生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2011年4月
レポート

研究者カリフォルニア大学はヒト細胞を老化させることの免疫機能を元通りにする

野生Delia著
研究者カリフォルニア大学はヒト細胞を老化させることの免疫機能を元通りにする

前に禁止された薬剤のアナログは重要な年齢逆転の進歩をもたらす かもしれない

immunosenescenceとして知られている免疫組織の老化は 人体の全面的な退化の中心的役割を担う。 (Immunosenescenceの戦いについては記事の革新的な作戦を見なさい

老化1のサンフランシスコおよび国民の協会カリフォルニア大学の科学者は lenalidomideを使用して首尾よく免疫細胞機能の年齢関連の悪化 評判が悪い薬剤のサリドマイドの親類を逆転させた。

より古い人間では細胞内の微生物を殺し、癌細胞を除去する、白血球によるインターフェロン ガンマ(IFNガンマ) のような 細胞シグナリング分子の減らされた生成は老化の免疫組織の機能を減らす。2

Lenalidomideは T助手の白血球およびNK細胞のような重大な免疫組織の細胞を動員する細胞シグナリング分子の生産の増加を含む興味をそそる免疫があ後押しの特性を、提供する。 実際、最近の科学的なデータは重大な免疫シグナリング分子の出力を正常化するlenalidomideの助けが個人65からおよびより古い取られる白血球で減ると知られているインターフェロン ガンマおよびIL-2を 好むことを示す。1

さらにもっと驚くべき、これらの効果は非常に低い線量で 観察された。 この調査に巨大な含意がある。 私達は彼らおよび彼らの免疫組織が老化と低下すると同時に普通作用の免疫細胞が多くの人々が屈する一種の条件成長している精密私達として癌および伝染を回避することを必要とする。

この記事では、この革新的研究の結果は詳しい。 これらの調査結果があなたの免疫組織の健康および機能にいかに関連しているかまた学ぶ。

古い薬剤からの新しい利点

Lenalidomideおよび老化のUCSFの調査
癌細胞

彼らの母がサリドマイドを取った後1950年代末そして早い` 60sのたくさんの子供厳しい生まれつきの障害、鎮静剤にそして妊娠の悪心を防ぐのに使用される苦しんだ。3 大災害が市場から薬剤の完全な回収に世界的に導き、有利に研究の調査を窒息させた次の30年にわたる薬剤の特性を免疫があ後押しする。 しかし新しい千年間のはじめにある特定の皮膚の病気の科学的な興味は免疫組織としての科学者によって調査されたサリドマイドの影響再度目ざめた。4

サリドマイドによって引き起こされた催奇形効果(すなわち、生まれつきの障害)を与えられて新しい研究は「第二世代の」薬剤に集中し始めた。5 その結果、lenalidomideはかなり多発性骨髄腫、myelodysplasticシンドロームおよびT-およびB細胞のコマンド・アンド・コントロール・システムの中断から起こるある白血病のような病気の管理を変えた。5-10 薬剤はまた今腎臓および肺のそれらのようなある特定の挑戦の固体腫瘍の管理に於いての役割を見つけている。11-14

Lenalidomideは直接癌細胞を殺し、腫瘍の成長を限る。しかし 8,15-17 UCSFの研究者の注意を引き付けたのは薬剤の免疫調節の潜在性である。1

LenalidomideはとりわけT助手を刺激し、cytokine IL-2.6の研究の生産の促進による大きい部分のNK細胞は、老化して細胞の表面のIL-2そしてIL-2受容器両方の減らされたレベルと関連付けられることをはっきり示す。 例えば、古い提供者(非常により60年齢)を持つ若い提供者(より少しにより40年齢)からの白血球の比較はIL-2およびIL-2受容器両方の減らされたレベルを示す。18

IL-2は細菌およびウイルスのような病原菌の侵入に対してT助手およびNK細胞を助ける。 Lenalidomideはまた時期早尚に免疫機能を締めるTサプレッサーの細胞を禁じ、従って癌細胞に対して有利な効果を出すことを細胞毒素およびNK細胞割り当てる。14 Lenalidomideは発火に有効な免疫調節の効果をもたらす。16,19 例えば、lenalidomideはTNFアルファ、IL-1、IL-6およびIL-12のような親炎症性cytokinesの生産を禁じ、人間の白血球からの炎症抑制のcytokine IL-10の生産を上げる。20

これは何をすべて老化としなければならないか。 immunosenescenceはlenalidomideが高めるまさにT細胞数および機能の減少を含むことを私達が覚えている時、沢山。 それは反immunosenescence薬剤としてlenalidomideをはじめて探検するUCSFの導かれた先生何エドワードJ. Goetzlおよび彼のチームである。

Lenalidomideおよび老化のUCSFの調査

Goetzl先生は人間の老化および免疫学者の世界的に有名な専門家である。 先生Goetzlおよび彼のチームが癌のlenalidomideの利点を探検したときに、進歩にimmunosenescent細胞に対するlenalidomideの驚く効果を示す仕事を導いた。1

チームは老化した健康で若い大人21-40年のグループとまた大人T細胞を65番の年およびより古い得た。 それらは標準的な検査手技を使用して伝染か侵略者を、まねるようにT細胞を刺激した。 次に、彼らはある刺激されたT細胞を制御として未処理保つlenalidomideの刺激された細胞を孵化させた。 最後に、それらは他の要因と共にT細胞機能の多くを測定した。1

調査からの結果は老化の免疫組織のための処置の方向を変えるかもしれない。

若い主題からのLenalidomide扱われたT細胞はIL-2生産17折目を 、および IFNガンマ3折目、驚くべき増加の生産増加した。 但し、IL-2の驚くほどの120折目の増加、およびIFNガンマの6折目の増加作り出されるより古い主題からの T細胞を 扱うのに使用されるlenalidomideの同じ集中。 これらの結果の平均がそのlenalidomideの回復で、 老化と他では減少するcytokinesおよびまさに細胞のレベルを支える何を。

それはすべてではない。 Lenalidomideはより古い主題から助手のT細胞の生産を高め、高齢者達のT細胞が特に傷つきやすいapoptosisを抑制した。1 なお、それはより若い主題の細胞のそれから識別不可能なレベルに化学刺激の方に動くT細胞の能力を元通りにした。1 最終的に、lenalidomideの処置は大食細胞と呼ばれた他の免疫細胞からの親炎症性cytokineのTNFアルファの生産を減らした。

癌治療の養生法は数週の間50のmg /day高い線量を一度に使用する。7 しかしUCSFの調査で使用されたlenalidomideの投薬ちょうど1-3 mgの口頭線量によって達成可能なそれらと同等であるために推定され、それらは単一の処置の後の5日まで間有利な効果を作り出した。1

lenalidomideの処置の驚異的な結果をそのような小さい線量で認めて、Goetzl先生は最近副作用無しで低適量の丸薬を取ることができれば言った、「するそれをか」。21

チームは次のステップのための大きい計画がある。 この最初調査のレポートを完了して、彼らはワクチンの有効性から微生物伝染に対するホストの防衛までまで抵抗癌への及ぶ年配の人口の免除の多様な面の改善に於いての潜在的な役割に書く、「低線量のlenalidomideの未来のテスト焦点を合わせる」。1

必要がある何を知る: UCSFの科学者はヒト細胞を老化させることの免疫機能を元通りにする
  • UCSFの科学者はヒト細胞を老化させることの免疫機能を元通りにする
    高齢者は若者達と比較される伝染および癌への感受性を高めた。
  • その高められた脆弱性はimmunosenescenceとして知られているプロセスの人間の免疫組織の機能の年齢関連の低下の結果である。
  • ImmunosenescenceはT-cellsと呼ばれる人間の免除を支配する命令および制御システムの手綱を握る重大な免疫細胞の減らされた敏感さを作り出す。
  • T細胞機能が低下すると同時に、重要な保護cytokinesの落ちる微生物および癌性細胞へのそれ以上のT細胞の機能障害そして損なわれた免疫反応に終って、水平になる。
  • 最初に癌治療の使用のために開発されるlenalidomideと、呼ばれる薬剤にT細胞関連のimmunosenescenceの多くの部品を逆転させる驚くべき機能がある。
  • 最近の調査は劇的にlenalidomideが120折目大いに高齢者の白血球の主細胞シグナリング分子を増加する、健康で若い大人のそれらと類似したレベルにある特定のT細胞機能を非常に元通りにすることができると証明し。
  • lenalidomideはサリドマイドと化学的に関連しているが、化学療法の線量で少数の有毒な副作用をもたらす; 最近の調査は小さい口頭線量と同等の薬剤の大幅により低い集中を使用した。
  • Lenalidomideは私達がimmunosenescenceについて考える治療可能な結果のレベルに方法を期待され、それを、老化のない避けられない原因変えると、移管する。

含意

従って老化の免疫組織を助けるかもしれない低線量のlenalidomideはいかにか。

答えは健康で若い大人のレベルにそれ老化の免疫組織の回復の細胞シグナリングを助けるかもしれないである。 例えば、若者達は高齢者のわずか率で癌を得る。 1つの理由は健康で、活発な免疫組織によって若者のボディの安定した巡回行う。 若々しい免疫組織は異常な制御から増殖してもいい前に、可能性としては癌性細胞を「捜し」、破壊する。 別の例として、より若い個人はこれらのタイプの感染症からのより少ない死亡率にずっと苦しむがインフルエンザ(「インフルエンザ」)からの伝染および細菌肺炎は年配者でかなり危ない場合もある。 この相違の大きな理由は老化の免疫組織の緩慢な応答と対照をなして侵入の微生物の方に若々しい免疫組織の活発な応答である。

含意

但しよりよく老化の人間のimmunosenescenceの処置のための広まった使用の前に免疫組織にlenalidomideの効果を理解するために、より多くの仕事はされる必要がある。

例えば、低線量のlenalidomideはより古い人間の被験者の白血球対より若いのIL-17に異なった効果をもたらしたようである。1つは 含意好中球(タイプの白血球)の募集を損なうとより古い主題の低線量のlenalidomideが期待されないT作動体の細胞のT助手の細胞そして関連のサブセットの余分な動員そして活発化によって健康なティッシュ(自己免疫)を攻撃する免疫組織をこと危険性を高めない。 明らかに、より多くの仕事は人間の老化の免疫組織の低線量のlenalidomideの利点そして限定を理解するためにされる必要がある。

immunosenescenceの概念は老化の免疫組織が次第になぜ弱まる説明し、私達を傷つきやすいか残す。 低い線量のLenalidomideはより若々しい、より活気に満ちた機能へ老化の免疫組織を元通りにするための約束を保持するようである。

概要

immunosenescenceとして知られている年齢の免疫組織の進歩的な悪化は避けられない長く仮定されてしまった。 それは高齢者の大半、活発の伝染および癌に屈する特に非常に古いのの死因の、健康な免疫組織抵抗できる下にある。 しかし先生のエドワードJ. Goetzlおよび彼の科学者の献身的なチーム仕事のおかげで immunosenescence すぐに老化の治療可能な結果の成長するリストの中の場所を取るかもしれない。 lenalidomideを使用は薬剤の小さい線量を使用してimmunomodulationの潜在的な力を示す。 最近の調査は他では免疫機能を抑制するT規定する細胞の活動を突き固めている間lenalidomideがあらゆる面で重要なT助手およびNK細胞の人口の年齢関連の減損を後押しできることを提案する。 驚くほど、低線量のlenalidomideは健康で若い大人のそれらと同一のレベルにあるT細胞機能を元通りにすることができる。 十分に低線量のlenalidomideと関連付けられる利点および危険を理解するためにより多くの仕事がされる必要があるがGoetzl's先生の仕事は発見の新しい年齢で案内し、immunosenescenceの証拠の高齢者達に寄与するために本当に研究する大きい約束を保持する。

この記事の科学的なコンテンツの質問があったら、1-866-864-3027で生命Extension®の健康の顧問を呼びなさい。

免疫組織の理解

人間の免疫組織は顕微鏡の侵略者から根気強く私達を保護する。 それなしで、私達はウイルス、細菌および菌類のような別の方法で無害の代理人に急速に屈し、癌性細胞を同様に開発する。ほとんどの 若い大人に強い免疫組織がある間、22、映像はその後で免疫組織が漸進的で、外見上避けられない低下を始めるので、暗くなる。22,23 このシステムレベルで低下の結果として、高齢者は新しい伝染にますます傷つきやすく育ち、死体解剖の調査は非常に古いのの主要な死因として伝染を確認する。22人の 高齢者達は前の伝染の、癌の開発への、そして自己免疫疾患および発火への再発に応じてまたある。23-25 一緒にこれらの変更は「immunosenescenceとして」、免除の老化知られている。23 年齢60には早くも始まるimmunosenescenceのプロセス中に、免疫組織の事実上あらゆる要素は損なわれるようになる。1,23,26,27人の 多くの専門家はあなたの生命の間に免疫機能が長寿の中心の決定要因であることを信じる。24,28

人間の免除は大食細胞として、樹木状の細胞知られている、細胞を含む相互作用の部品の複雑なシステムを、自然なキラー(NK)細胞およびB-およびT細胞含む。1 B細胞は侵略者を識別し、中和する抗体を作り出す。 T細胞は、一方では、システムの他の要素と脅威および等位の応答を伝えるために相互に作用している。 あるT細胞はまた癌性特徴とウイルスに感染させた細胞そしてそれらを攻撃し、破壊し、に直接かかわる。

私達が老化すると同時に、T細胞機能はさまざまな重要な地域で減る。 重大なT細胞の受容器(TCR)蛋白質は抗原示す細胞に接続する機能を失う。29の 助手のT細胞は侵略者についての他の免疫細胞と伝えるのに使用するIFNガンマcytokinesおよびIL-2のより少しを作り出す。30,31 それらはまたなるcytokines自身により少なく敏感に、他の細胞からの信号に応じて再生しないことを。31,32

免疫組織が新しい軍隊の守備につくことを防ぐ新しい新兵(いわゆる「naïve」のT細胞)の低下の数。さらに 24,33、より古い個人のT細胞はそれ以上のapoptosisとして知られている細胞自殺のための危険度が高いにありシステムの準備を減少する。22人の 科学者はそれがその私達の免疫組織のmultimodal低下減らされた寿命の結果であることを学説をたてる。34

知られていた伝染への新しい露出にrespodingのために重大な「記憶」T細胞の数はまた高齢者のワクチンへの減らされた応答を説明する年齢と減少する。 T細胞の世界の24そして暗殺者、自然なキラー(NK)細胞、またウイルスおよび初期の癌細胞を識別し、破壊するために努力させなさい。

しかしimmunosenescenceの最も深遠な効果の一部は活動総計で増加する規定するTサプレッサーの細胞を含み。1,35,36は T細胞仲介された免疫反応の残りの減らされた機能でこれ起因する。 最終的に、これらの規定するサプレッサーの細胞の支配は多くの癌に新しい伝染への私達の応答を、促進する慢性の伝染の再活動化(苦痛な鉄片のような)、および増加を私達の脆弱性損なう。37

これらの理由すべてのために、そして、科学者はimmunosenescenceによって持って来られる変更を逆転させ、より若々しいプロフィールへの免疫反応を元通りにする方法の識別に深く興味がある。 Lenalidomideはちょうどそれをする驚くべき機能によって文字通りゲームの規則を変えている。

参照

1. 黄MC、Greig NH、ルオW、等より古い人間のT細胞のcytokineの生成の優先強化、lenalidomideによるchemotaxis、拡散および存続。 Clin Immunol。 12月2010日1.日。

2. で利用できる: http://aaas.confex.com/aaas/2010/webprogram/Paper1085.html。 2011年2月7日アクセスされる。

3. Palgan Kの腫瘍学のPalgan I.のサリドマイド新しい将来療法。 WiadのLek。 2003;56(9-10):455-9.

4. Moraes M、Russo G. Thalidomideおよびdermatologic使用。 AM J Med Sci。 5月2001日; 321(5): 321-6。

5. 騎士R. IMiDs: immunomodulatorsの新しいクラス。 Semin Oncol。 8月2005日; 32 (4つのSuppl 5): S24-30.

6. アンダーソンKC。 Lenalidomideおよびサリドマイド: 行為類似および相違のメカニズム。 Semin Hematol。 10月2005日; 42 (4つのSuppl 4): S3-8.

7. Blum WのKlisovicのRB、ベッカーH、等再発するか、または処理し難い急性白血病のlenalidomideの線量の拡大。 J Clin Oncol。 11月2010日20日; 28(33): 4919-25。

8. Dimopoulos MA、Terpos E. Lenalidomide: 臨床試験からの証拠の更新。 血のRev. 11月2010日; 24のSuppl 1: S21-6.

9. 李SのえらNの癌療法のIMiDsのLentzsch S. Recentの前進。 Curr Opin Oncol。 11月2010日; 22(6): 579-85。

10. 多発性骨髄腫のモーガンG. Futureの薬剤の開発: 新しいlenalidomideベースの組合せ療法の概観。 血のRev. 11月2010日; 24のSuppl 1: S27-32.

11. Amato RJ、ヘルナンデスMcClain J、Saxena Sのmetastatic腎臓の細胞の癌腫のためのKhan M. Lenalidomide療法。 AM J Clin Oncol。 6月2008日; 31(3): 244-9。

12. Patel PH、Kondagunta GV、Schwartz Lの等metastatic腎臓の細胞の癌腫の患者のlenalidomideの段階IIの試験。 新しい薬剤を投資しなさい。 6月2008日; 26(3): 273-6。

13. Corti A、Giovannini M、Belli Cの非小さい細胞の肺癌の処置のantivascular活動の別荘のE. Immunomodulatoryの代理店: TLR9アゴニスト、IMiDsおよびNGR-TNFの焦点。 J Oncol。 2010;2010:732680.

14. Dalgleish A、Galustian C。 固体腫瘍の処置の免疫調節の薬剤の潜在性。 未来のOncol。 9月2010日; 6(9): 1479-84。

15. Davies Fの行為のBaz R. Lenalidomideモード: ベンチおよび臨床調査結果の連結。 血のRev. 11月2010日; 24のSuppl 1: S13-9.

16. Heise C、カーターT、Schafer Pのdel (5q)のmyelodysplasticシンドロームのlenalidomideの効力の行為のChopra R. Pleiotropicのメカニズム。 Anticancer Ther巧妙なRev。 10月2010日; 10(10): 1663-72。

17. Saloura V、Grivas PD。 Lenalidomide: 癌管理に於いての展開の役割の総合的な混合物。 血液学。 10月2010日; 15(5): 318-31。

18. Nagel JE、Chopra RK、Chrest FJ、等減らされた拡散、interleukin 2の統合およびinterleukin 2の受容器の表現は年配の提供者からのphytohemagglutinin刺激された細胞の減らされたmRNAの表現と一緒に伴われる。 J Clinは投資する。 4月1988日; 81(4): 1096-102。

19. Ladizinski B、Shannon EJのLevis WR、サンチェスの氏。 サリドマイドおよびアナログ: 炎症性およびneoplastic dermatologic無秩序のimmunomodulationのための潜在性。 JはDermatolに薬剤を入れる。 7月2010日; 9(7): 814-26。

20. Kotla V、Goel S、hematological敵意のlenalidomideの行為のNischal Sの等メカニズム。 J Hematol Oncol。 8月2009日12日; 2:36。

21. で利用できる: http://www.sciencedaily.com/releases/2010/12/101213140945.htm。 2011年1月19日アクセスされる。

22. EffrosのRB。 老化することおよび免疫組織。 NovartisはSympを見つけた。 2001;235:130-9; 議論139-45、146-9。

23. Caruso C、Buffa S、immunosenescenceのCandore Gの等メカニズム。 Immunの老化。 7月2009日22日; 6: 10。

24. Rea IM、ステュワートM、キャンベルP、アレキサンダーHDのCrockardの広告、Morris TC。 リンパ球のサブセット、interleukin 2、および古く、非常に老齢期の溶けるinterleukin 2の受容器の変更。 老人病学。 1996;42(2):69-78.

25. Pawelec G、Derhovanessian E、Larbi A. Immunosenescenceおよび癌。 Oncol Hematol CritのRev。 8月2010日; 75(2): 165-72。

26. ジョンソンSA、Cambier JC。 老化、自己免疫および関節炎: b細胞コンパートメントの老衰- humoral免除のための含意。 関節炎Res Ther。 2004;6(4):131-9.

27. Agius E、レースKE、Vukmanovic-Stejic Mは老化の間に記憶CD4+ T細胞によって、等大食細胞による減らされたTNFアルファの統合皮膚のimmunosurveillanceを制限する。 J Exp. Med。 8月2009日31日; 206(9): 1929-40年。

28. Dorshkind K、MontecinoロドリゲスEの署名者のRA。 老化の免疫組織: 再度若くなるそれは余りに古いか。 Immunol Nat. Rev。 1月2009日; 9(1): 57-62。

29. マルコMG、アーメドT、Bunnell SCはビタミンEの補足によって、等CD4 (+) T細胞の有効な免疫のシナプスの形成の年齢準の低下逆転する。 J Immunol。 2月2007日1日; 178(3): 1443-9。

30. Caruso C、Candore G、Cigna Dの等年配者のCytokineの生産の細道。 Immunol Res。 1996;15(1):84-90.

31. 恋人S、Clise-Dwyer K、ヘインズL. HomeostasisおよびCD4 T細胞の年齢準の欠陥。 Semin Immunol。 10月2005日; 17(5): 370-7。

32. Gillis S、Kozak R、Durante M、Weksler私。 老化の免疫学の調査。 減らされた生産のおよび老化させた人間からのリンパ球によるT細胞の成長因子への応答。 J Clinは投資する。 4月1981日; 67(4): 937-42。

33. Kilpatrick RD、Rickabaugh T、老化の間の純真なCD4+ T細胞コンパートメントのHultin LEの等ホメオスタティス。 J Immunol。 2月2008日1日; 180(3): 1499-507。

34. Fagnoni FF、Vescovini R、純真なCD8 (+) T細胞の循環のPasseri Gの等不足は老化の免疫不全で新しい洞察力を提供する。 血。 5月2000日1日; 95(9): 2860-8。

35. A、Cossarizza A、Heltai S、等CD4+およびCD8+のサブセットの異なった栄養系拡張による人間のalphabetaのT細胞のレパートリーの年齢関連の修正をWack。 Int Immunol。 9月1998日; 10(9): 1281-8。

36. Gregg R、スミスCM、クラークFJ、等。 人間の周辺血CD4+ CD25highの規定するT細胞の数は年齢と増加する。 Clin Exp. Immunol。 6月2005日; 140(3): 540-6。

37. LagesのCS、Suffia I、Velilla PAは老化させたホストで、等機能規定するT細胞集まり、慢性の感染症再活動化を促進する。 J Immunol。 8月2008日1日; 181(3): 1835-48。