生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

生命延長雑誌2011年2月
健康プロフィール

Judy Collins: 運動選手の生活様式住んでいる

Ronaのチェリーによって
Judy Collins
Judy Collins

40年以上Collinsによってが民俗運動家ボブ・ディランの横のグリニッチビレッジの喫茶店の名声に立上がった歌手/ソングライター以来Judy、ジョアンBaez、およびピート・シーガー渡っていた。 それ以来、Joni Mitchellの「両側の彼女の演出のために最も最もよく知られている前科グラミー賞の勝者は今」40冊以上のアルバムを記録し、小説を含む9冊の本を書き、そして「Antoniaを指示するためのアカデミー賞のノミネート受け取ってしまった: 女性の肖像画」。

年齢は完全に彼女のエネルギーか熱意に影響を与えないし、5月1日に71を昨年回したCollinsは減速の印を示さない。 この6月、彼女は「楽園」と呼ばれた彼女の自身のレコード会社、野生の花の記録および出版された虹にタイトルを付けられた彼女の前代未聞の児童図書から新しいCD解放されたニューヨークのCafé Carlyleで6週間の操業を包んだ。 彼女はまだ頻繁に行ったり、新刊書および計画により多くの歌の執筆をするために取り組んでいる。

私用苦闘

年齢22で1961年に彼女の最初アルバムを解放したCollinsは厳密な自己訓練に彼女の長いキャリア、wondrouslyそのままなソプラノ声およびエネルギーを信じる。 「私の生活様式運動選手のようますますである」、は彼女は生命延長のインタビューで最近言った。 「私はビタミンの多くを取り、運動し、黙想し、祈り、そして定期的に読む。 それは私が道に」。ないとき行ったり(彼女は約100つのショーをする年)、する私がする私の移動、私の執筆をおよび他の仕事を私が歌うためにならないものであるしなければ

彼女は制御の下にある、およびイチョウ使用する彼女の記憶の彼女の関節炎のためにMSMのグルコサミンの硫酸塩を。

彼女の美しい声が甘い平静を放射するが、彼女の私生活は14で外傷および失恋の自殺の試み、薬物乱用およびアルコール中毒(彼女はずっとずっと30年間冷静である)の年、彼女の大学恋人からの結核、肝炎、離婚、不況および恐慌発作の過食症および一続きの完全である。

栄養の訓練

最も堅いハードルは彼女の33歳の息子および一人っ子、薬物乱用およびずっと不況を含むCollinsの同じ問題のいくつかと戦っていたクラーク テイラーの自殺との1992年に入って来た。 「私は荒廃を越えてあった」、彼女は私達が家族写真でおよび友人、家族およびCollins彼女自身が絵画満たしたニューヨークの彼女の不規則に広がること、4ベッドルームのアパートに坐ったので、私に言った。 「私は死にたいと思った」。

但し、彼女の第2夫、ルイ ネルソン(彼女が18年後の1996年に一緒に結婚した誰と)産業デザイナーの療法、黙想およびサポートの年後に、彼女は暗闇の彼女の出口を見つけ始めた。 彼女はその後精神健康の支持者になり、自殺および自殺の防止について生存者のグループおよび精神衛生の組織に規則的に話す。

栄養の訓練

「乱用しなかったら声単独でと」、は彼女を言う悪化させないボディの唯一の筋肉である。 「叫び、笑い、そして飲み、そしてたばこを吸い、そして起きてい、終夜にそして不正確に歌えば、それは行く行っている。 しかし、ころぶまで歌うことができる。 私は私のために働き、決定とのそれらを」。する事をしなければならない

Judy Collinsの補足のリスト
  • ケルセチン
  • Vitamin B Complex
  • ビタミンC
  • ビタミンD3
  • グルコサミンの硫酸塩
  • 補酵素Q10
  • クランベリーのエキス
  • Acidophilus
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • 亜鉛
  • イチョウ
  • オメガ3
  • Multivitamin

Collinsは彼女の食事療法について特に彼女が訓練にあるように、ほとんど訓練される。 「私は私が食べるために仮定されるものだけを食べる。 蛋白質、野菜、サラダおよびフルーツ、およびその通り」と彼女は言う。 「私は全の、未加工または調理された野菜を食べる。 私は保つそれをかなり基本」。 彼女はまた砂糖か穀物を食べないし、大豆小麦粉を除く種類の小麦粉を使用しない。

Collinsはニューヨークの内科の専門家の先生とリチャードAsh長年にわたり働き、ビタミンおよび他の栄養の補足の率直な支持者である。 「私達に私達の大気で私達をいつも攻撃している従って私達は中から」と造り上げなければならない多くの事がある彼女は言う。 「ボディをそれ自身を直すために得るなる。 従って私は注意する」。

これを受けて、彼女は約46のビタミンを取り、他は朝および夕方のバッチに分けられる日を補う。 その中でケルセチンは、喘息を含むいろいろな病気プロセスに対する強力な効果をもたらす炎症抑制および有効な酸化防止ある。 「それは私が持っていたアレルギーのために非常に重要」、Collins説明するである。 「私は前に喘息の実際に極度な対立がほぼ20年あった。 それはとても悪かった私失っていた私の声を」。

彼女はまた4,000 mgにcolonicと同じ清潔になる効果をもたらすまで日ビタミンCの「トン」に取ったり毎日およびまた大量服用で緩衝されたビタミンCの粉を取ることを含むビタミンCのフラッシュをする。 「私は6週毎に」とこれをする彼女は言う。 「それはあなたの体で走りまわるすべてのそのビタミンCからのそのような上昇を感じてもらわないcolonicおよびあなたの侵略的な性質を」。

刺鍼術が前に膀胱炎の彼女を30年以上治し、彼女が問題が繰り返すことを防ぐために幾つかのクランベリーの丸薬を毎日取ることを代替医療の狂信者、Collinsは言う。 彼女は制御の下にある、およびイチョウ使用する彼女の記憶の彼女の関節炎のためにMSMのグルコサミンの硫酸塩を。 「私はA、B、CのDのビタミン、複合体、補酵素Q10をする。 私は保つ私のビタミンのバランスを」。

Collinsはまた刺鍼術のために月に一度行き、規則的なマッサージがある。 実際に彼女の息子が死んだ最初の年後、なぜなら、彼女はマッサージが毎日あった。 「マッサージ私が私のボディに再び得るのを助け、私の悲しむ頭部から」、は彼女は書いた。

熱心なエクササイザー

熱心なエクササイザー

すべての彼女の生命不況を戦った誰かとして、Collinsは熱心なエクササイザー(彼女はスキーをすることを愛する)で、活発な練習に彼女のエンドルフィンを後押しするために頼る。 長年にわたって、彼女は高貴なカナダ空軍練習からヨガ、エアロビクスまで及び、泳ぐすべての異なったタイプの練習を試みた。 今日、Collinsは体育館に行くエンドルフィンを得るためによりもむしろ行く自宅で運動する。 運動しているテレビを見ている間彼女はトレッドミルおよび静止したバイクがあり、彼女の寝室で40から50分を使う日。

彼女が道にある時でさえ、Collinsはコンサートか話の後で彼女のホテルの運動のポイントを作る。 「私は町に得、時間があり、リハーサルをし、行い、食事をするそれからべきなら仮眠を取る。 私がホテルに戻るとき、私は私のホテルの部屋のまわりで走ることおよび私の練習ルーチンをすることによって私が」。寝る前に解決する 夜に運動して彼女の睡眠を破壊するか。 「私は赤ん坊のように眠る」と彼女は言う。

追求の平和

どこかに彼女の日に、Collinsは黙想の時間を見つける。 彼女は彼女がマハリシまたはKrishnamurtiのような時の教祖に続く彼女の二十代に黙想し始めたことを言う。 彼女はまたニューヨークのヨガのクラスに行った。 「私は私が黙想の安定した練習に方法を見つけなければならなかった私の中心で知っていた」と彼女は言う。

前方にある何が

彼女の40年代では、彼女は自己実現団体(SRF)、深く呼吸を含んでいるおよび彼女が9から15の年齢からの古典的なピアノを調査した先生によってAntonia Bricoヨガ、導入された黙想の形態に。 交響楽団ニューヨークを行なう最初の女性が1974年に作られたCollinsがParamahansa Yoganandaについての彼女に言ったフィルムの主題になったと同時に、SRFの創設者Brico先生。 すぐにCollinsは黙想の彼の練習の学生になった。 「私はSRFに非常にある」とCollinsは言う。 「私は1日に2回のために試みる」。 Collinsは黙想がだけでなく、彼女を静めるが言ったり、彼女の焦点をと助ける。 「それは私に私が実際に必要とすること感情的な安定性を提供すると」、彼女言う。

前方にある何が

退職はCollinsのための選択ではないことをようではない。 彼女は「イギリスのGlastonburyの祝祭(「それは彼等ののようちょっとWoodstock知っているの泥の100,000人」である)を含む出版物の多くが付いているヨーロッパの次のコンサートそして性能について」、興奮して話した。 イギリスのコンサートの後で、彼女はAARPの国民のでき事及び博覧会でCrosbyとの1つを含む国家中のコンサートを、酒造機およびNashおよびRichieの避難所する米国へ戻る前にパリのショーを、フロリダのこの落下する。 「私はまたおよび私のsongwritingに再び掘るために私の新刊書(回顧録)に取り組むことを計画する」と彼女は言った。 「刺激的な事私の前にある」。は

Judyの音楽的な生命
Judyの音楽的な生命

私達のほとんどがギター奏者としてCollinsについて主に考えるが、伝説の歌手は古典的なピアノに天才児だった。 シアトルで耐えられてが、コロラド州で上げられて、彼女は4歳でレッスンを始め、年齢13でデンバーの交響楽団との彼女の公共のデビューを、した。 しかし彼女は彼女自身をフォーク・ミュージックにますます見つけ、Steinwayからギターに引き分け彼女が16才だったまでに、移った。 彼女はデンバーおよびボールダー クラブで歌ったり、そしてグリニッチビレッジの喫茶店そして喫茶店に東に向かった。

1961年に、Elektraは署名した彼女に記録し、彼女は解放した彼女の最初アルバムを「一定した悲哀の女中」。 彼女の最初金のアルバムは、「野生の花、1967年に最高の民俗性能のための彼女の最初グラミー賞を獲得しているCollinsに」導いた。 彼女は道化師で彼女の版のための彼女の第2 Grammyにの「送る勝った」、1975年に年のSongと示された。

人々音楽アイコン、Collinsは彼女が長年にわたって解放したアルバム40とのショーの調子および標準、賛美歌、子守唄および石の歌含んでいた。 彼女の最も最近のCD、「楽園」、彼女はスティーブンの酒造機と団結し、2つのトラックのジョアンBaezはペインターについてのジミーWebbによって呼ばれる「Gauguin」によってそこに新しい歌行い。 彼女はまたちょうど「ピーターのYarrowの本の押印からの同じ名前の新しい子供の絵本と含まれているCDの虹」上の古典を解放した。

この記事の科学的なコンテンツの質問があったら、生命Extension®の健康の顧問をで呼びなさい
1-866-864-3027.