生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2012年4月
レポート

Trimetazidine: あなたが決して聞いたあらないことは心臓病の薬

カールによってDeMarcoはスティーブンB. Strum、MDによって同業者審査した
Trimetazidine: あなたが決して聞いたあらないことは心臓病の薬

82 ,000,000人のアメリカ人 に心循環器疾患の形態 に苦しませる1 それは米国に第1死因に残る。1

成熟させてすべての利用できる処置の選択へのアクセスを持ちなさいことを医学の官界が保障するとこのキラーの流行を与えられて、 考える個人を。

間違っている。

40年間 の出版された 調査、2にわたる悪意は この国、生命延長®がそれ以上の研究および潜在性のFDAの承認のための強制的なターゲットとして支持する 薬剤の臨床 および規定するリンボー界であまり知られていない、可能性としては人命救助の心臓病の薬憂鬱な生活を送る。

アメリカの市場の 心臓病のための他のどの慣習的な規定の薬物とは違っても世界、それは中で80以上の国家で利用できる今日ある。

この薬剤はtrimetazidine (TMZ )として呼ばれる

またヨーロッパの Vastarelの氏 として販売されて、それは妥協された 中心の ティッシュを活気づけ、復興させるために ミトコンドリアの 新陳代謝を調整する。 致命的な心臓でき事が起こる前に科学研究ショーの山それに傷つきやすい、酸素奪い取られた 心筋を保護する機能がある。

この記事でtrimetazidineのcardioprotective力の有力な証拠を発見する。 中心、ほとんどの心臓発作 の後ろの 主な管の病理学 への減少された血の流れの致命的な 影響を逆転させる容量 の学ぶ。

心臓発作および心臓死亡率のような堅い終点の長期データの欠乏についての心配は承認に規定する道にこの新しい薬剤のための困難な1つをする。 虚血性心疾患を扱うのを助けるべき薬剤の新型のための困難な承認道は厄介で官僚的な命令を切り、心臓病のためのよりよい薬物の評価を刺激する必要性の例である。

TMZが危険な状態の心筋のための付加的な保護をいかにできるか理解するためには、私達は慣習的な心臓病の薬の重要な限定 そして 危険の輪郭を描くことによって始める。

多くの薬物しかし行為の1つのモードだけ

心臓虚血は 幹線妨害によって従って中心のティッシュへの血の流れが酸素配達漸進的に限られている普通病状、行い、; これはほとんどの心臓発作の起源である。 アンギーナは 頻繁に不快な圧力の感覚と一緒に伴われる第一次徴候箱の苦痛である。 アンギーナは血ポンプ機能を行うためにより多くの酸素のために叫ぶ心筋である。

心臓虚血およびアンギーナのための慣習的な薬剤が行為の異なったメカニズムによって作動する間、1つの生理学的な効果だけ引き起こすことを学ぶために驚かすかもしれない: それらは 血の流れを改善することおよび心臓作業負荷を 減らすことによって酸素のための心筋の要求を下げる。3

このアプローチは心臓病のすべての個人のために有効ではないかもしれない。 問題か。 これらの薬剤は 既に ピーク効率に戻って傷つくか、または正常に機能しない中心のティッシュを元通りにしない。 妥協された心筋の細胞 mitochondriaとして知られている発電所は 最上に最大出力のためのエネルギーに燃料を変えてなく残る。4

これは冷える統計量を説明するかもしれない: 慣習的な 薬物の患者の88%は慢性のアンギーナに苦しみ、それ以上の心臓複雑化の危険がある状態に残り続ける。3

啓発された個人がCoQ10 (ubiquionol)を使用して中心の細胞のミトコンドリア機能を支えるかもしれない間、5 Lカルニチン、6 タウリン、7 マグネシウム、8 PQQ (pyrroloquinolineのキノン)9 および他の栄養素、10,11人の ほとんどの患者は彼らの心臓学医によってそれらについて言われないし、最適の投薬はほとんど起こらない。 冠状血の流れを高めることによって左の心室機能を支えるためになお、薬剤TMZは独特なcytoprotectiveメカニズムによって作用する。 脂肪酸の新陳代謝の阻止によってブドウ糖へエネルギー基質の利用を移すことによって、TMZはだけ栄養素と達成可能ではないかもしれない細道によって心臓筋肉細胞ATPのレベルを高める潜在性を提供する。

アンギーナおよび虚血性心疾患3,12の処理で使用される慣習的な薬剤
薬剤のクラス 行為のメカニズム 危険および副作用
Antiplatelet代理店 アスピリン、clopidogrel 容器の壁への血血小板の付着の減少による血塊の防止 胃腸出血
ベータ遮断薬 メトプロロール、atenolol 減らしなさい心拍数、血圧、contractility (「圧搾」)の減少によって心臓作業負荷を 低血圧、ゼーゼー息をする目まい; 糖尿病の危険を、13勃起不全高めるかもしれない
酵素(エース)の抑制剤のアンギオテンシン変換 Captoprilのenalapril 維持の血圧の主酵素の活動の制限によって心臓作業負荷を減らしなさい 低血圧、腎臓の減損
カルシウム チャネルのブロッカー Nifedipineのamlodipine 減らしなさいcontractility (「圧搾」減少)のによって心臓作業負荷を 遅い心拍数、急速な心拍数、目まい
硝酸塩 ニトログリセリン 増加の冠状動脈の膨張による心臓血の流れ 低血圧、気絶する目まい

独特で、強力なメカニズムを通した中心の保護

ある心臓薬剤への対照によって、TMZは心筋を作業負荷の減少に対してエネルギー出力を高めることによって最上に、機能する。14 個人を老化させる行為の提供のこの基本的に明瞭なモード中心を弱めるよりもむしろ中心のエネルギー生産機能を高めることによって心臓発作を避ける補足および可能性としては効果的な方法。

この結果は行為の新しいメカニズムによって達成される: 中心がエネルギーに燃料を変える新陳代謝の細道は好意的に変わる。

ここにそれがいかに働くかである:

あなたの中心の細胞内のmitochondriaはエネルギーの大部分を発生させるのに脂肪酸をその燃料の中心機能利用する; 病気の前で、脂肪酸の使用は増加する。15 TMZはmitochondriaが燃料の源としてより多くのブドウ糖を利用することを可能にする。16-18

中心の細胞の新陳代謝のこの転位は利点をできる。

脂肪酸を燃やすためには、mitochondriaはブドウ糖がエネルギー源であるとより大いにより多くの酸素が要求し、より多くの廃棄物を作り出す。16,19,20 通常の状態で問題を提起しない、ischemic中心のティッシュは急速に脂肪からそれ自身に動力を与えることを試み続けると同時に効率を失いが、酸を集める。21

ブドウ糖に好まれた燃料の源を変えることによって、少数の有害な酸は作り出される。16,20,22の 調査はTMZの前で、ischemic中心の細胞の酸分が大いにより低い、エネルギー内容は大いにより高い、制御と比較されてことを示し。23-25

これは心筋ポンプ行為のより速い回復で血の流れが元通りになれば起因する。26-28 実験虚血の動物のTMZの処置はまた残りの心筋の機能を改善している間血をポンプでくむ冠状動脈の完全な妨害に続く損なわれた区域のサイズを減らすために示されていた。さらに 29-31、動物および人間両方で、TMZの処置減らしたischemicでき事に続く期間に頻繁に起こる危ない不整脈の発生を調査する。32-35

等しい重要性の、TMZはいわゆる「血行力学の否定的な影響無しでこれらの有利な効果を」、心拍数の敏感なバランス、血圧および最終的に血の流れを定める心筋のcontractility引き起こす。16,36は 深刻となる恐れがある血行力学の不均衡を作り出すかもしれない虚血 ある 、およびアンギーナのための事実上すべての慣習的な薬剤にマーク付きの対照にこれ。

これらの人命救助の効果に加えて、TMZはアンギーナの患者の中心保護の混合の アデノシン の血しょうレベルを増加する。 アデノシンは細胞エネルギー移動のために必要である。 結果は「あらかじめ調整することと」呼ばれる: 心筋はそれがもとで死ぬかわりに限られた血の流れのための 許容を開発する。16,37

TMZはまた肯定的に 心筋のcontractilityの規則にかかわる複数のシグナリング分子の生産を高める遺伝子発現に影響を及ぼす。endothelial 機能にかかわる16,38の他の シグナリング分子は またTMZによって好意的に影響を及ぼされる。16,39,40

TMZ: 人命救助の心臓病の薬
TMZ: 人命救助の心臓病の薬
  • 82以上,000,000人のアメリカ人は心循環器疾患の形態に苦しむ。
  • これらの個人の大半は胸痛(アンギーナ)に終る限られた血の流れに中心(虚血)への苦しむ。
  • 左の未処理はの虚血心臓筋肉損傷から心筋(心臓発作)の損失への進歩する。
  • 慣習的な心臓病の薬に虚血性心疾患に対して限られた有効性があり、中心の健康の心拍数、血圧および他の重要な変数に対する望ましくない副作用を作り出すことができる。
  • TMZは行為の独特なメカニズムによって機能する脂肪の代りにブドウ糖を利用するために中心の細胞の新陳代謝を変える可能性としては人命救助の薬剤である。
  • 従ってTMZは心筋の細胞の増加する血ポンプ行為、心筋の壁厚さおよびエネルギー内容を含むいろいろ有利な方法でそれ以上のischemic損傷から傷つきやすいですか妥協された心筋のティッシュを、保護する。
  • 40年間の世界中から出版された調査に虚血性心疾患および心不全のTMZ管理の使用を短期的に支えなさい。
  • TMZの長期安全の臨床調査は必要この可能性としては人命救助の薬剤のFDAの承認を得るためにである。


虚血、アンギーナ、梗塞形成、心不全: 致命的な進行
虚血、アンギーナ、梗塞形成、心不全: 致命的な進行

心筋梗塞(心臓発作 )のような 破局的なでき事が起こるずっと前に、病理学変更はあなたの心筋の細胞で成長する。 部分的な妨害が中心の冠状動脈で 進歩すると同時に、血の流れは着実に減る。 血液の供給のためのこれらの動脈に頼るティッシュは栄養素および酸素の次第に飢えている。 危険を混合することは中心が全面的な生理学機能で担う単一役割である: 他のどの筋肉とは違っても、 中心は決して休むことができない

心筋の区域の血の流れの漸進的な剥奪は心筋の 虚血と 呼ばれる。 初期では、心筋の虚血はasymptomaticであるかもしれない。 (良い状態の下で行われる心電図は存在を検出するかもしれない。)

心筋の虚血が悪化すると同時に、奪い取られた心筋は苦痛なアンギーナで 起因する。 前もって、努力か強い感情によって持って来られる条件が徴候を引き出すためのもうあまり進歩しないと同時に努力は要求される。 アンギーナの患者に普通心電図の独特の調査結果がある。

冠状血の流れが悪化すると同時に、心臓ティッシュは死に始める。 アンギーナがリバーシブルの間、梗塞形成として知られているこのティッシュの死はない。 「心臓発作」は 心筋梗塞である: 心筋の不可逆破壊。 ある個人はアンギーナの警告なしで心筋の虚血および心筋梗塞と苦しむかもしれない。

心臓発作を存続させる人々は永久に心筋を弱めてしまった。 これは異常な心拍(不整脈)および中心の慢性の無力を十分な血(心不全)をポンプでくむもたらす場合がある。

多数の中心の健康の表示器を渡る臨床調査の成功

TMZは虚血性心疾患(心臓発作まで導くでき事)および鬱血性心不全両方(心臓発作の主要な結果)の激しい管理の印象的な実績を自慢する。3,41

虚血性心疾患の最も早い印の1つは穏やかな練習の間に行なわれる心電図の読書の変更である。 「ST区分不況として知られている1つのそのような測定」の高められた心臓作業負荷(虚血)の要求に応じるために酸素の十分な供給に欠けている心筋を示す。 複数の二重盲目の、偽薬制御のヨーロッパ人の調査はベータ遮断薬のような標準的な薬剤へのTMZの付加がST区分の不況が現われた前に患者が運動できる時間を延長できることを示した。42-44

放出の一部分

不況asymptomaticの、虚血の中心の病気の最初顕著な印を持つ老化の個人で 見過ごされている 行くST区分とは違って心筋が身体運動、強い感情または他の要因による圧力の下にあるとき起こる胸痛またはアンギーナは。 倍数の調査は練習テストのアンギーナの手始めが偽薬か他の反アンギーナの薬剤があった患者と比較した前に患者がTMZの経験とアンギーナおよびより長い間隔の少数のエピソードを扱ったことを明らかにする。42,45 1つの特に印象的な調査に付き、安定したアンギーナの50人の患者はTMZの付加の有無にかかわらず カルシウム ブロッカーdiltiazemと扱われた。44は TMZの受け手 驚くべき68%制御グループの12%だけは同じ応答を表わしたが ベースライン と比較された1週あたりの少数のアンギーナの攻撃を経験した。

静かな高度の虚血では、患者は結局穏やかな努力を容認する彼らの機能を失う。 多くの調査はTMZが虚血性心疾患および周辺動脈の病気(「claudication」改善)の患者 の練習の 持続期間をできることを示す。44,46-48

アンギーナの厳格のもう一つの測定は徴候を取り除くのに硝酸塩のような薬物を使用する患者 のための必要性である。 TMZを取っている患者は頻繁にかなり彼らの硝酸塩の取入口を減らせる。私達が 薬剤の数を患者の使用私達また減らすとき49不利な副作用、またヘルスケアの費用のチャンスを減らしなさい。

Ischemic心筋症は血を効果的にポンプでくむ減らされた容量の損なわれた心筋のティッシュのための言葉である。 心臓新陳代謝の有利な転位を通して、TMZは 中心のポンプ部屋(心室 )の正常に機能しない膨張を減らす厳しいischemic心筋症を用いる患者のそらでポンプでくまれる血の量を、同時に高める。40,47,50 心筋の心臓発作そして伴う損失の後で、頻繁に巧妙な介在の後で主張する血のポンプ能力に鋭い減少がある。 TMZが接木する心臓カテーテル法および冠状動脈バイパスのような共通の介在を経ている患者の薬剤の養生法に加えられるとき調査は左の心室機能で改善を示す。51-53 (次グラフを見なさい。) 左の心室機能はすべてのcyclindersで発射する本質的に中心の「馬力」の測定すなわち、機能である。 TMZはまた心臓カテーテル法のプロシージャの間にアンギーナの攻撃の頻度を減らし、外科の間に心筋の損傷のマーカーを下げる。52,54

Glcosylatedのヘモグロビン(ヘモグロビンA1C)

心不全は頻繁に実際の心筋梗塞なしで慢性の虚血の結果成長するかもしれないけれども、心臓発作に続く。 心不全は心筋が血の流れのためのボディの新陳代謝の要求に応じてないと行われる。 その徴候は呼吸する練習の許容の損失、難しさおよび流動集結を含んでいる。 心不全のポンプ部屋は拡大し、悪い筋肉contractilityを表わす。

調査はTMZが心不全のこれらそして他の変数を改善できることを示す。 患者は彼らの心筋のエネルギー内容の増加と関連付けられたTMZの 展示物によって 高められた左の心室機能と扱った。14

TMZをまた与えられる冠動脈疾患の患者は心拍数または血圧の好ましくない変更なしで中心の壁厚さ、ポンプ行為および酸素の配送能力の好ましい変更を、経験する。55

患者の見通しから、多分改善の最も重要な索引はそれらが日常生活にいかに感じ、作用するかである。 最近の調査は中心の健康の医学変数は別として、TMZが心臓病 の患者の 生活環境基準を改善することを示す。56

TMZはまた特にブドウ糖を利用するために心筋を引き起こす力がある糖尿病患者に寄与するかもしれない。 人間の調査は偽薬とTMZを比較する調査でタイプ2の糖尿病患者のglycosylatedヘモグロビン(HbA1c)の重要な減少を示した。糖尿病 を持つ17人の患者に循環の脂肪の極端に高いレベルがあり、脂肪酸の新陳代謝の新陳代謝の効果に苦しむために中心は正常な患者のそれらよりさらにもっと本当らしい。15,16,40,57,58

長期安全データはFDAの承認のために必要とした

よいニュースはTMZの短期安全プロフィールがずっと動物および人間の調査で確立していることである。 慣習的な薬剤とは違って、それは血圧または心拍数に対する有害な影響をもたらさない。16

残念ながら、少数の調査は長期使用を用いるTMZの安全プロフィールを定めるために行なわれた。 矛盾している証拠提供のあるそれら。

元帳の肯定的な側面で、1つの2009調査は冠状動脈バイパス外科に続く3年間TMZを取っている153人の患者に続いた。それらが 中心の血ポンプ能力と練習の許容で改善を示し続けた59、また制御と比較される処置のためのより低く全面的な費用。

対照によって、不吉な徴候はずっと数年のためのTMZを取っていた21人の患者を記述する2011レポートで明示した。これらの 患者の60 17にパーキンソンの病気そっくりの徴候があった、歩いている間3つに動きの範囲で妨害があり、1つに落ち着きがない足シンドロームがあった。 これらの患者の16は行くことの後でTMZ正規関数を回復した、他の5つは中断TMZの後で徴候の重要な減少を経験したが。

これらの結果はTMZを世界的に取っているわずか人数だけ表す。 それにもかかわらず、TMZの長期安全の臨床調査は保証される。 そのような調査なしでこの可能性としては人命救助の心臓病の薬はFDAの承認を得てまずない。長期 のための必要性が調査する3、しかし、多くのアメリカ人の生活を救うことができるTMZの短期使用を排除するべきではない。

概要

82,000,000人のアメリカ人に心循環器疾患の形態に苦しませる。 これらの個人の大半は胸痛(アンギーナ)に終る中心(虚血)への限られた血の流れに苦しむ。 左の未処理はの虚血心臓筋肉損傷から心臓発作への進歩する。 慣習的な心臓病の薬に虚血性心疾患に対して限られた有効性があり、中心の健康の心拍数、血圧および他の重要な変数に対する望ましくない副作用を作り出す。

TMZは行為の明瞭なメカニズムによって機能する脂肪の代りにブドウ糖を利用するために中心の細胞の新陳代謝を変える独特な薬剤である。 TMZは心筋の細胞の高められた血ポンプ行為、心筋の壁厚さおよびエネルギー内容を含むいろいろな方法でそれ以上のischemic損傷から傷つきやすいですか妥協された心筋のティッシュを、保護するために示されていた。 40年間の世界中から出版された調査に虚血性心疾患および心不全の管理のTMZの使用を支えなさい。 TMZの長期使用の安全を支える調査の不足は短期使用のためにアメリカ人均一に利用できるからのこの潜在的な人命救助の心臓病の薬を保っている!

Trimetazidineの新しい質問
Trimetazidineの新しい質問

Trimetazidine (TMZ)は1965年にヨーロッパの心血管の薬剤として最初に承認され、長くよい安全プロフィールがあると考慮されてしまった。61 全く、大きい監視の調査はより悪くない、また、よりよくない対等な薬剤のそれらに、類似した一般的な悪影響の率を示し。

しかしここ数年間trimetazidineと同じような化学構造が付いている他の薬剤の多くに共通である薬剤の反作用の1つの特定の種類についての心配は上がった。 多くの普及した反握りを含んでいるこれらの薬剤(、反高血圧、および抗鬱剤の代理店神経伝達物質のドーパミンのための頭脳の受容器によって)すべての分子中心相互に作用することができる。61,62

その相互作用により多数がパーキンソン病で見られるそれらに非常に類似しているいわゆるextrapyramidal徴候を引き起こすことができる: 残りの遅くか堅い動き、スピーチ妨害および古典的な手の震え。 平衡の足取りの妨害そして損失はまた可能である。63

そのような反作用は不便よりもっとある; 従って特に高齢者達では、それらはひびの落下の危険を高めて、も。64

これらの反作用の精密な発生はそれらの徴候を引き起こすことができる他の薬剤と低く、対等ようであるけれども、未だ明白でない。61の 2つの調査は主題、彼らの徴候のための神経学医院に来た両方の包含患者のライトを取除いた。

2005年に出版された最初の調査はquanitfy trimetazidineと関連していた薬物誘発の運動障害の危険をよくするために行なわれた。65は 研究者薬物誘発のパーキンソンのようなtrimetazidineの使用および動き問題の発生およびヨーロッパの神経学医院で扱われた10,258人の患者の震えを追跡した。 この10,258人の患者の、130はtrimetazidineと扱われ、これらの患者(43% )の56は 運動機能に対する悪影響を経験した。 薬物誘発のパーキンソン症候群は同時に運動障害を引き起こす ことができる他の 薬剤を可能性としては受け取っていて付加的な患者10人(7.6%) trimetazidineだけと 、扱われた10人の患者(7.6%)で観察された。 前に悪化したtrimetazidineの処置は12人の患者のパーキンソン病を診断し、trimetazidineは9人の患者の震えを引き起こした。 患者の2011調査は、神経学医院に、trimetazidineを来ている、またすべてしかしそのうちの一人取っている人々のextrapyramidal徴候の一連の場合21のレポートずっと数年のための薬剤を取っていた。 21の主題の61 17に典型的なパーキンソンそっくりの徴候があった、3つに足取りの無秩序があり、1つに落ち着きがない足シンドロームがあった。 trimetazidineの停止は16人の患者の徴候の決断、および他の5の重要な減少を完了するために導いた。

あるヨーロッパの権限は危険利点の比率が受け入れがたいほど高いことを主張する市場からのtrimetazidineの取り外しのために今完全に支持する。64 他は徴候が現れればだけより慎重中断する、ことを副作用のための患者そして彼らの医者のモニターで、薬剤を代りに推薦する。幸いにも 61、報告される大部分の場合で薬剤の回収はこれらの徴候の急速な決断をもたらす。61 それは厳しい心筋の損傷とのそれらの心臓出力を元通りにするためにTMZが数月の間所定ただべきことであるかもしれない。 これらの患者はそして始めか、またはubiquinol CoQ10、心筋の細胞のミトコンドリアの出力の長期維持のためのカルニチン、タウリンおよびPQQのような栄養素を取り続けることができる。

この記事の科学的なコンテンツの質問があったら、1-866-864-3027で 生命延長 ®の健康の顧問を 呼びなさい。

参照

1. ロジャーVLは、ように、ロイド ジョーンズDM、等心臓病および打撃の統計量行く--2012更新: アメリカの中心連合からのレポート。 循環。 1月2012日3日; 125(1): e2-e220.

2. Brodbin P、O'Connor CA。 狭心症の処置のTrimetazidine。 Br J Clin Pract。 9月1968日; 22(9): 395-6。

3. 袋M. Clinical Implications: データの検討。 薬の高度研究。 11月2004日; 4(108): S816-S21.

4. Ussherジュニア、Lopaschuk GD。 アプローチとしてミトコンドリアの脂肪酸の通風管のmalonyl CoAの阻止を心臓虚血/reperfusionを扱うために目標とすること。 基本的なRes Cardiol。 3月2009日; 104(2): 203-10。

5. Rosenfeldt FL、Pepe S、Linnane Aの等補酵素Q10は圧力から老化の中心を保護する: ラット、人間のティッシュおよび患者の調査。 アンN Y Acad Sci。 4月2002日; 959:355-39; 議論463-35。

6. Lango R、Smolenski RT、Narkiewicz M、Suchorzewska J、虚血性心疾患のそして心肺のバイパスの間の心筋の新陳代謝そして機能のLカルニチンそして派生物のLysiak-Szydlowska W. Influence。 Cardiovasc Res。 7月2001日; 51(1): 21-9。

7. Jeejeebhoy F、キースM、フリーマンM、等MyoViveのrepletesの必要な心臓myocyteの栄養素との栄養の補足はおよび左の心室の機能障害の患者の左の心室のサイズを減らす。 AMの中心J. 6月2002日; 143(6): 1092-100。

8. 厳しい鬱血性心不全を用いるフロセミド扱われた患者の口頭マグネシウムの補足のCohen N、Alon I、Almoznino-Sarafian D、等新陳代謝のおよび臨床効果。 Clin Cardiol 2000年23(6): 433-6。

9. Chowanadisai WのBauerlyのKA、Tchaparian E、Wong A、Cortopassi GAのRuckerのRB。 Pyrroloquinolineのキノンはキャンプの応答要素結合蛋白質のリン酸化および高められたPGC-1アルファの表現によってミトコンドリアの生物発生を刺激する。 J Biol Chem。 1月2010日1日; 285:142-52。

10. 李CJ、チャンQM、李MZ、チャンJY、Yu P、Yu DM。 糖尿病性の心筋症を減らすミトコンドリアの酸化圧力の抑制によるアルファlipoic酸による心筋のapoptosisの減少。 Chin Med J (イギリス)。 11月2009日5日; 122(21): 2580-6。

11. Holub BJ。 臨床栄養物: 4. 心血管の心配のオメガ3の脂肪酸。 CMAJ. 3月2002日5日; 166(5): 608-15。

12. アンダーソンJLのアダムスのCD、Antman EMは、等2011 ACCF/AHA不安定なアンギーナ/非ST高度の心筋梗塞を用いる患者の管理のためのACC/AHA 2007の指針に組み込まれた更新を集中した: 標準的指針の心臓学の基礎/アメリカの中心連合のタスクフォースのアメリカの大学のレポート。 循環。 5月2011日10日; 123(18): e426-579.

13. エリオットWJ、マイヤーPM。 抗高血圧薬薬剤の臨床試験の事件の糖尿病: ネットワークのメタ分析。 尖頭アーチ。 1月2007日20日; 369(9557): 201-7。

14. Fragasso G、Perseghin G、De Cobelli F、等心不全を用いる患者の左の心室機能およびクレアチンリン酸/アデノシン三リン酸の比率に対するtrimetazidineによる新陳代謝調節の効果。 Eurの中心J. 4月2006日; 27(8): 942-8。

15. Onay-Besikci A、Guner S、Arioglu E、Ozakca I、Ozcelikayの、Altan VM。 糖尿病性のラットの中心の機械機能および脂肪酸の酸化に対する慢性のtrimetazidineの処置の効果。 J Physiol Pharmacolはできる。 5月2007日; 85(5): 527-35。

16. Onay-Besikci AのOzkan SA。 Trimetazidineは再び訪問した: trimetazidineの決定のための病理学の効果そして解析技法の広範囲の評価。 Cardiovasc Ther。 2008夏; 26(2): 147-65。

17. Fragasso G、Spoladore R、Cuko A、3-ketoacyl補酵素のthiolaseの選択的な病理学の阻止による心不全の脂肪酸の酸化のPalloshi A. Modulation。 Curr Clin Pharmacol。 9月2007日; 2(3): 190-6。

18. 脂肪酸の酸化還元反応のGrynberg A. Effectors: 有望で新しい反ischaemic代理店。 Curr Pharm Des。 2005;11(4):489-509.

19. で利用できる: www.mims.com/USA/drug/info/trimetazidine%20hydrochloride/?q=anti-anginal%20drugs&type=full。 2011年11月15日アクセスされる。

20. Kantor PF、Lucien A、Kozak R、Lopaschuk GD。 antianginal薬剤のtrimetazidineはミトコンドリアの長い鎖3-ketoacylの補酵素Aのthiolaseの禁止によって脂肪酸の酸化からのブドウ糖の酸化に心臓エネルギー新陳代謝を移す。 Circ Res。 3月2000日17日; 86(5): 580-8。

21. FolmesのCD、Clanachanように、Lopaschuk GD。 アテローム性動脈硬化の慢性の複雑化の管理の脂肪酸の酸化抑制剤。 Curr Atheroscler Rep。 2月2005日; 7(1): 63-70。

22. Mody FV、SinghのBN.、Mohiuddin IH、等正常な、ischemic心筋のティッシュの心筋のブドウ糖の利用のTrimetazidine誘発の強化: ポジトロン断層法による評価。 AM J Cardiol。 9月1998日3日; 82 (5A): 42K-49K.

23. Lavanchy N、マーティンJのRossi A.のtrimetazidineの反ischemic効果: 隔離されたラットの中心の31P NMR分光学。 アーチInt Pharmacodyn Ther。 3月1987日; 286(1): 97-110。

24. ルノーJF。 心臓細胞のアシドーシスの間のtrimetazidineによる内部pH、Na+およびCa2+の規則。 CardiovascはTherに薬剤を入れる。 3月1988日; 1(6): 677-86。

25. 虚血のreperfusionの傷害の潜在的な要因としてEl Banani H、Bernard M、Cozzone P、ジェームスF、Feuvray D. Ionicおよび新陳代謝の不均衡。 AM J Cardiol。 9月1998日3日; 82 (5A): 25K-29K.

26. El Banani H、Bernard M、Baetz Dは細胞内ナトリウムで、等変わり、虚血reperfusionの間のpHはtrimetazidineによって減少する。 低およびゼロ・フロー虚血間の比較。 Cardiovasc Res。 9月2000日; 47(4): 688-96。

27. Aussedat Jは、A、ケイL、Verdys M、Harpey C、隔離された阻止されたラットの中心の長期保存のRossi A. Improvementを放射する: antiischemic代理店のtrimetazidineの有利な効果。 J Cardiovasc Pharmacol。 1月1993日; 21(1): 128-35。

28. ケイL、Finelli C、Aussedat J、Guarnieri C、trimetazidineによる隔離された阻止されたラットの中心の長期保存のRossi A. Improvement: エネルギー州およびミトコンドリア機能に対する効果。 AM J Cardiol。 8月1995日24日; 76(6): 45B-49B.

29. 、Belcher PR AJ、ドレーク オランダHynd J、気高いMI。 ウサギのInfarctのサイズ: プロプラノロールおよびtrimetazidineの効果によって説明される変更された方法。 基本的なRes Cardiol。 1993日5月6月; 88(3): 250-8。

30. Allibardi S、Chierchia SL、Margonato V、等postischemicラットの中心の新陳代謝および機能回復に対するtrimetazidineの効果。 CardiovascはTherに薬剤を入れる。 12月1998日; 12(6): 543-9。

31. Boucher FRの霊柩車DJ、Opie LH。 隔離された潅流されたラットの中心のischemic拘縮に対するtrimetazidineの効果。 J Cardiovasc Pharmacol。 7月1994日; 24(1): 45-9。

32. DiパスクワレPのLoの裏面P、前方の心筋梗塞を用いる患者のthrombolysisの前のtrimetazidineの管理のBucca Vの等効果: 短期および長期結果。 CardiovascはTherに薬剤を入れる。 9月1999日; 13(5): 423-8。

33. Kara AF、Demiryurek S、Celik A、Tarakcioglu M、Demiryurekの。 麻酔をかけられたラットで心筋にあらかじめ調整することに対する慢性のtrimetazidineの処置の効果。 Fundam Clin Pharmacol。 10月2006日; 20(5): 449-59。

34. Kara AF、Demiryurek S、Celik A、Tarakcioglu M、Demiryurekの。 麻酔をかけられたラットで心筋にあらかじめ調整することに対するtrimetazidineの効果。 Eur J Pharmacol。 10月2004日25日; 503 (1-3): 135-45。

35. PapadopoulosのCL、Kanonidis IE、Kotridis PS、等。 激しい心筋梗塞のreperfusionの不整脈に対するtrimetazidineの効果。 Int J Cardiol。 7月1996日26日; 55(2): 137-42。

36. Belcher PR、Hynd JW AJ、ドレーク オランダ気高いMI。 生体内の冠状幹線血小板の血栓症に対するtrimetazidineの効果。 CardiovascはTherに薬剤を入れる。 2月1993日; 7(1): 149-57。

37. Blardi P、de Lalla、Volpi L、Auteri Aのアデノシン血しょうのDi Perri T.の増加は口頭trimetazidineの後で水平になる: 病理学にあらかじめ調整することか。 Pharmacol Res。 1月2002日; 45(1): 69-72。

38. モーガンEEの若者は私、McElfresh TA、等trimetazidineの慢性の処置心不全の心房のnatriureticペプチッドのupregulationを減らす。 Fundam Clin Pharmacol。 10月2006日; 20(5): 503-5。

39. Monti LD、Allibardi S、Piatti PMの等トリグリセリドは隔離された中心のpostischemic回復を損なう: endothelin1およびtrimetazidineの役割。 AM J Physiolの中心Circ Physiol。 9月2001日; 281(3): H1122-30.

40. Fragasso G、Piatti Md PM、Monti L、等糖尿病を持つ患者のtrimetazidineの短期または長期の有利な効果およびischemic心筋症。 AMの中心J. 11月2003日; 146(5): E18.

41. Belardinelli R、Solenghi M、Volpe L、Purcaro A. Trimetazidineは慢性の心不全のendothelial機能障害を改善する: 酸化防止効果。 Eurの中心J. 5月2007日; 28(9): 1102-8。

42. trimetazidineを使用して安定した努力のアンギーナのSzwed H、Sadowski Z、Elikowski W、等組合せの処置およびメトプロロール: 二重盲目ランダム化されるの結果多中心の調査(II) TRIMPOL。 ポーランドのTRIMetazidine。 Eurの中心J. 12月2001日; 22(24): 2267-74。

43. 冠動脈疾患の患者のdiltiazemとのtrimetazidineの徴税のS. Combination療法。 フランスの調査官の南ののグループ。 AM J Cardiol。 8月1995日24日; 76(6): 12B-16B.

44. Manchanda SC. 新陳代謝の代理店のtrimetazidineを伴う低い線量のdiltiazemとの安定したアンギーナの処置。 Int J Cardiol。 3月2003日; 88(1): 83-9。

45. Manchanda SC、trimetazidineとのKrishnaswami S. Combinationの処置および安定した狭心症のdiltiazem。 中心。 10月1997日; 78(4): 353-7。

46. Chazov EI、Lepakchin VK、Zharova EA、等アンギーナの組合せ療法のTrimetazidine--気転の調査: trimetazidine対ランダム化されるの安定した狭心症の患者の慣習的な処置、偽薬制御、多中心の調査。 AM J Ther。 2005日1月2月; 12(1): 35-42。

47. ディディミアムNapoli P、DiギオバンニP、練習の許容に対するtrimetazidineの処置のGaeta MA、D'Apolito G、Barsotti A. Beneficialのの効果および安定したischemic心筋症を用いる患者のBタイプのnatriureticペプチッドおよびtroponin T血しょうレベル。 AMの中心J. 9月2007日; 154(3): 602 e1-5。

48. Vitale C、Marazzi G、Pelliccia F、等Trimetazidineは周辺幹線病気の患者の練習の性能を改善する。 Pharmacol Res。 4月2011日; 63(4): 278-83。

49. Szwed H、Sadowski Z、Pachocki R、等。 冠状糖尿病性の患者のtrimetazidineのantiischemic効果そして許容範囲。 TRIMPOL-1からのsubstudy。 CardiovascはTherに薬剤を入れる。 5月1999日; 13(3): 217-22。

50. Brottier L、Barat JL、Combe C、Boussens BのボンネットJの厳しいischaemic心筋症を用いる患者のcardioprotective代理店のBricaud H. Therapeuticの価値。 Eurの中心J. 1990年の3月; 11(3): 207-12。

51. ポンJJ、Ma ZM、Ren WL、Ren LH、レイLCの激しいSTを持つ患者のtrimetazidineの梁Y. Clinicalの結果は第一次percutaneous冠状介在の後でSTの区分の決断なしで高度の心筋梗塞を区分する。 ZhonghuaイXue Za Zhi。 5月2009日26日; 89(20): 1399-401。

52. 陳YD、肇LK、Tian F、DU ZM、江H、percutaneous冠状介在の間のtrimetazidineの心筋の保護の魏M. Evaluation: 多中心のランダム化され、制御された臨床調査。 Zhonghua Nei Ke Za Zhi。 6月2010日; 49(6): 473-6。

53. Fabiani JN、Ponzio O、Emerit Iの等冠状動脈の接木の外科の間のtrimetazidineのCardioprotectiveの効果。 J Cardiovasc Surg (トリノ)。 1992日7月8月; 33(4): 486-91。

54. Iskesen I、Kurdalの、Eserdag M、Cerrahoglu M、Sirin BH。 Trimetazidineは心臓外科の間に心筋層を保護するかもしれない。 中心のSurgのフォーラム。 6月2009日; 12(3): E175-9.

55. Belardinelli R、ischaemic心筋症の低線量のドブタミンへの慢性的に正常に機能しない心筋層の収縮応答に対するtrimetazidineのPurcaro A. Effects。 Eurの中心J. 12月2001日; 22(23): 2164-70。

56. Marazzi G、Gebara O、trimetazidineのVitale Cの等ischemic膨張させた心筋症を用いる年配の患者の生活環境基準に対する効果。 ADV Ther。 4月2009日; 26(4): 455-61。

57. Fragasso G、Salerno A、Spoladore R、Cera M、Montanaro C、冠動脈疾患の糖尿病性の患者の新陳代謝のアプローチのMargonato A. Effects。 Curr Pharm Des。 2009;15(8):857-62.

58. 糖尿病の患者のためのRosano GM、Vitale C、Fragasso G. Metabolic療法および冠動脈疾患。 AM J Cardiol。 9月2006日4日; 98 (5A): 14J-18J.

59. Lopatin Iu M、Dronova EP。 冠状動脈バイパス接木を経る虚血性心疾患の患者のtrimetazidineによって変更される解放の使用の臨床pharmacoeconomic面。 Kardiologiia。 2009;49(2):15-21.

60. Masmoudi K、Masson H、Gras VのAndrejak M. Extrapyramidalの不利な薬剤反作用はtrimetazidineと関連付けた: 一連の21の場合。 Fundam Clin Pharmacol。 11月2011日2.日。

61. Masmoudi K、Masson H、Gras VのAndrejak M. Extrapyramidalの不利な薬剤反作用はtrimetazidineと関連付けた: 一連の21の場合。 Fundam Clin Pharmacol。 11月2011日2.日。

62. Montastruc JL、Sommet A、Olivier P、等薬剤、パーキンソン病およびparkinsonian syndroms: pharmacovigilanceの最近の前進。 Therapie。 2006日1月2月; 61(1): 29-38。

63. Masmoudi K、Gras-Champel V、Douadi Y、Masson Hのextrapyramidal無秩序のためのAndrejak M. Trimetazidine-aの新しい病因学: パーキンソン症候群およびアカシジアの例。 Therapie。 2005日11月12月; 60(6): 603-5。

64. Trimetazidine: 新しいフランスのpharmacovigilanceデータ。 Prescrire Int。 4月2010日; 19(106): 74。

65. Marti Masso JF、MartiはI、Carrera N、Poza JJ、ローペッツde Munain A. Trimetazidineパーキンソン症候群、足取りの無秩序および震えを引き起こす。 Therapie。 2005日7月8月; 60(4): 419-22。

66. Langsjoen PH、Langsjoen AM。 高度の鬱血性心不全を用いる患者の補足のubiquinol。 Biofactors。 2008;32 (1-4):119-28.