生命延長ばねのクリアランス セール

概要

生命延長雑誌2012年8月
概要

ビタミンE

人間の表皮のビタミンEのisoformsの高性能液体クロマトグラフィーの分析: 最低の紅斑線量および遊離基の掃気活動の相関関係。

異なったビタミンEのisoformsの内容そして構成は正常な人間の皮で分析された。 興味深いことに表皮は1%のアルファtocotrienol、3%のガンマtocotrienol、87%のアルファ トコフェロールおよび9%のガンマ トコフェロールを含んでいた。 人間の表皮のtocotrienolのレベルが毛のないマウスで報告されるよりかなり低いようであるが相当数のtocotrienolのレベルの存在は皮のtocotrienolsの生理学機能についての推測をもたらす。 酸化防止活動およびphotoprotectionのほかに、tocotrienolsは皮膚保護剤および成長調整の特性があるかもしれない。 よい相関関係は表皮のアルファ トコフェロール(r = 0.7909、p <.0003)、ガンマ トコフェロール(r = 「0.556」、p <.025)、および電子スピン共鳴(EPR)の分光学によって査定されるように表皮の遊離基の1,1ジフェニル2 picrylhydrazyl (DPPH)掃気の総ビタミンEの内容のために(r = 「0.831」、p <.0001)、見つけられた。 人間の表皮では、アルファ トコフェロールは量的に最も重要なビタミンEのisoformのあり、脂質コンパートメントの最初ライン遊離基の防衛で大きさを構成する。 表皮のtocotrienolのレベルはDPPHの掃気活動に関連しなかった。 最低の紅斑線量(MED)、太陽の感受性のための個々の測定および皮膚癌の感受性のための粗野な表示器はビタミンEのisoformsの表皮の内容に、関連しなかった。 それ故に単独でビタミンEが人間の個々の感光性の決定要因ではないことが完了される。

自由なRadic Biol Med。 2月2003日1日; 34(3): 330-6

膜のビタミンEそして機能。

ビタミンEは脂肪質溶けるビタミンである。 それはトコフェロールおよびtocotrienolsと言われるphytolの側鎖が付いているchromanolリングによって特徴付けられる炭化水素の混合物の系列で構成される。 トコフェロールはtocotrienolsの側鎖に3不飽和残余がある一方飽和させたphytolの側鎖を所有している。 これらの混合物の異性体はchromanolリングに付すメチルの置換基の数そして整理によって区別される。 ボディで見つけられる優勢な異性体はベンゼン リングに付すヒドロキシル グループに加えて3人のメチル基があるアルファ トコフェロールである。 動物の食事療法はトコフェロールの異性体の異なった割合で構成され、特定のアルファ トコフェロール結合蛋白質はボディの細胞そしてティッシュのこの異性体の保持に責任がある。 ビタミンの親脂性の特性のためにそれは脂質の貯蔵の細胞器官および細胞膜に仕切る。 従ってそれはボディ中広く配られる。 アルファ トコフェロールの細胞レベル下の配分は特に他の細胞レベル下の膜と比較されるビタミンで富むリソソームと均一ではない。 ビタミンEはいろいろ生理学的で、生化学的な機能にかかわると信じられる。 これらの機能の分子メカニズムは膜の安定装置としてビタミンの酸化防止行為または行為によって仲介されると信じられる。 アルファ トコフェロールは脂質のperoxyl基の有効な清掃動物であり、それ故に、それはperoxylのチェーン伝播の反作用を壊せる。 こうして形作られるtocopheroxyl基の無対の電子はdelocalisedがちで基をより安定したする。 根本的な形態は補酵素Q.を含むレドックス周期の反作用のアルファ トコフェロールに戻って変えられるかもしれない。 tocopheroxyloxyl基からのアルファ トコフェロールの再生は脂質の酸化防止剤として役割のアルファ トコフェロールの転換の効率を非常に高める。 膜の脂質の加水分解の行為によって解放されるlysophospholipidsおよび脂肪酸なしが付いているビタミンEの形態の複合体。 これらのプロダクトは両方疎水性のビタミンEそして結果として全面的なバランスが付いている1:1の化学量論的な複合体を形作る: 膜内のhydrophillic類縁は元通りになる。 このように、ビタミンEは他では膜の安定性を破壊する加水分解プロダクトの洗剤そっくりの特性を否定すると考えられる。 生物的膜のビタミンEの位置そして整理は現在未知である。 しかし水様システムでリン脂質から分散する成っているモデル膜システムの調査から入手可能な情報のかなりボディがある。 いろいろ生物物理学方法を使用してそのような調査から、アルファ トコフェロールが脂質の炭化水素の鎖に分子によって方向づけられる平行の長軸のリン脂質のbilayersに挿入することが示されていた。 分子は流動脂質のbilayersの内で長軸についてそして拡散横に回れる。 ビタミンはリン脂質のbilayers純粋なリン脂質のbilayersと共存する定義された化学量論の形態の複合体中任意に配らないが。 アルファ トコフェロールはphosphatidylcholinesよりもむしろ優先的にphosphatidylethanolaminesの複合体を形作り、そのような複合体はもっと容易にnonlamellar構造を形作る。 アルファ トコフェロールがリン脂質のbilayers中任意に配らないし、行為のビタミンの効率を酸化防止脂質として減らし、不安定にすると期待されるphosphatidylethanolaminesのnonbilayerの複合体を形作りがちではないという事実はよりもむしろ膜を安定させる。 生物的膜のビタミンEの推定機能とモデル膜の行動間の明白な不均衡は和解する必要がある。

Progの脂質Res。 7月1999日; 38(4): 309-36

遊離基および酸化防止剤の序列: 脂質の過酸化反応、アルファ トコフェロールおよびアスコルビン酸塩。

遊離基は非常に酸化から非常に減少まで及ぶ熱力学的性質で広く変わる。 これらの熱力学的性質が遊離基の反作用のための序列、か階層を、予測するのに使用することができる。 1電子減少の潜在性を使用して、予測された序列は実験的に観察された遊離基の電子(水素原子)移動の反作用に一致してある。 これらの潜在性はそのビタミンE、第一次脂質の溶ける小さい分子の酸化防止剤およびビタミンCを提案する実験データ、末端の水溶性の小さい分子の酸化防止剤に一致してまたあったり、過酸化反応から脂質および脂質の構造を保護するために協力する。 ビタミンEが膜にあり、ビタミンCが水様段階にあるが、ビタミンCはビタミンEをリサイクルできる; すなわち、ビタミンCは遊離基の鎖破損の酸化防止剤として再度作用するようにそれによりビタミンEがするビタミンEのtocopheroxyl (chromanoxyl)基を、修理する。 この検討は論議する: (i)健康科学に興味である遊離基の反作用の熱力学; (ii)鎖破損の酸化防止剤と関連付けられる基本的な熱力学および運動特性; (iii)トコフェロールの遊離基(ビタミンE基)およびビタミンCの明白な反作用の独特な界面性質; そして(iv)は遊離基の電子(水素原子)移動の反作用のための階層、か序列を、示す。

アーチBiochem Biophys。 2月1993日1日; 300(2): 535-43

生物的酸化防止剤としてアルファLipoic酸。

ミトコンドリアのデヒドロゲナーゼの反作用の必要な役割を担うアルファLipoic酸は酸化防止剤として最近かなりの関心を得てしまった。 Lipoate、か減らされた形態、dihydrolipoateはスーパーオキシド基、水酸ラジカル、次亜塩素酸、peroxyl基および一重項の酸素のような反応酸素種と、反応する。 それはまた次々とビタミンEをリサイクルするかもしれないグルタチオンとの相互作用によって膜を保護する、およびビタミンC。 酸化防止活動に加えて、dihydrolipoateは鉄の減少によってprooxidant行為を出すかもしれない。 アルファLipoic酸の管理は虚血reperfusionの傷害、糖尿病(glycationの反作用を防ぐことができるアルブミンのような蛋白質へのアルファlipoic酸そしてdihydrolipoic酸の展示物の疎水性結合両方、)、激流の形成、HIVの活発化、neurodegenerationおよび放射傷害のようないくつかの酸化圧力モデルで有利であるために示されていた。 なお、lipoateはミオグロビン、プロラクチン、thioredoxinおよびNF Κ Bのトランスクリプションのような蛋白質のレドックスの調整装置が考慮すると同時に作用できる。 私達は(1)反応酸素種の反作用の点ではlipoateの特性を見直す; (2)他の酸化防止剤との相互作用; (3)酸化圧力モデルまたは臨床条件の有利な効果。

自由なRadic Biol Med。 8月1995日; 19(2): 227-50

アルファtocotrienolの酸化防止に行為および細胞の信号を送ることの分子面。

ビタミンE、最も重要な脂質溶ける酸化防止剤はハーバートM.エバンズ(科学1922年、55の実験室の1922年にカリフォルニア州立大学バークレー校で、発見された: 650). 生物活動の少なくとも8つのビタミンEのisoformsは植物の源から隔離された。 酸化防止トコフェロールおよびtocotrienolsの発見、主におよび最近また細胞シグナリング面以来調査された。 トコフェロールおよびtocotrienolsは酸化防止ネットワークと名づけられた連結の一組の酸化防止周期の部分である。 tocotrienolsの酸化防止活動がトコフェロールのそれより高いが、tocotrienolsに口頭摂取の後でより低い生物学的利用能がある。 Tocotrienolsは皮を通って急速に突き通り、効率的に紫外線かオゾンによって引き起こされる酸化圧力を戦う。 Tocotrienolsは心循環器疾患でLDLの酸化の禁止と調整の3ヒドロキシル3 methylglutaryl補酵素A (HMG CoA)の還元酵素、mevalonateの細道の主酵素によって有利な効果をもたらす。 酸化防止活動の独立者であるかもしれないtocotrienolsの重要で新しいantiproliferativeおよびneuroprotective効果はまた記述されていた。

J Nutr。 2月2001日; 131(2): 369S-73S

UVBのガンマのtocotrienolの抑制は炎症性仲介人の多数シグナリングによってHaCaTのkeratinocytesおよびHR-1毛のないマウスの発火を引き起こした。

アルファTOCのようなトコフェロール(TOC)は皮のphotochemopreventive代理店、他のビタミンEの形態[の効果としてtocotrienols (T3)機能すると]期待された 十分に理解されなかった。 私達は不滅にされた人間のkeratinocytesおよび毛のないマウスを使用してUVB誘発の炎症性反作用に対するT3の炎症抑制の効果を評価した。 ガンマT3は同じようなアルファTOC線量が効果をもたらさない間、UVB誘発PGEを抑制した(2)生産。 ガンマT3の炎症抑制の行為はUVB誘発の炎症性遺伝子および蛋白質の表現[cyclooxgenase-2 (COX-2)、interleukin (IL) - 1beta、IL-6およびmonocyteのchemotactic蛋白質1]減らす機能によって説明された。 西部のしみの分析はガンマT3によって禁じられたp38、細胞外の信号調整されたキナーゼおよびc 6月Nターミナル キナーゼ/圧力活動化させたプロテイン キナーゼの活発化明らかにした。 HR-1毛のないマウスでは、口頭T3は皮厚さ、COX-2蛋白質表現のUVB誘発の変更を、および増殖抑制したが、アルファTOCは抑制しなかった。 これらの結果はT3にUVB誘発の皮の発火から保護する潜在的な使用があることを提案する。

J Agricの食糧Chem。 6月2010日9日; 58(11): 7013-20

ビタミンE: 機能および新陳代謝。

ビタミンEが1922年以来の再生のための必要な栄養素として知られていたが、私達は生理学機能のメカニズムの理解にはほど遠い。 ビタミンEはアルファ トコフェロールに最も高い生物活動があるtocotrienolsであるおよびトコフェロールのグループのための言葉。 トコフェロールの有効な酸化防止特性が原因で、酸化圧力と関連付けられると信じられる頻繁に慢性疾患の防止のアルファ トコフェロールの影響は調査され、有利な効果は示された。 アルファ トコフェロールに同じようなantioxidative特性が付いているトコフェロールの他の形態によって出すことができない管の平滑筋細胞でシグナリング機能があることレバーのアルファ トコフェロールの移動蛋白質が血しょう脂蛋白質に結合のためのすべての入って来るトコフェロールからとりわけRRRアルファ トコフェロールを解決する、こと最近の観察はantioxidative機能を越えるビタミンEの役割の興味を上げ。 また、ガンマ トコフェロールは酸化防止剤であることから離れて機能があるかもしれない。 それは親脂性コンパートメントの求電子突然変異原を引っ掛けられるnucleophile、natriuresisを促進する代謝物質を発生させる。 ビタミンEの新陳代謝は均等に明白でない。 余分なアルファ トコフェロールはアルファCEHCに変えられ、尿で排泄される。 他のトコフェロールは、ガンマおよびデルタ トコフェロールのような対応するCEHCsとして尿で、ほとんど量的に低下し、排泄される。 RRRアルファ トコフェロールと比較されるすべてのracのアルファ トコフェロールはアルファCEHCに優先的に低下する。 従って、ビタミンEの異なった形態を調整されたり、まだ識別されていない分類しが、配り、そして低下させるシステムによってRRRアルファ トコフェロールの特定の、分子役割がなければならない。 この記事では私達は酸化防止剤に重点を置いてビタミンEの機能、対他の特性、RRRアルファ トコフェロールのための有機体の好み、およびCEHCsに新陳代謝の文化知識を要約することを試みる。

FASEB J. 7月1999日; 13(10): 1145-55

人間の健康および病気のビタミンE。

実際のところビタミンEはトコフェロールおよびtocotrienolsの系列で構成される。 この形態がボディの内で保たれる、ビタミンEの不足はこの補足と訂正されるので、最もこれらの調査されるアルファ トコフェロール(アルファTOH)であり。 アルファTOHは細胞膜の保存に必要な脂質溶ける酸化防止剤であり酸化圧力に対する防衛として可能性としては機能する。 多くの調査は心循環器疾患(CVD)と関連付けられるsequelaeの防止の新陳代謝、輸送および効力のアルファTOHを調査した。 ビタミンEとの補足は脂蛋白質の酸化の酸化防止活動、防止、および血小板の集合の阻止によってCVDに対して医療補助を提供すると考慮される。 但し、ずっとアルファTOHとの大きい将来の、ランダム化された、偽薬制御臨床試験からの結果は主として否定的である。 最近のメタ分析はアルファTOHの補足が実際に全原因の死亡率を高めるかもしれないことを提案する; 但し、この高められた危険のためのメカニズムは未知である。 生体外の調査はヒト細胞文化で行い、ビタミンEがチトクロームP450sおよびMDR1の肝臓の生産を高めるかもしれないことを動物モデルは提案する。 ビタミンEによるCYP3A4またはMDR1の誘導は可能性としてはCYP3A4かMDR1によって新陳代謝したあらゆる薬剤の効力を下げることができる。 他の可能性は危険度が高い人口に血圧に対するアルファTOHの悪影響を含める。 ビタミンEの補足の広い人気そして使用のために、潜在的な悪影響へのそれ以上の研究ははっきり保証される。

Clin Lab Sci CritのRev。 2008;45(5):417-50

アルファ トコフェロールおよびアルファtocotrienolの酸化防止特性の遊離基のリサイクルおよびintramembraneの移動性。

dアルファ トコフェロール(2R、4' R、8' Rアルファ トコフェロール)およびdアルファのtocotrienolは同じ芳香のchromanol 「頭部」を持っているしかし炭化水素「尾で」異なる2つのビタミンEの要素である: 飽和させるのトコフェロールおよび不飽和isoprenoidの鎖とのtoctrienol。 dアルファtocotrienolはこの活動の約30%だけを明示するが、dアルファ トコフェロールに最も高いビタミンEの活動がある。 ビタミンEが膜の生理学的に最も重要な脂質溶ける鎖破損の酸化防止剤であると考慮されるので私達は酸化防止機能のために重要である条件の下でアルファ トコフェロールと比べてアルファtocotrienolを調査した。 dアルファtocotrienolは酸化損傷に対して40-60時のより高い酸化防止活動をに対して(Fe2+ +アスコルビン酸塩) -および(Fe2+ + NADPH) dアルファ トコフェロールよりチトクロームP-450のラットのレバーmicrosomal膜そして6.5倍よい保護の誘発の脂質の過酸化反応所有している。 dアルファtocotrienolの大いにより高い酸化防止潜在的能力に責任があるメカニズムを明白にすることはchromanoxyl基からのchromanolsの効率のリサイクルのdアルファ トコフェロール、ESRの調査と行われた比較した。 chromanolsを含んでいるliposomesの脂質の分子移動性の1H NMR測定および脂質のbilayerのchromanolsの配分(clusterizations)の均等性を明らかにする蛍光性の測定。 結果から、私達はdアルファtocotrienolのこのより高い酸化防止潜在的能力がdアルファ トコフェロールと比べてdアルファtocotrienolによって表わされる3つの特性の複合効果が原因であることを結論を出した: (i) chromanoxyl基からのより高いリサイクルの効率、(ii)膜のbilayerの均一配分、および(iii)脂質基が付いているchromanolsの相互作用をより有効にする膜の脂質のより強いdisordering。 示されるデータはdアルファ トコフェロールの相対的な生体外の酸化防止活動とビタミンの活動の慣習的な生物検定のdアルファtocotrienol間にかなりの矛盾があることを示す。

自由なRadic Biol Med。 1991;10(5):263-75