生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

生命延長雑誌2012年3月
私達がそれを見るように

Resveratrolが一流の死因をいかに戦うか

ブライアンVogelman著
Resveratrolが一流の死因をいかに戦うか

1997年 、resveratrolの最初の 学術論文は このポリフェノールが実験モデルの癌を防ぐことができる こと 出版された提示だった。1

それ以来、研究者は好意的に アテローム性動脈硬化 からの肥満に退化的な病気と、関連付けられる多数プロセスを調整するresveratrolの 能力を 文書化した

欠けていた ものが resveratrolが反老化の効果を出す根本的なメカニズムを定めるずっと利用できるデータの組織的の、広範囲の概観だった。

今まで!

2011年 、デンマークで開かれた 2010年のResveratrolの会議 調査結果は2出版された。 その第一次目的は老化の人間に於いてのresveratrolの病気防ぐ役割のための証拠の全体を検査することだった。 ほぼ 3,700の 出版された調査は分析された。

この記事では、行為ことをの12の メカニズム発見する 老化の不治の病を戦うためにどのによってresveratrolが機能する識別し、老化プロセス自体を遅らせるかこれらの専門家が。

また心臓病、癌および糖尿病を含むアメリカ人間の5つの一流の死因から細胞、ティッシュおよび器官システムを、保護するresveratrolのmultimodal力の 最も最近のデータ 学ぶ

2010年の会議の参加の科学者はresveratrolの生物学的作用の研究の広い範囲をカバーした。 1997年以来、見直されたresveratrolの大体3,650の調査は出版された。

最も有望なデータに基づいて、それらは好意的に癌、心臓病、neurodegeneration、全身の発火、肥満および糖尿病にかかわった要因を調整するresveratrolの容量にとりわけ焦点を合わせた。1,2

この広範な分析からそれらがresveratrolが反老化を出す病気防ぐ12のメカニズムを、隔離したもたらす(表1)を見なさい。

文献の完全な検討はそれからさまざまな形の退化的な病気の手始めの関連性を識別するために引き受けられた。

彼らはアメリカ人の成熟の一流の死因の5に於いてのresveratrolの予防の役割の確証的な証拠を見つけた(表2)を見なさい。

心臓病

心臓病

アメリカの第1キラーは条件のアテローム性動脈硬化、高血圧、心臓発作および心不全を含んでいる心臓病である。2,3 Resveratrolは心循環器疾患のための段階を置く多数の要因を目標とすることによってこれらの条件すべてのための危険を減らすために知られている。2

最近の調査はresveratrolの活動の中央メカニズムが事実上すべての生きている有機体の寿命を伸ばすと 知られているカロリーの制限の生物学的作用をまねることであることを確認する。4

Resveratrolはいろいろなメカニズムによって高血圧(高血圧)を戦うのを助ける。 それは血管に炎症性細胞の浸潤を囲み、改善する血圧の変更に答えるそれらの容器の能力を減らす。さらに 5、resveratrolは最近その血管および心筋の好ましくない改造し、硬化を減らすために支えられた高血圧からの結果示されてしまった。5 Resveratrolはまた脳幹でいろいろ食餌療法およびホルモン性要因によって誘発される血圧の増加を逆転させるために機能する。6

resveratrolが高脂肪の食事療法および肥満に直接脂質新陳代謝を制御する遺伝子の表現を調整することによって起因する コレステロールの高度を軽減するのを助ける2011 ショーで出版される調査。resveratrol への7露出は脂肪質の分子の破壊を助けるミトコンドリアの酵素を引き起こすことによって異常な脂肪酸の利用の訂正を、誘発する。8 人間の新陳代謝シンドロームの等量のブタで、resveratrolの補足はボディ多くの索引、血清コレステロール、炎症性マーカーC反応蛋白質、改善されたブドウ糖の許容およびendothelial機能を下げ。9

支えられた高血圧の前でや高いコレステロールおよび他の脂肪、損傷はendothelial細胞として知られている毛管を並べる敏感な、反応細胞に起こる。 Endothelial機能障害は心臓発作への主要コントリビュータ、打撃および心不全で、心循環器疾患の防止の重要なターゲットである。 新しいデータはresveratrolがendothelial細胞に対する高血圧の効果を減らし、endothelial機能障害の印を禁じることを示す。10

動脈のカルシウムの集結はアテローム性動脈硬化にかなり遅く起こる幹線硬化および妨害への主要コントリビュータである。それが また心循環器疾患を悪化させる炎症性変更に貢献する11。12 幹線石灰化は以前管で鉱物沈澱物と同じようなカルシウムの受動の蓄積によって引き起こされると考えられた。 幹線細胞が「年齢および発火誘発の遺伝の変更の結果として」細胞の骨形成に回るというアクティブ プロセスであることを今知っている。 ある特定の薬剤は、antidiabetic薬剤のAvandiaの今は撤回された® rosiglitazone)のような、この有害なプロセスを急がせることができる。13 新しいデータはresveratrolが幹線細胞が「骨そっくりになる幹線壁のカルシウム集結の量そして範囲を減らすプロセスを」、遅らせるか、または逆転させることを示す。11,13 Resveratrolは血管を並べる細胞のカルシウムの発火引き起こす効果を限る。12

容器の壁の高い脂肪およびカルシウム内容に加えて、血塊形成血小板の集合は心臓発作、打撃および他の心血管のでき事に終って幹線妨害に貢献する。 新しいデータは今resveratrolが致命的な凝血の形成を誘発できる血小板の集合を禁じることを示す。14

中心の動脈が妨げられるようになるとき、中心への血の流れは限られて、ischemic損害を与える。 血の流れ(reperfusion)の復帰は問題を、最初は、酸素の遊離基と傷つけられたティッシュにあふれることによってより悪くさせる。 洗練された分子調査は今resveratrolが虚血/reperfusionの傷害に服従した心筋に独特な「足跡」を残すことを明らかにしてしまった。15は 結果そのような傷害に続く心臓細胞の死(apoptosis)のかなりの減少および改善された心血管機能である。16

Resveratrolのカロリーの制限まねる効果はもっと効果的に打つために直接それらを作り、酸化圧力に脆弱性を減らすエネルギー集中の心筋の細胞のミトコンドリア機能を改善する。4 なお、私達は今resveratrolが心臓発作または深刻な伝染の大きいオキシダントの圧力を経る心筋の細胞のcardioprotective効果を作り出すことを理解する。17

必要がある何を知る: Resveratrol
Resveratrol
  • resveratrolの主題に捧げられた最近の国際会議はこの自然なポリフェノールにそれぞれが早死にに貢献する要因の影響の減少に貢献する行為の12の主メカニズムがあることが分った。
  • 一流の死因の5つは心臓病、癌、打撃、アルツハイマー病および糖尿病を含むresveratrolの補足によって、防がれるか、または軽減されるかもしれない。
  • 、長寿促進の効果と共に調整するResveratrolの能力はあらゆる健康プログラムの5つの一流の死因をそれに重要な部分をする。

蟹座

五十万人以上のアメリカ人は病気の私達の理解のかなりの大またにもかかわらず癌で、毎年死ぬ。18は resveratrolの一番最初の科学的な調査皮膚癌、1に対する 予防の効果を示し、 その時以来1,100枚 以上のペーパーは 癌に関して一般に出版された。2人の 今日の専門家は「癌に対する戦争の有望で自然な武器として参照するresveratrolを」。19

2010年のResveratrolの会議 以来の最新ニュースは 多数のレベルの癌がresveratrolによってが戦うことを示す。20は 次resveratrolおよび癌防止の最新情報の概要である。

Resveratrolは 細胞を誘発できる未修復」を 、癌の開始として知られているステップで癌性になるためにDNAの変更された伸張危ないDNA 「アダクト防ぐことができる。21

始められて、癌は異常な細胞の拡散によって育つ。 Resveratrolは新しいデータが示すので、適度な反proliferative代理店である。 人間の結腸癌の患者によるresveratrolの消費は外科前の8日間500から1,000 mgの日刊新聞 の線量で 5%腫瘍の細胞増殖を減らした。 最近ある特定の脳腫瘍の細胞で示されていたように、22そしてresveratrol重要な癌細胞シグナリング細道によって呼ばれるSTAT3のそれ以上の減少の 癌性拡散を 禁じる。23

ボディは癌細胞が死ぬために 誘発されるapoptosisのプロセスによって自然に癌の成長を制御する。 適切なapoptosisはすべての癌細胞で見つけられる重要な「自殺」の遺伝子の活発化を要求する。 Resveratrolは最近p53として知られている1つの重要な「自殺」の細道の表現そして活発化を高めるためにあってしまった。24

インシュリンそっくりの成長因子I (IGF-1)は成長および治療において重要、敵意が始められたらまたそれ促進する癌の伝播をであるが。 新しい人間の調査はそれをIGF-1の抑制はresveratrolの抗癌性の メカニズムの1つに かかわるかもしれないことを提案するIGF-1および結合蛋白質の循環のレベルの重要な減少に引き起こした2.5グラム/日(現在推薦されるより大いに高いかどれが)のresveratrolとの投薬により示した。25

表1: Resveratrolの12の主反老化のメカニズム2
メカニズム 病気または
影響される条件
• 酸化の調節
酸化防止状態
すべての慢性疾患
• 抑制
発火の
すべての慢性疾患
• ミトコンドリアの保護
• 脂肪細胞の形成の抑制
そして脂肪質の故障の刺激
肥満、糖尿病、
心循環器疾患
• 細胞増殖の調節
そしてapoptosis (プログラムされた細胞死)
• 転移の阻止
• angiogenesisの調節
(血管の形成)
• DNAの損傷の調節
• 外国の分子の調節
そして毒素の新陳代謝
蟹座
• グルタミン酸塩の調節
(excitatory神経伝達物質の)新陳代謝
Neurodegenerative
病気
• Estrogenic活動
反estrogenic活動
多数のホルモン
依存した癌
• 刺激の
骨の形成
骨の健康
そして骨粗しょう症

Resveratrolは一流の死因に第一次貢献の要因を構成するそれらを含む慢性の、年齢関連の病気を、戦うために12の主メカニズムを目標とする。

多くの発癌物質は「安全な」混合物としてボディを書き入れるが、癌を 誘発するために レバーの酵素システムによって変更されるようになる。 興味深いことに、レバー酵素はにより害を引き起こしてもいい前に活動的な発癌物質を解毒するために責任がある。 Resveratrolは最近積極的に知られていた発癌性の分子を 解毒している間好意的に潜在的な発癌物質の活発化を減らす酵素の両方のクラスを調整するために示されてしまった。26

発火は 癌促進のでき事として今広く確認される。 新しい証拠はresveratrolが それらを作り出す酵素のか禁止によって leukotrienesのような炎症性分子の生産をいかに減らすか示す。27,28 発火は癌の広がりを促進するか、または転移でまた重要 である。 2011調査では、resveratrolは75%までによって非常にメラノーマの細胞の侵入そして広がりを 禁じた20

microRNAsとして知られている材料によって電話されるRNAの小さい繊維のクラスは癌細胞の成長を調整するために知られている。 新しい研究では、resveratrolは調整している間調整する細胞のmicroRNAの内容を示しmicroRNAsを癌抑制し変更する、機能を物を癌促進する。29-31

腫瘍が育つと同時に、栄養素のための貪欲な必要性を支えるように新しい血管の成長を刺激する。 このプロセスを、angiogenesisとして知られていて 禁じることは、癌の防止および処置の主要なターゲットになった。 Resveratrolは、最近の調査で、健康なティッシュの新しい血管を刺激するために、悪性黒色腫の細胞培養の、また全腫瘍の成長を禁じるために示されていた。32,33

この平均のresveratrolすべては主流の医者によって大規模な臨床試験のレベルに達している。 人々がけれどもこの大量服用を取るべきであることを)段階Iは、5グラムまでの非常に高いレベルでresveratrolの安全を認可する調査を「線量見つけて」今完了した(これは意味しない。25,34

打撃

打撃は 心臓発作を誘発する同じ管の変更の多数引き起こされる: 重大な血の流れの脳組織を奪い取るアテローム性動脈硬化、プラクの形成および最終的に血管の閉塞。 さらに、糖尿病のような老化するによりおよびある特定の条件は頭脳の血管は打撃の間に与えられる悪化の損害必要とされるに応じて血の流れを膨張させ、高める機能を失う。 激しい血管の妨害が解決した後血の流れが元通りになるとき、酸素の遊離基は豊富に起こり、 脳組織の最終的な破壊を引き起こす。 そのプロセスは虚血/reperfusionの傷害として知られている。

Resveratrolは最近解放された調査の多くに従って虚血/reperfusionの傷害から脳組織を、保護する。Johns Hopkins の35人の研究者はresveratrolが酸化圧力に対して保護である 酵素のヘムのオキシゲナーゼの生産を引き起こすことを示した。36,37 なお、resveratrolは虚血/reperfusionの傷害の間に傷つきやすいmitochondriaを保護し、エネルギーを細胞に与えることの重要な仕事を続けるようにそれらがする。38

打撃の激しい段階の間に、グルタミン酸塩のようなexcitatory神経伝達物質は多くで解放される。39は この解放それから脳細胞への激しく、慢性の損傷を誘発する。 研究者は今resveratrolがかなり打撃に続く危ないグルタミン酸塩解放を防ぐことを示してしまった。39

最後に、新しいデータは血の流れの変化にresveratrolの回復と糖尿病性動物を頭脳動脈の敏感さ扱うそれを示す。40 それらが重要地域への血の流れの方向を変えるようにする打撃によって妨げた。

これらのメカニズムの複合効果は打撃のサイズをかなり減らすことである。41 非常に、この保護は打撃が始まった6時間まで後resveratrolが 与えられるとき起こる。41人の 何人かの専門家はresveratrolが激しいischemic打撃の処置の使用のための有効で新しい薬剤であるかもしれないという証拠として今その発見を呼んでいる。41 それにもかかわらず、最も強く、最新の証拠は1つが起これば打撃の前に規則的に使用されるresveratrolがischemicでき事に最もよい許容を提供することを提案する。42,43

表2: 十分な証拠はResveratrolのためにある
Death2の5つの導く原因の保護効果
条件 メカニズム
心臓病 高血圧の発生を減らす、
心不全、虚血(血の流れの損失)
蟹座 Chemoprevention
打撃 高血圧の発生を減らす、
neuroprotective虚血
Neurodegenerativeの病気
(例えば、Alzheimer、パーキンソン)、脳損傷
Neuroprotective
糖尿病(および肥満) インシュリンの感受性を改善したり、血ブドウ糖を水平にしたり、減らす高脂肪の食事療法誘発の肥満および内臓の(腹部の)脂肪を減らす

Resveratrolは一流の死因に第一次貢献の要因を構成するそれらを含む慢性の年齢関連の病気を、戦うために12の主メカニズムを目標とする。

アルツハイマー病

アルツハイマー病

ほぼ75,000人のアメリカ人はアルツハイマー病がもとで 毎年死に、老人ホームでの介護を要求するには以上230,000他は十分に厳しい痴呆に苦しむ。44の 最近の調査はことをアルツハイマー病および打撃の危険の減少のresveratrolの把握約束提案する。45 新しい科学はresveratrolがAlzheimerおよび他のneurodegenerative病気を防ぐのを助けるかもしれない多くの好ましいでき事を誘発する「長寿遺伝子」のSIRT-1の活発化によっていかに機能するか極めて詳細に明らかにする。35,46-48

resveratrolのneuroprotectionの多くはアミロイド ベータように知られている異常な蛋白質の蓄積によって引き起こされるでき事の滝で干渉する機能から 起こる 直接脳細胞を損なう頭脳の記憶中心の49台のアミロイド ベータ制動機の酸化圧力そして発火、特に。 そういうわけでAlzheimerの患者にそのような深遠で、進歩的なメモリ損失がある。

Resveratrolは滝の複数のポイントでアミロイド ベータ毒性を禁じる。49 Resveratrolは酸素の遊離基を掃除し、ヘムのオキシゲナーゼのような保護酵素を引き起こす強力な酸化防止剤として機能する。36,50の 2つの最近の調査はmelatoninの付加が共働作用してresveratrolのneuroprotective効果を高めることを示した。45,51

新しいデータはまたresveratrolがことができることをアミロイド ベータ分子が有害なオリゴマーに防ぐ一緒に群生している または個々の分子ことをの小さいコレクション示す。行為が かなりアミロイド ベータ損傷を防ぐこと48,52。 刺激的で新しい調査はまたresveratrolが無毒な形態に既存のオリゴマーを改造できることを示す。53

調査は2010で、活動化の特定の細胞内シグナリング細道によって、resveratrolがexcitatory神経伝達物質のグルタミン酸塩によって引き起こされる毒性を減らすことができることを明らかにした解放した。54 グルタミン酸塩の毒性はアルツハイマー病の徴候のための主要な制動機であると考えられる。

遅い2010で出版された陰謀的な調査は頭脳のmitochondriaのことを保護によって、resveratrolおよびmitochondria目標とされた酸化防止剤の組合せがAlzheimerの実験モデルの正規関数を元通りにすることができることを示した。55 Alzheimerおよび他のneurodegenerative病気で損なわれるか、または失われるneuritesとして知られている小さい細胞間関係の作り出された新しい結果を次々ともたらす。55

最後に、重要な最近の調査は口頭で管理されたresveratrolが意味する脳組織の有効な集中を達成することを示したそう他の多くの可能性としては有利な混合物を保つ血頭脳の障壁を交差させることを。 見つけるこれにneurodegenerative病気に対して保護に於いてのresveratrolの役割に未来の研究のための重要な含意がある。56

糖尿病

糖尿病は 知られている最も予防可能な慢性の条件の1つである。 それは70,000人以上のアメリカ人を毎年殺し、複雑化は数十万の機能をもっと損なう。3 、糖尿病の多くの場合を、今引き起こす条件太りすぎおよび肥満アメリカ人のほぼ70%に起こり、付加的な早死にの明かでない数に貢献しなさい。57の Resveratrolの行為はこの致命的な状態の開発そして結果から保護するために示されていた。

高い血糖は、慢性的にそして鋭く次食事、最終的に構造を変え、発火を引き起こすボディ蛋白質の大きい酸化圧力を、出す。 糖尿病性の複雑化を作り出すのはこれらの変更である。 新しい調査は、重要なSIRT-1システムのことを活動化によるresveratrolが糖尿病の細胞酸化圧力そして生じる発火を禁じることを示す。58,59

ResveratrolはSIRT-1に対する効果によってインシュリンの感受性を改善する。58,60 新しく、非常に詳しいデータはこれらの利点がそれらがインシュリンおよびブドウ糖をもっと効果的に使用するようにする血糖レベルを減らすのを助ける細胞の新陳代謝の感知の細道を刺激するresveratrolの能力から起こることを明らかにする。61

ブドウ糖傷つけられた血管は頭脳および中心のティッシュの血の流れを調整する機能を失い心臓発作および打撃の損傷に貢献する。 慢性のresveratrolの処置は最近糖尿病性動物の血管の敏感さを元通りにするためにあってしまった。40

これらの基本的なメカニズムの結果として、resveratrolは糖尿病性の複雑化の事実上すべての形態に対して保護で約束を示している。 Resveratrolは神経機能の糖尿病性のフィート シンドローム、破壊的な損失およびその血の流れをたくさんの切断の結果毎年扱うか、または防ぐことで有利かもしれない。62 Resveratrolの処置は2011動物実験の酸化圧力そして発火の調節によって糖尿病性の腎臓病の進行を遅らせた。63 筋肉無駄になることおよび混乱した脂質新陳代謝は糖尿病で共通である; resveratrolは1つの最近の調査の両方の問題を改善した。64 異常な血管のleakinessは糖尿病性の眼疾患の主要な原因、早い糖尿病の動物モデルのresveratrolの処置によって今妨げることができる条件である。65

概要

2010の国際会議は米国の10の導く年齢関連の死因の5を戦うためにresveratrolが12の主メカニズムによって作動することが分った。

解放される調査は、および時として逆防ぐ、その時以来更にresveratrolの力慢性疾患と関連付けられる生物的変更および老化を明白にし、増幅する。 有力な証拠は好意的に心臓病、癌、打撃、アルツハイマー病および糖尿病の手始めで関係する要因を調整するresveratrolの能力のために今利用できる。

この記事の科学的なコンテンツの質問があったら、1-866-864-3027で 生命延長 ®の健康の顧問を 呼びなさい

参照

1. Jang M、CAI L、Udeaniは、等resveratrol、ブドウから得られる天然産物の蟹座のchemopreventive活動行く。 科学。 1月1997日10日; 275(5297): 218-20。

2. Vang O、Ahmad N、Baileカリフォルニア、等。 何が古い分子のために新しいか。 resveratrolの使用の組織的検討そして推薦。 PLoS 1。 2011年; 6(6): e19881.

3. で利用できる: http://www.cdc.gov/nchs/fastats/lcod.htm。 2011年8月31日アクセスされる。

4. Dolinsky VW、Dyck JR。 心血管の健康および病気のカロリーの制限そしてresveratrol。 Biochim Biophysのアクタ。 7月2011日1.日。

5. ChanはV、Fenning A、Iyer A、Hoey A、ブラウンL. Resveratrol DOCA塩の高血圧のラットの心血管機能を改善する。 Curr Pharm Biotechnol。 3月2011日1日; 12(3): 429-36。

6. Subramanian M、Balasubramanian P、Garver Hは、等慢性estradiol-17betaの露出rostral ventrolateral髄質のスーパーオキシドの生産を高め、高血圧を引き起こす: resveratrolによる逆転。 AM J Physiol Regul Integr Comp Physiol。 6月2011日; 300(6): R1560-8.

7. Azorin-Ortuno M、ヤニェスGascon MJ、resveratrolの低い線量の長期消費のGonzalezSarrias Aの等ブタの食事療法誘発の穏やかな高脂血症に対する効果: 病気の防止へのtranscriptomicアプローチ。 J Nutr Biochem。 8月2011日16日。

8. Bastin Jの軽走肋骨A、resveratrolへのDjouadi F. Exposureは人間の脂肪酸の酸化不十分な繊維芽細胞の脂肪酸の利用の病理学の訂正を誘発する。 ハム雑音のGenet Molの。 5月2011日15日; 20(10): 2048-57年。

9. Robich MPのOsipovのRM、儲LMの等Resveratrolは新陳代謝シンドロームおよび心筋の虚血のブタの冠動脈疾患のための危険率を変更する。 Eur J Pharmacol。 8月2011日16日; 664 (1-3): 45-53。

10. Xia L、丁F、朱JH、Fu GS。 Resveratrolは高い剪断応力およびproinflammatory要因によって引き起こされる肺のmicrovascular endothelial細胞のapoptosisを減少させる。 ハム雑音の細胞。 9月2011日3.日。

11. Takemura A、Iijima K、Ota H、等Sirtuin 1は管の平滑筋細胞のhyperphosphatemia誘発の石灰化を遅らせる。 Arterioscler Thromb Vasc Biol。 9月2011日; 31(9): 2054-62年。

12. グティエレス ペレーズA、コルテスRojo C、NoriegaシスネロスRの等ラットの中心のmitochondriaのカルシウム誘発の酸化圧力に対するresveratrolの保護効果。 J Bioenerg Biomembr。 4月2011日; 43(2): 101-7。

13. Bruedigam C、Eijken M、Koedam M、千葉H、van Leeuwen JP。 人間の管の平滑筋細胞の鉱化のrosiglitazoneそしてresveratrolの反対の行為。 Jの細胞MolのCardiol。 7月2011日28日。

14. ヤンY、Wangはトロンボキサンa (2)人間の血小板によってX、チャンL、Hの血小板の活発化に対するZao Z.のresveratrolの抑制的な効果の受容器のアゴニスト引き起こした。 AM J Chin Med。 2011;39(1):145-59.

15. Mukhopadhyay P、Pacher P、Das DK。 ischemic中心のresveratrolのMicroRNAの署名。 アンN Y Acad Sci。 1月2011日; 1215:109-16。

16. Usta E、Mustafi Mの歩行者T、extracorporeal循環を模倣しているZiemer G. Resveratrolはそのままな人間の心臓ティッシュ-生体外のモデルのapoptosisを抑制する。 J Cardiovasc Surg (トリノ)。 6月2011日; 52(3): 399-409。

17. Sebai H、Sani M、Aouani Eのラットのlipopolysaccharide誘発の酸化圧力に対するresveratrolのGhanem-Boughanmi N. Cardioprotectiveの効果。 薬剤Chem Toxicol。 4月2011日; 34(2): 146-50。

18. で利用できる: http://www.cdc.gov/nchs/fastats/cancer.htm。 2011年8月31日アクセスされる。

19. Shukla Y、Singh R. Resveratrolおよび癌防止の細胞メカニズム。 アンN Y Acad Sci。 1月2011日; 1215:1-8。

20. Salado C、Olaso E、Gallot Nの等Resveratrolはinterleukin18の分泌そして効果の禁止によって発火依存した肝臓のメラノーマの転移を防ぐ。 J Transl Med。 2011;9:59.

21. Zahid M、Saeed M、Beseler C、例えばRogan、電気Cavalieri。 ResveratrolおよびN acetylcysteineはMCF-10Fの細胞の癌開始のステップを妨げる。 自由なRadic Biol Med。 1月2011日1日; 50(1): 78-85。

22. Patel KR、ブラウンVA、ジョーンズDJ、等resveratrolの臨床薬理学および大腸の癌患者の代謝物質。 蟹座Res。 10月2010日1日; 70(19): 7392-9。

23. ヤンYP、チャンYL、黄PIの等Resveratrolはtumorigenicityを抑制し、STAT3軸線の禁止によって細胞を始める第一次glioblastomaの腫瘍の放射線感受性を高める。 Jの細胞Physiol。 4月2011日18日。

24. Hsieh TC、Wong C、ベネットDJ、ウーJM。 乳癌の細胞のresveratrolそして派生物によるp53そして細胞増殖の規則: integrin alphavbeta3を目標とするsilicoおよび生化学的なアプローチで。 Int Jの蟹座。 1月2011日10.日。

25. ブラウンVA、Patel KR、Viskaduraki Mの等健康なボランティアの癌のchemopreventive代理店のresveratrolの繰り返しの線量の調査: インシュリンそっくりの成長因子の軸線に対する安全、pharmacokineticsおよび効果。 蟹座Res。 11月2010日15日; 70(22): 9003-11。

26. Chow HHの花輪LL、Hsu CHの等Resveratrolは薬物および発癌物質新陳代謝を健康な有志の調査の酵素の調整する。 蟹座Prev Res (Phila)。 9月2010日; 3(9): 1168-75。

27. Chatterjee M、Das S、Janarthan M、Ramachandran HK。 resveratrolに於いての5 lipoxygenaseの役割はラットの7,12-dimethylbenz (アルファ)アントラセン誘発の乳房の発癌の抑制を仲介した。 Eur J Pharmacol。 10月2011日1日; 668 (1-2): 99-106。

28. Oi N、Jeong CH、Nadas Jの等Resveratrol、赤ワインのポリフェノールはleukotrieneのahydrolaseの禁止によって、膵臓癌を抑制する。 蟹座Res。 12月2010日1日; 70(23): 9755-64。

29. Tili E、Michaille JJ。 Resveratrol、microRNAs、発火および癌。 Jの核酸。 2011;2011:102431.

30. Tili E、Michaille JJ、Adair Bの等ResveratrolはmiR663のJunBおよびJunDを目標とするmicroRNAをupregulatingによってmiR155のレベルを減らす。 発癌。 9月2010日; 31(9): 1561-6。

31. Tili E、Michaille JJのハンノキHの等ResveratrolはSW480細胞のTGFbetaシグナリング細道の腫瘍サプレッサーそして作動体を符号化する遺伝子を目標とするmicroRNAsのレベルを調整する。 Biochem Pharmacol。 12月2010日15日; 80(12): 2057-65年。

32. Trapp V、Parmakhtiar B、Papazian V、Willmott L、Fruehauf JP。 resveratrolの反angiogenic効果は減らされたVEGFによって仲介し、メラノーマendothelial細胞共同文化のTSP1表現を高めた。 Angiogenesis。 12月2010日; 13(4): 305-15。

33. Kunimasa K、Ohta T、Tani Hの等Resveratrolの派生物が豊富なmelinjo (Gnetumのgnemon L.)の種のエキスは多数のangiogenesis関連のendothelial細胞機能および腫瘍のangiogenesisを抑制する。 食糧MolのNutrのRes。 9月2011日21日。

34. la Porte C、Voduc N、チャンG、等TRANS resveratrol健康な人間の題材の食糧、ケルセチンおよびアルコール(エタノール)が付いている毎日二度2000年のmgの定常pharmacokineticsおよび許容範囲。 Clin Pharmacokinet。 7月2010日1日; 49(7): 449-54。

35. Albani D、Polito L、Signorini Aの異なったneurodegenerative無秩序のresveratrolのForloni G. Neuroprotectiveの特性。 Biofactors。 9月2010日; 36(5): 370-6。

36. Bastianetto SのQuirion R. Hemeのオキシゲナーゼ1: resveratrolのneuroprotective行為、多面的な栄養素ベースの分子を説明する別の可能なターゲット。 Exp. Neurol。 10月2010日; 225(2): 237-9。

37. Sakata Y、Zhuang H、Kwansa H、Koehler RC、Dore S. Resveratrolは実験打撃から保護する: ヘムのオキシゲナーゼ1. Exp. Neurolの推定の neuroprotective役割。 7月2010日; 224(1): 325-9。

38. Agrawal M、Kumar V、Kashyap MP、Khanna VK、Randhawa GSの動悸AB。 Ischemic侮辱はPC12細胞のapoptotic変更を引き起こした: TRANSのresveratrolによる保護。 Eur J Pharmacol。 9月2011日; 666 (1-3): 5-11。

39. 李C、沿Z、ヤンJの等ischemic傷害に対するresveratrolのNeuroprotectiveの効果はラットの神経伝達物質そしてneuromodulatorの解放の調整によって仲介した。 Neurochem Int。 2月2010日; 56(3): 495-500。

40. Arrick DM、日曜日H、Patel KPのMayhan WG。 慢性のresveratrolの処置はタイプ1の糖尿病患者のラットの大脳の小動脈の管の敏感さを元通りにする。 AM J Physiolの中心Circ Physiol。 9月2011日; 301(3): H696-703.

41. Shin JA、リーH、Lim YKの水酸化カリウム溶液Y、Choi JH、公園EM。 実験ischemic打撃に続く激しい期間の間のresveratrolの治療上の効果。 J Neuroimmunol。 10月2010日8日; 227 (1-2): 93-100。

42. Saleh MC、Connell BJ、Saleh TM。 あらかじめ調整するResveratrolは細胞圧力蛋白質を引き起こし、NMDAおよびエストロゲンの受容器で仲介される。 神経科学。 3月2010日17日; 166(2): 445-54。

43. チャンF、ウーY. Resveratrolはischemic打撃のための有能な予防する代理人であるかもしれない。 J Formos Med Assoc。 8月2011日; 110(8): 485-6。

44. で利用できる: http://www.cdc.gov/nchs/fastats/alzheimr.htm。 2011年8月31日アクセスされる。

45. Kwon KJ、金HJ、Shin CY、SHハン。 Melatoninはベータ アミロイド誘発のneurodegenerationに対してAMP活動化させたプロテイン キナーゼの細道の調整によってresveratrolのneuroprotective特性を増強する。 J Clin Neurol。 9月2010日; 6(3): 127-37。

46. 日曜日AY、Wang Q、Simonyi A、日曜日GY。 neurodegenerative病気のための治療上の代理店としてResveratrol。 Neurobiol Molの。 6月2010日; 41 (2-3): 375-83。

47. Wang J、Fivecoat H、Ho Lの鍋Y、陵E、Pasinetti GM。 Sirt1の役割: 長寿の昇進とアルツハイマー病のneuropathologyに対する保護間の交差道路。 Biochim Biophysのアクタ。 8月2010日; 1804(8): 1690-4。

48. Albani D、Polito L、アルツハイマー病および他のneurodegenerative無秩序のための新しいターゲットとしてForloni G. Sirtuins: 実験および遺伝の証拠。 J Alzheimers Dis。 2010;19(1):11-26.

49. Feng Y、Wang XP、ヤンSG、等Resveratrolはベータ アミロイドのoligomeric細胞毒性を禁じるが、オリゴマーの形成を防がない。 Neurotoxicology。 11月2009日; 30(6): 986-95。

50. Granzotto A、Zatta P. ResveratrolはAbetaおよびAbeta金属の複合体の毒性に対して反aggregative細道によって主に掃気特性によってない機能する。 PLoS 1。 2011年; 6(6): e21565.

51. Kwon KJ、金JN、金MKの等Melatoninはubiquitin依存したproteasome細道の阻止によって共働作用してresveratrol誘発のヘムのオキシゲナーゼ1の表現を高める: neuroprotectionに於いての可能な役割。 J Pineal Res。 3月2011日; 50(2): 110-23。

52. resveratrolのリチャードT、Pawlusの広告、イグレシアスML、等Neuroprotectiveの特性および派生物。 アンN Y Acad Sci。 1月2011日; 1215:103-8。

53. Ladiwala AR、林JCのベールSSの等Resveratrolは以外細道のconformersに選択式にアミロイドAbetaの溶けるオリゴマーそして原繊維を改造する。 J Biol Chem。 7月2010日30日; 285(31): 24228-37。

54. リーEOの公園HJ、Kang JL、金HS、Chong YH。 Resveratrolはラットのhippocampal切れ文化の細胞外の信号調整されたキナーゼ1/2細道の阻止によってグルタミン酸塩仲介されたmonocyte chemotactic蛋白質1の表現を減らす。 J Neurochem。 3月2010日; 112(6): 1477-87。

55. Manczak M、毛PのCalkins MJはアルツハイマー病ニューロンのアミロイド ベータ毒性から、等Mitochondria目標とされた酸化防止剤保護する。 J Alzheimers Dis。 2010年; 20のSuppl 2: S609-31.

56. Vingtdeux V、Giliberto L、肇Hは、等resveratrolによるAMP活動化させたプロテイン キナーゼ シグナリング活発化アミロイド ベータ ペプチッド新陳代謝を調整する。 J Biol Chem。 3月2010日19日; 285(12): 9100-13。

57. で利用できる: http://www.cdc.gov/obesity/data/trends.html。 2011年8月31日アクセスされる。

58. Yun JM、Chien A、Jialal I、Devaraj S. ResveratrolはSIRT1を調整し、糖尿病性の環境の細胞酸化圧力を禁じる: 機械論的な洞察力。 J Nutr Biochem。 8月2011日1.日。

59. Ghanim HのSiaのCL、Abuaysheh S、等。 resveratrolを含んでいるPolygonumのcuspidatumのエキスの炎症抑制および反応酸素種の抑制の効果。 J Clin Endocrinol Metab。 9月2010日; 95(9): E1-8.

60. 騎士CM、グティエレスJuarez Rの逃亡TK、等Mediobasal Hypothalamic Sirtuin 1はラットのインシュリンの行為に対するResveratrolの効果のために必要である。 糖尿病。 9月2011日6.日。

61. Brasnyo P、Molnar GA、Mohas Mの等Resveratrolはインシュリンの感受性を改善し、酸化圧力を減らし、そしてタイプ2の糖尿病患者の患者のAktの細道を活動化させる。 Br J Nutr。 8月2011日; 106(3): 383-9。

62. Bashmakov YK、Assaad-Khalil S、Petyaev IM。 Resveratrolは糖尿病性のフィート シンドロームの処置で有利かもしれない。 Medの仮説。 9月2011日; 77(3): 364-7。

63. チャンCC、チャンCY、ウーYT、黄JPの円のTHは、LMを掛けた。 Resveratrolは酸化圧力、proinflammatory cytokinesおよびAMP活動化させたプロテイン キナーゼの調節によって糖尿病性のネフロパシーの進行を遅らせる。 J Biomed Sci。 2011;18(1):47.

64. 陳KH、チェンML、Jing YH、Chiu DT、Shiao MS、陳JK。 Resveratrolはstreptozotocin誘発の糖尿病性のラットで無駄になる新陳代謝の無秩序および筋肉を改善する。 AM J Physiol Endocrinol Metab。 7月2011日26日。

65. 金YH、金YS、Roh GS、Choi WS、Cho GJ。 Resveratrolはマウスの網膜の糖尿病誘発の早い管の損害そして血管内皮細胞増殖因子の誘導を妨げる。 アクタOphthalmol。 9月2011日13日。