生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2011年8月
レポート

最先端の項目DNAの技術の遅れの皮の老化

ギャリーGoldfaden、MDおよびロバートGoldfaden著
本の抄録: あなたの骨

あなたの皮膚細胞ボディを含んであなたのにあらゆる細胞の核DNAの内にある電源スイッチがある。 それは彼らがどの位住んでいる、そしていつ死ぬか制御する。

ほとんどの皮膚科医は決してそれを聞いたあらないことは。

、役割は皮の若返り研究の最前線に細胞老化のマスターの調整装置としてtelomereとして知られていて今ある。1,2

この記事では、皮の老化のtelomereの活動の重要性および出現は論議される。 皮の老化を遅らせ、逆転させるために好意的にこの細胞メカニズムを調整するかもしれない主栄養素の学ぶ。 また皮膚細胞の寿命の延長によって若々しい出現を維持する機能の支えるデータを見つける。3

年齢関連の化粧品問題に苦しんでいる成長した女性のグループを含む臨床調査ではこの小説DNAの技術は皮の堅固、すべての調査の関係者で観察された自然な皮の湿気の復帰の肌の色合いの45%の改善の35%の増加を、引き起こした。3

遺伝的にプログラムされた皮の低下

皮膚細胞は人体の速分割の細胞間にある。 それらは一定した環境の侮辱の摩耗および破損を相殺しなければあるならない。

問題は、率が皮膚細胞分かれ、補充するすべての細胞と同じようにことである、前もって決定される。1,2 年齢30の後で、皮膚細胞部の率の50%4までのプログラムされた低下は自動的に誘発される。

老化すると同時に、これらのより古い、非分けて皮膚細胞を強い始め、急速に動きの見苦しい年齢関連の変更の多くを置く同等を数で圧倒し分ける。 若々しく細胞を分けることの増加損失によって、あなたの皮はより薄くなり、より容易に引き裂く。 青年で豊富な支える脂肪の根本的な層は、一度ゆっくり薄くする。 あなたの肌の弾力性を減らし、弛ませるより少ないコラーゲンおよびエラスチンは作り出される。

あなたの皮が湿気を作り出し、保つことはこのような状況の下で困難であるので乾燥セットおよび良いラインおよびしわは現われる。5

歴史のほとんどのために、このの見苦しい効果の逆転への皮膚科学のアプローチは皮の表面に避けられないプロセス黒点、傷、はが理解できるほど焦点を合わせた。 そして皮の老化を戦うためにいくつかの項目介在が必要であること質問がない。

最先端の細胞老化の研究のおかげで、私達は今皮の老化の目に見える認刻極印が主として核DNAの変更の結果であることを推量してもいい: 染色体の端にtelomeresの短縮、皮膚細胞の老化を加速する根本的な核メカニズム。 (次見なさい。)

DNAを修理する新しい介在

遺伝的にプログラムされた皮の低下

科学研究の年は方法皮膚細胞の年齢を変えることができる最先端のアプローチで絶頂に達した。 2つの主原料、teprenoneおよび カプリル酸組合せは、 臨床的に皮膚細胞の寿命を伸ばし、若々しい見る皮を促進するために湿気を維持するように示された。3,6

これらの原料は貴重な湿気を皮で保っている間メカニズムを修理するためにより若々しい皮膚細胞のtelomeresおよび皮膚細胞DNAを支えるのを助ける。3,6は 組合せ良いラインおよびしわの出現を減し、年齢の点および大きい気孔を減らすことができる。 老化の印を防ぐことと共に、この方式は自然な含水率を高めること、質を元通りにすることおよび皮膚保護剤機能を増強することによって皮の健康を改善する。 これらの代理店に応じて、皮は高められた堅固、調子および伸縮性を表示する。 それは年齢関連の損傷からだけでなく、保護されるが、また若々しい機能および出現の多くを取り戻す。

分子レベルで、 teprenonegeranylgeranylacetone)は密接にビタミン K2に類似している。7 それは細胞の存続を支え、肌の色合いおよび出現を改善するために責任がある。 teprenoneの項目使用は反応酸素種(ROS)、皮膚の脂質(若々しく、健康な皮の部品 )の 過酸化反応、および皮膚細胞のサポート蛋白質の酸化の形成を防ぐためにおよび/または限るために機能する。3

Teprenoneは好意的に皮膚細胞の生物的圧力のマーカーを調整する。 それはまた写しの後で積極的にプログラムされた細胞老衰 老化)および 皮膚細胞 のapoptosis (プログラムされた死)を禁じるか、または限る。8,9

Telomeres: 細胞死のタイムキーパー

あなたの遺伝コードは一組のDNAによって呼ばれる染色体の長い繊維で構成される。 各染色体はあなたのレースの先端でプラスチック帽子のように機能する防ぐtelomereと、呼ばれる特別な分子順序端に密封される解くことを。

各telomereはつながれた組の基盤と呼ばれる4枚の化学札から成っている。 Telomeresは染色体に安定性を提供し、約10,000の基礎組の一連で構成される。30,31

巨大な10,000の基礎組の音が生物学的にそれを話してかなり小さいが。 比較すると、単一の染色体は80,000,000の基礎組に見合うことができるずっとおよびほとんどのヒト細胞に23組の異なったDNAの繊維として組織される46本の染色体がある。32,33

Telomeresの演劇細胞の生命および老化に於いての重大な役割。 Telomeresは各染色体を明瞭、保ちどの1つの繊維でも溶けることを他のDNAが付いているリングか結合に防ぐ。 Telomeresの助けは細胞分裂の人生の支えるプロセスをおよび細胞分裂の数を限るプロセスを支配する。34

生命中、あなたの体の細胞の兆すべてはであり絶えず彼ら自身の複写を分け、作成する。 この進行中のプロセスはだけでなく、成長それをである傷が直す限られた寿命が付いている細胞は(皮膚細胞のような)取り替えることができる方法可能にし。

これが、しかし起こる前に、各細胞は遺伝コードの最初に厳密な複写をしなければならない。 この情報は23組の染色体あらゆる細胞の核心で貯えられる。 ともにこれらは合計およそ3十億のヌクレオチドを表す。35

この情報すべては忠実に作り直されなければならない。 非常に、データのこの莫大な量の再生の誤り比は普通1,000ページ辞書を、ちょうど単一の間違いのコンマのためのコンマ逐語的な、100回コピーすることとほぼ同等のbillion-aの業績の1つよりより少しである。35

写しによってが、それ起こる方法のために端に親DNAの権利の両方の繊維をコピーすること不可能である。 各部分の後で再接続するためには、各繊維はtelomereの端にほんの僅か非機能的なDNAを犠牲にしなければならない。1 telomereの長さ(分割ごとの約50-100の基礎組)のこの損失 細胞の重大な遺伝コードをそのまま保つ36助け。 しかし約30-50の分割の後で細胞は「重大な長さ」に達し、複製もはやできる。36は この時点で(Hayflickの限界とそれを発見したの後で呼ばれて科学者)細胞senescent状態を書き入れる。 新陳代謝が減速し始める37。 apoptosisとして知られている前処理プログラムを作成された細胞死は始まる。 そして老化の目に見える効果は現われ始める。

Teprenoneは規則にかかわる遺伝子の活動化によってtelomeresを安定させることができ、遊離基の圧力、teprenoneの助けからあなたのDNAを保護することによるelongation.10はまた健康な皮膚細胞部を維持する。 さらに、細胞の助けバランスをとり直すことはまた改良する細胞新陳代謝を作用する。 生体内の調査は60%。3大いに細胞機能の損失を防ぐ ことができることをそれを示す

カプリル酸は 自然にやしおよびココナッツ油で 、また 人間 見つけられる、 脂肪酸牛およびヤギのミルクである。11 あなたの皮を通して同じような効果の混合物の100 倍速く吸収される オリーブ油からのオレイン酸のようなのは有名な皮調節の代理店である。12 それは皮の縛り水を助ける優秀なemollientをおよび障壁の代理店を作る。6 しかし多分何よりも大事なことは、カプリル酸はまた助けが表面張力を減らす作成し、皮が栄養素をもっと効率的に吸収するようにするより低いpHを。13

DNAを修理する新しい介在

老女の臨床調査では、自然な代理店のteprenoneおよびカプリル酸は老化の機能および構造印の目に見える改善を作り出した。 皮の堅固はちょうど1か に付き35%か増加した。3 肌の色合いは 同じ時間の45%によって改良した。3つの 彩色された点は6かの数か月後に 56% 減った。3

日曜日の点および皮の湿気はテストされた 女性 の100%年に改良した; 示されている 関係者の90%は気孔のサイズを減らした; そして 75% 表わされた改善された皮の荒さ、良いラインおよび障壁機能。3 より大きい皮の堅固、調子および伸縮性はまた調査のボランティアの十分の 大半 75%で観察された。3

カプリル酸とのteprenoneの組合せはより若々しい皮の出現の維持を助けることができる防護壁機能およびなだめるような湿気と共に高度DNAおよびtelomereサポート技術を、提供する。14

若々しい皮のための他の自然な原料

より若く見える皮のためのもう一つの重要な栄養素はhyaluronic 酸である。 あなたの体の事実上あらゆるティッシュで見つけられて、それは結合および上皮性のティッシュの主要部分である。 1,000倍を引き付けるその機能は水の自身の重量実際のところ他のどの物質によっても無比である。 これはそれを、また湿気および柔らかさ維持の皮膚保護剤機能のために重大にさせる。 Hyaluronic酸は十分を加え、顔のしわの出現を最小にする皮の細胞外のマトリックスに対するvolumizingか、または「落ちる」効果をもたらす。15,16

hyaluronic酸がより若い皮で豊富であるが、遊離基によって与えられる損害はそのうちに徹底的に皮の予備を減らす。 Hyaluronic酸は細胞の更新を高め、助けは老化する皮に健康な質、色および湿気を元通りにする。17-20

必要がある何を知る: 項目皮膚細胞DNA修理
  • 皮の老化の見苦しい効果は環境の侮辱に、また若々しい皮膚細胞の再生の遺伝的にプログラムされた、年齢関連の低下にだけでなく、起因する。
  • 2つの主原料、teprenoneおよびカプリル酸は、皮膚細胞の寿命を伸ばし、より若々しい皮の出現を支えるために示された。
  • これら二つの項目原料は皮の自然な保護の促進によって老化の目に見える印を訂正し、細胞 レベルで要因を修理する。
  • Teprenoneの助けはカプリル酸の助けは皮の若々しい湿気および障壁機能を維持するが老化の印を遅らせるためにまた更に逆転させるために最適のtelomereの長さを維持する。
  • 保湿し、活性化の代理店を伴って茶エキスからのhyaluronic酸およびスクアランおよび有効な酸化防止剤を、これらの原料減し、良いラインおよびしわの出現を減らす年齢の点、大きい気孔および皮の赤みを好みなさい。

スクアランは皮の健康のためのもう一つの重大な栄養素である。 この自然な炭化水素は皮のsebumの総脂肪分のおよそ12%を占める。21は 自然なオリーブ油からdermatological使用のための最もよいスクアラン得られ、化学構造のビタミンAに類似している。

自然なemollient、スクアランはそれを油が多いですか油性残余無しで柔らかくそしてしなやか去る皮にすぐに吸収される。 この不飽和炭化水素は深く突き通り、再生する、養う皮の生まれつきの能力および水和物のティッシュを刺激する。22 それはまたあなたの皮の保護抗菌性のコーティングの形成によって有害な微生物の成長を落胆させる。23

若々しい皮のための他の自然な原料

赤いそれ以上の茶エキス倍力避け、皮の老化を逆転させる皮の機能。24-28 赤い茶エキスは強力な酸化防止活動による年齢もたらす遊離基を癒やすことで特に有効である。29の 酸化防止が豊富な茶エキスはより新しく、より健康な、より若く見える皮を明らかにするために皮の欠陥の出現を、良いラインおよびしわを含んで、減らす。

他の 自然な臨床的に証明された 反老化の混合物とteprenoneおよびカプリル酸を結合することは細胞機能を高め、皮のティッシュの質を改善し、あなたの皮の若々しい寿命を伸ばすのを助けることができる方式を作り出す。

概要

科学者は老化の皮のより若々しい出現を皮膚細胞DNA修理に集中する新しい技術によって達成することができることを発見した。 より若々しい構造および機能の支持によって、皮膚細胞はより健康な、より若く見える皮に終って、より長く住むことができる。 2つの主原料、teprenoneおよび カプリル酸組合せは、 皮膚細胞の若々しい寿命および出現を拡張するために示された。3,6は これらおよび他の皮なだめるような原料の互いに作用し合う組合せ明らかにあなたの皮の健康そして出現を改善するかもしれない。

この記事の科学的なコンテンツの質問があったら、生命Extension®の健康の顧問をで呼びなさい
1-866-864-3027.

参照

1. HarleyのCB、Futcher AB、Greider CW。 Telomeresは人間の繊維芽細胞の老化の間に短くする。 性質。 1990年の5月31日; 345(6274): 458-60。

2. で利用できる: http://www.senescence.info/cells.html。 2011年5月4日アクセスされる。

3. モノグラフ。 パテント未決のRenovage™。 Sederma。 ファイルのデータ。 2007.

4. サクソンSV、Etten MJ、パーキンズEA。 物理的な変更および老化: 助力専門職のためのガイド。 ニューヨーク、NY: スプリンガーの出版; 2010:26.

5. Fenske NA、Lober CW。 正常な老化の皮の構造および機能変更。 J AM Acad Dermatol。 10月1986日; 15 (4つのPt 1): 571-85。

6. で利用できる: http://www.cosmeticsinfo.org/ingredient_details.php?ingredient_id=429。 2011年5月9日アクセスされる。

7. Nanke Y、Kotake S、Ninomiya T、Furuya T、Ozawa H、Kamatani N. Geranylgeranylacetoneは人間のosteoclastsの形成そして機能を禁じ、尾中断されたラットおよびovariectomizedラットの骨の損失を防ぐ。 CalcifのティッシュInt。 12月2005日; 77(6):376-85.

8. で利用できる: http://www.naturalhealthinformer.com/ironing-out-the-wrinkles-with-teprenone.html。 2011年5月9日アクセスされる。

9. で利用できる: http://www.wipo.int/pctdb/en/wo.jsp?amp%3BIA=WO2006120646&%3BDISPLAY=DESC&wo=2006120646&IA=IB2006051497&DISPLAY=DESC。 2011年5月9日アクセスされる。

10. で利用できる: http://www.wipo.int/pctdb/en/wo.jsp?amp%3BIA=WO2006120646&%3BDISPLAY=DESC&wo=2006120646&IA=IB2006051497&DISPLAY=DESC。 2011年6月6日アクセスされる。

11. で利用できる: http://www.ewg.org/skindeep/ingredient.php?ingred06=701053。 2011年5月9日アクセスされる。

12. で利用できる: http://www.freepatentsonline.com/5175190.html。 2011年5月9日アクセスされる。

13. で利用できる: http://www.naturelandfarm.com/。 2011年5月26日アクセスされる。

14. ギャリーGoldfaden、MD著行なわれる臨床調査。 ファイルのデータ。 2011.

15. グウH、黄L、Wong YPのorganotypic keratinocyte繊維芽細胞共同文化モデルの表皮の形態形成のBurd A. HA調節。 Exp. Dermatol。 8月2010日; 19(8): e336-9.

16. ジョン彼の価格RD。 顔のしわおよび老化の皮のためのhyaluronic酸の注入口の選択の見通し。 患者は付着を好む。 11月2009日3日; 3:225-30。

17. Manuskiatti W、Maibach HI。 Hyaluronic酸および皮: 直り、老化する傷。 Int J Dermatol。 8月1996日; 35(8): 539-44。

18. 堺S、Yasuda R、Sayo T、石川O、Inoue S. Hyaluronanは正常な層のcorneumにある。 JはDermatolを投資する。 6月2000日; 114(6): 1184-7。

19. BourguignonはLY、Ramez M、Gilad Eの等Hyaluronan-CD44相互作用keratinocytesの微分、薄板ボディ形成/分泌および透磁率の障壁ホメオスタティスを刺激する。 JはDermatolを投資する。 6月2006日; 126(6):1356–65.

20. Carruthers Jの皮の若返りのCarruthers A.のHyaluronic酸のゲル。 JはDermatolに薬剤を入れる。 2006日11月12月; 5(10): 959-64。

21. Botek AA、Lookingbill DP。 脂腺の構造そして機能。 : Freinkel RK、Woodley DTのED。 皮の生物学。 ニューヨーク、NY: Parthenon Publishing Group、Inc.; 2001:94.

22. Wille JJのKydonieus A. Palmitoleicの酸の異性体(C16: 人間の皮のsebumの1delta6は)グラム陽性の細菌に対して有効である。 皮のPharmacol Applの皮Physiol。 2003日5月6月; 16(3): 176-87。

23. ケリーGS。 スクアレンおよび潜在的な臨床使用。 Altern MedのRev. 2月1999日; 4(1): 29-36。

24. du Toit R、Volsteedt Y、ビタミンCの等量として測定されるフルーツ、野菜および茶の酸化防止内容のApostolides Z. Comparison。 毒物学。 9月2001日14日; 166 (1-2): 63-9。

25. Benzie、Szeto YT。 鉄の減少/酸化防止力の試金による茶の総酸化防止容量。 J Agricの食糧Chem。 2月1999日; 47(2): 633-6。

26. Suzuki Y、クロロフィルのShioi Y. Identificationおよびフォトダイオードとの高性能液体クロマトグラフィーによる主要な茶のカロチノイドは検出を配列する。 J Agricの食糧Chem。 8月2003日27日; 51(18): 5307-14。

27. クレイグWJ。 共通のハーブの特性の健康促進。 AM J Clin Nutr。 9月1999日; 70 (3つのSuppl): 491S-9S.

28. 円のGC、陳HY。 さまざまな茶のantimutagenic活動と主要コンポーネント間の関係。 突然変異誘発。 1月1996日; 11(1): 37-41。

29. McKay DL、Blumberg JB。 南アフリカのハーブ ティーのbioactivityの検討: rooibos (Aspalathusのlinearis)およびhoneybush (Cyclopiaのintermedia)。 Phytother Res。 1月2007日; 21(1): 1-16。

30. Meyne J、Ratliff RL、Moyzis RK。 人間のtelomere順序(脊椎動物間のTTAGGG)の保存n。 Proc国民のAcad Sci米国。 9月1989日; 86(18): 7049-53。

31. で利用できる: http://www.examiner.com/health-and-science-in-hartford/telomeres-and-longevity-the-long-and-short-of-it。 2011年5月4日アクセスされる。

32. Moyzis RK等。 非常に節約された反復的なDNA順序、(TTAGGG)人間染色体のtelomeresで現在のn。 Proc国民のAcad Sci米国。 9月1988日; 85(18): 6622-6。

33. Sadava D、Heller HC、Hillis DM、Berenbaum M. Life: 生物学、容積I.の第9 EDの科学。 W.H.フリーマン; 2009.  

34. で利用できる: http://www.medscape.com/viewarticle/472094_2。 2011年5月4日アクセスされる。

35. で利用できる: http://www.contexo.info/DNA_Basics/DNA%20Replication.htm。 2011年5月4日アクセスされる。

36. で利用できる: http://www.mskcc.org/mskcc/html/55556.cfm。 2011年5月9日アクセスされる。

37. Hayflick L。 老化の細胞生物学。 Clin Geriatr Med。 2月1985日; 1(1): 15-27。