生命延長スキン ケアの販売

概要

生命延長雑誌2011年9月
概要

Rhodiola

Rhodiolaのsacraの従来の養トニックの漢方薬そして活動的な要素の活動的酸素の掃気活動。

中国でおよび養うトニックとして日本は電子スピン共鳴(ESR)の技術によって使用された70の従来の漢方薬の活動的酸素の掃気活動、反老化のための有効性を評価し、天然資源からの新しい活動的酸素の清掃動物を捜すために評価された。 70の漢方薬のほとんどはさまざまな強度の掃気活動を示した。 Arecaの(メタノールのエキス) plicatile、Juglansの(水エキス) regia、Paeoniaの(メタノールのエキス) lactiflora、Psychotriaの(水およびメタノールのエキス) serpens、Rhodiolaの(水およびメタノールのエキス) sacraおよびUncariaの(水エキス) rhynchophylla catechu (メタノールのエキス)、デンドロビウムはスーパーオキシドの陰イオン基(*O2-)に対して特に強い掃気活動に、がJ.の(水エキス)アルバおよび水酸ラジカル(HO*)に対するSchisandraのchinensis (水エキス)明らかにされた強い活動掃気regia (水およびメタノールのエキス)、Morusを示した。 さらに、R.のsacraから隔離されたまた19の混合物の活動的酸素の掃気活動は、ハイドロキノン(1)のcaffeic酸(3)のprotocatechuic酸(6)の没食子酸(7)、(-) -検査されepigallocatechinの3 O没食子酸塩(8)、3-O-galloylepigallocatechin- (4beta-->8)穏やか示すと- 4ヒドロキシ安息香酸(2)、3つ、4 hydroxycinnamic酸(4)、6-8および19は水酸ラジカル(OH*)を禁じたが、epigallocatechin+ ++の3 O没食子酸塩(10)、heterodendrin (17)および没食子酸4 OベータD GLUCOPYRANOSIDE (19)は見つけられたまたはスーパーオキシドの陰イオン基(*O2-)に対する強く抑制的な活動。 これらの活動的酸素の清掃動物は反老化の行為に、異なった範囲に、貢献するかもしれない。

J Ethnopharmacol。 10月1999日; 67(1): 111-9

Rhodiola: 有望な反老化の中国人のハーブ。

ミバエを使用して、ショウジョウバエのmelanogaster、私達は寿命に対するRhodiolaの効果を調査した。 Rhodiolaは圧力への有機体の抵抗を高めるかもしれない伝統中国医学で使用される植物の根である。 Rhodiolaが長寿を拡張し、酸化圧力のことを軽減によって健康のスパンを改良できることが提案された。 Rhodiolaは30のmg/mLで一日置きにかなり増加したショウジョウバエのmelanogasterの寿命を供給した。 Rhodiola補われる間の死の配分を比較するときおよび制御が飛ぶ、表わされたはえに老化を減速したRhodiola与えられる。 寿命の観察された延長が繁殖性の統計的に些細な減少と関連付けられたが、可能な食餌療法の制限の効果を修正はまだ補われるの間で相違を除去しなかったし、制御することは飛ぶ、強くRhodiolaがmimeticただの食餌療法の制限ではないことを提案するRhodiolaの効果は食餌療法の処理によって、決まる。 この調査はRhodiolaの効果の後ろの原因のメカニズムを明らかにしないが、補足が継続的だった調査の価値がある、この調査で評価された他の中国のherbalsとは違って、Luのデュオ魏(LDW)ことを、BuのZhongイ チーの独特の味(BZYQT)、サンZhi Pian (SZP、3個の帝国きのこ)、洪Jing Tian (Rhodiola)提案する。

若返りRes。 12月2007日; 10(4): 587-602

圧力のRhodiolaのroseaのエキスのcardioprotectiveおよびantiadrenergic活動。

Rhodiolaのroseaのエキスの管理のコースは中心の99mTcピロリン酸塩の蓄積によって査定された圧力誘発の心臓損傷のパターンに対する効果のために調査された。 Rhodiolaのroseaは圧力誘発の心臓損傷を防ぐと見つけられた。 同時に、心筋のカテコラミンおよびキャンプのレベルは測定された。 Rhodiolaのroseaは心筋層の圧力誘発のカテコラミン解放そしてより高いキャンプのレベルを両方防ぐために確認された。 さらに、adaptogenは圧力の間により低い副腎のカテコラミンを防いだ。 調査結果はRhodiolaのroseaのantistressorそしてcardioprotective効果が中心に対する限られたadrenergic効果と関連付けられることを提案する。

Eksp Klin Farmakol。 1994日11月12月; 57(6): 61-3

Rhodiolaeのroseaeの準備のCardioprotectiveそしてantiarrhythmic特性。

8日の間の1 ml/kg (P.O.)の単一の毎日の線量のRhodiolaのroseaのエキス(RRE)の慢性の管理がイソプロテレノールのcardiotoxic行為およびラットのアドレナリンのarrhythmogenic行為に関して心筋層の抵抗を高めたことが確立される。 RREの前処理は中心の99mTcピロリン酸塩の蓄積によって測定されるようにストレッサーの心臓損傷を、防いだ。 RREのcardioprotective行為は5日間の管理の後で最高だった。 adaptogenのantiarrhythmic効果は8日間の管理の後で最高だった。 p tyrosolがまたantiarrhythmicおよびcardioprotective特性を表わしたことが分られた。 RREの前処理は冠状動脈の閉塞およびreperfusionの間に梗塞形成のサイズ/危険区域の比率を生体内で減らした。 全体的な虚血およびreperfusionの病原性のある行為への隔離された潅流されたラットの中心のRREによって高められるTh eの許容の慢性の管理。 RREの前処理はだけでなく、不整脈の発生を防いだが、またpostinfarctionの心臓硬化のラットの心臓電気不安定を廃止した。 RRE (1 ml/kgの8日にわたるP.O.、)の慢性の管理がラットの血しょうの水平なベータ エンドルフィンおよび心筋のティッシュのレイenkephalinの内容を高めたことが分られた。 Naloxone (2つのmg/kg)はadaptogenのcardioprotectiveおよびantiarrhythmic効果を廃止した。 RREの効果が両方とも内生オピオイドのペプチッドによってオピオイドの受容器の占有によって決まることが提案された。 HSP-70はadaptogenのcardioprotectiveおよびantiarrhythmic効果にかかわらないが交感神経系がRREのantiarrhythmic効果の開発にかかわることが分られた。 RREのcardioprotectiveおよびantiarrhythmic行為のメカニズムがより詳しい調査を必要とすることが完了される。

Eksp Klin Farmakol。 2007日9月10月; 70(5): 59-67

中国の自然な薬からのBioactive要素。 XXVI。 Rhodiolaのsachalinensisの根からの要素の化学構造そしてhepatoprotective効果。

Rhodiolaのsachalinensisの根からのmethanolicエキスは第一次培養されたマウスのhepatocytesでDガラクトサミン誘発の細胞毒性に対する保護効果を示すと見つけられた。 methanolicエキスから、5つの新しいグリコシド、2つのモノテルペンのグリコシド、2つのフラボノールのbisdesmosides、およびcyanogenicグリコシドは34の知られていた混合物とともに、隔離された。 新しい要素の構造は化学および物理化学的な証拠に基づいて明瞭になった。 さらに、主な要素、sachalosides IIIおよびIV、rhodiosinおよびTRANS caffeic酸、表示されたhepatoprotective効果。

Chem Pharm Bull (東京)。 10月2007日; 55(10): 1505-11

詳しいG2細胞のtacrine誘発の細胞毒性のRhodiolaのsachalinensisのHepatoprotectiveのフェノールの要素。

2 hepatoprotectiveフェノール混合物、kaempferol (2)およびsalidroside (4)は2つの不活性混合物のcinnamylアルコール(1)とともにRhodiolaのsachalinensisの根から、隔離され、人間のtacrine誘発の細胞毒性に対してhepatoprotective活動に基づくdaucosterol (3)は詳しいG2細胞をレバー得た。 混合物2および4の欧州共同体の(50の)価値は33.5および51.3マイクロm、それぞれだった。 肯定的な制御が68.4マイクロの欧州共同体の(50の)価値をm.示したと同時にSilybin。

Phytother Res。 5月2003日; 17(5): 563-5

Rhodiolaのrosea-の炎症抑制の活動「第二世代のadaptogen」。

Rhodiolaのrosea (金根)は、高度の地域で育つ独特なphytoadaptogenさまざまな治療上の特性のための注意を得た。 インドでは、この植物はヒマラヤ ベルトにあり、有利な健康に対する影響のために完全に探検されなかった。 現在の調査はRhodiolaのroseaの根(RTE)の色のエキスの炎症抑制の効力を評価するために引き受けられた。 炎症抑制の活動はラット モデルのカラギーナン誘発の足の浮腫、ホルムアルデヒド誘発の関節炎およびナイスタチン誘発の足の浮腫を通して断固としただった。 色のエキスは体重250のmg/kgのの線量で激しく、亜急性の発火に対して抑制的な効果を表わした。 ナイスタチン誘発の浮腫の阻止はまた線量依存した方法で観察された。 R.のroseaの根からの色のエキスの生体外の抑制的な効果は発火に関して酵素に対して評価された。 酵素はcyclooxygenase-1 (COX-1)、cyclooxygenase-2 (COX-2)およびホスホリパーゼA2 (PLA2)を含んでいる。 エキスは集中によってこれらの酵素に対してさまざまで抑制的な活動を示した。 有効な阻止はコックス2およびPLA2に対して観察された。 ナイスタチンの阻止は浮腫を引き起こし、膜安定が反発火のRTEの行為の最もありそうなメカニズムであることができることをホスホリパーゼA2は提案した。 この調査の調査結果は炎症性条件の処置のR.のroseaの根のエキスの使用を提供するかもしれない。

Phytother Res。 8月2009日; 23(8): 1099-102

Rhodiolaのimbricataの根茎の水様のエキスはphosphorylated IkappaBおよびトランスクリプション要因核要因kappaBによってproinflammatory仲介人を刺激する。

病気を興味軽減する免疫反応の調節はずっと前にだった。 植物のエキスは可能な免疫調節の特性のために広く調査された。 私達は人間の周辺血の単核の細胞(PBMCs)および未加工264.7マウスの大食細胞の細胞ラインのRhodiolaの根茎の水様のエキスの免疫調節の活動を評価した。 Rhodiolaのエキスは人間PBMCs、また未加工264.7個の細胞ラインのinterleukin6 (IL-6)および腫瘍の壊死の要因アルファ(TNFアルファ)の生産を刺激すると見つけられた。 それはまた未加工264.7のlipopolysaccharide (LP)を伴って一酸化窒素の生産を共働作用して高めた。 250 microg/mlのRhodiolaは人間PBMCsのp-IkappaBの表現を高めた。 Rhodiola (250 microg/ml)の水様のエキスはまた肯定的な興奮剤のLPと対等である人間PBMCsのNFkappaBの核転置を活動化させた。 従って、私達の現在の調査はRhodiolaがphosphorylated抑制的なkbおよびトランスクリプション要因NF kbによって多分proinflammatory仲介人を活動化させることを提案する。 私達の調査は免疫組織の不十分な作用の患者で免疫反応のupregulationにRhodiolaの根茎、それの水様のエキスのimmunostimulatory潜在性を使用することができる示す。

Immunopharmacol Immunotoxicol。 2006;28(2):201-12

ラットの破傷風のトキソイドそしてオヴァルブミンへの免疫反応に対するRhodiolaのimbricataの根茎の水様のエキスのアジェバント効果。

現在の調査で私達はラットのRhodiolaの水様のエキス(RAE)のimmunopotentiating活動を評価した。 RAEの効力は強い抗原の破傷風のトキソイド(TT)および弱い抗原のオヴァルブミン(卵子)の使用によって定められた。 humoralおよび細胞仲介された免疫反応の動的変更は測定された。 結果はTTの特定の免疫グロブリンのレベルがRAEによってかなり高められ、完全なFreundのアジェバント(CFA)との標準にあったことを示した。 卵子によって引き起こされた抗体の応答のレベルはまたRAEによって高められた。 CFAまたはRAEを伴うTTそして卵子が重要な遅らせられたタイプ強い細胞仲介された免除を発生させる潜在性を確認するhypersensitivity (DTH)の応答を換起できることが観察された(CMI)。 RAEの炎症抑制かimmunosuppressive効果はアジェバント誘発の関節炎モデル(アイア)で評価された。 RAEは膨張の応答を抑制できなかった。 従って、この調査はRAEにTTのような強い抗原および卵子のような弱い抗原に対してhumoral、また細胞仲介された免疫反応の点ではアジェバント/immunopotentiating活動があることを提案する。

Immunopharmacol Immunotoxicol。 3月2010日; 32(1): 141-6

coxsackievirus B3に対するRhodiolaのrosea L.からのsalidrosideの生体外および生体内の抗ウィルス性の効果。

この調査の目標はsalidrosideの抗ウィルス性の効果、Rhodiolaのrosea L.の主要コンポーネントを調査することだった。 最初に、coxsackievirus B3 (CVB3)に対するsalidrosideの抗ウィルス性の効果は生体外でそして生体内で定められた。 それから、ある重要なcytokinesのmRNAの表現に対するsalidrosideの効果はRT-PCRによって感染させたBALB/cのマウスの中心で測定された。 Salidrosideは生体外の明らかな抗ウィルス性の効果および生体内の実験を表わした。 Salidrosideはインターフェロン ガンマ(IFNガンマ)、interleukin10 (IL-10)、腫瘍の壊死の要因アルファ(TNFアルファ)、およびinterleukin2 (IL-2)のmRNAの表現を調整すると見つけられた。 結論として、salidrosideはCVB3に対して抗ウィルス性の活動を所有し、ウイルスの心筋炎のための潜在的な治療上の代理店を表すかもしれない。

Phytomedicine。 3月2009日; 16 (2-3): 146-55。

Rhodiolaのroseaの根および生体外の反インフルエンザのウイルスの活動から隔離されるフラボノールのノイラミニダーゼの抑制的な活動。

5フラボノール(3、5、および9-11)はRhodiolaのroseaから隔離され、商用化されたフラボノイド(1、2、4、6-8、および12-14)と構造活動関係(SAR)の分析を促進するために比較された。 すべては(1-14) IC (50)の抑制的な活動が0.8から56.9 microMまで及ぶことを評価する示されていたノイラミニダーゼを混合する。 フラボノイドの生体外の反インフルエンザのウイルスの活動はMDCKの細胞のウイルス誘発のcytopathic効果(CPE)を減らす機能をテストする2インフルエンザのウイルスの緊張、H1N1 (A/PR/8/34)およびH9N2 (A/Chicken/Korea/MS96/96)を使用して1-6、8-12、および14評価された。 私達はこれらの混合物の活動がH1N1-に対して30.2から99.1 microMまでおよびH9N2誘発CPEに対して18.5から133.6 microM及んだことが分った。 混合物の1-14のgossypetin (6)はウェルシュ菌および組換えのインフルエンザ ウイルスA (rvH1N1)からのノイラミニダーゼの0.8および2.6 microMのICの(50の)価値の最も有効で抑制的な活動を、それぞれ表わした。 それに対して、kaempferol (3)は30.2および18.5のmicroMの欧州共同体の(50の)価値の2インフルエンザ ウイルス、H1N1およびH9N2に対して最も高い活動を、それぞれ表わした。 活動はフラボノイドの背骨のヒドロキシ グループの位置そして数によって決まった。 運動調査では、すべての隔離された混合物は非競争的な抑制剤としてした。

Bioorg Med Chem。 10月2009日1日; 17(19): 6816-23

HCV NS3のセリーンのプロテアーゼに対する中国の漢方薬のRhodiolaのkirilowii (Regel)の格言からの混合物の活動。

慢性の肝炎のウイルス(HCV)の伝染の処置は満たされなかった医学の必要性であり、HCV NS3のセリーンのプロテアーゼ(NS3-SP)はHCVに対する抗ウィルス性のスクリーニングの魅力的なターゲットとして使用された。 新しい反HCV代理店が開発できる鉛混合物として化学実体を自然に見つけるためには生物検定導かれた分別および分離は中国の薬効があるハーブのRhodiolaのkirilowii (Regel)の格言およびHCV NS3-SPに対する生体外の抑制的な活動の根茎からの粗野なエタノールのエキスでカラム・クロマトグラフィ(CC)の技術を使用して行われた。 水と異なる有機溶剤の間のエキスの仕切りは活発であると証明した酢酸エチルの部品の12の混合物の分離そして同一証明をもたらした。 これらの混合物は4 (-) HCV NS3-SPに対する生体外の活動のためにテストされた-エピカテキンの派生物: 3,3' - Digalloylproprodelphinidin B2 (Rhodisin、1); 3,3' - Digalloylprocyanidin B2 (2); (-) - Epigallocatechin 3 O没食子酸塩(EGCG、3); そして(-) -エピカテキン3 O没食子酸塩(4、ECG)は0.77、0.91、8.51、および18.55 microMのIC (50)と最も有効な物を、それぞれ表した。 Salidrosideの100.0 microMまで活動を示されている無し他の混合物とともに一般に知られていた混合物。 1-4のヒドロキシル グループのメチル化によりそしてアシル化は活動の減少を引き起こした。 1-4の細胞の実行可能性そして分泌されたアルカリ ホスファターゼ(SEAP)の活動の試金は少しをあらゆる毒性明らかにした。 HCV NS3-SPのこれらのnonpeptide抑制剤は潜在的な候補の反HCV代理店として役立つかもしれない。

抗ウィルス性Res。 10月2007日; 76(1): 86-92

Rhodiolaのkirilowiiの根の化学要素そして反結核の活動。

Rhodiolaのkirilowiiの化学要素はケイ酸ゲル、RP - 18、セファデックスLH -20および半preparative高性能液体クロマトグラフィーの繰り返されたカラム・クロマトグラフィによって分かれて、浄化された。 混合それぞれは分光および物理データによって特徴付けられた。 12の混合物はベータ シトステロール(1)、tyrosol (2)、TRANS hydroxycinnamic酸(3)、geranylベータglucopyranoside (4)、nerylベータglucopyranoside (5)、hexylベータglucopyranoside (6)、没食子酸(7)、(-)- epigallocatechinの没食子酸塩(8)であるために、rhodiolgin (9)、isolariciresinol 9 Oベータglucopyranoside (10)、rhodiooctanoside (11)、およびsacranoside B (12)浄化され、識別された。 その中で、混合物3、6、9-12はRhodiolaのkirilowiiからはじめて隔離された; 混合物4および5は属Rhodiolaからはじめて得られた。 エキスおよび純粋な部品のMacobacteriumの結核(ATCC 27294)に対する生体外の活動はMIC (最低の抑制的な集中)およびMBC (最低の殺菌の集中)のテストによって評価された。 80% (a。 q.) EtOHのエキス、EtOAc溶けるエキス、混合物7および8は別の範囲のMacobacteriumの結核に対して生体外の抑制的な、殺菌の活動を表わした。

Zhongguo Zhong矢尾Za Zhi。 7月2008日; 33(13): 1561-5

Rhodiolaのrosea (ベンケイソウ科)からのBioactive混合物。

Rhodiolaのroseaの地下の部分のメタノールのエキスは黄色ブドウ球菌に対して抑制的な活動を示すと見つけられた。 5つの混合物の分離に導かれるR.のroseaの茎からの95%のエタノールのエキスのBioactivity導かれた分別: gossypetin-7-O-L-rhamnopyranoside (1)、rhodioflavonoside (2)、没食子酸(3)、TRANS p hydroxycinnamic酸(4)およびp tyrosol (5)。 構造は紫外線のIR、MSおよびNMRデータによって、また文献のそれらと比べて明瞭になった。 混合物1および2は抗菌およびantiprostateの癌細胞の活動のために評価された。 混合物1および2は50 microg/mLおよび100 microg/mLの最低の抑制的な集中の黄色ブドウ球菌に対して活動を、それぞれ表わした。 50 microg/mLおよび80 microg/mLのICの(50の)価値の前立腺癌の細胞ラインに対する1および2また表示された活動の細胞毒性の調査、それぞれ。

Phytother Res。 9月2005日; 19(9): 740-3

東洋の粗野な薬剤の要素、Rhodiolaのsacra、ベータ アミロイドの毒性、酸化圧力およびapoptosisに対するR.のsachalinensisのNeuroprotectiveの効果およびTokaku jokiに。

私達はneuroprotective効果のためにRhodiolaのRhodiolaの2植物、sacra S.H. FuおよびR.のsachalinensis A. BORの要素を、および東洋の粗野な薬剤、Tokaku jokiに、テストした。 テストされた58の混合物の6つはB103神経の細胞のベータ アミロイド誘発の死に対してかなりの保護効果を生体外でもたらした。 この6つの混合物はまたstaurosporine誘発の細胞死に対して保護効果を示し、6つの混合物の2つはH2O2誘発の細胞死からニューロンを保護した。 これらの結果はテストされた混合物のいくつかがantiapoptoticおよびantioxidative活動に基づいてベータ アミロイドの毒性からニューロンを保護することを提案する。

Biol Pharm Bull。 8月2002日; 25(8): 1101-4

  • ページ
  • 1
  • 2