生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2011年4月
ニュース

マグネシウムの補足は糖尿病の危険を減らすかもしれない

マグネシウムの補足は糖尿病の危険を減らすかもしれない

マグネシウムとの補足はインシュリンの感受性を改善し、ドイツの科学者からの新しい調査結果に従ってタイプ2の糖尿病を開発する危険を、減らすかもしれない。1 糖尿病は人口の推定アメリカ人24,000,000人、か8%に影響を与える。2

52超過重量、抵抗力があるインシュリンは正常な血清のマグネシウムのレベルを持つ非糖尿病性の個人6か月間マグネシウムまたは偽薬の345 mgを毎日受け取るためにランダム化された。 マグネシウムは約7%によって改良された絶食血ブドウ糖およびインシュリンの感受性の3つのマーカーから改善された2つを補う。 補われたグループはまた改善された血圧の方に傾向を表示した。1,2

マグネシウムが葉が多い緑の野菜、穀物、ナットおよびミルクのような食餌療法の源に起こる間、前の研究は多くの大人がRDA (320のmg /dayおよび女性のための人のための420のmg /day)に.2マグネシウムの取入口の各100 mgの増加が15%。2によってタイプ2の糖尿病を開発する危険を下げるかもしれない研究者の見積もり会わないことを示す

— E。 Wagner、ND

参照

1. 糖尿病Obes Metab。 3月2011日; 13(3): 281-4。
2. http://www.nutraingredients-usa.com/Research/Magnesium-supplements-may-reduce-diabetes-risk-Study。 2011年1月26日アクセスされる。

緑茶はアルツハイマー病を防ぐのを助けるかもしれない

イギリスのニューカッスル大学からの調査チームは最近それを結論を出した消費の緑茶がアルツハイマー病および他のdementias.*に対して定期的に保護を提供するかもしれない

「これらの食糧は実際に私達をあらゆるよいよしているかどうか起こる何が消化力プロセスの間に私達が有利のために知っている私達はそれらで豊富であるが、重大」とであるによって食糧を識別してもいいある特定の化学薬品があり、ニューキャッスルのエドOkelloは新聞発表で言う。

緑茶の場合には、有利な混合物は摂取されたとき混合物の混合物を作り出すために破壊されるポリフェノールと呼ばれる。 これらは研究者がテストした混合物である。

「緑茶が腸の酵素によっていつ消化されるかこの調査について実際に刺激的だった何が私達は見つけたことだったか、茶の未消化の形態」とより生じる化学薬品は実際にAlzheimerの開発の主制動機に対してより有効であるOkelloは言った。 「これに加えて、私達はまた消化された混合物にかなり私達が私達の実験で」。使用していた腫瘍の細胞の成長を減速する抗癌性の特性が、あったことを見つけた

— J。 Finkel

参照

* http://www.ncl.ac.uk/press.office/press.release/item/protective-properties-of-green-tea-uncovered。 2011年1月24日アクセスされる。

ビタミンDの不十分は自己免疫の肺病につながった

ビタミンDの不十分は自己免疫の肺病につながった

ジャーナル 箱は 結合組織の病気関連の間質性の肺病(ILD)の患者のビタミンDの不十分の高められた発生のシンシナチの大学で研究者の見つけることを、肺fibrosis.*によって特徴付けられる自己免疫の状態報告する

kinder's先生のチームはILDの他の形態を持つ51人の患者で測定されたビタミンDのレベルと結合組織病気関連のILDと67人の患者の血清25-hydroxyvitamin Dのレベルを比較した。 ビタミンDの不十分なレベルは結合組織病気関連のILDとのそれらの79%で見つけられ、不足は52%で、他の間質性の肺病とのそれらの31%そして20%と比較されて明らかにされた。

「ILDの患者のビタミンDの不足の高い流行があることをこれらの調査結果提案する、結合組織の病気との特にそれら」、はKinder先生は示した。 「次のステップの1つ補足がこれらの患者のための肺の機能を」。は改善するかどうか見ることである

編集後記: ビタミンDの不十分はループス、硬皮症および慢性関節リウマチのような結合組織の病気を含むいくつかの自己免疫の無秩序の変更可能な要因として、検査された。

— D。 染料

参照

*箱。 8月2010日5.日。

蟹座Chemopreventionで重要なタイミング

蟹座Chemopreventionで重要なタイミング

記事は食道癌 に対して 発癌のレポートで特に早くcarcinogen.*への露出の後で管理されたらビタミンEおよびセレニウムのための保護利点を出版した、

科学者はラットの5グループにビタミンEおよびセレニウムの減らされた量を含んでいた食事療法を与えた。 1つグループを除いてすべては5週間発癌物質管理された。 第2グループは11のそして25週の間に補われたが調査の最初の10週のビタミンEそしてセレニウムと補われた発癌物質扱われたグループの1つは食事療法を受け取った。 第3グループは25週の実験中の補われた食事療法を受け取った。

遅い補足のための利点が観察されたが、調査の間中十分なビタミンEおよびセレニウムを含んでいる最初の10週のためのビタミンを受け取った食事療法および受け取られた食事療法が他の発癌物質扱われた動物と比較された目に見える腫瘍および食道の癌腫のかなり低い数字があったことラット。

編集後記: 調査結果はより若い関係者間の食道癌の死の重要な減少を見つけたが、ない前癌性の損害を持つために本当らしいより古い主題間の補足の臨床試験の結果を支えるセレニウムおよびビタミンEとの。

— D。 染料

参照

*発癌。 12月2010日24日。

偽りなく健康な白熱

日焼けが企業人々に信じてもらうかもしれないものへの反対は皮有害な太陽の露出によって最も魅力的な白熱への方法ないが、カロチノイドで高い果物と野菜の消費によって持たれているかもしれない。

スコットランドのセント・アンドリュースの 大学で進化および 人間行動で、イアン スティーブンおよび同僚は記述されている調査ではコーカサス地方の表面、ボランティアの見る写真が金色を日焼けの典型的な調子より健康なようであるとしてカロチノイドと関連付けられて判断したときに果物と野菜の消費によるカロチノイドのより大きい取入口を持つ個人に高められたカロチノイドabsorption.*に一貫した高められた黄色い肌の色合いがあることが分った。 黄色い調子のための好みはまたアフリカの人口を含む研究で観察された。

「それ果物と野菜の多くを食べることが実際により有効」はとスティーブンであることを皮膚色を改善する最もよい方法が日焼けを得ることであるが私達の研究が示すことをほとんどの人々考える先生は示した。

編集後記: アルファおよびベータ カロチンおよび他の酸化防止剤の混合物含んでいるカロチノイドは赤、オレンジおよび黄色いフルーツを色与え、また緑の野菜に起こる。

— D。 染料

参照

* Evolのハム雑音Behav。 12月2010日23日。

より大きい亜鉛取入口は前立腺癌からの死のより危険度が低いのと関連付けた

ザクロは前立腺癌の転移を防ぐのを助けるかもしれない

臨床栄養物のアメリカ ジャーナルで出版される記事は prostate.*の癌からの死亡率に対して亜鉛のより高い食餌療法取入口のための保護効果を明らかにする

研究者はスウェーデンの場合制御の調査で登録された525人からのデータを評価した。 関係者は1989年1月と1994年7月間の前立腺癌と診断された。 食餌療法のアンケートへの応答は食糧源からのカロリーそして亜鉛の取入口のために分析された。

6.4年平均フォローアップの期間にわたって218が前立腺癌に帰因した475の死があった。 亜鉛の取入口が関係者の最も高い25%の中にあった人は取入口が最も低い第4の中にあったそれらと比較された前立腺癌がもとで死ぬ36%より低い調節された危険があった。 腫瘍が集中したりそれらのため、取入口が最も高かったそれらの中でより危険度が低い76%があった。

編集後記: レポートの著者はずっと前立腺癌の防止の亜鉛のための保護効果に関する前の研究の結果が矛盾している注意し、亜鉛が開発ことをのよりもむしろ病気の結果の決定のより大きい役割を担うことができることを提案することに。

— D。 染料

参照

* AM J Clin Nutr。 1月2011日12日。

  • ページ
  • 1
  • 2