生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2012年6月
私達がそれを見るように

テストステロン論争

ウィリアムFaloon著
ウィリアムFaloon
ウィリアムFaloon
テストステロンのレベルは老化 の間に 若者、しかし鉛錘 高い。

効力の強制的な調査結果にもかかわらず、慣習的な医者はまだ人の成熟のテストステロンの 取り替えの 価値に質問する。 この手落ちにより不必要な 心臓発作および打撃を引き起こしている。

低いテストステロンは余分な腹部の脂肪、 インシュリンの感受性の1-4 損失と 、5,6および アテローム性動脈硬化 関連付けられる7,8

テストステロンの極めて重要な 役割は 余分なコレステロールを 幹線壁から 取除き 、処分のためのレバーに運ぶことをHDLが可能にすることである。 HDLを高めるこの効果は「逆のコレステロールの輸送」と名づけられ、幹線閉塞を防ぐことに重大である。9,10

心臓学医は定期的にLDL レバー からの動脈にコレステロールを運ぶ 脂蛋白質を下げるためにstatinの薬剤を規定する。 しかしこれらの同じ医者はHDLが 動脈のコレステロールの集結を取除くことを可能にするように 彼らの 患者の十分なテストステロンのレベルを維持し損う。 これはstatinの薬剤が機能HDLが幹線ライニングを余分なコレステロールの自由保つように要求するずっと老人で仕事に なぜ常に示されていないか1つの理由である。 11,12

多数の調査はボディ中の若々しい代謝過程の維持に於いての重大な役割をそのテストステロンの演劇文書化する。6,7,13-21 大きく新しい調査は老人の低いテストステロンの致命的な影響を確認する。22

恐い何が若々しいホルモン レベルを達成する方法をわからない医者が設計している 臨床試験はある。 これらの調査で登録する人は致命的な危険に テストステロン および エストロゲンの レベルが きちんとバランスをとられないので服従する。

人のボディ中の細胞はホルモンの テストステロンによって 活動化させる受容器の場所と 積まれる。 テストステロンがこれらの受容器の場所に結合して利用できるときよい事は頭脳 に利用できる 豊富なテストステロン に応じて高い気分および改善された認知のような起こる。23-25

筋肉ならば、骨、管の、または神経ティッシュ、テストステロンはあなたの細胞に若々しい方法でする重大な命令信号を提供する。テストステロンの レベルが減少するので8,26-33、退化的なプロセスは置いた。

新しい出版された調査はテストステロンの利点を確認する

新しい出版された調査はテストステロンの利点を確認する

かなりの興味のテストステロンの血レベルおよび心臓発作のような心血管のでき事および打撃間の関係はある。 暴露の新しい調査では、研究者は 処置に 影響を与えるあらゆる種類のテストステロンになかった2,416人を識別した(69-81年老化する)。 これらの人は総テストステロンおよびestradiol (エストロゲン)が含まれていた 血液検査の 電池 に服従した。

最初の観察はテストステロンの増加するレベル を持つ 人は糖尿病 高血圧 および 体脂肪の 固まり減らされた流行が あったことだった。 、それは二度低いテストステロンと最も高いテストステロンのレベルと人と比較されて同様に本当らしかった心循環器疾患の歴史が あるために。 最も高いテストステロンのレベルを持つ人が 最も物理的に 活発 だったことがまた 観察された17

人のこの大きいグループは5.1年の平均のために 続かれた。 総テストステロンの 最も高い 四分位数 の人は (550 ng/dL の上で)心血管のでき事 のより危険度が低い 30%があった。 従って550 ng/dLの下の総テストステロン どの レベルでも重要な高められた危険で起因し、に関して確立を合計のテストステロンが 心臓発作か脳卒中に対して守ることべきである最低ベースラインの助ける。

この グループで測定されたEstradiolのレベルは安全な範囲に大抵あることをようで、心血管のでき事の発生に影響を与えなかった。

データは心臓発作、打撃、不安定なアンギーナ、バイパス外科、またはstentingのための病院のレポートや死亡証明書に基づいていた表にされた。

老人のこの 大きいグループ の総テストステロンの4つの四分位数は次のとおりだった:

四分位数1: 340 ng/dLの下の テストステロン。

四分位数2: 341-438 ng/dL間の テストステロン

四分位数3: 439-549 ng/dL間の テストステロン

四分位数4: 550 ng/dLの上の テストステロン

興味の四分位数1、 2 および 3に心臓 不利な でき事 のほぼ同じ位の危険があったことが分ることはあった。 それは四分位数4に だけ( 総テストステロンが心血管のでき事 30%の減少によってが行われた 550 ng/dLを超過したときに)あった。

これらの人の総テストステロン非常に低かったら重要ではなかったことを見つける示されているこれ(340 ng/dLの下で)または適度に低く(549 までng/dL)…皆に心血管のでき事に苦しむための同じような高められた危険があった。 総テストステロンが超過したときにだけ 550 ng/dLは 心血管の危険の鉛錘をした。

見つける最も高い総テストステロンにcerebrovascular病気の発生のために一貫している、人 残るこれ (四分位数4)に 一過性脳虚血発作 または満開の打撃 の24% 減らされた危険が あった。 研究者は従来の危険率のための調節の後に減らされたcerebrovascular危険のこの連合に残った注意した。

この調査を行なった研究者による結論は次のとおりだった:

「より高い血清のテストステロンのレベル コミュニティ居住の年配の人の致命的で、重大でない心血管のでき事の減らされた危険と関連付けられる」。は  17

主流はKnow Nothing About Hormoneのバランスを博士

主流はKnow Nothing About Hormoneのバランスを博士

そう多くの死が医学の間違いによって直接なぜ引き起こされるか疑問に思ったら、人間臨床試験を設計する医者が間違える明らかなよりそれ以上に見てはいけない。34-36

老化する人がaromataseと呼ばれる酵素の余分な活動を持っていることの危険がある状態にあることが長く 知られてしまった。 残りのaromataseの 効果は たくさんのテストステロンがエストロゲン 変えられること である37,38

多くの老化の人が低いテストステロンおよびエストロゲンに両方 苦しむけれども 老化の 人に悲惨に不十分な テストステロン 結合されるエストロゲンの危険なほどにハイ レベルを開発する傾向がある。39,40

高いエストロゲンは 冠状動脈血小板の集合 そして凝固の促進 によってはっきりと 心臓発作の 危険を高めることができる。従って 人の41,42より高いエストロゲンはまた 不安定なプラクが冠状動脈を破裂させ、塞ぐことができる突然の心臓発作を作成する発火を高める。43-45

今度はちょうどテストステロンのクリームの巨大な線量が肥満、 高血圧、 糖尿病および上げられたLDLの高い流行の荒廃させた人に加えられる調査を設計することを想像しなさい。 これらの人(平均年齢74)はすべての苦しまれた限られた移動性および多数心循環器疾患を知っていた。 すべてのこれらの物理的に損なわれた人はベースラインで非常に 低い総 テストステロンのレベル( 平均 243ng/dL)があったが、医者は決して彼らのエストロゲンのレベルを 点検することを 迷惑を掛けなかった。

調査は6かから12かの数か月後に普通所定である何がテストステロンを受け取っている老いぼれた人が(線量でもっとより二度)不利な心血管のでき事の 4.6折目の 増加を示したので停止した。46

調査の目的は高線量のテストステロンのクリームがこれらの退化した人の強さそして移動性を改善できるかどうか見ることだった。 早い結果は筋肉強さの改善で有効であるためにそれを示したが余りにも多くの心血管のでき事が起こったので調査は停止しなければならなかった。

調査の著者はテストステロンのクリームがエストロゲンに変え、これらの 心臓 問題を起こすかもしれないことを是認した。 私の質問はそれらが始めのエストロゲンのレベルをテストし、高線量のテストステロンのクリームをか管理した後エストロゲンをなぜ監視しなかったかであるか。

単独で 肥満により人でエストロゲンのレベルは打ちつける。38は 太りすぎの人が胸を育てる理由腹部の脂肪質のティッシュがエストロゲンにテストステロンを変える 莫大な量 のaromataseを総合することである。 高いestradiolの肥満の人は強くaromatase禁止の代理店を取るように助言される。

従ってテストステロンの クリームの 大量服用を 加えることによって エストロゲンのレベルはこれらの不健康な人の多数で上向きに螺線形になると期待され異常な動脈血の凝固(血栓症) および発火によって加えられた 心血管のでき事にそれらを し向ける

これらの明らかな欠陥にもかかわらず、医学の主流でこの否定的な調査が広く循環され、助言の医者にテストステロンのクリームを慎重に規定するのに基礎として使用された。

これはテストステロンおよびエストロゲンがバランスの若々しい状態にあるときデータ 優位が 重要な保護効果を 示す ので不運 である。 ほとんどの出版された調査はエストロゲンのレベルが 余りに 低く余りに高いまたはとき死亡率の顕著な増加を示す証拠の大きいボディにもかかわらず人 のエストロゲンの レベルを 、見ない47-52

テストステロンの調査が一貫していないなぜか
テストステロンの調査が一貫していないなぜか
1つは2つの調査が結論の反対に完全ににいかに来ることができるか 疑問に思う かもしれない。

2,416人の2011 出版された 調査は総テストステロンの レベルが 550 ng/dLを超過したときに心血管のでき事の30%の 減少を 示した19

けれども出版されていないレポートはより少しにの2010年に総テストステロンが 495 ng/dLを超過したときにより700人がことを 心血管の でき事多くより倍増されて 示した解放した53

1つの問題は結果が是認するために専門家より多くをように変える相違の実験室の方法に関連している。 これはこれらの調査のいくつかが正確にテストステロンの血レベルを測定しないかもしれないことを意味する。 550 ng/dLの上の総テストステロンを持つ人で 心血管のでき事 の30%の減少を示す最新の肯定的な 調査では研究者は専ら前の 調査で使用される試験方法よりテストステロンの状態の正確な査定を提供する質量分析のベースの技術を使用した。

しかしより明らかな欠陥はアテローム性動脈硬化の 開発に、 血栓症およびそれに続く心臓発作および打撃かかわる多数の独立した危険率に関連している。 これらの他の危険率のいくつかが時々考慮される間、テストステロンの調査はすべてを含んでいないし、すべてブドウ糖および高血圧のような動脈有害な要因のための旧式の参照範囲に頼る。

出版されていない調査はより大きい中心の危険とテストステロンを関連付ける

2010年8月では、出版されていないレポートはテストステロンのハイ レベルは心臓発作から保護することを示す多数の出版された調査を否定した媒体で循環された。53

この否定報告は700人以下の調査に (65歳以上)基づき、より高いテストステロンを持つ人が心臓発作または他の心臓でき事の彼らの危険を倍増したことを主張された。

この調査の著者が是認する間、調査結果は予備で、1つの顕著な矛盾定義したことであり同業者審査されなく 495 ng/dLより大きいと高い テストステロンを。 ことを総テストステロンのレベルが550 ng/dLを超過したまで 心血管のでき事の30%の減少によってが行われなかった大いに より大きい (2,416人)出版された調査でリコールしなさい(この記事の始めに 記述されている

これらの調査のそう多数の典型的であるように、 エストロゲンの レベルは測定されないようではない従ってこの否定的な調査 これらの人のうちのどれかが心循環器疾患から保護するために必要な テストステロン およびエストロゲン 若々しい バランスが あったら私達はわからない。 (エストロゲンは最も高いテストステロンのレベルを持つ人で心血管のでき事の減少を示す調査 測定された。)

テストステロンが心臓発作からいかに保護するか

ほとんどの人々はHDLのより高い血レベルがアテローム性動脈硬化およびそれに続く心臓発作から保護することがわかっている。 少数が理解するものはHDLが幹線壁から組立コレステロールを取除くことを可能にすることに於いての重大な役割そのテストステロンの演劇である。

HDLは幹線壁からコレステロールを取除き、安全な処分のためのレバーに逆のコレステロールの輸送として知られているプロセス によって戻す。 テストステロンは幹線壁からのHDL誘発の逆のコレステロールの輸送を高める。9 テストステロンの独特な、人命救助の反atherosclerotic効果の1つである。

人が健康食によってそしてある特定の薬剤の取得によってコレステロールへの幹線壁の露出を減らすことができる間、一般人はまだレバー の外で)周辺ティッシュのコレステロールの約750 mgの毎日を総合する。 幹線壁からのコレステロール(すなわち逆のコレステロールの輸送)のHDL仲介された取り外しにゆがみがあれば、結果はアテローム性動脈硬化である。54

、テストステロン要求される私達のティッシュそして血管からの処理および処分のための私達のレバーへの余分なコレステロールの最適の輸送に別様に言った。 テストステロン不十分な州では、 逆のコレステロールの輸送は 妥協され、余分なコレステロールは幹線壁から取除くことができない。55-57

HDLおよびテストステロンのレベルは頻繁に老化の人間で落ちる。59,60は 低いHDLおよび低いテストステロンの組合せ事実上薬剤の巨獣のための利益の数十億のドルを毎年得る薬剤および管のステントのために需要がある爆発を保証する。

次に最適の状況の下で、HDLは幹線壁および輸送から除去のためのレバーに効率的にコレステロールをそれ(逆のコレステロールの輸送によって)取除く(大抵腸への胆管を通して)。 テストステロンの不足があるとき、HDLは幹線壁から残骸を取除くことでより少なく有効であり、レバーは血の流れからのコレステロールによって積まれるHDLの破壊でより少なく有効である。

この知識と武装させていて、まだテストステロンの補足の価値に質問する医学の確立が行うシャラードを過ぎて今見ることができる。

多数の十分制御の人間の調査は示し—より高いテストステロンのレベルが逆のコレステロールの輸送のことをことを加速によるボディ中の健康な血の流れの維持の 重大な役割を担うことをアテローム性動脈硬化を防ぐのをそれにより助ける。61,62

図表1。 テストステロンがHDLにいかに影響を与えるか
テストステロンがHDLにいかに影響を与えるか
  • テストステロンはレバーが明確余分なコレステロールのボディを安全に必要とする肝臓のリパーゼの酵素を上げる。
  • レバーは処理および処分のためのコレステロールの通風管を刺激するために機能する清掃動物の受容器B1と呼ばれる受容器を含んでいる。 テストステロンは有利に清掃動物の受容器B1を増加する。9
  • なお、レバー酵素はHDLの表面からリン脂質を取除くために肝臓のリパーゼ機能を呼び、助けは清掃動物の受容器B1によってこれらのHDL得られた脂質の通風管を高める。9,10,58
  • テストステロンは肝臓のリパーゼの活動を高める。10
  • 清掃動物の両方受容器B1および肝臓のリパーゼの活動を高めることによって、テストステロンは逆のコレステロールの輸送の増加、ティッシュから余分なコレステロールを取除き、処理および処分のためのレバーに運ぶプロセスを促進する。9,10
  • 重要な手取りポイントはHDLがアテローム性動脈硬化から保護することを可能にすることに於いての逆のコレステロールの輸送の重大な役割である。

 

低いテストステロンははっきりと冠動脈疾患の危険を高める

低いテストステロンと高められた冠動脈疾患の発生間の関係はずっと過去の二十年にわたる生命延長雑誌の® の複数の カバー 特色にされたトピックである。

1つの調査は45未成年冠動脈疾患と示されただれを年齢一致させた制御グループと比較したか人を評価した。 調査結果はこれらの若者の 適度に減らされた 自由なテストステロンの血レベルが の17.3 pg/mLの下で) 17.3 pg/mLの上の価値が あった 人と比較された早期の冠動脈疾患を開発する3.3折目のより大きい危険で起因した ことを 明らかにした70

見通しにこのテストステロンの血の読書を置くためには、使用しない老化の人はテストステロン後押しの栄養素または薬剤に頻繁に非常に低く自由なテストステロンの血レベル(血のより少なく より10 pg/mL)がある。 これらの同じ人に頻繁に危険地帯(40-50以下のmg/dL)で低いHDLの 血液検査の読書がある。

最近の調査は人の自由なテストステロンの増加の心血管の死亡率 低い血レベルを確認する。71,72

のはstatinの積極的な使用にもかかわらず薬剤を入れる心臓薬、心臓発作および打撃の他の前進は今でも今日の一流のキラーである驚異であり、か。

慢性の心不全のためのテストステロン

慢性の心不全のためのテストステロン

慢性の心不全は練習の不寛容そして息切れによって特徴付けられる不具になる条件である。 病気はまた厳しい筋肉無駄にを引き起こす延長された炎症性cytokineの活発化から起こる。 テストステロンは同化機能を高め、幹線膨張を改善し、心臓出力を増加し、そして炎症抑制の活動があると知られている。 低いテストステロンは心不全に苦しんでいる人の共通の特徴である。

興味深いレポートでは、62の平均年齢の20人はテストステロンか偽薬が2週毎に12週間注入されたランダム化された調査に加わった。 偽薬のグループと比較されて、テストステロンを受け取っている人はずっと歩く ことができる3.5 倍。中心 機能(頭脳のnatriureticペプチッド)の73の中間の徴候のスコアそして重大な血の測定はテストステロンを受け取っている人でない偽薬のグループで改良した。

改良された気分のスコアの方の傾向は重要であるテストステロンのグループで慢性の心不全を用いる人に不況の高い比率があるので注意された。 医者はテストステロンの処置の12週が体力および徴候の重要な改善をもたらしたことを結論を出した。73

図表2.の自然なホルモンは心臓病の死亡率を切る!

陸標の調査は自然なホルモン(自由なテストステロン、DHEAおよび慢性の心不全に苦しんでいる人の死亡率へのインシュリンそっくりの成長の要因1 [IGF-1])の関係を分析した。63は この箱の図表でこの調査からの調査結果表にされる。 1つが見ることができると同時により多くの人はこれらのホルモンのうちのどれかが不十分であると死ぬ。 この同じ図表はこれらのホルモンの2つ以上が不十分なとき破局的な死亡率を示す。63

自然なホルモンは心臓病の死亡率を切る!

多数の調査はより高いテストステロンまたはdehydroepiandrosterone (DHEA)のレベルが減らされた心臓病の危険と関連付けられることを明らかにする。64-69 DHEAはIGF後押しの栄養素および自然なテストステロンのクリームは現実的な価格でアメリカ人に利用できるが、低価格のサプリメントである。

心臓薬剤は薬剤の興味のための非道な利益を発生させる。 薬品会社はこうして高い処方薬の彼らの信頼を減らせばのに余りにも多くのアメリカ人が自然なホルモンを使用すれば巨大な経済的な損失に直面する。

テストステロンおよび打撃の危険

打撃のための危険を評価する1つの方法は頸動脈の厚さを測定するために超音波テストを経ることである。 余分な閉塞が検出されるとき頭脳に血の流れを元通りにするために、危険な外科的処置(carotid endarterectomy)は行われる。

2004年4月のアメリカの中心連合によって出版された1996年にと再度2000年に195の独自に生存年配の人のcarotid intima媒体の厚さを測定するのに調査では超音波が使用された。 研究者はまたこれらの人の自由なテストステロンの血レベルを測定した。

結果は厚くなっている低いテストステロンを持つ人はより高いテストステロンのレベル との それら よりcarotid intima媒体の3.57倍大きい進行があったことを示した。 これらの連合は体格指数、ウエストにヒップの比率、高血圧、糖尿病の独立者、煙り、血清コレステロール レベルだった。 完了される医者:

「低く自由なテストステロンのレベルは心血管の危険率とは関係なく年配の人の総頸動脈のintima媒体の厚化と関連していた。 21

  • ページ
  • 1
  • 2