生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2011年6月

放射能漏れに対するあなたの内部防衛を最大限に活用しなさい
公衆は今回私達の警告に注意するか。

養育関係のスティーヴンス著
放射能漏れに対するあなたの内部防衛を最大限に活用しなさい

この執筆の時に、空気に放射性粒子、海および地下水を解放する日本の3つの原子炉は不具になった。 生命Extension®のメンバーが約ずっと昔に警告された 潜在的な 医学の危機は発生した1。1,2

破壊的な津波によって打たれた日本のradioprotective混合のヨウ化カリウムの核リアクター製造者が 目録を残して もらわなかった ちょうど 幾日後。3

理由の ヨウ化カリウムは ヨウ素(ヨウ素131)の放射性同位体の発癌性が甲状腺剤のティッシュを破壊し、癌を引き起こすことができることである原子力発電所の緊急事態のために利用できる必要がある。 ヨウ化カリウムが時間 に取られれば、ヨウ素が付いている甲状腺を飽和させる従って放射性ヨウ素は容易に入ることができない。

ヨウ化カリウムは甲状腺癌から保護するべき最も重要な第一次介在である。 それはFDAによって長くこのために承認された。4

2002年に遡る私達の警告に基づいて私達のメンバーのほとんどは既に貯蔵し、非常時には準備された。

皆が私達の前の助言に注意しなかった。 放射性ヨウ素の致命的な量に米国に原子力発電所の緊急事態が、 ヨウ化カリウム への即時アクセスなしのそれら露出されたかもしれないずっとある。

放射性粒子は白血病および他の癌が放射--にさらされるそれらで 上がるので 甲状腺よりずっと多くを傷つける。 私達は放射が私達の細胞への 遊離基の損傷を 加えることがわかる。 幸いにも、支えるデータは既に生命延長メンバーが取る栄養素 の多数を 放射能漏れ に対する 防衛を最大限に活用するかもしれない明らかにする。

日本からの本当の危険のアメリカ人の表面は何であるか。

生命延長 Magazine®の 5月 2002日問題では、 私達は出版した「Linus Pauling のための擁護よばれた記事を」。と5

それらが直接米国で少なくとも15,000の癌の死を引き起こされた1951年と1962年の間に起こったその地上の 核実験を 是認したという私達の連邦政府からの遅れてレポート記述されているこの記事( 今月の問題と 再版される)。6,7

日本からの本当の危険のアメリカ人の表面は何であるか。

それがLinus Paulingのため でなかったら、 地上の核実験は最初に要求された連邦政府が「無害な」放射性灰だったものをからの、殺害のたくさんより多くのアメリカ人続こう。5,7,8

そのLinus Paulingが放射性降下物の致命的な危険について警告していた時、私達の連邦政府は州の敵だったこと見せかけで監禁された彼(および他が)あるために方法を案出していた。

しかしそれはこれらの癌を引き起こしていた米国のだけでなく、地上のテストだった。 旧ソビエト連邦のそして米国および同盟国が使用したまた太平洋諸島の地上の核実験は米国に達した放射性粒子を発生させていた。7,9,10

私達は不具にされた日本リアクターからの放射の少量が米国で検出されていることを今日知っている。そこの 11,12人の国家公務員の国家は危険ではない。 しかし放射能漏れの長期結果の確認に関しては私達の政府の実績はかなり陰気である。

ほとんどの生命 延長メンバーが 遊離基が健康なティッシュに提起する危険を確認するので、放射に対して自然な保護を後押しする栄養素の取得によって既に保護のある程度を得ている。

米国のスパイク、それの放射線レベルがこの記事で記述されている特定の栄養素の摂取を高めて慎重だったようであろう。

原子炉の中で繁栄する細菌!

ほとんどの人々は放射が すべての 生きている有機体に有毒であることを考える。

そう細菌とD.の radiodurans、酸化防止剤のスーパーオキシドの ディスムターゼ(芝地)の 超高度のレベル13を呼んだ および カタラーゼは それが原子炉 の中で 繁栄することを可能にする。14

人生の支える細胞への遊離基の損傷を加えることによる鋭く放射の殺害。 自然に高い酸化防止状態 D.のradioduransが 原因で 人間を殺す何が 3,000倍大きい より放射線量に抗できる。15,16

敏感な細胞構造は放射 ハイ レベルの前で 酸化する。17 陰謀的なデータはそれを酸化防止剤部分的な保護の ハイ レベルを 維持することが放射線誘発の遊離基に対して少なくとも相談することを提案する。18

従って原子力発電所の緊急事態の場合には 甲状腺を保護する 手のヨウ化カリウムを持っていることは重要な間、19の 維持の高い細胞酸化防止レベルはボディ中の細胞に保護の付加的な層を加えることができる。20,21

この記事は最初に次に ヨウ化カリウムが 甲状腺をいかにもっと重大に保護するか説明し、同業者審査された 出版された 調査の放射保護効果を示した他の栄養素および特定の酸化防止剤を記述する。

ヨウ化カリウム: 最初ライン防衛

甲状腺癌は傷つけられた原子力発電所から解放される材料への露出によって引き起こされる共通の敵意である。22の リアクター事故はヨウ素131と呼ばれるかどれがのいくつかの放射性元素、共通を解放する。22,23 放射性ヨウ素は汚染空気の吸入とまた汚染された植物、酪農場および肉の摂取によってボディに容易に主に吸収される。 それは甲状腺に急速にとられる。24 甲状腺剤で、同位体によって放たれる電離放射線はDNAを傷つけ、癌を引き起こす。

甲状腺にヨウ化カリウムの130 mgの線量に放射性ヨウ素 の可能な吸入 または摂取の後のより2時間を ない後で取ることによって放射性ヨウ素の 吸収を妨げることができる。 130 mgが大人の適量であること(ノート。 子供の年齢のための線量は3-18歳65 mgである; 子供のための線量は1月3年32 mgであり、幼児のための線量は1かまで月古い16 mg。) 23-26である

甲状腺はヨウ素のすべての形態を均等に吸収する; ヨウ化カリウムの形のヨウ素の最適量をボディに供給することは放射性ヨウ素が相当な量の傷つきやすい甲状腺剤のティッシュに達することを防ぐ。 適切に取られるヨウ化カリウムの線量は3 の要因によって甲状腺癌の危険を減らすことができ、 核による惨事に続く甲状腺癌を防ぐ単一の最も有効な方法である。23,24

あなたの家、オフィスでヨウ化カリウムのタブレットをすぐに利用できる保てば、どの車そこでも実際のでき事の間にそれらを得るまだ十分な供給生産能力ではない。 バーモント州だけが10マイルの状態の 核設備 以内に住んでいる市民にヨウ化カリウムを配るためのプログラムを実行した、(それの統治を委任する議会の立法にもかかわらず利用できてであって下さい。)27

しかしヨウ化カリウムは一般的な 保護 として定期的に取られるべきではない。 しかし相談するためにmultitargeted radioprotective利点示されていた他の栄養素が ある。 それらは 電離放射線 の効果、放射線誘発癌を最終的にもたらす遊離基の損傷のもとに抗するあなたの体の能力を最大にするのを助けるかもしれない。28-34

ポリフェノール

ポリフェノールは 植物で見つけられる多目的な分子である。 彼らは電離放射線からティッシュを保護する遺伝子発現の好ましい修正を含むボディのbiomolecular細道の範囲を渡って、行動する。35,36

Resveratrol、ケルセチン および 緑茶の ポリフェノールはこのクラスの最高に調査され、ほとんどの有効なradioprotectants間でランク付けする。 Resveratrolは健康なティッシュのradioprotector、またantitumor活動がある。37,38 動物モデルで、resveratrolは放射線誘発の損傷から染色体を保護するために示されていた。39は 動物のレバーおよび小腸の放射の悪影響に敏感な2つのティッシュに酸化防止特性放射の毒性を最もすぐに防ぐ。40

ケルセチンおよび関連の混合物は酸化防止特性を通してガンマ放射のさもなければ致命的な線量から脂質および蛋白質を、再度主として保護する。41 ケルセチンおよび他のポリフェノールはだけでなく、染色体のradioprotectionを提供するが、また放射線誘発のオキシダントの損傷からのミトコンドリアDNAを保護する。42 ケルセチンはまた放射能漏れの後で人間の白血球の生化学的な変更を改善する。43

緑茶 から得られる ポリフェノールのepigallocatechinの没食子酸塩(EGCG)はまた全身の放射、脂質の酸化を妨げることおよび寿命を延長することから動物を保護する。44の 緑茶のエキスは放射線療法の有害な効果、典型的なコンピュータ断層撮影(CT)より強い放射能漏れの形態はるかに線量およびもっと密接に核工場の災害への露出の即時の効果に類似している1つから腸および毛小胞の急速に再生の細胞を保護できる。45,46

必要がある何を知る: 放射に対するあなたの内部防衛を最大限に活用しなさい
  • 放射に対するあなたの内部防衛を最大限に活用しなさい
    ヨウ化カリウムは放射能漏れから致命的な損傷を防ぐ単一の最も重要な介在である。
  • ほぼ十年のために核でき事の場合にはヨウ化カリウムの彼らの自身の供給を維持する、生命Extension®は個人のための重大な必要性の警告した。
  • 言語道断な政府の無視および無知蒙昧な公衆は放射能漏れから多くの予防可能な死のための潜在性を作成する日本の進行中の核による惨事の中の世界的なヨウ化カリウム不足をもたらした。
  • 短期radioprotectionのための手のヨウ化カリウムの十分な供給の、resveratrol保存 に加えて、緑茶のポリフェノール、 大豆得られた混合の genistein および跡の鉱物および酸化防止剤は致命的な放射能漏れからの長期保護をできるかもしれない。

大豆

大豆はその中の豊富健康促進の物質を、驚くべきradioprotective効果との複数含んでいる。 Genisteinのイソフラボンは単一の線量の後で電離放射線の傷害から、マウスを保護できる。51は 抑えられないとき細胞膜および構造を破壊する放射線誘発の脂質の過酸化反応に対して1つのメカニズム保護である。52 Genisteinはまた単一の線量少しの後で全身の放射に、再度続く赤いおよび白血球の生産を刺激する。53,54 (骨髄の血の幹細胞は放射の致命的な効果に最も傷つきやすいのの中にある。) 新しい血球形成を刺激するcytokinesの強力な誘導のために、genisteinは潜在的な核脅威から軍および文官を保護する方法として集中的な調査の下にある。55

大豆はまた弓術家Birkの抑制剤(BBI)として知られている radioprotective 酵素阻害剤を含んでいる。56 BBIは放射の毒性の効果を防ぐか、または軽減するための最も貴重な混合物間のそれを作るDNA修理にかかわる遺伝子を活動化させる。57,58 BBIはまた他では皮膚細胞の成長の放射線誘発の阻止を作り出す酵素を安定させる。59 非常に、BBIは放射能漏れの後で健康な細胞の存続、病気にかからなかった細胞を、高める。60,61 BBIはそれに非常に入手しやすいradioprotectant作る商業大豆プロダクト(例えば、豆乳、大豆の濃縮物および大豆蛋白の隔離集団)の処理を存続させる。62,63

クルクミンおよび他の植物のエキス

強制的な科学的な証拠は多くの植物のエキスが放射能漏れから私達の体を保護することで関連している貴重な遺伝子の表現変更の効果をもたらすことを提案する。

2011年に原子力発電所

全体的な総原子炉

44247

世界の電気のパーセント

15%48

核エネルギーの最も大きい生産者

米国49,50

米国の核工場の数

10449

原子炉からの米国力のパーセント

20%49,50

カレーの スパイスのウコンから得られるクルクミンは酸化防止剤および解毒の特徴の結果として強力なradioprotective効果を出す。64の クルクミンの補足はラットのDNAの損傷および腫瘍の形成を減らす; それらは培養された人間の白血球のDNAの両方損傷そして脂質の過酸化反応を減らす。65,66 クルクミンにある「二重行為」。が その酸化防止効果は放射から正常なティッシュを保護する。 しかしまたそれ癌の細胞死に責任があるupregulatesの遺伝子腫瘍の破壊を放射によって高める。67は 結果高線量の放射--にさらされる動物の高められた存続である。68

ともに、 ニンニク および ショウガは また重要なradioprotectionをできる。 ニンニクの高い硫黄分は自然な酸化防止システムを支える。69の ニンニクのエキスはグルタチオン関連のメカニズムによって照射損傷から赤血球を保護する。70 マウスで、ニンニクのエキスは傷つきやすい骨髄の細胞の染色体への照射損傷を防ぐために示されていた。71 分離した生理学的なメカニズムによって、ニンニクは炎症性核要因kappaB (NF kb)システムのdownregulateによってX光線仲介される増加を得る。72の ショウガのエキスはグルタチオンの活動を後押しし、別および補足のメカニズムによって脂質の過酸化反応を減らす。73は 放射によってこれらのエキス直接形成に続く自由な酸素および窒素基の多くを掃除する。74-76

実験室調査は示し、イチョウのbiloba のエキスが clastogenic要因—外的な 材料の効果を(を含むプルトニウムおよび他の放射性物質)その片減らし、またはDNAを削除し、そして染色体の損傷を加えることを突然変異および癌拡散に導く。77,78は この効果露出ことをの後でチェルノブイリの核工場で労働者を長く扱うこと 有用証明したほど強力である。79 もっと最近、直接放射線誘発の損傷から動物の器官を保護すると証明されるイチョウのエキス。80 イチョウはまたhyperthyroidのグレーブス病のための放射性ヨウ素処置に続く細胞傷害から人間を保護した。81

朝鮮人参は 本質的なradioprotective効果相談する伝統医学で重要なもう一つの植物である。82,83の いろいろな朝鮮人参のエキスは放射線誘発DNAの損傷から保護するために示されていた。84-86 それは放射によって損傷から毛の小胞および他を急速に再生(健康な)ティッシュ保護する。87,88は 骨髄、脾臓および睾丸の細胞を含むいろいろ放射に敏感なティッシュの保護で酸化防止効果、起因した。82,89の 朝鮮人参の免疫調節の効果はそれを放射傷害の被害に対して私達の体の防御に特に有用にさせる。90は 北アメリカの朝鮮人参のエキス最近90分までDNAの損傷から人間の白血球を続く 保護すると 放射能漏れ見つけられた。91 防衛および国家安全保障に研究者および一般大衆に核工場の安全についての心配の時代の大きい興味のそれを作る。91

Silymarinのマリア アザミで見つけられる活動的な混合物はアルコールおよびさまざまな化学毒素からレバー細胞を保護する機能のために有名である。 より少なく有名照射損傷からレバー ティッシュを同様に保護する力はである。92,93 それはDNAの損傷を減らし、放射の危ないレベル--にさらされる動物の存続を拡張する。94 Silymarinの自由な根本的掃気および直接酸化防止効果はこれらの結果を生むことと信じられる。95

原子力および放射の危険
クルクミンおよび他の植物のエキス

いわゆる電離放射線が多くの異なった種類の癌、とりわけ甲状腺癌および白血病を引き起こす人間DNAにより傷つけることが40年代以来知られていた。22,142,143 電離放射線によりまた短期即時、破局的な放射線病の続を高線量の露出引き起こす。 日本の福島Daiichiの原子力発電所の近況は重要なメモとしてこれらの脅威が未来派、また、理論的ではないこと役立つ。

8つの原子力発電所の事故が、1975年以来の財物損害で$300以上,000,000を、引き起こすそれぞれによりずっとある。 人命の費用および福島の悲劇からの長期健康が未知の間、144-146、私達は相当であるとそれらが期待してもいい。 1986年にチェルノブイリの最も悪い前の核による惨事は、31の即時の死の激しい放射線病の237の場合、および事故に続く22年の甲状腺癌の5,400以上の場合で、起因した。22,142,147-149 その事故に続く甲状腺癌の危険は大人の4.5折目、青年の12.7折目、および子供の87.8折目によって高められるために定められた。142

Nアセチルのシステイン

Nアセチルのシステイン かNACは自然な細胞内の酸化防止システムを支える硫黄含んでいる混合物、それをする特にグルタチオン有効なradioprotective代理店である。96 NACはマウス モデルの放射からの肝臓障害を最小にし、放射能漏れの前後に損傷両方の酸化損傷および結果として生じる DNAを減らす。97,98 行為の別の根本的なメカニズムによって、NACは放射傷害から骨髄を保護すると知られているcytokinesの解放を刺激する。99 NACはまた放射からDNAの損傷を防ぐことによって骨髄の細胞を、主として保護する。100,101は NACとビタミンCおよびEを含む複数の混合の混合物かなりX線の可能性としては致死量--にさらされたマウスの30日間の存続を高めた。102 非常に、効果は補足が露出の前か後に与えられたかどうか同じだった。

大豆

S-adenosylmethionine (同じ)

NACのように、S-adenosylmethionineは(同じ)グルタチオンの細胞レベルを維持するために必要な強力な混合物である。DNA のために(それ故に癌の保護)きちんと作用できない修理し、重大な103,104の酵素は同じのようなメチルの提供者がない時。105 それ電離放射線動物モデルの同じレベルを抑制することを私達が学んだ早い2010で。106 動物の同じレベルを、一方では増加することは、電離放射線からのDNAの損傷を最小にした。106

酸化防止ビタミン

「エース」のビタミン(A、CおよびE)分子構造の結果として提供によって証明される酸化防止保護。 これらのビタミンおよび他の酸化防止剤の高い取入口は放射線誘発の染色体の損傷から航空会社の操縦者保護するために107を 高度で働く人のための職業上の危険示されていた。 エースの補足は高い放射線レベルから宇宙飛行士を保護する「宇宙食」として提案された。108

ベータ カロチン、 ビタミンAの前駆物質は地域からの子供のために第一線の処置としてチェルノブイリの核事故の結果として、最初に臨床的に使用された。 補足は放射線誘発の酸化させた脂質の量を減らした。109の 対照動物の調査はビタミンAが癌をもたらすことができる放射線誘発の遺伝子発現の異常を逆転できることを示した。110-112 他の調査はビタミンAが他の放射線の影響を改善し、癌性細胞の死を高めることを示す。113の まだ他の調査はビタミンAが実際に健康な細胞の放射線誘発の死を防ぐことができることを明らかにする。114

グルタチオンのような自然な酸化防止システムとともにビタミンCは、酸化損傷から、助けDNAおよび染色体を保護する。115-117 ビタミンCはまた保護遺伝子発現の調節によって人の血液の細胞の放射線誘発の死を禁じる。118 非常に、ビタミンCは染色体を不安定にし、癌性突然変異を引き起こす放射線誘発の「長命基」を妨害できる(LLRs)。119は 両方の古典的な基に逆らう機能およびLLRs放射から遺伝の損傷を防ぐことで重大かもしれない。119

ビタミンCのように、ビタミンEは遊離基を一度形作る癒やし、毒性を、radioprotectionで重大な効果減らす。28 重大に、ビタミンEはビタミンEは死ぬことからガンマ線の別の方法で致命的なレベルへの露出の後でかなりマウスを保護することを同時に保護の正常なcells.120動物実験が示す間、癌のティッシュに対する放射の成長禁止の効果を高める。121 陰謀的に、この効果はcytokinesの調節の結果である; それは放射によって抑制される新しい血球形成の貴重な増加と一緒に伴われる。121,122

X線の技術者間の驚くべき調査はちょうど強力な酸化防止ビタミンがある場合もあるかいかに明らかにする。 放射線学の技術者は精巧な保護によって名目上保護されるが、まだ寿命の間に放射の不自然にハイ レベル--にさらされる。 その結果、それらはティッシュの酸化のハイ レベルがありがちである。 しかし技術のグループが15週間ビタミンC (500 mg)およびE (150 mg)と毎日補われたときに、ティッシュの酸化のマーカーは落ち、自然な酸化防止剤のレベルは(赤血球のグルタチオンそしてグルタチオンの過酸化酵素のような)かなり上がった。123

朝鮮人参

Lipoic酸

Lipoic酸は頻繁に細胞膜のような「普遍的な酸化防止剤」と水様および脂質溶ける環境の遊離基を癒やすので、言われる。124 Lipoic酸は2つのミラー イメージの形態にある: R lipoic酸およびS lipoic酸。 ほとんどの商用化されたプロダクトが2つの形態の50:50の混合物を含んでいる間、R lipoic酸だけが生命プロセスによって作り出され、2のより有効であるためにこうして本当らしい。125,126 有力な証拠はlipoic酸がさまざまなタイプの放射能漏れによって与えられる脅威に対して重要な保護を提供するかもしれないことを提案する。

セレニウム、ビタミンC、ビタミンE、Nアセチルのシステインおよび補酵素Q10の全体ボディ照射の後でマウスの存続を改善するために助けられるlipoic酸を含む他の酸化防止剤を伴って使用された場合。 この調査は頻繁に致命的の放射能漏れの線量の後の管理されて時でさえ24時間酸化防止組合せが有効だったので特に顕著だった。127

Lipoic酸はチェルノブイリの核事故の一掃にかかわった個人の免疫の健康、でき事の後の年を支えるための利点を示す。 チェルノブイリの一掃の後の11から12年、調査の関係者は2か月間lipoic酸の日刊新聞の600 mgを受け取った。 改善された一般的な免疫の健康の印および好中球と呼ばれた白血球は侵入の細胞および細胞残骸を摂取する改善された機能を示した。128

癌治療の部品として放射線療法により頻繁に膨張および日に焼けさせた出現のような皮の健康に対する悪影響を引き起こす。 アニマル・スキンの細胞がlipoic酸と孵化したときに、放射lipoic酸を受け取らなかった皮膚細胞と比較されたより少ない細胞の傷害を経験した。 これらの有望な調査結果はlipoic酸は癌の放射線療法を経なければならない個人ことをの皮の健康の維持の重要な適用があるかもしれないことを提案する。129

他の有効なRadioprotective栄養素

跡の鉱物

あなたの体の内部酸化防止防衛は、スーパーオキシドの ディスムターゼを含んで、カタラーゼ 機能のための 補足因子として跡の鉱物によっておよびグルタチオンの過酸化酵素すべて決まる。 亜鉛 および マンガンは 電離放射線への全身の抵抗を支えるための特に重要なことをもつ。 亜鉛補足は酸化損傷から放射性ヨウ素によって引き起こされる赤血球へのラットを保護するために示されていた。130,131 そして亜鉛補足放射線誘発の損傷から骨髄、ない腫瘍の細胞を、保護した。132 mitochondria以来莫大な量の遊離基を、である照射損傷に特に敏感作り出しなさい。 亜鉛およびマンガンは両方動物実験の強力なmitochondria特定のradioprotectionを提供する。133

他の有効なRadioprotective栄養素

強力な酸化防止活動のほとんどの栄養素は医学的検査と環境の放射の一時的な増加から放射能漏れから保護すると期待することができる。134 既に検査されるそれらに加えてDNAの損傷から骨髄の 細胞を 保護するspirulinaのエキスによってradioprotectionのための十分な証拠行う。135 Melatoninは また放射によって染色体の傷害から細胞を分け、血球の循環を保護する。136,137の Licoriceの エキスはDNAの損傷を妨げ、放射から細胞細胞器官を保護する。138は インドのセイヨウスグリEmblicaのofficianalis)生存期間を増加し、全身の放射--にさらされるマウスの死亡率を減らす。139の 効果は脂質の過酸化反応に対して保護および腸に急速分割の細胞の保護を含める。140 Carnosicの酸および他の ローズマリーのエキスは 酸化防止活動によってDNAの損傷、放射能漏れの前後の両方から保護する。141

跡の鉱物

概要

ヨウ化カリウムは放射能漏れから致命的な損傷を防ぐ単一の最も重要な介在である。 生命Extension®はずっと昔にアメリカの公衆に核大災害の場合に手のヨウ化カリウムの供給を保つように警告した。 皆が私達の警告に注意しなかった。

私達が予測したように、世界の一流のヨウ化カリウム メーカーは十分な供給を維持し損い、日本の進行中の核による惨事の中で走った。 短期radioprotectionのための手のヨウ化カリウムの十分な供給の保存に加えて、そこに広い配列放射能漏れに対するあなたの体の自然な防衛を最大限に活用するかもしれない科学的認可された栄養素のある。

この記事の科学的なコンテンツの質問があったら、生命Extension®の健康の顧問をで呼びなさい
1-866-864-3027.

参照

1. ブロックM.のヨウ化カリウム。 放射の緊急事態に対する保険。 生命延長Magazine®。 12月2002日; 8(12): 42-8。

2. 原子力発電所の緊急事態のあなた自身VanZile J. Protecting。 生命延長Magazine®.2004 12月; 10(12): 56-62。

3. 放射上のA. Anxietyが販売運転するポラックは甲状腺癌に対して薬剤のために波立つ。 ニューヨーク・タイムズ。 2011年3月15日。

4. Weiss JFのLandauerの氏。 放射保護代理店の歴史そして開発。 Int J Radiat Biol。 7月2009日; 85(7): 539-73。

5. Faloon W。 私達がそれを見るように: Linus Paulingのための擁護。 生命延長Magazine®。 5月2002日; 8(5)。

6. で利用できる: http://archives.cnn.com/2002/US/03/01/nuclear.fallout/index.html。 2011年4月1日アクセスされる。

7. Gilbert ESの土地のセリウム、サイモンSL。 原子灰からの健康に対する影響。 健康Phys。 5月2002日; 82(5): 726-35。

8. KerberのRA、JEまで、サイモンSL、等。 核兵器のテストからの原子灰に関連する甲状腺疾患のグループ調査。 JAMA. 11月1993日3日; 270(17): 2076-82年。

9. で利用できる: http://www.rense.com/general20/atom.htm。 2011年4月1日アクセスされる。

10. ネバダの大気核爆弾からのGilbert ES、黄L、Bouville A、氷山のCD、Ron E.の甲状腺癌率および131I線量はテストする: 更新。 Radiat Res。 5月2010日; 173(5): 659-64。

11. 力のS. Radiationの跡は米国のミルクで見つけた。 ウォールストリート・ジャーナル。 2011年3月31日。

12. で利用できる: http://www.livescience.com/13507-infographic-japan-radiation-levels.html。 2011年4月4日アクセスされる。

13. 小さな谷DのDeinococcusのradioduransのRadman M. Oxidative Stressの抵抗。 Microbiol Rev. MolのBiolの3月2011日; 75(1): 133-91。

14. で利用できる: http://www.thelivingcosmos.com/Extremophiles/RadiationResistant_12May06.html。 2011年3月29日アクセスされる。

15. PatelのBA、Moreau M、Widom Jは、等内生一酸化窒素露出からの紫外線への細菌のDeinococcusの放射抵抗力があるradioduransの回復を調整する。 Proc国民のAcad Sci米国。 10月2009日27日; 106(43): 18183-8。

16. で利用できる: http://web.mst.edu/~microbio/BIO221_2007/D_radiodurans.htm。 2011年3月29日アクセスされる。

17. 士官候補生J、Douki T、Ravanat JL。 細胞DNAのoxidatively発生させた基礎損傷の測定。 Mutat Res。 2月2011日15日。

18. Malhomme deラ ロシュH、Seagrove S、Mehta A、Divekar P、キャンベルS、Curnow A。 紫外および目に見える放射線誘発DNAの損傷から保護するべき酸化防止剤の自然な食餌療法の源を使用して: 人間の緑茶の摂取の調査。 J Photochem Photobiol B. 11月2010日3日; 101(2): 169-73。

19. Jang M、金HK、Choi CWのKangのCS。 原子力発電所の緊急事態のヨウ化カリウム(KI)の管理との甲状腺剤の線量の推定。 Radiat Protの線量測定。 2008;132(3):303-7.

20. トムソンJS、儲YのガラスJ、Tapp AAのブラウンSA。 、M40403はmimetic、マンガンのスーパーオキシドのディスムターゼ致命的な総ボディ照射から大人のマウスを保護する。 自由なRadic Res。 5月2010日; 44(5): 529-40。

21. Wambi CO、Sanzari JK、Sayers CMは、等プロトン全体ボディに対する食餌療法の酸化防止剤の保護効果hematopoietic細胞および動物の存続を照射仲介した。 Radiat Res。 8月2009日; 172(2): 175-86。

22. ウィリアムスD. Radiationの発癌: チェルノブイリからのレッスン。 がん遺伝子。 12月2008日; 27のSuppl 2: S9-18.

23. Jang M、金HK、Choi CWのKangのCS。 原子力発電所の緊急事態の131Iそして133Iによる甲状腺剤の照射に対する年齢依存したヨウ化カリウムの効果。 Radiat Protの線量測定。 2008;130(4):499-502.

24. 核事故に続くJaworska A. Iodineの予防法。 Tidsskr Laegeforen。 1月2007日4日; 127(1): 28-30。

25. Takamura N、Nakamura Y、Ishigaki Kの等ヨウ素が豊富な区域の放射の緊急事態の間の甲状腺剤の封鎖: 安定ヨウ素適量の効果。 J Radiat Res (東京)。 6月2004日; 45(2): 201-4。

26. で利用できる: http://www.fda.gov/Drugs/EmergencyPreparedness/BioterrorismandDrugPreparedness
/ucm072265.htmの#Whatの適量。 2011年3月29日アクセスされる。

27. Carney JKのdeFlorio F、Erickson NのMcCandless R. Enhancingの原子力発電所の緊急事態の準備: ヨウ化カリウムのためのヴァーモントの配分プログラム。 Jの公衆衛生Manag Pract。 2003日9月10月; 9(5): 361-7。

28. ライリーPA。 生物学の遊離基: 電離放射線の酸化圧力そして効果。 Int J Radiat Biol。 1月1994日; 65(1): 27-33。

29. 牙YZ、ヤンS、ウーG.の遊離基、酸化防止剤および栄養物。 栄養物。 10月2002日; 18(10): 872-9。

30. Weiss JFのLandauerの氏。 酸化防止剤によるRadioprotection。 アンN Y Acad Sci。 2000;899:44-60.

31. Weiss JFのLandauerの氏。 酸化防止栄養素およびphytochemicalsによる電離放射線に対する保護。 毒物学。 7月2003日15日; 189 (1-2): 1-20。

32. Klingler W、Kreja L、Nothdurft W、granulocytopoiesisの人間の祖先の細胞のradiotoleranceそして細胞周期の配分の異なったradioprotective混合物のSelig C. Influence生体外で。 Br J Haematol。 10月2002日; 119(1): 244-54。

33. Okunieff P、Swarts S、Keng Pの等酸化防止剤は放射能漏れの結果を減らす。 ADV Exp. Med Biol。 2008;614:165-78.

34. Vijayalaxmi、Reiter RJのヘルマンのTS、Meltz ML。 Melatoninは人の血液のリンパ球のガンマの放射線誘発の第一次DNAの損傷を減らす。 Mutat Res。 2月1998日2日; 397(2): 203-8。

35. Annabi B、リーYT、Martel C、Pilorget A、Bahary JP、endothelial細胞で引き起こされるtubulogenesis緑茶のポリフェノール(-)epigallocatechin 3没食子酸塩のantiangiogenic特性によってBeliveau R. Radiationは反対される。 蟹座Biol Ther。 2003日11月12月; 2(6): 642-9。

36. BickenbachのKA、Veerapong J、私のShaoは等Resveratrol CArG主導のTNFアルファの遺伝子療法の有効な誘因物である。 蟹座の遺伝子Ther。 3月2008日; 15(3): 133-9。

37. Bader Y、照射の下の癌細胞に対するresveratrolおよびmitomycin Cのresveratrolそして混合物のGetoff N. Effect。 抗癌性Res。 2006日11月12月; 26 (6B): 4403-8。

38. レーガン ショウS、Mukhtar H、Ahmad N. Resveratrolは正常な細胞のphotoprotectionを与え、癌細胞の放射線療法の効力を高める。 Photochem Photobiol。 2008日3月4月; 84(2): 415-21。

39. Carstenに関して、Bachand AM、ベイリーSM、Ullrich RL。 Resveratrolはマウスの骨髄の細胞の放射線誘発の染色体異常の頻度を減らす。 Radiat Res。 6月2008日; 169(6): 633-8。

40. Velioglu-Ogunc A、Sehirli O、Toklu HZの等Resveratrolは反酸化活動によって照射誘発の肝臓およびileal損傷から保護する。 自由なRadic Res。 2009;43(11):1060-71.

41. Chawla R、Arora R、高度のPodophyllumのhexandrumからの活動的な主義およびradioprotective特性の評価としてケルセチンの3 OベータD Galactopyranoside Sagar RK、等。 Z Naturforsch C. 2005日9月10月; 60 (9-10): 728-38。

42. Hippophaeのrhamnoidesのエキスによる放射線誘発のミトコンドリアおよびゲノムDNAの損傷からのShukla SK、Chaudhary P、Kumar IP、等保護。 突然変異原Molの囲みなさい。 12月2006日; 47(9): 647-56。

43. Devipriya N、Sudheer AR、Srinivasan M、Menon VP。 ケルセチンは人間の周辺血のリンパ球のガンマの放射線誘発DNAの損傷そして生化学的な変更を改善する。 Mutat Res。 6月2008日30日; 654(1): 1-7。

44. Uchida S、Ozaki M、Suzuki KのShikita M. Radioprotectiveの効果の(-) -マウスのepigallocatechinの3 O没食子酸塩(緑茶タンニン)。 生命Sci。 1992;50(2):147-52.

45. 金のSH、金のSR、リーHJ、等ガンマ照射の後の成長する毛小胞のApoptosisおよびradioprotective代理店の評価のための適用。 生体内で。 2003日3月4月; 17(2): 211-4。

46. リーHJ、金JSの緑茶のポリフェノールによるマウスのガンマ放射の応答の月Cの等修正。 Phytother Res。 10月2008日; 22(10): 1380-3。

47. Avaialableの: http://www.iaea.org/cgi-bin/db.page.pl/pris.oprconst.htm。 2011年3月18日アクセスされる。

48. で利用できる: http://www.iaea.org/newscenter/pressreleases/2007/prn200719.html。 2011年3月29日アクセスされる。

49. で利用できる: http://www.world-nuclear.org/info/inf41.html。 2011年3月18日アクセスされる。

50. で利用できる: http://www.nei.org/resourcesandstats/nuclear_statistics/usnuclearpowerplants/。 2011年3月18日アクセスされる。

51. Srinivasan Vの種TM、Landauerの氏。 Genisteinの処置は電離放射線の傷害からマウスを保護する。 J Appl Toxicol。 2003日11月12月; 23(6): 379-85。

52. Zavodnik LB。 イソフラボンのgenistein 8 cグリコシドはラットのレバーmicrosomal膜の構造そして機能の酸化損傷を防ぐ。 Radiats Biol Radioecol。 2003日7月8月; 43(4): 432-8。

53. Zhou Y、Mi MT. Genisteinはhematopoiesisを刺激し、照射されたマウスの存続を高める。 J Radiat Res (東京)。 12月2005日; 46(4): 425-33。

54. デービスTA、Clarke TKのMogのSR、Landauerの氏。 致命的な照射前のgenisteinのSubcutaneous管理はmultilineage、hematopoietic祖先の細胞の回復および存続を支える。 Int J Radiat Biol。 3月2007日; 83(3): 141-51。

55. Singh VK、優美MB、Parekh VI、Whitnall MHのLandauerの氏。 全身のガンマのcytokineの誘導に対するgenisteinの管理の効果はマウスを照射した。 Int Immunopharmacol。 11月2009日; 9(12): 1401-10。

56. Dittmann K、Loffler H、バンベルクM、Rodemann HP。 弓術家Birkのプロティナーゼの抑制剤(BBI)は文化の人間の繊維芽細胞の放射線感受性そして放射線誘発の微分を調整する。 Radiother Oncol。 2月1995日; 34(2): 137-43。

57. Dittmann KH、Gueven N、Mayer C、Rodemann HP。 BBIのradioprotective効果はDNAの修理関連した遺伝子の活発化と関連付けられる。 Int J Radiat Biol。 8月1998日; 74(2): 225-30。

58. Dittmann K、Mayer C、Kehlbach R、Rodemann HP。 radioprotectorの弓術家Birkのプロティナーゼの抑制剤は表皮の成長因子の受容器のリン酸化および核輸送によってDNA修理を刺激する。 Radiother Oncol。 3月2008日; 86(3): 375-82。

59. Gueven N、Dittmann K、Mayer C、Rodemann HP。 弓術家Birkのプロテアーゼ抑制剤はEGFの受容器の放射線誘発の活発化を減らし、チロシンのホスファターゼの活動を引き起こす。 Int J Radiat Biol。 2月1998日; 73(2): 157-62。

60. Dittmann KH、Dikomey E、Mayer C、Rodemann HP。 弓術家Birkのプロテアーゼ抑制剤は放射扱われたヌクレオチドの切除の修理有能な細胞のイオン化のないxerodermaのpigmentosumの細胞のclonogenic細胞の存続を高める。 Int J Radiat Biol。 2月2000日; 76(2): 223-9。

61. Dittmann KH、Mayer C、Rodemann HP。 放射線療法を改善する正常なティッシュのRadioprotection: 弓術家のBirkのプロテアーゼ抑制剤の効果。 Curr Med Chemの抗癌性の代理店。 9月2003日; 3(5): 360-3。

62. フリードマンM、Brandon DL。 大豆蛋白の栄養および医療補助。 J Agricの食糧Chem。 3月2001日; 49(3): 1069-86。

63. Losso JN。 弓術家birkの抑制剤の生化学的な、機能食糧特性。 Food Sci Nutr CritのRev。 1月2008日; 48(1): 94-118。

64. Choudhary D、Chandra Dの緑葉カンランRK。 クルクミンによるglyoxalaseシステムのradioresponseの調節。 J Ethnopharmacol。 1月1999日; 64(1): 1-7。

65. Inano Hのウコンのlonga LINNから得られるクルクミンのOnoda M. Radioprotectiveの行為: 尿の8ヒドロキシ2' deoxyguanosineのtumorigenesis、しかしガンマ線照射によって引き起こされるない死亡率の形成に対する抑制的な効果。 Int J Radiat Oncol Biol Phys。 7月2002日1日; 53(3): 735-43。

66. Srinivasan M、Rajendra Prasad N、Menon VP。 ガンマ放射に対するクルクミンの保護効果は培養された人間のリンパ球のDNAの損傷そして脂質の過酸化反応を引き起こした。 Mutat Res。 12月2006日10日; 611 (1-2): 96-103。

67. JagetiaのGC。 クルクミンによるRadioprotectionそしてradiosensitization。 ADV Exp. Med Biol。 2007;595:301-20.

68. リーJC、Kinniry PA、Arguiri Eは、等食餌療法のクルクミン肺の酸化防止防衛を高め、放射線誘発の肺線維症を改善し、そしてマウスの存続を改善する。 Radiat Res。 5月2010日; 173(5): 590-601。

69. ヘルマンAntosiewicz A、Powolny AA、Singh SV。 ニンニク得られたorganosulfidesによる癌のchemopreventionの分子ターゲット。 アクタのPharmacolの罪。 9月2007日; 28(9): 1355-64。

70. Singh SP、アブラハムSKのKesavanのPC。 ニンニクのエキスとの生体内のradioprotection。 Mutat Res。 12月1995日; 345 (3-4): 147-53。

71. Singh SP、アブラハムSKのKesavanのPC。 ニンニクの前処理の後のマウスのRadioprotection。 Br Jの蟹座Suppl。 7月1996日; 27: S102-4.

72. リーEK、チョンSW、金JY、等AllylmethylsulfideはX線のC57/BL6マウスの腎臓の照射誘発の核要因kappaBシグナリングを調整する。 J Medの食糧。 6月2009日; 12(3): 542-51。

73. JagetiaのGC、Baliga MS、Venkatesh P、Ulloor JN。 存続のショウガの根茎(Zingiberのofficinale Rosc)の影響、ガンマ放射への全身の露出の後のマウスのグルタチオンおよび脂質の過酸化反応。 Radiat Res。 11月2003日; 160(5): 584-92。

74. Jagetia G、Baliga M、Venkatesh P. Ginger (Zingiberのofficinale Rosc。)、サプリメントは放射線誘発の致死率から、マウスを保護する: 行為のメカニズム。 蟹座Biother Radiopharm。 8月2004日; 19(4): 422-35。

75. Sharma A、Haksar A、Chawla Rの等Zingiberのofficinale Rosc。 ガンマの放射線誘発の調節された好みの嫌悪を調整する。 Pharmacol Biochem Behav。 8月2005日; 81(4): 864-70。

76. Haksar A、Sharma A、Chawla Rの等Zingiberのofficinaleは性特定の方法の放射線誘発CTAに対して行動のradioprotectionを表わす。 Pharmacol Biochem Behav。 6月2006日; 84(2): 179-88。

77. Emerit I、Arutyunyan R、Oganesian Nの等放射線誘発のclastogenic要因: イチョウのbilobaのエキスのanticlastogenic効果。 自由なRadic Biol Med。 6月1995日; 18(6): 985-91。

78. イチョウのbilobaのエキス(EGb 761)のAlaoui-Youssefi A、Lamproglou I、Drieu K、Emerit I. Anticlastogenicの効果および照射されたラットの要素のいくつか。 Mutat Res。 9月1999日15日; 445(1): 99-104。

79. Emerit I、Oganesian N、Sarkisian Tの等チェルノブイリの事故の回復労働者の血しょうのClastogenic要因: イチョウのbilobaのエキスのanticlastogenic効果。 Radiat Res。 11月1995日; 144(2): 198-205。

80. Sener G、Kabasakal L、Atasoy BMの等イチョウのbilobaのエキスはラットのイオン化の放射線誘発の酸化器官の損傷から保護する。 Pharmacol Res。 3月2006日; 53(3): 241-52。

81. Dardano A、Ballardin M、Ferdeghini Mの等radioiodine療法を受け取っているグレーブス病の患者のイチョウのbilobaのエキスのAnticlastogenicの効果。 J Clin Endocrinol Metab。 11月2007日; 92(11): 4286-9。

82. ホスファターゼに対するPanaxの朝鮮人参のKumar M、Sharma MK、Saxena PS、Kumar A. Radioprotectiveの効果およびスイスの白子のマウスの睾丸の脂質の過酸化反応のレベル。 Biol Pharm Bull。 3月2003日; 26(3): 308-12。

83. 武田A、Katoh N、朝鮮人参による放射傷害のYonezawa M. Restoration。 III。 マウス、ラットおよびモルモットに対する朝鮮人参のエキスのthermostable一部分のRadioprotective効果。 J Radiat Res (東京)。 6月1982日; 23(2): 150-67。

84. 、Cho CK SH、金Yoo SYの水酸化カリウム溶液KH、Yun HGの金のTH。 Panaxの朝鮮人参およびdiethyldithiocarbamateの生体内のradioprotective活動。 生体内で。 1993日9月10月; 7(5): 467-70。

85. 金のTH、リーYS、Cho CKの公園S、Choi SY、Yool SY。 ネズミ科のリンパ球の放射線誘発DNAの二重繊維壊れ目そして修理に対する朝鮮人参の保護効果。 蟹座Biother Radiopharm。 8月1996日; 11(4): 267-72。

86. リーTK、アリソンRR、O'Brien KFの等朝鮮人参は照射の後でリンパ球でmicronucleiをもたらす減らす。 Mutat Res。 1月2004日10日; 557(1): 75-84。

87. 、Jeong KS SH、金Ryu SYの金のTH。 Panaxの朝鮮人参は毛小胞のapoptosisを防ぎ、照射されたマウスの毛の髄質の細胞の回復を加速する。 生体内で。 1998日3月4月; 12(2): 219-22。

88. 、息子CH SH、金Nah SY、Jo SK、Jang JS、Shin DH。 Panaxの朝鮮人参およびdiethyldithiocarbamateによるマウスの放射の応答の修正。 生体内で。 2001日9月10月; 15(5): 407-11。

89. 歌JY、ハンSK、Bae KGの等ginsanのimmunomodulatorのRadioprotective効果。 Radiat Res。 6月2003日; 159(6): 768-74。

90. リーTKのJohnkeのRM、アリソンRR、O'Brien KF、Dobbs LJのJr.の朝鮮人参のRadioprotective潜在性。 突然変異誘発。 7月2005日; 20(4): 237-43。

91. リーTK、O'Brien KF、Wang Wの等90分の人間のリンパ球に対するアメリカ朝鮮人参のRadioprotective効果照射後: 40の場合の調査。 J Alternの補足物Med。 5月2010日; 16(5): 561-7。

92. Kozurkova M、Hakova H、Misurova E。 照射されたラットのレバー ヒストンに対するsilymarinの効果、hepatoprotective物質。 獣医Med (Praha)。 1994;39(2-3):85-92.

93. Kropacova K、Misurova E、Hakova H. Protectiveおよび潜伏肝臓障害の開発に対するsilymarinの治療上の効果。 Radiats Biol Radioecol。 1998日5月6月; 38(3): 411-5。

94. Tiwari P、Kumar A、アリM、Mishra KP。 silibininによるプラスミッドそして細胞DNAおよびスイス人のマウスのRadioprotection。 Mutat Res。 1月2010日; 695 (1-2): 55-60。

95. ラマダーンのLA、RoushdyのHM、AbuのセンナGM、アミンNE、ElDeshw OA。 放射線誘発のhepatotoxicityに対するsilymarinのRadioprotective効果。 Pharmacol Res。 6月2002日; 45(6): 447-54。

96. Selig C、Nothdurft W、Fliedner TM。 人間の骨髄のgranulocyte/大食細胞のコロニー形成細胞に対するN acetylcysteineのRadioprotective効果。 Jの蟹座Res Clin Oncol。 1993;119(6):346-9.

97. 劉Y、チャンH、チャンLは、等酸化防止N acetylcysteineマウスでX線によって引き起こされる激しいレバー傷害を減少させる。 Eur J Pharmacol。 12月2007日1日; 575 (1-3): 142-8。

98. Kilciksiz S、Demirel C、Erdal N、等。 ラット モデルの放射線誘発の酸化損傷のためのbiomarkersに対するN acetylcysteineの効果。 アクタMed岡山。 12月2008日; 62(6): 403-9。

99. Baier JE、Neumann HA、Moeller T、Kissler M、Borchardt DのN acetylcysteineによるcytokine解放を通したRicken D.の放射線防護。 Strahlenther Onkol。 2月1996日; 172(2): 91-8。

100. Demirel C、Kilciksiz S、Ay OI、Gurgul S、Ay私、ラットの骨髄の放射線誘発のgenotoxicityそして細胞毒性に対するN acetylcysteineのErdal N. Effect。 J Radiat Res (東京)。 1月2009日; 50(1): 43-50。

101. Tiwari P、Kumar A、Balakrishnan S、Kushwaha HS、Mishra KP。 放射線誘発のmicronucleusの形成およびDNAは酸化防止チオールによって人間のリンパ球および彼らの防止で傷つく。 Mutat Res。 5月2009日31日; 676 (1-2): 62-8。

102. Wambi C、Sanzari J、弱々しいXSは、等食餌療法の酸化防止剤hematopoietic細胞を保護し、全体ボディ照射の後で動物の存続を改善する。 Radiat Res。 4月2008日; 169(4): 384-96。

103. Fontecave M、Atta M、Mulliez E.S-adenosylmethionine: 何も無駄にならない。 傾向Biochem Sci。 5月2004日; 29(5): 243-9。

104. Lu SC. S-Adenosylmethionine。 Int J Biochemの細胞Biol。 4月2000日; 32(4): 391-5。

105. Batra V、Mishra KP。 メチルの供給の飢餓によるDNAのmethyltransferaseのプロフィールの調節はガンマの照射によって続いた。 Biochem Molの細胞。 1月2007日; 294 (1-2): 181-7。

106. Batra V、Sridhar S、Devasagayam TP。 DNAのメチル化の方の高められた1カーボン変化: ガンマ放射誘発の後成の修正に対するメチルの食餌療法の補足の効果。 Chem Biolは相互に作用している。 2月2010日12日; 183(3): 425-33。

107. Yong LCの、SampsonのLA AJ、Sigurdson区EM、Petersenの氏。 高い食餌療法の酸化防止取入口は航空会社の操縦者の減らされた染色体の転置の頻度と関連付けられる。 AM J Clin Nutr。 11月2009日; 90(5): 1402-10。

108. 陳B、Zhou XC。 スペース放射線誘発の損傷に対する自然な食餌療法の酸化防止剤の保護効果。 スペースMed Medの英語(北京)。 2003年; 16のSuppl: 514-8。

109. ベンAmotz A、Yatziv S、子供の自然なベータ カロチンの補足のSela Mの等効果はチェルノブイリの事故からの放射に露出した。 RadiatはBiophysを囲む。 10月1998日; 37(3): 187-93。

110. 焼跡FJ、陳S、Xu G、ウーFの独特の味氏。 電子照射されたラットの皮の遺伝子発現そして癌の誘導の食餌療法のretinoidの行為。 J Radiat Res (東京)。 12月2002日; 43のSuppl: S229-32.

111. Nubel T、Dippold W、Kaina B、フリッツG. Ionizing放射線誘発のE-selectinの遺伝子発現および腫瘍の細胞粘着はlovastatinおよび全TRANS retinoic酸によって禁じられる。 発癌。 8月2004日; 25(8): 1335-44。

112. チャンRの焼跡FJ、陳H、陳S、ラットの皮の遺伝子発現のウーF. Alterationsは56Feイオンおよび食餌療法のビタミンAのアセテートに露出した。 Radiat Res。 5月2006日; 165(5): 570-81。

113. Marekova M、Vavrova J、Vokurkova D、promyelocytic白血病の細胞(HL-60)の全TRANS retinoic酸によるイオン化の放射線誘発のapoptosisそして細胞周期の阻止のPsutka J. Modulation。 Physiol Res。 2003;52(5):599-606.

114. Vorotnikova E、試みM、Braunhut S. RetinoidsおよびTIMP1は毛管endothelial細胞の放射線誘発のapoptosisを防ぐ。 Radiat Res。 2月2004日; 161(2): 174-84。

115. Lenton KJ、Therriault H、Fulop T、Payette H、Wagner JR。 グルタチオンおよびアスコルビン酸塩は人間のリンパ球の酸化DNAの損傷に否定的に関連する。 発癌。 4月1999日; 20(4): 607-13。

116. Konopacka M、Rzeszowska-Wolny J. AntioxidantのビタミンC、Eおよびベータ カロチンは、また人間のリンパ球のガンマ線照射の後でDNAの損傷を生体外での前に減らす。 Mutat Res。 4月2001日5日; 491 (1-2): 1-7。

117. Konopacka M、Palyvoda Oの治療後人間のリンパ球の放射線誘発の染色体の損傷に対するRzeszowska-Wolny J.のアスコルビン酸の抑制的な効果生体外で。 Teratog Carcinogの突然変異原。 2002;22(6):443-50.

118. Witenberg B、Kletter Y、Kalir HHは、等アスコルビン酸HL60 myeloid白血病の細胞のXの照射によって引き起こされるapoptosisを禁じる。 Radiat Res。 11月1999日; 152(5): 468-78。

119. Waldrenカリフォルニア、Vannais DB、Ueno AM。 放射線誘発の突然変異および耐久性がある染色体の不安定に於いての長命基(LLR)のための役割: アスコルビン酸塩およびRibCysしかしないDMSOによる対策。 Mutat Res。 7月2004日13日; 551 (1-2): 255-65。

120. Prasad KN、Kumar B、沿XD、AJハンソンCole WC。 アルファtocopherylの琥珀酸塩、アジェバント癌治療のためのビタミンEの最も有効な形態: 検討。 J AM Coll Nutr。 4月2003日; 22(2): 108-17。

121. Singh VK、Shafran RL、ジャクソン私達、第3の種TM、Kumar KS。 radioprotectiveトコフェロールのアナログによるcytokinesの誘導。 Exp. Mol Pathol。 8月2006日; 81(1): 55-61。

122. Singh VK、ブラウンDS、Kao TC。 アルファ トコフェロールの琥珀酸塩はgranulocyteコロニーの刺激的な要因の誘導によってガンマ放射からマウスを保護する。 Int J Radiat Biol。 1月2010日; 86(1): 12-21。

123. Kayan M、Naziroglu M、Celik O、Yalman K、Koylu H.のビタミンCおよびEの組合せは喫煙者および禁煙家の放射線学の技術者の血のX線によって引き起こされる酸化圧力を調整する。 細胞Biochem Funct。 10月2009日; 27(7): 424-9。

124. アルファlipoic酸。 モノグラフ。 Altern MedのRev. 9月2006日; 11(3): 232-7。

125. スミス ジュニア、Thiagaraj HV、Seaver B、Parker KK。 細胞培養のlipoic酸の鏡像体の差動活動。 JのハーブPharmacother。 2005;5(3):43-54.

126. Streeper RS、Henriksen EJ、ヤコブS、Hokama JY、Fogt DL、Tritschler HJ。 インシュリン抵抗力がある骨格筋のブドウ糖の新陳代謝に対するlipoic酸の立体異性体の差動効果。 AM J Physiol。 7月1997日; 273 (1つのPt 1): E185-91.

127. ブラウンSL、Kolozsvary A、劉JのJenrowのKA、Ryu S、金JH。 露出の後の始まる酸化防止食事療法の補足は24時間放射の致死率を減らす。 Radiat Res。 4月2010日; 173(4): 462-8。

128. Zueva NAのMetelitsaのLA、Kovalenko Efimovように。 チェルノブイリの核工場の事故の一掃の労働者のberlithioneのImmunomodulating効果。 Lik Sprava。 2002;(1):24-6.

129. デービスGD、Masilamoni JG、Arul Vは、等マウスに対するDLアルファlipoic酸のRadioprotective効果繊維芽細胞の皮を剥ぐ。 細胞Biol Toxicol。 8月2009日; 25(4): 331-40。

130. Dani V、Dhawan DK。 ラットの赤血球への単一の線量のradioiodine (131I)の露出に続く亜鉛のRadioprotective役割。 インドJ Med Res。 10月2005日; 122(4): 338-42。

131. antiperoxidative代理店の続くヨウ素131がラットの酸化防止システムと赤血球の形態の変更を引き起こしたようにDani V、Dhawan D. Zinc。 地獄J Nucl Med。 2006日1月4月; 9(1): 22-6。

132. 骨髄のFloersheim GL、Chiodetti N、Bieri A. Differentialのradioprotectionおよび亜鉛アスパラギン酸塩による腫瘍の細胞。 Br J Radiol。 6月1988日; 61(726): 501-8。

133. Epperly MW、Gretton JE、Sikoraカリフォルニアは減少した放射線誘発の細胞損傷に、等スーパーオキシドのディスムターゼのミトコンドリアの局在化要求される。 Radiat Res。 11月2003日; 160(5): 568-78。

134. アルカラスM、Acevedo C、Castillo Jは、等Liposoluble酸化防止剤有効なradioprotective障壁を提供する。 Br J Radiol。 7月2009日; 82(979): 605-9。

135. Qishen P、郡野BJのSpirulinaからのエキスのKolman A. Radioprotectiveの効果-マウスの骨髄の細胞のplatensisはmicronucleusテストの使用によって調査した。 Toxicol Lett。 8月1989日; 48(2): 165-9。

136. Badr FMのElの習慣オハイオ州、Harraz MM。 mitoticおよびmeiotic細胞の染色体の損傷の測定によって査定されるmelatoninのRadioprotective効果。 Mutat Res。 8月1999日18日; 444(2): 367-72。

137. Koc M、Buyukokuroglu私、Taysi S。 ラットの総ボディ照射の間の周辺血球に対するmelatoninの効果。 Biol Pharm Bull。 5月2002日; 25(5): 656-7。

138. Shetty TK、Satav JG、Nair CK。 ガンマの照射に対するGlycyrrhizaのglabra L.によるDNAそしてmicrosomal膜の保護生体外で。 Phytother Res。 9月2002日; 16(6): 576-8。

139. Singh I、Sharma A、Nunia V、Goyal PK。 Emblicaのofficinalisによるスイスの白子のマウスのRadioprotection。 Phytother Res。 5月2005日; 19(5): 444-6。

140. Jindal A、Soyal D、Sharma A、Goyal PK。 マウスの放射線誘発の損傷に対するEmblicaのofficinalisのエキスの保護効果。 Integrの蟹座Ther。 3月2009日; 8(1): 98-105。

141. Del Bano MJ、Castillo J、ベナベンテ ガルシアOの等ガンマ線によって人間のリンパ球で引き起こされる染色体の損傷に対するローズマリーのphenolicsのRadioprotectiveantimutagenic効果。 J Agricの食糧Chem。 3月2006日22日; 54(6): 2064-8年。

142. Papadopoulou Fの外的なか内部イオン化の照射の後のEfthimiou E.の甲状腺癌。 地獄J Nucl Med。 2009日9月12月; 12(3): 266-70。

143. O'Donnellの氏、Abboud CN、Altman Jの等急性骨髄性白血病。 J国民のCompr Canc Netw。 3月2011日; 9(3): 280-317。

144. Sovacool BK。 失敗の費用: 主要なエネルギー事故の予備の査定、1907-2007年。 エネルギー政策。 5月2008日; 36(5): 1802-20。

145. Sovacool BK。 偶然世紀-最後の100年の顕著なエネルギー事故。 調査および生産: 石油およびガスの検討。 2009;7(2):132-7.

146. Sovacool BK。 アジアの原子力そして回復可能な電気の重大な評価。 現代的なアジアのジャーナル。 8月2010日; 40(3): 386。

147. Hallenbeck WH。 放射線防護。 Boca Raton、FL: CRCの出版物; 1994.

148. 型RF。 チェルノブイリは記録する: チェルノブイリの大災害の限定的な歴史。 Boca Raton、FL: CRCの出版物; 2000.

149. Tronko1 M、Bogdanova T、Voskoboynyk L、Zurnadzhy L、Shpak VのGulak L.の放射線誘発の甲状腺癌: 基本的な、応用面。 Exp. Oncol。 9月2010日; 32(3): 200-4。

  • ページ
  • 1
  • 2