生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2012年7月
レポート

蟹座の 機能性質の理解: ペットの価値

Kirk Stokel著

PREAMABLE

蟹座の機能性質の理解: ペットの価値

この記事の目的はそれらがよりよく患者に処置の選択を推薦することを可能にすることができる優秀なイメージ投射方法についての腫瘍学者を啓発することである。 それは非常に技術的であり、ほとんどの読者は理解するためにそれを挑戦することを見つける。 この記事は腫瘍学の専門家の癌そして彼らのチームと打たれるそれらのために意味される。 それは一般的な聴衆のためではない。

Kirk Stokel著

癌が打つとき、時機を得た、正確な情報は本質である。 それ余りに遅い前にすぐに正確な診断が作られればので、時間、より大きい病気の停止のチャンス。 癌が絶えず両方を自体変えるおよび環境である生物ので、情報。 している何を癌がどこに定着したが、またかだけでなく、知っていることは重大である: それはいかに急速にそれの破壊するか、または侵入の隣接したティッシュ育ったり、でしたり広がるそれにであるか。

医者は19世紀後半の医学のX線の発明以来の癌の物理的な位置についての少なくとも基本情報を学べた1-3 今日のCT (X線断層撮影)およびMRI (磁気共鳴イメージ投射)の走査器は異常な固まりのサイズ、形および他の解剖特徴についての絶妙な細部を提供する。 しかし他の技術は必要その場合、固まりが全く癌であるかどうか定めるためにであり積極的にいかにであるか広がり、侵入する。3

FDG (fluorodeoxyglucose)の分子

図1. FDG (fluorodeoxyglucose)の分子。 放射性ラベルか札によって電話されるFluorine 18 (F18)はサイクロトロンで作り出される。 細胞が新陳代謝で利用することが分子に加えられる; FDGの場合には、「親」分子はブドウ糖である。 F18はfluorodeoxyglucoseに終って酸素の分子を取り替える。 臨床医は通常このテストをように18F-FDG PET/CTスキャン発注する。

最近まで、 細胞 の新陳代謝の活動に 関連しているその 機能情報はバイオプシーのような侵略的な平均によってだけ得られか、または外科を開けることができる。 それの多くは未知の固まりについての ベテランの専門家をずいぶん 告げることができるいわゆる機能イメージ投射調査の出現で、今変わっている。 右手では、そのような情報はか焦点を傷つけるために専門家が悪性癌と温和な固まりの間で、伝染のティッシュ区別することを、可能にすることができる。

ポジトロン断層法、かペット スキャンは診断し、管理癌に関して診断イメージ投射の最も有用な形態の1つとして、急速に、特に現れている。 4-6 すべてのイメージ投射のように調査するが、ペット スキャンは未経験のための落とし穴に満ちている。 ペット走査器が病院でようであるので、解釈の標準化および結果の報告のためのますます高まる必要性がある。 とりわけ、スキャンを読み、それらを発注する医者に有益な情報を提供するベテランの医者のための必要性がある。

悲しげに、厳しさのそのレベルおよび専門知識は先生Radisphereのクリーブランド、オハイオ州で基づいて国民の放射線学のグループのための核薬そしてペット イメージ投射のディレクターに従ってリチャードBlack、国中で多くの病院で、欠けている。 私達は得、とりわけ落とし穴一般にスキャンする、ペットのよりよい理解を、またこの強力な新技術によって示された強さの明確な考えを読者に与えるために先生Blackにに最近追いついた。

なんとペット走査器始まろうする、そしていかに腫瘍または他の疑った固まりについての機能か新陳代謝情報を得るかの基本的な概要から。 それから私達はペット スキャンが敵意かの患者のために気遣うことでいかにの使用されているか先生Black'sののケースブックからの実質の患者に会う。 私達はペット スキャン技術の実用的な限定で簡潔に触れる。 それから私達はスキャンが解釈され、報告される方法ペットを変えるための先生Black'sのの進歩の努力に焦点を合わせる。 先生Blackはは米国中これらのイメージ投射調査から最高の利点を得ることを外国にそしてこうして割り当てる腫瘍学者および他の臨床医置かれる彼の顧客のための数万人の患者、の再生可能なレポートの分野を文字通り標準化される成長導いて。

ペット スキャンは何であるか。

ペット スキャン

図2. ペット スキャン。 PET/CTスキャンを経ていれば患者は熱心にブドウ糖をとている悪性腫瘍があれば、また18F-FDG (fluorodeoxyglucose)をとる。 FDGによって出た陽電子は患者内の電子と衝突する。 これはガンマ線(光子)の放出、ペット走査器のガンマ線の探知器によって取られるエネルギーで起因する。 走査器がガンマ線のマッチ ペアを検出するとき、ソフトウェア プログラムは原点を定め、三次元イメージ ペット スキャンを作成する。

ペット走査器は 慣習的な 放射線学の調査と完全に異なる技術の使用によって疑われた腫瘍についての機能情報を作り出す。 ペット操作のの方式のoperandi-the方法の本質は量子物理学の世界で基づいている。

ペット スキャンを行なうためには、技術者は放射性トレーサ材料を持つ患者を注入する。 最も一般的な材料はfluorodeoxyglucose、またはFDGである。 (図1.を見なさい) FDGは化学的に呼ばれるフッ素18 F.の放射性同位体につながるブドウ糖の分子 から成っている。 ブドウ糖のように、FDGはいろいろ専門にされた運送者および酵素システムを通した細胞にとられる。 能動態は細胞、より多くのブドウ糖もっと変形を伴ってあり、それ故に、FDGのとる。7つの 癌細胞は再生の急速な率のために非常に変形を伴って活発活発である; それは彼らがFDGを周囲の正常なティッシュよりはるかに熱心にとることを意味する。8-10

FDGの放射性フッ素の同位体は絶えず陽電子の流れ、電子の反物質の等量を出している。 陽電子が電子に出会うたびに、2つの粒子は組の光子(エネルギーの小さい包み)を放つ問題反物質の内破の互いを全滅させる。11は 光子ペット走査器に造られる探知器の信号を誘発する(図2)を見れば、強力なコンピュータは凝集性の3Dイメージにそれらの信号すべてを組み立てる。 最も強いブドウ糖の利用の区域は、従って、非常に高い可能性と癌の存在を示す高い新陳代謝の活動の区域として「」つく。7,9,11-13

当然、すべてのためのトレードオフがある。 それらが、新陳代謝の活動機能作り出す間 の鮮やかなイメージを細胞ペット スキャンは独自で非常に精密な解剖 映像を 作り出さない。 解決は詳しい解剖情報を提供できる慣習的なイメージ投射調査(通常CTスキャン)のそれらとペット スキャンの調査結果を結合することである。 興味のティッシュそして器官についての解剖および新陳代謝情報を診察医に与えるために記録のペットおよびCTの両方イメージを使うと「」、それらは容易に重ねることができる。 これは今日使用中のPET/CTスキャンである。

必要がある何を知る: 機能ペットの役割は蟹座の心配でスキャンする
機能ペットの役割は蟹座の心配でスキャンする
  • 癌の有効な処置は腫瘍サイズ、位置および成長率についての情報の急速で、正確な獲得を要求する。
  • 癌を診断することはまた発火の温和な固まりか場所と本当の敵意を区別する機能を要求する。
  • ほとんどの現代医用画像処理の技術は(腫瘍のティッシュがそれを囲む健康なティッシュと異なるかいかに固まりについての解剖か構造的情報ただ提供でき機能情報を提供しない。)
  • ペット スキャンは異常に高いブドウ糖の条件があるティッシュの区域を強調するのに量子物理学の原則を使用する; そのような区域は頻繁に癌である
  • ペット スキャンは癌の第一次診断と処置への患者の応答に続くことに非常に役立つが、解釈はいろいろ準備ができ作られた間違いに満ちている。
  • リチャードBlack先生は腫瘍学者を提供するためにペット スキャンの解釈に標準化された、限量化可能なアプローチのための彼のたゆみない実行主義の分野を導いて、この技術が提供しなければならない豊富な可能性の彼らの患者。

PET/CTスキャンはいかに使用されるか。

細胞新陳代謝の機能データの豊富な供給によって、ペット スキャンに腫瘍学で途方もない潜在性がある。 先生Blackははそれを指摘するたいと思い、必要があるものを、「個々の忍耐強い管理を促進し、最大限に活用するために彼または彼女が実際に知るペット スキャン レポートは臨床医に告げるべきである。 レポートは解釈なしにおよび説明調査結果の長く、複雑なリストべきではない。 何よりも大事なことは、ペット スキャンは変え、臨床医が患者を」。いかに管理するか助けられるべきである

先生Blackに従って、ペット スキャン正しくそして首尾よくCT、MRI、明白なフィルムのレントゲン写真術 等を 含んでいる慣習的な映像技術と比較される場合の30%の平均の忍耐強い管理を変えることができる。 他の専門家は38%その図を高く 推定するこれらの 調査結果が結果の巨大な影響に翻訳する毎年ある14、何百万の米国の癌の場合が。15の FDG PET/CTスキャンは悪性の損害から、評価の腫瘍の段階のために有用温和な区別であり、療法への応答を監視し、いろいろな敵意に腫瘍の再発を検出する。5

先生Black'sファイルおよび医学文献からの少数のケース スタディ、ちょうどペット スキャンが示すこと使用された、および管理で持っていた影響はかいかにここにある。

知られていた癌により高い段階を割り当てること

場合#1: 知られていた癌により高い段階を割り当てること。13は 腫瘍の外科取り外しに続くPET/CTスキャンによって第一次結腸癌の最近の診断の63歳の人評価された。 外科で、リンパ節への広がり、および腫瘍の転移は見つけられなかった。 しかしPET/CTの調査はより高い臨床段階に終って患者のレバーの転移を、明らかにした。 このような理由で見つけて、この患者のための処置の選択は劇的に変わった。

知られていた癌により低い段階を割り当てること

場合#2: 知られていた癌により低い段階を割り当てること。13は Merkelの細胞の癌腫、まれで、非常に積極的な皮膚癌の最近の診断の85歳の人、レバーの3つの別々の転移を提案したCTスキャンを経た。 PET/CTスキャンはmetastatic広がり、代りに完全に正常なレバー ティッシュを示したがことを確認するために行われた。 この患者の病気は「上演され」、彼は倹約された不必要な化学療法だった。

療法への患者の好反応の監視

場合#3: 療法への患者の好反応の監視。13,16は 2009年の4月の化学療法と扱われた肺癌の歴史の79歳の女性その年の7月のPET/CTスキャンを経た。 CTスキャンはまだ元の癌の場所で小節を示し、耐久性がある病気の提示として読まれた。 しかしペット スキャンは残りの腫瘍を実際示さない処置への完全な新陳代謝の応答を明らかにした。

療法への患者の好ましくない応答の監視

場合#4: 療法への患者の好ましくない応答の監視。13は 2010年の11月に扱われた肺癌を持つ72歳の女性彼女の応答を定める2011年2月のCTスキャンを与えられた。 彼女の腫瘍はサイズを変えなかったし、従ってスキャンは進行無しで安定した病気の提示として解釈された。 同じ日がより報知的、実際彼女の左の肺が非常に変形を伴って進歩的な病気を示す活発活発だったことを示すだったことPET/CTスキャン。 この患者は付加的な処置を要求した。

癌細胞
癌細胞

これらの場合のそれぞれでは、PET/CTの調査はティッシュの新陳代謝の活動についての有益な情報を提供した。 解剖データから得ることができなかったそのような情報は単独でCTによって提供した(または、外科の間の直接検査によって3、)。 これらの場合はPET/CTスキャンがいろいろ重要な方法で忍耐強い管理を変える説得力のある証拠を提供する。

今ペット技術の限定の一部を検査するこれらの限定を克服するために可能な有益な情報を得るために先生Blackががいかに働いているか学ぶ。

  • ページ
  • 1
  • 2