生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2011年5月
レポート

力のブスターはまた長寿のブスターである場合もあるか。

Matilde Parente著、MD
力のブスターはまた長寿のブスターである場合もあるか。

幾年もの間、適性の熱狂者は筋肉 強さおよび性能を 後押しするのに分岐させたチェーン アミノ酸を使用した。1-3

新しい研究は長寿の熱狂者が また 栄養の養生法にそれらをなぜ組み込むかもしれないか示す。

最近尊重された臨床ジャーナル細胞の新陳代謝4で 出版される調査は 分岐させたチェーン アミノ酸(BCAAs )にミトコンドリアの生物発生—新しいmitochondriaことをの自然発生--を引き起こすことによって一部には 寿命を増加する力があることを明らかにする。

この記事では、この調査の結果は詳しい。 BCAAsはpyrroloquinolineの両方キノン(PQQ)およびresveratrol の寿命の効果を 補足する かもしれない。5-7

具体的には、BCAAsは親長寿の遺伝子のまたupregulating表現がそのresveratrol目標とする間、 ミトコンドリア数および機能を高める細胞メカニズムを誘発するかもしれない: sirtuin-1!1,6,7

生命および長寿のブロック

細胞新陳代謝を運転するエンジンおよび生命の基礎として、 アミノ酸は すべての蛋白質のための ブロック である。

生命および長寿のブロック

3必要な 分岐させたチェーン アミノ酸は ロイシン 、イソロイシンおよび バリン である。 他の簡単なアミノ酸と協力して、BCAAsは骨格および心臓musculatureからの人生の支える酵素の広大な宇宙に人間生理学の構造基礎を、形作る機能蛋白質から成り立つ。 総筋肉固まりが体重の約40%を占める人間では、BCAAsはすべての筋肉蛋白質よりほぼ五番目を構成する。1

陸標の細胞の 新陳代謝の調査 では寿命を後押しする潜在性を探検することを、科学者のチームはBCAAsの新陳代謝の効果を越えて行った。4つは BCAAsのロイシン、イソロイシンおよびバリンがイースト種Saccharomyces Cerevisiaeの生命を延長したことを示す前の調査にこの努力 基づいていた。8

ジウゼッペD'Antona鉛の研究者および彼のチームはオスの鼠にBCAA富ませた飲料水を含んでいた食事療法に与えた。BCAAsを 摂取している4匹のマウスは未処理制御 のための774 日からの処置のグループ869日に中央の寿命の12%の増加を経験した。 扱われた未処理動物間の滋養分、体重および体脂肪の内容に重要な相違がなかったので、著者はBCAA富ませたグループで見られた増加された寿命が減らされた体脂肪しかしむしろBCAAs自身の機能ではなかったことを結論を出した。

それは更に高められた長寿を楽しんでいるマウスはSIRT1のハイ レベルがあったこと 4つをsirtuins の哺乳類の形態 、最終的に 種類の範囲を渡る高められた長寿につながった遺伝子のサブセット発見された。6,7,9

BCAA扱われたマウスはまた多くの有機体で特定の反応酸素種(細胞および体性( ボディ)老化と関連付けられるROS の有害な影響を4鈍くするほ乳類を含む遺伝の防衛システムのupregulationを表わした。

BCAA与えられたグループは心筋の細胞の細胞精力的な出力の特定のマーカー を通って 測定されるように更に 新しいミトコンドリアの形成4またはミトコンドリアの 生物発生の 線量依存した応答を、経験した。

独特な、全身の利点

練習は更にBCAAsによって引き起こされたミトコンドリア機能を高めるために示されていた。4 訓練した、それらのティッシュが電子顕微鏡検査によって検査されたときにマウスに中心および骨格筋のmitochondriaのすばらしい量を表わしたBCAA与えられる。 BCAAsの処置はまた練習訓練された動物のすばらしい程度に見られる運動神経のテストで示したトレッドミル テストおよびよりよい性能のより大きい持久力のスコアを分かれる。1

D'Antona's先生の調査は特定の突然変異を運ぶマウスの第2グループを含んでいた。 これらの突然変異体のマウスは血管の弛緩および規則によって呼ばれるendothelial一酸化窒素のシンターゼまたはeNOS にかかわる主 酵素に 欠けている。4 eNOSなしで、マウスは先に死に、新陳代謝シンドロームに苦しんでいる人間と同じような心循環器疾患および他の年齢関連の 病理学を開発する。 eNOSの酵素に欠けている10匹のマウスは 長い寿命の同じ利点を経験しなかったり、BCAAsの処置に応じてSIRT1の新しいmitochondria、高められた表現、またはROSに対する高められた防衛を形作る能力を改善しなかった。4

これは研究者を健康なeNOSの活動がまたBCAAsの親長寿の行為、ミトコンドリアの生物発生および減らされた酸化圧力の重要な役割を担うことを結論するために導いた。4

独特な、全身の利点

摂取されて、食餌療法のBCAAsは特定の酵素のグループ運ばれ、新陳代謝する。 作る何がアミノ酸間で独特なBCAAsはレバーで 破壊されないことである。 その代り、それらは血流に入り、 骨格筋に直接吸収される。11 そこにそれらはmitochondriaとして知られている細胞発電所 人体のすべての精力的な出力の90%上のの源に入る。1

 練習は更にBCAAsによって引き起こされたミトコンドリア機能を高めるために示されていた。

BCAAsは蛋白質の統合に中央代謝過程上の深遠な影響を出す。 ロイシンはまた蛋白質形成に於いての特に重要な役割および蛋白質新陳代謝の規則をするようである。 血流および骨格筋のこれらの例外的な行為を検査した12の人間の調査は疲労からの筋肉回復または強さの訓練のような集中的な身体活動に於いてのBCAAsのための役割を指す。1,2は スポーツの栄養物の国際的な社会 のジャーナルで出版された2010検討 BCAAsの力を筋肉蛋白質の建物をささえ、個人に運動させるための主な利点として疲労の手始めを遅らせる引用した。3つは また性能の増強物としてペーパーBCAAsの可能な有効性に注意した。

最近確認された親長寿およびmitochondria発生の効果に加えて、老化の多数の不治の病の戦いのBCAAsショーの約束。

必要がある何を知る: 分岐させたチェーン アミノ酸およびカロリーの制限
  • 分岐させたチェーン アミノ酸およびカロリーの制限
    3分岐させたチェーン アミノ酸ロイシン、イソロイシンおよびバリンはボディによって作ることができないし、食事療法で消費されなければならない必要な栄養素である。
  • BCAAsはレバーによって新陳代謝しないが、代りに彼らが筋肉によって直接とられ、筋肉エネルギー、修理、または建物のために使用される血流に入る。
  • マウスおよびより低い生命体の調査はBCAAsが長寿を拡張でき、mTORと細道を共有するかもしれないことを示す。 最近のマウスの調査はまたBCAAsが新しいmitochondriaの拡散を高める燃料またはシグナリング能力を提供するかもしれないことを分ることことがより健康な老化のための把握約束示した。
  • BCAAsの管理はまた有害な酸化の分子に対して細胞防衛メカニズムをささえるようである。
  • BCAAsはまた支持のインシュリンの感受性で約束を示し、老化の筋肉固まりを維持し、健康な神経系機能を支える。

人間の試験は34の年配の糖尿病性の主題の調査で証明されたように必須アミノ酸の摂取の好ましい効果を、BCAAsを含んで、年以上のテスト期間のインシュリンの感受性そして血ブドウ糖制御に対する、明らかにする。 BCAAが豊富なアミノ酸の混合物は血糖の新陳代謝の多数の変数を、不完全に管理された糖尿病を持つ高齢者のこのグループのヘモグロビンA1cを含む、改善した。13

分岐させたチェーン アミノ酸およびカロリーの制限

BCAA富ませたアミノ酸の混合物はまた処置の間に筋肉固まりを得た年配の人間の題材でsarcopeniaとして知られている筋肉無駄になる条件を改善するための約束を示した。14は 見つけるこれdebilitationおよび筋肉損失によって特徴付けられる他の条件のBCAAsの使用のための重要な含意を保持する。

BCAAsが脳組織のグルタミン酸塩そして神経伝達物質のガンマ アミノ酪酸(GABA)の 形成そして維持に かかわるので、研究者は信じる健康な神経系機能のことを支持の役割を担うかもしれないことを。 動物モデルの調査に口頭BCAAの管理が認識性能のことを改善によって外傷性の脳損傷の散々な結果を改善できるというを約束が示されていてある。15

生物的機能へのキー: mTOR

規定する蛋白質の mTORは 細胞の成長および蛋白質の統合また細胞の存続にだけでなく、影響を及ぼす。 mTORはエネルギーおよびホルモンの細胞栄養の状態そしてレベルに関するボディから入力を受け取るインシュリンを含むエネルギーおよび栄養素センサーとして機能する。 エネルギー供給の、カロリー摂取量を含んで感知によって、mTORの活動は時々空腹抑制する活動のためのanorecticホルモンと呼ばれるホルモンのレプチンとのmTORの相互作用によって空腹(satiety)および一部 には十分 の感覚を、引き起こすことによって熱の消費の支配を助ける。16

減らされた滋養分と次々と関連付けられた視床下部として知られていた頭脳の地域でmTORシグナリングの増加を示されている彼らの 中枢神経系 へのBCAAのロイシン管理されたラットの調査。17,18は 視床下部エネルギーに一致させるために機能するまたはエネルギー出力が付いている滋養分は、疲労の体温、睡眠航跡周期および感覚を含む渇きおよび空腹およびバランスの重大な機能を、調整する。 mTORシグナリングの無秩序は肥満と関連付けられる食べすぎるシンドロームへの貢献者として仮定された。18,19

見つけて人間癌の半分についてのそれは異常なmTORシグナリングを新しい癌治療の開発のこの特定の細道を目標とするために促した癌の研究者を 含む。 この区域の興味は200の人間臨床試験上の調査の下で反mTOR療法の第二世代を今もたらしてしまった。20,21

概要

分岐させたチェーン アミノ酸ロイシン、イソロイシンおよびバリンは人間栄養物に必要である。 BCAAsが最大限に活用する筋肉開発および運動性能で首尾よく調査され、適用された間、新しい調査はそれらを生命を拡張し、ミトコンドリア拡散を促進するBCAAsの能力によって細胞傷害の年齢促進を、多分戦うことができる明らかにする。

この記事の科学的なコンテンツの質問があったら、1-866-864-3027で生命Extension®の健康の顧問を呼びなさい。

分岐させたチェーン アミノ酸の他の利点

分岐させたチェーン アミノ酸は広い応用範囲のための潜在的な利点を示す。

  • 分岐させたチェーン アミノ酸の他の利点
    肥満。 BCAAsのより大きい食餌療法取入口は太りすぎまたは肥満であることの減らされた流行と関連付けられる。22 重量を失うために低カロリーの食事を消費している個人の細いティッシュ固まりを維持するために潜在的な分岐させたチェーン アミノ酸のロイシン ショーと補う。23人の 科学者はロイシンの制動機を体脂肪の損失を高めている間活動的な筋肉を変形を伴って保護するの後食事の応答信じる。24
  • 新陳代謝シンドローム。 炭水化物の蛋白質そして穏健派の食事療法の金持ちは新陳代謝シンドロームおよびタイプ2の糖尿病を管理することと減量を促進することで有能である。25 ロイシンは骨格筋によってインシュリン シグナリングおよびブドウ糖の使用の調整によって高蛋白食事療法の効力の重要な役割を担うことができる。
  • 肝臓病。 BCAAsはでき事なしの存続(食道か胃のvaricesの肝不全、破裂、肝臓癌の開発、および死から自由な)および肝硬変の人々の生活環境基準を改善するために報告された。26 研究はBCAAsがオスの患者のグループの慢性のウイルスの肝臓病に伴うインシュリン抵抗性を改善したことを示す。27
  • 蟹座の悪液質。 細いボディ固まり(悪液質)の損失は癌患者の物理的な性能そして生活環境基準を減らす。 癌の悪液質の動物モデルでは、魚油とロイシンで富んだ高蛋白食事療法の組合せはティッシュの損失、改善された筋肉性能を減らし、毎日の活動を正常化した。28人の 科学者はBCAAsがpostoperative圧力、外傷および焼跡を含むティッシュの故障と、関連付けられる多数の条件の有用証明するかもしれないことを信じる。29
  • 筋肉痛み。 練習が2のそして3日筋肉痛みを試しの後の減らした前にBCAAsを消費しなかった個人と比較される消費のBCAAs。30 BCAAsはまた強い試しの間に疲労の感じを減らすために報告された。 訓練の間のBCAAsを摂取することは精力的な練習と他では起こる筋肉損傷および発火の血のマーカーの上昇を減らした。31
参照

1. ハープ奏者AE、ミラーRHのブロックKP。 分岐させたチェーン アミノ酸の新陳代謝。 Nutr AnnuのRev。 1984; 4:409-54.

2. 鋭いCPのピアソンの先生。 高輝度の抵抗の訓練からのアミノ酸の補足そして回復。 Jの強さCond Res。 4月2010日; 24(4): 1125-30。

3. KreiderのRB等ISSNの練習及びスポーツの栄養物の検討: 研究及び推薦。 J Int SocのスポーツNutr。 2月2010日2日; 7: 7。

4. D'Antona G、Ragni M、Cardile Aは、等分岐させたチェーン アミノ酸の補足存続を促進し、中年のマウスの心臓および骨格筋のミトコンドリアの生物発生を支える。 細胞Metab。 10月2010日6日; 12(4): 362-72。

5. Chowanadisai WのBauerlyのKA、Tchaparian E、Wong A、Cortopassi GAのRuckerのRB。 Pyrroloquinolineのキノンはキャンプの応答要素結合蛋白質のリン酸化および高められたPGC-1alphaの表現によってミトコンドリアの生物発生を刺激する。 J Biol Chem。 1月2010日1日; 285(1): 142-52。

6. ケリーG。 sirtuinシステムの検討、食餌療法の活性剤の臨床含意および潜在的な役割はresveratrolを好む: 部1.のAltern MedのRev. 9月2010日; 15(3): 245-63。

7. ケリーGS。 sirtuinシステムの検討、食餌療法の活性剤の臨床含意および潜在的な役割はresveratrolを好む: 部2.のAltern MedのRev. 12月2010日; 15(4): 313-28。

8. AlversのAL、Fishwick LK、木MS、Hu D、チョンHSのDunn WAジュニア、Aris JP。 Autophagyおよびアミノ酸ホメオスタティスはSaccharomyces Cerevisiaeの年代の長寿に要求される。 老化の細胞。 8月2009日; 8(4): 353-69。

9. 旋律C、Auwerx J. Caloricの制限、SIRT1および長寿。 傾向Endocrinol Metab。 9月2009日; 20(7): 325-31。

10. コックS、Hugli O、eNOSの0のマウスの人間の新陳代謝シンドロームXをまねる心血管の危険率のEgli Mの等群がること。 スイス人Med Wkly。 6月2003日28日; 133 (25-26): 360-3。

11. Shimomura Y、山元町Y、Bajotto Gの等骨格筋に対する分岐させたチェーン アミノ酸のNutraceuticalの効果。 J Nutr。 2月2006日; 136(2): 529S-532S.

12. Mero A. Leucineの補足および集中的な訓練。 スポーツMed。 6月1999日; 27(6): 347-58。

13. SolerteのSB、Fioravanti M、Locatelli E、等タイプ2の糖尿病の年配の主題のアミノ酸のサプリメントの長期(60週)ランダム化された調査の間の血ブドウ糖制御そしてインシュリンの感受性の改善。 AM J Cardiol。 6月2008日2日; 101 (11A): 82E-88E.

14. SolerteのSB、Gazzaruso C、Bonacasa Rは、等口頭アミノ酸の混合物との栄養の補足sarcopeniaの年配の主題の全身の細い固まりおよびインシュリンの感受性を高める。 AM J Cardiol。 6月2008日2日; 101 (11A): 69E-77E.

15. Cole JT、Mitala CM、Kundu S、Verma A、Elkind JA、Nissim I、Cohenように。 食餌療法の分岐させたチェーン アミノ酸は傷害誘発の認識減損を改善する。 Proc国民のAcad Sci米国。 1月2010日5日; 107(1): 366-71。

16. Potier M、Darcel N、巻D. Protein、滋養分のアミノ酸および制御。 Curr Opin Clin Nutr Metabの心配。 1月2009日; 12(1): 54-8。

17. 森SC、Seeley RJ、mTORを含むhypothalamicシグナリング ネットワークを通る滋養分のCota D. Regulation。 Nutr AnnuのRev。 2008;28:295-311.

18. Cota D、Proulx KのスミスKA、Kozma SC、トマスG、森SC、Seeley RJ。 Hypothalamic mTORシグナリングは滋養分を調整する。 科学。 5月2006日12日; 312(5775): 927-30。

19. エネルギー・バランスおよび肥満のrapamycinの複合体1 (mTORC1)シグナリングのCota D. Mammalianターゲット。 Physiol Behav。 7月2009日14日; 97(5): 520-4。

20. チャンYJ、Duan Y、Zheng XF。 mTORのキナーゼ範囲を目標とすること: mTORの抑制剤の第二世代。 今日薬剤Discov。 2月2011日16日。

21. で利用できる: www.clinicaltrials.gov。 2011年2月26日アクセスされる。

22. Qin LQ、Xun P、Bujnowski Dは中年の東アジアおよび西部の大人で太りすぎまたは肥満であることのより低い流行と、等より高い分岐させたチェーン アミノ酸の取入口関連付けられる。 J Nutr。 2月2011日; 141(2): 249-54。

23. Jitomir J、Willoughby DS。 hypocaloric食事療法の細い固まりの保持のためのロイシン。 J Medの食糧。 12月2008日; 11(4): 606-9。

24. Devkota Sの素人DK。 肥満の処置に於いての蛋白質の新陳代謝の役割。 Curr Opin Clin Nutr Metabの心配。 7月2010日; 13(4): 403-7。

25. 素人DKの歩行者DA。 肥満および新陳代謝シンドロームの処置のロイシンの潜在的な重要性。 J Nutr。 1月2006日; 136 (1つのSuppl): 319S-23S.

26. Moriwaki H、Shiraki M、福島Hの等肝硬変の患者の分岐させたチェーン アミノ酸の処置の長期結果。 Hepatol Res。 11月2008日; 38 (Hepatologyの単一のトピックの会議のs1The 6日本の社会: 肝不全: 管理への最近の進歩そして病因。 2007年9月28-29日、岩手、日本): S102-S106.

27. 川口町T、Nagao Y、松岡町H、Ide T、Sata M.はチェーン アミノの酸富ませた補足改善する慢性の肝臓病の患者のインシュリン抵抗性を分岐した。 Int J Med Molの。 7月2008日; 22(1): 105-12。

28. van Norren K、Kegler D、Argilés JM、等高蛋白の特定の組合せを用いる食餌療法の補足、ロイシンおよび魚油は腫瘍軸受けcachecticマウスの筋肉機能そして毎日の活動を改善する。 Br Jの蟹座。 3月2009日10日; 100(5): 713-22。

29. サクソフォーンHC、Talamini MA、Fischer JE。 肝臓病、敗血症、外傷および焼跡の分岐させたチェーン アミノ酸の臨床使用。 アーチSurg。 3月1986日; 121(3): 358-66。

30. Shimomura Y、Inaguma A、渡辺S、等ずんぐりとした練習および遅らせ手始め筋肉痛みの前の分岐させたチェーン アミノ酸の補足。 Int JのスポーツNutr Exerc Metab。 6月2010日; 20(3): 236-44。

31. 松本K、Koba T、Hamada K、Sakurai M、Higuchi T、Miyata H.はチェーン アミノ酸の補足集中的なトレーニング プログラムの間に減少させる筋肉痛み、筋肉損傷および発火を分岐した。 JのスポーツMed Physの適性。 12月2009日; 49(4): 424-31。