生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2012年10月
レポート

細胞エネルギー新陳代謝の回復

Kirk Stokel著
細胞エネルギー新陳代謝の回復

エネルギーは私達の最も貴重な資源である。 年齢によって、私達の物理的なおよび細胞エネルギー準位は低下する。1 だけでなく、私達は感じる疲れているが、私達の細胞はなり、疲れられるように最上に作用しない。

さらに、私達の心筋は十分にとして弱まり、引き締まり、鬱血性心不全に頻繁に導く。2 Dリボースは 私達の中心および頭脳のような主要な器官でそれらを含むすべての私達の細胞によって、必要とされる新陳代謝エネルギーの補充を助けることができる。3-5 結果か。 改善された心臓および神経学的な機能と共に高められた活力。

リボースはボディの他のいくつかの主プロセスに役立つ。 dリボースの長い鎖はリボ核酸か RNAの 私達の 遺伝子をコピーし、作用蛋白質に翻訳することに必要なDNAそっくりの構造を形作るために一緒にひもでつながれる。6 Dリボースはボディ ティッシュ に酸化防止保護を提供する。7つは 免疫組織dリボースが伝染への応答に動力を与えることを必要とする。8

この記事では、dリボースの補足がいかに重大なボディ プロセスは必要なエネルギー分子の空腹ではないこと保証できるか学ぶ。

広い心血管サポート

心循環器疾患に多数の および 連結された原因がある。9つは そういうわけで薬剤か療法または修理、心血管の損傷十分に防ぐことができない。

のはまた、一般に、心臓病患者が彼らの病気の複雑さの取り引き薬物に倍数にである理由である。

補足のdリボースはcardioprotectantとして多数ターゲットに役立つので、優秀な 候補者である。 それは心臓大災害をもたらす場合があるでき事の全体の連続に沿う心臓病に対する防衛を提供する。

Dリボースは虚血reperfusionの傷害から強力に中心の ティッシュを保護する。 これは循環が元通りになると同時に酸素空腹の(ischemic)ティッシュが酸素が豊富な血と突然あふれるとき分に心臓発作か脳卒中に続く時間に起こる重大な損傷である(reperfusion)。10は 既に傷つけられたティッシュの酸素の突然供給自由な酸素基および有害な炎症性応答の解放で絶頂に達する致命的な一連の出来事を引き起こした。

しかしリボースのハイ レベルが使用できるように前にされれば、そして直後にreperfusionが起こる、それらの危ない変更のほとんどは炎症性血球のリボースの行為によって、 主として防ぐことができる11は この効果何人かの前向きな麻酔医がおよび外科医が虚血reperfusionの傷害が共通の外科的処置の間にIVリボースの注入を使用して提案したほど有効である。12

広い心血管サポート

しかし虚血は即時の結果の激しいでき事常にではない。 一般には多くは次第に努力のアンギーナ(胸痛)のような徴候を作り出す冠動脈疾患の、前進を用いる人々の 継続 基礎に、低レベルの虚血起こる。 虚血が悪化すると同時に、苦痛は患者が残りにある間、起こることができる。

アンギーナの各エピソードはエネルギー分子の 損失と細胞エネルギー準位の安定した枯渇を、 心筋の 細胞からのATP表す。これが 中心のdリボースの正常な供給の上で使用する13,14。 このような状況では、dリボースは条件付きで 必要な栄養素になる15

随分長く続けられて、この細胞エネルギー飢餓は血を効率的に動かすには 心筋が「十分に懸命に」絞ることができない鬱血性心不全(CHF)への主要コントリビュータである。16は 結果液体が悪い心臓「圧搾」の結果としてボディ中のティッシュで集まることである(技術的にcontractilityと 呼ばれる)。 最終結果は進歩的な練習の不寛容であり、呼吸する難しさおよび流動保持を高める。 極度な、鬱血性心不全で—心臓病の多くの犠牲者のための最終的な死因が あること肺水腫として肺知られているの液体の致命的な蓄積で起因できる。

鬱血性心不全を用いる多くの人々は目指す多数の薬物の彼ら自身を見つけ流動蓄積を減らすか、または化学的に中心のcontractilityを高める。 これらの薬剤は成功があることができる間、どれも治療効果がないし、ほとんどは実用性を限ることができる相当な副作用をもたらす。

幸いにも、鬱血性心不全は早く検出され、扱われれば部分的に、もっと容易に逆転させることができる。

有効なCardioprotectant

次第に、科学者はdリボース のようなエネルギー仲介する 栄養素の供給への心筋の損傷の厳格をつなぐ 虚血エネルギー関係を調査している。17-19

注目されるSinatra、心臓学医および著者スティーブンはT.最近示されるdリボースの心臓利点で、広く書いたMDの細胞生物化学の点では心臓病を見るために「多くの医者訓練されない….」19 しかしこの分野の成長する興味ここ十年間悩んでいる心筋に新陳代謝サポートを提供するdリボースに基づいて 心臓エネルギー準備 とのより安全で、はるかに 有効な療法 にドアを開ける。13

dリボースの利点は研究者に1990年代初頭に興味を起こさせ始めた。 それは中心の虚血の区域を示すタリウムのスキャンのような放射線学の技術の援助としてdリボースに早く主に焦点を合わせた調査する。 研究者は大いにより多くの血がそれらのティッシュに浸透していたのでスキャンの間のdリボースを静脈内で注ぎこむことによって、心筋ことをのもっとたくさんの区域を見ることができることが分った!6,20

余りに頻繁に、冠状病気の個人は移動性を限るか、またはエネルギーの欠乏のような限定による適当な練習で従事するにはない。 ドイツの研究者は厳しい冠動脈疾患および慢性の虚血 の人々の 練習の許容を高めるのにdリボースを使用できることが分った。10 それらはちょうど3日間4つの分けられた 線量で 患者に 持久力の利益を達成するために60グラムの口頭線量を毎日与えた。

もっと最近、別のドイツのグループはまた生活環境基準を 改善している間dリボースがechocardiogramsで見られるように鬱血性心不全を用いる患者で中心機能を、改善できることを示した。21

ATPエネルギー分子の回復および心筋のエネルギー準位の増加によって、dリボースは心筋のcontractility 「圧搾」を肺およびボディに血を効率的にポンプでくむ必要があった一般に改善する。22,23

dリボースが1つ以上の心臓発作に苦しんだ患者に静脈内で与えられたときに、科学者はdリボースがよいよcontractilityの中心の区分の数を高めたことが、改善された機能の目に見えるマーカー分った。24

高度の鬱血性心不全および極度な練習の不寛容の患者の最近の調査で示されていたように、Dリボースの心筋のエネルギー準位の補充に付加的な利益がある。25人の 研究者は3つの線量の15 グラムで日これらに 患者をdリボース与えた。 患者はすべて彼らの肺を呼吸し、換気する機能で印象的な改善および彼らの 心不全の 分類の44%の改善があった! これらの変更はひどく損なわれた患者のこのグループはより自由にについてそして高められた慰めと動くことができることを意味したので、重要だった。

Neuroprotection

Dリボースは脳細胞に特定の独特な保護効果をもたらす。

最近の調査では、心臓学医はdリボースはだけでなく、中心の機能および血を改善したり流れしかしまた心臓発作に続くことができる 低血圧 の期間の間に脳組織の深遠な影響があることを明らかにした。23 Dリボースは血の流れの奪い取られる脳細胞の細胞死を誘発する蛋白質の表現を減らした。 これはまた打撃の場合には人命救助の防衛である場合もある。23

心臓発作および打撃が今日とても流行する年齢関連の認識低下に非常に貢献するので、dリボースのneuroprotective効果に重大な影響がある。

リボースのneuroprotective利点はそれがボディ中提供する酸化防止効果から部分的にはねるかもしれない。7,26 しかしそれ科学者間の熱意を 発生させているほぼ通常に戻って エネルギー減らされたティッシュを元通りにするリボースの驚くべき機能はある。

dリボースとの補足は ちょうど心筋でする ように、脳組織のATPの利用できる量を増加する。27は これ頭脳が私達の総合エネルギー資源の巨大な割合を使用するので、重要である。

必要がある何を知る

Dリボース: 増加する細胞エネルギー
Dリボース: 増加する細胞エネルギー
  • 細胞エネルギー管理は 心循環器疾患および他の多くの年齢関連の条件の患者を気遣っている医者に増加する興味である。 有効エネルギーを使用する細胞の能力の減少はオキシダントおよび炎症性反作用によって損傷の高められた危険--にティッシュをさらし、器官の効率を減らす。
  • Dリボースはエネルギーを移すのに細胞が使用する重大なATPの分子の背骨を形作るエネルギー新陳代謝に中央である。 オキシダント、発火および虚血/reperfusionの傷害による細胞損傷により病気にATPおよび高められた脆弱性の損失を引き起こす。
  • dリボースとの補足は次の心循環器疾患の強力な保護利点を、提供する正常なレベルに細胞ATPを心臓発作、鬱血性心不全、または打撃元通りにする。
  • 腎臓病の管理のための補足のまたdリボースの把握約束、およびfibromyalgiaおよび落ち着きがない足シンドロームのようないら立たしい条件。
  • dリボースについての新しい発見は今日のホット トピックの私達がエネルギー管理および慢性の病気の関係をいかにという点において理解するかそれに1つをする。