生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2012年10月
レポート

細胞老化に対する強力な保護

ミハエルDowney著

参照

1. Chowanadisai WのBauerlyのKA、Tchaparian E、Wong A、Cortopassi GAのRuckerのRB。 Pyrroloquinolineのキノンはキャンプの応答要素結合蛋白質のリン酸化および高められたPGC-1alphaの表現によってミトコンドリアの生物発生を刺激する。 J Biol Chem。 1月2010日1日; 285(1): 142-52。

2. 梁Hの区WF。 PGC-1alpha: エネルギー新陳代謝の主調整装置。 ADV Physiol Educ。 12月2006日; 30(4): 145-51。

3. Rucker R、Chowanadisai WのNakano M. Potentialのpyrroloquinolineのキノンの生理学的な重要性。 Altern MedのRev。 2009;14:268-77.

4. Stites TE、Mitchell AEのRuckerのRB。 補足因子のquinoenzymesそしてOキノン系列の生理学的な重要性。 J Nutr。 4月2000日; 130(4): 719-27。

5. チャンP、Xu Y、日曜日J、李X、Wang L、酸化圧力の減少によるメチル水銀誘発のneurotoxicityに対するpyrroloquinolineのキノンのジンL. Protection。 遊離基の研究。 3月2009日; 43(3): 224-33。

6. Hara H、Hiramatsu HのAdachi T. Pyrroloquinolineのキノンは6 hydroxydopamine誘発のneurotoxicityに対して有効なneuroprotective栄養素である。 神経化学研究。 3月2007日; 32(3): 489-95。

7. チャンJJ、チャンRF、Meng XK。 人間のneuroblastoma SH-SY5Yの細胞のAbeta誘発のneurotoxicityに対するpyrroloquinolineのキノンの保護効果。 Neurosc Lett。 10月2009日30日; 464(3): 165-9。

8. で利用できる: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/gene/1387。 2012年7月5日アクセスされる。

9. Nakano M、Ubukata K、山元町T、中年および年配人の精神状態に対するpyrroloquinolineのキノン(PQQ)の山口H. Effect。 食糧様式 21。2009年; 13(7): 50-3。

10. Misra HS、Rajpurohit YS、Khairnar NP。 生物学的過程に於いてのPyrroloquinolineキノンそして多目的な役割。 J Biosci。 6月2012日; 37(2): 313-25。

11. Cortez E、Neves FAの絶食させ、与えられた状態の間のエネルギー新陳代謝のbiomarkerとしてバーナードAF、等リンパ球のミトコンドリア生理学。 ScientificWorldJournal。 2012年; 2012:629326。 Epub 3月2012日12日。

12. 老化することへの重要な貢献者としてLinnane AW、Marzuki S、Ozawa T、田中M. Mitochondrial DNAの突然変異および退化的な病気。 尖頭アーチ。 3月1989日25日; 1(8639): 642-5。

13. Lanza IR、Nair KS。 ミトコンドリアの新陳代謝機能は生体内でそして生体外で査定した。 Curr Opin Clin Nutr Metabの心配。 9月2010日; 13(5): 511。

14. Mota MP、Peixoto FM、好気性の適性のSoares JFの等人間の年齢関連のリンパ球DNAの損傷の影響: mitochondria呼吸の鎖を搭載する関係および過酸化水素の生産。 年齢(Dordr)。 9月2010日; 32(2): 337-46。

15. Tranah G.のミトコンドリア核epistasis: 人間の老化および長寿のための含意。 老化ResのRev。 6月2010日25日。

16. Cho DH、Nakamura TのLipton SA。 細胞死およびneurodegenerationのミトコンドリアの原動力。 細胞の生命MolのSci。 10月2010日; 67(20): 3435-47。

17. RuckerのRB、ハリスC、Chowanadisai W、Slupsky C. Pyrroloquinolineのキノン(PQQ)および人間の酸化防止潜在性、発火および新陳代謝の表示器。 FASEB J.4月2012日; 26 [Suppl]: 363.1。

18. 朱BQ、Zhou HZのTeerlinkジュニア、Karliner JS。 Pyrroloquinolineのキノン(PQQ)は心筋infarctのサイズを減らし、虚血および虚血/reperfusionのラット モデルの心臓機能を改善する。 CardiovascはTherに薬剤を入れる。 11月2004日; 18(6): 421-31。

19. 朱BQ、Simonis U、Cecchini G、等心筋infarctのサイズのpyrroloquinolineのキノンやメトプロロールの比較および虚血/reperfusionの傷害のラット モデルのミトコンドリアの損傷。 J Cardiovasc Pharmacol Ther。 6月2006日; 11(2): 119-28。

20. タオR、Karliner JS、Simonis Uの等Pyrroloquinolineのキノンはミトコンドリア機能を維持し、大人のラットの心臓myocytesの酸化傷害を防ぐ。 Biochem Biophys Res Commun。 11月2007日16日; 363(2): 257-62。

21. Ohwada K、武田H、Yamazaki Mの等Pyrroloquinolineのキノン(PQQ)はラットで酸化圧力によって引き起こされる認識欠損を防ぐ。 J Clin Biochem Nutr。 1月2008日; 42:29-34。

22. Nunome K、宮崎S、Nakano M、Iguchi-Ariga SのAriga H. PyrroloquinolineのキノンはDJ-1の酸化状態の変更を通して酸化圧力誘発の神経の死をおそらく防ぐ。 Biol Pharm Bull。 7月2008日; 31(7): 1321-6。

23. チャンL、劉J、チェンC、等。 外傷性の脳損傷に対するpyrroloquinolineのキノンのneuroprotective効果。 J Neurotrauma。 3月2012日20日; 29(5): 851-64。 Epub 12月2011日20日。

24. チャンY、Rosenberg PA。 必要な栄養pyrroloquinolineのキノンはneuroprotectantとしてperoxynitriteの形成の抑制によって機能するかもしれない。 Eur J Neurosci。 9月2002日; 16(6): 1015-24。

25. Hirakawa A、清水K、福光町HのFurukawa S. Pyrroloquinolineのキノンは傷つけられた脊髄のiNOSの遺伝子発現を減少させる。 Biochem Biophys Res Commun。 1月2009日9日; 378(2): 308-12。

26. Gardner GJ、ウィリアムスAPのギャロップPM、Aizenman E、Rosenberg PA、Jensen FE。 推定の必要な栄養pyrroloquinolineのキノンは低酸素/ischemic脳損傷の齧歯動物モデルでneuroprotectiveである。 神経科学。 9月1994日; 62(2): 399-406。

27. チャンY、Feustel PJ、Kimelberg HK。 大人のラットのリバーシブルの中大脳動脈の閉塞のpyrroloquinolineのキノン(PQQ)によるNeuroprotection。 頭脳Res。 6月2006日13日; 1094(1): 200-6。

28. Aizenman EのHartnettのKA、Zhong CのギャロップPM、Rosenberg PA。 NメチルDアスパラギン酸塩の受容器のレドックスのmodulatory場所が付いている推定の必要な栄養pyrroloquinolineのキノンの相互作用。 J Neurosci。 6月1992日; 12(6): 2362-9。

29. Aizenman E、Jensen FE、ギャロップPM、Rosenberg PA、独特の味LH。 pyrroloquinolineのキノンがラットの皮層ニューロンのNメチルDアスパラギン酸塩の受容器のレドックスの場所と生体外で相互に作用しているというそれ以上の証拠。 Neurosci Lett。 2月1994日28日; 168 (1-2): 189-92。

30. Hossain MA。 成長の頭脳の癲癇のための低酸素ischemic傷害そして含意の分子仲介人。 癲癇Behav。 9月2005日; 7(2): 204-13。

31. 東XX、Wang Y、Qin ZH。 neurodegenerative病気の病因へのexcitotoxicityそして関連性の分子メカニズム。 アクタのPharmacolの罪。 4月2009日; 30(4): 379-87。

32. 筋萎縮性側索硬化症の運動ニューロンの退化へのForan E、Trotti D. Glutamateの運送者そしてexcitotoxic道。 Antioxidの酸化還元反応は信号を送る。 7月2009日; 11(7): 1587-602。

33. Hara H、Hiramatsu HのAdachi T. Pyrroloquinolineのキノンは6 hydroxydopamine誘発のneurotoxicityに対して有効なneuroprotective栄養素である。 Neurochem Res。 3月2007日; 32(3): 489-95。

34. 金J、Harada R、Kobayashi M、Kobayashi N、Sode K。 省略されたアルファsynucleinのアミロイドの形成そして細胞毒性に対するpyrroloquinolineのキノンの抑制的な効果。 Neurodegener Molの。 5月2010日20日; 5:20。

35. Kobayashi M、金J、Kobayashi Nの等Pyrroloquinolineのキノン(PQQ)はアルファsynucleinの原繊維の形成を防ぐ。 Biochem Biophys Res Commun。 10月2006日27日; 349(3): 1139-44。

36. チャンJJ、チャンRF、Meng XK。 人間のneuroblastoma SH-SY5Yの細胞のAbeta誘発のneurotoxicityに対するpyrroloquinolineのキノンの保護効果。 Neurosci Lett。 10月2009日30日; 464(3): 165-9。

37. 金J、Kobayashi M、福田Mの等Pyrroloquinolineのキノンはアミロイド蛋白質の細動を禁じる。 プリオン。 1月2010日; 4(1): 26-31。

38. Takatsu H、Owada K、Abe K、Nakano M、学習に対するビタミンEのUrano S. Effectおよび老化させたラットの記憶欠損。 J Nutr Sci Vitaminol (東京)。 2009年; 55(5): 389-93。

39. Scanlon JM、Aizenman E、レイノルズIJ。 ニューロンの反応酸素種のグルタミン酸塩誘発の生産に対するpyrroloquinolineのキノンの効果。 Eur J Pharmacol。 1997;326(1):67-74.

40. Murase K、Hattori A、Kohno M、補酵素によるマウスのastroglial細胞の神経の成長因子の統合/分泌のHayashi K. Stimulation。 Biochem Biol MolのInt。 7月1993日; 30(4): 615-21。

41. のギャロップPM、Karnovsky ML司教。 Pyrroloquinolineのキノン: 新しいビタミンか。 NutrのRev. 10月1998日; 56(10): 287-93。

42. SmidtのCR、豆Knudsen D、Kirsch DGのRuckerのRB。 腸のmicrofloraはpyrroloquinolineのキノンを総合するか。 Biofactors.1991 1月; 3(1): 53-9。

43. SmidtのCR、Steinberg FMのRuckerのRB。 pyrroloquinolineのキノンの生理学的な重要性。 Proc Soc Exp. Biol Med。 5月1991日; 197(1): 19-26。

44. SmidtのCR、Unkefer CJ、Houck DRのRuckerのRB。 [マウスの14C] pyrroloquinolineのキノンの腸の吸収およびティッシュの配分。 Proc Soc Exp. Biol Med。 5月1991日; 197(1): 27-31。

45. Das S、林HS、Ho PC、NG KY。 resveratrolのpharmacokineticプロフィールの水様の容解性および線量の影響。 Pharm Res。 11月2008日; 25(11): 2593-600。

46. Stites Tの嵐D、Bauerly Kの等Pyrroloquinolineのキノンはマウスのミトコンドリアの量そして機能を調整する。 J Nutr。 2月2006日; 136(2): 390-6。

47. Steinberg F、Stites TE、アンダーソンPの等Pyrroloquinolineのキノンは化学的に定義された食事療法に与えられるマウスの成長そして生殖性能を改善する。 Exp. Biol Med (Maywood)。 2月2003日; 228(2): 160-6。

48. BauerlyのKA、嵐DHのハリスのCB、等Pyrroloquinolineのキノン栄養の状態はリジンの新陳代謝を変え、マウスおよびラットのミトコンドリアDNAの内容を調整する。 Biochim Biophysのアクタ。 11月2006日; 1760(11): 1741-8。

49. Shankar B、Pandey R、アミンP、Misra HS、Sainis KB。 pyrroloquinolineのキノン(PQQ)の抗癌性の活動の増加に於いてのグルタチオンの役割。 酸化還元反応Rep。 2010;15:146-54.

50. Hara、H、Hiramatsu HのAdachi T. Pyrroloquinolineのキノンは6 hydroxydopamine誘発のneurotoxicityに対して有効なneuroprotective栄養素である。 Neurochem Res 3月2007日; 32(3): 489-95。

51. Lanza IR、Nair KS。 寿命の決定要因としてミトコンドリア機能。 Pflugersのアーチ。 1月2010日; 459(2): 277-89。

52. Robb ELのページMM、スチュワートJA。 Mitochondria、細胞圧力の抵抗、体細胞の枯渇および寿命。 Sciを老化させるCurr。 3月2009日; 2(1): 12-27。

53. Alexeyev MF、LeDoux SP、ウイルソンGL。 ミトコンドリアDNAおよび老化。 Clin Sci (Lond)。 10月2004日; 107(4): 355-64。

54. thioredoxinの表現のpyrroloquinolineのキニーネの食餌療法の補足そして影響に答えるtranscriptionalネットワークのTchaparian E、元帥L、刃物師G、等同一証明およびJAK/STATおよびMAPKの細道。 Biochem J.429:515-26。

55. ミトコンドリアDNAへのRichter C. Oxidativeの損傷および老化することへの関係。 Int J Biochemの細胞Biol。 7月1995日; 27(7): 647-53。

56. Miquel J。 細胞の老化のミトコンドリアDNA突然変異の仮説の更新。 Mutat Res.1992 9月; 275 (3-6): 209-16。

57. 魏YH、Ma YS、リーHCのリーのCF、Lu CY。 人間の老化に於いてのmtDNAの突然変異および酸化圧力の老化の成熟役割のミトコンドリア理論。 ZhonghuaイXue Za Zhi (台北)。 5月2001日; 64(5): 259-70。

58. リーHC、魏YH。 老化の酸化圧力、ミトコンドリアDNAの突然変異およびapoptosis。 Exp. Biol Med (Maywood)。 5月2007日; 232(5): 592-606。

59. 魏YH、リーHC。 老化の酸化防止酵素の酸化圧力、ミトコンドリアDNAの突然変異および減損。 Exp. Biol Med (Maywood)。 10月2002日; 227(9): 671-82。

60. Bauerly K、ハリスC、pyrroloquinolineのキノン栄養の状態を変えるChowanadisai Wは、等ラットのミトコンドリア、脂質およびエネルギー新陳代謝を調整する。 PLoS 1。 2011年; 6(7): e21779. Epub 7月2011日21日。