生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2011年6月
レポート

専有緑茶のエキスは腎臓を保護する

Nathaniel S.W. Luce著
専有緑茶のエキスは腎臓を保護する

26以上,000,000人のアメリカ人は病気多くの慢性の腎臓に外にそれを知っていることに苦しむ。1

早期発見は血のテストの時間につかまえられたら、腎臓の減損の多くの形態がリバーシブルであるので重大 である。

腎臓の損傷が抑えられない進歩する、患者は側面の効果傾向がある薬剤、2,3また更により悪いに 透析の会議週に三回頼らなければならないかもしれない。 腎臓の透析患者は脈管系に多くの悪影響に、特に苦しみ、寿命はかなり短くされる。

2011年 に、研究者のチームは生命Extension®の 緑茶の方式の 緑茶のエキスがゲンタマイシンがあった実験動物の腎臓の損傷を防いだこと 4に末期の 腎不全を含む腎臓への深遠な損傷を、引き起こす 潜在性のための一般に所定の抗生の悪名高いの報告した。

この記事では、強制的な調査結果の結果は緑茶が腎臓の損傷で関係するターゲット多数の要因を得る行為の根本的なメカニズムと共に詳しい。 また年齢関連の条件の範囲を渡る健康をシステムレベルで支え、促進する緑茶の容量の強制的なデータを発見する。

証明された広範囲の保護

緑茶は健康促進の飲み物として千年間の間使用され、エキスは世界中で深刻な科学者によって認識を達成している。5,6 緑茶はepigallocatechin 3没食子酸塩(EGCG)が最高に調査されて、 有利な効果のすばらしい範囲を示したカテキンと呼ばれるポリフェノールの混合物で豊富である。5-7

最近の調査の調査では、フランチェスコMarotta先生およびミラノ、イタリアの老化介在のためのReGeneraの研究グループの同僚は、(を含む 45% EGCG) 98%の ポリフェノールから 成っている生命 延長の その腎臓の損傷から抗生のゲンタマイシンの使用からの結果ラットを保護できれば確認するのに緑茶のエキスを使用するように選んだ。4

証明された広範囲の保護

ゲンタマイシンは尿道および腎臓の伝染を扱うために広く利用されている抗生物質である。 残念ながら、ゲンタマイシンはまた尿が作り出される腎臓の傷つきやすい構造、特に小さいtubulesを損なうために悪名高くなった。 ゲンタマイシンが有害な効果を出す方法の1つは反応酸素種(ROS )の生産の 誘発によって同時に自然な酸化防止防衛を損なっている間行う。 このone-twoの穿孔器は集中させた炎症性変更の開発によって更に複雑になる腎臓のtubulesへの直接損傷で起因する。8

Marottaのグループがだけゲンタマイシンと実験室のラットを扱ったときに腎臓の機能不全および酸化圧力の尿の証拠と共に動物の腎臓のそれらの有害な変更を、正確に見た。 それらの有害な結果の ほとんどを逆転できることを4 しかし彼らがゲンタマイシンの線量と同時に生命延長の緑茶のエキスを管理したときに、彼ら発見した。 早い2011年に示されるMarottaの調査結果は緑茶のエキスが腎臓と他のティッシュの強力な酸化防止および炎症抑制の効果を、出すことを明らかにする初期の作品を確認する。ほとんどの 年齢関連の病気が酸化圧力および発火の組合せを含むので9,10、それは科学に基づく長寿プログラムの重要な部品として緑茶の使用に興味を起こさせられる人々のための強力なニュースであり。

有効な酸化防止および炎症抑制の保護

Marottaの仕事は豊富な保護効果を最大にするのにEGCGで高浄化されたエキスを使用する価値そして重要性を、強調する。 新しい調査は出版され続け、酸化圧力および発火の影響を減らすためにEGCGが多数ターゲットで機能するという重要な事実を確認する。 それは化学構造の結果として直接遊離基を掃除する。11,12 緑茶のEGCGはまた間接的にグルタチオンに集中する普通細胞およびmitochondriaの酸化圧力の量を緩衝するそれらのような細胞酸化防止システムのレベルを、後押しする。4,9

緑茶のエキスの1つの主な利点はそれらが多数の前部の発火を抑制することである。 それらは発火によって呼ばれる核要因kappaB (NF kb)の「マスター スイッチ」の抑制によって一部には炎症性 cytokinesの 生産を、減らす。10,13,14 効果が炎症性結果は始め、癌を促進することを防ぐために助けることができる。14 EGCGはまた免疫組織の細胞、それ以上に仲介する炎症抑制の効果の発火禁止の生化学プロセスを回す。15

有効な酸化防止および炎症抑制の保護

緑茶のエキスはいわゆる「後成の」効果の多くを出す、従って有利な遺伝子の表現を促進し、有害な効果とのそれらの多数を抑制することを意味する。16,17は 、人間 の血しょう酸化防止 活動 のEGCGが豊富な緑茶のエキスの農産物の急流の増加高浄化した。EGCG のエキスは緑茶を単に飲むこと上の利点があるかもしれない乾燥した粉の形態で大いに もっと容易に より吸収されるので18,19緑茶の飲料からある。18,20

人間の老化のそう多くの重要なターゲットで動作によって、緑茶および多数の部品は多数の退化的な病気に対して保護の広いスペクトルを提供する。

蟹座

今日私達は、タイプにもかかわらず、多段式プロセスの結果であるために癌を理解する。 蟹座の開始は毒素、放射、または病原菌によって早いDNAの損傷か修正を含む。 細胞増殖を調整する遺伝子の突然変異原の蓄積は下にあるintiatingでき事である。 蟹座の昇進は頻繁に炎症性要因を含む内部要因の結果として、起こる。 腫瘍が育ち始めれば周囲のマトリックスをangiogenesisが呼ばれるによってプロセスの新しい血管の発生「溶かす」酵素の分泌によってティッシュに侵入し。 最後に、癌はそれらを助ける自身の付着の分子を分泌する悪性の細胞の小さい束を見つける元の第一次場所から遠い新しい腫瘍を確立するための肥沃な土地を取除いたときに増加し、広がる。

私達は今私達がこれらのステップのそれぞれに介入してもいい緑茶のポリフェノール、特にEGCGは、殆んどに対して活発であることがわかり。癌が 治りにくいので21多くの興味は緑茶のエキスがchemopreventionを提供できる癌を停止する方法に臨床的に明白になるずっと前に焦点を合わせる。22

緑茶のエキスは酸化防止特性を通してDNAの損傷を防ぎ、新しい細胞に送信される前にまた損傷を修繕するために生得DNA修理メカニズムをすぐに誘発する。23 人間の調査で、緑茶の消費かカテキンは尿の損なわれたDNAの片の減らされた排泄物に終って急速に減らすボディ中のDNAの損傷を」。24,25

EGCGの炎症抑制の特徴は重点を置かれたティッシュの炎症性cytokinesの生産を減らすのを助ける保護の別の層を加える。 これは共通の大人の敵意間にあるずっと結腸癌のための知られていた危険で人々でよくとり上げられる。 結腸癌は通常ローカル炎症性要因に応じて腸の悪性の変更を経る温和なポリプとして始まる。 緑茶のエキスは炎症性cytokinesの生産の減少によってその転移を遅らせるか、または停止することができる。26

初期癌が育ち始めるときEGCGが豊富な緑茶のエキスは複数のメカニズムによって広がりを破棄する。 それらは成長する腫瘍に与えるように新しい血管の生成に要求される血管内皮細胞増殖因子(VEGF)の表現を防ぐ。27,28 そしてそれら起こるためにローカルおよびmetastatic広がり のために 必要であるマトリックスのmetalloproteinases (MMPs)と呼ばれるティッシュ溶ける蛋白質の生産を調整しなさい。29,30

最後に、癌細胞はプログラムされた死、かapoptosisを経るために誘発することができる; 緑茶のエキスは癌細胞の多くの異なったメカニズムによってapoptosisを引き起こすことができる多くのnutraceuticals間にある。12,31

人間の調査はこれらの驚くべき実験室の調査結果に耐える。 緑茶のエキスはそれから劇的に子宮頸癌・の 危険を 減らす頚部のヒトパピローマ ウイルス(HPV)の損害を持つ女性の少なくとも69%の急速な臨床応答を作り出す。32は 大人のT細胞の白血病と別のウイルス、HTLV-1、原因として関連付けられ、緑茶のエキスの日常消費はかなり感染させた人々のウイルスの粒子の数を減らした。33

劇的な調査結果は前立腺癌および緑茶のエキスに関して現われている。 人間の前立腺のティッシュは口頭補足の後で急速にEGCGのような茶ポリフェノールを集める。HG-PIN (高級なprostatic intraepithelial neoplasia)と呼ばれるそれらに緊急な介在のための候補者をする年以内の 前立腺癌を 開発する30%の危険にある特定のバイオプシーの調査結果の34人はある。イタリアの 腫瘍学者が緑茶のエキスとのHG-PINがあった人を扱ったときに35、制御グループ の30% と比較された癌の開発の 3% 率しか見つけなかった。同様に 改善される35の徴候のスコアそして全面的な生活環境基準。 それに続く調査はほぼ80%。36新しい癌の診断を減らす補足の長期 効果を示した

より遅い調査は人で一貫して頻繁にほぼ50%。37癌を開発するための確率を減らす高度の前立腺癌の危険の減少を、示し、 緑茶のエキスは腫瘍の広がりを高める要因の生産を禁じている間前立腺特定の抗原(PSA)のレベルを減らすことができる。28

事実上同一の危険の減少(51%)は結腸癌の危険がある状態に大人で示されていた。38 その調査に、新しい腫瘍のサイズは制御グループのより緑茶のエキスのグループでまた小さかった。

乳癌の細胞は困難に御馳走エストロゲンの受容器(ER) -否定的なタイプから標準的な薬剤との処置に従う義務があるえー肯定的な細胞への転換する緑茶のエキスに驚くべき方法で答える。17の 緑茶のエキスはまた好意的に乳癌の腫瘍のサプレッサー遺伝子を調整する。39

必要がある何を知る: 緑茶のエキスは腎臓を保護する
  • 生命延長の緑茶のエキスで見つけられた同じ緑茶のエキスが共通所定の抗生のゲンタマイシンに対して腎臓の重要な保護を提供したことを明らかにされる2011動物のモデル。
  • 緑茶のエキスはカテキン、有効な酸化防止および炎症抑制の効果のフラボノイドの分子で豊富である。
  • 行為の複数の目標とされたメカニズムはまた癌、心循環器疾患、不健康な体重および減らされたインシュリンの感受性に対して健康をシステムレベルで支えるために示されていた。

心血管の健康

緑茶の消費の助けが心循環器疾患の危険を調整することを示す十分で疫学的な証拠がある。 根本的なメカニズムが未知だったけれども、40-42最近まで。しかし アテローム性動脈硬化の実質の原因の私達の映像が私達より明確になったと同時に43また私達の危険を減らすために緑茶のカテキンがいかに多数ターゲットで作動できるか見始めた。44

酸化および発火はendothelial機能障害、堅くなる幹線 壁と 最終的にプラクの形成をもたらす場合がある血の容器ライニングのティッシュの危ない変更の作成の最も早いステップである。 EGCGおよび他の緑茶のカテキンはendothelial機能を改善するために強力に機能する。45-47 それらは血の流れに応じて 緩み、 膨張するためにそれから容器の壁に信号を送る有利な一酸化窒素の生産を(いいえ)高める。44,48,49

心血管の健康

緑茶のエキスは人間の題材の血圧を減らす。50,51 endothelial機能をである1つのメカニズム改善した、しかし他は同様に活発である。 緑茶は弛緩(diastolic)段階の間に中心機能を改善する心臓酵素のtroponinに対する効果によってカルシウム シグナリング チャネルを減感する。52 緑茶のエキスはまた血圧をぶつける酵素(エース)のアンギオテンシン変換を禁じ。43 最終的に、緑茶のエキスは太りすぎおよび肥満動物の危ない心臓改造し、容器の剛さを限り、そして心血管の危険の減少を減らす。53

好意的に低密度脂蛋白質(LDL)のレベルを減らす脂質のプロフィールを変更する緑茶のエキスの助けはそれ、酸化させたとき、付加的な発火を誘発し、幹線プラクの成長に貢献する。 脂肪質関連の発火を減らすadiponectinのようなそれらはささえられるが、発火の50,51,54そして循環のマーカー、肥満によって誘発される特にそれら緑茶のエキスによって減らされる。55

酸化防止特徴および遺伝子発現を調整する機能によって緑茶のエキスは心臓発作か脳卒中に続く危ない虚血/reperfusion (IR)の傷害を戦うのを助けることができる。56 IRの傷害はオキシダントの「嵐元のでき事よりより多くの損傷をすることができるcytokinesおよび」を作成する。 多数の動物実験はEGCGがischemic環境を改良するIRの傷害の範囲を限る生化学プロセスを誘発する範囲を明らかにする。40,57,58

しかし多分緑茶および心循環器疾患についての最も刺激的なニュースはの完全に私達ほとんどの慢性の条件のためにセットされて危ないcytokinesの源であるために今知られている脂肪質の店のボディ構成に対する潜在的な効果、特に、である。 EGCGが豊富な緑茶のエキスがfatnessを減らし、脂肪質関連のcytokineの生産を限り、体重を減らすのを助けることができることを動物および人間の調査は示す。50,59

戦いの「Diabesity」

肥満および適当な超過重量は、である「diabesityとして全体のシンドロームを示すために何人かの研究者を導く新陳代謝シンドロームおよびタイプ2の糖尿病の前駆物質」。多くの 異なったメカニズムによって肥満が緑茶の60 EGCGによってそして他のカテキンは戦う。61 EGCGはthermogenic混合物である、すなわち、残りで脂肪店の消費を助ける脂肪および農産物熱を燃やすためにボディを誘発する。62-64 EGCGはまたブドウ糖制御を改善し、実験動物の遺伝子発現の変化による構成が高脂肪の食事療法に与えたボディを変更する。65

緑茶のエキスはsatiety、食べることの後の充足感を改善する。この 効果が総カロリー摂取量を減らすのを助けるかもしれない66。 エキスはまた食事の後で急速に血流に入ることから砂糖を禁じる穏やかな炭水化物の吸収不良を作り出す。67

戦いの「Diabesity」

ボディがadipocytesに置くインシュリンの刺激への脂肪細胞の応答の制限によって脂肪の量を、例えば減らす複数のメカニズムによるEGCGの行為。68 EGCGはまた直接ボディのこれらの危ない脂肪の総重荷を減らすのを助けるトリグリセリドの形成のために重大な酵素を禁じる。69の 緑茶のエキスはレバー細胞の脂肪質の統合を同様に限ることができる。70

これらの生化学的な変更に人間の調査で実質の影響がある。 カロリーの取入口だけを制限する主題を制御しなさいよりカロリーの取入口を制限し、緑茶のエキスと補うとき肥満の人および女性はより多くの重量を失う。50,71-77 ボディ構成はまた内臓の脂肪質の店の減少およびウエストの円周の重要な減少を用いる緑茶の補足によって好意的に、影響される。50,74,78

練習はあらゆるよい減量プログラムの主要部分に残り、人々に運動させる緑茶の補足の助けはさらに重量を安全に失う。発火 の79血圧、LDLおよびマーカーはまた緑茶の補足を使用している肥満の患者で普通減る。16,50,59,72,76

緑茶のエキスはsatiety、食べることの後の充足感を改善する。 この効果は総カロリー摂取量を減らすのを助けるかもしれない。

緑茶のエキスによってはdiabesityの糖尿病/新陳代謝シンドロームの部品が同様に戦う。 緑茶のエキスは制御血糖を助け、ヘモグロビンA1cの慢性的に高いブドウ糖と関連付けられる血のマーカーのレベルを減らす。74,80 緑茶のエキスは脂肪質の直通を燃やしている間thermogenic効果動物および人間の調査のインシュリンの感受性そしてブドウ糖の許容を改善する。81-85 最終的に、LDLの減少および緑茶、ザクロおよびビタミンCを含むポリフェノールが豊富な栄養ブレンドと見られる高密度脂蛋白質(HDL)の増加は心血管の複雑化の危険がある状態にある糖尿病性の患者に対する強力で有利な効果をもたらす。86

概要

早い2011年に、研究者のチームは生命延長の緑茶の 方式に含まれていた 同じ 緑茶のエキスがゲンタマイシンを使用して 動物モデル、有害および破壊するための一般に所定の抗生の悪名高いのの腎臓の損傷を腎臓を防いだことを報告した。 緑茶のエキスはカテキン、有効な酸化防止および炎症抑制の効果のフラボノイドの分子で豊富である。 行為の複数の目標とされたメカニズムはまた癌、心循環器疾患、不健康な体重および減らされたインシュリンの感受性に対して健康をシステムレベルで支えるために示されていた。

この記事の科学的なコンテンツの質問があったら、1-866-864-3027で生命Extension®の健康の顧問を呼びなさい。

参照

1. で利用できる: www.kidney.org/kidneydisease/ckd/index.cfm#facts。 2011年3月18日アクセスされる。

2. で利用できる: http://www.mayoclinic.com/health/steroids/HQ01431。 2011年4月1日アクセスされる。

3. で利用できる: http://www.mayoclinic.com/health/ace-inhibitors/HI00060/NSECTIONGROUP=2。 2011年4月1日アクセスされる。

4. Marotta F、Naito Y、Lorenzetti A、等薬剤への老齢期および腎臓の感受性。 高純度の緑茶は老化させたラットのゲンタマイシンによって引き起こされる腎臓の酸化損傷を改善する。 で示される: VIIヨーロッパ議会IAGG- EUの地域。 すべてのヨーロッパ人「II.」2011年4月14-17日のための健康で、活動的な老化。 ボローニャ、イタリア。

5. 心血管および新陳代謝の健康に対する緑茶およびEGCGの鉄マンガン重石S. Effects。 J AM Coll Nutr。 8月2007日; 26(4): 373S-88S.

6. Moderno PM、Carvalho M、樹林BM。 ツバキのsinensisの最近のパテント: 混合物を促進する健康のもと。 Patの最近の食糧Nutr Agric。 11月2009日; 1(3): 182-92。

7. Feng WY。 緑茶のカテキンの新陳代謝: 概観。 Currの薬剤Metab。 10月2006日; 7(7): 755-809。

8. Quiros Y、フェレイラL、Sancho-Martínez SMは激しい腎臓の傷害の開発に、等ゲンタマイシンの副nephrotoxic線量動物をガングリオシドM2の活性剤蛋白質を排泄するためにし向け。 腎臓Int。 11月2010日; 78(10): 1006-15。

9. サレムEA、サレムNA、進歩的な腎不全のモデルとしてuninephrectomizedラットの緑茶のエキスによるゲンタマイシンのnephrotoxicityのカメルMの等改善。 Renの失敗。 2010;32(10):1210-5.

10. ElMowafy AMのAlGayyar MM、サレムHA、ElMesery私、Darweish MM。 緑茶(EGCG)のための新しい化学療法および腎臓の保護効果: 酸化圧力および炎症性cytokineシグナリングの役割。 Phytomedicine。 12月2010日1日; 17(14): 1067-75。

11. Kelsey NAのLinseman DA、WilkinsのHM。 新しいneuroprotective代理店としてNutraceuticalの酸化防止剤。 分子。 2010;15(11):7792-814.

12. チャンH、Cao D、Cui W、Ji M、チエンはthioredoxinのX、Zhong L. Molecularの基盤およびthioredoxin prooxidant行為をの(-) -還元酵素仲介したepigallocatechin 3没食子酸塩。 自由なRadic Biol Med。 12月2010日15日; 49(12): 2010-8年。

13. Byrav DS、Medhi B、Vaiphei K、Chakrabarti A、Khanduja KL。 単独で緑茶のエキスのそしてラットの実験的に引き起こされた炎症性腸疾患のsulfasalazineを伴う異なった線量の比較評価。 発掘Dis Sci。 11月2010日17日。

14. グティエレスOrozco FのStephensのBR、Neilson AP、緑R、Ferruzzi MG、Bomser JA。 緑および紅茶はNFkappaB活動の阻止によってAGSの胃の癌細胞のcytokine誘発IL-8生産そして分泌を禁じる。 Planta Med。 10月2010日; 76(15): 1659-65。

15. 洪Byun E、Fujimura Y、Yamada K、67-kDa lamininの受容器を通して緑茶のポリフェノールのepigallocatechin 3没食子酸塩によって引き起こされる抑制的な細道に信号を送る橘町H. TLR4。 J Immunol。 7月2010日1日; 185(1): 33-45。

16. Yun JM、Jialal I、規定するT細胞数に対するepigallocatechinの没食子酸塩および肥満v.の傾きの機能のDevaraj S. Effectsは自ら申し出る。 Br J Nutr。 6月2010日; 103(12): 1771-7。

17. 李Y、元YY、Meeran SM、Tollefsbolへの。 ERalpha否定的な乳癌の細胞の結合された緑茶のポリフェノールおよびヒストンのdeacetylaseの抑制剤によるエストロゲンの受容器アルファ(ERalpha)の互いに作用し合う後成の再活動化。 蟹座Molの。 2010;9:274.

18. 、SzetoによりYTの緊張JJ、緑茶のTomlinson B. Consumption人間で血しょう酸化防止力の急速な増加を引き起こせばBenzie。 Nutrの蟹座。 1999;34(1):83-7.

19. 健康な個人のepigallocatechinの没食子酸塩およびpolyphenon Eの多数線量の管理の後の緑茶のポリフェノールのChow HH、CAI Y、Hakim IA、等Pharmacokineticsおよび安全。 Clinの蟹座Res。 8月2003日15日; 9(9): 3312-9。

20. ヘニングSM、Niu Y、リーNH、等緑茶、紅茶、または緑茶のエキスの補足の消費の後の茶flavanolsの生物学的利用能および酸化防止活動。 AM J Clin Nutr。 12月2004日; 80(6): 1558-64。

21. ヤンのCS、Wang X.の緑茶および癌防止。 Nutrの蟹座。 10月2010日; 62(7): 931-7。

22. Laurie SA、ミラーVA、グラントSC、Kris MG、NG KK。 高度の肺癌を持つ患者の緑茶のエキスの段階Iの調査。 蟹座Chemother Pharmacol。 1月2005日; 55(1): 33-8。

23. Katiyar SK。 緑茶はDNA修理を高めることによって非メラノーマの皮膚癌を防ぐ。 アーチBiochem Biophys。 4月2011日15日; 508(2): 152-8。

24. Hakim IAのハリスのRB、Chow HHのM、ブラウンS、アリIU学部長。 重い喫煙者間の酸化DNAの損傷に対する4ヶ月の茶介在の効果: グルタチオンのSトランスフェラーゼの遺伝子型の役割。 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 2月2004日; 13(2): 242-9。

25. ルオHの独特の味Lの独特の味Mの等肝臓癌の危険度が高い個人の緑茶のポリフェノールの段階のIIaのchemopreventionの試験: 緑茶のポリフェノールおよび8-hydroxydeoxyguanosineの尿の排泄物の調節。 発癌。 2月2006日; 27(2): 262-8。

26. ランドー馬車8月DAのJ、Caputo D、洪J、リーMJのヤンのCS。 緑茶の摂取は急速に人間の直腸の粘膜のプロスタグランジンE2のレベルを減らす。 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 8月1999日; 8(8): 709-13。

27. Tsaoはように、劉D、マーティンJの等段階II、危険度が高い口頭premalignant損害を持つ患者の緑茶のエキスの偽薬制御の試験ランダム化した。 蟹座Prev Res (Phila)。 11月2009日; 2(11): 931-41。

28. McLarty J、Bigelow RL、スミスM、Elmajian D、Ankem M、Cardelli JA。 茶ポリフェノールは前立腺癌の患者の前立腺特定の抗原、hepatocyteの成長因子および血管内皮細胞増殖因子の血清のレベルを減らし、hepatocyteの成長因子および血管内皮細胞増殖因子の生産を生体外で禁じる。 蟹座Prev Res (Phila)。 7月2009日; 2(7): 673-82。

29. EGCGのRoomi MW、モンテレイJC、Kalinovsky T、Rath M、Niedzwiecki A. Comparativeの効果、癌細胞のMMP-2およびMMP-9表現のパターンの緑茶および栄養混合物は並ぶ。 Oncol Rep。 9月2010日; 24(3): 747-57。

30. Farabegoli F、Papi A、Orlandi M. (-) - Epigallocatechin 3没食子酸塩はEGFR、MMP-2、MMP-9およびEMMPRINを調整し、MCF-7 tamoxifen抵抗力がある細胞の侵入を禁じる。 Biosci Rep。 4月2011日; 31(2): 99-108。

31. リーMH、ハンDW、SH Hyon公園JC。 p53およびcaspasesの誘導、またBcl-2およびphosphorylated核要因kappaBの抑制によるepigallocatechin 3 O没食子酸塩による人間のfibrosarcoma HT-1080の細胞のApoptosis。 Apoptosis。 1月2011日; 16(1): 75-85。

32. Ahn WS、Yoo J、ハァッSWの等人間の頚部損害に対する緑茶のエキス(polyphenon EおよびEGCG)の保護効果。 Eur Jの蟹座Prev。 10月2003日; 12(5): 383-90。

33. Sonoda J、郡山町C、山元町Sの等HTLV-1キャリアの周辺血のリンパ球のHTLV-1プロウイルスの負荷は緑茶の飲むことによって減少する。 蟹座Sci。 7月2004日; 95(7): 596-601。

34. ヘニングSM、Aronson W、Niu Y、等茶ポリフェノールおよびtheaflavinsは緑および紅茶の消費の後で人間およびマウスの前立腺のティッシュにある。 J Nutr。 7月2006日; 136(7): 1839-43。

35. Bettuzzi S、Brausi M、Rizzi F、Castagnetti G、Peracchia G、高級な前立腺のintraepithelial neoplasiaのボランティアの緑茶のカテキンの経口投与による人間の前立腺癌のCorti A. Chemoprevention: 1年の証拠の主義の調査からの予備報告。 蟹座Res。 1月2006日15日; 66(2): 1234-40。

36. Brausi M、Rizzi F、緑茶のカテキンによる人間の前立腺癌のBettuzzi S. Chemoprevention: 後で2年。 フォローアップの更新。 Eur Urol。 8月2008日; 54(2): 472-3。

37. 日本の人のKurahashi N、Sasazuki S、Iwasaki M、Inoue M、Tsugane S.の緑茶の消費そして前立腺癌の危険: 前向き研究。 AM J Epidemiol。 1月2008日1日; 167(1): 71-7。

38. 清水M、Fukutomi Y、Ninomiya Mの等metachronous大腸のアデノーマの防止のための緑茶のエキス: パイロット・スタディ。 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 11月2008日; 17(11): 3020-5。

39. MCF-7人間の乳癌の細胞の苦境LN、Shah M、Efferth T、Farwell MA、チャンB. MicroRNAの表現のプロフィールおよび緑茶polyphenon-60の効果。 蟹座のゲノミクスProteomics。 2010日9月10月; 7(5): 261-77。

40. Liou YMのHsiehのSR、ウーTJ、陳JY。 ラットの地方心筋の虚血reperfusionの前に与えられる緑茶のエキスはカルシウム積み過ぎの減少によって心筋のcontractilityを改善する。 Pflugersのアーチ。 11月2010日; 460(6): 1003-14。

41. Ou HCの歌TYは、Yeh YC、酸化させたLDL誘発のendothelial機能障害からロックス1仲介されたシグナリングの禁止によって等EGCG保護する。 J Appl Physiol。 6月2010日; 108(6): 1745-56。

42. Mulvihill EEの立腹MW。 フラボノイドのAntiatherogenicの特性: 心血管の健康のための含意。 J Cardiolはできる。 3月2010日; 26のSuppl A: 17A-21A.

43. Persson IA、Persson K、Hagg S、Andersson RG。 健康なボランティアのアンギオテンシン変換の酵素そして一酸化窒素に対する緑茶、紅茶およびRooibosの茶の効果。 公衆衛生Nutr。 5月2010日; 13(5): 730-7。

44. Hodgson JMの小作地KD。 茶フラボノイドおよび心血管の健康。 Med Molの面。 12月2010日; 31(6): 495-502。

45. 金W、SH Jeong MH、Cho等endothelial機能に対する緑茶の消費の効果および慢性喫煙者の循環のendothelial祖先の細胞。 Circ J. 8月2006日; 70(8): 1052-7。

46. Alexopoulos N、Vlachopoulos C、Aznaouridis K、等。 健康な個人のendothelial機能に対する緑茶の消費の急性効果。 Eur J Cardiovasc Prev Rehabil。 6月2008日; 15(3): 300-5。

47. Nagaya N、山元町H、Uematsu Mは、等緑茶健康な喫煙者のendothelial機能障害を逆転させる。 中心。 12月2004日; 90(12): 1485-6。

48. Oyama J、Maeda T、Kouzuma Kは、等緑茶のカテキン人間の前腕のendothelial機能障害を改善し、喫煙者でantiatherosclerotic効果をもたらす。 Circ J. 2010年; 74(3): 578-88。

49. Reiterのセリウム、金JA、Quon MJ。 緑茶のポリフェノールのepigallocatechinの没食子酸塩は管のendothelial細胞のendothelin1の表現そして分泌を減らす: AMP活動化させたプロテイン キナーゼ、AktおよびFOXO1のための役割。 内分泌学。 1月2010日; 151(1): 103-14。

50. Nagao T、Hase T、Tokimitsu I。 カテキンで高い緑茶のエキスは人間の体脂肪そして心血管の危険を減らす。 肥満(Silver Spring)。 6月2007日; 15(6): 1473-83。

51. Nantz MP、Roweカリフォルニア、Bukowski JF、パーシバルSS。 ツバキのsinensisの標準化されたカプセルはランダム化された、二重盲目の、偽薬制御の調査の心血管の危険率を下げる。 栄養物。 2月2009日; 25(2): 147-54。

52. Tadano N、DU CK、Yumoto Fの等心臓troponin C. Br J Pharmacolの緑茶のカテキンの生物作用。 11月2010日; 161(5): 1034-43。

53. Rickman C、Iyer A、ChanはVのブラウンL.の緑茶最高によって炭水化物与えられるラットの心血管の改造および新陳代謝の徴候を減少させる。 Curr Pharm Biotechnol。 12月2010日; 11(8): 881-6。

54. 歌われたH、分週、リーW、等。 atheroscleroticマーカーに対する4週にわたる緑茶の摂取の効果。 アンClin Biochem。 7月2005日; 42 (Pt 4): 292-7。

55. BakkerのGC、van Erk MJ、Pellis L、等。 炎症抑制の食餌療法の組合せは太りすぎの人の発火そして酸化および新陳代謝の圧力を調整する: nutrigenomicsのアプローチ。 AM J Clin Nutr。 4月2010日; 91(4): 1044-59。

56. Akhlaghi Mは心筋の虚血reperfusionに対して、Bandy B. Dietaryの緑茶のエキス保護の段階2の酵素活性を高める。 Nutr Res。 1月2010日; 30(1): 32-9。

57. 歌DK、Jang Y、金JH、Chun KJ、リーD、Xu Z. Polyphenol (-) -虚血の間のepigallocatechinの没食子酸塩隔離されたラットの中心のミトコンドリアK (ATP)チャネルの活発化によってinfarctのサイズを限る。 J韓国Med Sci。 3月2010日; 25(3): 380-6。

58. Yanagi S、松村K、Marui Aの等隔離されたラットの中心モデルの虚血reperfusionの傷害に対するcardioprotectionのための緑茶のポリフェノールとの口頭前処理。 J Thorac Cardiovasc Surg。 2月2011日; 141(2): 511-7。

59. 松山T、田中Y、Kamimaki I、Nagao T、Tokimitsu I. Catechinは安全に子供のfatness、血圧およびコレステロールのハイ レベルを改良した。 肥満(Silver Spring)。 6月2008日; 16(6): 1338-48。

60. Farag YMのGaballaの氏。 Diabesity: 上昇の伝染病の概観。 Nephrolのダイヤルの移植。 11月2010日2.日。

61. 果樹園のKA、ランベルトJD。 茶(ツバキのsinensis)が肥満の防止に有用かもしれないことを疫学的な実験室および人間の介在の調査は示す。 J Nutr。 3月2010日; 140(3): 446-53。

62. 人間の24-hエネルギー支出そして脂肪質の酸化を高めることのカテキンのポリフェノールの緑茶のエキスの金持ちのDulloo AG、Duret C、Rohrer D、等効力およびカフェイン。 AM J Clin Nutr。 12月1999日; 70(6): 1040-5。

63. Hursel RのWesterterp-Plantenga氏。 Thermogenic原料および体重の規則。 Int J Obes (Lond)。 4月2010日; 34(4): 659-69。

64. Boschmann M、Thielecke F。 肥満の人のthermogenesisそして脂肪質の酸化に対するepigallocatechin 3没食子酸塩の効果: パイロット・スタディ。 J AM Coll Nutr。 8月2007日; 26(4): 389S-95S.

65. 陳N、Bezzina R、Hinch E、等緑茶、紅茶は、epigallocatechinはボディ構成を、改善するブドウ糖の許容を変更し、および特異的にラットの新陳代謝の遺伝子発現を与えた高脂肪の食事療法に変える。 Nutr Res。 11月2009日; 29(11): 784-93。

66. 健常者のJosic J、Tholen Olsson A、Wickenberg J、Lindstedt S、Hlebowicz J.緑茶の影響のpostprandialブドウ糖、インシュリンおよびsatiety: ランダム化された管理された試験。 Nutr J. 11月2010日30日; 9(1): 63。

67. Zhong L、Furne JK、Levitt MD。 黒く、緑、およびクワの茶のエキスにより健康なボランティアで炭水化物のないtriacylglycerolの吸収不良を引き起こす。 AM J Clin Nutr。 9月2006日; 84(3): 551-5。

68. HsiehのCF、Tsuei YW、劉CWは67-kilodalton lamininの受容器およびAMP活動化させたプロテイン キナーゼの細道によって、等緑茶のepigallocatechinの没食子酸塩adipocyteのブドウ糖の通風管のインシュリンの刺激を禁じる。 Planta Med。 10月2010日; 76(15): 1694-8。

69. Kao CC、ウーBT、Tsuei YW、Shih LJ、Kuo YL、Kao YH。 緑茶のカテキン: グリセロール3隣酸塩デヒドロゲナーゼの抑制剤。 Planta Med。 5月2010日; 76(7): 694-6。

70. 公園HJ、Dinatale DA、私の減少した脂肪質のlipogenesisおよびob/obのマウスの肝臓の酸化防止防衛を高めることによってチョンは等緑茶のエキス肝臓のsteatosisを減少させる。 J Nutr Biochem。 7月2010日22日。

71. Auvichayapat P、Prapochanung M、肥満のThaisの重量の軽減の緑茶のTunkamnerdthai Oの等有効性: ランダム化された、管理された試験。 Physiol Behav。 2月2008日27日; 93(3): 486-91。

72. Di Pierro F、Menghi AB、Barreca A、Lucarelli M、肥満の処置のための低カロリーの食事への付加物としてCalandrelli A. Greenselect Phytosome: 臨床試験。 Altern MedのRev. 6月2009日; 14(2): 154-60。

73. Hursel R、Viechtbauer WのWesterterp-Plantenga氏。 減量および重量の維持に対する緑茶の効果: メタ分析。 Int J Obes (Lond)。 9月2009日; 33(9): 956-61。

74. Nagao T、Meguro S、Hase T、等。 カテキンが豊富な飲料はタイプ2の糖尿病を持つ患者の肥満および血ブドウ糖制御を改善する。 肥満(Silver Spring)。 2月2009日; 17(2): 310-7。

75. Tsai CH、Chiu WC、ヤンNC、Ouyang CM、円YH。 肥満の個人間の減量のための新しい緑茶の食事の取り替えの方式: ランダム化された管理された臨床試験。 Int Jの食糧Sci Nutr。 9月2009日7:1-9。

76. Basu A、サンチェスK、Leyva MJは、等緑茶の補足新陳代謝シンドロームの肥満の主題の体重、脂質および脂質の過酸化反応に影響を与える。 J AM Coll Nutr。 2月2010日; 29(1): 31-40。

77. Westerterp-Plantenga氏。 緑茶のカテキン、カフェインおよび体重の規則。 Physiol Behav。 4月2010日26日; 100(1): 42-6。

78. Wang H、Wen Y、カテキンのDu Yの等効果はボディ構成の緑茶を富ませた。 肥満(Silver Spring)。 4月2010日; 18(4): 773-9。

79. Maki KC、Reeves MSの農夫Mは、等緑茶のカテキンの消費太りすぎおよび肥満の大人の練習誘発の腹部の脂肪質の損失を高める。 J Nutr。 2月2009日; 139(2): 264-70。

80. Fukino Y、Ikeda A、丸山町K、Aoki N、Okubo T、Iso H. Randomizedはブドウ糖の異常に対する緑の茶エキスの粉の補足の効果のための試験を制御した。 Eur J Clin Nutr。 8月2008日; 62(8): 953-60。

81. Venables MC、Hulston CJ、コックスHR、Jeukendrup AE。 健康な人間の緑茶のエキスの摂取、脂肪質の酸化およびブドウ糖の許容。 AM J Clin Nutr。 3月2008日; 87(3): 778-84。

82. Hininger-Favier I、Benaraba Rの入江SのアンダーソンのRA、Roussel AM。 緑茶のエキスは酸化圧力を減らし、インシュリン抵抗性の動物モデル、フルクトース与えられたラットのインシュリンの感受性を改善する。 J AM Coll Nutr。 8月2009日; 28(4): 355-61。

83. ラマダーンG、ElBeih NM、Abd ElGhffar EA。 糖尿病性および肥満のラット モデルのhyperglycaemia、hyperlipidaemiaおよびレバー機能障害に対する黒いv.の緑茶の水様のエキスのModulatoryの効果。 Br J Nutr。 12月2009日; 102(11): 1611-9。

84. Qin B、Polansky MM、ハリーDのアンダーソンのRA。 緑茶のポリフェノールは心臓筋肉mRNAおよびインシュリンおよび脂質新陳代謝と関連している信号の細道およびインシュリン抵抗力があるラットの発火の蛋白質のレベルを改良する。 食糧MolのNutrのRes。 5月2010日; 54のSuppl 1: S14-23.

85. Roghani M、Baluchnejadmojarad T. Hypoglycemicおよびstreptozotocin糖尿病性のラットの慢性のepigallocatechin没食子酸塩のhypolipidemic効果および酸化防止活動。 Pathophysiology。 2月2010日; 17(1): 55-9。

86. Fenercioglu AK、Saler T、Genc E、Sabuncu H、Altuntas Y。 酸化圧力および脂質の過酸化反応に対する複雑化のないタイプ2の糖尿病で酸化防止剤をポリフェノール含んでいる効果。 J Endocrinolは投資する。 2月2010日; 33(2): 118-24。