生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2011年10月
レポート

麻薬の常用を治す新しい方法

印Joslinによって
高いコルチソルの危険の減少

この国に薬物誘発の死が15分毎に、1 ここ十年間着実に上がった傾向ある。 過去の六十年にわたるこの 国家の「麻薬戦争に」使われる兆ドル2にもかかわらず習慣性および致命的な混合物はアメリカ人によって使用される。3

私達はなぜ麻薬の常用に対して負けている戦争か。

1人の開拓の医者は簡単な答えがある。

生命Extension® 最近先生とマーヴィン「リック」Sponaugle長々と話す機会を持っていた。 麻酔科学および常習の薬両方、Sponaugleで証明される板は勧めることにもっぱら基づいている常習の処置、米国(97%)のほとんどすべての薬剤の処置設備間の 好まれた方法を拒絶する。4

その代り、彼は腸の生態学のホルモン、補足および復帰を含む安全な、 低価格、自然な介在最新式の技術を、結合する。 彼のアプローチの効力はそれ自身のために話す。 国民の再発がある見積もりによって90%範囲を 高く評価する間、5,6 先生Sponaugleは9%だけの再発率乱用者との5,000物質に 扱った!7

先生に従ってSponaugle、ルート問題に演説しないのでほとんどの解毒およびリハビリテーション プログラムは非効果的である。 「患者は彼らの頭脳機能が最大限に活用されるまで再発し続ける。 さもなければ、患者はunderactive頭脳の地域を刺激し、過剰に活動する頭脳の地域を静めるのに薬剤を使用し続ける。 私達は巧妙な常習の処置が多数の診断そして処置を下にある生化学的な、の医学の無秩序」。要求することを学んだ

公式の統計はSponaugleの競合を支える。 国立衛生研究所は長期薬物乱用が誰かが薬剤を使用することを止めた後長く 残る 頭脳の不利な化学変化を引き起こすことを報告する。6つは この純然たる事実勧めることのような行動の アプローチ 上のmultitargeted神経化学介在を支える。

常習は何であるか。 Sponaugle's Viewpoint先生の

慣習的な薬および社会のほとんどは被害者は大量の制御があると期待される病理学の行動として長く常習を見てしまった。 、先生を、導いた基本的に生化学的な渇望から患者を話すことを試みる慣習的な処置に言うSponaugleこと。

常習は何であるか。 Sponaugle's Viewpoint先生の

麻酔医、集中治療の専門家および苦痛管理専門家として訓練したSponaugleは彼のキャリアで早く医者に会うためにこわがり苦痛で、危ない禁断症状を経ることを彼らの常習している患者を許可する。 このタイプの「依存習慣の急な断ち切り」の回収は全体の生理学的システムが薬物乱用が原因でからある誰かに致命的である場合もある。 1つの例では、心臓移植があり、OxyContin®の3,200のmg /dayに熱中された看護婦は彼女の大学心臓外科医によって先生の心配にSponaugle's従来の解毒は彼女の移植された中心に害を与えることができることを知っていたので置かれた。

Sponaugleは習慣性の行動が頭脳化学へ2つの主要な入力のプロダクトであることを確認した。 最初に、人の受継がれた特徴は頭脳のある特定の神経伝達物質の減退そして流れを定める。 2番目に、得られた変更は更にそれらの重大な頭脳の化学薬品の不均衡を増幅する。

Sponaugleはさまざまな種類の常習の患者で頭脳の血の流れの変更および神経伝達物質の活動を示すのに頭脳のハイテクなSPECT (単一光子の放出コンピュータ断層撮影)スキャンを使用する。 非常に、異なった習慣性の物質に関連する、そしてビデオ ゲームの常習のような行動の独特パターンがあるそれらのイメージに。13-15

ほとんどの専門家は薬剤の影響か頭脳機能の行動を調査するのにそれらのSPECTスキャンを使用した。 しかしSponaugleの主洞察力は脳活動のある特定の パターン自身が常習の 可能性を高くすることを確認することだった。

Sponaugleはこれらの脳活動パターンのいくつかが頭脳化学 受継がれたパターンを反映することを言う。 これらのパターンを表示する人々は、彼は単に言ったり、特定の化学物質を使用するとき「より正常に」感じることができると学ぶ。

しかしそれは物語の半分だけ、言うSponaugleをである。 彼は更に物質の使用を促進する頭脳化学の 得られた 変化を診断し、扱うこともまた重要であることを感じる。 そのような変更はpharmacologic薬剤および他の環境の毒素への慢性露出によって細工したそれらおよび正常な腸の細菌の変更によって作り出される特にそれらを含んでいる。

私達が頭脳化学の受継がれ、得られたパターン演説しなければ、Sponaugleは論争する、私達定期的に習慣性の行動を支える根本的な要因を扱わない。 結果か。 常習者は私達が慣習的な常習の処置で見る一種の高い再発率に終って正常の感覚を、達成するために化学物質「薬で治療する」自身を使用し続ける。

常習の統計量: 米国

人のパーセントそしてこの一カ月に不正薬物の使用8を用いる12年齢

8%

人の数そしてpsychotherapeutic薬剤この一カ月に9のnonmedical使用を用いる12年齢

6.2百万

2000年のアルコールの影響を受けて少なくとも一度運転を報告した若い大人(年齢18-25)のパーセント。10

19.9%

薬物乱用または乱用11のための救急救命室(ED)の訪問

2.1百万

大人による薬剤の誤用または乱用のためのEDの訪問50を2008 11の歳以上は

256,097 (2004年からの121%の増加)

大人による不正薬物の使用のためのEDの訪問50を2008 12の歳以上は

118,495

  • コカイン63%
  • ヘロイン27%
  • マリファナ19%
  • 不法な興奮剤5%

2004 5で薬物乱用のための処置および常習を必要としているアメリカ人の

22.5百万

処置5を受け取った

3.8百万

5雇われる違法薬物のユーザーのパーセント

71%

仕事の幾日はアルコール中毒5に毎年失った

500,000,000

頭脳化学の受継がれた異常

Sponaugleに従って、彼の5,000人の首尾よく扱われた患者の圧倒的な過半数に過剰に活動するまたはunderactiveである彼らの頭脳の区域がある。7 その異常な活動レベルの助けは一種の薬剤、物質を定め、または人が「正常化する」感じをに回すかもしれない行動。

頭脳化学の受継がれた異常

underactive 区域は最も一般にprefrontal皮質(額の後ろの頭脳の地域)および喜びを含んだりまたは頭脳のシステムに報酬を与える。 どんな科学者が「報酬不足シンドローム呼ぶか核心のaccumbens (報酬の中心)の表示」、をまたはRDSの減少された活動の人々。RDS の16人に本質的に幸福のために渇望するそれらを残す肯定的なでき事への堅い時間の感じの「正常な」応答がある。 それらの低活動区域のニューロンは主に神経伝達物質のドーパミンによって運転される; 常習者は両方の区域のドーパミンの活動のマーク付きの不足を表示しがちである。17-19

その結果、SponaugleのRDSのシークの人々が喜びの中心のドーパミンのサージを作り出す行動または刺激的な物質の頭脳のバランスをとり直すと頻繁に言う。7 例えば、これらの患者はコカインに常習しているようになるかもしれないアヘン剤はアンフェタミンのようなモルヒネかヘロイン、または興奮剤のような薬剤を入れる。

Sponaugle先生はコカインおよびOxyContin®に一連のSPECTスキャンで常習の彼の患者に対するこれらの効果を図式で示した: すべてドーパミンに頼るニューロンの活動の示されていたマーク付きの減少。 Sponaugleは彼が彼の患者の頭脳化学のバランスをとり直すように努めると同時に「ドーパミン穴」、のおよび彼がそれらをと同時に診断機能使用するようにこれらの区域を参照する。

過剰に活動する頭脳の地域の人々に全く異なる一組の問題があり、Sponaugleに従って常習している「静まる」物質に、なるために本当らしい。これらの 区域にかかわる7つの神経伝達物質はドーパミン、ヒスタミン、グルタミン酸塩、アドレナリン(アドレナリン)およびノルアドレナリンのようなexcitatory化学薬品である。20は 効果脳細胞の電気活動を高めることである。 余分な活動の低水準で、患者は穏やかな心配か不眠症を経験するかもしれない。 ハイ レベルで、彼らは恐慌発作を経験するまた更ににもっとまたはより少なく連続的なパニック モードを住むかもしれない。7

この高められた活動はまた心配のハイ レベルを持つまたはパニック障害の患者にSPECTスキャンに、とりわけ出て来る。21-23 ヒスタミンはそのような患者の頭脳で特に活発である。24-26 Sponaugle先生は高いヒスタミンの活動から得られるアルコールのような「静まる」物質、ベンゾジアゼピンの反心配の薬物に熱中される彼の患者で過剰に活動する頭脳の地域を示すSPECTスキャンの大きいファイルを(例えば、Valium®かXanax®)、および再度、アヘン剤持っている。

必要がある何を知る: 常習の治癒へのSponaugle's Approach先生の
  • 精神療法を使用して慣習的な常習の処置、薬物、ショック療法および苦痛な解毒プログラムは頻繁につまらない結果をもたらす。
  • 常習の再発を克服するように試みる人の90%まで。
  • これは長期薬剤の使用が頭脳化学の長続きがする変更を作成するのでそうかもしれない。
  • マーヴィン「リック」Sponaugle先生は常習の根で頭脳の不均衡に演説する有効で、統合的な常習の回復プログラムを開発した。
  • 頭脳化学の受継がれ、得られたパターンに演説することは不変の常習の回復を達成して重大である。
  • 受継がれた常習の傾向は過剰に活動するまたはunderactiveである頭脳の区域を含むことができる。
  • 得られたホルモンおよび腸の不均衡は常習のための段階を置く頭脳化学を破壊できる。
  • Sponaugle先生は最適の栄養レベル、ホルモン、酵素、頭脳の化学薬品および9%だけの驚くべき再発率常習と克服される人々を助けるために胃腸健康を元通りにする。

頭脳化学の得られた異常

先生に従ってSponaugle、人々は彼らの受継がれた頭脳化学パターンによって常習のために「セットアップされる」。 しかしそのだけ十分に常に常習を誘発することではない。 二番目に」当られる「通常2つの重要な生物的区域、腸および内分泌の(ホルモン性の)システムの不均衡の形で、普通要求される。

腸の不均衡

健康な頭脳
健康な頭脳

人間の腸はセロトニンおよび他の神経伝達物質の普通高い生産のために「第2頭脳と頻繁に」、言われる。 常習他のどの単一の原因からのより腸からの毒素によって頻繁に」。が引き起こされることを彼の臨床研究が提案することを27 Sponaugleは言う7

環境からの毒素の摂取とつながれる腸の細菌のパターンの変化は可能にする」、血流に吸収されるべき腰掛けで普通除去される頭脳の結果の物質を損なわれた腸のライニングを知られている何が腸のhyperpermeabilityか「漏れやすい腸として作り出すことができる。 腸の28,29細菌の繁茂はまたセロトニンと干渉するかもしれない。30 先生に従ってSponaugle、食物アレルギーの原因は頭脳中の高められた電気活動をもたらすヒスタミンのレベルを上げた。 ヒスタミンの化学構造はドーパミンと密接に関連し、Sponaugleヒスタミンが頭脳のドーパミンの活動を刺激することを先生は信じる。

Sponaugle先生は彼の臨床経験のそれを言う、「アルコール中毒消化器のカンジダの繁茂とつながる」。は 彼はこのGIの妨害が2つの静まる頭脳の化学薬品の不足とつながることを観察した: セロトニンおよびタウリン。 セロトニンの不足、タウリンの不足および余分なヒスタミンの活発化の組合せは一定したアルコール回収パターンのように感じる状態でアルコール中毒患者を、言うSponaugleを保つ。 「飲む必要性より強くなり、もたらす高められた心配および不眠症を」。は

ホルモン性の不均衡

Sponaugle先生は彼の医院が中年の女性の常習のコモン・コーズの1つであるとホルモン性の不均衡が見つけたと言う。 これはエストロゲンのようなホルモン以来ほとんど意外、プロゲステロンではないし、頭脳機能に対する強力な効果をもたらすとpregnenoloneは知られているけれども従来の中心は女性のホルモンを評価しない。 これらの「neurosteroids」は神経伝達物質ドーパミン、セロトニンおよびガンマ アミノ酪酸(GABA)の有効な変調器でしたり、従って女性のホルモンがバランスからあるとき、そう彼女の頭脳の電気活動である。31-33

Estradiolは、例えば、頭脳のセロトニンの受容器の活動を高める。34 premenstrual期間にそして福利の感覚に貢献するエストロゲンのレベルが落ちる時月経閉止期の手始めで急速に失うことができる。 これらはまた不眠症すべて一時的に「静かな」過剰に活動する頭脳の地域化学物質と「自己薬用」である場合もあるかどれがの彼女が不況、心配に苦しんで本当らしいおよび女性の人生の時である: アルコール、Xanax®およびアヘン剤の鎮痛薬。

  • ページ
  • 1
  • 2