生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2011年9月
レポート

生命Extension®までに資金を供給された研究は人間の老化を逆転させる療法をもたらすことができる

生命Extension®までに資金を供給された研究は人間の老化を逆転させる療法をもたらすことができる

生命延長Foundation®の目的は不明確に延長健康な寿命を人類に与えるために療法の開発に資金を供給することである。 この目的に達するためには、私達は学ぶために科学研究を開拓することに人間の老化を逆転させる方法を資金を供給する。

毎年、生命延長資金の 何百万の研究 のドルは老化および逆の老化自体の病気を治すために道破損療法の開発を目指した。 私達の目的はより長い今住み、100にあなたの寿命を伸ばすのをおよび向こう将来助けることである。

この記事は年齢関連の病気および逆の老化を治す新しい療法に成長することができる若い幹細胞に老化の細胞を変形させるために資金を供給される生命延長研究を記述する。 この調査は科学者が引き起こされたpluripotent幹細胞(iPS)を持つ古いマウスの管および免疫組織を活性化させるように試みている段階に進んだ。 この動物段階が巧妙なら人間の使用のための同じアプローチを合わせる、試みは試みられる。

BioTimeはiPSの技術の老化の細胞を活性化させる

ヒト胚ができたいろいろ専門にされた細胞を持つ大人の人間に成長するように、人間のES細胞(hES)はあらゆるタイプの若く健康なティッシュに可能性としては結局、老化および老化自体の病気に苦しんでいる人々に移植されるために開発することができる。

但し、ヒト胚からhESの細胞を得ることの練習は研究の為にヒト胚を使用することに反対のために論争の的になる。 老化するヒト細胞が胚状態に戻ってプログラムし直すことができることが数年前、発見された。 これらの細胞は引き起こされたpluripotent幹細胞(iPS)と呼ばれる。 この技術は心臓病のような年齢関連の病気、打撃および癌を扱い、多分、治すのに使用できる若い再生ティッシュを開発するのに老化人の自身の細胞の使用の約束を保持する。

BioTimeはiPSの技術の老化の細胞を活性化させる

iPSの細胞とのある調査は、またtelomeraseの生産、telomeresの長さをそのまま保つことによって健康な細胞を維持する酵素のことを刺激のhESの細胞が働かないことを示した。 Telomeresは細胞の分割の染色体の端にある。 細胞は分かれる度に、telomeresを構成する単位のいくつかを失う。 telomeresがより短くなると同時に、染色体の完全性を保護する機能は染色体が故障し、細胞が死ぬまで低下する。

このプロセスはプラスチックがレースの端に解くことからのレースを保ち、無用になることで遊ぶひっくり返す役割と比較することができる。

2009年に、生命延長Foundation® (LEF)は、特別条項の下で、iPSの細胞は、またhESの細胞働くことができることを示した調査のためのBioTimeに$250,000に資金を供給した。

2010年に、LEFはBioTimeの補助されたReCyteの治療法に老化および、多分、老化自体の病気を扱うために小説、革新的な、再生療法の開発を助けるように$2,000,000を貢献した。

5つのヒト細胞のタイプのReplicative寿命の復帰はTranscriptionalプログラムし直すことによって進化の老化の逆転の前の出版されたレポートを認可する

ミハエルWest、BioTime、Inc.、および補助されたReCyte Therapeutics、Inc.のCEO先生はバイオテクノロジーのフランス アメリカのシンポジウム(FABS 2011年)で細胞の寿命の復帰で「transcriptionalプログラムし直す技術を使用してデータをはじめて示す老化の新しい治療上のアプローチ」で、最近提示をした。

2010年3月16日、BioTimeに技術をプログラムし直すiPSの細胞が、特定の条件下でヒト細胞の進化の老化を逆転できる同業者審査された学術論文の報告の出版物を発表した。 すなわち、遺伝の修正によって、人体からの細胞は他のすべての細胞およびティッシュのタイプに成長することができるES細胞のそれに類似した胚状態に戻すことができる。 同じ出版物では、BioTimeはこれらのプログラムし直す技術が細胞老化のtelomereの時計を再調節できることを報告した。 この技術を認可しているシンポジウム、West実際の細胞の寿命に関連しているように先生示された新しいデータ。

5つのヒト細胞のタイプのReplicative寿命の復帰はTranscriptionalプログラムし直すことによって進化の老化の逆転の前の出版されたレポートを認可する

特に、新しい証拠は若いティッシュから得られた細胞で見られたそれに戻って技術が老化させたヒト細胞のproliferative寿命の回復のtelomereの長さを、しかしまた再調節するだけでなく、ことができること示された。 具体的には、BioTimeの科学者はtranscriptionalプログラムし直すことを使用して胚状態に戻った老化させたヒト細胞から得られた5つのヒト細胞のタイプのreplicative寿命を測定した。 原物の通常の生活の期待を非常に超過したこれらの寿命、細胞を、提供するそのような技術が老化させた患者の細胞と同一の若い細胞を遺伝的に製造する手段を提供するという最初の限定的な証拠を老化させた。

人体の細胞に細胞分裂のための有限な容量があること「先生の元の観察、世界中の研究者が多様な臨床応用のためのその時計を再調節する手段を発見するように努めて以来レオナルドHayflick's」と西に言った。 老化の慢性の退化的な病気を目標とする新しい治療法のための上昇の世界的な要求はこれらの新技術を人間工学工業のために時機を得た、戦略的にさせる。 私達は積極的に私達のReCyteの治療法の子会社の管プロダクトにはじまってこのプラットホームからの治療上のプロダクトの商業化を、追求することを計画する」。

これはのためのオフィスによって共同組織されたバイオテクノロジーの第4フランス アメリカのシンポジウムだったワシントンD.C.、およびEurobiomedのフランス大使館の科学技術はウイルス学および免疫学のための旅行かばんの協会と協力して健康科学に、バイオテクノロジーのフランスの集り、捧げた。

West's先生の提示はwww.biotimeinc.comでBioTimeのウェブサイトで利用できる 。 ReCyte Therapeutics、Inc.のより多くの情報のために、www.recytecorp.comでウェブサイトを 訪問しなさい

背景

再生薬は人間の萌芽期の茎(hES)の細胞または引き起こされたpluripotent茎(iPS)の細胞の技術に基づいて療法の開発そして使用を示す。 これらの療法は退化的な病気によって苦しんだティッシュを取り替えるために健康なティッシュを再生するように設計される。 再生薬の大きい科学的で、公共利益はhESおよびiPSの細胞の潜在性に細胞のタイプの人体すべてになるある。 従って多くの科学者はhESにおよびiPSの細胞に糖尿病、パーキンソン病、心不全、関節炎、筋ジストロフィー、脊髄の傷害、黄斑の退化、聴力損失、肝不全および細胞およびティッシュが取り替えられて正常に機能しなくおよび必要性になる他の多くの無秩序のような現在不治の病気の多くのための新しい療法の源としてかなりの潜在性があることを信じる。

BioTime、Inc.について。

2010年に、BioTimeは「ジャーナル再生薬でTranscriptionalプログラムし直すことの後の正常なヒト細胞の進化の老化の自発の逆転」とよばれた同業者審査された学術論文の 出版物を発表した。 ヒト細胞の老化が逆転させることができること発見は細胞に基づく療法の新しいクラスの開発によって年齢関連の退化的な病気を目標とするための重要な含意があるかもしれない。 記事はwww.futuremedicine.com/doi/abs/10.2217/rme.10.21でオンラインで手続きできる

記事のBioTimeそして共作者は正常なヒト細胞の進化の老化の巧妙な逆転を示した。 正常なヒト細胞は精密な遺伝の修正を使用して微分(ES細胞が専門にされた区別された細胞のタイプ多数にのボディなるプロセス)の「時計」、また細胞老化(telomereの長さ)の「時計」を、逆転させるために引き起こされた。 老化させた区別された細胞はその結果再生が可能な若い幹細胞になった。

ペーパーは引き起こされたpluripotent茎(iPS)の細胞の老化させた状態上の論争のライトを投げた。 科学界はiPSの技術にヒト胚の使用なしでES細胞のそれに(開発プロセスを逆転させている)類似した状態に戻って大人のヒト細胞を変形させるであることを手段非常に示したと同時に刺激された。 但し多くの点でES細胞と同じようなiPSの細胞は、しかし非常にES細胞の正常なreplicative潜在性がないかもしれないことを提案されてという、レポートがあった(すなわち、iPSの細胞は時期早尚に古いかもしれない)。 この問題は呼ばれた「iPSの細胞の技術の弱点」。と このペーパーでは、電流に科学界で循環される多くのiPSの細胞の線に細胞老化の彼らの時計がまだ比較的古い細胞歳で置かれることを意味する短いtelomeresがあることをBioTimeの科学者および彼らの共作者は示した。 但し、これらの時期早尚に古い細胞間で、他の細胞はtelomerase (これらの細胞が人命周期のまさに始めに戻って細胞老化をずっと逆転させるようにする生殖細胞の若者を保つの十分なレベルと蛋白質ことができる)見つける。

このペーパーで示される研究はBioTimeの産業規模のiPSの技術の実行の手段として開発されている会社の専有ReCyte™の技術の機能を進めるより広い研究戦略の一部分である。 遺伝子、BioTimeを導入する2010年の計画的に使用されたより古い、ウイルス ベースの方法で出版される調査は急速に前のiPSの細胞のアプローチを苦しませるtelomericおよび他の遺伝的異常を防ぐとある意味では期待される細胞をプログラムし直すようにとりわけ設計されているReCyte™の専有技術を使用して今細胞老化の逆転のそれ以上の調査を計画する一方。

BioTime、Inc.について。

アラメダで、カリフォルニア本部に置かれる、BioTimeは再生薬および血しょうの容積のエキスパンダーに焦点を合わせるバイオ企業である。 幹細胞の技術のその広いプラットホームは適用の特定の分野に焦点を合わせる子会社によって発達する。 BioTimeはプロダクト、多数の専有ACTCellerate™の細胞ライン、培養基および微分のキットを含む幹細胞そして再生薬の分野の成長し、市場研究。 BioTimeの完全に所有された補助されたESの細胞の国際的なPte株式会社(ESI)臨床等級のよい製造業練習の原則の後で得られた作り出し、現在研究の使用のための提供する人間のES細胞ラインを。 BioTimeの治療上の製品開発の作戦は高い満たされなかった医学の必要性がある関連の病気および特定の器官システムに焦点を合わせる子会社によって追求される。 BioTimeの大半によって所有される補助された細胞の治療の神経科学、株式会社は、網膜および神経の退化的な病気の処置のための幹細胞から得られる治療上のプロダクトを開発している。 細胞の治療の神経科学の少数株主のTevaの製薬産業に臨床的に細胞の治療のOpRegen™の年齢関連の黄斑の退化の処置の使用のための網膜の細胞プロダクトを商業化する開発し、選択がある。

BioTimeの補助されたOrthoCyte Corporationは整形外科の病気および傷害を扱うために幹細胞の治療上の適用を開発している。 別の子会社、OncoCyte Corporationの癌の幹細胞の技術の治療上の適用の焦点。 ReCyte Therapeutics、Inc.は、心血管および血球病気を扱うためにヒト細胞の進化の老化を逆転させるようにBioTimeの専有iPSの細胞の技術の適用を開発している。 BioTimeで最も新しい子会社、LifeMap Sciences、Inc.は、基礎研究を導き、BioTimeの研究プロダクトを販売するためにhESおよびiPSの細胞から起こる複雑な細胞の血統のオンライン データベースを開発している。 幹細胞プロダクトに加えて、BioTimeはhypothermic (低温の)外科のための血しょうの容積のエキスパンダー、血の取り替えの解決、および外科、緊急の外傷の処置および他の適用の使用のための技術を開発する。 BioTimeの鉛プロダクト、Hextend®は、Hospira、Inc.によって米国製造されたそして配られる血しょうの容積のエキスパンダーと排他的な特許権実施契約の下のCJ CheilJedang Corp.による韓国でである。 BioTime、ReCyteの治療法、細胞の治療、OrthoCyte、OncoCyte、BioTimeアジア、およびESIについてのその他の情報はwww.biotimeinc.comの網で見つける ことができる