生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2011年11月
私達がそれを見るように

破局的な でき事の 回避

ウィリアムFaloon著
ウィリアムFaloon
ウィリアムFaloon

私達がこの頃は尋ねられる質問はあるだれが 健康に残るために異常なステップをか」。踏むか死ぬ、「どんな原因の人々

私達の応答は多くの場合それ、そこにである 死で絶頂に達する退化的な変更の滝を発火させる1つの沈殿の破局的なでき事である。

古典的な例は骨折を支える別の方法で合われた年配の 個人である。 移動性の外傷、全身の発火、損失、病院の拘束および心理圧力の組合せは現れる比較的短い時間の犠牲者を殺すことを共謀する複数の病気で起因できる。

破局的なでき事は事故に決して限られない。 血の流れの一時的な損失の外科外傷か影響はまた老化人が決して回復しない下りの螺線形を始めることができる。

大動脈狭窄症は 老化の 個人を 打つがでしたり、1999年。1,2でもたらされた補足によって妨害されるかもしれない 破局的なでき事

それは確かに知るには余りにも早いが大動脈弁の石灰化を防ぐか どんな メンバーがアテローム性動脈硬化および骨の 損失 から また保護するために 既に するか という刺激的な 証拠がある。3,4

大動脈弁

血は左心室からのボディを養うために中心を 出る。 各心拍によって、 大動脈弁は (血を放つため)開き、左心室が肺で新しい酸化された血で満ちることを可能にするために閉まる。

大動脈狭窄症では、大動脈弁は十分に狭くなり、開かない。 結果は必死に圧縮した大動脈弁を通して血を解雇することを試みるので左の心室拡大するである。 外科的に扱われなくて、大動脈弁はどちらか狭くされた大動脈弁に血を押通すために左心室がより懸命に絞らなければならないこと に応じて悪化する と同時に血が中心を出ることができないまたは鬱血性心不全は置くかもしれないほど堅く圧迫するかもしれない。

破局的なでき事の回避

大動脈狭窄症の場合には、破局的な生命にかかわるでき事はから出る短期または長期の 副作用を加える ことができる)抗凝固薬の薬剤ように きちんと使用されなくて ゆっくり人の毒するワルファリン5-8外科外傷(ことができ。 大動脈弁の取り替えはまたワルファリンとの打撃の危険を高める。9-11

認可された療法は高度の大動脈狭窄症を逆転させる外科以外 ない。 多くの医者および彼らの患者は勇敢に大動脈弁を圧迫するカルシウム沈殿物を取除き試みたが、損った。 この 潜在的で破局的な病気の防止はこうして重大である。

大動脈狭窄症の流行

年齢 65 にわたる人々の2-9%が 大動脈 狭窄症と診断される間、年齢 85 にそれらの12 48%に 左の心室の圧縮 なしに弁 石灰化 そして厚化である 大動脈の 硬化がある。13

大動脈の 硬化は 大動脈狭窄症として 最終的に 診断される終局の圧縮(中心からの血の流れの妨害)のための 前駆物質と して考慮される 大動脈の硬化とのそれらのほとんどは別の病気に率直な狭窄症が明示する前に屈する。

歴史的に見ると、大動脈狭窄症の ほとんどの場合は 老化の「消耗に」起因すると考えられた。この 認識が変えている14。

外科的処置が特定の危険 である とき 大動脈弁の 石灰化そして厚化から保護するためにステップを 踏んで かなりより古い年の狭窄症の危険を減らすと期待されなさい。

何により大動脈の石灰化を引き起こすか。

カルシウムは で常に循環している。 私達の体はすばらしい長さに非常に狭い範囲のカルシウム血レベルを維持することを行く。 あまりまたはほんのわずかの血カルシウムは必ず致命的である。15,16

私達の動脈 および 心臓弁を並べることは 循環の血 カルシウムは (石灰化する)私達のvasculatureを浸透させる かどうか 調整する蛋白質である。 このカルシウム調整蛋白質の名前はマトリックスの ガンマcarboxyglutamic酸である。 この舌より手を再度繰り返さなければならないことを避けるためには私達はMGPとして今後は参照する それを。

MGPは 管の壁で総合され、管の石灰化の調整の 重要な役割を担う。MGPが 管の石灰化を可能にするか、または 禁じる かどうか7,17-19カルボキシル化の状態によって 決まる。 MGPがある とき- carboxylated、管の石灰化は自発的に起こる。MGPは 十分にcarboxylated とき 18,20、管の石灰化の 有効な 抑制剤として作用する。21-23

何により大動脈の石灰化を引き起こすか。

MGPのカルボキシル化はビタミンKに依存している 実際、MGPはビタミンK依存した蛋白質 として 十分なビタミンK なしで石灰化 に対して保護 できないので 分類される。1,24,25

全身の石灰化の伝染病

老化させた人口では、 管の石灰化は いたるところにある。 死体解剖のレポートは人の 75-95% および女性が管の石灰化のある程度に苦しむことを示す。26

石灰化が 私達の 体中の柔らかいティッシュに、腎臓、肺、中心および頭脳を含んで起こるので、この石灰化の伝染病はその「破局的なでき事」を避けるように努めるそれらに大きな関心事沈殿物致命的な下りの螺線形である。27,28

それはビタミンKの不足の訂正によって防ぐことができるので私達が管の石灰化から保護するために 未来の進歩の発見に依存していない こと 幸運 である29-32

  • ページ
  • 1
  • 2