生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2012年1月
私達がそれを見るように

頭脳の腐食の逆転

ウィリアムFaloon著
ウィリアムFaloon
ウィリアムFaloon
頭脳の腐食の逆転

ある事実は人々が彼らのではない実質ふりをするほど恐い。

最近の調査はAlzheimersが 2番目に新しい2番目に新し恐れていた 病気の …癌によってランク付けされる第1をであることを 見つけた1

けれどもほとんどの癌はAlzheimersは険悪に犠牲者の各自を殺す 、治療が可能である。

Alzheimersの発生は 人間が 老化すると同時に指数関数的に増加する。 私達が80-85年にそれを 作れば 、Alzheimersの流行は驚く25%-30%に 上がる2,3

人騒がせAlzheimersの開発の私達の確率がとても高いが、楽天主義の理由があると考えるためにである。 科学者はAlzheimersの危険を高める要因を識別した。 これは啓発された個人が 一般群衆が直面する驚くべき統計的な確率Alzheimersの根本的な原因を中和し、倹約することを可能にする。

生命Extension®の メンバーは脳細胞の膜によって必要な構造部品を摂取している間 頭脳の有害な炎症性反作用の抑制のような老衰の 危険を、減らすために クルクミンのような 栄養素 と)、4-7たくさんする( 魚油 からのDHAのような)。8-11

驚くべき発見では、シナプスの 損失は Alzheimersの過程において早く起こるために示され、 病気 の手始めを誘発するかもしれない。12

幸いにも従って、マグネシウム 非常に 吸収性の 形態はだけでなく、敏感な頭脳のシナプスの 完全性を保護しが、また シナプス密度を増加し、この重大な 頭脳の 部品の建築上の損失の逆転を助ける。13

「シナプスは何であるか」。

私達の頭脳はニューロンと呼ばれる約1000億個細胞から成っている。 存在していることを 可能にする方法で伝達し合うニューロンのためにそれらは互いに接続しなければならない。

シナプスは 情報が1つのニューロンから次に通じるようにする関係である。 あなたのシナプスはニューロン間の神経伝達物質の電気衝動そして解放を制御する。 頭脳のシナプスはニューロンが 合わせられた/整頓されていたパターンの信号を渡すことを可能にする接続点として役立つ。

想像するかもしれないのでシナプスは神経機能に必要である。 だけでなく、若者の短期記憶に重大なシナプスしかし構造完全性は老化の個人で命令的認識減損および老衰を回避するように努めているである。

私達のシナプスが低下すると何が起こるか。

シナプス
シナプス

Alzheimersの病気はニューロン間の正常な神経伝達物質の流れのニューロンそして損失の非作用のプラクの病理学の蓄積によって特徴付けられる。

ニューロンがこの厳しい損傷に出会う前に、科学者はシナプス密度のマーク付きの 低下を見つけた。 シナプス密度のこの損失によりAlzheimersの病気で 観察される 認識減損に強く関連する神経の結合性で低下を引き起こす。14-17

実際、Alzheimersの犠牲者の頭脳で一貫した見つけることはシナプスの接触の重要な 損失 である。 これは研究者の1つグループを完了するために導いた:

「…シナプスの損失は病気プロセスの早いでき事で、構造相互的関係が認識低下で」含んだシナプスの損失と穏やかな認識減損がAlzheimersの早い病気と認識減損間の過渡的な段階であるかもしれないことを提案する。18

科学者のもう一人のグループはシナプスの 腐食を見、 「老年性のプラクおよびneurodegenerativeでき事の開発を誘発すること」。できる早く、微妙な変化を表すかもしれないことを結論を出した19

Alz-heimersに 今日苦しんでいる 約5,000,000人のアメリカ人がある。 その数は2050年までに8.6百万 驚かす16 百万 に2030年 までに 上向きに 打ちつける20 アメリカに経済的でか人的資源がこの多くのAlzheimersの犠牲者を気遣うない。

強制的な必要性は老化させた 個人 の25%-30%のAlzheimersとして明示する神経退化の下りの滝を防ぐ 介在のためにある。21

マグネシウムはシナプス密度を保護し、元通りにする

一連の前例のない実験室の実験では、マグネシウムの 非常に吸収性の形態は増加のマグネシウムの血レベルに だけでなく、 示されていたが、また大幅にマグネシウムの頭脳の 集中を 高める。13

大脳のマグネシウムのこの高度に応じて、シナプス密度に 顕著な増加および シナプスの作用および神経シグナリングに対応する改善があった。13

認識機能の測定の改善に翻訳されるシナプスの 構造 および機能の これらの改善

短期または長期の記憶の復帰

この非常に吸収性のマグネシウム(マグネシウムL THREONATEを使用して、科学者はテストされた他の形態と比較された非常に高い頭脳のマグネシウムの集中を得られた。

1つの調査では、マグネシウムL THREONATEとのちょうど24の幾日の口頭 補足は 短期または長期の記憶スコアを後押しすること十分な脳脊髄マグネシウムの増加を作り出した。 マグネシウムの他の形態は(マグネシウムの塩化物、マグネシウムのクエン酸塩、マグネシウムのglycinateおよびマグネシウムのgluconateのような)かなり制御グループと比較された頭脳のマグネシウムを上げなかった。13,22

記憶低下にの別のテストは苦しんだ老化動物(ラット)マグネシウムL THREONATEが 正常な 老化の 人間 に起こる一種の認識機能障害を逆転できることを示した。 動物は1か 間彼らの飲料水に加えられたマグネシウムL THREONATEがあった。 調査結果はマグネシウムL THREONATEと扱われた動物の短期記憶で18%の改善を 示した。 長期記憶のための認可されたテストでは、マグネシウムL-threonateと補われたこれらの 同じ動物は 100% 高められた 性能を表わした。13

空間的な短期記憶の強化

ニューロン
ニューロン

空間的な記憶は有機体が特定スペースでいかにに作用するか関連している。 この調査では、動物のグループは当惑で報酬訓練された。 訓練の終わりに、あるグループは 他が 制御として役立つ間、マグネシウムL THREONATEを受け取った。

若い動物の 制御グループ では、当惑を運行する能力に変更がなかった。 マグネシウムL THREONATEと補われた若い動物 ではよりよい性能(13%まで改善)があった。 マグネシウムL THREONATEと補われた老化させた 動物は 老化させた制御グループよりよい行った(マグネシウムL THREONATEがない 18%を。13

科学者は上等の正確さの重要な改善がマグネシウムL THREONATEの補足の開始の後の明白な6日であり、 この改善が若い動物のマグネシウムL THREONATEの停止の後の30日 間以上 続いたことを示した。 助けを見つけるこれはシナプス密度の増加の長期 利点を認可する。 著しく、老化させた動物の空間的な性能は12日のマグネシウムL THREONATEの補足の再開始以内に 再高められた。13

科学者はマグネシウムL THREONATEの処置が 若者および老化させたラットの空間的な作業メモリを高めることができることを結論を出した13

高められた長期空間的な性能

若く、古い動物は遅れ間隔の当惑の訓練を受けた。 マグネシウムL THREONATEと補われた 動物は 当惑速いより非補われた動物の 隠された プラットホームを見つけることを学んだ。 さらに、 老化させた 動物の学習能力強化の程度は若い 動物 でより大きかった。 これは老化させた動物がマグネシウムL THREONATEが回復に示されていた シナプス密度損失 に苦しむので意味を成している。13

長期空間的な記憶をテストするためには、第2試験テストは後で24時間行われた。 unsupplemented 「制御」グループはマグネシウムL THREONATEと補われた若く、老化させた動物が当惑を運行する彼らの機能を保った一方 当惑で行う方法を忘れていた。 これは混雑させた駐車場の車を見つけることできるより古い人間と同等であるかもしれない。 統計的な言葉では、マグネシウムL THREONATEとの 補足は より若い動物の122% -および より古い 動物 の100%の長期空間的な 記憶 改善で起因した。13

完了された研究者は「マグネシウムL THREONATEかなり高めた若く、老化させたラットの海馬依存した空間的な学習および記憶を」。13

増加されたシナプス密度と記憶間の相関関係

記憶および認識性能のこれらの改善の後ろのメカニズムがシナプスの増加された密度が原因だったことを確認するためには、調査は正確に頭脳のさまざまなシナプスの構造部品を測定するように行われた。

マグネシウムL THREONATEと補われた ラットは シナプス蛋白質の表現、 機能 およびシナプスの強さの長期potentiationと共に構造で一律の改善を 示した。13

老化することおよびシナプスの低下

複数の調査はシナプス関係が記憶のために必要な頭脳の部分で低下するシナプスの損失のある程度はメモリ機能の減損に関連することを示し。23-25

古い動物のマグネシウムL THREONATE 影響を評価するためには、1つグループはunsupplementedグループが制御として役立つ間、補足を受け取った。 1か月だけ後で、死体解剖の調査結果はシナプス密度がマグネシウムL THREONATEと 補われた グループのより高く67%だったことを 示した。 この調査は古い動物で、マグネシウムL THREONATEが若々しい 神経伝達物質 解放のために 必要な シナプスの部品の密度を増加したことを示した。13

マグネシウムの重大な重要性

マグネシウムの重大な重要性

1981年以来、 生命延長は 高潜在的能力のマグネシウムの補足を推薦した。 理由はマグネシウムが多分アメリカの食事療法の 最も不十分な鉱物であることである。

高い心血管の危険によって低いマグネシウムの取入口をつないでいてすべての研究がこの鉱物は老化のアメリカ人を苦しめる心臓発作および打撃の伝染病を反対に助ける単純な方法だったようであろう。

政府の調査はアメリカ人の ぐらつく 68%がマグネシウムの推薦された毎日の取入口を消費しないことを示す。26 より驚いてアメリカ人の19%がマグネシウムの 政府によって 推薦される毎日の取入口の半分を消費しないことこの同じ調査の提示からのデータはである。26 のは心臓発作および打撃からの不能そして死がキラーを導く国家の驚異であるか。

1980年代初頭に、生命延長基礎®は マグネシウムの相関的なカルシウムの大量服用を推薦するための主流の医者によって批判された。 私達は私達が心臓発作を防ぐために助ける ことができる 証拠を示したので私達のマグネシウムの補足をFDAによって握ってもらった。

FDAがマグネシウムの価値を確認することを断る間、 国立衛生研究所 (NIH)はウェブサイトの次を出版した:

"マグネシウムはボディの300以上の生化学的な反作用のために必要である。 それは正常な筋肉および神経機能の維持を助け中心のリズムを安定した保ち、健康な免疫組織を支え、そして骨を強い保つ。 マグネシウムのまた助けは血糖レベルを調整し、正常な血圧を促進し、そしてエネルギー新陳代謝および蛋白質の統合にかかわると知られている。 高血圧、心循環器疾患および糖尿病のような防ぎ、管理の無秩序に於いてのマグネシウムの役割に高められた興味がある."27

健康代理店(NIH)を導く国家は私達を生きた保つことに於いてのmagnesiumsの重大な役割、けれどもFDAを したアメリカ人ボディからこの鉱物を保つことができるすべてを認める。 マグネシウムのFDAsの検閲からの死者数は理解を越えてある。

ヘルスケアを回避する潜在性は危機を要した

Alzheimersおよび他の神経疾患と打たれるそれらを気遣う費用は不利にこの国家のヘルスケア・システムに影響を与えている。 老年性の家族を持つ家族に置かれる巨大な重荷は重大な働く年の間に彼らの生産性を破壊する。

マグネシウムの補足は広く利用可能であるが、重大なシナプス密度を元通りにする多数は 血流に最適の吸収および頭脳に事実上どれも 提供しない

マグネシウムL THREONATEとの広まった 補足に 老齢人口を苦しませる多くの神経疾患の発生を切る潜在性がある。 臨床試験は今齧歯動物でする ように マグネシウムL THREONATEが老化の人間で同様に作用するかどうか査定し始めている。

マグネシウムの全身の利点を認可するデータの富によって完了するために人間の調査を年を待ちたいと思わない人はマグネシウムL THREONATEの2,000 mgの 毎日によって補うことを 考慮する べきである。 動物データに基づいて、顕著な改善は比較的短い時間以内に行われるかもしれない。

2011年のAlzheimerの会議で明らかにされる衝撃的な発見
2011年のAlzheimerの会議で明らかにされる衝撃的な発見

一連の爆発性の調査結果では、研究者は患者に十分なメモリ損失の徴候が診断されるべきある前に有害な変更が頭脳の年か十年を破壊し始めることを確認した。

最高でパリ の最近のAlzheimerの連合の 国際会議は、100枚以上のペーパー主流の薬が最初に考えたより 生命 にAlzheimerの変更によってが先に起こる提示を示された。28は これ人々が未来のAlzheimerの老衰に対して相当な保護をできるかもしれない介在を今日始めることができることを意味する。

2011年に解放された別の調査ではtransgenic マウスのグループ29は既にほとんどの生命延長メンバーが消費した栄養素と強化された 食事療法に 与えられた。 補われた栄養素はクルクミン、30-32EGCG 33-37 緑茶の主で活動的なポリフェノール)のlipoic酸、38-42Nアセチルの システイン、43-46ビタミンC 、47-49folate 、50-55および Bのビタミンだった。56-59

これらの栄養素(および他) Alzheimerとして結局明示する病理学の悪化から人間の脳を保護しなさいことを提案するべき証拠がある。 Alzheimerのこのマウス モデルでは、6か月間これらの栄養素に与えることは正常な(制御)マウスから識別不可能なアルツハイマー病のこの動物モデルの空間的な学習能力で起因した。29

非常に、他のテスト変数は多くの生命延長メンバーが、元通りにされた獲得長年にわたり 消費し、 正常への記憶欠損ものをに類似した栄養カクテルがアルツハイマー病の認識損傷を開発するために運命づけられるtransgenicマウスで(非transgenic)水平になることを示した。

より強いてある特定のタイプのアルツハイマー病からの アミロイド ベータ -傾向がある補われた動物の頭脳の減少はだった。29は Alzheimerの認刻極印の病理学の特徴満開の老衰に終って ニューロン の中の小さい構造機械類を詰らせ、破壊するアミロイド ベータの蓄積である。 具体的には、補われたtransgenic動物は溶けるAb40およびAb42の減少、また不溶解性Ab40の減少を経験した。29 溶けるアミロイド ベータははるかに有毒で、12時間程度でニューロン死をもたらすことができる。60,61

マグネシウムL THREONATEについての最近解放された調査と共にこれらの調査結果は 、私達のずっと余りにも多くのアルツハイマー病として明示する病理学 変更を 遅らせ、逆転させるために事前措置が 今日踏むことができることを提案する。

戦う政府の慣性

戦う政府の慣性

人間の試験があなたがマグネシウムL THREONATEについてちょうど読んだ前例のない実験室の研究を確証しても 、FDAを慣習的な人間の使用のためのそれを承認してもらうために利用できる十分なお金がないかもしれない。

生命延長は ほとんどのアメリカ人の手の届かないところに安全で、有効で自然な療法を保つこれらの種類の官僚的な障害物を戦う戦線にある。

生命延長Magazine®の youllの 問題は2012年1月に提供するマグネシウムL THREONATEが逆の神経学的な腐食に示されていた 多数のメカニズムの技術的な検討を受け取る。 私達はそれを試みたいと思うメンバーが遅れないようにそれを今導入している。

年に一度、私達は メンバーが 余分低価格で貯蔵できるように私達の高度の方式すべてを割引く。 私達は私達を利用することを 助けている間優れ等級の 補足を得るのにあなたの健康を今日保護するように検閲の圧制的な力を戦うために息が詰まるような医学の革新である過剰規制およびyoullがことをこれらの極度の売出価格を望む。

長い生命のため、

長い生命のため

ウィリアムFaloon

参照

1. で利用できる: http://www.webmd.com/alzheimers/news/20110720/alzheimers-feared-misconceptions-common。 2011年8月1日アクセスされる。

2. Ott A、Breteler MM、van Harskamp F、等Alzheimersの病気および管の痴呆の流行: 教育の連合。 ロッテルダムの調査。 BMJ. 4月1995日15日; 310(6985): 970-3。

3. Hebert LE、Scherr PA、Bienias JL、ベネットDA、エバンズDA。 米国の人口のアルツハイマー病: 2000年の人口調査を使用して流行の見積もり。 アーチNeurol。 8月2003日; 60(8): 1119-22。

4. 光線B、Lahiri DK。 Alzheimersの病気のNeuroinflammation: クルクミンを含む異なった分子ターゲットそして潜在的な治療上の代理店。 Curr Opin Pharmacol。 8月2009日; 9(4): 434-44。

5. NG TPのChiamのPC、リーT、Chua HC、Lim L、Kua EH。 年配者のカレーの消費そして認識機能。 AM J Epidemiol。 11月2006日1日; 164(9): 898-906。

6. 認識欠損のIshrat T、ホダMN、Khan MB、等改善およびAlzheimersの散発的痴呆のラット モデルのクルクミンによるneurodegenerationはタイプする(SDAT)。 Eur Neuropsychopharmacol。 9月2009日; 19(9): 636-47。

7. 銅とのBaum L、NG A. Curcuminの相互作用および鉄はAlzheimersの病気動物モデルの行為の1つの可能なメカニズムを提案する。 J Alzheimers Dis。 8月2004日; 6(4): 367-77。

8. Lukiw WJ、Bazan NG。 Docosahexaenoic酸および老化の頭脳。 J Nutr。 12月2008日; 138(12): 2510-14。

9. van Gelder BM、Tijhuis M、Kalmijn S、年配の人のKromhout D.の魚の消費量、n-3脂肪酸およびそれに続く5-y認識低下: Zutphenの年配者は調査する。 AM J Clin Nutr。 4月2007日; 85(4): 1142-7。

10. 魚の消費量間のKesse-Guyot E、Péneau S、フェリーM、Jeandel C、Hercberg S、Galan P.の13年の前向き研究、長い鎖n-3脂肪酸取入口および認識機能。 J Nutrの健康の老化。 2月2011日; 15(2): 115-20。

11. JA、Tierney MC、Zecevic J、Bettger WJ、フィッシャーRHを征服しなさい。 痴呆のAlzheimersの病気、他のタイプ、および認識減損の患者の血しょうの脂肪酸の分析。 脂質。 12月2000日; 35(12): 1305-12。

12. Coleman P、Federoff H、Kurlan R。 アルツハイマー病および他の痴呆のneuroprotectionのためのシナプスの焦点。 神経学。 10月2004日12日; 63(7): 1155-62。

13. Slutsky I、Abumaria N、ウーLJ、等学習の強化および頭脳のマグネシウムの上昇による記憶。 ニューロン。 1月2010日28日; 65(2): 165-77。

14. DeKosky ST、Scheff SW。 Alzheimersの病気の前頭皮質のバイオプシーのシナプスの損失: 認識厳格の相関関係。 アンNeurol。 1990年はよろしいです; 27(5): 457-64。

15. Bertoni-Freddari C、Fattoretti P、Casoli T、Meier-Ruge WのウーリッヒJ. Morphologicalの老化およびAlzheimersの病気の間の人間の歯状のgyrusのシナプスのjunctional地帯の適応応答。 頭脳Res。 1990年の5月28日; 517 (1-2): 69-75。

16. Boeckers TM。 postsynaptic密度。 細胞のティッシュRes。 11月2006日; 326(2): 409-22。

17. Uylings HBMのde Brabanのder JM。 Alzheimersの正常な人間の老化および病気の神経の変更。 頭脳Cogn。 2002 49:268 - 76.

18. Scheff SWの価格DA、Schmitt FA、Mufson EJ。 Alzheimersの早い病気および穏やかな認識減損のHippocampalシナプスの損失。 Neurobiolの老化。 10月2006日; 27(10): 1372-84。

19. Bertoni-Freddari C、Fattoretti P、老化のシナプスの回転率のGiorgetti Bの等変化は老年性のプラクの形成およびneurodegenerationを誘発するかもしれない。 アンN Y Acad Sci。 1月2007日; 1096:128-37。

20. で利用できる: http://www.alz.org/documents_custom/2011_Facts_Figures_Fact_Sheet.pdf。 2011年10月19日アクセスされる。

21. Rocca WA、Hofman A、Brayne C、等ヨーロッパのAlzheimersの病気の頻度および配分: 1980年- 1990年の流行の調査結果の共同の調査。 アンNeurol。 9月1991日; 30(3): 381 - 90。

22. ブッシュAI。 Kalzium istのnichtのalles。 ニューロン。 1月2010日28日; 65(2): 143-4。

23. 至福TV、Collingridge GL。 記憶のシナプス モデル: 海馬の長期potentiation。 性質。 1月1993日7日; 361(6407): 31-9。

24. Hara Yの公園のCS、Janssen WG、Punsoni M、Rapp PR、Morrison JH。 女性のアカゲザルの老化、月経閉止期および記憶の歯状のgyrusのaxonal boutonsそして関係のシナプスの特徴。 J Neurosci。 5月2011日25日; 31(21): 7737-44。

25. Brunson KL、Kramár E、早生命圧力の後の遅手始めの認識低下の林Bの等メカニズム。 J Neurosci。 10月2005日12日; 25(41): 9328-38。

26. 王DEのMainous AG第3、Geesey私、Woolson RF。 食餌療法のマグネシウムおよびC反応蛋白質のレベル。 J AM Coll Nutr。 6月2005日24(3)日: 166-71。

27. で利用できる: http://ods.od.nih.gov/factsheets/magnesium.asp。 2011年10月19日アクセスされる。

28. で利用できる: http://www.alz.org/aaic/overview.asp。 2011年8月8日アクセスされる。

29. Parachikova A、緑KN、Hendrix C、LaFerla FM。 Alzheimersの病気のための医学の食糧カクテルの公式: 病気のマウス モデルの認知そしてneuropathologyに対する有利な効果。 PLoS 1。 11月2010日17日; 5(11): e14015.

30. ウーA、Ying ZのゴーメッツPinilla F. Dietaryのクルクミンは酸化圧力、シナプスの可塑性および認知の外傷性の脳損傷の結果を妨害する。 Exp. Neurol。 2月2006日; 197(2): 309-17。

31. Frautschy SA、Hu W、金P、等フェノールの炎症抑制のAbeta誘発の認識欠損の酸化防止逆転およびneuropathology。 Neurobiolの老化。 11月2001日; 22(6): 993-1005。

32. Kuhad A、Chopra K. Curcuminはラットの糖尿病性の脳症を減少させる: 行動および生化学的な証拠。 Eur J Pharmacol。 12月2007日8日; 576 (1-3): 34-42。

33. Haque AM、橋本M、Katakura M、Hara YのShido O.の緑茶のカテキンはラットでAbeta1-40によって引き起こされる認識欠損を防ぐ。 J Nutr Biochem。 9月2008日; 19(9): 619-26。

34. Mandel SA、Amit T、Weinreb O、Reznichenko L、Youdim MB。 緑茶のカテキンによる多数の頭脳ターゲットの同時処理: Alzheimerおよびパーキンソン病のための潜在的なneuroprotective作戦。 CNS Neurosci Ther。 2008冬; 14(4): 352-65。

35. 後ろQuirion R.の茶葉のAlzheimersの病気。 Healthc Q.2006年9(3): 21-2。

36. Weinreb O、Mandel S、Amit T、Youdim MB。 AlzheimersおよびParkinsonsの病気の緑茶のポリフェノールの神経学的なメカニズム。 J Nutr Biochem。 9月2004日; 15(9): 506-16。

37. Choi YT、Jung CHのリーのSR、等。 緑茶のポリフェノール(-) - epigallocatechinの没食子酸塩培養されたhippocampalニューロンのベータ アミロイド誘発のneurotoxicityを減少させる。 生命Sci。 12月2001日21日; 70(5): 603-14.

38. Maczurek A、Hager K、Kenklies M、等Alzheimersの病気のための炎症抑制およびneuroprotective処置としてLipoic酸。 ADVはDelivのRev.に薬剤を入れる。 2008日10月11月; 60 (13-14): 1463-70。

39. Farr SA、Poon HF、Dogrukol-Ak D、等。 酸化防止剤老化させたSAMP8マウスのアルファlipoic酸およびN acetylcysteineの逆の記憶減損そして頭脳の酸化圧力。 J Neurochem。 3月2003日; 84(5): 1173-83。

40. 劉J、ヘッドE、Gharib AM、元Wの等古いラットのメモリ損失は頭脳のミトコンドリアの腐食およびRNA/DNAの酸化と関連付けられる: アセチルLカルニチンやRアルファ- lipoic酸--の供給による部分的な逆転。 Proc国民のAcad Sci米国。 2月2002日19日; 99(4): 2356-61。

41. 包装業者L、Tritschler H、新陳代謝の酸化防止アルファlipoic酸によるWessel K. Neuroprotection。 自由なRadic Biol Med。 1997;22(1-2):359-78.

42. Stoll S、Hartmann HのCohen SAの紛砕機私達。 有効な遊離基の清掃動物のアルファlipoic酸は老化させたマウスの記憶を改善する: NMDAの受容器の欠損への推定関係。 Pharmacol Biochem Behav。 12月1993日; 46(4): 799-805。

43. Moreira PI、ハリスPL、朱X、等Lipoic酸およびNアセチルのシステインはアルツハイマー病の患者の繊維芽細胞のミトコンドリア関連の酸化圧力を減らす。 J Alzheimers Dis。 9月2007日; 12(2): 195-206。

44. Chan A、シアバターTB。 人間ApoE4を表現している正常なマウスおよびマウスの認識性能そして侵略に対するNアセチルのシステイン、アセチルLカルニチンおよびS-adenosylのメチオニンとの食餌療法の補足の効果。 Neuromolecular Med。 2007; 9(3):264-9.

45. Tchantchou Fの墓M、ロジャースE、Ortiz D、シアバターTB。 N-acteylのシステインはfolateおよびビタミンのE不足の後でApoE不十分なマウスの中枢神経系への酸化損傷を軽減する。 J Alzheimers Dis。 4月2005日; 7(2): 135-8。

46. Adair JC、Knoefel JEのAlzheimersのありそうな病気の患者のためのN acetylcysteineのモーガンN. Controlledの試験。 神経学。 10月2001日23日; 57(8): 1515-7。

47. Zandi PP、アンソニーJC、Khachaturianはように、等酸化防止ビタミンのユーザーのアルツハイマー病の減らされた危険補う: Cache郡の調査。 アーチNeurol。 1月2004日; 61(1): 82-8。

48. Paleologos M、カミングRG、ビタミンCの取入口のラザロR.のグループ調査および認識減損。 AM J Epidemiol。 7月1998日1日; 148(1): 45-50。

49. Riviere S、BirlouezアラゴンI、Nourhashémi Fの十分な食事療法にもかかわらずAlzheimerの患者のVellas B. Low血しょうビタミンC。 Int J Geriatrの精神医学。 11月1998日; 13(11): 749-54。

50. Kado DM、Karlamanglaように、黄MH、等ホモシステイン対ビタミンのfolate、より古い高作用の大人の認識機能そして低下の予言者としてB6およびB12: 巧妙な老化のMacArthurの調査。 AM J Med。 2月2005日; 118(2): 161-7。

51. Quadri P、Fragiacomo C、Pezzati R、等穏やかな認識減損、アルツハイマー病および管の痴呆のホモシステイン、folateおよびビタミンB-12。 AM J Clin Nutr。 7月2004日; 80(1): 114-22。

52. Feng L、NG TP、Chuah L、Niti M、Kua EH。 ホモシステイン、folateおよびビタミンB-12およびより古い中国の大人の認識性能: シンガポールの縦方向の老化からの調査結果は調査する。 AM J Clin Nutr。 12月2006日; 84(6): 1506-12。

53. 非常に古いのの認識および機能欠損のTettamanti M、Garrì MT、Nobili A、Riva E、ルッカU. Lowののfolateおよび危険: 調査80とMonzino。 J AM Coll Nutr。 12月2006日; 25(6): 502-8。

54. Luchsinger JA、独特の味MX、ミラーJ、緑R、年配者のアルツハイマー病のより危険度が低いへのより高いfolateの取入口のMayeux R. Relation。 アーチNeurol。 1月2007日; 64(1): 86-92。

55. Wang HX、Wahlin A、Basun H、Fastbom J、Winblad B、Fratiglioni L.のビタミンB (12)およびAlzheimersの病気の開発に関連するfolate。 神経学。 5月2001日8日; 56(9): 1188-94。

56. Calvaresi E、Bryan J.Bのビタミン、認知および老化: 検討。 J Gerontol B Psychol Sci Soc Sci。 11月2001日; 56(6): P327-39.

57. Morris MC、エバンズDA、Bienias JL、等事件のAlzheimersの病気と認識低下の食餌療法のナイアシンおよび危険。 J Neurol Neurosurgの精神医学。 8月2004日; 75(8): 1093-9。

58. Hassing L、Wahlin A、Winblad B、Backman L。 ビタミンB12およびfolateの効果のそれ以上の証拠はエピソード記憶の作用で水平になる: 健康な非常に高齢者の人口ベースの調査。 Biolの精神医学。 6月1999日1日; 45(11): 1472-80。

59. Deijen JB、van der Beek EJ、Orlebeke JF、van den BH。 年配の人のビタミンB-6の補足: 気分、記憶、性能および精神努力に対する効果。 精神薬理学(Berl)。 1992年109(4): 489-96。

60. Lue LF、Kuo YM、Roher AEの等溶けるアミロイドのAlzheimersの病気のシナプスの変更の予言者としてベータ ペプチッド集中。 AM J Pathol。 9月1999日; 155(3): 853-62。

61. Deshpande AのミナE、Glabe Cのベータ人間の皮層ニューロンの明瞭なメカニズムによってアミロイドのBusciglio J. Differentの構造はneurotoxicityを引き起こす。 J Neurosci。 5月2006日31日; 26(22): 6011-8。