生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

生命延長雑誌2012年4月
レポート

Appleのポリフェノールおよび長寿

ジョージRandall著

Appleのポリフェノールは多数のメカニズムによって結腸癌を防ぐ

大腸癌は米国および三番目の癌関連の死の第2一流の原因人と女性のほとんどの共通癌である。Appleの 38のポリフェノールは大きい集中のコロンに達し、このよくある病気の重荷の減少で大きい約束を示す。39 全く、大規模な疫学の研究はりんごのポリフェノールの多くを消費する人がほぼ50%で結腸癌の危険を切ることができることを 示す40

Appleのポリフェノールはコロンの有毒な環境の多数ターゲットに対して多数のメカニズムによって機能する。 それらはコロンの細胞が存続しなければならない酸素の遊離基を細胞およびDNAの損傷減少の有効な方法掃除する相当なオキシダントの圧力を減らし。41-43 それらはまたコロンの保護するのに細胞自身が使用する自然な酸化防止酵素の生産を高める。44-47

発火は普通オキシダントの損傷に続き、結腸癌の促進の主でき事である。 Appleのポリフェノールはcyclooxygenaseおよびlipoxygenaseとして知られている炎症性cytokinesを作り出す酵素システムを禁じる。41,43,48-51 Appleのポリフェノールはまたあなたの正常なcolonicの細菌が危ない長い鎖の脂肪から炎症抑制の分子の 酪酸塩を 作り出す率を高める。27,52,53 酪酸塩は 結腸癌および炎症性腸疾患に対して自然な保護要素である。54,55

多くの結腸癌は食事療法の発癌物質の摂取によって誘発される; りんごのポリフェノールは重大な解毒の酵素システムの範囲の表現そして活動を促進する。45,56は それらのシステムそれ以上の有害な細胞から発癌性の化学薬品を防ぐことで必要である。

酸化、発火および毒素はすべて最終的に癌性細胞の形成の第一歩であるDNAへの損傷を作り出す。 Appleのポリフェノールはコロンの細胞のDNAの強力な保護を示す。46,57

癌が形作ったら、動物実験はりんごのポリフェノールが複数のメカニズムを通して成長を遅らせるか、または停止できることを示した。 それらは必要な開発を続けるために腫瘍の細胞によって表皮の 成長因子と呼ばれる分子のための化学受容器を妨げる。Appleの 58のポリフェノールはまた癌性細胞で転換した成長を安全に調整する機能を元通りにする腫瘍のサプレッサー遺伝子を再活性化するために示されていた。59 そしてそれらまた頻繁に腫瘍のティッシュで転換するapoptosisと呼ばれる細胞自殺のメカニズムを引き起こしなさい。60,61

すべてのこれらの行為の最終結果は癌性ティッシュの典型的なの制御の成長を減らすことである。42 腫瘍が始まるコロンのライニングで、これはいわゆる異常なクリプトの焦点、頻繁にcolonoscopy 見つけられる 前癌性の損害の50%までの減少によって明示される。48,62 りんごのポリフェノールは42%まで実際の前癌性のポリプおよび動物モデル 60%大いに成長率の 数を減らし。63

Appleのポリフェノールはアレルギー反応を癒やす

Appleのポリフェノールは説得力をこめて反アレルギーの効果を作り出す強力な免疫のmodulatory特徴を示す。 動物および基本的な実験室調査は皮および粘膜でことを専門にされた細胞からの炎症性ヒスタミンのポリフェノールのブロック解放示す。79-81 それらはまた食物アレルギーの開発を防ぐのを助けるかもしれない。82

人間の調査は鼻水およびくしゃみをすることのような季節的なアレルギーからの徴候の減少を、時集中されたりんごのポリフェノールとの主題の補足示す。子供 の83,84そして調査アトピー性皮膚炎の減少、アレルギーの応答によって誘発された不快な皮膚の病気を示した。85

Appleのポリフェノールは血ブドウ糖を、防ぐGlycationの損傷を下げる

Appleのポリフェノールは血ブドウ糖を、防ぐGlycationの損傷を下げる

非常に小さい血糖の高度は、食事に続いて特にそれら糖尿病性ではない人の組織の損傷の主要な原因、であると、今知られている。64 ブドウ糖、しかし生命の重大な燃料は、あなたの体の蛋白質に対する相当な毒作用を長い目で見ればもたらし、損傷の高度のglycationの最終製品(年齢)を作り出す。 再度、りんごのポリフェノールは助けることができる。

Appleのポリフェノール、特に独特な分子のphloridzinは腸地域から、ブドウ糖の通風管を防ぐ。15、65 それらは腸のライニングのある特定の特定のブドウ糖の輸送の分子の禁止によってこれをする。15,65-68 動物実験は全面的な血糖レベルの重要な減少を示す。13,64,69は また1つのそのような調査りんごのポリフェノールが完全にとても危ないために知られている血糖レベルのの後食事のサージを廃止したことを示した。70

Appleのポリフェノールはまた有害な効果と続くことができる発火から細胞を保護する高度のglycationの最終製品の形成を妨げるために機能する。19,75 なお、りんごのポリフェノールはglycationを促進し、老化を加速する危ないdicarbonylの分子を掃除する。3,14

ほとんどの生命延長メンバーはこの記事、りんごのポリフェノールで既に記述されていて反glycation効果を越えて伸びる独特で有利な特性を持ちなさいように致命的なglycationの反作用を禁じるためにcarnosine、benfotiamineおよびピリドキサール5隣酸塩のような栄養素を取るが。

Appleのポリフェノールは免除、戦いの伝染を後押しする

伝染は何度も抗生物質の今日の世界の高齢者達の早死にの原因、である。 Appleのポリフェノールは強力で自然な抗菌代理店で、最も脅す伝染のいくつかの阻止で大きい約束を示している。

Appleのポリフェノールはaureus細菌のぶどう球菌によって-作り出される 毒素に結合しそれらを不活性にし、有害な効果を防ぐ。71は それらの効果有毒な衝撃シンドロームおよび共通である大きい食中毒のような致命的な条件を含んでいる。72は ポリフェノール シュードモナスおよびバチルス種のような他の共通の細菌感染 いわゆる「非定型の」結核の伝染に対してまた活発である。73, 74

細菌のHelicobacterの 幽門は 胃炎および胃潰瘍の原因である。 Appleのポリフェノールは結合する有機体の成長、発火を促進するまた機能ライニング細胞を消化するためにおよび機能をだけでなく、禁じる。75に これらの効果慣習的な治療の後で細菌感染および結果の再発を防ぐ潜在性がある。

最も大きい興味のりんごのポリフェノールが致命的なH1N1インフルエンザ ウイルスに感染する動物を保護できること最近発見したもの高齢者間の潜在的な死因はある。 大いに高い比率で存続した、より長く住まれていたりんごのポリフェノールと扱われたインフルエンザの重点を置かれた動物は対照動物が、それら大いにすぐに死んだより。76

概要

りんごおよび特に皮はポリフェノールと呼ばれる専門にされた分子で最も豊富なフルーツ間に、ある。 りんごの皮の高い量で見つけられるAppleのポリフェノールは強力な酸化防止、炎症抑制、および反glycation効果を出す。 ともに、これらの効果は老化のリバーシブルの結果の多数からあなたの体を保護するために結合する。 有力な証拠は防ぐりんごのポリフェノールの能力および心循環器疾患、癌、高い血糖および深刻な伝染を作り出す逆の変更のためにある。

健康の意識した人々が今日ポリフェノールの広い範囲を(緑茶およびザクロのエキスのような)得るので、300 mgへの望ましい 利点を得るために 必要 である りんごのポリフェノール の600 mgの毎日の線量はすべてであるかもしれない。

この記事の科学的なコンテンツの質問があったら、1-866-864-3027で生命延長 ®の健康の顧問を 呼びなさい。

参照

1. Sunagawa T、清水T、Kanda T、Tagashira M、Sami M、りんご(Malusのpumilaの製造所。)からのShirasawa T. ProcyanidinsはCaenorhabditisのelegansの寿命を伸ばす。 Planta Med。 1月2011日; 77(2): 122-7。

2. Xiang L、芝地およびSir2遺伝子によるイーストに対する日曜日K、Lu J、等phloridzin、りんごのポリフェノールの反老化の効果。 Biosci Biotechnol Biochem。 2011;75(5):854-8.

3. ポンC、Chan HY、黄Y、Yu H、陳ZY。 Appleのポリフェノールはショウジョウバエのmelanogasterの平均寿命のスパンを伸ばす。 J Agricの食糧Chem。 3月2011日9日; 59(5): 2097-106。

4. Aksenov V、長いJ、Lokuge S、養育関係JA、劉JのRolloのCD。 locomotor、神経伝達物質およびミトコンドリアの老化の食餌療法の改善。 Exp. Biol Med (Maywood)。 1月2010日; 235(1): 66-76。

5. Auclair S、Chironi G、Milenkovic D、等。 ポリフェノールが豊富なりんごの規則的な消費はendothelial機能に影響を及ぼさない: hypercholesterolemic大人のランダム化された二重盲目の試験。 Eur J Clin Nutr。 10月2010日; 64(10): 1158-65。

6. ガルシアVの芸術IC、Sterne JA、トムソンRL、そうShaheen。 大人のフラボノイドそして喘息の食餌療法取入口。 Eur Respir J. 9月2005日; 26(3): 449-52。

7. りんご、りんごジュースおよびりんごの部品のGerhauser C. Cancerのchemopreventive潜在性。 Planta Med。 10月2008日; 74(13): 1608-24。

8. そうShaheen、Sterne JA、トムソンRLのSonghurstのセリウム、Margetts BMのBurneyのページ。 大人の食餌療法の酸化防止剤そして喘息: 人口ベースの場合制御の調査。 AM J Respir Critの心配Med。 11月2001日15日; 164 (10のPt 1): 1823-8。

9. フィンランドのKnekt P、Jarvinen R、Reunanen A、Maatela J. Flavonoidの取入口そして冠状死亡率: グループ調査。 BMJ. 2月1996日24日; 312(7029): 478-81。

10. からのフランスのがきP、ジョージS、Bellamy A、等毎日のポリフェノールの取入口果物と野菜。 J Nutr。 9月2006日; 136(9): 2368-73。

11. LotitoのSB、人間血しょうの酸化防止剤としてりんごのポリフェノールのFrei B. Relevance: 対照的な生体外および生体内の効果。 自由なRadic Biol Med。 1月2004日15日; 36(2): 201-11。

12. Gosch C、Halbwirth H、Stich K. Phloridzin: 植物の生合成、配分および生理学的な関連性。 Phytochemistry。 6月2010日; 71 (8-9): 838-43。

13. Najafian M、Jahromi MZ、Nowroznejhad MJ、等Phloridzinは血ブドウ糖を水平にし、改良するstreptozotocin誘発の糖尿病性のラットの脂質新陳代謝を減らす。 Rep MolのBiol。 12月2011日14日。

14. Shao X、Bai N、彼はK、Ho CTのヤンのCS、S. Appleのポリフェノール、phloretinおよびphloridzinを歌った: 反応dicarbonyl種の新しい装飾の代理店。 Chem Res Toxicol。 10月2008日; 21(10): 2042-50年。

15. マンツァーノS、ウィリアムソンG. Polyphenolsおよびいちごおよびりんごからのフェノールの酸はブドウ糖の通風管を減らし、人間の腸Caco-2細胞によって運ぶ。 食糧MolのNutrのRes。 12月2010日; 54(12): 1773-80。

16. Ma J、ポンX、NG KM、Che CM、ブドウ糖でおよびlリジンまたは派生物構成される水様モデルのMaillardの反作用プロダクトの形成のphloretinのWang M. Impactおよびphloridzin。 食糧Funct。 12月2011日8.日。

17. Ma J、ポンX、チャンphloretinのX、陳F、Wang M. Dualの効果およびモデル システムのmethylglyoxalによって引き起こされるglycationのphloridzin。 Chem Res Toxicol。 8月2011日15日; 24(8): 1304-11。

18. Gatidis S、Meier A、Jilani K、等Phlorhizinは先を争う赤血球の細胞膜から保護する。 J Agricの食糧Chem。 8月2011日10日; 59(15): 8524-30。

19. Duge de Bernonville T、Guyot SのPaulin JPの等Dihydrochalcones: 酸化圧力への抵抗の含意および高度のglycationの最終製品および血管収縮に対するbioactivities。 Phytochemistry。 3月2010日; 71(4): 443-52。

20. Koch TC、Briviba K、生体内でりんごジュースによるコロンの発癌のWatzl Bの等防止: ジュースの要素および肥満の影響。 食糧MolのNutrのRes。 10月2009日; 53(10): 1289-302。

21. Nagasako-Akazome Y、Kanda T、Ohtake Y、Shimasaki HのKobayashi T. Appleのポリフェノールは比較的高い体格指数の健常者のコレステロールの新陳代謝に影響を及ぼす。 JオレインSci。 2007;56(8):417-28.

22. Akazome Y、Kametani N、Kanda T、Shimasaki H、余分な取入口の安全およびりんごのポリフェノールを含んでいる飲料の長期取入口の効力のKobayashi S. Evaluation。 JオレインSci。 2010;59(6):321-38.

23. Nakazato Kの歌H、Wistarのラットの脂肪組織の重量に対する食餌療法のりんごのポリフェノールのWaga T. Effects。 Exp. Anim。 7月2006日; 55(4): 383-9。

24. Nakazato Kの歌HのWaga T. DietaryのりんごのポリフェノールはWistarのラットのgastrocnemius機能を高める。 Med SciのスポーツExerc。 6月2007日; 39(6): 934-40。

25. Sugiyama H、Akazome Yの障子Tは、等りんごのポリフェノールのOligomeric procyanidins膵臓のリパーゼおよびトリグリセリドの吸収の阻止のための主要な動的機器である。 J Agricの食糧Chem。 5月2007日30日; 55(11): 4604-9。

26. de la Garza AL、Milagro FI、Boque NのCampion J、マルチネーゼJA。 肥満の処置の新しいプレーヤーとして膵臓のリパーゼの自然な抑制剤。 Planta Med。 5月2011日; 77(8): 773-85。

27. Aprikian O、Duclos V、Guyot S、等Appleのペクチンおよびポリフェノールが豊富なりんごの濃縮物はラットのcecal発酵そして血しょう脂質で別により一緒に有効である。 J Nutr。 6月2003日; 133(6): 1860-5。

28. Vidal R、ヘルナンデスVallejo S、Pauquai Tの等AppleのprocyanidinsはCaco-2/TC7 enterocytesのコレステロールのエステル化そして脂蛋白質の分泌を減らす。 Jの脂質Res。 2月2005日; 46(2): 258-68。

29. Ogino Y、Osada K、Nakamura S、Ohta Y、Kanda T、食餌療法のコレステロールの酸化プロダクトのSugano M. Absorptionおよび下流の新陳代謝の効果は食餌療法のりんごのポリフェノールによって減る。 脂質。 3月2007日; 42(2): 151-61。

30. Aprikian O、Busserolles J、Manach Cは、等凍結乾燥させたりんごZuckerの肥満のラットの高脂血症、酸化圧力および腎臓の機能障害の開発を妨害する。 J Nutr。 7月2002日; 132(7): 1969-76年。

31. 健常者のりんごのポリフェノールのNagasako-Akazome Y. Serumのコレステロール低下効果。 JオレインSci。 2005;54(3):143-51.

32. Auclair S、Silberberg M、Gueux E、等Appleのポリフェノールおよび繊維はapolipoproteinのE不十分なマウスのアテローム性動脈硬化を減少させる。 J Agricの食糧Chem。 7月2008日23日; 56(14): 5558-63。

33. Osada K、Suzuki T、川上町Yは、等ラットの食餌療法のりんごのポリフェノールの線量依存したhypocholesterolemic行為コレステロールに与えた。 脂質。 2月2006日; 41(2): 133-9。

34. 逃亡CK、チャンZ、Yu H、Tsang SY、黄Y、陳ZY。 Appleのポリフェノールは血しょうCETP活動を禁じ、HDLのコレステロールに非HDLの比率を減らす。 食糧MolのNutrのRes。 8月2008日; 52(8): 950-8。

35. Kujawska M、Ignatowicz E、Ewertowska M、Markowski JのJodynis-Liebert J. Cloudyのりんごジュースはラットの化学薬品誘発の酸化圧力から保護する。 Eur J Nutr。 2月2011日; 50(1): 53-60。

36. Stangl V、ロレンツM、ルートビッヒA、等。 フラボノイドのphloretinはendothelial付着の分子の刺激された表現を抑制し、人間の血小板の活発化を減らす。 J Nutr。 2月2005日; 135(2): 172-8。

37. Haghighatjoo E、Shidfar F、Afshari Sの、Gohariの氏、Vafaの氏hyperlipidemicおよび太りすぎの人の脂質のプロフィールに対するりんごの消費のZiaee A. Effects。 Int J Prev Med。 4月2011日; 2(2): 94-100。

38. で利用できる: www.cdc.gov/cancer/colorectal/statistics/。 2012年1月6日アクセスされる。

39. Kahle K、Huemmer W、Kempf M、Scheppach W、Erk T、Richling E. Polyphenolsはりんごジュースの消費の後で人間の消化器で集中的に新陳代謝する。 J Agricの食糧Chem。 12月2007日26日; 55(26): 10605-14。

40. Jedrychowski W、Maugeri U、Popiela T、等の比較的低い取入口を持つ人口の大腸の癌の危険性に対するりんごの規則的な消費の有利な効果の場合制御の調査果物と野菜。 Eur Jの蟹座Prev。 1月2010日; 19(1): 42-7。

41. Schaefer S、Baum M、Eisenbrand G、人間のコロンの細胞のフェノールのりんごジュースのエキスの再構成された混合物による酸化細胞傷害のJanzowski C. Modulationは並ぶ。 食糧MolのNutrのRes。 4月2006日; 50 (4-5): 413-7。

42. 彼X、劉RH。 りんごのPhytochemicalsは皮をむく: 分離、構造の説明およびantiproliferativeおよび酸化防止活動。 J Agricの食糧Chem。 11月2008日12日; 56(21): 9905-10。

43. Zessner Hの鍋Lは、ポリフェノール富ませたりんごジュースのエキスのFの等分別癌のchemopreventive潜在性の要素を識別する。 食糧MolのNutrのRes。 6月2008日; 52のSuppl 1: S28-44.

44. Veeriah S、Balavenkatraman KK、Bohmer Fの等曇ったりんごジュースとの介在は個々のボランティアから集められるileostomyのサンプルの変えられた生物活動で起因する。 Eur J Nutr。 8月2008日; 47(5): 226-34。

45. Veeriah S、Miene C、Habermann Nの等Appleのポリフェノールは毒性学の防衛と関連している指定遺伝子の表現を調整し、人間のコロンのアデノーマの細胞の応答に重点を置く。 Int Jの蟹座。 6月2008日15日; 122(12): 2647-55。

46. Miene C、Klenow S、Veeriah S、Richling E、DNAのGSTT2遺伝子発現、それに続く保護およびLT97人間のコロンのアデノーマの細胞を使用して拡散の調節のりんごのポリフェノールのGlei M. Impact。 食糧MolのNutrのRes。 10月2009日; 53(10): 1254-62。

47. Soyalan B、Minn J、Schmitz HJの等りんごジュースの介在はラットのコロンおよびレバーのあ依存した遺伝子の表現を調整する。 Eur J Nutr。 3月2011日; 50(2): 135-43。

48. Barth SW、Fahndrich C、Bub Aは、等曇ったりんごジュースDMH始められたラットの遠位コロンのDNAの損傷、hyperproliferationおよび異常なクリプトの焦点の開発を減らす。 発癌。 8月2005日; 26(8): 1414-21。

49. D'Argenio G、Mazzone G、Tuccillo Cの等Appleのポリフェノールのエキスはラットの胃の粘膜へのアスピリン誘発の損傷を防ぐ。 Br J Nutr。 12月2008日; 100(6): 1228-36。

50. Jung M、Triebel S、Anke T、Richling E、炎症性遺伝子発現のりんごのポリフェノールのErkel G. Influence。 食糧MolのNutrのRes。 10月2009日; 53(10): 1263-80。

51. Nishizuka T、Fujita Y、佐藤Y、等ProcyanidinsはLOX-1の有効な抑制剤である: フランスのパラドックスの新しいプレーヤー。 Proc Jpn Acad Ser B Phys Biol Sci。 2011;87(3):104-13.

52. Sembries S、Dongowski G、Mehrlander Kは、りんごからの抽出ジュースのF、Dietrich H. Physiologicalの効果、ラットのブドウおよび赤カブのpomaces。 J Agricの食糧Chem。 12月2006日27日; 54(26): 10269-80。

53. Kosmala M、Kolodziejczyk K、Zdunczyk Z、Juskiewicz JのBoros D.のラットの腸の発酵および血清の脂質変数に対するこの食餌療法の原料の自然な、ポリフェノールなしのりんごのpomaceそして効果の化学成分。 J Agricの食糧Chem。 9月2011日14日; 59(17): 9177-85。

54. Scharlau D、Borowicki A、Habermann N、等酪酸塩による第一次癌防止のメカニズムおよび腸の間に形作られた他のプロダクトは食餌療法繊維の発酵を植物相仲介した。 Mutat Res。 2009日7月8月; 682(1): 39-53。

55. Thibault R、Blachier F、Darcy-Vrillon B、de Coppet P、Bourreille A、Segain JP。 炎症性腸疾患のcolonicの粘膜による酪酸塩の利用: 輸送の不足。 Inflammの腸Dis。 4月2010日; 16(4): 684-95。

56. Petermann A、Miene C、Schulz-Raffelt G、等GSTT2のりんごのポリフェノールによって引き起こされるgenotoxic損傷から段階IIの遺伝子はコロンの上皮細胞を保護する。 食糧MolのNutrのRes。 10月2009日; 53(10): 1245-53。

57. Bellion P、Digles Jは、F、等Polyphenolicりんご得る: 酸化防止有効性に対する原料および生産方法の効果およびDNAの減少はCaco-2細胞で傷つく。 J Agricの食糧Chem。 6月2010日9日; 58(11): 6636-42。

58. カーンM、Tjaden Z、りんごジュースのエキスの表皮の成長因子の受容器のNgiewih Yの等抑制剤。 食糧MolのNutrのRes。 4月2005日; 49(4): 317-28。

59. Fini L、Selgrad M、Fogliano Vの等Annurcaのりんごのポリフェノールに有効なdemethylating活動があり、大腸の癌細胞の沈黙させた腫瘍のサプレッサー遺伝子を再活性化できる。 J Nutr。 12月2007日; 137(12): 2622-8。

60. カーンM、Pahlke G、Balavenkatraman KK、Bohmer FDのマルコD. Appleのポリフェノールは人間のコロンの癌腫の細胞のapoptosisのプロテイン キナーゼCの活動そして手始めに影響を与える。 J Agricの食糧Chem。 6月2007日27日; 55(13): 4999-5006。

61. Miura T、千葉M、Kasai Kの等Appleのprocyanidinsはcaspase-3のミトコンドリアの細道の活発化によって腫瘍の細胞のapoptosisを引き起こす。 発癌。 3月2008日; 29(3): 585-93。

62. Gosse F、Guyot S、Roussi Sの等人間のコロンのりんごのprocyanidinsのChemopreventiveの特性はコロンの発癌のラット モデルのmetastatic SW620細胞を癌得。 発癌。 7月2005日; 26(7): 1291-5。

63. Fini L、Piazzi G、ApcMin/+のマウスの腸のポリプのDaoud Y、等Chemopreventionは西部かバランスの取れた食事とannurcaのりんごのポリフェノールのエキスを飲むことによって与えた。 蟹座Prev Res (Phila)。 6月2011日; 4(6): 907-15。

64. Azuma K、Kawamori R、Toyofuku Yはラットの胸大動脈の内皮に、等血ブドウ糖の反復的な変動monocyteの付着を高める。 Arterioscler Thromb Vasc Biol。 10月2006日; 26(10): 2275-80。

65. Cermak R、Landgraf SのWolffram S. Quercetinのグルコシドはブタの空腸のブラシ ボーダー膜の小胞にブドウ糖の通風管を禁じる。 Br J Nutr。 6月2004日; 91(6): 849-55。

66. ジョンソンK、鋭いP、Clifford MのモーガンL. Dietaryのポリフェノールは人間の腸Caco-2細胞によってブドウ糖の通風管を減らす。 FEBS Lett。 3月2005日14日; 579(7): 1653-7。

67. 陳CH、Hsu HJ、黄YJ、林CJ。 フラボノイドおよび腸の促進されたブドウ糖の運送者の相互作用。 Planta Med。 4月2007日; 73(4): 348-54。

68. Kwon O、Eck P、フラボノイドによる腸のブドウ糖の運送者GLUT2の陳Sの等阻止。 FASEB J. 2月2007日; 21(2): 366-77。

69. Takii H、松本K、Kometani T、岡田Sのマウスのpostprandialブドウ糖で増加したフェノールのグリコシドのFushiki T. Loweringの効果。 Biosci Biotechnol Biochem。 9月1997日; 61(9): 1531-5。

70. Fujita Y、小島H、Hidaka H、Fujimiya M、Kashiwagi A、Kikkawa R. IncreasedのOtsukaずっとエバンズ徳島の脂肪質のラットのブドウ糖の不寛容の早いステップの腸のブドウ糖の吸収そしてpostprandial hyperglycaemia。 Diabetologia。 12月1998日; 41(12): 1459-66。

71. Choi O、Yahiro K、Morinaga N、宮崎MのStaphylococcalアルファ毒素の毒性に対する野田M.のさまざまな植物のポリフェノールの抑制的な効果。 Microb Pathog。 2007日5月6月; 42 (5-6): 215-24。

72. Rasooly Rは、PM、りんごジュースおよびりんごのポリフェノールによるstaphylococcalエンテロトキシンA (海)の生物活動のフリードマンM. Inhibitionをする。 J Agricの食糧Chem。 5月2010日12日; 58(9): 5421-6。

73. Fattouch S、Caboni P、Coroneo V、等polyphenolicプロフィールの比較分析およびチュニジアの梨状果のフルーツの酸化防止および抗菌活動は水様のアセトン エキスをパルプにし、皮をむく。 J Agricの食糧Chem。 2月2008日13日; 56(3): 1084-90。

74. Wong SY、グラントIR、フリードマンM、エリオットCTのマイコバクテリウムのaviumのsubspに対する自然発生する混合物のSitu C. Antibacterialの活動。 paratuberculosis。 ApplはMicrobiolを囲む。 10月2008日; 74(19): 5986-90。

75. Pastene E、Speisky H、ガルシアA、モレノJ、Troncoso M、Figueroa G.生体外でおよびりんごの生体内の効果はHelicobacterの幽門に対してポリフェノールの皮をむく。 J Agricの食糧Chem。 6月2010日23日; 58(12): 7172-9。

76. 彼RR、Wang M、Wang CZの等制限のマウスの圧力誘発されたインフルエンザのウイルス感染に対するりんごのポリフェノールの保護効果。 J Agricの食糧Chem。 4月2011日27日; 59(8): 3730-7。

77. 女王BL、Tollefsbolへの。 ポリフェノールおよび老化。 Sciを老化させるCurr。 2月2010日; 3(1): 34-42。

78. Weinreb O、Mandel S、Amit T、Youdim MB。 Alzheimerおよびパーキンソン病の緑茶のポリフェノールの神経学的なメカニズム。 J Nutr Biochem。 9月2004日; 15(9): 506-16。

79. Akiyama H、Sakushima J、Taniuchi Sの等アレルギーのモデル マウスに対するりんごのポリフェノールの抗アレルギーの効果。 Biol Pharm Bull。 11月2000日; 23(11): 1370-3。

80. Tokura T、Nakano N、Ito T、等IgEとFcepsilonRI間の結合を目標とする肥満細胞のdegranulationに対するポリフェノール富ませたりんごのエキスの抑制的な効果生体外で。 Biosci Biotechnol Biochem。 10月2005日; 69(10): 1974-7年。

81. Nakano N、西山町C、Tokura T、等りんごのエキスからのProcyanidin C1はFcのエプシロンのRI仲介された肥満細胞の活発化を禁じる。 IntはアレルギーImmunolをアーチ形にする。 2008;147(3):213-21.

82. Akiyama H、佐藤Y、渡辺Tは、等食餌療法のunripeりんごのポリフェノール ネズミ科モデルの食物アレルギーの開発を禁じる。 FEBS Lett。 8月2005日15日; 579(20): 4485-91。

83. Kishi K、Saito M、Saito Tの等ヒマラヤスギのpollinosisを扱うためのりんごのポリフェノールの臨床効力。 Biosci Biotechnol Biochem。 4月2005日; 69(4): 829-32。

84. Enomoto T、Nagasako-Akazome Y、Kanda T、Ikeda Mの耐久性があるアレルギー鼻炎に対するりんごのポリフェノールのDake Y. Clinicalの効果: ランダム化された二重盲目の偽薬制御の平行腕の調査。 J Investig Allergol Clin Immunol。 2006;16(5):283-9.

85. Akazome Y. Characteristicsおよびりんごからのポリフェノールの生理学機能。 Biofactors。 2004;22(1-4):311-4.

  • ページ
  • 1
  • 2