生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2012年11月
カバー

乳癌の防止のための EPIGENETICS

アレキサンダー ジョンソン著
乳癌の防止のためのEPIGENETICS

毎年、ほぼ 250,000人の 女性は侵略的な乳癌を経験することを学ぶ。 大体 58,000は 病気の早い場合ともっと診断される。1 そして約 40,000 死ぬ。2

何人かの女性はこの病気の恐れによってそう防ぐ徹底的な試みの二重乳房切除を経ること無力にされる起こることを。

これらのものすごい数および徹底的な行為にもかかわらず、乳癌の防止のための希望がある。 そしてそれは性質自体から来る危険な外科的処置の形に来ない

乳癌の 場合の50%まで食事療法および生活様式の簡単な変更を通して予防可能であると今考えられる。3,4は 癌が呼ばれるchemopreventionと成長することを防ぐ特定の代理店の使用 。 きちんと利用されて、chemopreventionは徴候を引き起こしか、または検出できるサイズに達する前に前悪性の細胞を除去べきで侵略的な腫瘍に正常な細胞の進行を妨げ、そして最終的に癌を停止する。5

研究は有効のたくさんの栄養分子がある、頻繁に多数の化学療法の効果ことを示し。 例えば、カルシウムに、セレニウムおよびビタミンDに癌発生の減少で効果を示されているすべてがある。6つは 栄養素のより大きい配列乳癌に対して強力なchemopreventionを約束する変更に責任がある。7

乳癌を防ぐこの記事で私達は栄養の補足の力の最も刺激的な含意のいくつかを探検する。 それから私達はこの伝染性キラーに対する戦いの特別な希望を保持するほぼ3ダースつの特定の栄養素の報告を与える。

革命的な新しい科学は 乳癌の防止に鍵を握る

epigeneticsと呼ばれる比較的新しい 科学は 私達は癌を開発するかどうか個人が持っているように巨大な制御のライトを私達取除いた。 epigeneticsの科学は遺伝子の構造の変更を 含まない遺伝子 機能の長続きがする変更の 調査である 遺伝子を断続的に回すのにように私達が栄養素のような要因を使用してもいいように9つEpigeneticsに私達が教えられてある。10

活動化させる遺伝子が余分な細胞の 写しを防ぐ 腫瘍サプレッサーの遺伝子(遺伝子)、または不完全な細胞の終了を (正常なapoptoticプロセス による前悪性の細胞のような)誘発する1つなら、これらの後成の修正は癌細胞の進行を妨げることができる。10

epigeneticsの 科学は 最終的に乳癌の細胞老化させ、再生するか栄養素およびある特定の薬剤が方法をいかに変えることができるか説明した。9

epigeneticsの科学に基づいて、大きいPharmaは今chemopreventive薬剤を作り出すために競争している。7 しかし性質前方に遠い、いつも通り。 たくさんの研究された栄養素は— FDAが乳癌の防止のために承認したtamoxifenのような薬剤と関連付けられる副作用なしで…有効な、頻繁に多数の、 後成化学療法の効果(表1)をもたらす。

次のセクションでは、私達はいかに働き、何を乳癌の未来の間意味するかもしれないか、性質の最も強力なchemopreventive栄養素(および少数の薬剤を)見る。11

特定の混合物による乳癌のための表1.の危険の減少
特定の混合物による乳癌のための表1.の危険の減少
栄養素 乳癌の危険の減少
アスピリン 20-32%62,66,146
コーヒー 40%147
活用されたリノール酸 60%148
魚油、オメガ3の脂肪 73-81%149
緑茶 22-48%150-152
リコピン 40-68%153-155
Melatonin 38%156
Metformin 23-56%157,158
Resveratrol 61%159
大豆及び大豆のイソフラボン 18-92%160-162
ビタミンD 11-44%87,163

性質の蟹座防ぐ栄養素

続いて胸の健康および癌防止の影響のために調査された目標とされた栄養素の11の部門がある。 栄養素のどんな組合せがあなたの状態のために最も有効であるか選ぶことができる。 このレポートの終わりに投薬はテーブルである。

このリストの栄養素のほとんどに癌を防ぐのを助ける多数の方法がある。 それは各々の個々の栄養素に乳癌の防止で多くの異なった生化学的なターゲットがあるのである。 癌が開発の多数の原因そして段階を過すので、科学者は複数の目標とされたアプローチが癌のような病気を攻撃する最もよい方法であることよくわかっている。

1. DNAの損傷を防ぐ栄養素

乳癌は、他のような個々の細胞のDNAの構造または機能への変更から、必ず始まる。 正常な遺伝子が表現される方法でDNAの両方損傷そして変更は悪性になるために細胞を誘発できる。 いずれにしても、腫瘍のサプレッサー遺伝子は沈黙されるようにことができ、調節されていない細胞の写しを許可するなる、または腫瘍の促進者の遺伝子は活動化されるようになることができる。 但し癌性になる細胞をもたらす場合があるDNAの損傷を防ぐために、多くの栄養素は働く。

反胸癌の効果をもたらすと証明される栄養素のリストは乳癌の形成に於いてのオキシダントの損傷の役割に長い、捧げ物。 反胸癌の効果が下記のものを含むのをもたらすと証明される酸化防止栄養素:

  • 補酵素Q10 (CoQ10)14-17
  • コーヒーおよび要素の多数18-20
  • クルクミン21-23
  • 緑茶のポリフェノール、特にepigallocatechinの没食子酸塩(EGCG)24
  • インドール3 Carbinol (I3C)25
  • リコピン26,27
  • Melatonin28
  • Metformin29
  • N acetylcysteine (NAC)30-35
  • ザクロのジュースおよびエキス36-38
  • Resveratrol39
  • セレニウム40
  • Silibininおよびsilymarin21,41-47
  • 大豆のフラボノイドのgenisteinおよびdiadzein 40,47
  • Sulforaphane48
  • Tocotrienols49-53

2. 規定する遺伝子を制御する栄養素

プロセスはhypermethylationを 呼び、 ヒストンのdeacetylationは 望ましくない後成の表現の鍵を開けるか、または規定する遺伝子を抑制できる。 幸いにも従って、いくつかの栄養素はこれらのプロセスを妨げ、乳癌をもたらす後成の変更を防ぐのを助けることができる。 これらは下記のものを含んでいる:7,11

  • 魚油54からのオメガ3の脂肪酸
  • リコピン55
  • Genisteinの大豆のイソフラボン55
  • Resveratrol56,57
  • Caffeic酸、コーヒー19の部品
  • cruciferous野菜10,58,59からのSulforaphane
澱粉および繊維がいかに異なる、そしてなぜそれがあなたに重要であるか
自然な栄養素との強力な蟹座の保護を活動化させなさい
  • 乳癌は何百万の女性の生命を脅す。
  • 乳癌は多数の食餌療法、生活様式、環境の、および遺伝要因の複雑な相互作用によって引き起こされる。
  • 遺伝子が実際の遺伝子の構造の変更なしにいかにの別様に表現することができるかepigeneticsの科学、調査は胸および他の癌に深遠で新しい洞察力を提供した。
  • 多数の栄養素は今細胞が侵入し、転移する完全に開発された腫瘍の試みによって悪性の変形を経る時からの乳癌に対する好ましい後成の効果を出すためにあってしまった。
  • 栄養素ベースの後成のchemopreventionは乳癌に対して戦いの全く新しい前部を表す。

3. 発火を蟹座促進することを戦う栄養素

細胞が悪性になったら、発火は癌性変形の過程において次のステップの強力な後成の促進者である。60 性質は次を含む乳癌のchemopreventionの特定の約束を多くの自然な炎症抑制の分子に、与える:

  • アセチルサリチル酸(アスピリン)61-66
  • 活用されたリノール酸(CLA)67,68
  • コーヒー混合物18,69
  • クルクミン70,71
  • 魚油72からのオメガ3の脂肪酸EPAおよびDHA
  • ザクロのエキス73
  • ケルセチン74
  • Resveratrol39
  • ビタミンD75

4. 余分な細胞の写しを妨げる栄養素

細胞の写しの余分な率は癌で最も最もよく知られた特徴の1つである。 多くの栄養素は細胞写し周期の連続的なかき回し、後成の平均によって乳癌のchemopreventionに最終的に貢献する癌の成長を遅らせるか、または停止することを妨げることができる。 これらは下記のものを含んでいる:

  • アピゲニンは多くの植物76で、黄色いフラボンの分子見つけた
  • アスピリン77
  • コーヒー部品78
  • cruciferous野菜79,80からのインドール3 Carbinol (I3C
  • Melatonin81
  • Pterostilbeneのresveratrol 82の近親者
  • セレニウム83
  • cruciferous野菜10,84からのSulforaphane

5. 健康な物に再び悪性の細胞を変形させる栄養素

胸の癌腫
胸の癌腫

細胞が悪性の変形を経た後でさえも、「区別する」ことをそれらの強制によるプロセスが常態のティッシュ形成細胞に再びこと逆転するチャンスがある。 乳癌の細胞の微分を促進する栄養素は下記のものを含んでいる:

  • 活用されたリノール酸(CLA)85
  • N acetylcysteine (NAC)32
  • ビタミンD86,87
 
乳癌の事実
  • 乳癌は西欧諸国の女性間の共通癌である。12-13
  • それは新たな問題の95%および死の97%が起こる女性 40 のより大きい通行料を または より古い取る。
  • 乳癌の診断の年齢の中央値は61年である。
  • 病気のピーク発生は100,000人の女性あたりの421の新たな問題との年齢75および79の間に、起こる。1

6. 癌細胞の死を誘発する栄養素

細胞の写しを制御する強力で自然な方法はapoptosisのプロセス またはプログラムされた細胞死である。 余りに急速に複製しているという信号を受け取れば正常な細胞に自動的に消滅する機能がある。 悪性の細胞は圧倒的な成長率に貢献するこの能力を失う。 いくつかの栄養素に次を含むapoptosisによって、死ぬ乳癌の細胞の能力を元通りにする機能がある:

  • アピゲニン76,88,89
  • コーヒー混合物78
  • 活用されたリノール酸(CLA)90
  • クルクミン91,92
  • 緑茶のポリフェノールおよびEGCG24
  • インドール3 Carbinol (I3C)79,93
  • Melatonin94
  • N acetylcysteine (NAC)95
  • ザクロ96,97
  • ケルセチン98
  • セレニウム83
  • Silibinin99
  • 大豆のイソフラボン97,100,101
  • Tocotrienols102,103
  • ビタミンD94

7. 標準的な処置を高める受容器を元通りにする栄養素

7. 標準的な処置を高める受容器を元通りにする栄養素

乳癌の 細胞の大体70%は成長のためのエストロゲンの連続的な供給によって癌のより小さい数はHER2/neuと呼ばれる成長因子によって決まるが、決まる。 これらの癌はそれらを(少なくとも理論で)より少なく危なくさせる受容器によって干渉によって可能性としては扱うことができる。

しかし 乳癌 15と25%間での3つの受容器(エストロゲン、プロゲステロン、またはHER2/neu)欠け、処置に対して相応じて抵抗力があることを意味するいわゆる「三重否定的な」癌はある。 癌のための栄養素のepigeneticsの最も刺激的な発見の間でchemopreventionは多くの栄養素がエストロゲンの受容器のブロッカーtamoxifenのような有効な標準的な処置に棒を下げる乳癌の細胞の表面にそれらの受容器の1つ以上を元通りにすることができることである。15

他の栄養素は受容器の少なくとも1つを変更でき要求する成長信号を受け取る細胞の機能を損ない、早い死を誘発する。

修正によって後成のchemoprevention可能な栄養素(および薬剤)か乳癌の受容器の復帰が、または三重の否定的な癌に対して有効性を下記のものを含んでもらう:

  • コーヒー104,105
  • 活用されたリノール酸(CLA)106
  • クルクミン107
  • 緑茶のポリフェノール11,108
  • Melatonin109
  • Metformin110
  • 魚油111からのオメガ3の脂肪酸
  • cruciferous野菜11,112からのSulforaphane

8. エストロゲンの生産を禁じる栄養素

酵素の aromataseは 胸の細胞を含むボディ ティッシュのエストロゲンを、作り出すために責任がある。 従って、禁止のaromataseの活動はエストロゲン依存した乳癌の70%の成長を 遅らせる 重要な方法である。 aromataseの阻止によってchemopreventionが可能な栄養素は下記のものを含んでいる:

  • Chrysin113
  • lignanエキス114からのEnterolactone
  • ブドウの種のエキス115
  • ホツプのエキス116
  • Melatonin109
  • ザクロ117
  • ビタミンD75

注: 厳しいmenopausal効果を引き起こしてもいい ことArimidexの® (anastrozole)のようなaromataseの禁止の薬剤にはるかに有効なエストロゲン抑制の効果、それほど下げるエストロゲンをあるが。

9. 異常な成長因子を妨げる栄養素

エストロゲン、プロゲステロンおよびHER2/neuに加えて、他のいくつかの成長因子は乳癌の細胞で機能する。 これらの成長因子の阻止か後成の修正は次の栄養素によって乳癌のchemopreventionの主要なターゲット、特に行う:

  • アピゲニン118
  • 活用されたリノール酸(CLA)119
  • クルクミン92
  • ガンマのtocotrienol120
  • 緑茶のポリフェノール108,121
  • インドール3 Carbinol (I3C)80
  • Melatonin94
  • オメガ3の脂肪酸111
  • Silibinin41
  • Sulforaphane59
  • ビタミンD94
乳癌: 基本原則
乳癌: 基本原則
成長する腫瘍

乳癌は探索可能であるまでに、癌性1に正常で、健康な細胞を回した長く、複雑な一連のでき事によって既に行ってしまった。 基本的には、癌は細胞写しがゆがんで行ったと起こる。8

健康なボディでは、余分な細胞の写しは腫瘍のサプレッサーおよび自殺の呼ばれる遺伝子からの遺伝信号によって 堅い制御 の下に 遺伝子ある 細胞分裂が収拾がつかなくなることを腫瘍のサプレッサー遺伝子は異常な信号に応じてつくとき5、防ぐ。 同様に、自殺の遺伝子の活発化は細胞死の呼ばれたapoptosisのプログラムされた形態を 誘発する

最終的に、癌の開発は遺伝子がティッシュに彼ら自身をいかにの表現するか直接結果である。 癌はと遺伝子の機能変更どちらかの活動化の癌産出の遺伝子、か非活動化形作り遺伝子を癌抑制する。7

  • ページ
  • 1
  • 2