生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2012年5月
レポート

栄養「カクテル」は老化することを遅れ、寿命を伸ばす

スーザンMachado著
「Cocktail'Delaysの栄養老化は寿命を伸ばし、

研究者の国際的な連合は実験室で栄養の補足の広範囲の「カクテル」がかなり若々しい寿命を増加したと証明した。1

老化することが重複の原因のmultifactorialプロセスであるので、科学者は老化の主要な原因を停止させるか、または遅らせるように設計されている重複の利点が付いている30原料の栄養混合物を作り出した。

生命科学者のチームが開発した栄養混合物はカナダのマックマスター大学の先生によってC.デイヴィッドRollo、目標とする老化の5つの主メカニズムを導いた。1-3 研究者はこの5つの普遍的なプロセスを遅らせるか、または逆転させることによって、老化ことをの重要要因を遅らせか、または逆転できることを仮定した。

動物のこの研究が最初に行なわれる間、30の栄養素の各自は補足として人間の使用に既にある。 すべては健康を促進し、特定の病気プロセスを防ぐことに安全および有効性の記録を確立した。 栄養素の多数は既に認知を改善するか、移動性を高めるか、老化を遅らせるか、または寿命を伸ばすために知られている。 他は5つの主老化のメカニズムの1つ以上に対する明解で有利な効果をもたらし、価値を全体として組合せに加える。

この栄養カクテルに人間の長寿である含意は深遠である。

この栄養混合物がそれらを攻撃すること老化のこの5つの基本的な原因を多数の方法を理解するために今見よう。

老化の5つの主メカニズムを目標とすること

老化の5つの主メカニズムを目標とすること

Rollo's先生の研究者は老化することは複雑な現象であるが、明示のほとんどは比較的小数の基本プロセスにたどることができることを確認した。 これらの中で、慢性疾患および早死にを作り出すティッシュ、器官およびシステム機能障害のほとんどを説明する5がある。 この5つは生命延長®のメンバーに有名 である: 膜の酸化圧力、発火、ミトコンドリアの機能障害、インシュリン抵抗性および完全性。1-3

単独でメカニズムはあらゆる1つの特定の病気プロセスを説明しない。 その代り一般的な老化をおよび特定の条件を両方作り出すために、活動、認識機能および最終的に寿命を限る5つのメカニズムはすべて互いに相互に作用している。

機能の、複数の栄養素の反老化の方式開発で、Rollo's先生のグループは老化の5つの主メカニズムを目標とした。

科学者は確認し、これらの特定のメカニズムが大部分の年齢関連を説明したことを調節する長寿損なう。 このように、研究者はできたと老化の同様に多くの病気の状態を取囲むために広い網を投げた。 さらに、それらは動物の短い通常の生活のスパンのために老化の栄養素の影響を調査するために実験室のマウスを選んだ。 これは研究者が最も最小時間内に学ぶのを助ける。 マウスは年齢によって2年「古い」考慮され、便利で、現実的な設定を年齢関連の条件の調査に提供する。3つは 人間の調査意味を持った結論を出すことができる前に十年がかかるかもしれない。

次に、研究者は進歩的な老化のマーカーを確立する必要があった。 彼らはより古く育ったと同時にどれだけうまく作用したか動物がどの位住んでいたが、またかだけでなく、知りたいと思った。 何よりも大事なことは、それらは両方のマウスと人間に同様に適用できた手段を必要とした。 他の仕事に基づいて、Rolloのグループはそれらの規準が老化動物が動かしたどの位、そして彼らの認識機能が時間と変わったかいかにの測定ことをによって満たすことができることを決定した。

老化、移動性および認知

へのすべての動物は、みみずからの昆虫人間への非常に同じような方法で、老化の5つの主メカニズムに屈すると同時に変わる。 特に、移動性の変更および認知は個人の機能で老化の影響を測定する信頼できる方法を提供する。

それらがより古く育つと同時に、すべての動物種は毎日約もうあまり動き、時間を残りでまたは睡眠でますます使う。3 減らされた移動性は全面的な代謝率、供給、脂肪質の貯蔵、頭脳の神経伝達物質のレベル、ミトコンドリア機能および心血管および骨格筋システムと密接に関連があるので、老化の優秀なマーカーである。人間 の移動性の3そして損失筋肉薄くなる無駄になること、骨およびひび、肺炎および皮の伝染のような他の否定的な結果の危険性を高める他の変更と関連付けられる。

認識機能はまたすべての動物の人口の年齢と低下する。 より若い動物は普通より速く学び、仕事を習得するように少数の繰返しが要求する。 それらはまた脱出の脅威見つけるように重要な記憶を保護する、食糧をより速くそしてより正確に持って来ても、いく、それらが種の他のメンバーをする。 調査は老齢期に認識機能を維持するそれを長い寿命と関連付けられることを示す。2,4

従って、彼らの長寿に加えて検査することを選択によってRollo's動物の移動性および認識機能を先生の研究グループは彼らのマウスが人間に適当のために同様に本当らしい方法でいかに老化していたか測定できた。

マウスがいかにか見よう。

動物実験からの結果

老化の5つの主メカニズムに基づいて30原料の栄養カクテルを案出した後Rollo's先生のグループはマウスに与えたベーゲルの小さい部分に混合物を浸した、; 制御マウスは補足なしでベーゲル ビットだけ与えられた。1-3

最初に、彼らは長寿に対する補足の効果を定めた。 それらは正常なマウスを使用し、示す特別な緊張はすべての5つの老化するメカニズムに余分な感受性の結果として老化を加速した。1,5 対照動物と比較されて、加速された老化する緊張28%の補われたマウスは より長い 住んでいた。1 正常なマウスを存続させた彼らの 制御 より長い11%を補った。1

Rolloの研究者は老化と一般的な機能の1つの測定としてそれから動物の移動性への注意を回した。 それらは食糧、水および練習の車輪を与えられた透明な部屋のシステムにマウスを置いた。 それからそれらは時間を24時間の期間にわたるエンクロージャについての各動物によって使われた移動記録した。

正常な、unsupplementedマウスは活動で進歩的な低下を示した; 24か月までに移動性は大体半分より若く正常な動物のそれだった。 生後24か月までに、補われた正常なマウスはunsupplemented動物があったより1日あたりの大体3時間もっと動かしていた。3つは ずっとこの範囲に低下の移動性を改善する他の処置あっていない。3

Rolloのグループはまた補われ、unsupplemented動物間の移動性の相違を説明するかもしれない生化学的なマーカーを測定した。 補われたより古いマウスは次のものを持っていた:

  • 神経伝達物質のドーパミンの高められた活動; 減らされたドーパミンのレベルは老化の人間とパーキンソン病とそれらの動きの損失と関連付けられる。3
  • 老化したと同時に補われた動物はより多くのエネルギーが単にあったことを提案するミトコンドリアの活動の高められた手段。3
  • 蛋白質のカルボニル、細胞およびティッシュのglycationおよび酸化の影響を反映する変えられた分子の減らされたレベル。3

一緒に取られて、この調査の結果は複数の栄養素の混合物がより古い個人で共通移動性の危ない損失にそう貢献する多くの年齢関連の変更を多分減速し、停止できるという有力な証拠を提供した。

Rolloの次の調査は私達が老化すると同時にまた量そして生活環境基準を両方脅す認識低下に対する栄養混合物の効果を調査した。 ちょうど前の調査でように、研究者は対照動物のベーゲルを明白に与えるベーゲルの部分に浸った栄養混合物を提供した。2 次、それらは動物が水で満ちていたプールの表面の下でちょうど水中に沈んだプラットホームの位置を見つけ、覚えるように要求した「水当惑」のマウスをテストした。 動物の学習の技術、また彼らの記憶をテストしたこの簡単な練習は5日間毎日繰り返された。

1つが期待するかもしれないと同時にプラットホームを最初は見つけているマウスの日1すべてに悩みを持っていて81秒の平均をかかる。 日5までにプラットホーム43%を速く見つけるには、若いマウスは十分を学び、 覚えていてしかし日1.のより古いunsupplementedマウスでよりプラットホームを見つけるためにそれらを取った時間に重要な改善を示さなかった学習および記憶の年齢関連の減損を示す。

しかし補足と、古いマウスは若いマウスのそれと同一の学習のレベルをほとんど示した; 実際日5にそれらはすなわち、若い動物が 日1.の補われた古いマウスで示した新しい仕事を学び、覚える同じ機能をしたより46%の平均にプラットホームを見つけるのに時間をかけた(図1)を見なさい。

前の調査と同じように、Rolloの研究者はまた補われた動物の行動の観察された改善のための生化学的な、構造説明を追求した。 彼らはそれを見つけた:

  • 頭脳のミトコンドリアの活動は未処理のマウスの年齢と補われた動物は頭脳のエネルギー供給のこの重要な測定の着実な増加を示したが、着実に下った。2
  • より低いミトコンドリアの活動とのそれらよりかなりよい学習者であると証明される高い頭脳のミトコンドリアの活動のマウス。2
  • 年齢と普通減る頭脳の重量は11%によって補われたオスの鼠 女性で7%によってより高かった 対照動物の頭脳の重量と比較されて。2

ともに、Rolloの調査結果は老化ボディに1つを、主細道の5つ制御する私達の出現の機能の驚くべき映像および心を示さない。 彼らのペーパーでは、研究者は自由に各栄養素が彼らの実験モデルでいかにはたらいているかまだ丁度の精密な知識を持っていないことを是認する。1-3,5 しかしそれら多数のメカニズムを通して多数の老化の細道にそれぞれ演説する大きい重要性を確認しなさい。

そして混合物の30の栄養素のそれぞれに強力がある、および頻繁に多数が、老化プロセスに対する効果、ない次のセクションに示すように証拠の不足。

必要がある何を知る: 老化することを遅らせ、寿命を伸ばしなさい
老化することを遅らせ、寿命を伸ばしなさい
  • 老化は複雑な、multifactorialプロセスであるが、5つの主要なメカニズムは完全にか、または一部にはほとんどの人間の年齢関連の病気を説明し、老化プロセス自体に貢献するために今知られている。
  • カナダおよび中国からの科学者は老化の5つのメカニズムをすべて攻撃するように多数の細道によって設計されている30栄養素の補足の混合物を案出した。
  • マウスでテストされて、補足の組合せは28%までによって老化する 動物の 移動性および認識機能を改善している間寿命を伸ばす。
  • 30の栄養素はすべて人間で安全、有効であるために知られている。
  • それのようにこの混合物に、か1つは人間で、同じような有効性があったら、1は80歳がほぼ9年間の 活動および認知の若々しいレベルとの生命を、加えると期待してもよい。

原料は老化を遅らせるために高める認知を、後押しする移動性を相乗作用を与える

Rolloの研究者のグループは老化の主メカニズムの5を攻撃する知られていた機能の栄養素を選んだ。 原料のテーブルに示すように、原料の大半に行為の複数のモードがの老化の主要なメカニズムの以上1ある。 この種類のmultitargeted活動は栄養の補足の認刻極印である。 方式が行為の重複のメカニズムが付いている多くのmultitargeted栄養素を含んでいるという事実は劇的な効果の下にあるかもしれない。 そのような特徴は一般に1つのメカニズムだけ目標とする、それ、頻繁にある処方薬で普通互いに作用し合う方法よりもむしろ陰性に相互に作用しているとき欠けていて。

栄養混合物の原料はそれぞれ効果を健康促進する強力な病気戦いがあるために示されていた。 先生の一連の調査でRollo's示されるまた物のようなそれらの効果は、長寿を高め、健康な移動性を促進し、若々しい認識機能を維持するとだけでなく、約束する。 これらの効果が実際の人間の老化で持っている影響の概要はここにある:

酸化防止栄養素は脳細胞を保護し、頭脳の老化を遅らせ、そして記憶減損を減らし、また心血管および新陳代謝の病気の危険を下げて間、癌を防ぎ、そして免疫機能を改善する。6-18

炎症抑制の行為を用いる原料によってはneurodegenerative病気から保護し、心血管およびendothelial機能を改善し、脂肪肝の病気を防ぎ、筋肉機能を改善し、そして癌が戦う。14,19-33

ミトコンドリア高める栄養素は多くのティッシュのエネルギー供給を改善し、脂肪肝の病気を防ぎ、減量を促進し、そして肥満を防ぎ、心血管および骨格筋機能を改善し、認知を改善し、そして脳細胞をパーキンソン病から保護する。34-47

エネルギー利用ののインシュリン抵抗性のそれ以上の援助を克服する栄養素、認識機能を正常化、新陳代謝シンドロームは現れることを防ぎ高め、ブドウ糖およびインシュリンの応答を練習の間に改善し、間当然激しく、慢性の血ブドウ糖を下げ、ヘモグロビンA1Cのレベルを減らし、そして糖尿病の複雑化を遅らせる。48-59

最後に、膜の完全性を維持する栄養素は細胞に細胞シグナリングを改善し、脳細胞および筋肉機能を改善する、癌細胞の死を引き起こす、アテローム性動脈硬化から保護するおよび心循環器疾患の進行を遅らせる、筋肉健康を高める、およびレバー細胞を保護する細胞DNAを保護する。34,60-72

見ることができるようにこれは多数が重複する予防処置の徹底的なリストである。 それは、当然、この公式の好ましい特徴の1つである: 老化は重複のメカニズムを使用してそうそれを防ぐ重複の原因の複雑な、multifactorialプロセス、要求するmultitargetedアプローチをである。

図1: 学習の改善および補われたより古いマウスの記憶


栄養カクテルの原料のテーブル
栄養素
影響される老化することのメカニズム
オキシダントの圧力 発火 ミトコンドリア機能 インシュリン抵抗性 膜の完全性
Bのビタミン(ビタミンB1、B3 (ナイアシン)、B6、B12)およびFolate X124 X73 X125
ビタミンC X74
ビタミンD X75,76 X77,78
アセチルLカルニチン X126 X45-47
アルファlipoic酸 X128,130 X127 X44,131 X128-130
アセチルサリチル酸(アスピリン) X79
ベータ カロチン X80 X65
Bioflavonoids X13 X81
クロムのpicolinate X49,82,83
ニンニク X132 X84 X85 X64,86
ショウガの根のエキス X14,87 X14,58 X133 X57,88,89 X134
イチョウBiloba X90-92
朝鮮人参 X93 X59 X94-96 X94,95 X96
緑茶のエキス X97 X21,98,99 X100,101
Lグルタチオン X102
マグネシウム X103,104 X105-107
マンガン X108 X109,110
Melatonin X7 X111,112
Nアセチルのシステイン X113
カリウム X114 X114
ルチン X115 X116
セレニウム X117 X118 X135 X51,52 X70
ビタミンE X74,119
肝油(オメガ3) X120 X121
補酵素Q10 X136 X137 X42
亜麻仁オイル X122 X123
テーブル: 合計30の栄養素はすべての5つの主老化のメカニズムの総合担保を提供する。 ほとんどの栄養素に多数機能があること、そして5つのメカニズムがすべて多数の栄養素によって演説することに注目しなさい。

概要

この健康および長寿で使用される30の栄養素は調査する
  • ビタミンB1
  • ビタミンB3 (ナイアシン)
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • Folate
  • ビタミンC
  • ビタミンD
  • アセチルLカルニチン
  • アルファlipoic酸
  • アセチルサリチル酸(アスピリン)
  • ベータ カロチン
  • Bioflavonoids
  • クロムのpicolinate
  • ニンニク
  • ショウガの根のエキス
  • イチョウのbiloba
  • 朝鮮人参
  • 緑茶のエキス
  • Lグルタチオン
  • マグネシウム
  • マンガン
  • Melatonin
  • Nアセチルのシステイン
  • カリウム
  • ルチン
  • セレニウム
  • ビタミンE
  • 肝油(オメガ3)
  • 補酵素Q10
  • 亜麻仁オイル

成長する科学的な証拠は老化の5つの主メカニズムと慢性疾患のほとんど、および長寿自体を、接続する。

多数の細道によってこの5つのメカニズムを攻撃する多数の栄養素で構成される補足の方式の案出によって、国際的な研究者はかなり実験動物の寿命を延ばした。 ちょうど重大にとして、栄養混合物は著しく若々しいレベルにそれらの区域の機能を元通りにする動物の全面的な移動性および認知を高める。

この30原料の栄養カクテルの助けに応じて示されるマーク付きの利点は単一代理店の混合物との調査が意味を持った長寿高める結果をなぜ常に生まないか説明する。

混合物の個々の栄養素すべては人間で安全、マウスで持っているとすべての30の特定の組合せは人間の同様に有効証明するかどうか時間が告げるけれども有効であるために知られている。 しかし証拠の優位は提案する期待に応えるかもしれないことを。

この記事の科学的なコンテンツの質問があったら、1-866-864-3027で 生命 Extension®の健康の顧問を 呼びなさい。

参照

1. レモンJA、Boreham DRのRolloのCD。 複雑なサプリメントはマウスの長寿を拡張する。 J Gerontol Biol Sci Med Sci。 3月2005日; 60(3): 275-9。

2. Aksenov V、長いJ、劉J、等。 複雑なサプリメントは老化のマウスの空間的な学習、頭脳の固まりおよびミトコンドリアの電子輸送鎖の活動を増加する。 年齢(Dordr)。 11月2011日27日。

3. Aksenov V、長いJ、Lokuge S、養育関係JA、劉JのRolloのCD。 locomotor、神経伝達物質およびミトコンドリアの老化の食餌療法の改善。 Exp. Biol Med (Maywood)。 1月2010日; 235(1): 66-76。

4. Barzilai N、Atzmon G、ダービー カリフォルニア、Bauman JMのLiptonのRB。 例外的な長寿の遺伝子型は認識機能の保存と関連付けられる。 神経学。 12月2006日26日; 67(12): 2170-5。

5. レモンJA、Boreham DRのRolloのCD。 サプリメントは高い遊離基プロセスを表現しているtransgenicマウスの年齢関連の認識低下を廃止する。 Exp. Biol Med (Maywood)。 7月2003日; 228(7): 800-10。

6. Khan MM、Ahmad A、Ishrat Tの等ルチンはラットの一時的な焦点虚血によって引き起こされる神経の損傷を保護する。 頭脳Res。 10月2009日6日; 1292:123-35。

7. Dkhar P、melatoninおよびアスコルビン酸によるマウスの大脳半球の蛋白質のカルボニルの年齢依存した増加のSharma R. Amelioration。 Neurochem Int。 12月2011日; 59(7): 996-1002。

8. サンチェス サンチェスAM、マーティンV、ガルシア サントスG、等癌細胞の細胞毒素の効果対antiproliferative melatoninのための決定要因として細胞内のレドックスの状態。 自由なRadic Res。 11月2011日; 45 (11-12): 1333-41。

9. Weinreb O、Mandel S、Amit T、Youdim MB。 Alzheimerおよびパーキンソン病の緑茶のポリフェノールの神経学的なメカニズム。 J Nutr Biochem。 9月2004日; 15(9): 506-16。

10. Mahady GB。 心循環器疾患の防止そして処置のためのイチョウのbiloba: 文献の検討。 J Cardiovasc Nurs。 7月2002日; 16(4): 21-32。

11. 光線TのMaityのPC、Banerjee Sの等ビタミンCはモルモット モデルのタバコの煙によって引き起こされるアテローム性動脈硬化を防ぐ。 J Atheroscler Thromb。 8月2010日31日; 17(8): 817-27。

12. Catalgol B、Ozer NK。 高脂血症誘発の年齢関連の病気に対するビタミンEの保護効果。 遺伝子Nutr。 1月2012日; 7(1): 91-8。

13. Inami S、Takano M、山元町Mの等茶カテキンの消費は酸化させた低密度脂蛋白質を循環することを減る。 Intの中心J. 11月2007日; 48(6): 725-32。

14. 非アルコール脂肪肝の病気のための自然な補足としてショウガのSahebkar A. Potentialの効力。 世界J Gastroenterol。 1月2011日14日; 17(2): 271-2。

15. OlatunjiのLA、Soladoye AO。 アロキサン糖尿病性のラットの血しょうコレステロール、トリグリセリドおよび酸化圧力に対する高められたマグネシウムの取入口の効果。 Afr J Med Med Sci。 6月2007日; 36(2): 155-61。

16. 息子EW、リーのSR、Choi HS、等マンガンのハイ レベルとの補足の効果および免疫機能のマグネシウム。 アーチPharm Res。 6月2007日; 30(6): 743-9。

17. Hoffmann FW、橋本ACのShaferのLA、ダウSの果実MJ、Hoffmann PR。 食餌療法のセレニウムは細胞自由なチオールを含むメカニズムを通してマウスのCD4+のT細胞の活発化そして微分を調整する。 J Nutr。 6月2010日; 140(6): 1155-61。

18. Abete I、Goyenechea E、Zulet MA、マルチネーゼJA。 肥満および新陳代謝シンドローム: 特定の栄養の部品からの潜在的な利点。 Nutr Metab Cardiovasc Dis。 9月2011日; 21のSuppl 2: B1-15.

19. Panchal SK、Poudyal H、Arumugam TV、ブラウンL. Rutinは高炭水化物、高脂肪の食事療法与えられたラットの新陳代謝の変更、非アルコールsteatohepatitis、および心血管の改造を減少させる。 J Nutr。 6月2011日; 141(6): 1062-9。

20. 女王BL、Tollefsbolへの。 ポリフェノールおよび老化。 Sciを老化させるCurr。 2月2010日; 3(1): 34-42。

21. Ahn HY、金CH。 Epigallocatechin 3没食子酸塩は人間の臍静脈のendothelial細胞の誘引可能な一酸化窒素のシンターゼの表現を調整する。 実験室Anim Res。 6月2011日; 27(2): 85-90。

22. Babu PV、劉D.の緑茶のカテキンおよび心血管の健康: 更新。 Curr Med Chem。 2008;15(18):1840-50.

23. Chiang KC、Yeh CN、陳MF、陳TC。 Hepatocellular癌腫およびビタミンD: 検討。 J Gastroenterol Hepatol。 11月2011日; 26(11): 1597-603。

24. Prasad K. Flaxseedおよび心血管の健康。 J Cardiovasc Pharmacol。 11月2009日; 54(5): 369-77。

25. Moertl Dは、A、Steiner S、Hutuleac R、Vonbank Kのnonischemic起源の慢性の心不全の発火のシストリック左の心室機能、endothelial機能およびマーカーに対するBerger R.のオメガ3 polyunsaturated脂肪酸の線量依存した効果を槌で打つ: 二重盲目、偽薬制御、3腕の調査。 AMの中心J. 5月2011日; 161(5): 915 e1-9。

26. 陳YH、林SJ、陳YL、劉PL、陳JW。 付着の分子のendothelial表現に対する酸化防止特性が付いている異なった薬剤/代理店の炎症抑制の効果。 Cardiovasc Hematol Disordの薬剤ターゲット。 12月2006日; 6(4): 279-304。

27. Janakiram NB、Rao CV。 結腸癌に於いての炎症抑制およびproresolving仲介人としてlipoxinsそしてresolvinsの役割。 Curr Med Molの。 6月2009日; 9(5): 565-79。

28. Kannappan R、Gupta SC、金JH、Reuter SのAggarwalのBB。 スパイス得られたnutraceuticalsによるNeuroprotection: 食べるものである! Neurobiol Molの。 10月2011日; 44(2): 142-59。

29. Colin GonzalezのAL、Ortiz-Plata A、VilledaヘルナンデスJは虚血の後で、等老化させたニンニクのエキス ラットの大脳の損傷およびcyclooxygenase-2誘導およびreperfusionを減少させる。 植物食糧によってはNutrがぶんぶんいう。 11月2011日; 66(4): 348-54。

30. ウィリアムスMJ、サザランドWH、McCormick MPのヨーマンDJ、Jong SA de。 老化させたニンニクのエキスは冠動脈疾患の人のendothelial機能を改善する。 Phytother Res。 4月2005日; 19(4): 314-9。

31. Singhal NK、Srivastava G、Agrawal S、ジャイナ教SK、Singh MP。 パーキンソン病の齧歯動物モデルのneuroprotective代理店としてMelatonin: それは反駁できない臨床翻訳に完全に置いたあるか。 Neurobiol Molの。 12月2011日24日。

32. アルツハイマー病のtransgenicモデルのmelatoninの長期経口投与によるneurodegenerationの認識欠損に対するOlcese JM、Cao C、Mori T、等保護およびマーカー。 J Pineal Res。 8月2009日; 47(1): 82-96。

33. Nair SMのラーマンのRM、Clarksonは等Melatoninの処置の続く打撃の誘導Lアルギニン新陳代謝を調整する。 J Pineal Res。 10月2011日; 51(3): 313-23。

34. Cabral de Oliveira AC、ペレーズAC、Prieto JG、デュアルテID、Alvarez AI。 風変りな練習の後の傷つけられた筋肉のPanaxの朝鮮人参の保護。 J Ethnopharmacol。 2月2005日28日; 97(2): 211-4。

35. 李XT、陳R、ジンLM、陳HY。 エネルギー新陳代謝の規則およびPanaxの朝鮮人参の多糖類のmitochondriaの保護。 AM J Chin Med。 2009;37(6):1139-52.

36. 肇W、チャンX、Wang Wの朝鮮人参の概要のginsenosides P.E.の反疲労の効果のためのチャンL. Experimentalの調査生体内で。 魏Sheng沿Jiu。 3月2009日; 38(2): 184-7。

37. ウーZ、ルオJZのルオL.のアメリカ朝鮮人参は膵臓のベータ細胞の活動を調整する。 Chin Med。 10月2007日25日; 2: 11。

38. Naidu MU、Kumar KV、Mohan IK、Sundaram Cのマウスのdoxorubicin誘発のcardiotoxicityに対するGingkoのbilobaのエキスのSingh S. Protectiveの効果。 インドJ Exp. Biol。 8月2002日; 40(8): 894-900。

39. Mozet C、マーティンRのふち飾りKの激しい低酸素症の間の若く、古いラットの中心そして酸化防止状態の心筋の超微細構造に対するEGb 761のFitzl G. Cardioprotectiveの効果。 老化Clin Exp. Res。 2月2009日; 21(1): 14-21。

40. 紛砕機私達、Chatterjee SS。 動物モデルのEGb 761の認識および他の行動効果。 Pharmacopsychiatry。 6月2003日; 36のSuppl 1: S24-31.

41. Fu X、Ji Rのマウスの補酵素Q10のダムのJ. Antifatigueの効果。 J Medの食糧。 2月2010日; 13(1): 211-5。

42. 戴YLのLukのTH、補酵素Q10の補足によるミトコンドリアの機能障害のYiu KHの等逆転はischaemic左の心室のシストリック機能障害の患者のendothelial機能を改善する: ランダム化された管理された試験。 アテローム性動脈硬化。 6月2011日; 216(2): 395-401。

43. Jia H、劉Z、李Xの等互いに作用し合う慢性の細胞モデルのBのビタミンの大量服用の反パーキンソン症候群の活動。 Neurobiolの老化。 4月2010日; 31(4): 636-46。

44. 水酸化カリウム溶液EH、リーWJのアルファlipoic酸のリーSAの等肥満の主題の体重に対する効果。 AM J Med。 1月2011日; 124(1): 85 e1-8。

45. Pesce V、Fracasso F、Cassano P、Lezza AM、Cantatore P、Gadaleta MN。 古いラットへのアセチルLカルニチンの補足は活動化のperoxisome増殖剤活動化させた受容器のガンマのcoactivator 1alpha依存したミトコンドリアの生物発生によって部分的にヒラメ筋の年齢関連のミトコンドリアの腐食を戻す。 若返りRes。 2010日4月6月; 13 (2-3): 148-51。

46. チャンH、Jia H、劉J、等結合されたRアルファlipoic酸およびアセチルLカルニチンはパーキンソン病の細胞モデルの有効な予防の効果を出す。 Jの細胞Med Molの。 1月2010日; 14 (1-2): 215-25。

47. Xia LJの人間血しょうの自由な、総カルニチンのカルニチンそしてレベルを試金するFolkers K. Improvedの方法。 Biochem Biophys Res Commun。 5月1991日15日; 176(3): 1617-23。

48. Keszthelyi Zは、Tを過ぎて、Koltai K、Szabo LのMozsik G. Chromium (III) -イオン タイプ2の糖尿病のブドウ糖の利用を高める。 Orv Hetil。 10月2003日19日; 144(42): 2073-6年。

49. Cefaluの重量、ルードJ、Pinsonat P、等タイプ2の糖尿病の主題のクロムの補足への新陳代謝および生理学的な応答の性格描写。 新陳代謝。 5月2010日; 59(5): 755-62。

50. Krikorian R、Eliassen JC、Boespflug EL、Nash TA、Shidler MD。 クロムの補足の高齢者の改善された認識大脳機能。 Nutr Neurosci。 6月2010日; 13(3): 116-22。

51. 李YB、ハンJY、江W、Wang J. Seleniumは管のendothelial細胞の高いブドウ糖誘発cyclooxygenase-2そしてP-selectinの表現を禁じる。 Rep MolのBiol。 4月2011日; 38(4): 2301-6。

52. Iizuka Y、Ueda Yの八木Yのナトリウムのセレン酸塩との処置によるGKのラットのインシュリン抵抗性のSakurai E. Significantのの改善。 Biolの跡Elem Res。 12月2010日; 138 (1-3): 265-71。

53. Zulet MA、Puchau B、Hermsdorff HH、Navarro C、マルチネーゼJA。 食餌療法のセレニウムの取入口は健康で若い大人の血清のシアル酸そして新陳代謝シンドロームの特徴と否定的に関連付けられる。 Nutr Res。 1月2009日; 29(1): 41-8。

54. ゲレーロ州Romero F、Tamezペレーズ彼は、Gonzalez Gonzalez G、等口頭マグネシウムの補足インシュリン抵抗性の非糖尿病性の主題のインシュリンの感受性を改善する。 二重盲目の偽薬制御のランダム化された試験。 糖尿病Metab。 6月2004日; 30(3): 253-8。

55. Mooren FC、Kruger K、フォルカーK、ゴルフSW、Wadepuhl MのKraus A. Oralのマグネシウムの補足は非糖尿病性の主題のインシュリン抵抗性-二重盲目、偽薬制御の、ランダム化された試験を減らす。 糖尿病Obes Metab。 3月2011日; 13(3): 281-4。

56. 人のTeramoto T、Kawamori R、宮崎S、Teramukai S. Sodiumの取入口および女性のカリウムの取入口は日本の高血圧の患者の新陳代謝シンドロームの流行を定める: オメガの調査。 Hypertens Res。 8月2011日; 34(8): 957-62。

57. Saraswat M、Suryanarayana P、Reddy PY、Patil MA、Balakrishna N、Reddy GB。 ZingiberのofficinalisのAntiglycatingの潜在性およびラットの糖尿病性の激流の遅れ。 気力Molの。 2010;16:1525-37.

58. 李XH、McGrath KC、Nammi SのヒースAK、Roufogalis BD。 高脂肪の食事療法与えられたラットのNF Κ Bの活発化の阻止によるzingiberのofficinaleによるレバー親炎症性応答の減少。 基本的なClin Pharmacol Toxicol。 9月2011日8.日。

59. 人間で動く上りのトレッドミルの後の筋肉損傷に対するPanaxの朝鮮人参の補足のJungのHL、Kwak彼、金SS、等効果および発火。 AM J Chin Med。 2011;39(3):441-50.

60. リーHU、Bae EA、ハンMJ、金NJ、金DH。 tertブチルのヒドロペルオキシド誘発のレバー傷害に対するginsenoside Rb1および混合KのHepatoprotectiveの効果。 レバーInt。 10月2005日; 25(5): 1069-73。

61. Hsu CC、Ho MC、林LC、Su B、Hsu MC。 アメリカ朝鮮人参の補足は人間のsubmaximal練習によって引き起こされるクレアチンのキナーゼ レベルを減少させる。 世界J Gastroenterol。 9月2005日14日; 11(34): 5327-31。

62. Radad K、Moldzio R、Rausch WD。 GinsenosidesおよびCNSターゲット。 CNS Neurosci Ther。 12月2011日; 17(6): 761-8。

63. バットMS、サルタンMT、Iqbal J. Garlic: 生理学的な脅威に対する性質の保護。 Food Sci Nutr CritのRev。 6月2009日; 49(6): 538-51。

64. ベナビーデスGA、Squadrito GLの製造所RWの等硫化水素はニンニクのvasoactivityを仲介する。 Proc国民のAcad Sci米国。 11月2007日13日; 104(46): 17977-82。

65. Machefer G、Groussard C、ヴィンチェンツォSは「マラソンdesのクロテン」の間に、等Multivitaminミネラル補足脂質の過酸化反応を防ぐ。 J AM Coll Nutr。 4月2007日; 26(2): 111-20。

66. Su KP。 オメガ3の脂肪酸の抗鬱剤の効果の生物的メカニズム: 魚油はいかに「心ボディとして」インターフェイスするために機能するか。 Neurosignals。 2009;17(2):144-52.

67. Chiu CC、Su KP、チェンTC、等。 アルツハイマー病および穏やかな認識減損のオメガ3の脂肪酸の単独療法の効果: 予備は二重盲目の偽薬制御の調査をランダム化した。 Prog Neuropsychopharmacol Biolの精神医学。 8月2008日1日; 32(6): 1538-44。

68. Fiaccavento R、Carotenuto F、Vecchini A、等。 オメガ3の脂肪質の酸富ませた食事療法はジストロフィーのハムスター モデルの骨格筋の損害を防ぐ。 AM J Pathol。 11月2010日; 177(5): 2176-84。

69. Corsetto PA、Montorfano G、n-3 PUFAsのZava Sの等血しょう膜の結合による乳癌の細胞に対する効果。 脂質の健康Dis。 2011;10:73.

70. Micke O、Schomburg L、Buentzel J、Kisters K、腫瘍学のMuecke R. Selenium: 化学から医院への。 分子。 2009;14(10):3975-88.

71. Steinbrenner H、Bilgic E、Alili L、Sies H、Brenneisen P. Selenoprotein Pはグルタチオンの過酸化酵素の表現および活動の刺激によって酸化損傷からendothelial細胞を保護する。 自由なRadic Res。 9月2006日; 40(9): 936-43。

72. 潜在的な治療上およびchemopreventive代理店としてSorianoガルシアM. Organoseleniumの混合物: 検討。 Curr Med Chem。 6月2004日; 11(12): 1657-69。

73. エームズのBN。 老化のミトコンドリアの腐食の延期。 アンN Y Acad Sci。 6月2004日; 1019:406-11。

74. Kayan M、Naziroglu M、Celik O、Yalman K、Koylu H.のビタミンCおよびEの組合せは喫煙者および禁煙家の放射線学の技術者の血のX線によって引き起こされる酸化圧力を調整する。 細胞Biochem Funct。 10月2009日; 27(7): 424-9。

75. Choi B、リーES、Sohn S. Vitamin D3は通行料そっくりの受容器の規則によってマウス モデルの単純ヘルペスのウイルス誘発のBehcetの病気そっくりの発火を改善する。 Clin Exp. Rheumatol。 2011日7月8月; 29 (4つのSuppl 67): S13-9.

76. Adorini LのPenna G. Dendriticの細胞のtolerogenicity: ビタミンDの受容器のアゴニストによるimmunomodulationの主メカニズム。 ハム雑音Immunol。 5月2009日; 70(5): 345-52。

77. Mitri J、ドーソン ヒューズB、Hu FBのPittas AG。 膵臓のベータ細胞に対するビタミンDおよびカルシウム補足の効果は糖尿病の危険度が高いで、大人のインシュリンの感受性およびglycemia作用する: 糖尿病(CaDDM)のためのカルシウムそしてビタミンDは管理された試験をランダム化した。 AM J Clin Nutr。 8月2011日; 94(2): 486-94.

78. Teegarden D、Donkin SS。 ビタミンD: インシュリンの感受性に於いての出現の新しい役割。 Nutr ResのRev. 6月2009日; 22(1): 82-92。

79. Jung KJ、金JY、ズーY、金YJ、Yu BP、チョンHY。 老化させたラットの親炎症性NFkappaBの活発化に対する短期、低い線量のアスピリンの補足の効果。 機械式の老化するDev。 3月2006日; 127(3): 223-30。

80. Kameji H、望月K、Miyoshi Nの3T3-L1 adipocytesのGoda T.ベータ カロチンの蓄積は反応酸素種の高度および腫瘍の壊死の要因アルファによって引き起こされるインシュリンの感受性と関連している遺伝子の抑制を禁じる。 栄養物。 2010日11月12月; 26 (11-12): 1151-6。

81. Salminen A、Kauppinen A、Kaarniranta K. Phytochemicalsは核要因kappaBシグナリングを抑制する: 健康のスパンおよび老化プロセスの影響。 Curr Opin Clin Nutr Metabの心配。 1月2012日; 15(1): 23-8。

82. Wang YQ、東Y、矢尾MH。 クロムのpicolinateはamp活動化させたプロテイン キナーゼの活発化によってインシュリン抵抗力がある3T3-L1 adipocytesのresistinの分泌を禁じる。 Clin Exp. Pharmacol Physiol。 8月2009日; 36(8): 843-9。

83. Wang YQ、矢尾MH。 インシュリン抵抗力がある3T3-L1 adipocytesのブドウ糖の通風管に対するクロムのpicolinateの効果はp38 MAPKの活発化を含む。 J Nutr Biochem。 12月2009日; 20(12): 982-91。

84. バズケズPrieto MA、ロドリゲスLanzi C、Lembo CのGalmariniのCR、MiatelloのRM。 ニンニクおよびタマネギはフルクトース与えられたラットの管の発火そして酸化圧力を減少させる。 J Nutr Metab。 2011;2011:475216.

85. 劉CT、Hse H、Lii CK、陳PS、シーンLY。 糖尿病性のラットのglycemic制御に対するニンニク オイルおよびdiallylのtrisulfideの効果。 Eur J Pharmacol。 6月2005日1日; 516(2): 165-73。

86. Nahdi A、Hammami I、Kouidhi W、等鉄仲介された酸化圧力の減少による粗野なニンニクの保護効果、ラットの拡散およびautophagy。 J Mol Histol。 10月2010日; 41 (4-5): 233-45。

87. Jagetia G、Baliga M、Venkatesh P. Ginger (Zingiberのofficinale Rosc。)、サプリメントは放射線誘発の致死率から、マウスを保護する: 行為のメカニズム。 蟹座Biother Radiopharm。 8月2004日; 19(4): 422-35。

88. Rani MP、Padmakumari KP、Sankarikutty B、Cherian OL、Nisha VM、Raghu KG。 酵素に対するショウガのエキスの抑制的な潜在性はタイプ2の糖尿病、発火につながり、酸化圧力を引き起こした。 Int Jの食糧Sci Nutr。 3月2011日; 62(2): 106-10。

89. Heimes K、Feistel B、Verspohl EJ。 インシュリンの分泌のための5-HT3受容器チャネル システムおよびショウガのエキスの相互作用の影響。 Eur J Pharmacol。 12月2009日10日; 624 (1-3): 58-65。

90. ChanのPC、Xia Q、Fu PP。 イチョウのbilobaの許可のエキス: 生物的、薬効がある、および毒性学の効果。 JはSciの健康Cを囲む7月9月Carcinog EcotoxicolのRev.を 2007日囲む; 25(3): 211-44。

91. Boverisの広告、Galleano MのイチョウのbilobaのPuntarulo S. In-vivoの補足は脂質の過酸化反応から膜を保護する。 Phytother Res。 8月2007日; 21(8): 735-40。

92. 矢尾P、劉LG、イチョウのbilobaのフラボノイドのJia WBの等激しいアルコール管理の後のマウスの反酸化システムに対する効果。 魏Sheng沿Jiu。 5月2005日; 34(3): 303-6。

93. 金HGのYooのSR、公園HJの等健常者のPanaxの朝鮮人参C.A.マイヤーの酸化防止効果: ランダム化された、偽薬制御臨床試験。 食糧Chem Toxicol。 9月2011日; 49(9): 2229-35。

94. ルオJZ、hyperglycemiaのルオL. Ginseng: 効果およびメカニズム。 Evidは補足物のAlternat Medを基づかせていた。 12月2009日; 6(4): 423-7。

95. ルオJZのルオL.のアメリカ朝鮮人参はインシュリンの生産を刺激し、培養されたベータ細胞の蛋白質2の連結を解くことの規則によってapoptosisを防ぐ。 Evidは補足物のAlternat Medを基づかせていた。 9月2006日; 3(3): 365-72。

96. 声J、Cabral de Oliveira AC、Prieto JGの等朝鮮人参の管理はラットの激しい練習によって引き起こされる酸化圧力から骨格筋を保護する。 Braz J Med Biol Res。 12月2004日; 37(12): 1863-71。

97. 劉H、郡野Z、Xu Lのtributyltin誘発の酸化損傷によって検出される生体内および生体外のモデルに対する緑茶のポリフェノールのHsu S. Protectiveの効果。 Toxicolを囲みなさい。 2月2008日; 23(1): 77-83。

98. Tsai PYのKa SM、チャンJMの等Epigallocatechin 3没食子酸塩はNrf2酸化防止細道を高め、NLRP3 inflammasome活発化を禁じることによってマウスのループスの腎炎の開発を防ぐ。 自由なRadic Biol Med。 8月2011日1日; 51(3): 744-54。

99. Ellis LZ、劉W、ルオYはinflammasome禁止およびIL1beta分泌によって、等緑茶のポリフェノールのepigallocatechin 3没食子酸塩メラノーマの成長を抑制する。 Biochem Biophys Res Commun。 10月2011日28日; 414(3): 551-6。

100. Serisier S、Leray V、Poudroux W、Magot T、Ouguerram K、PPARalphaのインシュリンの感受性に対する緑茶のNguyen P. Effects、脂質のプロフィールおよび表現およびPPARgammaおよび肥満犬のターゲット遺伝子。 Br J Nutr。 6月2008日; 99(6): 1208-16。

101. Cao H、Hininger-Favier I、ケリーMAは、等緑茶のポリフェノールのエキス ブドウ糖の通風管にかかわる遺伝子の表現を調整し、ラットのインシュリン シグナリングは高果糖の食事療法に与えた。 J Agricの食糧Chem。 7月2007日25日; 55(15): 6372-8。

102. Loguercio C、D'Argenio GのDelleの洞窟Mの等グルタチオンの補足は実験結腸炎の酸化損傷を改善する。 発掘のレバーDis。 9月2003日; 35(9): 635-41。

103. Bede O、ナージD、Suranyi A、Horvath I、Szlavik M、アトピー喘息の子供のグルタチオンのレドックス システムに対するマグネシウムの補足のGyurkovits K. Effects。 Inflamm Res。 6月2008日; 57(6): 279-86。

104. ハンズCP、Chaudhary DP、Bansal DD。 alloxanic糖尿病性のラットの酸化圧力に対するマグネシウムの補足の効果。 Magnes Res。 3月2003日; 16(1): 13-9。

105. ゲレーロ州Romero F、ロドリゲスMoran M. Magnesiumはインシュリンの感受性の変化を償うためにベータ細胞機能を改善する: 二重盲目の、ランダム化された臨床試験。 Eur J Clinは投資する。 4月2011日; 41(4): 405-10。

106. Barbagallo M、ドミンガスLJ。 タイプ2の糖尿病、新陳代謝シンドロームおよびインシュリン抵抗性のマグネシウムの新陳代謝。 アーチBiochem Biophys。 2月2007日1日; 458(1): 40-7。

107. Takaya J、Higashino H、Kobayashi Y. Intracellularのマグネシウムおよびインシュリン抵抗性。 Magnes Res。 6月2004日; 17(2): 126-36。

108. 胃の損害のTu HK、鍋KF、チャンY、等マンガンのスーパーオキシドのディスムターゼの多形および危険、および中国の人口のchemopreventionに対する効果。 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 4月2010日; 19(4): 1089-97。

109. Manolopoulos KN、Klotz LO、Korsten PのBornsteinのSR、インシュリン抵抗性へのBarthel A. Linkingアルツハイマー病: 酸化圧力へのFoxOの応答。 精神医学Molの。 11月2010日; 15(11): 1046-52.

110. Houstis N、Rosen EDの着陸船ES。 反応酸素種にインシュリン抵抗性の多数の形態に於いての原因の役割がある。 性質。 4月2006日13日; 440(7086): 944-8。

111. Ochoa JJ、ディアズCastro J、Kajarabille Nの等Melatoninの補足は大人の人間の男性の精力的な練習によって引き起こされる酸化圧力および炎症性シグナリングを改善する。 J Pineal Res。 11月2011日; 51(4): 373-80。

112. Perreau VM、Bondy SC、Cotman CW、Sharman KG、Sharman EH。 古いマウスのMelatoninの処置は頭脳のLPへのより若々しい応答を可能にする。 J Neuroimmunol。 1月2007日; 182 (1-2): 22-31。

113. Santra A、Chowdhury A、Ghatak S、Biswas A、Dhali GK。 ヒ素はレバーによってが依存したmitochondria、N acetylcysteineによって廃棄されるマウスのapoptosisを引き起こす。 Toxicol Appl Pharmacol。 4月2007日15日; 220(2): 146-55。

114. Ando K、Matsui H、Fujita Mの塩に敏感な高血圧の心血管の損傷に対する食餌療法のカリウムのFujita T. Protectiveの効果: 酸化防止行為の可能な役割。 Curr Vasc Pharmacol。 1月2010日; 8(1): 59-63。

115. Ghiasi M、Heravi MM。 antioxidative能力のQuantumの機械調査およびルチン(P)解決のantioxidativeメカニズムのビタミン。 Carbohydr Res。 5月2011日1日; 346(6): 739-44。

116. Arjumand W、Seth A、Sultana S. RutinはwistarラットのNFkappaB、TNFアルファおよびcaspase-3表現の減少によってcisplatinによって引き起こされる腎臓の発火およびapoptosisを減少させる。 食糧Chem Toxicol。 9月2011日; 49(9): 2013-21年。

117. Brozmanova J、Manikova D、Vlckova V、Chovanec M. Selenium: 癌の防衛そして違反のための両刃の剣。 アーチToxicol。 12月2010日; 84(12): 919-38。

118. Clarke C、Baghdadi H、Howie AFの石大工JI、歩行者SW、Beckett GJ。 セレニウムの補足はTGFbeta1と扱われる脂肪質荷を積まれた人間C3Aのhepatoblastomaの細胞のprocollagen-1そしてinterleukin8の生産を減少させる。 Biochim Biophysのアクタ。 6月2010日; 1800(6): 611-8。

119. Vina J、Lloret A、Giraldo E、Badia MC、アロンソMD。 アルツハイマー病の酸化防止細道: 介在の可能性。 Curr Pharm Des。 12月2011日; 17(35): 3861-4。

120. McDaniel JC、Ahijevych K、若い大人のn-6/n-3比率に対するn-3口頭補足のBelury M. Effect。 西J Nurs Res。 2月2010日; 32(1): 64-80。

121. Mabile L、Piolot A、Boulet Lはhypertriglyceridemic主題の酸化圧力への安定した赤血球の抵抗と、等n-3脂肪酸の適当な取入口関連付けられる。 AM J Clin Nutr。 10月2001日; 74(4): 449-56。

122. Barcelo-Coblijn G、マーフィーEJ、Othman R、Moghadasian MH、Kashour T、Friel JK。 亜麻仁のオイルおよび魚油のカプセルの消費は人間の赤血球n-3の脂肪酸組成を変える: n-3脂肪酸の2つの源を比較する多数投薬の試験。 AM J Clin Nutr。 9月2008日; 88(3): 801-9。

123. Mourvaki E、Cardinali R、Dal Bosco A、Corazzi L、精液の質とウサギの精液のsubfractionsそしてprostatic微粒の脂質構成に対する亜麻仁の食餌療法の補足のCastellini C. Effects。 Theriogenology。 3月2010日15日; 73(5): 629-37。

124. Bîcu M、Moța M、Panduru NM、Grăunțeanu Cの糖尿病性の腎臓病のMoța E. Oxidativeの圧力。 Rom JのインターンMed。 2010;48(4):307-12.

125. ガモンのCS、フォンHurst PR、Coad J、Kruger R、Stonehouse W. Vegetarianism、主に太りすぎ/肥満の南アジアの女性のグループのビタミンB12の状態およびインシュリン抵抗性。 栄養物。 1月2012日; 28(1): 20-4。

126. Annadurai T、Vigneshwari S、Thirukumaran R、トマスPAのジェラルディンP.のアセチルLカルニチンはWistarのラットのさまざまなティッシュの四塩化炭素誘発の酸化圧力を防ぐ。 J Physiol Biochem。 12月2011日; 67(4): 519-30。

127. Maczurek A、Hager K、Kenklies M、等アルツハイマー病のための炎症抑制およびneuroprotective処置としてLipoic酸。 ADVはDelivのRev.に2008日 薬剤を入れる10月11月; 60 (13-14): 1463-70。

128. Ansar H、Mazloom Z、Kazemi F、タイプ2の糖尿病患者の患者の血ブドウ糖、インシュリン抵抗性およびグルタチオンの過酸化酵素に対するアルファlipoic酸のHejazi N. Effect。 サウジアラビア人Med J. 6月2011日; 32(6): 584-8。

129. アルファlipoic酸の経口投与の後のタイプ2の糖尿病の患者のインシュリンの感受性のKamenova P. Improvement。 ホルモン(アテネ)。 2006日10月12月; 5(4): 251-8。

130. エバンズJL、Goldfine ID アルファlipoic酸: タイプ2の糖尿病を持つ患者のインシュリンの感受性を改善する多機能の酸化防止剤。 糖尿病Technol Ther。 2000秋; 2(3): 401-13。

131. Palacios HHのYendluriのBB、Parvathaneni Kの等アルツハイマー病のための薬剤の処置としてMitochondrion特定の酸化防止剤。 CNS Neurol Disordの薬剤ターゲット。 3月2011日; 10(2): 149-62。

132. バズケズPrieto MA、ロドリゲスLanzi C、Lembo CのGalmariniのCR、MiatelloのRM。 ニンニクおよびタマネギはフルクトース与えられたラットの管の発火そして酸化圧力を減少させる。 J Nutr Metab。 2011;2011:475216.

133. Ramudu SK、Korivi M、Kesireddy N、等ラットのstreptozotocin (STZ)の誘発の糖尿病性の複雑化に対するゾル性細胞質およびミトコンドリアの酵素に対するショウガのエキスのNephro保護効果。 Chin J Physiol。 4月2011日30日; 54(2): 79-86。

134. チョンWY、Yow CM、Benzie。 流れのcytometric技術を使用して伝統中国医学による膜の保護の査定: 予備の調査結果。 酸化還元反応Rep。 2003;8(1):31-3.

135. Taskin E、Dursun N。 ラットのadriamycin誘発のミトコンドリアの損傷のセレニウムの保護。 Biolの跡Elem Res。 1月2012日12日。 印刷物に先んじるEpub。

136. リーBJ、黄YC、陳SJ、林PT。 補酵素Q10の補足は酸化圧力を減らし、冠動脈疾患の患者の酸化防止酵素活性を高める。 栄養物。 3月2012日; 28(3): 250-5。

137. Schmelzer C、Kubo H、Mori Mの等補酵素Q10の減らされた形態との補足は老衰の表現型特徴を減速し、SAMP1マウスのperoxisome増殖剤活動化させた受容器アルファの遺伝子発現の署名を引き起こす。 食糧MolのNutrのRes。 6月2010日; 54(6): 805-15。