスで減らされた病理学および改善された行動を示す。 CoQ10は人間でよく容認され、かもしれない
広告の治療上の試験のために有望でであって下さい。

J Alzheimers Dis。 2011;27(1):211-23

補酵素Q10の補足によるミトコンドリアの機能障害の逆転はischaemic左の心室のシストリック機能障害の患者のendothelial機能を改善する: ランダム化された管理された試験。

目標: 冠動脈疾患(CAD)はendothelial機能障害およびミトコンドリアの機能障害(MD)と関連付けられる。 この調査の目標はミトコンドリアの呼吸の輸送鎖の義務の補酵素である補酵素Q10 (CoQ)の補足がMDを逆転させ、ischaemic左の心室のシストリック機能障害(LVSD)の患者のendothelial機能を改善できるかどうか調査することだった。 方法および結果: 私達はischaemic LVSDの患者の上腕の流れ仲介された膨張(FMD)に対する8週間偽薬(制御、n=28)対CoQの補足(300 mg /day、n=28)の効果を定めるランダム化された、二重盲目の、偽薬制御の試験を行った(心室の放出の一部分<45%を残した)。 ミトコンドリア機能は血しょう乳酸塩/ピルボン酸塩の比率(LPの比率)によって定められた。 8週後で、CoQ扱われた患者は血しょうCoQの集中(処置の効果2.20のµg /mL、P<0.001 およびFMD (処置の効果1.51%、P=0.03)の顕著な増加があった; そしてLPの比率(処置の効果-2.46、P=0.03)の減少は制御と比較した。 但し、CoQの処置は血清のスーパーオキシドのディスムターゼおよび8-isoprostane (すべてのP>0.05)によって定められるように絶食のブドウ糖のニトログリセリン仲介された膨張、血圧、血レベル、ヘモグロビンA1c、脂質のプロフィール、高感受性のC反応蛋白質および酸化圧力を変えなかった。 なお、LPの比率の減少はFMD (r=-0.29、P=0.047)の改善にかなり関連した。 結論: ischaemic LVSDの患者では、CoQの8週の補足はミトコンドリア機能およびFMDを改善した; そしてFMDの改善はCoQがischaemic LVSDの患者のミトコンドリアの機能障害の逆転によってendothelial機能を改善したことを提案するミトコンドリア機能の変更に関連した。

アテローム性動脈硬化。 6月2011日; 216(2): 395-401

心血管の死亡率およびNターミナルproBNPは結合されたセレニウムおよび補酵素Q10の補足の後で減った: 年配のスウェーデンの市民間の5年の将来のランダム化された二重盲目の偽薬制御の試験。

背景: セレニウムおよび補酵素Q10は細胞のために必要である。 セレニウムおよび補酵素Q10の低い心臓内容は心筋症を用いる患者で示されていたが、矛盾した結果は2つの部品の補足の効果で別に出版される。 重大な関係は2つの物質の間に細胞の最適機能を得るためにある。 但し、結合された補足のレポートは欠けている。 方法: 老化したセレニウムの結合された補足がおよび補酵素Q10または偽薬あった443人の関係者でスウェーデンの市民70から88間の5年の将来のランダム化された二重盲目の偽薬制御の試験は行われた。 臨床検査、エコー心電図検査およびbiomarkerの測定は行われた。 関係者はあらゆる第6月介在中の監視された。 心臓biomarker NターミナルproBNP (NTproBNP)およびechocardiographic変更は監視され、死亡率は登録されていた。 死亡率の終点はカプランMeierプロットによって評価され、コックス比例した危険の比率は潜在性の混同の要因ができるように調節された。 意思に御馳走および每議定書の分析は応用だった。 結果: 5.2年のフォローアップの時間の間に活動的な処置のグループの心血管の死亡率の重要な減少は対偽薬のグループ(12.6%対5.9%見つけられた; P=0.015)。 NTproBNPレベルは偽薬のグループ(平均と比較された活動的なグループでかなりより低かった: 214 ng/L対48か月の302 ng/L; P=0.014)。 エコー心電図検査で重要でよりよい心臓機能スコアは偽薬のグループ(P=0.03)と比較された活動的な補足で見つけられた。 結論: セレニウム/補酵素Q10の長期補足は心血管の死亡率を減らす。 肯定的な効果はまたNTproBNPレベルでそしてエコー心電図検査で見ることができる。

Int J Cardiol。 5月2012日22日

練習の訓練は頭脳のミトコンドリアの生物発生を高める。

増加された筋肉mitochondriaは疲労への高められた抵抗および練習の訓練に帰される医療補助に主として責任がある。 但し、少しだけ関心は増加された頭脳のmitochondriaの本当らしい利点にこの点で与えられた。 私達は頭脳のマーカーに対する練習の訓練の効果を検査し、トレッドミルによって査定されるマウスで(RTF)疲れるために持久力容量に関連する筋肉ミトコンドリアの生物発生は動く。 オスICRのマウスは練習(前)または坐った(SEDの)状態に割り当てられた(n = 16-19/group)。 前のマウスは25 m/minで1 h/day、6 days/wk動くトレッドミルの8週をおよび5%の傾斜のために行った。 最後の訓練の一続きがマウスの小群(n = 9-11/group)、および頭脳(脳幹、小脳、皮質、前頭葉、海馬、視床下部およびmidbrain)および筋肉(soleus)安楽死した24時間後ティッシュはperoxisome増殖剤活動化させた受容器ガンマcoactivator 1アルファ(PGC-1α)、無声情報調整装置T1 (SIRT1)、クエン酸塩のシンターゼ(CS)、およびRT-PCRを使用してミトコンドリアDNA (mtDNA)のmRNAの表現の分析のために隔離された。 前およびSEDのマウスの別の小群は(n = 7-8/group)トレッドミルRTFテストを行った。 練習の訓練はsoleusに加えてPGC-1α、SIRT1およびCS mRNAおよびほとんどの頭脳の地域のmtDNA増加した(P < 0.05)。 中間のトレッドミルRTFは74.0 ± 9.6分から126.5 ± 16.1の最低の続く訓練から増加した(P < 0.05)。 これらの調査結果は練習の訓練が重要な含意があるかもしれない頭脳のミトコンドリアの生物発生を高めることを、だけでなく、提案するが疲労に関して、また頻繁にミトコンドリアの機能障害によって特徴付けられる年齢関連の痴呆およびさまざまな中枢神経系の病気に関して。

J Appl Physiol。 10月2011日; 111(4): 1066-71

Pyrroloquinolineのキノンはキャンプの応答要素結合蛋白質のリン酸化および高められたPGC-1alphaの表現によってミトコンドリアの生物発生を刺激する。

ミトコンドリアの生物発生を刺激するために報告されるBioactive混合物は多くの医療補助に反応酸素種からのそのような高められた長寿、改善されたエネルギー利用および保護つながる。 以前は調査はpyrroloquinolineのキノン(PQQ)で欠けている食事療法に与えられるマウスおよびラットが減ったことを示してしまった
ミトコンドリアの内容。 従って、私達はPQQがマウスのhepatocytesのミトコンドリアの生物発生を引き起こすことができることを仮定した。 24-48 hのための10-30 micromへのマウスHepa1-6の細胞の露出はPQQ高められたクエン酸塩のシンターゼおよびチトクロームcのオキシダーゼの、ミトコンドリアDNAの内容汚れる活動、Mitotrackerおよび細胞酸素の呼吸で起因した。 このプロセスの誘導はキャンプの応答の要素結合蛋白質(CREB)およびperoxisome増殖剤活動化させた受容器ガンマcoactivator-1alpha (PGC-1alpha)の活発化によって、ミトコンドリアの生物発生を調整すると知られていた細道行われた。 セリーン133のCREBのPQQの露出によって刺激されるリン酸化、PGC-1alphaの促進者、および増加されたPGC-1alpha mRNAおよび蛋白質の表現活動化させる。 PQQはミトコンドリアの生物発生を後PGC-1alphaまたはCREBの表現の小さい干渉のRNA仲介された減少刺激しなかった。 PGC-1alphaの細道の活発化、PQQに一貫した核呼吸の要因活発化(NRF-1およびNRF-2)およびTfam、TFB1MおよびTFB2M mRNAの表現を高めた。 さらに、PQQはロテノン、3-nitropropionic酸、antimycin A、およびナトリウムのアジ化物によってミトコンドリアの阻止から細胞を保護した。 PQQの機能はこの混合物の行為を一部にはミトコンドリアの生物発生を刺激する説明し、PQQがミトコンドリアの機能障害と関連付けられる病気で有利かもしれないことを提案する。

J Biol Chem。 1月2010日1日; 285(1): 142-52

pyrroloquinolineのキノンの潜在的な生理学的な重要性。

Pyrroloquinolineのキノン(PQQ)は提案が生理学的な重要性のために作ることができる新しいbiofactorである。 PQQは細菌の酵素の補足因子として最初に確認された。 それは宇宙塵の部品として最近一時的に識別された。 従って、PQQは早い生物的概念および進化中あるかもしれない。 PQQはまた有効な植物成長の要因である。 その結果、動物および人間のため、PQQへの一定した露出ずっとである。 動物では、PQQは明白な存続の利点(例えば、改善された新生児の成長および生殖性能)との生物的機能の範囲に加わるために報告される。 また心臓および神経学的なischemicでき事からの認識、免疫の、および酸化防止機能、また保護と関連しているPQQの補足から利点がある。 PQQがビタミンとして現在見られないが、細胞シグナリング細道、実験動物モデルのmitochondriogenesisにとって生命に重大ようにPQQを定義するために重要な特にそれらの介入は結局理論的根拠を提供するかもしれない。 人間のために、そのような証拠はPQQの状態の改善から同じような平行または利点があるかもしれないことを提案する。

Altern MedのRev. 9月2009日; 14(3): 268-77

thioredoxinの表現のpyrroloquinolineのキノン食餌療法の補足そして影響に答えるtranscriptionalネットワークの同一証明およびJAK/STATおよびMAPKの細道。

齧歯動物に加えられたときPQQによって(pyrroloquinolineのキノン)はエネルギー利用および生殖性能を食事療法するPQQに欠けているが改善する。 現在のペーパーで私達は食餌療法PQQの制限か病理学の管理に答えるtranscriptionalネットワークおよび遺伝子発現パターンの変更を記述する。 ラットは食事療法にPQQ (PQQ-)がどちらかの不十分に与えられたりまたはPQQ (食糧とのPQQ/gのおよそ6 nmol補われた; PQQ+)。 さらに、ラットのグループはPQQ-のラット(36 hへのPQQののための12のh間隔の体重のPQQ intraperitoneal/kgの1.5 mg管理によってrepleted; PQQ-/+)または48 h (PQQ+/-)のためのPQQ+のラットにPQQ-の食事療法の供給によって部分的に減らされて。 レバーから得られるRNAおよびCodelink (R) UniSetのラット遺伝子のコピーの表現を査定するのにIつBioarrayがシステム使用された。 分析されたおよそ10000のラット順序および制御調査の238はP<0.01レベルで10週間PQQ-の食事療法の供給によって変わった。 短期PQQの枯渇は438のコピー(P<0.01)の変更で起因した。 PQQの過多はPQQの不足によって引き起こされたコピーの表現の変更を逆転させ、検査された総コピーの847の変化で起因した(P<0.01)。 細胞圧力(例えばthioredoxin)、信号を送るmitochondriogenesis、細胞[JAK (Janusのキナーゼ) /STAT (トランスクリプションの信号のトランスデューサーそして活性剤)およびMAPK (mitogen活動化させたプロテイン キナーゼの)細道]および輸送のために重要な遺伝子は最も影響を受けていた。 qRT PCR (量的なリアルタイムPCR)および主なターゲットのようなプロセスの認可で援助される機能試金。 一まとめに、結果はPQQの不足と関連付けられる前の機能観察に機械論的な病理学量で管理される基礎かPQQを提供する。

Biochem J. 8月2010日1日; 429(3): 515-26

ミトコンドリアの機能障害、proteotoxicityおよび老化: NAD+制御蛋白質のglycationの原因か効果および可能な影響。

老化は変えられた蛋白質および正常に機能しないmitochondriaの蓄積によって頻繁に特徴付けられる。 この検討はproteostasisのエネルギー新陳代謝のこれらの効果の考えられる原因を、相互依存および影響、変えられた蛋白質の特に形成および除去論議する。 NAD+が限っているとき程度へのNAD+が異常な蛋白質の形成を調整する酸素自由基および反応酸素種(ROS)の生成、glycolytic三炭糖の隣酸塩がmethylglyoxalに自発的に(MG)分解するので、非常に有害なglycating代理店およびROSの誘因物ことを提案され。 mitochondriaはNADHからのNAD+を再生するがそのNAD+は圧力蛋白質の表現に対するstimulatory効果をもたらし、autophagy、それ以上proteostasisにエネルギー新陳代謝を統合する。 変えられた蛋白質が統合のmitochondria、変更、または除去と有害に相互に作用することができると同時にミトコンドリアの活動に影響を与えるゾル性細胞質間違い蛋白質のことが提案される。 機能障害か不活動はROSの形成および老化を加速するが機能mitochondriaが本質的にantiaging代理店であることがまた提案される。 これらの提案はまたROSが老化することに原因であるかもしれない間、高められたミトコンドリアの活動(すなわち、酸素の利用)老化および多くの準の病理学を抑制する酸素のパラドックスの説明を助けるかもしれない。 グルタチオンの高められた統合、humaninおよびミトコンドリアの付き添い蛋白質は増加されたmitogenesisの他の付加的な結果であるproteostasisの保障を助け。

ADV Clin Chem。 2010;50:123-50

ミトコンドリアDNAの枯渇シンドロームの補酵素Q10の不足。

私達はミトコンドリアDNAの枯渇シンドローム (MDS)の疑いの下で(n=39)調査された患者の補酵素Q 10の(CoQ)レベルを評価した。 CoQのレベルは量的なリアルタイムPCRによるmtDNAの枯渇の高性能液体クロマトグラフィーおよびパーセントによって量を示された。 他のミトコンドリアの患者(マン ウィットニーUテストと比べてCoQの不足と示されるMDSの患者の高いパーセント: p=0.001)。 私達の調査結果はMDSがCoQの不足と頻繁に関連付けられることを、提案する病気のpathophysiologyの可能な二次結果として。 筋肉CoQの状態の査定はCoQの補足の可能性が候補者療法として考慮されるかもしれないのでMDSの患者で勧められるようである。

Mitochondrion。 4月2013日11日; 13(4): 337-341