生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2011年5月
私達がそれを見るように

私の最近の人生の変更のでき事

ウィリアムFaloon著
ウィリアムFaloon
ウィリアムFaloon

私はこのコラムを読む皆作成個人的な生活様式の変更で起因した粗い実世界のでき事を経験したことを疑う。

最愛の人を恐しい病気がもとで苦しみ、死に見る、同じ運命に出会うあなたの危険を減らすためにプログラムの開始によって答えることができる。

それ以外の場合、予防可能のの犠牲者でしたり病気および繰り返すそれの確率を最小にするためにあなたの生命をその後向きを変える。

私は短時間の病院に私を置いた個人的な恐怖が最近あった。 しかしそれは十分に私をある主要な生活様式の変更を行なうには恐怖に陥れた。 私は病院の設定に病気の恐れからこれ、制限のまた悲惨さをだけでなく、した。

言語道断な病院の愚かさ

この雑誌の8月2006日問題では、私達は出版した「薬による死 よばれた詳細な記事を」。と記事が 慣習的な薬が数十万人のアメリカ人を毎年殺すことを示す思いがけない統計量を報告したこと1、それに一流の死因を米国のする。2,3

私達の多数は家族医学の設定の深刻で不利なでき事に出会った友人のか知っている。 ほとんどの場合しかし病院加えられた死は無力に管理された病院のプロシージャの実質の被告人に対して死因をリストする医者によって扱っていた 病気 ように隠される。

複数の例では、生命Extension® の私達は 死亡証明書の改まるために強制に医者が彼らの自身の間違い以外何かとして不正に死因をリストするのでかかわった。 私達はそれらが託す多数の間違いに関する慣習的な薬によって建つ詐欺の壁を壊すのを助けるようにこれをする。

私の試練は始まる…

はじめて私の生命に、私は幾分厳しい胸痛を開発した。 私は最初はこれを真剣に取らなかったが、その後まもなくEKG (心電図)のための私のローカル医者を訪問した。

あなたの生物的年齢を逆転させるために私達がしている何

私の驚きに、EKGは私が冠状動脈の妨害に苦しみ、心臓発作を持っていることをかもしれないことを示した生じる。 医者は私が傷つけられたとき中心によって解放されるタイプの蛋白質である、troponinのようなマーカーを 測定する 血液検査を得るローカル緊急治療室に行くことを提案した。 心筋 への損傷が あればクレアチンのキナーゼのようなTroponinそして酵素は血で上がる。

病院はこれらの血液検査を行い、それらを得ることを私がERになぜ行かなければならなかったかである1時間に結果を持つことができる。 病院は別のEKGをし、コンピュータ化された読書は意味する ありそうで激しい心筋梗塞を 示した、私は心臓発作に苦しむかもしれないことを考えたことを。

そうここに私はEKGの読書との幾分強い胸痛に苦しんでいた提案して私は心臓発作があっていた。 もどって来るためにtroponin/クレアチンのキナーゼ血液検査の結果を待っているその時間の間にたくさん私の心によって行った。 私は私が私の初期に消費したatherogenic食事療法について私が健康な食糧への現実的なアクセスを持たなかったので考えた。 胸部の放射の巨大な量私は若年時にに不必要に私がより遅い年の私の幹線システムをよい大事にしたのに冠状アテローム性動脈硬化を引き起こすことができる要因として私の心でまた重量を量られてさらされた。

troponinの血液検査が陰性もどって来たときに私が心筋の損傷を支えなかったことを示す安堵感があった。 しかしERの医者はtroponinのレベルが常にすぐに上がらないこと、そして私がフォローアップのtroponinの血液検査を後で8のそして16時間必要としたことそれを明確にさせた。 即時の(STAT)基礎でできていたこれらのテストを持っている唯一の方法は「病院に」是認されることだった。

私はよりもむしろ死んだこと強い胸痛拘束にもかかわらず病院に病院をそれほど降伏する憎んだ以前何人かの華麗な専門医の私の友人をリコールした。 私の友人がように病院の拘束はあると悪い、苦しむ致命的な心臓発作よりよかった。

ソビエト連邦の日へ戻ることのように

ソビエト連邦の日へ戻ることのように

古いソビエト連邦はなぜ倒れたか記述する単語があれば、「非能率であるかもしれない」。 ソビエト日に、中央ロシアの政府は経済のあらゆる面を制御し、結果は並ぶものがない 大きさ の非能率だった。

私は私達の生命延長 が持って来た私に私のラップトップ コンピュータを治療する現代日の病院の固有の非能率について病院の職員が「入場」プロセスによって失敗する間、私が生産的に私の時間を占めることができるのは知りからである満足していた。

それはER移るべき時間の非道な数をから病室に取ったが、この雑誌の次の版は編集すること書き、だった、従って待ち時間は厄介ではなかったもののために私は自分自身を忙しく占められた記事を保った。

ERの医者は病院が私の状態が悪化したら夜中の私を監視する心臓学医を割り当てると私に約束した。 私はとき私がなかった規定されると期待した 薬物が いわゆる心臓学医の能力に質問し確信していた。 私はいわゆる心臓学医が私が特定の薬物をなぜ主張したか理解しなかったようではないときにさらにもっと気遣ううようになった。 私は私を監督するために病院が心臓学医の代りに間違って 一般医師を 呼んだこと 翌日を調べた。

遅らせられた薬物

遅らせられた薬物

私は6:00 PMのまわりにERの 医者に 私がある特定の中心の薬物を必要とした、彼は言った最初の日を言い病院の薬学から発注されたことを。 夜私が まだ要求した薬剤が着いてしまわなかった11:00 PM。

看護婦が最終的にそれらを持って来たときに、一部は間違った物だった。 薬剤が混合されたたびに私が安全に私が要求していたことを取ることができることを確認するために、想定された心臓学医は電話されなければならなかった。 幸いにも、一般医師は私の要求に同意し、私がそれらを必要とした後私は最終的に 私の meds-six時間を得た!

真夜中で、それらは別のEKGをし、結果は同じのすなわち、可能で激しい心筋梗塞もどって来た。 私の胸痛はまだ厳しかったが、苦痛がイブプロフェンかアスピリンに応じて朝早くおさまったことを私はリコールした。 私は実際に冠状動脈の妨害に苦しんだらそれを、そのイブプロフェン軽減しない苦痛を知っていた。 私は再度いわゆる心臓学医を電話し、イブプロフェンの大量服用(800 mg)を頼んだ。 それは最終的に着き、1時間以内に私は苦痛なしの箱だった。

不眠夜

睡眠は免疫機能の維持にとってとても重要である、けれども多くの人々はそれを病院の設定で眠ること不可能見つける。 私は病院用ベッドで眠ることができない人の1才である。

私は全くこれが私はあったものがなら冠状妨害を防ぐために私がかもしれないものをに反映する長い夜をした過ごした。

新しい調査はより多くの病院の間違いのより前に考えた覆いを取る

私は私の前の血液検査の読書および予防の介在から私が冠動脈疾患のための危険度が低いにあったこと知っていた。 けれども私は私の最後のLDLの読書が101のmg/dLであり、 私が知っていた という 事実に住んだ80の下で理想的に保たれる べきであることを。 私はまたそれが8 µmol/L. の下で あるべきであるのに、 11 µmol/L上の遺伝的に高いホモシステインのレベルに、 普通 苦しむ。

私は最適の範囲で私の心臓マーカーを保つために多くの栄養素、薬剤およびホルモンを取るが半分の線量ただ余りにも多くの気晴らしのために取られた幾日をリコールした。 私はひとつひとつの栄養素、薬剤およびホルモンIを取る時間があるために他の活動を省略する不眠夜は毎日毎日必要とした誓約をした。 私は私が 広範囲プログラムに続き損ったので広範囲プログラムが私失敗するに続くので血管疾患と診断されれば、私知りたいと思う自分自身に言った、よりもむしろあることを。

私は私はそれを抑制するための私の努力を倍増すること1つの他のマーカーのわずかな高度が(LDLのような)あったらその他すべての心臓危険のマーカーが完全でも自分自身にそれを約束した。

翌朝

私は心臓学医として彼女を混同する病院を謝った一般医師によって朝早く挨拶された。 私は私が要求した薬物を規定するために彼女がそれらがほしいと思うための私の理論的根拠をよく知られていなかったのに彼女に感謝した。 彼女は私が割り当てられるために仮定された心臓学医が私をやがて訪問することを私に言った。

30分以内に、心臓学医は着き、彼の機能との私に印象づけた。 高線量のイブプロフェンが完全に胸痛を抑制したので私は冠状動脈の妨害を持たなかったこと私が私の仮説を説明したときに、彼は私が心筋を囲む 袋の 発火であるpericarditisにおそらく苦しんでいたこと同意した。 それは深刻に聞こえるが、炎症抑制薬剤と治療可能である。 それは頻繁にウイルスか未知の要因によって引き起こされる。

心臓学医は私の特定EKGの読書が2つの事の1つを意味したことを説明した。 どちらか私は私が話すことの上に坐らせないか、または私はpericarditisがあった非常に厳しい心臓発作に苦しんでいた。 私が他の徴候に苦しまなかったので、心臓学医は彼が病院のより多くのテストを発注するように、そして私が別の夜をとどまるべきであるように私に言った。

私はより多くのテストにテストが完了したらすぐ私がボルトで固定すること同意したが、それを明確にさせた。 彼は私に「医師の忠告」に対する日ようにそれに対して強く警告されて病院を去ることを定義し。 私は睡眠のもう一つの夜が不整脈(pericarditisによってある状況では引き起こすことができる) 中心のリズムののわずかな危険より危なくなかった妨害こと答えた。

長い日

echocardiogramはその朝に行われた早かった。 私は医者が発注した、彼はMRIで代りに妥協したX線体軸断層撮影を拒絶し。 私はX線体軸断層撮影の拒絶で出す癌もたらす放射のハイ レベルのために不必要なX線体軸断層撮影を拒否するために患者の増加する数が生命延長の助言に注意するようであるように、あらゆる押し戻す得なかった。

MRIは昼下がりされるべきであるが別のコミュニケーション間違いはそれを夜分まで遅らせた。 MRIのスタッフはMRIがpericardititisを診断できる間、それ 肺塞栓症を除外しない私の承認がほしいと思った。 私は肺塞栓症にMRI すぐに進むためにかかわっていないように私の看護婦に言い。 看護婦はMRIのスタッフにこれを言うことを忘れていた。

MRIのスタッフは看護婦がそれらを呼ぶことができるように待ち時間をだけする日のほとんどを使った。 私が病院の拘束を脱出して心配したのでMRIのスタッフが診断を行って準備ができているときに看護婦に尋ねている私は日のほとんどを使った。 私は冗談に私に別の夜をとどまらせる病院が計画的にMRIテストをちょうど遅らせるように人々に言った。

それは8:00 PMの後まで 私は MRIがほしいと思ったかどうか調べるためにMRIのスタッフが看護婦を電話したことなかった。 午後の看護婦の失敗は余分 6時間のまわりに 待っているMRIのスタッフおよび私—典型的な病院の非能率 で1つの電話をかける起因した。 私によっては10:00 PMのまわりに最終的に病院の拘束の 悲惨さが夜 私の見通しからの懲役の約31の総時間に一致したそれ脱出した。

翌朝

ヘルスケアの費用が不必要に米国をなぜ破産させているか露出するたくさんの記事を書いて、私は禁則の費用の結果が平凡に悲惨な結果と結合した病院の 非能率の 覆いを取るには私が十分をしなかったことを意識した。

新しい調査はより多くの病院の間違いのより前に考えた覆いを取る

百科事典は病院の設定で定期的に生じる間違いについて書くことができる。

外科の同業者審査されたジャーナル アーカイブで出版された 最近の調査は 間違った足を切断するか、または間違った患者から器官を取除くこととして医者および外科医7によって全く考えられない間違いの—そのような物覆いを取った。

6.5年25回一定期間に渡ってコロラド州の医者が間違った患者少なくともともう一人の107人の患者の間違った体の部位でいかに作動したか明らかにされるこの調査。 これらの深刻な間違いがまれなオーバーオールであるが、調査で見られた数は前の 見積もりより「かなり 高かった」。

覆いを取られるこの調査の鉛の研究者に従って、外科間違いはおそらく「氷山の一角」であり、忍耐強く、外科場所の実際の数は本当らしい大いにより高い組合せ持ち上げる。

コロラド州の約6,000人の医者に医療過誤保険を提供する会社が維持する医学の間違いのデータベースからの27,000の記録に分析されるこの特定の調査。 このデータベースは事件を報告している医者自身に頼った。 間違いは忍耐強い医療記録、X線およびバイオプシーのサンプルを混合することを含んで範囲によってのスリップ持ち上げる、引き起こされた。 間違いすべては伝達不備の形態に戻ってたどる ことができる。

間違場所の間違いのある例は間違った卵巣を取除くか、または間違った器官を照射することが含まれていた。 具体的には、病理学実験室のティッシュの標本のサンプルの組合せは3つの明瞭な場合の健康な患者の不必要なprostatectomy (前立腺の取り外し)をもたらした6つの機会に起こった。 医者はサンプルを混合し、癌のない 患者は不必要で根本的な prostatectomies ( 寿命の複雑化の頻繁の苦痛な外科)があった。

調査は間違いの3分の1が患者のための長期否定的な結果を(を含む死)もたらしたことを示した。

病院得られた伝染からの保護

病院の拘束は時々抗生物質抵抗力がある細菌感染を引き締める高められた危険--に1つをさらす。 数人が理解するものは伝染性の細菌が病院から常に出ないことである。 のは頻繁にあなたに既にあるがでしたり、あなたの健康な免疫組織によって抑えられる細菌。

多くの場合、 ぶどう状球菌 (ぶどう球菌)細菌によって呼ばれる S. aureus あなたの鼻道に居住し、病院が是認した上でmupirocinと呼ばれる抗菌プロダクトとの この 区域を拭けばS. aureusの鼻の植民地化から起こる伝染を開発するあなたの危険は著しく減る。

私が病院に是認された後、私はこれらの 伝染は 患者の自身の細菌 汚染によって引き起こされた ことを病院で得られるぶどう球菌の伝染の80%は内生である、従って意味することを 示した 3つの調査を参照したニューイングランドの医療ジャーナルで出版された2010レポートをリコールした(1959年、2001年、および2004年に出版される)。 この調査はことを示したほぼ60%。4減らされたら 患者の 鼻道が5日間、クロルヘキシジン ボディ 洗浄 と結合されて毎日二度適用された、mupirocinとぶどう球菌の伝染の 危険非植民地化されたら

私は防腐性の鼻の綿棒について私の看護婦に尋ね、応答は「私達するそれだった」、しかし彼を決して私にそれをすることを戻らなかった。 これは。、ソビエト-連合-様式扱すなわちあったか私の要求の何だった。

生命延長 の私達は 今強く不十分なビタミンD (与えられる日光 露出無しおよび 補足無しによる)、睡眠(慢性の病院の職員の妨害 による) 、および栄養物の欠損の欠乏の致命的な組合せが (微量栄養減らされた 食糧およびstressinducing動揺による)細菌を抑制するために送った彼らの自身のボディを必要な免疫機能の入院させた患者を奪うことを共謀することを信じる。

患者の免疫機能が標準的な病院練習によって妥協されれば何 によって 衛生プロシージャを施設が行うか重要ではない。 ほとんどの病院がそれに注意を払わないと同時に長期間にわたって入院するだれでも免疫機能を維持する強引な手段を取るべきである。 少くとも、あらゆる入院させた患者はすぐに25-hydroxyvitamin D.の 50 ng/mL上のの最適の血レベルを達成する 十分な ビタミンDを 与えられるべきである。

いくつかの調査はそれを病院限られた患者 のために 必要にさせる ビタミンDの 有効な抗菌効果を確認する。5,6

バランスの殴打

同時に私達はこれらの恐しい外科間違いで報告する、病院が何百万の生命を毎年救う固有の非能率および無能力にもかかわらずこと認めることは重要である。

私によってがに行った病院は中型の町に私が大きい都市巨獣で観察した何をずっとよりよいサービスよりあり。 私は私が彼らを作った少数の間違いを感知するのとこの同じ病院に他の施設が持つかもしれないより必要であれば戻る。

そう 多くの病院の間違いの 覆いを取った外科調査のアーカイブでは、 これらの危険を切ることができるこれらの種類をの防ぐことへの7つの実用的なアプローチは提案されたそうそこにであるこれらのタイプの大災害が将来防ぐことができるという希望組合せ持ち上げる。

私は最終的に運動を始めた

私は最終的に運動を始めた

私はあなたがたの多くが身体活動を楽しみ、重い試しか有酸素運動に応じて素晴らしいエンドルフィン解放に仕返しをすることを知っている。 私は反対の部門に分類される人の1才である。 私は絶対に種類の規則的な練習をひどく嫌い、それから喜びにものは何でも得る。

私がどんな読むたくさんの身体活動の利点についての肯定的な調査がしなかったかすることに成功した病院の設定で経たいら立たしい経験。 私がであるリコール総体の無能力運動したいと思わないし、非能率が私の短い病院の訪問の間に表わした時私がしなければならないすべて。

1つの恐れは私が何かを冠状動脈バイパスまたはステントの要求されてプロシージャは最初に右の医者を見つける常識がなかった病院の職員に振り回され、私あること傷ついて真剣にもらったらことである。

医学の確立に依存している私の存在の思考は十分に驚くべき好気性の30分のために場所をであり空けるために私の社会的なスケジュールを調節するには(私のヒップおよび前立腺への損傷を最小にするためにの斜めに坐る)数倍を週およびロットのより規則的な活動自転車に乗る。

生命延長病院を確立する私達の早い試み
生命延長病院を確立する私達の早い試み

生命延長 Magazine®の 5月 1998日問題では、 私達は根本的に政治よりもむしろ科学に基づいて病気を扱う 病院の 確立によって治療の効力を改善することを提案した。

私達は主流の薬がに遅れずについていくことができる薬の練習の科学的な調査結果をより速く適用する必要性があるより情報がより速いペースで拡大していることに注意し。 私達はこの固執が患者に寄与するのに革新的な処置が使用されているペースをいかに遅らせるかほとんどの医者が新しい考えの受諾について持っている抵抗を論議し。 私達はまた革新的な医学療法の供給の妨害で食品医薬品局のような薬品会社そして統制機関の役割を論議した。

私達が提案した解決は最も最近の科学的な 進歩を直接、 政府、民間産業および過度に保守的な医者の干渉なしで患者に使用できるようにする生命延長医療センターの作成だった。 生命延長基礎の長年の方針に応じて、生命延長医療センターは確立された同業者審査された医学ジャーナルで出版された固体研究にだけ基づいて処置を提供する。

(確立し、)防御のための最初の首都は$5,000,000であるために非常に革新的な医療センターを推定された。 私達は 受諾可能な経営計画 の提示に非常に生命延長医療センターに投資するか、または貢献することを考慮したら生命延長Foundation®のメンバーに尋ねた。 私達は民間投資家からのもう$4.5 百万を上げる 責任と$2.3百万上の のしっかりした 帖当があった。

この意欲的な提案のそれ以上の評価の後で、私達は医者の免許証を取り消す州の認可板の力が私達が必要とした有能なスタッフを保てない私達で起因することに感じた。 私達は知っていて従って私達が成功していたかどうか私達に患者を連れ去られる専門免許証を取り除くのに慣習的な病院が認可板を使用するように努めることこの記念碑的なプロジェクトを始めるための基礎だった高口径の処置を提供する私達の機能を不具にする。

私達はそれは生命延長病院設備をその当時始めることは実行可能ではなかったこと 財政の帖当を 作ったメンバーを知らせた。