生命延長スキン ケアの販売

概要

生命延長雑誌2012年10月
概要

PQQ

pyrroloquinolineのキノン(PQQ)の抗癌性の活動の増加に於いてのグルタチオンの役割。

Pyrroloquinolineのキノン(PQQ)、細菌のレドックスの補足因子および酸化防止は、生物的液体で現在の求核混合物と非常に反応である。 PQQは人間のpromonocytic白血病U937の細胞のapoptosisを引き起こし、これは主要な細胞酸化防止グルタチオンの枯渇および細胞内の反応酸素種(ROS)の増加と一緒に伴われた。 グルタチオン(GSH)またはNアセチルLシステイン(NAC)との処置はPQQの毒性をU937細胞のPQQ誘発のapoptosisの2 5折目の増加で起因して倹約しなかった。 細胞GSHのレベルは単独でNACによって続く処置を高めたが、NACおよびPQQの共同処置によってひどく減った。 これは細胞内ROSの増加と一緒に伴われた。 また、グルタチオンの枯渇はまた高められたPQQの細胞毒性で起因した。 但し、細胞はannexin Vおよびpropidiumのヨウ素化合物との二重分類によって立証されるように壊死を経た。 PQQ誘発の細胞毒性は細胞レドックスの状態によってこうして批判的に調整される。 GSHの増加はapoptosisを増加、枯渇はPQQの前で壊死に細胞死のモードを転換できる。 私達のデータはPQQのようなキノンの細胞毒性を増強するのに細胞内GSHの調節が有効な作戦として使用することができることを提案する。

酸化還元反応Rep。 2010;15(4):146-54

Pyrroloquinolineのキノンはアミロイド蛋白質の細動を禁じる。

複数のneurodegenerative病気はニューロン細胞の選択的な損傷を含みアミロイドの原繊維の形成の蓄積に起因する。 アミロイドの原繊維、また前駆物質のオリゴマーの形成が細胞毒素であると考慮して、オリゴマーや原繊維の形成を防ぐ代理店はneurodegenerative病気に新しい治療上のアプローチの開発を可能にするかもしれない。 ここでは、私達はpyrroloquinolineがキノン(PQQ)ベータ アミロイド蛋白質、アミロイド(1-42)およびマウスのプリオン蛋白質のアミロイドの原繊維の形成を禁じることを示す。 PQQの前のマウスのプリオン蛋白質の原繊維の形成は劇的に防がれた。 同様に、ベータ アミロイドの原繊維の形成はまた(1-42)減った。 それ以上の高度の病理学のアプローチによって、PQQはneurodegenerative病気の処置の一流の反neurodegenerative混合物になるかもしれない。

プリオン。 2010日1月3月; 4(1): 26-31

省略されたアルファsynucleinのアミロイドの形成そして細胞毒性に対するpyrroloquinolineのキノンの抑制的な効果。

背景: パーキンソン病(PD)はdopaminergicニューロン細胞の選択的な損傷を含みアルファsynucleinの蓄積そして原繊維の形成に起因する。 最近だけでなく、実物大のアルファsynuclein、Cターミナルによって省略される形態がまた正常な頭脳にあるが示されていたり、またPDの細胞質包含であるLewyボディことが。 省略されたアルファsynucleinに集まり、fibrillate実物大のアルファsynucleinより大いに高い機能があることが知られている。 アルファsynucleinの原繊維そして前駆物質のオリゴマーがニューロンに細胞毒素であるので、オリゴマーや原繊維の形成を防ぐ抑制剤はPDに新しい治療上のアプローチに方法を開けるかもしれない。 但し、省略されたアルファsynucleinのための抑制剤はまだ報告されていない。 結果: この調査では、正常のにあったおよび病原性のある頭脳特徴付けた私達は最初にC省略されたアルファsynuclein119の集合そして細胞毒性およびアルファsynuclein133。 アルファsynuclein119はより急速に集まり、アルファsynucleinの原繊維の形成をかなり高めた。 アルファsynuclein119およびアルファsynuclein133の両方が高い細胞毒性を示したが、アルファsynuclein133は実物大のアルファsynucleinおよび加速効果の同じような集合を示さなかった。 私達はPQQが劇的にCターミナルによって省略されるアルファsynuclein110119の原繊維の形成を禁じる、これらの省略された変形の実物大のアルファsynucleinの133、また混合物ことを示し。 さらに、PQQは省略されたアルファsynucleinの細胞毒性を減らす。 結論: 私達の結果はPQQがC省略されたアルファsynucleinの変形のアミロイドの原繊維の形成そして細胞毒性を禁じることを示す。 私達はPQQがPDの処置の試薬の混合物のための強い候補者であることを信じる。

Neurodegener Molの。 5月2010日20日; 5:20

大人のラットのリバーシブルの中大脳動脈の閉塞のpyrroloquinolineのキノン(PQQ)によるNeuroprotection。

Pyrroloquinolineのキノン(PQQ)は必要な栄養、酸化防止の、およびレドックスの変調器として機能する自然発生するレドックスの補足因子である。 前に生体内の大脳の低酸素症/虚血モデル(等Jensen減らすことを1994年)を持つ7日古いラットの子犬のinfarctのサイズを報告してしまった。 この調査では、私達は改善が保護のそして大人のラットのリバーシブルの中大脳動脈の閉塞(rMCAo)の後に72 hのinfarctedティッシュの組織学的な手段両方の行動の手段にあるかどうかテストした。 2時間のrMCAoはintraluminal縫合線の技術を使用して大人のラットで引き起こされた。 PQQ (10、3、および1つのmg/kg)開始の静脈内注入、か2つのhのrMCAoの開始の後で3 hによって、一度与えられた。 Neurobehavioralの欠損は2,3,5-triphenyltetrazolium塩化物(TTC)の汚損によるinfarctの容積の測定に先行している3日間毎日評価された。 開始で、かrMCAoの開始の後で3つhは、注ぎこまれた10のmg/kgのPQQ大脳のinfarctの容積の減少で有効後で測定した72 hをだった。 虚血の後の3時hで、3つのmg/kgの線量はかなり車扱われた動物と比較されたinfarctの容積を減らしたが1つのmg/kgは非効果的だった。 NeurobehavioralのスコアはまたPQQが10そして3つのmg/kgで与えられた、ない1つのmg/kgでときに車制御と比較されたPQQ扱われたグループでかなりよりよかった。 従って、PQQはrMCAoの開始の後で単一の管理少なくとも3 hとして与えられたときneuroprotectiveである。 これらのデータはPQQが打撃療法の有用なneuroprotectantであるかもしれないことを示す。

頭脳Res。 6月2006日13日; 1094(1): 200-6

pyrroloquinolineのキノン栄養の状態を変えることはラットのミトコンドリア、脂質およびエネルギー新陳代謝を調整する。

私達はpyrroloquinolineのキノン(PQQ)がミトコンドリアの関連の細胞シグナリング細道を含むメカニズムによって動物の再生、新生児の開発およびミトコンドリア機能を改善することを報告した。 虚血のreperfusionの傷害に対してこれらの観察を、エネルギーおよび脂質関係のPQQの影響および明白な保護は拡張するためにはここに記述されている。 Sprague-Dawleyのラットは0 (PQQ-)または2 mg PQQ/Kgので加えられたPQQの栄養上完全な食事療法に食事療法(PQQ+)与えられた。 下記のものを含まれている測定: 1) 血清のブドウ糖およびインシュリン、2)新陳代謝のサイズごとの総合エネルギーの支出(重量はレバーおよび中心の血しょう脂質、5)相対的なミトコンドリア心臓虚血と関連している量、および6)索引で(3/4))、3)呼吸商(与えられ、絶食させた州で)、4)変わる。 後者のために、ラットはmalondialdehydeのinfarctのサイズそして心筋のティッシュのレベル、脂質の過酸化反応の表示器のPQQの影響を定めるためにreperfusionの2 hに先行している左の前方の下向きの閉塞に(PQQ-かPQQ+)服従した。 血清のブドウ糖、インシュリンおよび脂肪酸なしのレベルの顕著な相違が観察されなかったが、エネルギー支出はPQQ-でより低く対PQQ+のラット、エネルギー支出は(国家に与えられる)肝臓のミトコンドリアの内容に関連した。 血しょうディディミアムおよびtriacylglycerideの高度および- hydroxybutryic酸の集中はまたPQQ-のラットで対PQQ+のラット観察された。 さらに、PQQの管理(i.p。 6時間の速いのの間にタイプ2の糖尿病のラット モデルの塩の管理より血しょうトリグリセリドの2折目の減少より大きいので起因する3日間4.5 mg/kg BW)。 心臓傷害はPQQ+のラットのよりPQQ-のラットで虚血/reperfusionに起因してもっと発音された。 一まとめに、これらのデータはPQQの不足が正常なミトコンドリア機能と関連しているいくつかの変数に影響を与えることを示す。

PLoS 1。 2011年; 6(7): e21779

PyrroloquinolineのキノンはDJ-1の酸化状態の変更を通して酸化圧力誘発の神経の死をおそらく防ぐ。

Pyrroloquinolineのキノン(PQQ)は齧歯動物の打撃モデルで神経の細胞の役割を酸化防止剤として担い、神経の細胞死を防ぐために示されていた。 DJ-1のパーキンソン病、演劇の家族性の形態のための原因となる遺伝子プロダクトDJ-1の自己酸化による反酸化圧力機能に於いての役割。 この調査では、DJ-1の表現のレベルおよび酸化状態は6 hydroxydopamine (6-OHDA)またはH (2)とO扱われたSHSY-5Yの細胞および第一次培養されたニューロンで検査された(2) PQQの存在か不在で。 のpIの転位はSHSY-5Yの細胞でPQQによって6-OHDAと観察された酸性ポイントへのDJ-1、禁じられた扱った。 TOF-MSの分析はDJ-1、DJ-1の活動的な形態の1の減らされた形態のレベルが6-OHDAかH (2つの) Oと扱われたSHSY-5Yの細胞で、減る間、ことを示した(2)、PQQはDJ-1の減らされた形態のレベルを増加した。 これらの結果はPQQがDJ-1の酸化状態の酸化圧力誘発の変更を防ぐことを提案する。 従って、酸化圧力誘発の神経の死に対するPQQのneuroprotective効果はDJ-1の活動的な形態の増加されたレベルにかかわる一部には少なくともあるかもしれない。

Biol Pharm Bull。 7月2008日; 31(7): 1321-6

Pyrroloquinolineのキノン(PQQ)はラットで酸化圧力によって引き起こされる認識欠損を防ぐ。

pyrroloquinolineのキノン(PQQ)および補酵素Qの効果(10) (Co Qは(10))、単独でまたは一緒に、ラットの学習能力そしてメモリ機能で調査された。 ラットはPQQ補われた食事療法に示したMorris水当惑テストの初期でCoQ (10)の-補われた食事療法に与えられたラットよりよく能力を学習与えた。 両方の混合物の組合せは単独でPQQの補足と比較された学習能力の重要な改善で起因しなかった。 テストの後期で、ラットはPQQ-、CoQ (10) -およびPQQ + CoQ (10)に-与えた補われた食事療法は同じような改善された学習能力を示した。 グループ全員が48 hのための酸化圧力としてhyperoxiaに服従したときに、ラットはPQQ-およびCoQ (10)補われた食事療法に制御ラットよりよいメモリ機能を示した与えた。 並行食事療法は著しく酸化圧力によって引き起こされたラットの記憶欠損を改善した。 ビタミンのE不十分なラットがPQQかCoQに(与えたが10)はCoQによるよりもむしろPQQによってhyperoxiaに服従させて、メモリ機能時でさえ学習機能を維持された改善した(10)圧力の後で。 これらの結果はPQQが酸化圧力によって引き起こされるneurodegenerationを防ぐために可能性としては有効であること、そして効果がビタミンEとのどちらかの酸化防止剤の相互作用の独立者であることを提案する。

J Clin Biochem Nutr。 1月2008日; 42:29-34

外傷性の脳損傷に対するpyrroloquinolineのキノンのneuroprotective効果。

Pyrroloquinolineのキノン(PQQ)は動物に必要な栄養素として確立された水溶性、陰イオン、quinonoid物質である。 さまざまなシステムの酸化防止およびレドックスの変調器としてPQQの固有の特性のために、PQQは病理学の適用で近い将来に使用されると期待される。 多くの最近の調査がneuroprotective効果を調査したが、外傷性の脳損傷(TBI)に対するPQQの効果は検査されなかった。 この調査では私達はPQQは後TBI動物の改善された行動の性能をもたらしたことを結果が示したMorris水当惑(MWM)の訓練を用いた。 および-現在の調査の発火多くの実験がそのβ 1,4 galactosyltransferase I (β-1,4-GalT-I)を提案したと考慮することそして神経系に於いてのVの演劇の重要な役割、β-1,4-GalT-Iの表現に対するPQQの効果を調査するのに私達は西部のしみの分析をおよび使用した- V。 私達はPQQが組識的に管理された後β-1,4-GalT-Iの明白な表現のupregulationを- V見つけ。 RCA-IとのLectin蛍光汚損はまたPQQがガラクトシダーゼ1 (Gal -1)の表現のupregulation、小膠細胞の4 galactosyltransferaseのN-acylsphingosine (4-GlcNAc)のグループおよび皮質およびhippocampal CA2地域のニューロンに貢献したことを明らかにした。 要約すると、私達の実験はPQQが後TBI回復の重要な役割を担うかもしれないことを確立した。

J Neurotrauma。 3月2012日20日; 29(5): 851-64

Pyrroloquinolineのキノンはキャンプの応答要素結合蛋白質のリン酸化および高められたPGC-1alphaの表現によってミトコンドリアの生物発生を刺激する。

ミトコンドリアの生物発生を刺激するために報告されるBioactive混合物は多くの医療補助に反応酸素種からのそのような高められた長寿、改善されたエネルギー利用および保護つながる。 以前は調査はpyrroloquinolineのキノン(PQQ)で欠けている食事療法に与えられるマウスおよびラットがミトコンドリアの内容を減らしたことを示してしまった。 従って、私達はPQQがマウスのhepatocytesのミトコンドリアの生物発生を引き起こすことができることを仮定した。 24-48 hのための10-30 micromへのマウスHepa1-6の細胞の露出はPQQ高められたクエン酸塩のシンターゼおよびチトクロームcのオキシダーゼの、ミトコンドリアDNAの内容汚れる活動、Mitotrackerおよび細胞酸素の呼吸で起因した。 このプロセスの誘導はキャンプの応答の要素結合蛋白質(CREB)およびperoxisome増殖剤活動化させた受容器ガンマcoactivator-1alpha (PGC-1alpha)の活発化によって、ミトコンドリアの生物発生を調整すると知られていた細道行われた。 セリーン133のCREBのPQQの露出によって刺激されるリン酸化、PGC-1alphaの促進者、および増加されたPGC-1alpha mRNAおよび蛋白質の表現活動化させる。 PQQはミトコンドリアの生物発生を後PGC-1alphaまたはCREBの表現の小さい干渉のRNA仲介された減少刺激しなかった。 PGC-1alphaの細道の活発化、PQQに一貫した核呼吸の要因活発化(NRF-1およびNRF-2)およびTfam、TFB1MおよびTFB2M mRNAの表現を高めた。 さらに、PQQはロテノン、3-nitropropionic酸、antimycin A、およびナトリウムのアジ化物によってミトコンドリアの阻止から細胞を保護した。 PQQの機能はこの混合物の行為を一部にはミトコンドリアの生物発生を刺激する説明し、PQQがミトコンドリアの機能障害と関連付けられる病気で有利かもしれないことを提案する。

J Biol Chem。 1月2010日1日; 285(1): 142-52

Pyrroloquinolineのキノンはマウスのミトコンドリアの量そして機能を調整する。

pyrroloquinolineのキノン(PQQ)はアミノの酸ベース、完全な基底食事療法に別の方法で栄養上加えられるがとき、若いマウスの成長関連の変数を改善する。 私達は若いマウスの高い血しょうブドウ糖の集中でPQQの不足によってが起因し、PQQが付加ミトコンドリアの複合体1の活動を生体外で刺激する観察に基づいてPQQおよびミトコンドリア機能を検査した。 PQQ不十分な離乳したてのマウスはレバーでmitochondriaの相対的な量の20-30%減少があった; PQQ補われたマウス(2 mg PQQ/kgの食事療法)より呼吸調節の比率および低い呼吸商を下げなさい。 ダムからのマウスでは慣習的な実験室の食事療法に与えたり、しかし、血しょうブドウ糖、翼部、Glyで基底食事療法に引き離すこと転換し、Serの集中は4週(PQQ-対PQQ+)に、しかしない8週に高かった。 相対的なミトコンドリアの内容(核DNAへのmtDNAの比率)はまた4週に、ない8週により低く(PQQ-対PQQ+) (P<0.18)がちだった。 PQQはまたミトコンドリアの複合体1の抑制剤、diphenyleneのiodonium (DPI)に逆らう。 マウスは0、0.4、か4 14 D.のために毎日microg PQQ/gのと体重(BW) gavaged。 各PQQのレベルで、DPIは0、0.4、0.8、か1.6 microg DPI/gで(i.p。) BW注入された。 0.4か4.0 microg --にDPI/gさらされたPQQ不十分なマウスは重量を失い、PQQ補われたマウス(P<0.05)より低い血しょうブドウ糖のレベルがあった。 さらに、繊維芽細胞は(細胞培養に加えられた3) H-PQQをと培養されたhepatocytesは生体内で観察されたそれらのに類似したミトコンドリアPQQの集中を維持した。 一まとめに、これらの結果は食餌療法PQQがミトコンドリア量および機能に影響を及ぼすことができることを特に示す周産期および離乳したてのマウスで。

J Nutr。 2月2006日; 136(2): 390-6