生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2012年6月
私達がそれを見るように

テストステロン論争

ウィリアムFaloon著

エストロゲンの不均衡のOverlook Lethal Impact博士

生命 延長®が始まったときに広範囲の 血液検査を提供することは 1996年の人 に私達が 彼らのエストロゲンのレベルをなぜ点検していたか理解しなかった パネルをはめる。 当時背部は、エストロゲン女性にとってのだけ重要性のホルモンとして考慮された。

私達はエストロゲンのレベルが不均衡なとき、老化の人の退化的な病気の危険は急騰することを示す出版されたデータに基づいてエストロゲンをテストした。38,47-52 私達にとって16年前に余分なエストロゲンがアテローム性動脈硬化の開発に貢献することを示すレポートは 関心があった。74,75の 人間の臨床調査は十年が後で私達の疑いを確認したより多くを行なった。 わずかに高いエストロゲンのレベルを持つ人は打撃の彼らの危険を 倍増し、 冠動脈疾患のずっと より高い発生があった。43,76,77は また私達の早い観察温和な前立腺の拡大か 前立腺癌と示している 人は より高い血の エストロゲンのレベルあったことを明らかにした(および頻繁に低く自由なテストステロンの血レベルが)。78-81 それに続く臨床調査は私達の早い観察の確認を助ける。82-86

不十分なエストロゲンは、一方では、骨粗しょう症および 骨折人をし向ける。87,88

血のエストロゲンの レベルが 助けであるものが人の99%は今日 わからないという 事実はこの国家の 医学システムを 破産させている年齢関連の病気の伝染病を説明する。

JAMA)米国医師会医学総合誌で 出版された調査は慢性の心不全を用いる501人の血のestradiol 支配的なエストロゲン)を測定した。 quintile釣り合ったエストロゲンの人と比較されてquintile最も低いestradiolの人はquintile 最も高いestradiolの人は本当らしい133%才死ぬことだったが本当らしい217%才3年のフォローアップ の間に 死ぬことだった。39

quintileとの釣り合ったの 人は少数21.80そして 30.11 pg/mL間の 血清の estradiolの レベルを 死持っていた。 これは生命延長が長くオスのメンバーを 努力するのために 推薦してしまったこと事実上理想的な範囲である。

だれが133%高められた死亡率に苦しんだか最も高い quintile の人はのまたはそれ以上の血清のestradiolの レベルが 37.40 pg/mLあった。 217%高められた死亡率に苦しんだ 最も低いestradiolのグループは12.90 pg/mL以下血清のestradiolの レベルが あった

不均衡なエストロゲンを持つ人の死亡率の劇的増加は(すなわち、estradiolは余りに高くまたは余りに低く水平になる)驚かすことの急に何もではない。 それは容易に修正可能である覆いを取り、estradiolを測定し損う老化の人の臨床試験に深刻な欠点がなぜあるか説明する慣習的な心臓学の練習の大きく開いた穴の。

エストロゲンの不均衡の致命的な危険を明らかにするこの調査は慣習的な薬の知識の 米国医師会医学総合誌の牢獄で出版された、けれども医者はテストステロンの大きい線量が管理されるときはっきりと増加できるestradiolを説明するように続ける老化の人測定の総および/または自由なテストステロンが 水平にするが 、失敗の臨床試験を設計し。

低いテストステロンは前立腺癌の危険を高める

低いテストステロンは前立腺癌の危険を高める

前立腺癌の恐れは老化する人が若々しい範囲へ彼らの自由なテストステロンを元通りにすることからなぜ避けたか一流の理由である。 この心配を払いのけるためには、 生命延長は ずっと昔にあらゆる出版された調査を分析し、見つけられてテストステロンにより前立腺癌を引き起こすことを主張するための基礎がない。89-94

私達がメンバーのために毎年行うたくさんの血液検査からの私達の観察はこれを確認する。 私達が見つけたものは前立腺癌を引き締めるために低いテストステロンを持つ人が本当らしいようであることである。

陸標の本では、 テストステロンにより前立腺癌を 引き起こすこと生命(McGraw丘2008年)のテストステロン、アブラハムMorgentalerハーバード教授は完全に概念を疑った。95

低いテストステロンのレベルを持つ人に前立腺の癌肯定的なバイオプシーの増加されたパーセントがあることを医学の確立への爆弾が示す科学的な事実の先生によってMorgentaler蓄積行ったので来た何が。96,97

自由なテストステロンのレベルが老化の人で低下すると同時により高いテストステロンのレベルがPSAのレベル高めること神話を払いのけるのを更に助けるため(および推定上前立腺癌の危険を)、彼らのPSAのレベルはっきりと増加する私達の血液検査の分析はっきり編集される2つの図表(次のページで)ショーから。

最適の自由なテストステロンのレベルは何であるか。

テストステロンの不足に苦しむ人の数は実験室の参照範囲が「常態として低水準を」。途方もなく受け入れるほど高い

生命延長 の私達は 人が血の20から25 pg/mLの範囲で 彼らの 自由な テストステロンを 維持する ことを提案する。この 区域の専門知識との98他の人々は15 pg/mLが十分であると自由な テストステロンを 低く信じる。70

慣習的な血の実験室は、一方では、老化が低レベル血の自由なテストステロンの6.6 pg/mL 少しと人不合理に申し分なくあることを言う!

高い範囲の自由なテストステロンを維持する必要性に関する主流の薬の無知は老化の人の早期の不能そして死の重要な原因である。

生命延長が前にメンバーの自由なテストステロンの血レベルの調査を2年行なったときに、人 驚く86%に事実上あらゆる年齢関連の 病気 のための 危険度が高い にそれらを置く 自由なテストステロンのより少しにより15 pg/mLが あった。

自由なテストステロンは血で測定されるこのホルモンの生物学的に活動的な形態である。 193 ng/dLが十分 であると 総テストステロンの血レベルを見るとき、1つが700-900 ng/dLの 適度に 若々しい範囲のために努力するべきである慣習的な参照範囲がことを低い レベル 示すけれども、生命延長の私達が信じる範囲は悲惨に不十分である。

低いEstradiolおよびテストステロンは老化の人の死亡率を予測する

テストステロンの取り替えの薬剤の販売は共通の疾病の多くに低いテストステロンをつなぐ調査に応じて20折目よりもっと波立った。

老化した3,014人69-80 の調査ではテストステロンの血清のレベルおよびestradiolは4.5年の中間のフォローアップの間に測定された。 低いテストステロンを持つ人は低い estradiol の人は54%により多くの死苦しんだが、65%のより大きい 全原因の 死亡率があった。40

estradiolおよびテストステロンで低いそれらの人は二度死ぬためにがほとんど同様に本当らしかった(死亡率の 96%の増加)最適の範囲の人と比較されて。40

老化させた人のこの大きい調査は退化的な病気および死の より大きい 発生とテストステロンやestradiolの不均衡をつなぐ前に出版されたレポートを確証する。6,7,13-18

人はいかに自然にエストロゲンを作るか。

女性は彼女達の卵巣および他の生殖ティッシュの彼女達のエストロゲンのほとんどを総合する。

人がこの女性の解剖学に欠けているので、estradiolにテストステロンを変形させるaromataseと呼ばれる酵素を含むプロセスによってエストロゲンを作り出す必要がある。

老化の人に時々彼らの テストステロンが 余分なestradiolに変えるたくさんのaromataseの活動がある。 これは重大なテストステロンの枯渇でestradiolを危険な範囲に打ちつけている間起因する。

何人かの人はaromataseに 欠け、 エストロゲンの欠損に苦しむ。 他の人は自由なテストステロンおよびestradiol両方の低水準を引き起こすエストロゲンに変えるべき十分がないことそう少し内生テストステロンを作り出す。

幸いにも根本的な原因が、老化する人容易に最適の自由なテストステロンおよびestradiolの血清のレベルを達成できる。

自由なテストステロンはボディ中の細胞の受容器の場所に生物学的に利用できる自由な形態である。 自由なテストステロンの血はレベルを測定する老化の人のテストステロンの状態を査定する最も正確な方法である。

老化する人がいかに制御できるか彼らのエストロゲンは水平になる

私達がオスのメンバーが不十分で自由な テストステロンである 老化で生命延長で、すなわち、血清のより少しにより15 - 20 pg/mL観察する伝染性 問題。 余分なestradiolと一緒に伴われたとき(血清の 30 pg/mL に)、これは余分なaromataseの酵素活性に信号を送ることができる。

余分なaromataseは彼らのテストステロンのそれらを高くより好ましいestradiol --にさらしている間人を奪う。99 Aromataseはchrysin (植物のフラボノイド)および/またはオウシュウ トウヒの木(HMRlignan™)から得られるそれらのようなlignansの吸収性の形態と抑制することができる。100-104

これらの栄養素がestradiolを十分に減らさなければ私達は人が彼らの医者に0.5 mg低い線量のanastrolzoleのような低価格の 一般的な aromatase禁止の薬剤を週に二度規定するように 頼むことを 提案する。

aromataseがきちんと抑制されるとき、estradiolのレベルは安全な範囲により少ないテストステロンがestradiolに芳香化されているので自由なテストステロンは頻繁に増加するが、減る。

老化する人がいかに制御できるか彼らのエストロゲンは水平になる

何人かの人の必要性の項目テストステロンがなぜクリーム状になるか

人のボディのほとんどのテストステロンは睾丸から出る。 従って老化は精巣の出力の低下で起因し、若々しいレベルにこの重大なホルモンを元通りにするためにテストステロンのクリームの項目適用を要する。 理想のほとんどの老化の人のための自由な血清のテストステロンのレベルは20-25 pg/mL の間にある。

推量することができるようにほんのわずかのテストステロンの危険を自由なテストステロンおよびestradiol両方の致命的な不足作り出す人。 それは人はテストステロンが彼らのボディのestradiolを総合することを必要とするのである。 不十分なテストステロンの生産の前で、何人かの老化の人は低く自由なテストステロンおよび最も最近の調査に従ってほとんど4.5年の期間に死ぬ危険を倍増する低いestradiolに傷つきやすい!40

テストステロンの低下および老化

老化は 生命を支えるために必要なホルモンの減らされた レベル と一緒に伴われる。

テストステロンの レベルが 低下する と同時に、 死ぬ彼らの危険は著しく 増加する。105-107

心臓病は、7,19,63,73,108 骨粗しょう症テストステロンの不足、112-114を無駄にする 109-111および筋肉 強く 慢性の炎症性 13,115および neurodegenerative無秩序が あるように つながる。18,116人の ほとんどの医者は低いテストステロンを持つ人が前立腺癌の高められた発生を示すことを 学ぶために驚く。117-121

時期早尚に生命端のずっと前に、テストステロンの 欠損は 不況、122-125減らされた性欲 のような心理的な妨害 の形で 福利の感覚 の126-129および 損失明示できる。125,130

明るいニュースは若々しい範囲にテストステロンを元通りにするそれ容易に最低の費用で堪能である場合もあるである。

テストステロンおよびビタミンDの血レベルの最新の調査

この記事が終了されていたと同時に、冠状血管記録法のために参照された大きいグループの (2,069の人の 自由なテストステロンそして25-hydroxyvitamin Dの血レベルを測定した真新しい調査からの調査結果は解放された。131は 結果ビタミンDおよび テストステロン の最適の血の範囲を維持し損う人のために驚くことの 急に 何も ではなかった

この調査を行なっている研究者は年齢、ボディ固まり索引、活動的なたばこを吸うこと、身体活動、糖尿病、C反応蛋白質、流行する冠動脈疾患、血清カルシウムおよび副甲状腺のホルモンのような混同の要因を注意深く調節した。

これらの混同の要因を修正された調査の研究者の後でボディで25ヒドロキシ ビタミンDおよび自由なテストステロンのハイ レベルを持っている人々と比べてことが分った:

  • 自由なテストステロンまたは 25-hydroxyvitaimin D の不足は 全原因の死亡率( p=0.002)のための 40%高められた 危険で起因した;
  • 自由なテストステロン および25-hydroxyvitaimin D の不足は 全原因の死亡率( p<0.001)のための 111%高められた 危険で起因した。
  • 自由なテストステロン および25-hydroxyvitaimin D の不足は 心血管の死亡率( p<0.001)のための 77%高められた 危険で起因した;
  • 自由なテストステロンまたは 25-hydroxyvitaimin D の不足は 非心血管の死亡率( p=0.011)のための 60%高められた 危険で起因した;
  • 自由なテストステロン および25-hydroxyvitaimin D の不足は 非心血管の死亡率( p<0.001)のための 133%高められた 危険で起因した。
テストステロンやビタミンDの不足に応じての死亡率の これらの 急増は どの位まで主流の後ろに心臓学医が冠動脈疾患かと患者を扱うことにあるか明らかにする。 この調査は人を老化させることがビタミンDおよび自由なテストステロンの最適の血レベルを達成するように 努力するべきである こと それを 豊富に 明確に多くの生命延長オスのメンバーがずっと過去の三十年の間している何かさせる。

血のテストの重大な重要性

今日の慣習的な医者はブドウ糖、コレステロールおよびトリグリセリドを点検するために血液検査を規定しないがまれに彼らのオスの患者の自由なテストステロンおよびestradiolのレベルを点検する。

ものすごく高い死亡率を見るときこれらの重大なホルモン 不均衡と関連付けた、それは心臓発作の重要な数、打撃、骨折および他の退化的な病気が容易に予防可能であること著しく明白になる。

これらのホルモンの血液検査が普通所定の1つの理由は多くの保険会社がそれらの支払うことを断る事実および高い小売りの費用である。

生命延長Foundation®のメンバーとして、慣習的な医学の無知、高い値段、または保険会社の無関心によって犠牲になる必要がない。

低価格の血のテストのあなたの健康を受け持ちなさい

低価格の血のテストのあなたの健康を受け持ちなさい

自由なテストステロンおよびestradiolを含んでいる包括的な血液検査のパネルは商業実験室で$1,000のために小売りできる。 生命延長メンバーは血液検査の極度の販売の間に$199 だけ のためのこれらの 同じテストを得ることができる

あなたの血液検査の結果が自由なテストステロンやestradiolの不均衡を明らかにすれば、即時の是正処置を始める位置にある。 だけでなく、ことができ若々しいホルモンのバランスをあなたの生命を救う元通りにするしかしホルモンが最適の範囲に合わせられた後人(および女性頻繁に)彼らの生活環境基準の強化を経験する。

男性の 完全な記述 および 女性の パネルは この記事の端に見つけることができる。 容易に見るので、これらのパネルは多くの重要なテストを(総および自由なテストステロン、estradiol、ホモシステイン、C反応蛋白質およびDHEAのような)そのほとんど主流の医者の点検のための含んでいない。

私達が低価格の男性および女性のパネルに 25-hydroxyvitamin Dテストを加えた、 従って メンバーは 容易に彼らのボディの最適のビタミンDのレベルを達成できることをまた見る。

これらのテストを発注するとき、あなたのローカル エリアの血のデッサンの場所をリストする請求票は送られる。 任命は通常必要、あなたの便利で引かれるあなたの血があることができることを意味するでなく。

広範囲の男性や女性の血液検査のパネルを発注するため、ちょうど呼出し 1-800-208-3444。 それはあなたの継続的だった健康を保障するためにあなたが踏むことができる単一の最も重要なステップである。

血液検査の極度の販売は 2012年 6月4日終わる、従ってあなたの便利でいつでもその後引かれるあなたのテストをすぐに発注し、あなたの血を持つべきである。

長い生命のため、

長い生命のため

ウィリアムFaloon

参照

1. Bhasin S、ParkerのRA、Sattler F、等全身および地方脂肪質の固まりに対するテストステロンの補足および人間免疫不全の配分の効果は腹部の肥満の人をウイルス感染させた。 J Clin Endocrinol Metab。 3月2007日; 92(3): 1049-57。

2. 陳RY、Wittert GA、アンドリュースGR。 肥満に関連する相対的な男性ホルモンの不足および老人の新陳代謝の状態。 糖尿病Obes Metab。 7月2006日; 8(4): 429-35。

3. N、Haffner SM、Garg AのPeshockのRM、Grundy SMを減少させなさい。 性のステロイド ホルモン、上体の肥満およびインシュリン抵抗性。 J Clin Endocrinol Metab。 10月2002日; 87(10): 4522-7。

4. Boyanov MA、Boneva Z、Christov VG。 タイプ2の糖尿病、内臓の肥満および部分的な男性ホルモンの不足の人のテストステロンの補足。 老化の男性。 3月2003日; 6(1): 1-7。

5. Grossmann M、トマスMC、Panagiotopoulos Sは、等低いテストステロンのレベル糖尿病を持つ人のインシュリン抵抗性と共通そして準である。 J Clin Endocrinol Metab。 5月2008日; 93(5): 1834-40。

6. Traish AM、Saad F、Guay A。 テストステロンの不足の暗黒面: II。 タイプ2の糖尿病およびインシュリン抵抗性。 J Androl。 2009日1月2月; 30(1): 23-32。

7. Hak AE、Witteman JC、de Jong FHは、等内生男性ホルモンの低水準年配の人のアテローム性動脈硬化の危険性を高める: ロッテルダムの調査。 J Clin Endocrinol Metab。 8月2002日; 87(8): 3632-9。

8. ジョーンズRD、Nettleship JE、Kapoor D、ジョーンズHT、Channer KS。 老化の人のテストステロンそしてアテローム性動脈硬化: 意味された連合および臨床含意。 AM J Cardiovascは薬剤を入れる。 2005 5(3):141-54.

9. Langer C、Gansz B、Goepfert Cの等テストステロンは清掃動物の受容器のBIを調整し、大食細胞からのコレステロールの流出を刺激する。 Biochem Biophys Res Commun。 9月2002日6日; 296(5): 1051-7。

10. Herbst KL、Amory JK、Brunzell JD、Chansky HA、Bremner WJ。 人へのテストステロンの管理は肝臓のリパーゼの活動を高め、3週のHDLおよびLDLのサイズを減らす。 AM J Physiol Endocrinol Metab。 6月2003日; 284(6): E1112-8.

11. ALLHATの共同の研究グループのためのALLHATの役人そして調整者。 抗高血圧薬および心臓発作の試験を防ぐために脂質低下処置。 適度にhypercholesterolemic、高血圧の患者の主要な結果はpravastatinに対通常の心配ランダム化した: 抗高血圧薬および心臓発作の試験(ALLHAT-LLT)を防ぐために脂質低下処置。 JAMA. 12月2002日18日; 288(23): 2998-3007。

12. Cziraky MJ、ワトソンKE、Talbert RL。 低いHDLコレステロールを管理された心配の設定の残りの心血管の危険を減らすために目標とすること。 J Managの心配Pharm。 10月2008日; 14 (8つのSuppl): S3-28; クイズS30-1。

13. 70歳にわたる人の独特の味YJ、リーWJ、陳YT、等血清のテストステロンのレベルそして関連新陳代謝の要因。 J Endocrinolは投資する。 6月2007日; 30(6): 451-8。

14. Laaksonen DE、Niskanen L、Punnonen K、等性ホルモン、発火および新陳代謝シンドローム: 人口ベースの調査。 Eur J Endocrinol。 12月2003日; 149(6): 601-8。

15. Cutolo M、Seriolo B、Villaggio B、Pizzorni C、Craviotto C、Sulli A. Androgensおよびエストロゲンは慢性関節リウマチの免疫および炎症性応答を調整する。 アンNY Acad Sci。 6月2002日; 966:131-42。

16. Moffat SD、Zonderman AB、Metter EJのHarman SM、Resnick SM、Blackmanの氏。 血清の自由なテストステロンの集中の縦方向の査定は年配の人の記憶性能そして認識状態を予測する。 J Clin Endocrinol Metab。 11月2002日; 87(11): 5001-7。

17. Ohlsson C、BarrettカナーE、Bhasin Sは年配の人の心血管のでき事の減らされた危険と、等高い血清のテストステロン関連付けられる。 J AM Coll Cardiol。 10月2011日11日; 58(16): 1674-81。

18. Gouras GK、Xu H、総体RSの等テストステロンはAlzheimerのベータ アミロイドのペプチッドの神経の分泌を減らす。 Proc国民のAcad Sci米国。 2月2000日1日; 97(3): 1202-5。

19. Hogervorst E、Combrinck Mのスミス広告。 テストステロンおよび性腺刺激ホルモンは痴呆の人で水平になる。 神経のEndocrinol Lett。 6月2003日; 24 (3-4): 203-8。

20. Debing E、Peeters E、Duquet W、Poppe K、Velkeniers Bの頸動脈のatherosclerotic狭窄症を用いるヴァンDen Branden P.の人に制御と比較されるより低いテストステロンのレベルがある。 Int Angiol。 4月2008日; 27(2): 135-41。

21. 紛砕機M、van den Beld AWの馬蝿の幼虫ML、Grobbee DE、Lamberts SW、van der Schouw YT。 年配の人のcarotidアテローム性動脈硬化の内生性ホルモンそして進行。 循環。 5月2004日4日; 109(17): 2074-9年。

22. Khaw KT、Dowsett M、Folkerd E、等すべての原因に、人の心循環器疾患よる内生テストステロンおよび死亡率および癌: ノーフォーク(叙事詩ノーフォーク)の将来の人口調査の癌へのヨーロッパの将来の調査。 循環。 12月2007日4日; 116(23): 2694-701。

23. Altschule MD、Tillotson KJ。 不況の処置のテストステロンの使用。 NイギリスJ Med。 1948 239:1036-8.

24. 、YeapのBB操作、Almeida Hankey GJ、Jamrozik Kの明滅のL. Lowのの老人の憂鬱な徴候の可能性としては治療可能な原因として自由なテストステロンの集中。 アーチGENの精神医学。 3月2008日; 65(3): 283-9。

25. Cherrier MM、Plymate S、Mohan S、等健康な老人のテストステロンの補足およびインシュリンそっくりの成長の要因私レベルおよび認知間の関係。 Psychoneuroendocrinology。 1月2004日; 29(1): 65-82。

26. Mårin P、Krotkiewski Mの中年の、肥満の人のBjörntorp P. Androgenの処置: 新陳代謝、筋肉および脂肪組織に対する効果。 Eur J Med。 10月1992日; 1(6): 329-36。

27. Snyder PJ、Peachey H、テストステロンの処置のHannoush Pの等65年齢にわたる人の骨のミネラル密度に対する効果。 J Clin Endocrinol Metab。 6月1999日; 84(6): 1966-72年。

28. Kenny AM、Kleppinger A、Annis K、等低いbioavailableテストステロンのレベルを持つ老人の骨そして筋肉に対するtransdermalテストステロンの効果、低い骨の固まりおよび物理的なもろさ。 J AM Geriatr Soc。 6月2010日; 58(6): 1134-43。

29. Malkin CJ、Pugh PJ、Morris PD、Asif SのジョーンズのTH、Channer KS。 冠状中心のiseaseの人の低い血清のテストステロンそして高められた死亡率。 中心。 11月2010日; 96(22): 1821-5。

30. Ahlbom E、Prins GS、Ceccatelli S. Testosteroneは酸化圧力誘発の細胞死から受容器によって仲介されるメカニズムを通してcerebellar微粒の細胞を保護する。 頭脳Res。 2月2001日23日; 892(2): 255-62。

31. パイクCJ、Carroll JC、ロサリオER、Barron AM。 アルツハイマー病の性のステロイド ホルモンの保護作用。 前部Neuroendocrinol。 7月2009日; 30(2): 239-58。

32. Hogervorst E、Bandelow S、Combrinck Mのスミス広告。 低く自由なテストステロンはアルツハイマー病のための独立した危険率である。 Exp. Gerontol。 2004日11月12月; 39 (11-12): 1633-9。

33. に関してパーキンソン病の準備ができた、Jフリードマン、J優美、H. Testosteroneのフェルナンデス不足そして無感動: パイロット・スタディ。 J Neurol Neurosurgの精神医学。 9月2004日; 75(9): 1323-6。

34. Boutron、I.、Dutton、S.、Ravaud、P.およびD.G. Altman。 2010. 第一次結果のための統計的にnonsignificant結果を用いるランダム化された管理された試験の報告そして解釈。 JAMA. 303(20): 2058-64.

35. Leape LL、Brennan TAの地主N、等。 入院させた患者の不利なでき事の性質。 ハーバード医療行為の調査II.の結果。 NイギリスJ Med。 1991 324(6):377-84.

36. で利用できる: http://www.amcp.org/data/jmcp/CE_V7_61-68.pdf。 2012年1月16日アクセスされる。

37. Cohenのページ。 人の肥満: ブドウ糖ホメオスタティスに対するhypogonadalエストロゲンの受容器関係そして効果。 Medの仮説。 2008 70(2):358-60.

38. 肥満のZumoff B. Hormonalの異常。 アクタMed Scand Suppl。 1988 723:153-60.

39. シストリック慢性の心不全を用いる人のJankowska EA、Rozentryt P、Ponikowska B. Circulatingのestradiolそして死亡率。 JAMA. 5月2009日13日; 301(18): 1892-901。

40. Tivesten A、Vandenput L、Labrie F、等低い血清のテストステロンおよびestradiolは年配の人の死亡率を予測する。 J Clin Endocrinol Metab。 7月2009日; 94(7): 2482-8。

41. Mohamad MJ、Mohammad MA、Karayyem M、Hairi A、Hader AA。 激しい心筋梗塞を用いる人の性ホルモンの血清のレベル。 神経のEndocrinol Lett。 4月2007日; 28(2): 182-6。

42. Cao J、ズーH、朱BP、等性ホルモンおよび男性ホルモンの受容器: 年配の人の冠状心臓病の危険率。 Chin Med Sci J.3月2010日; 25(1): 44-9。

43. Barud W、Palusinski R、Beltowski J、等発火のマーカー間の関係および老人のestradiol。 Med Sci Monit。 12月2010日; 16(12): CR593-7.

44. Boyle JJ。 冠状プラクの破裂およびatherosclerotic発火の連合。 J Pathol。 1月1997日; 181(1): 93-9。

45. Pugh PJ、Channer KSの回避H、Downes TのJoneのTH。 生物利用できるテストステロンのレベルは鋭く次の心筋梗塞人の落ちる: fibrinolytic要因の連合。 Endocr Res。 8月2002日; 28(3): 161-73。

46. Basaria SのCovielloの広告、Travison TGはテストステロンの管理と、等不利なでき事関連付けた。 NイギリスJ Med。 7月2010日8日; 363(2): 109-22。

47. 温和なprostatic増殖の前立腺のサイズのSuzuki K、Ito K、Ichinose Y、Kurokawa K、Suzuki T. Endocrineの環境および容積は血清のエストロゲンの集中に関連する。 Scand J Urol Nephrol。 3月1995日; 29(1): 65-8。

48. Lindholm J、Eldrup E、心筋梗塞を用いる人の血しょうoestrogenの集中のWinkel P. Variability。 ダンMed Bull。 1990年の12月; 37(6): 552-6。

49. Usuki F、Nakazato O、Osame M、neuromuscular病気のIgata A. Hyperestrogenemia。 J Neurol Sci。 2月1989日; 89 (2-3): 189-97。

50. 小さいM、MacRury S、Beastall GH。 Oestradiolは前の心筋梗塞の有無にかかわらず糖尿病性の人で水平になる。 Q J Med。 7月1987日; 64(243): 617-23。

51. フィリップスGB。 糖尿病と心筋梗塞間のリンクとしてhyperestrogenemiaのための証拠。 AM J Med。 6月1984日; 76(6): 1041-8。

52. Klaiber EL、Broverman DM、Haffajee CI、Hochman JSは、GM、Dalen JEを袋に入れる。 血清のエストロゲンは激しい心筋梗塞を用いる人で水平になる。 AM J Med。 12月1982日; 73(6): 872-81。

53. で利用できる: http://www.webmd.com/heart-disease/news/20100622/high-testosterone-may-raise-heart-risk。 2012年3月19日アクセスされる。

54. Assmann G、Nofer JR。 高密度脂蛋白質のAtheroprotectiveの効果。 AnnuのRev. Med。 2003 54:321-41.

55. Attia N、Nakbi A、Smaoui Mは冠動脈疾患のタイプ2の糖尿病性の主題の損なわれた細胞コレステロールの流出と、等高められたリン脂質の移動蛋白質の活動関連付けた。 Tohoku J Exp. Med。 10月2007日; 213(2): 129-37。

56. ウーFC、フォンEckardstein A.の男性ホルモンおよび冠動脈疾患。 EndocrのRev。 4月2003日; 24(2): 183-217。

57. Traish AM、Abdou R、Kypreos KE。 男性ホルモンの不足およびアテローム性動脈硬化: 脂質リンク。 Vascul Pharmacol。 2009日11月12月; 51 (5-6): 303-13。

58. Cucuianu M、コカノキM、Hancu N. Reverseのコレステロールの輸送およびアテローム性動脈硬化。 小型検討。 Rom JのインターンMed。 2007 45(1):17-27.

59. YeapのBB、ハイドZ操作、Almeida等。 人の古いより70年では、総テストステロンは自由なテストステロンが年齢と低下する間、安定している残る。 Eur J Endocrinol。 5月2007日; 156(5): 585-94。

60. ウイルソンPW、アンダーソンKM、ハリスT、Kannel WB、Castelli WP。 総コレステロールの変更および年齢のHDL-Cの決定要因: Framinghamの調査。 J Gerontol。 11月1994日; 49(6): M252-7.

61. Eckardstein A、ウーFC。 テストステロンおよびアテローム性動脈硬化。 成長Horm IGF Res。 8月2003日; 13のSuppl AS72-S84。

62. Nettleship JEのジョーンズのTH、Channer KS、ジョーンズRD。 生理学的なテストステロンの取り替え療法は脂肪質の縞の形成を減少させ、Tfmのマウスの高密度脂蛋白質のコレステロールを改良する: 古典的な男性ホルモンの受容器の独立者である効果。 循環。 11月2007日20日; 116(21): 2427-34。

63. Jankowska EA、ビールB、Majda Jの等慢性の心不全を用いる人の同化不足: 存続の流行そして有害な影響。 循環。 10月2006日24日; 114(17): 1829-37。

64. Kapoor D、Malkin CJ、Channer KSのジョーンズのTH。 人の男性ホルモン、インシュリン抵抗性および血管疾患。 Clin Endocrinol (Oxf)。 9月2005日; 63(3): 239-50。

65. BarrettカナーE、Khaw KT、円SS。 dehydroepiandrosteroneの硫酸塩、死亡率および心循環器疾患の前向き研究。 NイギリスJ Med。 12月1986日11日; 315(24): 1519-24。

66. 森山町Y、Yasue H、Yoshimura M、等。 dehydroepiandrosteroneの硫酸塩の血しょうレベルは厳格に比例して慢性の心不全を用いる患者で減る。 J Clin Endocrinol Metab。 5月2000日; 85(5): 1834-40。

67. Herrington DM。 Dehydroepiandrosteroneおよび冠状アテローム性動脈硬化。 アンNY Acad Sci。 12月1995日29日; 774:271-80。

68. フェルドマンHA、ヨハネスのCB、Araujo AB、等中年の人の低いdehydroepiandrosteroneおよび虚血性心疾患: マサチューセッツ男性の老化からの将来の結果は調査する。 AM J Epidemiol。 1月2001日1日; 153(1): 79-89。

69. Thijs L、Fagard R、Forette F、Nawrot T、Staessen JA。 低いdehydroepiandrosteroneの硫酸塩のレベルは心循環器疾患のために予言するか。 将来および回顧調査の検討。 アクタCardiol。 10月2003日; 58(5): 403-10。

70. Turhan S、Tulunay C、Gulec S、等。 人の男性ホルモンのレベルと早期の冠動脈疾患間の連合。 Coron動脈Dis。 5月2007日; 18(3): 159-62。

71. Militaru C、Donoiu I、Dracea O、Ionescu DD。 激しい心筋梗塞を用いる人の血清のテストステロンそして短期死亡率。 Cardiol J.2010年17(3): 249-53。

72. 心循環器疾患のVikan T、Schirmer H、Njølstad I、Svartberg J. Endogenousの性ホルモンおよび将来連合および人の死亡率: Tromsøの調査。 Eur J Endocrinol。 9月2009日; 161(3): 435-42。

73. Pugh PJ、ジョーンズRD、西JNのジョーンズのTH、Channer KS。 慢性の心不全を用いる人のためのテストステロンの処置。 中心。 4月2004日; 90(4): 446-7。

74. Jeppesen LL、Jørgensen HS、中山町H、Raaschou HO、オルセンのTS、激しいischemic打撃を持つ人のWinther K. Decreasedの血清のテストステロン。 Arterioscler Thromb Vasc Biol。 6月1996日; 16(6): 749-54。

75. フィリップスGB、Pinkernell BH、Jing TY。 人の冠動脈疾患のhypotestosteronemiaの連合。 Arterioscler Thromb。 5月1994日; 14(5): 701-6。

76. 年配の人の打撃のAbbott RD、Launer LJ、ロドリゲスBL、等血清のestradiolそして危険。 神経学。 2月2007日20日; 68(8): 563-8。

77. Wranicz JK、Cygankiewicz I、Rosiak M、Kula P、Kareba W。 冠動脈疾患の人の性ホルモンと脂質のプロフィール間の関係。 Int J Cardiol。 5月2005日11日; 101(1): 105-10。

78. Krieg M、Nass R、正常な、hyperplastic人間の前立腺の上皮そしてstromaの5アルファdihydrotestosterone、テストステロン、estradiolおよびestroneの内生レベルに対する老化のTunn S. Effect。 J Clin Endocrinol Metab。 8月1993日; 77(2): 375-81。

79. Gann PH、Hennekens CH、Longcope C、Verhoek-Oftedahl W、Grodstein F、Stampfer MJ。 血しょうホルモン レベルの前向き研究、温和なprostatic増殖のnonhormonalの要因および開発。 前立腺。 1月1995日; 26(1): 40-9。

80. Shibata Y、Ito K、Suzuki Kは老化の人間の前立腺の転移の地帯の内分泌の環境で、等変わる: 人間のprostatic組織学的な構成とのprostatic性のステロイドそして比較の同時定量分析。 前立腺。 1月2000日; 42(1): 45-55。

81. Prins GS、黄LのシラカバL、Pu Y。 前立腺の正常で、異常な開発に於いてのエストロゲンの役割。 アンN Y Acad Sci。 11月2006日; 1089:1-13。

82. Prins GS、Korach KS。 正常な前立腺の成長および病気に於いてのエストロゲンおよびエストロゲンの受容器の役割。 ステロイド。 3月2008日; 73(3): 233-44。

83. Matsuda T、Abe H、温和なprostatic増殖間のSuda K. Relationおよび肥満およびエストロゲン。 Rinsho Byori。 4月2004日; 52(4): 291-4。

84. Ho CK、ナンダJの行商人KE、Habib FK。 Oestrogenおよび温和なprostatic増殖: 男性ホルモンからのstromal細胞増殖そしてローカル形成に対する効果。 J Endocrinol。 6月2008日; 197(3): 483-91。

85. SinghのPB、Matanhelia SS、マーティンFL。 前立腺の腺癌の進行の潜在的なパラドックス: 開始の運転者としてoestrogen。 Eur Jの蟹座。 5月2008日; 44(7): 928-36。

86. Giton F、de la Taille、Allory Yの等Estroneの硫酸塩(E1S)、前立腺癌(PCa)の腫瘍の積極性のための予想のマーカー。 JのステロイドBiochem Mol Biol。 3月2008日; 109 (1-2): 158-67。

87. MellströmにD、Vandenput L、Mallmin H、等低い血清のestradiolの老人および高い血清SHBGにひびの高められた危険がある。 Jは抗夫Resの骨を抜く。 10月2008日; 23(10): 1552-60。

88. Pernow Y、Hauge EM、Linder K、Dahl E、男性の独特の骨粗しょう症でhistomorphometry Sääf M. Bone。 CalcifのティッシュInt。 6月2009日; 84(6): 430-8。

89. 抗夫MMのSeftelの広告。 テストステロンおよび老化: 私達は何薬のレポートの協会以来学び、もの前方にあるか。 Int J Clin Pract。 4月2007日; 61(4): 622-32。

90. タンRS、Salazar JA。 老化の人のテストステロンの取り替え療法の危険。 専門家のOpinの薬剤Saf。 11月2004日; 3(6): 599-606。

91. Rhoden EL、Averbeck MAのTelokenのPE。 前立腺癌のための処置を経ている人の男性ホルモンの取り替え。 Jの性Med。 9月2008日; 5(9): 2202-8。

92. Morgentaler A. Testosteroneの取り替え療法および前立腺癌。 Urol Clinの北AM。 11月2007日; 34(4): 555-63。

93. Raynaud JP。 テストステロン扱われた人の前立腺癌の危険。 JのステロイドBiochem Mol Biol。 12月2006日; 102 (1-5): 261-6。

94. 老化の男性のGooren L. Androgenの不足: 男性ホルモンの補足の利点そして危険。 JのステロイドBiochem Mol Biol。 6月2003日; 85 (2-5): 349-55。

95. 生命のMorgentaler A. Testosterone。 McGraw丘; 2008.

96. Schatzl G、Madersbacher S、Thurridl Tは低い血清のテストステロンのレベルと、等高級な前立腺癌関連付けられる。 前立腺。 4月2001日; 47(1): 52-8。

97. ホフマンMA、DeWolf WC、Morgentaler A。 低い血清の自由なテストステロンは高い等級の前立腺癌のためのマーカーであるか。 J Urol。 3月2000日; 163(3): 824-7。

98. Faloon W. Physician'sガイド: 安全に減量を引き起こす血液検査を使用して。 生命延長雑誌。 6月2009日; 15(6): 42-63。

99. Leder BZ、Rohrer JL、Rubin SD、ガロJ、低くか境界線低い血清のテストステロンを持つ年配の人のaromataseの阻止のLongcope C. Effectsは水平になる。 J Clin Endocrinol Metab。 3月2004日; 89(3): 1174-80。

100. Ta Nのbioavailableメチル化されたフラボンによるWalle T. Aromataseの阻止。 JのステロイドBiochem Mol Biol。 10月2007日; 107 (1-2): 127-9。

101. キャンベルDRのKurzer氏。 人間のpreadipocytesのaromataseの酵素活性のフラボノイドの阻止。 JのステロイドBiochem Mol Biol。 9月1993日; 46(3): 381-8。

102. Kellis JTジュニア、Vickery LE。 フラボンによる人間のエストロゲンのシンセターゼ(aromatase)の阻止。 科学。 9月1984日7日; 225(4666): 1032-4。

103. Saarinen NM、Warri A、Makela SI、等Hydroxymatairesinolの球果を結ぶ木からのantitumor特性が付いている新しいenterolactoneの前駆物質(Piceaは償う)。 Nutrの蟹座。 2000 36(2):207-16.

104. Wang C、Makela T、Hase T、Adlercreutz HのKurzer氏。 Lignansおよびフラボノイドは人間のpreadipocytesのaromataseの酵素を禁じる。 JのステロイドBiochem Mol Biol。 8月1994日; 50 (3-4): 205-12。

105. 海岸MM、松本AM、Sloan KLのKivlahanの先生。 オスのベテランの低い血清のテストステロンそして死亡率。 アーチのインターンMed。 8月2006日14日; 166(15): 1660-5。

106. 老人のLaughlin GA、BarrettカナーE、Bergstrom J. Lowのの血清のテストステロンそして死亡率。 J Clin Endocrinol Metab。 1月2008日; 93(1): 68-75。

107. 海岸MM、Moceri VM、Gruenwals DAは減らされた機能および高められた死亡率の危険と、等低いテストステロン関連付けられる: 老人のリハビリテーションの単位の人の予備の調査。 J AM Geriatr Soc。 2004 52:2077-81.

108. 英国KM、Mandour Oの馬RPのダイバーMJのジョーンズのTH、Channer KS。 冠動脈疾患の人に正常な冠状angiogramsの人より男性ホルモンの低レベルがある。 Eurの中心J.6月2000日; 21(11): 890-4。

109. タックSPのフランシス島のRM。 テストステロン、骨および骨粗しょう症。 前部Horm Res。 2009 37:123-32.

110. Arver Sのテストステロンの不足の診断のためのLehtihet M. Currentの指針。 前部Horm Res。 2009 37:5-20.

111. 老人のCawthon PM、Ensrud KE、Laughlin GA、等性ホルモンそしてもろさ: 人(MrOS)のosteoporoticひびは調査する。 J Clin Endocrinol Metab。 10月2009日; 94(10): 3806-15。

112. カメルHK、マースD、Duthie EH、病因に於いてのホルモンのJr.の役割およびsarcopeniaの管理。 薬剤の老化すること。 2002 19(11):865-77.

113. Marcell TJ、老人の骨格筋の受容器そしてmyostatinのmRNAを持つGHのHarman SM、都市RJ、等比較、IGF-Iおよびテストステロン。 AM J Physiol Endocrinol Metab。 12月2001日; 281(6): E1159-E64.

114. Bhasin SのStorer TW、Berman Nの等テストステロンの取り替えはhypogonadal人の無脂肪の固まりおよび筋肉サイズを増加する。 J Clin Endocrinol Metab。 2月1997日; 82(2): 407-13。

115. Maggio M、Basaria S、Ceda GP、等。 老人の発火のテストステロンと分子マーカー間の関係。 J Endocrinolは投資する。 2005 28 (11Suppl進行): 116-9。

116. 穏やかなアルツハイマー病のオスの患者および健康な年配の人の認知に対するテストステロンのLu PH、Masterman DA、Mulnard R、等効果および気分。 アーチNeurol。 2月2006日; 63(2): 177-85。

117. Morgentaler A、電気Rhoden。 4.0 ng/mLまたはより少しの前立腺特定の抗原のレベルを持つhypogonadal人間の前立腺癌の流行。 泌尿器科学。 12月2006日; 68(6): 1263-7。

118. Banach-Petrosky W、Jessen WJ、Ouyang Xは、等男性ホルモンの減らされたレベルへの長期暴露Nkx3.1の前立腺癌の進行を加速する; Ptenの突然変異体のマウス。 蟹座Res。 10月2007日1日; 67(19): 9089-96。

119. ホフマンMA、DeWolf WC、Morgentaler A。 低い血清の自由なテストステロンは高い等級の前立腺癌のためのマーカーであるか。 J Urol。 3月2000日; 163(3): 824-7。

120. Rhoden ELの前立腺癌のための危険度が高いのhypogonadal人のMorgentaler A. Testosteroneの取り替え療法: 1年間のprostatic intraepithelial neoplasiaの人の処置の結果。 J Urol。 12月2003日; 170 (6つのPt 1): 2348-51。

121. Morgentaler A、Bruning CO第3、DeWolf WC。 低い血清のテストステロンを持つ人の神秘的な前立腺癌は水平になる。 JAMA. 12月1996日18日; 276(23): 1904-6年。

122. 、YeapのBB操作、Almeida Hankey GJ、Jamrozik Kの明滅のL. Lowのの老人の憂鬱な徴候の可能性としては治療可能な原因として自由なテストステロンの集中。 アーチGENの精神医学。 3月2008日; 65(3): 283-9。

123. 法皇HGジュニア、Cohane GH、Kanayama G、AJ SiegelハドソンJI。 処理し難い不況の人のためのテストステロンのゲルの補足: ランダム化された、偽薬制御の試験。 AM Jの精神医学。 1月2003日; 160(1): 105-11。

124. SeidmanのSN、Rabkin JG。 SSRI処理し難い不況のhypogonadal人のためのテストステロンの取り替え療法。 JはDisordに影響を与える。 3月1998日; 48 (2-3): 157-61。

125. 老人のBarrettカナーE、フォンMuhlenn DG、Kritz-Silverstein D. Bioavailableのテストステロンそして落ち込んだ気分: ランチョ バーナードの調査。 J Clin Endocrinol Metab。 2月1999日; 84(2): 573-7。

126. Saad F、Gooren LJ、Haider A、Yassin A。 性機能障害のテストステロンの用量反応の調査およびテストステロンのゲルおよび非経口的なテストステロンのundecanoateを使用して新陳代謝シンドロームの特徴。 J Androl。 2008日1月2月; 29(1): 102-5。

127. Wang C、Cunningham G、Dobs Aは、等長期テストステロンのゲル(AndroGel)の処置性機能および気分、細いおよび脂肪質の固まりに対する有利な効果を維持し、hypogonadal人のミネラル密度を骨を抜く。 J Clin Endocrinol Metab。 5月2004日; 89(5): 2085-98年。

128. Arver S、Dobsように、Meikle AW、アレンRP、研摩機SW、Mazer NA。 テストステロンの不十分な人の性機能の改善は浸透によって高められたテストステロンtransdermalシステムと1年間扱った。 J Urol。 5月1996日; 155(5): 1604-8。

129. デイヴィッドソンJM、カマルゴ カリフォルニア、スミスER。 hypogonadal人の性の行動に対する男性ホルモンの効果。 J Clin Endocrinol Metab。 6月1979日; 48(6): 955-8。

130. 老化の人のAmore M. Partialのの男性ホルモンの不足そして神経精神病学の徴候。 J Endocrinolは投資する。 2005 28 (11のSupplの進行): 49-54。

131. Lerchbaum E、Pilz S、Boehm BO、文法TB、Obermayer-Pietsch B、低く自由なテストステロンおよび低いビタミンDのMärz W. Combinationは冠状血管記録法のために参照される老人の死亡率を予測する。 Clin Endocrinol (Oxf)。 2月の2012日22日。doi: 10.1111/j.1365-2265.2012.04371.x.

  • ページ
  • 1
  • 2