生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2012年12月
レポート  

男性の 不妊の逆転

Silasホフマン著
年齢関連の新陳代謝の低下および体重増加  

40年前に、カップルは赤ん坊を想像できることを行っていたかどうか疑問に思う必要がなかった。 豊饒問題はほとんど聞こえなかったの。 今度は、問題は出産率が現行料率で落ち続ければ世界の豊饒が次の10から40年以内に全体的な取り替え率の下で下るほど広まっている。1

責任の多くが女性に置かれるが、現実は不妊のすべての場合の半分より多くが男性の要因と関連しているかもしれない ことである2つは 2012調査4人に付き ちょうど1つに最適の精液の 質があることを明らかにした。3 ある見積もりによって、世界中の精子の数は30年代以来の50% によって 落ちるかもしれない。4

私達の現代世界を一般に苦しめる要因のいくつかことはこの妨害の低下を引き起こしているが、明確であるものにより誰も確かに知らない責任にすることは部分的に少なくともある。 例えば、内分泌攪乱物質が、殺虫剤のような、抑制剤を炎にあてると同時に機能する有毒な化学薬品、およびプラスチック、精液の生産に責任がある影響のホルモンおよび余分なオキシダントの圧力からのフタル酸塩はDNAを傷つけ、精液機能を損なうことができる。5-9 肥満は付加的な要因である。10

男性の不妊の警急の増加にもかかわらず、よいニュースは多くの場合完全にリバーシブルであること である。 多数の調査はある特定の栄養素が直接精液に影響を与えることができたり質および改善された妊娠率で最終的に起因できることを示す。11-14

低下の精液の質

どんな原因の男性の要因不妊が、私達精液の質の概念を理解しなければならないか理解するため。 精液の質は4つの要因によって定められる:

  • 精子細胞の総数は作り出した(精子の数)、
  • 身体検査の属性(形態)、
  • きちんと動く機能は一度(運動性)、射精した
  • DNAの完全性。

理想的な状況の下で、健康で若いアメリカの男性は300から 500 ,000,000の 精子細胞を 每の作り出すことができる射精しかし1つ普通だけは卵を肥やす。15 40年代に、ほとんどの若者は定期的に正常な豊饒を保証するために必要な 大体 40 million/mL の上の精液よ の1 mLあたり100,000,000の 精子細胞 の平均を作り出した。16 しかし現代若者の最近の調査妨害傾向を示しなさい: 精液の集中はより少しにより40 million/mLの信頼できる、時機を得た 受胎に必要な最低を持っている多くの人と低下している。16,17

精液の質の他の面は同様に危険な状態にある。 精液の運動性(卵に達するために進む機能)、精液ごとの精液の容積、および無傷DNAを運ぶ同じ期限にわたって正常な精子細胞の数は減少した。18-20 テストステロンを作り出す特定の精巣の細胞の容積は低下にあった。21

医学のアプローチを使用してこれらの男性の要因すべてを解決することは立証されていないそれらのそして相当な副作用と薬物多くの倍数を要求する。22-24 このような理由で、女性はまだ問題の根本的な原因でなければ悪い精液の質の人が子供均一の父となることを許可するために不妊治療を経る物である。25,26

但し、それのどれも必要ではないかもしれない。 多くの調査は示しある特定の栄養素は精液の質の直接影響自体があることができることを可能性としては高い薬剤または侵略的なプロシージャのための必要性を避ける。11-14

カルニチンは出産率を後押しする

精子細胞はTREKを作ることを他のどの単一の人間は細胞および大量のエネルギーが必要とするよりずっと移動しなければならない。 それはカルニチンに悪い精液の質の人のための非常に重大な栄養素をするものがである。

カルニチンは機能がエネルギーを解放するために「燃える」mitochondriaに高エネルギー脂肪質の混合物を運ぶこと重大な運送者の分子である。 これは卵を肥やすことでチャンスがあることを行けば精液にそれらが必要とする倍力を与えるのを助ける。 これは弱水泳の精液(asthenozoospermia)が男性の要因不妊の大きな理由の1つであるので重要である。27

LカルニチンやアセチルLカルニチンとの補足は精液の質の利点を証明した。28-34 Lカルニチンの 2,000-3,000のmg /day の線量、および アセチルLカルニチンの 500-1,000のmg /dayは精子の数、運動性、まっすぐ水泳の能力、また臨床調査の総正常な精液の形態の増加を作り出した。人が カルニチンと扱われたときに30-34、彼らのパートナーは22から31%まで 及ぶ 妊娠を 経験した。 制御グループの妊娠率は(カルニチンを受け取っていない) 1.7から 3.8% まで 及んだ27,35

精液の質に対する酸化防止剤の効果
栄養素 毎日の線量 精液の質の改善 妊娠率の改善
ビタミンC74-77 1,000 mg 計算、運動性、構造 100% (ビタミンEを伴って)13
ビタミンE12,78-80 1000のmg*への300 mg 卵を投げつけるために結合している精液を減らされた精液DNAの損傷高める 21%
補酵素Q10 (CoQ10)81-87 60 mg 計算、運動性 16%
セレニウム11,88-92 200から225 mcg 運動性(NACを伴う精液の質のすべての手段)91 10.8% (ビタミンEを伴って)88
N acetylcysteine (NAC)91 600 mg 運動性、構造、計算および容積 まだ調査されない
亜鉛93-98 66 mg 計算 まだ調査されない
447-1,490 IUの dアルファ トコフェロール (自然な形態)または666-2,220 IUの dlアルファ トコフェロール( 総合的な形態)に*Equivalent。99

酸化防止剤は成長の精液を保護する

精子細胞がエネルギーをそれほど必要とするので、酸化最終的に細胞膜、DNAの分子および初めの細胞に動力を与えるまさにmitochondriaを傷つけることができる発生する。

オキシダントの圧力、精子細胞および精液の酸化防止容量、および最終的な精液の質間に有名な連合がある。36,37 一般に、酸化ショーの高いマーカーを持つ人は精子の数およびより多くの異常形作られた細胞を損なった。9 逆に、よい細胞酸化防止防衛により高い精子の数およびよりよい運動性がある。 すなわち、よい精液の質の人に悪い精液の質の人より酸化防止栄養素の高く全面的な取入口がある。38 妊娠を始めるべきを選んでいる誰が効果が老人、多くで増幅されるようである。

いくつかの酸化防止剤は精液の質を後押しする能力を証明した。 これらはビタミンCおよびE、補酵素Q10 (CoQ10)、セレニウム、n acetylcysteine (NAC)、および亜鉛含んでいる。

亜鉛およびNACの精液の質を高める特に有効な機能の酸化防止剤を見てみよう。

亜鉛

亜鉛不足は悪い精液の質と関連付けられ精液血しょうの高められたオキシダントの圧力、健康な状態の精子細胞を維持するために責任がある精液の液体の部分に起因する。亜鉛 の39,40枯渇はまた作り出される精液の容積を減らす。41

動物モデルおよび人間両方の調査は知られていた不妊の場合の亜鉛補足の後で精液の質の重要な改善を、特に示す。 補足は精子の数、移動性を、肥やす容量高め、精液の質を損なうことができる精液へのDNAの損傷のレベル、精液の構造異常、および抗体のレベルを減らす。42,43の 調査は74%大いに特に葉酸 5,000 mcg/日が補足に加えられるとき 亜鉛の 66のmg /dayを取っている前に副肥沃な人の 総正常な精子の数 のの増加を示す。44

亜鉛補足の利点は総ボディ オキシダントのレベルが禁煙家のそれらより非常に高い喫煙者で特に顕著である。 さらに、喫煙者は別の金属の要素、精巣のティッシュで集まり、オキシダントの圧力に更に加えるカドミウムの有毒なレベルを集める。45は これらの効果喫煙者の精液の質そして豊饒の相当な損失を作り出す。45の 調査は亜鉛補足がカドミウムの毒性の影響を減らし、喫煙者の精液の質を後押しすることを示す。45,46

必要がある何を知る

栄養の補足は前線の男性の豊饒サポートを提供する
栄養の補足は前線の男性の豊饒サポートを提供する  
  • 科学者は精子の数、運動性、構造およびDNAの完全性の測定である精液の質の世界的な低下を観察した。
  • 左の抑えられない、この伝染病問題が最も激しい先進国の人間の多産性率の大きい減少を、特に綴ることができる。
  • 減少した精液の質の理由は十分に理解されないが、はっきり新世代に起因するある特定の主要な食餌療法および環境要因を含んでいる。
  • 均一そして安全に精液の質を改善できる薬物はまだあっていない。
  • 栄養の補足の大きい握りは精液の質の改善と、健康な子孫の出産率そして生れを改善するための実質の希望をもっと重大に提供する。
  • 補酵素Q10のような自然な分子と共に酸化防止ビタミンそして鉱物は、N acetylcysteine、リコピン、カルニチン、オメガ3の脂肪酸、ビタミンDおよびAshwaganda (Withaniaのsomnifera) すべて近いゼロ副作用の精液の質を改善する。

N Acetylcysteine (NAC)

N acetylcysteine (NAC)は有効な直接酸化防止効果の変更されたアミノ酸である; それはまたグルタチオンのような自然な細胞酸化防止システムを後押しする。 NACが最初にacetaminophenの過量によって作り出された酸化毒性を(Tylenolの®、 )逆転させ、嚢胞性線維症の分泌の粘着性(厚さ)の減少のより遅い使用を見つけるのに使用された。

全面的な精液および精液の質の後押しの手段として懇願しているNACの両方の特徴はそれを作る。

酸化防止剤として運動性の改善に貢献する人間の精液の有害な反応酸素種の集中を減らすために、NACは示されていた。47,48は 口頭NACの 600のmg /day の線量知られていた男性の要因不妊の人の容積そして運動性を改善した。48 そして、亜鉛のように、NACの酸化防止力それに精液の質に対するマイナスの効果をもたらす有毒な化学薬品のための有効な解毒剤をしなさい: マウスの実験はNACの補足がヒ素の効果を逆転できることを有名な環境の毒素示す。49

ボディ分泌の粘着性を減らすNACの能力は付加的な資産を提供する。 同じ 600のmg /dayの 線量は精液が進み、卵細胞を肥やすことの目的に達することができるようにそれをもっと簡単にする精液の粘着性を減らす。48

単独でそしてセレニウムの補足を伴うNAC、血清のテストステロンのレベルを上げる、また精液の質の変数を改善する助け。50

必要がある何を知る

酸化防止栄養組合せは老人の精液の質を、特に後押しする
酸化防止栄養組合せは老人の精液の質を、特に後押しする  

ますます人は最近の調査に従って生命の後でそして後で父に、なることにしている。 幼児の妊娠そして健康の結果の父の年齢の影響についての昇給の重要な質問を向く100。

ほとんどのデータは増加された父の年齢と関連付けられる相当な危険率豊饒(想像の可能性)および子孫のための遺伝の危険に両方影響を及ぼすことができる要因を提案する。100

これらの理由により、老人は巧妙な概念および健康な父権の彼らのチャンスを最大にするために可能ように好意でダイスにその位荷を積むように特になる。

食餌療法の酸化防止組合せの2つの最近の調査は優秀なガイドを提供する。

最初の調査では、研究者は人22から80の歳のグループの微量栄養の取入口を検査した。101彼らは全面的な精液の健康のマーカーとして精液DNAの損傷の量を定めた。

全体的にみて、調査はビタミンCおよびEのfolate、および亜鉛の最も高い取入口を持つ人は、大体16%がより少ない精液 DNAの 損傷よりあったことをこれらの酸化防止栄養素のより低い取入口を持つ人示した。 利点は研究グループ(年齢44-80)のより古いメンバー間で高められた; 実際、それらの微量栄養の最も高く全面的な取入口を持つそのグループの人は若者のそれらに類似した精液の損傷のレベルを示した。101

第2調査は異常に形作られた精液との低い精子の数という理由で不妊であるために知られていた人のグループを含んだ。102人の 研究者はlカルニチン、ビタミンC、補酵素Q10、3ヶ月の期限にわたるビタミンE、亜鉛、folate、セレニウムおよびビタミンB12を含んでいる口頭酸化防止補足を主題に与えた。

非常に低下させたDNAが付いている精子細胞、まったく評価された時間ポイントのDNAの完全性そして割合に重要な改善があった。102 同時、集中、運動性、活力および構造のような精液の質の他の手段に顕著な増加があった。

これらの調査は(または育つため)生命の後で彼らの家族を始めるように努める増加する人のための新しい希望を提供する。 多数の酸化防止栄養素との補足の広スペクトルの計画は人の首尾よく健康な妊娠を始めることの全面的なチャンスを後押しする多分ようである。

リコピンは逆の男性の不妊を助ける

リコピンはトマト、スイカおよび他のフルーツの赤い色を提供する自然な、植物得られたカロチノイドの顔料である。 それに強力な酸化防止特徴があり、他のいろいろ細胞活動に同様にかかわる。

食事療法のリコピンの低い取入口は悪い精液の質および男性の要因不妊と関連付けられる。しかし 38,51、リコピンとの補足はいくつかの逆転させるためにまたはすべてその損傷示されていた。

1つの調査では、損なわれた豊饒の人はリコピン の2 mgを毎日二度与えられた。 結果は印象的だった: 66%は 精液の集中を改善した、 53%は 運動性を改善し、 46% 正常な精液の形態の改善された数を示した。この 調査の人の52の23%父権を達成した。

別の方法リコピンは質が高度のglycationの最終製品(年齢)の影響の減少によって、血ブドウ糖への露出の寿命に形作る危ない砂糖/蛋白質の構造を行う精液高める。 1つの調査では、リコピンの 20 mg との補足はsRAGEの減らされた存在、精液の年齢の活動のマーカーで毎日起因した。53

オメガ3の脂肪酸は精子の数を改善する

オメガ3の脂肪酸は精子の数を改善する  

移動する必要性に加えて長い間隔精子細胞は卵の膜に結合し、生きている胚を作り出せる極めて特殊な膜の特徴がなければならない。 それらの特別な特徴の多くは精液のオメガ3の脂肪酸のハイ レベルから来る。54,55

精液の質の欠陥の人はか精子の数に精液および精子細胞の構成で普通オメガ3sの低水準、かオメガ6の脂肪へのオメガ3の低い比率が、ある。54,56,57 一方では、オメガ3のより高いレベルおよび比率は改善された精液の運動性、集中および構造に直接関連する。54

オメガ3sと補われる精子細胞が制御細胞と比較される酸化圧力の運動性そして少数のマーカーを改良したことを実験室および動物実験は明らかにする。オメガ3の 58,59の脂肪は、(とりわけEPAおよびDHA)、動物実験の豊饒そして損なわれた精液の生産を元通りにするためにあった。60,61の 人間の調査はDHAおよびEPAの 組合せ の1,840 mgとの日補足が総精子の数および集中を改善したことを示す。62は 40%によってオメガ3が豊富な内陸式の食事療法前不妊のカップルの巧妙な妊娠のチャンスを 後押しする61

ビタミンDの不足は不妊に貢献する

1つの調査の検査の精子の質は調査された 20 ng/mLの下で人の 44%に25-hydroxyvitamin Dの血レベルが あったことを見つけた。 最適のレベルは50 ng/mL にある、従ってこれらの人はほとんどの人々がだれが 以上5,000 IU/dayと補わないかであるので、ビタミンDが真剣に 不十分だった。 これは男性の要因不妊の上昇率の巨大な影響があることができる。 血清のビタミンDのレベルは精液の運動性および正常な構造に肯定的に関連する。63

それは2006年までビタミンDのための受容器の分子が精子細胞の表面で検出されたことではなかった。64,65 その時以来、受容器は男性の生殖地域のすべてのティッシュにあった。66

ビタミンDの不足は45%女性の生殖地域の沈殿物の精液にオスの実験動物の能力を 減らし、D不十分な男性から精液を受け取った女性の巧妙な妊娠の率は73% 減る67

但し、ビタミンDは実験室に住むために人間の精子細胞加えられるとき精子細胞が卵に付すようにする「acrosome反作用」のの急速な開発と共に精液の運動性の急増を、作り出す。66

人間の調査が男性の要因不妊のビタミンDの補足の影響で報告されなかったが、豊饒問題に直面している人はまだアメリカ人間のビタミンDの不十分そして不足の高い比率とつながれる実験室および動物実験のビタミンDの強力な効果があるこの栄養素特別と補うことを考慮するべきである。 少なくとも、考慮される慣習的な薬(非常により32 ng/mL)の範囲によって十分な範囲に血しょうビタミンDの レベルを持って来るために補うことを考慮しなさい。 これは頻繁に1,000から2,000 IU/dayのビタミンD3との毎日の補足 によって 5,000 までのIUが安全で、 ある特定の場合 必要とされるかもしれないけれども達成することができる。68-70

Ashwagandhaは精液の質を改善する

Ashwagandhaは精液の質を改善する  

圧力は現代不妊の伝染病の重要要因である。 それは酸化損傷、発火をおよび精液の質を減らすと知られている他の有害な条件を高める。71

圧力関連の不妊を戦う1つの方法はAyurvedicでおよび圧力を減らすために他の従来の医学システム使用される植物とある。 調査はAshwagandha (Withaniaのsomnifera)が圧力関連の不妊を扱うことができることを示した。71

60の不妊の人が3か月間Ashwagandhaの根の粉の日刊新聞を取ったときに、圧力の減らされた手段、酸化防止剤の増加されたレベルを経験し、全面的な精液の質を改善した。71 3か月の終りまでに、それらの人の 14% のパートナーは妊娠を想像した。

Ashwagandhaのエキスは精液の質を改善する複数の方法ではたらく: それは脂質の過酸化反応を禁じたり、glycationのマーカーを減らしたり、酸化防止酵素およびビタミンA、CおよびEの精液のレベルを改良し、血清のテストステロンおよび他の多産に重大なホルモンを増加する。72,73

概要

先進国で顕著な精液の質の全体的な低下に、特に人類の存続を脅す潜在性がある。 この低下の多くの理由はしなければならないかどれがの新世代に独特な環境および食餌療法の要因と、最も強いの提案された。

男性の要因不妊はすべての不妊の場合の半分より多くを説明するので彼らの精液の質を最大限に活用するために、人に現職である。 悲しげに、薬物か慣習的な治療はこの危ない傾向を逆転させることができないようである。

栄養の補足は頻繁に薬剤の薬が失敗する、精液の質の区域が例外ではない希望を保持し。 酸化防止剤および細胞の活発化の栄養素は巧妙な妊娠のチャンスを改善する精液DNA最終的への損傷を減らしている間正常な精子細胞の精液の運動性、精子の数および数を改善できる。

この記事の科学的なコンテンツの質問があったら、1-866-864-3027で生命延長 ®の健康の顧問を 呼びなさい。

参照

1. で利用できる: http://www.economist.com/node/14744915。 2012年9月14日アクセスされる。

2. Visser L、Repping S. Unravelling spermatogenic失敗の遺伝学。 再生。 2月2010日; 139(2): 303-7。

3. Jorgensen N、Joensen国連、Jensen TKの等新しい千年間の人間の精液の質: 4867人の将来の横断面の人口ベースの調査。 BMJは開く。 2012;2(4).

4. Merzenich H、Zeeb HのBlettner M. Decreasingの精液の質: 全体的な問題か。 BMCの公衆衛生。 2010;10:24.

5. Desai N、Sabanegh E、Jr.、金Tの老化のAgarwal A.の遊離基理論: 男性の不妊の含意。 泌尿器科学。 1月2010日; 75(1): 14-9。

6. より柔和なJDのStapletonのHM。 有機リン酸エステルの家の塵集中はホルモン レベルおよび精液の質変数に関連して抑制剤を炎にあてる。 健康Perspectを囲みなさい。 3月2010日; 118(3): 318-23.7.Meeker JD、Barr DB、Hauser R. Humanの精液の質および精液DNAはpyrethroid殺虫剤の尿の代謝物質に関連して傷つく。 ハム雑音Reprod。 8月2008日; 23(8): 1932-40年。

8. Jurewicz J、フタル酸塩へのHanke W. Exposure: 生殖結果および児童保健。 疫学の研究の検討。 Int J Occup Medは健康を囲む。 6月2011日; 24(2): 115-41。 Epub 5月2011日19日。

9. Shiva M、Gautam AK、Verma Y、Shivgotra V、Doshi H、精液の質、酸化圧力および精液の酸化防止活動間のKumar S. Association。 Clin Biochem。 3月2011日; 44(4): 319-24。

10. Mah PM、Wittert GA。 肥満および精巣機能。 細胞MolのEndocrinol。 3月2010日25日; 316(2): 180-6。

11. イブラヒムHA、朱Y、ウーCは、等セレニウム富ませたprobiotics高脂肪の食事療法によって妥協されるネズミ科の男性の豊饒を改善する。 Biolの跡Elem Res。 6月2012日; 147 (1-3): 251-60。

12. Greco EのロマノS、Iacobelli M、等精液DNAの損傷の場合のICSI: 口頭酸化防止処置の有利な効果。 ハム雑音Reprod。 9月2005日; 20(9): 2590-4。

13. Gil別荘AM、CardonaマヤW、Agarwal A、Sharma R、早い再発胚の損失に於いての男性の要因のCadavid A. Role: 酸化防止剤は効果をもたらすか。 Fertil Steril。 8月2009日; 92(2): 565-71。

14. Zini A、サン・ゲーブリエルM、Baazeem A. Antioxidantsおよび精液DNAは傷つく: 臨床見通し。 JはReprod Genetを助ける。 8月2009日; 26(8): 427-32。

15. で利用できる: http://www.nlm.nih.gov/medlineplus/ency/article/003627.htm。 2012年9月21日アクセスされる。

16. Andersson AM、Jorgensen N、主要なKMの等男性の性と生殖に関する健康の不利な傾向: 私達は重大な「転換点」に達するかもしれない。 Int J Androl。 4月2008日; 31(2): 74-80。

17. 男性の性と生殖に関する健康の無秩序のNordkap L、Joensen国連、Blomberg Jensen M、Jørgensen N. Regionalの相違そして一時的な傾向: 精液の質は環境の露出の敏感なマーカーであるかもしれない。 細胞MolのEndocrinol。 5月2012日22日; 355(2): 221-30。 Epub 11月2011日25日。

18. Carlsen E、Giwercman A、Keiding N、Skakkebaek NE。 50年を過ぎたの間の精液の質を減らすための証拠。 BMJ. 9月1992日12日; 305(6854): 609-13。

19. Feki NC、Abid N、Rebai Aの等不妊関係の人間の精液の質の低下: チュニジアの南の12年にわたる経験。 J Androl。 2009日9月10月; 30(5): 541-7。

20. Mukhopadhyay D、Varghese AC、友達M、等精液の質および年齢特定の変更: 正常な精子の数を用いるカップルの3,729人のオス パートナーの二十年とインドの都市の不妊関連の問題のためのandrologyの実験室に通うこと間の調査。 Fertil Steril。 5月2010日1日; 93(7): 2247-54。

21. ジョンソンL、Falkグウ、Suggs LCの等精子形成の規則を調査するモデルとしてHeterotopicの移植; 精液についてのあるhistomorphological考察は人で低下する。 Contracept Fertilの性。 1997日7月8月; 25 (7-8): 549-55。

22. 劉PY、Handelsman DJ。 男性の不妊のためのホルモン性の処置の現在と未来の状態。 ハム雑音のReprodの更新。 2003日1月2月; 9(1): 9-23。

23. Isidori AM、Pozza C、Gianfrilli Dの精液の質を改善するIsidori A.の治療。 オンラインReprod Biomed。 6月2006日; 12(6): 704-14。

24. Kumar R、Gautam G、Gupta NP。 独特の男性の不妊のための薬療法: 理論的根拠対証拠。 J Urol。 10月2006日; 176 (4つのPt 1): 1307-12。

25. Siddiq FM、Sigman M。 不妊の医学管理の新しい一見。 Urol Clinの北AM。 11月2002日; 29(4): 949-63。

26. Neri QV、Takeuchi T、Rosenwaks Z、パレルモGD。 損なわれた精子形成のための処置の選択: 生殖細胞の移植および茎細胞は療法を基づかせていた。 Minerva Ginecol。 8月2009日; 61(4): 253-9。

27. Wang YX、ヤンSWのQuのCB、等Lカルニチン: asthenozoospermiaのために安全そして有効。 ZhonghuaナンKe Xue。 5月2010日; 16(5): 420-2。

28. Morgante G、Scolaro V、Tosti C、Di Sabatino、Piomboni P、カルニチンとのDeレオV.の処置、アセチルのカルニチン、Lアルギニンおよび朝鮮人参はasthenopermiaの人の精液の運動性そして性の健康を改善する。 Minerva Urol Nefrol。 9月2010日; 62(3): 213-8。

29. 結合されたLカルニチンのチェンHJ、陳T. Clinicalの効力および独特のasthenospermiaのアセチルLカルニチン。 ZhonghuaナンKe Xue。 2月2008日; 14(2): 149-51。

30. Khademi A、Alleyassin A、Safdarian L、Hamed EA、Rabiee E、Haghaninezhad H。 独特の精液の異常の喫煙者および禁煙家の患者の精液変数に対するLカルニチンの効果。 JはReprod Genetを助ける。 12月2005日; 22 (11-12): 395-9。

31. DeローザM、Boggia B、アマルフィB、等さまざまな起源の精液の機能障害の人の精液のカルニチンと機能spermatozoal特徴間の相関関係。 薬剤R D. 2005年; 6(1): 1-9。

32. Lenzi A、Lombardo F、Sgro P、等。 男性の要因不妊の指定場合のカルニチン療法の使用: 二重盲目のクロスオーバーの試験。 Fertil Steril。 2月2003日; 79(2): 292-300。

33. Vitali G、Parente Rの人間の独特のasthenospermiaのMelotti C. Carnitineの補足: 臨床結果。 薬剤Exp. Clin Res。 1995;21(4):157-9.

34. 肋骨M、Canale D、Filicori M、D'Lddio Sの独特のasthenozoospermiaのLenzi A.のLカルニチン: 多中心の調査。 カルニチンおよび男性の不妊のイタリアの研究グループ。 Andrologia。 1994日5月6月; 26(3): 155-9。

35. Cavallini G、Ferraretti AP、Gianaroli L、Biagiotti G、Vitali G. Cinnoxicamおよび独特およびvaricocele準のoligoasthenospermiaのためのLカルニチン/アセチルLカルニチンの処置。 J Androl。 2004日9月10月; 25(5): 761-70; 議論71-2。

36. Sheweita SA、Tilmisany AMの男性の不妊のAlSawaf H. Mechanisms: 酸化防止剤の役割。 Currの薬剤Metab。 10月2005日; 6(5): 495-501。

37. Agarwal A、Sekhon LH。 男性の不妊の処置に於いての酸化防止療法の役割。 ハム雑音Fertil (Camb)。 12月2010日; 13(4): 217-25。

38. Mendiola J、Torres-Cantero AM、Vioque J、等。 酸化防止栄養素の低い取入口は不妊治療院に出席している患者の悪い精液の質と関連付けられる。 Fertil Steril。 3月2010日1日; 93(4): 1128-33。

39. 黄YL、Tseng WC、チェンSYの林のTH。 人間の精液血しょうの微量の元素そして脂質の過酸化反応。 Biolの跡Elem Res。 9月2000日; 76(3): 207-15。

40. Yuyan L、Junqing W、魏Y、Weijin Z、Ersheng G。 血清の亜鉛および銅のレベルは精液の質と関連しているか。 Fertil Steril。 4月2008日; 89(4): 1008-11。

41. 追跡のCD、ジョンソンのPE、Herbel J、Mullen LK。 精液の容積および亜鉛損失に対する食餌療法亜鉛枯渇、若者の血清のテストステロンの集中および精液の形態の効果。 AM J Clin Nutr。 7月1992日; 56(1): 148-57。

42. Omu AE、Dashti Hの亜鉛硫酸塩とのasthenozoospermiaのAlOthman S. Treatment: andrological、免疫学およびobstetric結果。 Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol。 8月1998日; 79(2): 179-84。

43. Omu AEのAlAzemi MK、Kehinde EO、Anim JT、Oriowo MA、Mathew TC。 亜鉛療法によって改善された精液変数にかかわるメカニズムの徴候。 Med Princ Pract。 2008;17(2):108-16.

44. Wong WYのトマスCM、Menkveld R、Zielhuis GA、Steegers-Theunissen RP、MerkusのHM。 男性の要因subfertilityに対する葉酸および亜鉛硫酸塩の効果: 二重盲目の、ランダム化された、偽薬制御の試験。 Fertil Steril。 3月2002日; 77(3): 491-8。

45. AlBader A、Omu AEの重い喫煙者の精液へのDashti H. Chronicのカドミウムの毒性: 亜鉛によるimmunomodulation。 アーチAndrol。 1999日9月10月; 43(2): 135-40。

46. ガルシアのPC、Piffer RC、Gerardin DC、Sankako MK、Alves deリマRO、Pereira OC。 亜鉛はオスのラットでタバコの煙によって引き起こされた生殖変化を防ぐでしようか。 Reprod Fertil Dev。 2012;24(4):559-67.

47. Oeda T、Henkel R、Ohmori H、Schill WB。 人間の精液の反応酸素種に対するNアセチルLシステインの掃気効果: 男性の要因不妊のための可能な治療上の様相か。 Andrologia。 1997日5月6月; 29(3): 125-31。

48. Ciftci H、Verit A、Savas M、Yeni E、精液変数および酸化/酸化防止状態に対するN acetylcysteineのErel O. Effects。 泌尿器科学。 7月2009日; 74(1): 73-6。

49. ヒ素誘発の酸化圧力に対するN acetylcysteineのReddy PS、Rani GP、SainathのSB、Meena R、Supriya C. Protectiveの効果およびオスの鼠のreprotoxicity。 JはElem Med Biol.をたどる。 12月2011日; 25(4): 247-53。

50. 、Safarinejadの氏不妊の人の精液変数を改善するためのセレニウムやNアセチル システインのSafarinejad S. Efficacy: 二重盲目の制御される偽薬ランダム化された調査。 J Urol。 2月2009日; 181(2): 741-51。

51. Goyal A、Chopra MのLwaleedのBA、シラカバBのAJたる製造人。 人間の精液血しょうに対する食餌療法のリコピンの補足の効果。 BJU Int。 6月2007日; 99(6): 1456-60。

52. Gupta NPの独特の男性の不妊のKumar R. Lycopene療法--予備報告。 Int Urol Nephrol。 2002;34(3):369-72.

53. Oborna I、Malickova K、Fingerova H、等。 normospermic人の精液および血しょうの高度のglycationの最終製品のための溶ける受容器のリコピンの処置のランダム化された管理された試験。 AM J Reprod Immunol。 9月2011日; 66(3): 179-84。

54. Aksoy Y、Aksoy H、Altinkaynak K、Aydin HRのOzkan A. Spermのsubfertile人の脂肪酸組成。 プロスタグランジンのLeukotの必要な脂肪酸。 8月2006日; 75(2): 75-9。

55. Wathes DC、Abayasekara DR、Aitken RJ。 男性および女性の再生のPolyunsaturated脂肪酸。 Biol Reprod。 8月2007日; 77(2): 190-201。

56. Oborna I、Wojewodka G、De Sanctis JB、等不妊のカップルからのnormozoospermic男性の精液および血しょうの高められた脂質の過酸化反応および異常な脂肪酸のプロフィール。 ハム雑音Reprod。 2月2010日; 25(2): 308-16。

57. Hosseini SY、Dadkhah F、Asgari MA、Safarinejadの氏。 精液の特徴のオメガ3そしてオメガ6の脂肪酸の関係、および精液血しょうの酸化防止状態: 肥沃な、不妊の人間の比較。 Clin Nutr。 2月2010日; 29(1): 100-5。

58. Brinsko SP、Varner DDの愛CC、Blanchard TL、紀元前の日、ウイルソン私。 新しく、冷却された凍らせていた種馬の精液の質に対するDHA富ませたnutriceutical与える効果。 Theriogenology。 3月2005日15日; 63(5): 1519-27。

59. Gholami H、Chamani M、Towhidi A、Fazeli MH。 ホルスタイン雄牛の新しく、凍結分解された精液の質に対するdocosahexaenoic酸富ませたnutriceutical与える効果。 Theriogenology。 12月2010日; 74(9): 1548-58。

60. RoquetaリベラM、Stroud CK、Haschek WMは、等Docosahexaenoic酸の補足十分に男性のデルタ6のdesaturaseブランクのマウスの豊饒そして精子形成を元通りにする。 Jの脂質Res。 2月2010日; 51(2): 360-7。

61. Vujkovic M、de Vries JH、Lindemans J、等。 体外受精/intracytoplasmic精液の注入の処置を経るカップルの先入観内陸の食餌療法パターンは妊娠のチャンスを高める。 Fertil Steril。 11月2010日; 94(6): 2096-101。

62. Safarinejadの氏。 精液のプロフィールに対するオメガ3のpolyunsaturated脂肪酸の補足の効果および独特のoligoasthenoteratospermiaの不妊の人の精液血しょうの酵素の酸化防止容量: 二重盲目、偽薬制御の、ランダム化された調査。 Andrologia。 2月2011日; 43(1): 38-47。

63. Blomberg Jensen M、Bjerrum PJ、Jessen TEの等ビタミンDは精液の運動性と肯定的に関連付けられ、人間の精子の細胞内カルシウムを増加する。 ハム雑音Reprod。 6月2011日; 26(6): 1307-17。

64. Corbett STの丘O、Nangia AK。 ビタミンDの受容器は人間の精液で見つけた。 泌尿器科学。 12月2006日; 68(6): 1345-9。

65. Blomberg Jensen M.のビタミンDの新陳代謝、性ホルモンおよび男性の生殖機能。 再生。 8月2012日; 144(2): 135-52。

66. Blomberg Jensen MのDissing S.の人間の精子のビタミンDの非ゲノムの効果。 ステロイド。 8月2012日; 77(10): 903-9。

67. Kwiecinski GG、PetrieのGI、DeLuca HF。 ビタミンDはオスのラットの生殖機能に必要である。 J Nutr。 5月1989日; 119(5): 741-4。

68. Holick MF。 ビタミンD: D-Lightfulの健康の見通し。 NutrのRev. 10月2008日; 66 (10のSuppl 2): S182-94.

69. Wimalawansa SJ。 ビタミンD: 骨格健康のための必要な部品。 アンN Y Acad Sci。 12月2011日; 1240: E1-12.

70. Wimalawansa SJ。 新しい千年間のビタミンD。 Curr Osteoporos Rep。 3月2012日; 10(1): 4-15。

71. Mahdi AA、Shukla KK、Ahmad MKの等 Withaniaのsomniferaは 圧力関連の男性の豊饒の精液の質を改善する。 Evidは補足物のAlternat Medを基づかせていた。 9月2009日29日。

72. Ahmad MK、Mahdi AA、Shukla KKの等 Withaniaのsomniferaは 不妊の男性の精液血しょうの生殖ホルモン レベルそして酸化圧力の調整によって精液の質を改善する。 Fertil Steril。 8月2010日; 94(3): 989-96。

73. Shukla KK、Mahdi AA、Mishra Vの等 Withaniaのsomniferaは 酸化圧力および細胞死を戦い、必要な金属の集中を改善することによって精液の質を改善する。 オンラインReprod Biomed。 3月2011日7.日。

74. Thiele JJ、Friesleben HJ、Fuchs JのOchsendorfフレーム。 人間の精液血しょうのアスコルビン酸そしてurate: 洗浄された精液の化学ルミネセンスの決定そして相互関係。 ハム雑音Reprod。 1月1995日; 10(1): 110-5。

75. Colagarああ、Marzonyと。 人間の精液血しょうのアスコルビン酸: 精液の質への決定そして関係。 J Clin Biochem Nutr。 9月2009日; 45(2): 144-9。

76. ドーソンEB、ハリスWA、Teter MC、パウエルLC。 喫煙者の精液の質に対するアスコルビン酸の補足の効果。 Fertil Steril。 11月1992日; 58(5): 1034-9。

77. Vani K、Kurakula M、Syed R、鉛露出された不妊の人間のビタミンCのAlharbi K. Clinical Relevance。 GenetテストBiomarkers Molの。 6月2012日25日。

78. Kessopoulou Eの力HJ、Sharma KK、等。 二重盲目のランダム化された偽薬のクロスオーバーは酸化防止ビタミンEを使用して反応酸素の種関連男性の不妊を扱うために試験を制御した。 Fertil Steril。 10月1995日; 64(4): 825-31。

79. Greco E、Iacobelli M、Rienzi L、Ubaldi F、Ferrero S、口頭酸化防止処置による精液DNAの分裂の発生のTesarik J. Reduction。 J Androl。 2005日5月6月; 26(3): 349-53。

80. Suleiman SA、アリ私、Zaki ZM、elMalik EM、Nasr MA。 脂質の過酸化反応および人間の精液の運動性: ビタミンEの保護役割。 J Androl。 1996日9月10月; 17(5): 530-7。

81. Lewin A、Lavon H。 精液運動性および機能に対する補酵素Q10の効果。 Med Molの面。 1997年; 18のSuppl: S213-9.

82. Balercia G、Mancini A、Paggi F、等補酵素Q10および男性の不妊。 J Endocrinolは投資する。 7月2009日; 32(7): 626-32。

83. Balercia G、Mosca F、Mantero Fの等補酵素Q (10)独特のasthenozoospermiaの不妊の人の補足: 開いた、自由なパイロット・スタディ。 Fertil Steril。 1月2004日; 81(1): 93-8。

84. Balercia G、Buldreghini E、Vignini Aの等独特のasthenozoospermiaの不妊の人の補酵素Q10の処置: 偽薬制御の、二重盲目のランダム化された試験。 Fertil Steril。 5月2009日; 91(5): 1785-92。

85. Mancini A、De Marinis L、Littarru GP、Balercia G。 男性の不妊の補酵素Q10の含意の更新: 生化学的な、治療上の面。 Biofactors。 2005;25(1-4):165-74.

86. Safarinejadの氏。 不妊の人の精液変数、精液機能および生殖ホルモンの補酵素Q10の効力。 J Urol。 7月2009日; 182(1): 237-48。

87. Mancini A、Balercia G. Coenzyme Q (10)男性の不妊で: physiopathologyおよび療法。 Biofactors。 9月2011日; 37(5): 374-80。

88. Moslemi MKの不妊の人のTavanbakhsh S.のセレニウム ビタミンEの補足: 精液変数および妊娠率に対する効果。 Int J GEN Med。 2011;4:99-104.

89. 不妊の人の精液の質に対する口頭ビタミンEおよびセレニウムの補足のKeskes-Ammar L、Feki-Chakroun N、Rebai T、等精液の酸化圧力そして効果。 アーチAndrol。 2003日3月4月; 49(2): 83-94。

90. スコットR、MacPherson A、Yates RW、Hussain B、ディクソンJ。 人間の精液の運動性に対する口頭セレニウムの補足の効果。 Br J Urol。 7月1998日; 82(1): 76-80。

91. 、Safarinejadの氏不妊の人の精液変数を改善するためのセレニウムやNアセチル システインのSafarinejad S. Efficacy: 二重盲目の制御される偽薬ランダム化された調査。 J Urol。 2月2009日; 181(2): 741-51。

92. Oda SS、ElMaddawy ZK。 オスのラットのdeltamethrin誘発の生殖毒性に対するビタミンEおよびセレニウムの組合せの保護効果。 Exp. Toxicol Pathol。 4月2011日6.日。

93. Kumari D、Nair N、Bedwal RS。 食餌療法亜鉛不足の後の精巣のapoptosis: 超微細構造的なおよびTUNELの調査。 Syst Biol Reprod Med。 10月2011日; 57(5): 233-43。

94. Akinloye O、Abbiyesuku FM、Oguntibeju OO、Arowojolu AO、Truter EJ。 血の影響およびspermogramの精液血しょう亜鉛および銅の集中および不妊のナイジェリアの人のホルモンの変化。 Reprod Biol。 7月2011日; 11(2): 83-98。

95. Yuyan L、Junqing W、魏Y、Weijin Z、Ersheng G。 血清の亜鉛および銅のレベルは精液の質と関連しているか。 Fertil Steril。 4月2008日; 89(4): 1008-11。

96. Ebisch IM、Pierik FH、FH DEJ、トマスCM、Steegers-Theunissen RP。 葉酸および亜鉛硫酸塩の介在は人の内分泌変数そして精液の特徴に影響を与えるか。 Int J Androl。 4月2006日; 29(2): 339-45。

97. Wong WYのトマスCM、Menkveld R、Zielhuis GA、Steegers-Theunissen RP、MerkusのHM。 男性の要因subfertilityに対する葉酸および亜鉛硫酸塩の効果: 二重盲目の、ランダム化された、偽薬制御の試験。 Fertil Steril。 3月2002日; 77(3): 491-8。

98. Omu AE、Dashti Hの亜鉛硫酸塩とのasthenozoospermiaのAlOthman S. Treatment: andrological、免疫学およびobstetric結果。 Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol。 8月1998日; 79(2): 179-84。

99. で利用できる: http://ods.od.nih.gov/factsheets/VitaminE-HealthProfessional/。 2012年9月26日アクセスされる。

100. ステュワートAF、金ED。 老化の男性についての豊饒の心配。 泌尿器科学。 9月2011日; 78(3): 496-9。

101. Schmid TE、Eskenazi B、Marchetti Fの等微量栄養の取入口は老人の改善された精液DNAの質と関連付けられる。 Fertil Steril。 8月2012日23日。

102. Abad C、Amengual MJ、Gosalvez J、等人間の精液DNAの分裂の原動力に口頭酸化防止処置の効果および非常に低下させたDNAを持つ精液のsubpopulations。 Andrologia。 9月2012日3.日。