生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2011年10月
レポート

戦いの年齢関連の頭脳の悪化

エリックR. Braverman、MD著、Dale Kieferとの、BS
戦いの年齢関連の頭脳の悪化

おそらくあなたの医者からのこれを聞かないが、次第にあなたとして縮まるあなたの頭脳はこれを読んだ。

なぜか。

ある程度の物理的な無駄になるか、または 萎縮—また医学的に名づけられた「頭脳の構造の地方悪化年齢と頭脳に」—は自然に起こる。1つは 医者および患者両方 によって これらの構造変化の影響非常に同様に過少見積りされる。 このプロセスは通常50で観察されてマーク付き加速が年齢30のまわりで、始まる。

物理的な頭脳の悪化の結果は劇的である場合もある。 新しい仕事を学び、新しい情報、印を付ける記憶を保ち、睡眠の質を悪化させるそれらはneurocognitive欠損を、減少された注意力、言語能力の空間的な認識、欠損および高められた難しさ抽象的な考えることにと共に創造性のような、含める。

老化のこれらの損傷に直面する若々しい頭脳を維持することは多分老化の最も重大な挑戦である。 頭脳、私達の最も重要な器官は、活気に満ちた健康の状態のボディを維持するホルモン性、神経化学、および電気的信号の複雑な交響曲を管弦楽に編曲するために責任がある。

この記事では、それらを停止させ、逆転させるためにことができるか何をする現代世界の頭脳の健康の多くの侮辱の 学び。

注意の減損

記憶、推論および認知の微妙な低下は多くの個人間のただの「健忘性をはるかに越えて」進歩するためにが統計的に本当らしい。 悲しげに、アメリカ人の重要な数は認識低下に屈し、結局痴呆に、よりかなり前にボディは与えた。 Alzheimerの連合に従って、5.3百万人のアメリカ人はこの心奪う病気に現在苦しみ、より多くのベビー ブーマーがより古い状態を達成すると同時に影響を受けたののランクは数年間の内に膨れると期待される。2

穏やかな認識減損(MCI)は頻繁にAlzheimer'sタイプの痴呆の開発に先行する関連の条件である。 あるインターナショナルの調査は高齢者達の40%まで穏やかな認識減損によって世界的に影響される、これらの患者の多数はAlzheimer'sタイプの痴呆を開発することを続くことを提案し。痴呆が 成長するべき15から20年を取ることに3,4私がコロンビア大学で、私提供した講議で注意した; 80-85年齢までに、アメリカ人の50%まで痴呆の形態に苦しむ。 しかし70か80によって、ほぼ皆は認識損失を経験する。

肥満および認識低下

頭脳の萎縮に加えて、研究者はちょうど中年で太りすぎであることが生命に後で減らす認識能力および苦しむ「より急な認識低下」をより大きい危険に置くことを報告した。7

洗練された頭脳の映像技術を使用して、研究者は肥満の人々が文字通り彼らの年齢一致させるより小さい頭脳を持っていることを、正常重量凝視する示した。 MRIの分析の技術、ピッツバーグの大学の例えば、科学者を使用して、外見上正常な認知の年配の主題間で、肥満が頭脳の複数の重要な地域の低下の容積と関連付けられることを示した。8 なお、研究は主頭脳の化学ドーパミンの低下がそれから体重増加の悪循環を永続させ、頭脳の神経伝達物質の不均衡を高める肥満を励ます衝動と食べすぎるために関連していることを提案する。9,10は これ頭脳の電圧を変えている間肥満が認識低下を、損傷の注意意味し、記憶を腐食させ、そしてあなたの頭脳の処理速度を加速することを減らす。

注意の減損5,6を検出する方法
注意の減損を検出する方法

さまざまな形の注意は頭脳の年齢として損なわれるようになる。 減損は注意(TOVA)の変数のテストのような客観的なテストを使用して、量を示すことができる。 変えられた注意の形態は次を含んでいる:

  • 省略(逃された停止は、例えば署名する)
  • 任務(例えば銃を、跳んでいる)
  • 応答時間(遅い応答は印を付ける注意を示す)
  • 応答の可変性(矛盾するようになる)
  • 複雑な関心(従がう「引きはそれすべて」一緒にできるか。)

石灰化

老化は頻繁に高められた石灰化と一緒に伴われる; 私達は石に本質的に「回る」。 時々hyperparathyroidismと関連付けられる頭脳の石灰化は損なわれた頭脳の処理速度で起因する。11-13 骨粗しょう症の老女で、骨の損失は認識低下を予測するために示されていた。14,15 そういうわけで私は頻繁に「弱いフレームを言う; 弱い頭脳」。 骨粗しょう症およびosteopeniaはあなたの頭脳ちょうどあなたの骨ではなくを破壊する。

興味深いことに、卵巣の外科取り外しによって引き起こされる月経閉止期は頭脳の処理速度を減らす。16 明らかに、ホルモン性要因は女性がbioidenticalのホルモンの使用によって若々しい健康へ全身を元通りにする重要性を説明する人と比較される認識低下および痴呆の率をなぜの高めたか説明を助けるかもしれない。

常習

薬物乱用および常習は人の生命の多数の面に影響を与える。 即時の費用が比較的によく知られている間、常習の長期結果はより少ない関心を引く。 加速された認識低下はそれらの1つである。 頭脳のドーパミン主導の「報酬滝」のの妨害は多数の薬物を求める行動と関連付けられる。 アルコールにより、コカイン、ヘロイン、マリファナ、ニコチンおよびブドウ糖はすべて頭脳のドーパミンの活発化そして神経解放を引き起こす。 ケネスBlumおよびI先生は、他の同僚と共に、ある特定のドーパミンの受容器の遺伝的に断固としたな欠損の個人が常習のより大きい危険にあること「爽快な」ドーパミンの分子によってだけ満たされる異常な渇望による私達の発見に関する多数の記事を出版した。 私達は習慣性にこの遺伝的異常を、強迫的関連付け、薬物乱用までから賭けること食べすぎることまでそれ及ぶ衝動的な行動は病的な肥満をもたらす。17-19

専門家は今ベビー ブーマーが老化すると同時に、より古い薬物乱用者のランクはかなり育つことを写し出している。乱用 の20,21のある薬剤はそれらを乱用し続ける欲求を高める一方で完全にneurotoxic、破壊の頭脳の構造である。タバコ からのニコチンのような22他は、一時的に記憶および注意を高めるが、長期的に、タバコは「加速する痴呆プロセスを」。23

アルコール中毒は長く持続するかもしれない認識減損で節酒が達成された後起因する。 妊娠の間のアルコール中毒は胎児の成長の神経系に深刻になり得る、回復不能な損害で起因する。 悲劇的に、胎児性アルコール症候群は世界中に遅滞の一流の原因である。管理の 頭脳機能の24のアルコール関連の減損は仕事に焦点を合わせ、注意する減らされた機能として明示する。 長期認識欠損を引き起こす25の他の薬剤はコカイン、GBH (いわゆる日付強姦の薬剤)、アンフェタミン、MDMA (エクスタシー)、ヘロインおよびoxycontinのようなマリファナおよびアヘン剤を含んでいる。22,26-31

強い筋肉、強い頭脳

幸いにも、非常に戦い、そのままな鋭い心と優雅に老化することの確率を十分に改善することは可能である。 若々しい頭脳機能の維持を助ける生物同一のホルモンに健康な頭脳の構造を支える栄養素から認識低下を防ぐためにすることができる沢山がある。 意外にも、それは心自体から、筋肉からない始まる。 調査は繰り返し規則的に運動し、健康な重量を維持する彼らのより重いことを、より坐った同等者よりより古い個人が認識低下、穏やかな認識減損(MCI)、およびアルツハイマー病に屈してがまずない示した。34-36

憶病な筋肉固まりは大脳の血の流れの低下に関連する。 緩慢な大脳の血の流れは認識減損のより大きい危険と関連付けられるので、造り、維持の十分な筋肉固まりが健康な大脳の血の流れの維持と一致すること続く。 私達は一度練習が大脳の血の流れを高めることを大脳の血の流れがもっとまたはより少なく一定している残るが、私達は頭脳の新陳代謝のスピードをあげることによって最近、多分発見したと仮定した。34,35,37,46,47

必要がある何を知る: 認識機能の維持
必要がある何を知る: 認識機能の維持
  • あなたの頭脳は構造的に 年齢30 には早くも悪化し始める。
  • 維持の若々しい認識機能は老化の重大な挑戦である。
  • 低下のメモリ機能はまた年齢30には早くも始まるかもしれ、頻繁に50年齢後に明白である。
  • 幸いにも、老化の若々しい認知を維持するために事前措置を踏むことは可能である。
  • 健康な体重および体脂肪のパーセントを維持することは健康な頭脳構造および機能の維持を助けるかもしれない。
  • 弱い骨は女性の認識低下とつながった。
  • ホルモン性のバランスは健康な認識機能を促進するかもしれない。
  • 外傷性の脳損傷は公有地けれども認識難しさの見落された原因である。
  • 頭脳への練習の増加の血の流れは健康な睡眠を促進している間認識低下の危険を減らし。
  • それ以上の健康食および余分栄養サポートは認識機能を高める。
  • ページ
  • 1
  • 2