生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

生命延長雑誌2011年2月
レポート

目標とされた 栄養混合物が付いているあなたの血糖レベルを管理しなさい

Alonzo Brody著
目標とされた栄養混合物が付いているあなたの血糖レベルを管理しなさい

_に50年前に科学者は決定的確立ことをlow低水準がの クロム 直接貢献に高blood血糖および前糖尿病性の複雑化。1

けれども今日、どこでも アメリカの 人口の25-50%の間でクロムの不足に 苦しむ。2つは これ本当らしい貴重なクロムおよび全食糧からの自然なクロムを減らす産業食品加工の土を減らした現代商業農法の結果。 危険を混合することは年齢のクロムの低下を吸収するあなたの 身体容量 現実である。

これらの警急の事実は広まったのの手がつけられない栄養の不十分が ブドウ糖のレベルを最大限に活用するための最もよい努力の下を掘るかもしれない隠しだての脅威強調する。

Extension®のメンバーが よくご承知の通り、余分なブドウ糖はだけでなく、退化的な病気の危険を高めるが、また不利に延長寿命に必要な長寿の遺伝子に影響を与える。

出版された調査では早段階の糖尿病性の複雑化を引き起こし、満開の糖尿病の手始めを急がせるために、クロムの不足は示されていた。3-5

明るいニュースはブドウ糖のレベルの厳しい統制を保つあなたの体の能力を最大限に活用する 目標とされた一組の新しい栄養の混合物が識別されたことである。

この記事では、老化すると同時にブドウ糖を利用するあなたの体の能力を高める最先端のクロムの複合体の学ぶ。 また残りのブドウ糖によって加えられたシステムレベルで保護する付加的な栄養素の証明された力を損傷から発見する。

クロム: マスターの血糖の調整装置

クロムの調査は 一貫して 血糖レベル、インシュリンの感受性および脂質のプロフィールの改善を示した。6-9 最近の研究はいかに働くか明らかにする: クロムは好意的にあなたの細胞の内部通信センター(細胞内の信号方式)の血ブドウ糖を より低く 効果的に調整する。

あなたの体のあらゆる細胞は最適の血 ブドウ糖の 吸収および新陳代謝を確立し、維持するためにきちんと作用しなければならない内部通信システムを使用する。 そのような細胞内シグナリングは血の高いブドウ糖のレベルに検出し、答える 細胞の能力に 特に重要である。

細胞がこれらの高度を検出するとき、biomolecularプロセスの配列は定める動きでどれだけうまく 彼らが 高められた砂糖の重荷を管理するか置かれる。 クロムはこのプロセスに重大であるために今確認され血の細胞通風管そして故障を可能にし砂糖および効果的に 血のブドウ糖のレベルを下げる。10,11

臨床文献は血糖レベルを下げ、インシュリンの感受性を高めるデータ支持のクロムの単一機能 豊富である。

クロムが血糖レベルをいかに下げるか: GLUT4

私達の体のほとんどの金属のようなクロムは、特定の蛋白質の「キャリア」の分子に、結合する。 赤血球のヘモグロビンの分子がアイロンをかけるために結合するように chromodulinの 分子はクロム イオンに結合する。21

インシュリンの前で、chromodulinの分子は重大なブドウ糖の運送者分子によって呼ばれるGLUT4の活発化を誘発する細胞の位置変形し。22,23 GLUT4は骨格筋およびほとんどのブドウ糖の新陳代謝がボディで起こる脂肪質のティッシュに最も豊富にある。24,25

クロムによって一度活動化させて、GLUT4は細胞の内部マトリックスからの細胞膜の位置に位置を深く中移す。22,26 GLUT4は血でそれから砂糖を下げている間ブドウ糖が細胞で高い濃度血でからより低い集中に流れるようにし安全に砂糖を新陳代謝させるように細胞が同時に水平になるする。

タイプ2の糖尿病の手始めの最も早いでき事の1つはGLUT4複雑なそう科学者によってブドウ糖の輸送の阻止であると今ブドウ糖を効果的に運ぶGLUT4の能力の再活性化に目新しい取り組み方に鋭く興味がある知られている。27-29

クロムは直接インシュリン(インシュリン抵抗力があるティッシュの重大な効果)の独立者である行為の第2重要なメカニズムを加えるGLUT4運送者の分子の生産自身を高める。 クロムはGLUT4を含む複数の細胞内シグナリング分子のための遺伝子を、調整する。22,30,31 増加を循環からブドウ糖を動かすために利用できるGLUT4の量もたらす。 刺激的な最近の調査はクロムがまたGLUT4システムの増加されたブドウ糖の通風管の独立者に貢献するp38 MAPKと呼ばれる全く異なる信号方式を活動化させることを明らかにする。32

2009調査では、クロムがあった糖尿病性の患者は絶食および午後のブドウ糖のレベルの減少と共に彼らの総インシュリンの条件の減少を、経験した。12の 最近の調査は彼らの規則的な薬物と共に取られたときクロムおよびビオチンとの補足が肥満の糖尿病性の患者に超過重量のglycemic制御を改善できることを示す。13

クロムはまた血糖レベルが余りに高くなるときだけ 平均がそれある薬剤のような危険なほどに低い血糖レベルを引き起こさないが、ギヤにむしろ蹴る血糖に対する肯定的な効果を選択式に出す。14,15

科学者は食事(postprandial期間)に続く即時の期間の血糖の制御が多分他の時にもより重要であることを確認する。 これは血糖がボディで危険なほどに打ちつけることができるとき多数の生理学的システムへの低レベルの、累積損傷をそのうちに加える間隔である。 クロムは劇的にほとんどの主題のpostprandial期間の間にブドウ糖への総露出を減らすために示されていた。16

クロムのmultitargeted行為はだけでなく、砂糖のレベルを低い保つ、また高度のglycationの最終製品の形成、か年齢を防ぐ。5,12,17,18 とりわけ、クロムの助けはヘモグロビンA1cの高い 砂糖の集中への 長期 露出と関連付けられる 高度のglycationの最終生成物のレベルを低下させる。18

これらの利点は異常な脂質レベルの健康な減少および血の高密度脂蛋白質 (HDL)を動脈清潔にすることの増加 と一緒に伴われる。9つは またクロムおよびビオチンの組合せ好意的にatherogenic索引と呼ばれるbiomarkerに 影響を与えるために示されていた: 高められた心血管の危険と関連付けられるHDLへのトリグリセリドの比率。19

クロムによるインシュリン シグナリングの改善はまた特定の親炎症性cytokinesの減らされた生産と関連付けられる。 これらは細胞シグナリング分子損なわれたブドウ糖制御を延長し、悪化させることの相互に補強の役割を担う。11,20

有効な有機性血糖の安定装置: Amla および Shilajit

クロムは効果を安定させ、高めるために付加的な有機材料を通してバランスが要求する非常に反応金属イオンである。 肥満のための2つの従来の治療および結果はもっと最近共働作用してクロムの有利な行為を高めるために示されてしまった。

ハーブの amla (インドのセイヨウスグリ)は直接肯定的に高い血糖および新陳代謝シンドロームと関連している要因に影響を及ぼす生化学的な、遺伝子調整プロセスの多くに影響を与える。 amlaを含んでいる従来の準備は長く糖尿病性動物および人間の血糖を下げるために知られてしまったが最近までメカニズムは明白でなかった。33,34

私達は今amlaのエキスが 強力な 酸化防止剤であることがわかる。35,36 それらは砂糖に他では澱粉を変える食事に続く血糖の負荷を 減らすのを 助ける消化酵素を禁じる。35 前臨床モデルで、amlaを含んでいる草の組合せは脂質の過酸化反応、アテローム性動脈硬化に於いての重大な役割およびインシュリン抵抗性の開発をする 細胞膜 への遊離基の 損傷を減らす。37

Amlaのエキスはまた多数のレベルで余分なブドウ糖によって加えられる損傷からのティッシュを保護し、糖尿病患者の傷つきやすい目の(目の)構造そして他のティッシュの破壊をもたらす糖アルコールの生産を防ぐ。Amlaの 38,39のエキスは動物モデルの新陳代謝シンドロームを防ぐことで付加的な約束を示している。40

必要がある何を知る: 栄養上目標とされたブドウ糖制御
  • インド人Goosebery
    インド人Goosebery
    アメリカの 人口の50%までクロム、ボディが血糖レベルを制御する必要がある主な栄養素の1が不十分である。
  • 細胞レベルでエネルギーに血糖を破壊し、変えるあなたの体の能力を最大限に活用する新しいクロムの 複合体は識別された
  • 共働作用して 有機化合物の amla (インドのセイヨウスグリ) および クロムのブドウ糖低下効果を高めるshilajitの仕事。
  • Amlaはshilajitはブドウ糖の有効な細胞新陳代謝を後押しするが高い血糖によって加えられる損傷からの細胞を保護する。
  • シナモンのポリフェノールは細胞のブドウ糖の検出システムを活動化させ、もっとすぐに機能することをそれらが高い血糖に逆らうために可能にする。
  • シナモン完全であることの感じを(satiety)消費過剰を防ぐためにおよび生じる血糖およびインシュリンのの後食事のスパイクはまた引き起こす。
  • 茶色海藻助けのエキスは消化酵素を妨げ、腸からブドウ糖の吸収を限ることによってブドウ糖の高度を防ぐ。

付加的なバランスはshilajit、fulvic 酸で 豊富な有機性および無機化合物の複雑な混合物によって 提供される。 調査はshilajitが私達のmitochondriaが砂糖および脂肪からのエネルギーを利用する方法に対する驚くべき効果をもたらすことを示した。41

Fulvicの酸は分子「付き添いとして機能し」、電子をmitochondria内の細道に沿って効率的に往復する。42-44 これはミトコンドリアの呼吸の効率を高め、血糖の新陳代謝を促進する。45

amlaおよびshilajit クロム 混合物は こうしてあなたの体がとる機能し、血流からのブドウ糖の急速な取り外しおよび細胞内のブドウ糖の有効な利用を保証する細胞間のそして 内の ブドウ糖を 配る方法を最大限に活用するために。

海藻エキスとの炭水化物の故障の妨害

海藻エキスとの炭水化物の故障の妨害

高いブドウ糖に対する戦いの補足の作戦はボディが処理しなければならないブドウ糖の量を限ることである。 多くの医者は彼らの患者に彼らの総炭水化物の取入口を減らすように勧めるがこの作戦はほとんどの人々 部分的な保護だけ提供する。 もう一つのアプローチは消化器の構成の砂糖に澱粉の転換を鈍くすることである。 これは腸の炭水化物新陳代謝を停止させる自然な酵素阻害剤の導入によって安全そして効果的に達成することができる。 最も魅力的なターゲットは砂糖生産のアルファ アミラーゼ および アルファ グルコシダーゼの 酵素 である。

いろいろな海藻からのエキスはこれらの酵素に対する抑制的な効果をもたらす。46-49 動物実験はこれらの酵素を禁じることが血糖レベルを下げることを明らかにした。50,51 高いブドウ糖の減少のこれらの海藻強力な用具で見つけられるポリフェノールはまたである有効な酸化防止剤だけでなく、ある。52,53

これらの海藻エキスは脂肪細胞の防微分、複製し、有害な脂肪質関連のcytokinesの解放を減らすことを防ぐことを刺激する。54,55 それらは重要なPPAR新陳代謝の感知システムのupregulationとまたGLUT4ブドウ糖の運送者の高められた表現によって一部にはこの効果を達成する。54,55

シナモン: 臨床的に文書化されたブドウ糖の戦闘機

シナモンの従来の使用は肥満と関連し、条件に私達は糖尿病および新陳代謝シンドロームとして今確認する。 水溶性のシナモンのエキス ポリフェノールは多数ターゲットで高度のglycationの最終製品によってインシュリンの感受性、より低い血糖および限界の損傷を高めるために機能する。56,57 一まとめに、これらの効果は新陳代謝シンドロームのための危険の減少に貢献する。58

シナモンのポリフェノールは細胞およびティッシュに対する直接保護効果を出す強力な酸化防止剤である。59 近年、私達はシナモンがまた有効に細胞がインシュリンの前でブドウ糖をとることを可能にするブドウ糖の輸送の複合体の数そして活動を高めることを学んだ。60,61

PPARsとして知られている反糖尿病性の薬剤の開発のための源として薬品会社によって調査されている新陳代謝センサーのまたシナモンのupregulatesの生産。62 PPARsは細胞が高められたブドウ糖の集中を確認し、それらを下げるために機能する別のメカニズムを表す。 高められたPPARの活動は改善されたインシュリンの感受性に貢献する。

人間の調査では、シナモンの補足は血糖を下げ、インシュリンの感受性を高める。63 それは砂糖が豊富な食事の摂取の後でブドウ糖のレベルでスパイクを鈍くし、同時にインシュリンのスパイクを下げる。64,65

シナモンはまたより私達 べきであるsatiety 、完全私達は多くを食べることを防ぐであることの感じを高めるのを助ける。66

シナモンはまた反新陳代謝シンドロームの効果を高める低血圧に示されていた。67は 減らされた血糖、減らされた血圧および改良されたボディ構成の組合せ早い新陳代謝シンドロームの糖尿病の印のない大人の途方もない医療補助を約束する。68

シナモン: 臨床的に文書化されたブドウ糖の戦闘機
シナモン

これらの効果は強力に余分なブドウ糖へのボディの総露出を下げる。 蛋白質のglycationを減らし、年齢の累積効果を防ぐブドウ糖誘発の組織の損傷を防ぐためにしかしシナモンはまた機能する。69の シナモンの補足は、そのことを苦痛な、衰弱させる神経の傷害糖尿病性のニューロパシーの減少の約束が、例えば神経蛋白質のglycationに起因することを示した。70 シナモンのポリフェノールに炎症抑制、抗菌、antitumor、コレステロール低下、および私達の全面的な病気の危険の減少に貢献する免疫調節の効果をあり。71 とりわけ、シナモンのエキスは心循環器疾患の私達の危険を高める脂肪によってティッシュ得られる炎症性cytokinesのレベルを減らすために示されていた。72

概要

アメリカの 人口の50%までクロム、ボディが血糖レベルを制御する必要がある主な栄養素の1が不十分である。 細胞レベルでエネルギーに血糖を破壊し、変えるあなたの体の能力を最大限に活用する新しいクロムの 複合体は識別された。

共働作用して 有機化合物の amla (インドのセイヨウスグリ) および クロムのブドウ糖低下効果を高めるshilajitの仕事。 Amlaはshilajitはブドウ糖の有効な細胞新陳代謝を後押しするが高い血糖によって加えられる損傷からの細胞を保護する。

人間の調査では、シナモンの補足は血糖を下げ、インシュリンの感受性を高める。

シナモンのポリフェノールは細胞のブドウ糖の検出システムを活動化させ、もっとすぐに機能することをそれらが高い血糖に逆らうために可能にする。 シナモン完全であることの感じを(satiety)消費過剰を防ぐためにおよび生じる血糖およびインシュリンのの後食事のスパイクはまた引き起こす。 茶色海藻助けのエキスは消化酵素を妨げ、腸からブドウ糖の吸収を限ることによってブドウ糖の高度を防ぐ。

一緒に取られて、これらの栄養素は有効で自然なメカニズムを最適の範囲に絶食血ブドウ糖のレベルを抑制するために老化の個人に(86のmg/dLの下で)間、鈍くなる危ないの後食事のブドウ糖のスパイク与える。

この記事の科学的なコンテンツの質問があったら、生命Extension®の健康の顧問をで呼びなさい
1-866-864-3027.

参照

1. Mertz W、Angino EEの大砲のHL、Hambidge KM、Voors AW。 クロム。 : 地球化学のための米国の全国委員会。 地球化学の環境の小委員会。 地球化学および環境。 容積I。 健康および病気への指定微量の元素の関係。 ワシントンD.C.、: 国家科学院; 1974:29-35.

2. http://www.drweil.com/drw/u/ART02868/chromium.htmlで利用できる。 2010年11月20日アクセスされる。

3. Striffler JS、Polansky MのアンダーソンのRA。 クロム不十分なラットのインシュリンの生産過剰。 新陳代謝。 1999;48(8):1063-8.

4. ヴィンチェンツォJB。 クロムの行為のメカニズム: 低分子量のクロム結合の物質。 J AM Coll Nutr。 2月1999日; 18(1): 6-12。

5. Terpilowska S、Zaporowska H。 細胞生物学および薬に於いてのクロムの役割。 PrzeglのLek。 2004年; 61 Supplの3:51 - 4。

6. アンダーソンのRA、チェンN、Bryden NA、Polansky MMのキーJの補足のクロムのFeng J. Elevatedのの取入口はタイプ2の糖尿病を持つ個人のブドウ糖およびインシュリンの変数を改善する。 糖尿病。 11月1997日; 46(11): 1786-91。

7. LindayのLA。 三価クロムおよび糖尿病の防止プログラム。 Medの仮説。 7月1997日; 49(1): 47-9。

8. Bahijiri SMのミラSAの法律学者AM、Ajabnoor MA。 ブドウ糖の許容に対する無機クロムの効果および醸造用のイースト補足、タイプ2の糖尿病を持つ個人の血清の脂質および薬剤の適量。 サウジアラビア人Med J. 9月2000日; 21(9): 831-7。

9. Bahijri SM。 ブドウ糖の許容および脂質のプロフィールに対するクロムの補足の効果。 サウジアラビア人Med J. 1月2000日; 21(1): 45-50。

10. ヴィンチェンツォJB。 糖尿病へのクロムの行為そして関係の分子メカニズムのための探求。 NutrのRev. 3月2000日; 58 (3つのPt 1): 67-72。

11. 陳WY、陳CJ、劉CH、毛FC。 クロムの補足は肥満KK/HlJの糖尿病患者のマウスの骨格筋で信号を送るインシュリンを高める。 糖尿病Obes Metab。 4月2009日; 11(4): 293-303。

12. Pohl M、Mayr P、Mertl-Roetzer Mの等病気特定のenteral方式のタイプ2の糖尿病の患者のGlycemic制御: ランダム化された、管理された多中心の試験の段階II。 JPEN J Parenter Enteral Nutr。 2009日1月2月; 33(1): 37-49。

13. Albarracinカリフォルニア、紀元前のFuqua、エバンズJL、Goldfine ID クロムのpicolinateおよびビオチンの組合せはタイプ2の糖尿病を持つ肥満の患者に扱われた、自由な超過重量のブドウ糖の新陳代謝を改良する。 1月2月糖尿病のMetab ResのRev. 2008日; 24(1): 41-51。

14. ライアンGJ、Wanko NS、Redman ARのコックのCB。 タイプ2の糖尿病のためのadjunctive処置としてクロム。 アンPharmacother。 6月2003日; 37(6): 876-85。

15. Cefaluの重量、ルードJ、Pinsonat P、等タイプ2の糖尿病の主題のクロムの補足への新陳代謝および生理学的な応答の性格描写。 新陳代謝。 5月2010日; 59(5): 755-62。

16. Frauchiger MT、Wenk CのColombaniのPC。 健康な若者のpostprandial新陳代謝に対する激しいクロムの補足の効果。 J AM Coll Nutr。 8月2004日; 23(4): 351-7。

17. ジャイナ教SK、Patel PのRogier K. Trivalentのクロムは最高によってブドウ糖扱われる赤血球の蛋白質のglycosylationそして脂質の過酸化反応を禁じる。 Antioxidの酸化還元反応は信号を送る。 2006日1月2月; 8 (1-2): 238-41。

18. Keszthelyi Zは、Tを過ぎて、Koltai K、Szabo LのMozsik G. Chromium (III) -イオン タイプ2の糖尿病のブドウ糖の利用を高める。 Orv Hetil。 10月2003日19日; 144(42): 2073-6年。

19. Geohas J、Daly A、Juturu VのフィンチM、Komorowski JR。 クロムのpicolinateおよびビオチンの組合せはタイプ2の糖尿病の患者の血しょうのatherogenic索引を減らす: 偽薬制御の、二重盲目にされた、ランダム化された臨床試験。 AM J Med Sci。 3月2007日; 333(3): 145-53。

20. ジャイナ教SKの雨JL、Croad JL。 高いU937 monocytesのブドウ糖そしてケトーシス(acetoacetate)の増加、およびクロムのniacinateの減少、IL-6、IL-8およびMCP-1分泌そして酸化圧力。 Antioxidの酸化還元反応は信号を送る。 10月2007日; 9(10): 1581-90。

21. Clodfelder BJ、Emamaullee J、Hepburn DD、Chakov NEのイラクサHS、ヴィンチェンツォJB。 クロムの道(生体内でIII)血から尿への: transferrinおよびchromodulinの役割。 J Biol Inorg Chem。 6月2001日; 6 (5-6): 608-17。

22. 陳G、劉P、売買するPattar GRの等クロムはブドウ糖の運送者4を活動化させ、コレステロール依存したメカニズムによって3T3-L1 adipocytesのインシュリン刺激されたブドウ糖の輸送を高める。 Endocrinol Molの。 4月2006日; 20(4): 857-70。

23. ルンドS、Holman GD、Schmitz O、Pedersen O. Contractionはインシュリンのそれから明瞭なメカニズムを通して骨格筋のブドウ糖の運送者GLUT4の転置を刺激する。 Proc国民のAcad Sci米国。 6月1995日20日; 92(13): 5817-21。

24ジェームスDE、ブラウンR、Navarro J、Pilch PF。 インシュリンregulatableのティッシュは独特でインシュリンに敏感なブドウ糖の輸送蛋白質を表現する。 性質。 5月1988日12日; 333(6169): 183-5。

25. ジェームスDE、Strube M、インシュリンregulatableのブドウ糖の運送者のMueckler M.の分子クローニングおよび性格描写。 性質。 3月1989日2日; 338(6210): 83-7。

26. Pattar GR、Tackett L、劉P、Elmendorf JS。 クロムのpicolinateはhyperglycemic糖尿病性の条件の下で培養されるadipocytesのコレステロール ホメオスタティスに影響を与えることによって肯定的にブドウ糖の運送者システムに影響を及ぼす。 Mutat Res。 11月2006日7日; 610 (1-2): 93-100。

27. EysterカリフォルニアのOlsonのAL 細胞骨格によってGLUT4に信号を送るインシュリンの区分化そして規則。 Vitam Horm。 2009;80:193-215.

28. Lauritzen HP。 GLUT4転置の生体内のイメージ投射。 Appl Physiol Nutr Metab。 6月2009日; 34(3): 420-3。

29. Leney SE、Tavare JM。 インシュリン刺激されたブドウ糖の通風管の分子的機序: 信号を送り、および潜在的な薬剤ターゲット売買する。 J Endocrinol。 10月2009日; 203(1): 1-18。

30. ウーYT、日曜日Z、Che SP、Wang X、Wang Y、糖尿病性のラットの骨格筋の遺伝子発現のクロムの郡野G. Regulation。 魏Sheng沿Jiu。 3月2005日; 34(2): 184-7。

31. Qiao W、ポンZ、Wang Z、魏J、Zhou A. Chromiumは骨格筋の細胞のIR、GLUT4、GSおよびUCP3のmRNAのレベルをupregulatingによってブドウ糖の通風管および新陳代謝を改良する。 Biolの跡Elem Res。 11月2009日; 131(2): 133-42。

32. Wang YQ、矢尾MH。 インシュリン抵抗力がある3T3-L1 adipocytesのブドウ糖の通風管に対するクロムのpicolinateの効果はp38 MAPKの活発化を含む。 J Nutr Biochem。 12月2009日; 20(12): 982-91。

33. Manjunatha S、Jaryal AK、Bijlani RL、Sachdeva U、Gupta SK。 ブドウ糖の許容および脂蛋白質のプロフィールに対するChyawanprashおよびビタミンCの効果。 インドJ Physiol Pharmacol。 1月2001日; 45(1): 71-9。

34. Babu PS、P. Antihyperglycaemic Stanely Mainzenの王子およびhyponiddの酸化防止効果、streptozotocin誘発の糖尿病性のラットのayurvedic herbomineral公式。 J Pharm Pharmacol。 11月2004日; 56(11): 1435-42。

35. LDLの酸化およびキーの酵素に対するTerminaliaのbellericaおよびEmblicaのofficinalisのフルーツのNampoothiri SV、Prathapan A、Cherian OL、Raghu KG、Venugopalan VV、Sundaresan A.の生体外で酸化防止および抑制的な潜在性はタイプ2の糖尿病につながった。 食糧Chem Toxicol。 10月2010日14日。

36. Rao TP、Sakaguchi N、Juneja LR、Wada EのYokozawa T. Amla (Emblicaのofficinalis Gaertn。)のエキスはstreptozotocin誘発の糖尿病性のラットの酸化圧力を減らす。 J Medの食糧。 2005落下; 8(3): 362-8。

37. Patel SS、Shah RS、Goyal RK。 DiharのAntihyperglycemic、antihyperlipidemicおよび酸化防止効果は、streptozotocinのpolyherbal ayurvedic公式糖尿病性のラットを引き起こした。 インドJ Exp. Biol。 7月2009日; 47(7): 564-70。

38. Suryanarayana P、Kumar PA、Saraswat M、Petrash JM、Reddy GB。 Emblicaのofficinalisのtannoidの原則によるアルドースの還元酵素の阻止: 砂糖の激流の防止のための含意。 気力Molの。 3月2004日12日; 10:148-54。

39. Suryanarayana P、Saraswat M、Petrash JM、Reddy GB。 Emblicaのofficinalisおよび富ませたtannoidsはラットのstreptozotocin誘発の糖尿病性の激流を遅らせる。 気力Molの。 2007;13:1291-7.

40. 金HY、Okubo T、Juneja LR、Yokozawa T。 ラット モデルに於いてのフルクトース誘発の新陳代謝シンドロームに対するamla (Emblicaのofficinalis Gaertn。)の保護役割。 Br J Nutr。 2月2010日; 103(4): 502-12。

41. Meena H、Pandey HK、Arya MC、アーメドZ. Shilajit: 高度問題のための万能薬。 Int J Ayurveda Res。 1月2010日; 1(1): 37-40。

42. Klapper L、McKnight DMのフルトン ジュニア、等Fulvicの蛍光性の分光学を使用して酸の酸化数の検出。 Sci Technolを囲みなさい。 7月2002日15日; 36(14): 3170-5。

43. RoyerのRA、ブルゴスWD、フィッシャーように、Unz RFのDempseyのBA。 電子往復およびFeによる赤鉄鉱の生物的減少の強化(II) complexation。 Sci Technolを囲みなさい。 5月2002日1日; 36(9): 1939-46年。

44. SH Kang電子シャトルとして自然な有機物のサービングの前のzero-valent鉄を使用して有機化合物のChoi W. Oxidativeの低下。 Sci Technolを囲みなさい。 2月2009日1日; 43(3): 878-83。

45. Visser SA。 ミトコンドリアの呼吸および酸化的リン酸化に対する有機物の物質の効果。 Sciの合計は囲む。 4月1987日; 62:347-54。

46. 金KYのNguyenのTH、Kurihara H、金SM。 紅藻のPolyopesのlancifoliaから浄化されるブロモフェノールのアルファ グルコシダーゼの抑制的な活動。 Jの食糧Sci。 6月2010日; 75(5): H145-50.

47. Apostolidis E、リーCM。 Ascophyllumのnodosumのフェノールの酸化防止仲介されたアルファ グルコシダーゼおよびアルファ アミラーゼの阻止の生体外の潜在性。 Jの食糧Sci。 4月2010日; 75(3): H97-102.

48. 金KYのNamのKA、Kurihara H、金SM。 紅藻のGrateloupiaのellipticaから浄化される有効なアルファ グルコシダーゼの抑制剤。 Phytochemistry。 11月2008日; 69(16): 2820-5。

49. チャンJ、耕うん機C、センJ、等茶色海藻Ascophyllumのnodosumからの多糖類のおよびpolyphenolic富ませた一部分のAntidiabetic特性。 J Physiol Pharmacolはできる。 11月2007日; 85(11): 1116-23。

50. Heo SJ、Hwang JY、Choi JI、ハンJS、金HJ、Jeon YJ。 DiphlorethohydroxycarmalolはIshigeのokamuraeから褐藻、有効なアルファ グルコシダーゼ隔離し、アルファ アミラーゼの抑制剤は、糖尿病性のマウスのpostprandial hyperglycemiaを軽減する。 Eur J Pharmacol。 8月2009日1日; 615 (1-3): 252-6。

51. Lamela M、Anca J、Villar R、オテロJ、Calleja JM。 複数の海藻エキスのHypoglycemic活動。 J Ethnopharmacol。 11月1989日; 27 (1-2): 35-43。

52. Iwai K. Antidiabeticおよび遺伝的に糖尿病性KK-Aの褐藻のEckloniaのstoloniferaのポリフェノールの酸化防止効果(y)マウス。 植物食糧によってはNutrがぶんぶんいう。 12月2008日; 63(4): 163-9。

53. Ruperez P、Ahrazem O、Leal JA。 食用の海洋の茶色海藻Fucusのvesiculosusからの硫酸化された多糖類の潜在的な酸化防止容量。 J Agricの食糧Chem。 2月2002日13日; 50(4): 840-5。

54. 金のSN、Choi HY、リーW、公園GM、Shin WS、金YK。 Sargassumのyezoense adipocyteの微分をからの3T3-L1細胞のPPARalpha/ガンマの活発化によってSargaquinoicの酸そしてsargahydroquinoic酸は刺激する。 FEBS Lett。 10月2008日15日; 582 (23-24): 3465-72。

55. Kang SI、ジンYJ、Ko HC、等Petaloniaはstreptozotocin誘発の糖尿病性のマウスのブドウ糖ホメオスタティスを改善する。 Biochem Biophys Res Commun。 8月2008日22日; 373(2): 265-9。

56. Cao H、Polansky MMのアンダーソンのRA。 シナモンのエキスおよびポリフェノールはマウス3T3-L1のadipocytesのtristetraprolin、インシュリンの受容器およびブドウ糖の運送者4の表現に影響を与える。 アーチBiochem Biophys。 3月2007日15日; 459(2): 214-22。

57. Lu Z、Jia Q、Wang R、等異なった桂皮からのA-およびBタイプのprocyanidinのオリゴマーが豊富なエキスのHypoglycemic活動。 Phytomedicine。 9月2010日17日。

58. Qin B、Panickar KSのアンダーソンのRA。 シナモン: インシュリン抵抗性、新陳代謝シンドロームおよびタイプ2の糖尿病の防止に於いての潜在的な役割。 Jの糖尿病Sci Technol。 5月2010日; 4(3): 685-93。

59. Roussel AM、Hininger I、Benaraba R、Ziegenfuss TNのアンダーソンのRA。 太りすぎまたは肥満である損なわれた絶食のブドウ糖を持つ人々のシナモンのエキスの酸化防止効果。 J AM Coll Nutr。 2月2009日; 28(1): 16-21。

60. 金W、Khil LY、クラークRの等dihydroxyhydrocinnamic酸のNaphthalenemethylのエステルの派生物、シナモンの部品はブドウ糖の運送者4. Diabetologiaの転置を高めることによって、ブドウ糖の処分を高める。 10月2006日; 49(10): 2437-48。

61. 金W、Khil LY、クラークRの等dihydroxyhydrocinnamic酸のNaphthalenemethylのエステルの派生物、シナモンの部品はブドウ糖の運送者4. Diabetologiaの転置を高めることによって、ブドウ糖の処分を高める。 10月2006日; 49(10): 2437-48。

62. Sheng X、チャンYのどらZ、黄C、Zang YQ。 Peroxisomeの活発化によるシナモンのエキスによる改善されたインシュリン抵抗性そして脂質新陳代謝は受容器を増殖剤活動化させた。 PPAR Res。 2008;2008:581348.

63. Solomon TP、Blannin AK。 生体内のブドウ糖の許容に対する短期シナモンの摂取の効果。 糖尿病Obes Metab。 11月2007日; 9(6): 895-901。

64. Hlebowicz J、Hlebowicz A、Lindstedt S、等胃に空けることに対する1および3 gのシナモンの効果、satietyおよびpostprandial血ブドウ糖、インシュリン、ブドウ糖依存したinsulinotropicポリペプチド、グルカゴンそっくりのペプチッド1、および健常者のghrelinの集中。 AM J Clin Nutr。 3月2009日; 89(3): 815-21。

65. Solomon TP、Blannin AK。 健康な人間の毎日のシナモンの摂取の2週に続くブドウ糖の許容およびインシュリンの感受性の変更。 Eur J Appl Physiol。 4月2009日; 105(6): 969-76。

66. メトラーS、Schwarz IのColombaniのPC。 シナモンおよび酢酸の付加的なpostprandial血のブドウ糖減少し、satiety高める効果。 Nutr Res。 10月2009日; 29(10): 723-7。

67. イギリスの多民族のタイプ2の糖尿病性の患者のシナモンのAkilen R、Tsiami A、Devendra D、ロビンソンN. Glycatedのヘモグロビンそして血の圧力低下効果: ランダム化された、偽薬制御の、二重盲目臨床試験。 Diabet Med。 10月2010日; 27(10): 1159-67。

68. Ziegenfuss TN、Hofheins JE、メンデルRW、Landis JのアンダーソンのRA。 ボディ構成に対する水溶性のシナモンのエキスの効果および前糖尿病性の人および女性の新陳代謝シンドロームの特徴。 J Int SocのスポーツNutr。 2006;3:45-53.

69. ポンX、Ma J、Chao J、等特定の高度のglycationの最終製品の形成に対するシナモンのproanthocyanidinsの有利な効果およびブドウ糖の消費のmethylglyoxal誘発の減損。 J Agricの食糧Chem。 6月2010日9日; 58(11): 6692-6。

70. Bahceci S、Aluclu MU、Canoruc Nの等糖尿病性のラットのnervusのischiadicusに対するシナモンの効果の超微細構造的な評価。 神経科学(リヤド)。 10月2009日; 14(4): 338-42。

71. Gruenwald J、Freder J、Armbruester N. Cinnamonおよび健康。 Food Sci Nutr CritのRev。 10月2010日; 50(9): 822-34。

72. Qin B、Polansky MMのアンダーソンのRA。 シナモンのエキスは脂肪質得られた要因の血しょうレベルおよびフルクトース与えられたラットの脂肪組織の炭水化物新陳代謝そしてlipogenesisと関連している多数遺伝子の表現を調整する。 Horm Metab Res。 3月2010日; 42(3): 187-93。