生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2012年10月
レポート

細胞エネルギー新陳代謝の回復

Kirk Stokel著

参照

1. Miyoshi N、Oubrahim HのくさびのPB、Stadtman ER。 水素の過酸化物誘発のapoptosisおよび壊死のATPの年齢依存した細胞死そして役割。 Proc国民のAcad Sci米国。 2月2006日7日; 103(6): 1727-31。 Epub 1月2006日27日。

2. Kohlhaas M、心不全の不完全な刺激収縮のカップリング、エネルギー飢餓および酸化圧力のMaack C. Interplay。 傾向のCardiovasc Med。 4月2011日; 21(3): 69-73。

3. で利用できる: http://naturalmedicinejournal.net/pdf/NMJ_FEB10_NP.pdf。 2012年7月23日アクセスされる。

4. Barsotti C、Ipata PL。 nucleobaseの海難救助のアルファDリボースの利用およびラットの頭脳の5フルオロウラシルの活発化のための細道。 Biochem Pharmacol。 1月2002日15日; 63(2): 117-22。

5. Omran H、McCarter D、St Cyr JのLuderitz B.のDリボースは鬱血性心不全の患者を助ける。 Exp. Clin Cardiol。 2004夏; 9(2): 117-8。

6. Perlmutter NSのウイルソンRA、Angello DA、Palac RT、林J、ブラウンBG。 リボースは冠動脈疾患の患者のタリウム201の再分配を促進する。 J Nucl Med。 2月1991日; 32(2): 193-200。

7. Seifert JG、Subudhi AW、Fu MX、等。 低酸素の練習の間の酸化圧力のリボースの役割: パイロット・スタディ。 J Medの食糧。 6月2009日; 12(3): 690-3。

8. フリーマンML、Mertens-Talcott SU、St Cyr J、パーシバルSS。 リボースはHL-60細胞のretinoic酸誘発の微分を高める。 Nutr Res。 11月2008日; 28(11): 775-82。

9. 虚血性心疾患のフェラーリR、Pepi P、フェラーリF、Nesta F、ベニーニョM、Visioli O. Metabolicの撹乱および治療上の制御。 AM J Cardiol。 9月1998日3日; 82 (5A): 2K-13K.

10. 虚血性心疾患のフェラーリR、Pepi P、フェラーリF、Nesta F、ベニーニョM、Visioli O. Metabolicの撹乱および治療上の制御。 AM J Cardiol。 9月1998日3日; 82 (5A): 2K-13K.

11. 佐藤H、Ueki M、Asaga T、Chujo KのMaekawa N.のDリボースはラットの好中球の活発化の減少によって虚血/reperfusion誘発の腎臓の傷害を減少させる。 Tohoku J Exp. Med。 5月2009日; 218(1): 35-40。

12. 虚血によっておよび一時的なhyperglycemiaのラットでreperfusion引き起こされる腎臓の傷害に対するDリボースの西山町J、Ueki M、Asaga T、Chujo K、Maekawa N.の保護作用。 Tohoku J Exp. Med。 11月2009日; 219(3): 215-22。

13. Pauly DF、Pepine CJ。 心臓エネルギー新陳代謝のための補足としてDリボース。 J Cardiovasc Pharmacol Ther。 10月2000日; 5(4): 249-58。

14. Pliml W、フォンArnim T、Stablein A、Hofmann H、Zimmer HG、安定した冠動脈疾患の練習誘発の虚血に対するリボースのErdmann E. Effects。 尖頭アーチ。 8月1992日29日; 340(8818): 507-10.

15. Kendler BS。 心循環器疾患療法の補足の条件付きで必要な栄養素。 J Cardiovasc Nurs。 2006日1月2月; 21(1): 9-16。

16. Sinatra ST. 新陳代謝の心臓学: 鬱血性心不全の処置の統合的な作戦。 Altern Therの健康Med。 2009日5月6月; 15(3): 44-52。

17. Lopaschuk GD。 虚血性心疾患をpharmacologically心臓エネルギー新陳代謝を改良することによって扱う。 Presse Med。 12月1998日12日; 27(39): 2100-4。

18. Pauly DF、ジョンソンC、St Cyr JA。 心循環器疾患のリボースの利点。 Medの仮説。 2月2003日; 60(2): 149-51。

19. Sinatra ST. 新陳代謝の心臓学: 心循環器疾患のミッシング リンク。 Altern Therの健康Med。 2009日3月4月; 15(2): 48-50。

20. Hegewald MG、Palac RT、Angello DA、Perlmutter NSのウイルソンRA。 リボースの注入はリボースなしで遅い24時間イメージ投射と比較される早いイメージ投射のタリウムの再分配を加速する。 J AM Coll Cardiol。 12月1991日; 18(7): 1671-81。

21. Omran H、Illien S、MacCarter D、St Cyr J、Luderitz B.Dリホースは鬱血性心不全の患者のdiastolic機能そして生活環境基準を改善する: 将来の実現可能性検討。 Eur Jの中心の失敗。 10月2003日; 5(5): 615-9。

22. Omran H、McCarter D、St Cyr JのLuderitz B.のDリボースは鬱血性心不全の患者を助ける。 Exp. Clin Cardiol。 2004夏; 9(2): 117-8。

23. シュナイダーHJ、Rossner S、Pfeiffer DのHagendorff A.のDリボースは心臓contractilityおよび血行力学を改善し、ラットの支えられた遅い心室の頻脈の間に海馬のc FOSの表現を減らす。 Int J Cardiol。 3月2008日28日; 125(1): 49-56。

24. ルイスS、ドブタミンの負荷心臓図検査の間のDリボースの反ischemic効果のKovacs Rの等評価、Sawada SG: パイロット・スタディ。 Cardiovascの超音波。 2009;7:5.

25. MacCarter D、Vijay N、Washam M、Shecterle L、Sierminski H、St Cyr JA。 Dリボースは高度のischemic心不全の患者を助ける。 Int J Cardiol。 9月2009日11日; 137(1): 79-80。

26. Chigrinskiy EA、Conway VD。 ラットの睾丸の阻止に対するDリボースの保護効果は余分な練習で作用する。 圧力の生理学及びBiochemistrのジャーナル。 2011;7(3):242-9.

27. Barsotti C、Ipata PL。 nucleobaseの海難救助のアルファDリボースの利用およびラットの頭脳の5フルオロウラシルの活発化のための細道。 Biochem Pharmacol。 1月2002日15日; 63(2): 117-22。

28. Teitelbaum JE、ジョンソンC、St Cyr J。 慢性の疲労のシンドロームおよびfibromyalgiaのDリボースの使用: パイロット・スタディ。 J Alternの補足物Med。 11月2006日; 12(9): 857-62。

29. Eisinger J、Plantamura AのfibromyalgiaのAyavou T. Glycolysisの異常。 J AM Coll Nutr。 4月1994日; 13(2): 144-8。

30. Le Goff P。 fibromyalgiaは筋肉無秩序であるか。 共同骨の脊柱。 5月2006日; 73(3): 239-42。

31. Gebhart B、Jorgenson JA。 fibromyalgiaの患者のリボースの利点。 Pharmacotherapy。 11月2004日; 24(11): 1646-8。

32. マーティンCM。 落ち着きがない足シンドロームのミステリー。 Pharmに相談しなさい。 11月2007日; 22(11): 907-24。

33. Bayard M、Avonda TのWadzinski J. Restlessのの足シンドローム。 AM Famの医者。 7月2008日15日; 78(2): 235-40。

34. Guieu R、Sampieri F、Pouget Jの人B、苦痛な足および移動つま先シンドロームのRochat H. Adenosine。 Clin Neuropharmacol。 10月1994日; 17(5): 460-9。

35. Laisalmi-Kokki M、Pesonen E、Kokki Hの等膝の関節形成の腎臓機能に対するN acetylcysteineの可能性としては有害な影響。 自由なRadic Res。 7月2009日; 43(7): 691-6。

36. Siems W、Quast S、Carluccio Fの等心血管の危険率として慢性腎不全の酸化圧力。 Clin Nephrol。 7月2002日; 58のSuppl 1: S12-9.

37. 沿SF、Ramasamy R、シュミツトAM。 高度のglycationの最終製品(激怒)および心循環器疾患のための受容器。 Med巧妙なRev. Molの。 2009年; 11: e9.

38. Jang HR、Ko GJのWasowskaのBA、Rabb H。 腎臓の虚血reperfusionと免疫反応間の相互作用。 J Med Molの。 9月2009日; 87(9): 859-64。

39. Vallon V、Osswald H. Adenosineの受容器および腎臓。 Handb Exp. Pharmacol。 2009 (193):443-70.

40. Mentink CJ、Hendriks MのレベルAA、Wolffenbuttel BH。 ラットの腱および皮のコラーゲンのブドウ糖仲介された交差連結。 Clin Chimのアクタ。 7月2002日; 321 (1-2): 69-76。

41. Kuo TYの黄のCL、ヤンJM、等。 PC12細胞の実行可能性の調整に於いてのribosylated-BSAの役割。 細胞Biol Toxicol。 8月2012日; 28(4): 255-67.

42. 魏YのハンのCS、Zhou J、劉Y、陳L、彼RQ。 glycationおよび蛋白質の集合のdリボース。 Biochim Biophysのアクタ。 4月2012日; 1820(4): 488-94。

43. ハンC、Lu Y、魏Y、劉Y、彼はR.のDリボース細胞蛋白質のglycationを引き起こし、マウスの空間的な認知を損なう。 PLoS 1。 2011年; 6(9): e24623.

44. ブドウ糖の総体M、Zollner N. Serumのレベル、人の長期Dリボースの管理の間のインシュリンおよびCペプチッド。 Klin Wochenschr。 1月1991日4日; 69(1): 31-6。

45. Vos PA、Degroot Jの軟骨の年齢のBartenバンのRijbroekの広告、等高度は穏やかな外科損傷に犬の実験骨関節炎の開始を加速しない。 J Orthop Res。 3月2012日2.日。

46. Willett TL、Kandel R、De Croos JN、Avery NC、Grynpas MD。 自発の骨関節炎の進行で架橋結合する非酵素のglycationおよびpentosidineの高められたレベル。 骨関節炎の軟骨。 7月2012日; 20(7): 736-44。