生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2012年7月
レポート

別の勝利 FDAの検閲に対して

ウィリアムFaloon著
ウィリアムFaloon
ウィリアムFaloon
FDAの検閲に対する別の勝利

連邦判事は 米国憲法に 再度 サプリメントの抗癌性の効果についての健康の要求を検閲することを試みたときに FDAを 違反した米国憲法修正第一項に支配したあることが。

この場合、緑の茶葉を販売している 会社は 「緑茶が前立腺および乳癌を防ぐかもしれないラベルで示したいと思った。」FDAは要求がまた次の声明を含んでいることを主張した:

FDAによっては要求のための少しだけ科学的な証拠があるので緑茶が危険を減らすかもしれないことが一致しない.”1

米国の地方裁判所は会社にラベルにこの否定的な声明を置かせるによってそれを伝達し合うこの健康情報の機能効果的に否定された支配した。 裁判官は 癌防止の要求を全体で無効にしない正確な放棄を起草するためにFDAを発注した。

この雑誌 の11月 2005日問題では、私は緑茶癌の討論のFDAの不合理な位置についての記事を書いた。 私の議論はその当時FDAが誤解し、見落された実質的な物が緑茶の癌の予防の効果についての証拠を出版したことだった。 それ以来、新しい調査の多くは共通癌に対して緑茶の保護効果を示した。 緑茶の3個のコップを飲んだ女性が37%。16 乳癌 の彼女達の危険を減らしたことを2-15 例えば 2009 調査、示されている

2011 国立癌研究所は 38%のアジア緑茶の酒飲みの前立腺癌の減少の 傾向を 示した13の調査の細心の検討を 出版した国立癌研究所は 示すことによって調査結果を要約した:

結論として、このメタ分析は緑茶紅茶が前立腺癌に対する保護効果をもたらすかもしれないこと特に支えたアジア人口で.”17

2012 レポートは年2035年までに、 平均家族が総所得を超過する医学の費用に直面することを結論した。これが 起こるずっと前に18,19、医療保障は支払い不能になる。

何かは財政の大災害からのこの国家を倹約するために徹底的に変わらなければならない。 明るいニュースはそこにである病気を防ぐより多くの認可された方法ある。 問題はFDAが公衆にこの情報を広めることからの会社を禁止するので公衆が暗闇で主として保たれることである。

この記事の次の部分は私が2005年に緑茶の討論の背部について書いたものをの重版 である。 最後の最後で科学に基づく健康の要求を検閲するFDAの機能を限る新しい手形を後援する必要性についてのあなたの議会の代表者に電子メールを送る機会はある。

生命延長 雑誌2005年11月

FDAの頭脳の中

FDAは緑茶が前立腺癌の危険を 」。減らすこと状態が、「それほぼ不可能であるという詳細レポートを解放した20は このレポートかなり啓発的であり、私達は生命延長®のメンバーとそれを共有すること適切なそれを 考えた。

FDAは健康の要求を認めるために決定するときかどうか証拠の多くを評価することそれを明確にさせた。 しかしこの証拠のほとんどはそれ以上の検討から代理店の標準に合わないので除去される。

緑茶および前立腺癌に多数の出版された調査の間、FDAは2つだけが標準に合ったことを定めた。 代理店によって引用された最初の調査は日によって減らされる前立腺癌が73%によって危険にさらす緑茶ことをの3個のコップを飲むそれ 示した21は 第2調査重要なデータを統計的に提供しなかったが、示したFDAに従って33%。22によって緑茶の毎日減らされた前立腺癌の危険の 2個から10個の コップを飲むそれを「両方の調査受け取った高く方法論的な品質評価を」。

これら二つの人間の調査に基づいて、FDAは緑茶の飲料のための次の健康の要求を認める:

「それ飲むことが緑茶この危険を減らすかもしれないことをそれ飲むことが緑茶前立腺癌の危険を減らすが、別の弱く、限られた調査が提案することを1つの弱く、限られた調査示さない。 これらの調査に基づいて、FDAは緑茶が前立腺癌の危険を」。減らすことはほぼ不可能であることを結論する23

FDAがこれらの「弱い」調査をなぜ呼ぶか

FDAがこれらの「弱い」調査をなぜ呼ぶか

FDAの金本位は動的機器および偽薬の腕から成っている堅く制御された調査である。 FDAによって選ばれた2つの緑茶の調査は前立腺癌の危険に対する緑茶の飲料の歴史的消費の効果を評価した。

調査はより大きい緑茶の消費その示した、より低い前立腺癌の危険。 しかしこれは人の半分が日緑茶の3個から残りの半分が偽薬の飲料を飲む間、10個のコップを飲む注意深く設計されていた調査程に大いにFDAに印象づけない。

前立腺癌の危険の73%の減少を示す 調査は重要 であることをFDAが是認する間、代理店は調査が示した非統計的重要な33%の危険の 減少 よりよい調査を取り消した信じる。 FDAに従って、「科学的な調査結果の写しである結果を立証して重要」。は20

省略された調査

緑茶および前立腺癌についての真実を見つけるためにFDAの要求が広く見直すために科学文献を1つの重要な調査見落される間。

堅く制御された臨床設定では、前悪性の前立腺の病気の人は緑茶の エキスまたは 偽薬の600のmg /dayを与えられた。 、人は緑茶のエキスを受け取ったこの前悪性の状態と偽薬を受け取った人と比較されて 前立腺癌を開発する 多分90%才だった。24

FDA 2とは違って緑茶の飲料の調査を精選した、この調査は代理店の堅い設計基準を満たし、と同時に「弱い」調査分類できなかった。

緑茶の補足は緑茶の飲料と異なることをFDAが論争するかもしれない間、事実はこの偽薬制御の調査があったが、FDAのレポートからこと省略された。 完了されるFDAのレポート:

「FDAの緑茶についての要求のための一般公開された科学的な証拠の総ボディの強さの検討に基づき、前立腺癌、FDAのランクの危険を修飾された健康の要求のための低レベルとしてこの証拠減らした。 上で与えられる理由のためにFDAは緑茶が前立腺癌の危険を」。減らすことはほぼ不可能であることを結論する23

FDAの新聞発表

FDAは緑茶に癌をことを防ぐことでほとんど価値があること世界に警告するために新聞発表を出したこと調査結果のとても自慢していた。25

マスコミは緑茶についてのFDAの否定的な調査結果で緑茶が癌を防がないこと取りあげ、代理店の要求をエコーした。

消費者が緑茶をことを飲むことによって彼らのお金を無駄にしていたことを新聞およびテレビ局は報告した。 これらの媒体の源のどれも緑茶および癌に関して600の調査に見つけるために薬のデータベースの国立図書館を点検することを迷惑を掛けなかった。 これらのおおざっぱな検討は含まれていた何がFDAの新聞発表で明らかにする非常に別の物語をより調査する。

薬の国立図書館は、FDAと同じ親代理店米国の保健社会福祉省の部分である!

消費者は事実を知る必要がある

米国は老化するベビー ブーマーが財政上国家の医学システムを排出すると同時に悪化のヘルスケアの危機に直面する。

FDAは私達のヘルスケアのほとんどあらゆる面を調整するために権限を与えられるけれども病気を促進するこの連邦政府局はある意味ではし続ける。 出版された科学文献の公平な検討は緑茶に帰因する健康の特性を明らかにするが、どんなアメリカ人が緑茶の飲料のラベルで読むことは許されるかFDAは制限した。

緑茶および前立腺癌の危険についてのデータが部分的に正確ただであることをなったら何百万の人の生命は救われてもよい、ドルの十億は未来のヘルスケアの支出を離れて剃った。 けれども法律はまだFDAが食糧およびサプリメントについての正直な情報を検閲するようにする。

-- 重版の端は2005年11月の 生命延長Magazine®最初に出版した。 --

私達は法律を変えてもいい

私達は法律を変えてもいい

不必要にFDAの検閲のために死んでいるアメリカ人の数は驚くほどである!

緑茶に関連している 癌が 防止戦いの勝利 であるので FDAに対する 連邦政府裁判所の判決、政府の検閲に対する 戦争は 続き、が。

手形は消費者に正直で、非紛らわしい健康情報へのより大きいアクセスを与える米国の衆議院でもたらされた。

議会に連絡し、あなたの立法者にHR1364の 科学の行為についての 言論の自由を後援するように頼みなさい。 それが渡れば、この手形に自然な健康の後ろの科学についての公衆の教育によってヘルスケア分野を変形させる潜在性がある。

処置をとりなさい

長い生命のため、

長い生命のため

ウィリアムFaloon

立派のに:

FDAの規則は医療補助に関して食糧の生産者によって科学的な調査への参照を禁止する。 この禁止の違反は承認されていない薬剤であると共通の食糧が宣言するFDAで起因できる—これは検閲である!

科学の 行為についての言論の自由は 、同業者審査されて正当ようにFDAの規則への限られた、注意深く目標とされた変更を提供する、科学的な調査は製造業者および生産者によって承認されていない薬剤に健康な食糧を変えないで参照することができる。 手形はまだFDAおよび連邦取引委員会を与えている間誤解を招くような情報と偽および根拠薄弱な要求に対して処置をとる権利正当な科学的な、教育情報の流れを可能にするために現在の法律の適切なセクションを改める。

科学の行為についての言論の自由:

  • 栽培者および製造業者によって参照されるかもしれない研究のタイプの明確な定義を提供する。
  • それそのような研究を参照することが「承認されていない[従って違法]新しい薬剤」に食糧を変えないことを保障し。
  • FDAにおよび連邦取引委員会にまだ詐欺的で、紛らわしい声明を追求する権限がある。

科学の行為についての言論の自由はすべての科学的な情報ない政府が裏書きするちょうど限られた部分に基づいて知識のある決定をするために消費者のための正当な科学研究の自由な流れを保障する。

私はHR1364を後援することを 言論の自由尋ねる科学の行為について

誠意をこめて、

名前:

住所:

参照

1. で利用できる: http://www.anh-usa.org/fda-went-too-far/。 2012年3月27日アクセスされる。

2. ローイP、Nigam N、Singh Mの等茶ポリフェノールはcyclooxygenase-2表現を禁じ、スイスのマウスのdiethylnitrosoamineによって引き起こされる肺腫瘍の核要因Κ BおよびAktの活発化を妨げる。 新しい薬剤を投資しなさい。 8月2010日; 28(4): 466-71。

3. Xu G、Ren G、Xu X、等クルクミンおよび緑茶のカテキンの組合せはdimethylhydrazine誘発のコロンの発癌を防ぐ。 食糧Chem Toxicol。 1月2010日; 48(1): 390-5。

4. アミンAR、Khuri FR、陳ZG、Shin DM。 erlotinibおよびepigallocatechin 3没食子酸塩による頭部そして首のsquamous細胞癌腫の互いに作用し合う成長の阻止: 核要因kappaBのp53依存した阻止の役割。 蟹座Prev Res (Phila)。 6月2009日; 2(6): 538-45。

5. Nihal M、Ahsan H、Siddiqui IA、Mukhtar H、Ahmad Nの木GS。 (-) - Epigallocatechin 3没食子酸塩(EGCG)は人間のメラノーマのマウス モデルのインターフェロンによって引き起こされる成長の阻止にメラノーマの細胞に感光性を与える。 細胞周期。 7月2009日1日; 8(13): 2057-63年。

6. T、Moulik S、Dutta Aの等人間の乳癌の細胞ラインMCF-7のgelatinase (MMP-2)のdownregulationのepigallocatechin 3没食子酸塩(EGCG)の多機能の効果上院議員。 生命Sci。 2月2009日13日; 84 (7-8): 194-204。

7. Yin Z、ヘンリー欧州共同体、Gasiewicz TA。 (-) - Epigallocatechin 3没食子酸塩は小説Hsp90の抑制剤である。 生物化学。 1月2009日20日; 48(2): 336-45。

8. Khan Nの緑茶のポリフェノールによる癌のMukhtar H. Multitargeted療法。 蟹座Lett。 10月2008日8日; 269(2): 269-80。

9. Navarro-Perán E、CabezasエレーラJ、Sánchez DelカンポL、García-Cánovas F、Rodríguez-López JN。 epigallocatechin 3没食子酸塩の炎症抑制および抗癌性の特性はfolate周期の中断、アデノシン解放およびNFkappaB抑制によって仲介される。 Inflamm Res。 10月2008日; 57(10): 472-8。

10. Siddiqui IA、Shukla Y、Adhami VM、等NFkappaBの抑制およびautochthonousマウスの前立腺癌の緑茶のポリフェノールの経口投与による調整された遺伝子プロダクトは模倣する。 Pharm Res。 9月2008日; 25(9): 2135-42。

11. 陳L、チャンHY。 緑茶のポリフェノールの蟹座の予防のメカニズム(-) - epigallocatechin 3没食子酸塩。 分子。 5月2007日3日; 12(5): 946-57。

12. Bettuzzi S、Brausi M、Rizzi F、Castagnetti G、Peracchia G、高級な前立腺のintraepithelial neoplasiaのボランティアの緑茶のカテキンの経口投与による人間の前立腺癌のCorti A. Chemoprevention: 1年の証拠の主義の調査からの予備報告。 蟹座Res。 1月2006日15日; 66(2): 1234-40。

13. 栗山町S、Shimazu T、Ohmori K、等日本の心循環器疾患、癌およびすべての原因による緑茶の消費および死亡率: Ohsakiの調査。 JAMA. 9月2006日13日; 296(10): 1255-65。

14. Khan N、Afaq F、Saleem M、Ahmad NのMukhtar H. Targeting緑茶のポリフェノールによる多数シグナリング細道(-) - epigallocatechin 3没食子酸塩。 蟹座Res。 3月2006日1日; 66(5): 2500-5。

15. Laurie SA、ミラーVA、グラントSC、Kris MG、NG KK。 高度の肺癌を持つ患者の緑茶のエキスの段階Iの調査。 蟹座Chemother Pharmacol。 1月2005日; 55(1): 33-8。

16. 乳癌のKumar、N Titus-Ernstoff L、Newcomb P、Trentham-Dietz A、Anic G、Egan K. Teaの消費そして危険。 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev.2009 1月(1): 341-345。

17. Zheng J、ヤンB、黄T、Yu Y、ヤンJ、李D.の緑茶および紅茶の消費および前立腺癌の危険: 観測の調査の探険のメタ分析。 Nutrの蟹座。 2011;63(5):663-72.

18. で利用できる: http://thechart.blogs.cnn.com/2012/03/14/health-care-costs-to-surpass-total-income/。 2012年3月28日アクセスされる。

19. 若いRA、DeVoe JA。 だれが健康保険が将来あるか。 更新済投射。 アンFam Med。 3月2012日/4月; (10) 2:156-62。

20. で利用できる: http://www.fda.gov/Food/LabelingNutrition/LabelClaims/QualifiedHealthClaims/ucm072774.htmは 2012年に3月28日アクセスした。

21. Jian L、Xie LP、リーああ、Binns CW。 前立腺癌に対する緑茶の保護効果: 南東の中国の場合制御の調査。 Int Jの蟹座。 1月2004日1日; 108(1): 130-5。

22. Sonoda T、Nagata Y、Mori M等。 日本の食事療法そして前立腺癌の場合制御の調査: 従来の日本語の可能な保護効果は食事療法する。 蟹座Sci。 3月2004日; 95(3): 238-42。

23. で利用できる: http://www.fda.gov/Food/GuidanceComplianceRegulatoryInformation/ GuidanceDocuments/FoodLabelingNutrition/FoodLabelingGuide/ucm064923.htm。 2012年3月28日アクセスされる。

24. で利用できる: http://www.aacr.org/Default.aspx?p=1066&d=432。 2012年3月28日アクセスされる。

25. で利用できる: http://www.fda.gov/NewsEvents/Newsroom/PressAnnouncements/2005/ucm108452.htm。 2012年3月28日アクセスされる。