生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2011年4月
私達がそれを見るように

あなたの生物的年齢を逆転させるために私達がしている何

ウィリアムFaloon著
ウィリアムFaloon
ウィリアムFaloon

ちょうどそれを80を老化させるために作ることを 想像しなさい しかしあなた自身を世話しなかった。 厳しく退化的な無秩序にこうして苦しみ、住むために残っている短いひとときだけ過ごす。

死ぬことを許可するかわりに開拓の医者のインプラントあなたの細胞の telomeresを 延ばす混合物。 30日以内に、あなたの年齢関連の病理学 全身の逆転がある。 だけでなく、大いに若者のように作用しているが、あなたの性別および豊饒がまた元通りになった ので 避妊について好奇の目を向けている。

延ばされてあなたの telomeresが 今以前退化した悪い習慣を避ける知恵とよりよい健康に、より長く住むと期待できる。

ほとんどの専門家はこれが可能ではないことを論争する。 けれども2010年11月28日に 出版される進歩の発見は 学術雑誌の性質のオンライン版年齢の逆転が 現実に なるかもしれないという証拠を提供する。1

この調査は人工的に短くされた寿命を持つtelomerase不十分なマウスを使用して行なわれた。 目的は加速された老化の結果が高度の 退化的な病理学 に苦しんでいる 動物 で逆転できるかどうか見ることだった。

進歩の調査結果

Telomeresは 私達の染色体の端にDNAの小さい単位である。 それらは頻繁にレースの端にプラスチック先端と比較される。 これらの先端(telomeres)がそのまま残る限り、すり切れることからの染色体および解くことからの遺伝子を中保つ。

私達の細胞が悪い生活様式の選択に応じて、または普通分かれると同時に、telomeresは漸進的に細胞が正常に機能しなくなる短くしたりまたは死ぬまで。これが 起こるとき2、私達はより古く、老化の病気と苦しむようになって育ち、結局死ぬ。

この同じ退化的な効果はそれらを健康で 新しい細胞を 作成すること漸進的になくさせる老化の私達の幹細胞で行われる。3

進歩の調査結果

魚油、 4ビタミンD、5 carnosine、6-8の multivitamins、9 および健康な生活様式の 選択 10がtelomereの短縮 率を遅らせるかもしれないという証拠がある。 これは彼ら自身を大事にし、適切な補足を使用する人々がそのような深遠な医療補助をなぜの楽しむか説明を助ける。2,11,12

、今まで証明されなかった何が、telomereの長さが既にひどく退化した老化させた有機体で 大幅に元通りになれば何が起こるかである。1

性質 調査 では精液を作り出す、時期早尚に老化させたマウスは器官の収縮、新しいニューロンを作り出すか、または既存のニューロンを保護するミエリン鞘の構造完全性を維持する無力および彼らの頭脳の失敗のような退化的な問題を開発した。1

これらの退化したマウスとして近づかれた死、研究者は酵素のtelomeraseの再活動化を 引き起こした。 telomeraseの再活動化に応じて、延びる 染色体の端に telomeres。1

30日だけ後、研究者が テストした あらゆるシステムの退化的な 変更 の逆転があった。 扱われたマウスの頭脳はだけでなく、新しいニューロンを育て始めたが保護ミエリン鞘包囲の既存のニューロンを厚くし始めた。 研究者の1つが引用されたので、それらはできたneurodegenerationを逆転 「」。 1

扱われたマウスは新しく実行可能な精液を作り出し、彼らの脾臓の萎縮および腸の損傷は逆転し、彼らの嗅覚は元通りになり(彼らの頭脳の元通りにされた嗅覚機能を示す)。1

これらのマウスは死のうと最初にしていたが、典型的な寿命によって調査の始めにあった退化的な状態を考慮することを想像されたかもしれないより長く、健康よりの住むことを続いた。 人間では、これは若い大人のそれへ病身の80歳の健康そして活力を元通りにすることのようである!

老化の厳しい現実を避けること

性質 調査 では、DNAは傷つき、もはや細胞機能か構造を維持する信号を出すことができる。 メカニズムを倒れた修理しなさい、幹細胞は妥協され、印を付けられたティッシュの萎縮は(頭脳の収縮のような)起こった器官システムの機能減損と共に。1

老化の厳しい現実を避けること

性質調査の 重大さは不具の年配の人間に多くの方法 動物のモデル類似したので延びるtelomereの効果をテストしたことである。 (また老化させた人間と比較されたこのマウス モデルに相違があった。)

それはヒト細胞文化調査からその無制限の細胞分裂の潜在性の回復のtelomereの長さの結果知られている。 まだ示されていないものが13-15厳しいティッシュの退化を用いる 普通老化させた 動物で延びるtelomereの 効果である。

ハーバード附属の研究者によるこの陸標の調査では、telomeresが延びた老化加速された マウスは 退化的な病理学 急速な逆転を示した。 これは普通老化させた動物と同じの間、全動物の(生体内の) モデル の全身の年齢逆転の前例のないデモンストレーションである。 この調査では、延ばされていたtelomeresを持つ老化させたマウスは検査されたあらゆるティッシュの新しい脳細胞の成長、元通りにされた性機能および豊饒、再生および劇的に長い 寿命表示した。1

性質調査の 著者は示すことによって結果を要約した:

「結論として、中枢神経系の年齢関連の低下のこの前例のない逆転および大人の哺乳類の健康に重大な他の器官は正当化する年齢準の病気、genotoxic圧力の蓄積によって運転される特にそれらのためのtelomereの若返りの作戦の調査を」。 1

永久に人類の歴史のコースを変える科学的な前進がある。 これはこれらの前進の1つであるかもしれない。 次に読むので、 生命Extension®は まだ立ち、この極めて重要な若返り研究を運ぶために他に頼らないだろう。

年齢の逆転はもはや冷やかすことができる

年齢の逆転はもはや冷やかすことができる

生命延長基礎の 開始以来 四十年前に、私達は私達の動揺しない予言上の政府関係機関によっていつの日か高齢者達の若者を再度作ることは可能であること主流媒体からの粗い批評および迫害に耐えた。

ちょうど昨年、私達がtelomereの長さを場合によっては元通りにすること実験室を含んで のヒト細胞の老化の逆転に はじめて成功して資金を供給した 研究。 科学者は元の胚状態に時間に老化させたヒト細胞を運び、ボディが自己再生を必要とするかもしれないあらゆる細胞に区別することをそれらが可能にする。 私達が資金を供給したこの年齢逆転の調査は同業者審査されたジャーナル再生薬で 出版された。16

実際のところ出版される最も最近の 調査は ひどく退化した状態のほ乳類を取り、組識的に1つのメカニズムだけ、 すなわちtelomereの 延長を使用して老化の病理学を 逆転させることは 可能であることを 示す。

生命延長は新しい 年齢逆転のプロジェクト に$2,000,000を提供する

現在の最新式の私達の分析に基づいて、私達はtelomereの長さおよび逆の老化プロセスを 元通りにする より有効な方法が あることを信じる。

2010年 12月では、 生命延長基礎は ReCyteの 治療法( BioTime、Inc.の子会社 )と電話された 会社に調査の新シリーズに資金の$2,000,000を提供した。17は 老化の実世界モデルの複数の細胞の若返りのメカニズムを(延びるを含むtelomere)利用する マウスのグループに第1ある。

この研究の最初の目的は心臓発作 からそれら および打撃を保護する方法でこれらのマウスの 脈管系を 活性化させること である。 従って逆の免疫の老衰に若々しい骨髄機能、癌、 感染症および 自己免疫の無秩序に対する相談の 保護を元通りにする研究は 目指すまた。18-24

これらの年齢逆転の効果がこのマウス モデルおよび他の生物系で文書化することができれば人間の確実な若返り療法を開発するように試みるのに私達の研究の資金がそれから 使用される。

  • ページ
  • 1
  • 2